カテゴリー別アーカイブ: 全仏

ダブルス上達のヒント 全仏2016優勝ペアに学ぶ 二人のロペス

今年のロランギャロス ダブルスも面白い  復活のブライアン.ブラザーズ、強い二人のロペス
ブライアン.ブラザーズをフルセットで破った、スペインペア。
 この二人、今年初めてペアを組んだ、ダブルスの苦労人。
 勝利の秘訣は?
 クレーコートは展開がスローになるのでダブルスが分かり易い。
 今年のロランギャロス、新しいペアが活躍した。
 男子ダブルスのロペス組、スペインペア。
 女子ダブルスはフランスペア。C.ガルシア、K.ムラデノビッチ組
 ミックスダブルスはレジェンド、L.パエス、M.ヒンギス組がそれぞれ優勝した。

この二人、何をしているのでしょうか?
Dbq0why

伝説的な王者ブライアン.ブラザーズをフルセットで破り感激のあまり。

 N.ジョコビッチもこうなりました。土の上で寝るの好きなんですね。

今回は、クレーコートのダブルス、男子ダブルスを紹介したい。
 それでなくても展開が早いのがダブルス。
 ロランギャロスのダブルスの決勝。
 男子ダブルスの代表的なペア、ブライアン.ブラザーズ。
 実は去年位から勝てなく なってきている。
 

 理由は
1:双子の阿吽の呼吸を読まれている
2:正式なセットマッチは、デビスカップとウィンブルドンだけ。
 ロランギャロスでも3セットマッチ、
 普通の大会は3セット目は10ポイントのタイブレークになる事が多い。
3:普通の大会では、デサイディングポイントでギャンブル的要素が強い。
 今年不調で、ランキングを下げている。
 ずっとトップで君臨してきた。
Bbrgcentercare

ロランギャロス ロペス組 ブライアン.ブラザーズを破る。
 F.ロペス、M.ロペス組◎  6-4 6-7(6) 6-3 ×ブライアン.ブラザーズ
 ハイライト動画

新しいダブルス。
 今年ダブルスが大きく、変わっている。
 去年くらいまでは、典型的な男子ダブルスの前衛陣に対応するために、
 変則陣形、特にアイフォーメーションが一般的になるくらいだった。
 このまま行くのかなと思われたが、全仏の男子ダブルス
 攻撃的なブライアン.ブラザーズが守備的になり。
 スペインペアは、攻撃的な雁行陣を引いた。
 そして攻撃的な雁行陣が勝利した。

ブライアン.ブラザーズはたくさん紹介しているので、スペインペアの個性を活かしたダブルスを紹介したい。
 ブライアン.ブラザーズのcoach、有名人
 

ダブルス勝利のヒントを紹介する。スペインの二人のロペスの特徴だ。
 凸凹コンビで、二人で補っている。絶妙なペアリング。
 F.ロペスの強力なサービス。 

 F.ロペスの サービス力アップの方法  
 サースポーのFlopezser

 ビッグサーバー、
 シングルスも強い
 バックハンドは
 スライスが
 上手いので、
 ボレーも良い。

 二人は、今年ドーハで優勝、そこからずっと組んでいる。
 双子のツーカーの呼吸に対して、組み込んだダブルス、展開力がある。
 カバーリングが非常に良い。
 I.フォーメーションの次のフォローが見事。

 今ダブルスのランキングレースは、4位。ブライアン.ブラザーズはレースではついに1位に上がった。
  普通のランキングは F.ロペスが16位、M.ロペスが22位。
 今回のロランギャロスで大きく順位を上げている。
 それだけグランドスラム優勝は大きい。
 ランキングレース 

Dbranking2016june

M.ロペスのストローク力。
リターンのロブが上手い。この人のトップスピンロブとドロップボレーの特集を組みたいくらいだ。
 男子ダブルスのリターンでこれだけロブを使う選手はいない。
 M.ロペスはダブルスのスペシャリスト、シングルスの引退を考えていた時に、
 スペインのデビスカップの監督、コスタが「君はダブルス上手いからチームに入れ」と。
 この時スペインのダブルス強かった。
 グラノラー,ロペス組 チェコのT.ベルディフ、R.ステパネックとの試合は歴史に語り継がれるだろう。
 
 
 2013 シンシナティ  

F.ロペスが前衛に居ると、ブライアン.ブラザーズは3回目にはストレートを打ち、待たれる。
 サービスと併せて一次攻撃、強力だ。
 M.ロペス ドロップボレーの超絶技術。
Mlopezpoach

 これが2次、3時の波状攻撃につながる。
 真似したい。

本日の御教訓 ダブルスは陣形勝負
相手に対応した陣形を
 1:サービス、レシーブ時の陣形をしっかり
 2:リターンが返ったら2次攻撃
 3:カバーリングをしっかり
Saydbformsation

★ ダブルス上達情報集 ☆
 ダブルス 基礎知識  

 ダブルス上達には陣形の理解  

 変則陣形って? 
 今や、変則の言葉が死後な位一般化。女子ダブルスでもそう。

 ペアリング  

 ダブルスフォーメーションBook  

 ダブルス上達DVD  

ダブルススコアのノート  

ダブルス上達、2画面マグネット作戦ボード 

  テニス、システム手帳B7

ダブルスのポイント、サービス、レシーブからほとんど決まります。
陣形を駆使して、ポイントの取り方をしっかり紹介。
月さんの「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

★☆★  旬のテニスが良く分かるサイト集 ★☆★
 次はウィンブルドンですね。月日は早い。
 wowow テニス

 全仏オープン 公式サイト

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

カテゴリー: ATP, イメージ, サービス, ダブルス, テクニック, テニスノート, 作戦, 全仏, 勝因 | 投稿者tsukky 15:41 | コメントは受け付けていません。

ジョコビッチ どこまで強くなる 全仏、赤土、グランドスラム2016

N.ジョコビッチの大記録 ロランギャロスは優勝が無かった。
しかも大きな、大きなグランドスラム連続制覇のオマケ付き。

 これは年間を通じて強さを維持しなくてはならない。
 大変な事。
 決勝を見ていて、試合の展開、
 グランドスラム5セットマッチの違い。
 試合をどの様に支配するか。
 この点に注目して観察、データを取り出していた。
 5セットマッチは、まさにF1の世界
Nolef1rain

 しかも今回は雨中のF1、いやパリダカールラリー並の過酷さかも知れない。

赤土の試合の厳しさ
今回のロランギャロス、それでなくても赤土のコートは過酷
 

クレーコートの試合、難しさ、負担の大きさ。
 クレーコートの最初の大きなトーナメント、モンテカルロから
 

 コートサーフェイスは雨で変わる
  2014も  
  今年も 

試合の出だし、好調にA.マレーのサービスをラブゲームでブレーク。
 これは簡単に行くかと思われたが、そうはいかないのが、グランドスラム、
 相手は今大会、しり上がりに調子を上げているA.マレー。

 錦織圭を破った
 R.ガスケを一気に逆転。

 すぐにブレークバックされ、そのままずるずる最初のセットを落とす。
 N.ジョコビッチ自身も,ナーバスになっている自分を感じたと言う。

A.マレーのテニス、第2ゲームからは人が変わったように、良くなった。
 これだけN.ジョコビッチのボールを予測して動ける選手はいないだろう。
 左右に振っても、ドンピシャのタイミングで、A.マレーは追いつき、切り返す。
 N.ジョコビッチのネットミスが増えた。
 特にカウンター狙いのショットがミスした。
 A.マレーのカーバーが良く、動きが見えるので、さすがのN.ジョコビッチでもミスをするのだろう。

 第1セットは、お互いに手探りしながら、ミスをさせ合っていた。
 トッププレーヤーと言えども試合の入り方は難しい。

 錦織圭のスロースタートは有名だが、
 特にビッグサーバー相手だとそうなりやすい。
 
 トッププレーヤーでも大きな大会になればなるほど、序盤のサービスダウンが多い。

 試合に勝つコツは、そこに上手くつけ込めるかどうかだ。
 

N.ジョコビッチはMr.ノーミス、僕がつけたあだな。
 セレナの以前も強かった。エラーなしで、ウィナー量産。
 最盛時のR.フェデラーもそうでした。
 
 ところが、A.マレーとの第1セット、信じられない位のアンフォーストエラー。
 アンフォーストエラーの35%は、第1セットで。

これだけ好調さを持続しているN.ジョコビッチが達成していないのが、
 全仏制覇、それに絡むグランドスラムの達成。
 これをついに達成した。
 喜びは、コート上に大きく大の字になったことで分かる。
 ゴールデンマスターズがある。
 そして10有るマスターズ大会で、唯一マスターズで勝っていない、シンシナティで勝つこと。
  この大会R.フェデラーが強い。

N.ジョコビッチが落とした第1セット、何が悪かったか
 2ndサービスのポイント獲得率。実はこの数値N.ジョコビッチの強み。
 1stサ-ビスが悪くても、サービスゲームのトータルで修正する。

 そして安定指数の悪さだ
 第2セットからはそれが見違えるように良くなった。

逆にA.マレーは下降していった。
 これがN.ジョコビッチの強さだ。

終わってみれば、数字はしっかり合わせているが、
 第1セットだけを見ると散々な結果だ。

1stサ-ビスの確率は、落とした1stセット決して悪くはない。
Noleamstats1stserrg

 ビッグサーバーでもある、A.マレーがファーストサーブで狙うのも作戦の一つ。

1stサービスポイント獲得率、結果的にはサービスゲームのポイント獲得率となると、
 ファーストサーブ、セカンドサーブの合計でとなる。
トッププレーヤーの試合では、1stサ-ビスの確率よりも、ポイント獲得率の方が重要だ。
 一般プレーヤーは、確率、ポイント獲得率の両方を高くして欲しいが。
Noleamstats1stserpoirg

 しかし、セカンドサーブは打たれる。特にクレーコートではポイント獲得率は50%を切ることも多いので。
 いくらクレーコートと言えども70%はキープしたい。

 2ndサービスで50%を切ると、相手に攻撃されていることになる。
 N.ジョコビッチは、この2ndサービス、ポイント獲得率が異常に高い。勝利の原動力だ。
Noleamstats2ndserpoirg

 攻撃力が勝敗の行方を左右する。
 特に男子シングルスではそれが言える。

 しかし、クレーコートでは、サービスエースはともかく、弾んでからの減速が大きいので、リターンが返る確率が高い。
 結局、クレーコートであろうと、重要なのは 心の落ち着き。
 ショット的にはサービス、レシーブ
 これに尽きる。

 それが出るのが、安定指数。 ウィナーからアンフォーストエラーを引いた数字だ。
 この二人、基本的に、アンフォーストエラーが極端に少ない。
 だからウィナーが活きる。セットごとの安定指数を比べよう。
 第1セット、A.マレーが優勢。 N.ジョコビッチのアンフォーストエラーの多さ、
 A.マレーのウィナーの多さ。試合の大半がここで。
 第2セットからはN.ジョコビッチが冷静に、ミスなく試合を進めた。
 粛々と試合を進めた感じだ。

Noleam

そしてこれが、試合全体の総合スタッツ。N.ジョコビッチの強さが良く分かる。
Noleamstatstotalrg

 テニス上達のスコア、便利リンク
テニス上達グッズ スポーツ&アート
 
 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版

Bmposivs

試合形式練習、サービス、レシーブ練習が多いです。
Bmserbasicposition

レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

  テニス、システム手帳B7

「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 1&2」

★☆★  旬のテニスが良く分かるサイト集 ★☆★
 次はウィンブルドンですね。月日は早い。
 wowow テニス

 全仏オープン 公式サイト

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: クレーコート, コンディショニング, サービス, ジョコビッチ, データ分析, 全仏, 勝因 | 投稿者tsukky 18:28 | コメントは受け付けていません。

ジョコビッチ 全仏初制覇 同時に偉業も達成 だから王者

全仏オープン2016 連続グランドスラムの偉業達成
 N.ジョコビッチ A.マレーに逆転勝ち。
 第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第2シードのアンディ・マレー(イギリス)をで下して大会初優勝を果たした。
N.ジョコビッチ◎  3-6 6-1 6-2 6-4 ×A.マレー
Nolegsrg

 僕はブレーク合戦の第1セット、今間に見たことにないA.マレーの強さがあった。
 これはA.マレーが勝つなと思ったが、  試合内容は詳しく分析する。お楽しみに。
 N.ジョコビッチがどの様に修正したかよく観察したい。
 試合時間は3時間3分。

グランドスラム達成の凄さ。コートサーフェイスが異なる。
 芝、クレーコート、ハードコート、違うスポーツとも言える。

 ダブルス、シングルスの差も実は大きい。
 と言う事はN.ジョコビッチにはゴールデンスラム、スーパースラムの可能性もある。

 試合の内容は後で詳しく述べるが、テニスの偉業を達成した。
 N.ジョコビッチの夢でもあった。
 面白い事に、テニスの名選手、このクレーコートがネットとなり阻まれている選手が多い。
 それだけクレーコートは難しいと言う事だ。
 特に今年のクレーコート、雨で、コンディションに苦労する選手が多かった。
 A.マレーなど、1,2回戦、フルセットの大激戦。

 年間グランドスラム(4大グランドスラムを連続して達成する事。
 グランドスラムの1大会制覇だって大変。
 これがキャリア、グランドスラムになると、4大大会を、1回回以上ずつ、制覇する事。
 年間グランドスラムでは、4大大会を連続して優勝する事。
 ゴールデンスラムはオリンピックも合わせて優勝する事。
 スーパースラムは、ゴールデンスラムに合わせて、年間最終戦も優勝する事。

Gs2016nole

 ジョコビッチは全仏初制覇で、男子では史上8人目となる生涯グランドスラムを達成した。
 また、昨年のウィンブルドンから数えるとグランドスラム4大会連続制覇となり、
 オープン化以降では1969年に年間グランドスラムを達成したロッド・レーバー(オーストラリア)以来となる偉業を成し遂げた。
 ノン・カレンダー・イヤー・グランドスラム(Non-calendar Year Glandslam)

 グランドスラム通算12勝は、1960年代に活躍したロイ・エマーソン(オーストラリア)に並ぶ歴代4位タイの記録となる。

R.フェデラーのグランドスラム制覇 2009 この時も全仏

R.ナダルのグランドスラム制覇  ナダルには芝と全米がネック
 

S.ウィリアムスのグランドスラム制覇 2003年、全豪で初
 2012 2度目 しかもゴールデン 
 だから今回のムグルサの優勝はそれだけ凄い事。 

 N.ジョコビッチ、A.マレー、グランドスラムでも好勝負を展開している。
Noleandyfinal

N.ジョコビッチ全仏制覇の道
 2012年 準優勝 優勝はナダル 
 2013年 セミファイナル 優勝はナダル 敗れた相手はD.フェレール
 2014年 準優勝 優勝はナダル
 2015年 準優勝 優勝はS.バブリンカ

A.マレーの全仏への道のり
 2011年 セミファイナルナダルに敗れる
 2012年 クオーターファイナル D.フェレールに敗れる
 2013年 手術で欠場
 2014年 セミファイナル ナダルに敗れる
 2015年 セミファイナル N.ジョコビッチに敗れる

 こう見ると、如何にR.ナダルがクレーコートで強いかが分かる。
 生涯クレーコート勝率では9割を越し、断トツだ。
 クレーコートキング、R.ナダル  2013年
 左手首の怪我を癒して、復帰して欲しい。手首は、酷使する場所なので、時間がかかる。
 J.D.ポトロは3年越だ。
  
 この時A.マレーは18位で0.667の勝率 2015は勝率でトップだ。
Murrayclay

 錦織圭は0.625の勝率
 この二人去年くらいからクレーコートの勝率を上げてきている。
 A.マレー、クレーコートの強さ  
 錦織圭クレーコートの強さ 2014 最強だった。

 テニス上達のスコア、便利リンク
テニス上達グッズ スポーツ&アート
 
 テニス、システム手帳B7
 各種、コート図、練習メモ、試合スコア、便利ページが一杯。
Tnotewb

「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 1&2」

★☆★  旬のテニスが良く分かるサイト集 ★☆★
 wowow テニス

 全仏オープン 公式サイト

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

カテゴリー: クレーコート, ジョコビッチ, 全仏, 歴史 | 投稿者tsukky 06:45 | コメントは受け付けていません。

マレー 地力でバブリンカ撃破 フレンチオープン2016 決勝へ

A.マレー S.バブリンカを下す ロランギャロス 男子シングルス セミファイナル
 今年のロランギャロス、天候不順。
 スケジュールが予定通り進行せず、チケットが売れ残る。
 珍しい事。
 僕はロランギャロスの雨での順延も仕方なし派だが、
 
 ビジネスとしてトーナメント側は、インドアにするだろう。

A.マレー◎ 6-4, 6-2, 4-6, 6-2 ×S.バブリンカ
超素晴らしいS.バブリンカのバックハンド、これをA.マレーことごとく守り切った。
デフェンス力のすばらしさ。
 ウィナーはS.バブリンカが多かったが、A.マレーはアンフォーストエラーを極力抑えた。
 これはN.ジョコビッチの作戦と似て切る。
 強打の相手との常套作戦だ。
 S.バブリンカに取られた第3セットだけ、S.バブリンカが安定指数が良かった。

Murrayswstatsrg

 

 A.マレーのデフェンス力 
 ここ最近、サービス力を上げてきたので、試合展開が楽になる。

特に、相手に打たせてからのカウンターのショット。
フォアに打たせての最後の振り抜きでショートクロス、ダウンザラインと打ち分ける。
バックハンド対決 両手打ち対、片手打ち
 
 片手打ち編 S.バブリンカ 

Swbsimp

 A.マレーのテニス  
  今シーズンのクレーコート、A.マレーが勝率一番だ。
Murrayclay

 A.マレー、今回のロランギャロスで変わった。
 1,2回戦は、フルセットの逆転勝ち、
 これで今までのノラリクラリ戦法に火がついた。
 ロランギャロスの前哨戦ローマで、N.ジョコビッチに勝った自信が大きい。
 

 特にR.ガスケ戦、戦術、戦略を駆使して、相手の長所を消しにかかった。
 R.ガスケのバックハンド、これを封じ込める作戦は、
 R.ガスケの華麗なるバックハンド。 錦織圭を封じ込めた。
 
 執拗なドロップショット攻撃。
 相手の切り替えされても、繰り返す。
 これがR.ガスケのフットワークを抑え込んだ。

 S.バブリンカ ラモスビノラス戦 ハイライト動画

 前後の揺さぶりが面白い。

これでロランギャロスファイナルは、王者、N.ジョコビッチ、NO2A.マレーの対決となった。
これも楽しみ。
長い試合になる。

 ラリー戦から、ドロップショットの展開必死。

★☆★ テニス部活指導のヒント ★☆★
 部活合宿指導

 合宿ジュニア指導マニュアル
Jrwbset

 合宿成功便利セット
 作戦ボード、練習メモ、ボール出しマニュアルのセット。

 ビジュアルな指導を心掛けよう

錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

★☆★  旬のテニスが良く分かるサイト集 ★☆★
wowow テニス

全仏オープン 公式サイト

ロランギャロ ドロー 

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: クレーコート, コンディショニング, テクニック, データ分析, バブリンカ, マレー, 全仏, 勝因, 敗因 | 投稿者tsukky 07:43 | コメントは受け付けていません。

王者ジョコ、若い刺客D.ティエムを軽く一蹴 強さ、デフェンス力 全仏2016

王者と新鋭 素晴らしいショットの応酬。全仏男子シングルスセミファイナル
 N.ジョコビッチ対D.ティエム
 今までの雨の中断、順延を吹き飛ばすような、素晴らしい試合。
 力対力。
 試合の展開力。
 心・技・体の充実。 どれをとっても素晴らしい試合。
N.ジョコビッチ 今年絶好調のD.ティエム を軽くストレートで 6-2 6-1 6-4
 軽く勝利、と書きたいが、試合内容は、僅差。
 非常に良い打ち合い。
先日のT.ベルディフ戦で、ラケットを投げ、失格寸前だった、N.ジョコビッチ、気持ちを落ち着けて対処している。
 その前から雨の順延で、運営に不満を漏らしていた
 確かに常勝の彼には、休む間もなく、次の試合があるからだ。
 
 このメンタルタフネスは、N.ジョコビッチにしかできない技、テクニック
 普通は、トッププレーヤーと言えども、そのしぐさから崩れてしまう。
 

 湿ったコートが乾いて、乾いた打球音がセンターコートにこだまする。
 二人とも、ダブルフォールト、リターンミスが極端に少ないので、
 ラリーが続く、緊張した試合となった。見ている方は面白い。
Noleserdt

 結果的には攻めたD.ティエム、守り切ったN.ジョコビッチ。
 王者と将来性抜群の若者D.ティエム才能を見せつけた試合、

 D.ティエムは心.技.体と才能溢れるプレーヤー。
 何しろ、ゲームを離されても、嫌な顔一つしない。
 ここは錦織圭も見習って欲しいところ。
 錦織らしいと言えばらしいのだが、、、。

 D.ティエムのストローク戦からの攻撃は、深い。
 左右オープンコートを使って相手N.ジョコビッチを動かす。
 前後に揺さぶる。
 普通なら、ウィナーを決めに行った相手のボールが決まる。
 しかしそれを待ち受ける、N.ジョコビッチのトラップ、カウンター。
 さらにカウンターを待っている、D.ティエム。
 ハイレベルの戦いだ。

 しかし、N.ジョコビッチのフットワークが上回った。
 遠いボールをしっかりスライドさせ、軸を安定させて、最後に振り切り、コースを変える。

 D.ティエムのストローク、展開が早い、
 よくあの後ろから、速いボールが打てる。ベースライン後方のラリーではナダルと同じ力、それ以上かもしれない。
 ボールがNoledtbaseline

 速く良く弾み
 伸びるので、
 前に入りたい
 N.ジョコビッチも
 下がらざるを得ない。
 最近の試合では珍しく、二人が下がってのラリー戦。
 まるでR.ナダルが2人いる様だ。

 しかし下がっているので、お互いにドロップショットが有効。
 これも一発では決まらない。
 ドロップショットの使い時、対処法、N.ジョコビッチに一日の長があった。
  
 試合のスタッツ、Rallyがあるが、ドロップショットのウィナーはN.ジョコビッチの1本だけ
 しかしこれは表面上、ドロップショットからの展開は非常に多い。
 今回のロランギャロスの特徴だ。
 
 二人とももっと打てる。それだけでは決まらない。
面白い展開があった。
 D.ティエムのサービスゲーム。
 深いボディを突く。N.ジョコビッチ、前でとり、深いリターン。
 D.ティエム、さらに深く返す。
ジョコビッチクロスに振る。ウィナー級ショットの連続。
これをD.ティエムダウンザラインに、明らかにウィナー狙い。
ジョコビッチ、待ってましたと、クロスにカウンター。
D.ティエム、強打と見せかけて、ドロップショット。
N.ジョコビッチしっかり追いつきアングルに
D.ティエム追いつき、バックボレーのウィナー。
Noledt

 D.ティエムの才能、R.ナダルによって開花
 

 若者を代表する、テクニック  

 あのN.ジョコビッチをベースライン後方に釘付けできるストローク力。

 ショットの多彩さ。D.ティエム、今年どこまで上がるか、旬の強さがある

 しかし、アンフォーストエラーを減らし
試合のスタッツ、好ゲームの良い例だ。
Noledtstats

 
 決めるところできっちりネットプレー、これがN.ジョコビッチ。
 N.ジョコビッチのブレインゲーム.テニスは戦略、戦術の勝負だ。

 ストロークで、数字はD.ティエムが多い。
 ウィナー、フォーストエラー、アンフォーストエラー
 D.ティエムのショットで、良くも悪くも試合が動いていた。

 N.ジョコビッチの強さ  

 N.ジョコビッチ、D.ティエム  ハイライト動画
 こんなにテニスが面白いのかと思いますよ。

 これでファイナルは、去年の覇者、S.バブリンカを退けた、A.マレーとの対決。
 直近のローマで、A.マレーが久しぶり勝っている
 
 N.ジョコビッチは、グランドスラムで優勝していない、唯一のロランギャロス、決めてキャリアグランドスラムと行きたいところ。

 テニス上達のスコア、便利リンク

 テニスの上達エッセー
テニス上達グッズ スポーツ&アート
 
 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版

 メンタル.タフネス、
 試合形式練習練習たくさん紹介しています。
 ソフトテニス専用ページも多数。
Bmresoftunderseract
レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

  テニス、システム手帳B7

「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 1&2」

★☆★  旬のテニスが良く分かるサイト集 ★☆★
 wowow テニス

 全仏オープン 公式サイト

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 王者と新鋭 素晴らしいショットの応酬。全仏男子シングルスセミファイナル
 N.ジョコビッチ対D.ティエム
 今までの雨の中断、順延を吹き飛ばすような、素晴らしい試合。
 力対力。
 試合の展開力。
 心・技・体の充実。 どれをとっても素晴らしい試合。
N.ジョコビッチ 今年絶好調のD.ティエム を軽くストレートで 6-2 6-1 6-4
 軽く勝利、と書きたいが、試合内容は、僅差。
 非常に良い打ち合い。
先日のT.ベルディフ戦で、ラケットを投げ、失格寸前だった、N.ジョコビッチ、気持ちを落ち着けて対処している。
 その前から雨の順延で、運営に不満を漏らしていた
 確かに常勝の彼には、休む間もなく、次の試合があるからだ。
 
 このメンタルタフネスは、N.ジョコビッチにしかできない技、テクニック
 普通は、トッププレーヤーと言えども、そのしぐさから崩れてしまう。
 

 湿ったコートが乾いて、乾いた打球音がセンターコートにこだまする。
 二人とも、ダブルフォールト、リターンミスが極端に少ないので、
 ラリーが続く、緊張した試合となった。見ている方は面白い。
Noleserdt

 結果的には攻めたD.ティエム、守り切ったN.ジョコビッチ。
 王者と将来性抜群の若者D.ティエム才能を見せつけた試合、

 D.ティエムは心.技.体と才能溢れるプレーヤー。
 何しろ、ゲームを離されても、嫌な顔一つしない。
 ここは錦織圭も見習って欲しいところ。
 錦織らしいと言えばらしいのだが、、、。

 D.ティエムのストローク戦からの攻撃は、深い。
 左右オープンコートを使って相手N.ジョコビッチを動かす。
 前後に揺さぶる。
 普通なら、ウィナーを決めに行った相手のボールが決まる。
 しかしそれを待ち受ける、N.ジョコビッチのトラップ、カウンター。
 さらにカウンターを待っている、D.ティエム。
 ハイレベルの戦いだ。

 しかし、N.ジョコビッチのフットワークが上回った。
 遠いボールをしっかりスライドさせ、軸を安定させて、最後に振り切り、コースを変える。

 D.ティエムのストローク、展開が早い、
 よくあの後ろから、速いボールが打てる。ベースライン後方のラリーではナダルと同じ力、それ以上かもしれない。
 ボールがNoledtbaseline

 速く良く弾み
 伸びるので、
 前に入りたい
 N.ジョコビッチも
 下がらざるを得ない。
 最近の試合では珍しく、二人が下がってのラリー戦。
 まるでR.ナダルが2人いる様だ。

 しかし下がっているので、お互いにドロップショットが有効。
 これも一発では決まらない。
 ドロップショットの使い時、対処法、N.ジョコビッチに一日の長があった。
  
 試合のスタッツ、Rallyがあるが、ドロップショットのウィナーはN.ジョコビッチの1本だけ
 しかしこれは表面上、ドロップショットからの展開は非常に多い。
 今回のロランギャロスの特徴だ。
 
 二人とももっと打てる。それだけでは決まらない。
面白い展開があった。
 D.ティエムのサービスゲーム。
 深いボディを突く。N.ジョコビッチ、前でとり、深いリターン。
 D.ティエム、さらに深く返す。
ジョコビッチクロスに振る。ウィナー級ショットの連続。
これをD.ティエムダウンザラインに、明らかにウィナー狙い。
ジョコビッチ、待ってましたと、クロスにカウンター。
D.ティエム、強打と見せかけて、ドロップショット。
N.ジョコビッチしっかり追いつきアングルに
D.ティエム追いつき、バックボレーのウィナー。
Noledt

 D.ティエムの才能、R.ナダルによって開花
 

 若者を代表する、テクニック  

 あのN.ジョコビッチをベースライン後方に釘付けできるストローク力。

 ショットの多彩さ。D.ティエム、今年どこまで上がるか、旬の強さがある

 しかし、アンフォーストエラーを減らし
試合のスタッツ、好ゲームの良い例だ。
Noledtstats

 
 決めるところできっちりネットプレー、これがN.ジョコビッチ。
 N.ジョコビッチのブレインゲーム.テニスは戦略、戦術の勝負だ。

 ストロークで、数字はD.ティエムが多い。
 ウィナー、フォーストエラー、アンフォーストエラー
 D.ティエムのショットで、良くも悪くも試合が動いていた。

 N.ジョコビッチの強さ  

 N.ジョコビッチ、D.ティエム  ハイライト動画
 こんなにテニスが面白いのかと思いますよ。

 これでファイナルは、去年の覇者、S.バブリンカを退けた、A.マレーとの対決。
 直近のローマで、A.マレーが久しぶり勝っている
 
 N.ジョコビッチは、グランドスラムで優勝していない、唯一のロランギャロス、決めてキャリアグランドスラムと行きたいところ。

 テニス上達のスコア、便利リンク

 テニスの上達エッセー
テニス上達グッズ スポーツ&アート
 
 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版

 メンタル.タフネス、
 試合形式練習練習たくさん紹介しています。
 ソフトテニス専用ページも多数。
Bmresoftunderseract
レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

  テニス、システム手帳B7

「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 1&2」

★☆★  旬のテニスが良く分かるサイト集 ★☆★
 wowow テニス

 全仏オープン 公式サイト

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

カテゴリー: エッセイ, ジョコビッチ, スコア, ティエム, データ分析, 作戦, 全仏, 勝因, 戦略 | 投稿者tsukky 07:57 | コメントは受け付けていません。

大坂なおみ サービススピードでセレナを抜く フレンチオープン2016

大坂なおみ、セレナを抜いた  ロランギャロスでの記録
 雨で順延が続く、ロランギャロス。
 大会運営に苦言を呈していた、N.ジョコビッチ、最初のセットを落とす、苦戦。
 A.ラドバンスカ、ハレプ、敗れました。
 まあこれも、アウトドアの大会。
 テニスはオープンスキルのスポーツ ですから。
Rainnole

 

 ロランギャロス、女子シングルスでサービススピード 196km
 恵まれた体格から打ち下ろすサービスは威力満点。
 ロランギャロスのサイト スタッツから Service speedをクリック

Osakaserstats

 

大坂なおみ選手がシード選手を破る快挙で、ニュースを賑わせている。
 まずは16歳の時、S.ストーサをフルセットで破る
  
このS.ストーサ、土居美咲を破り、今ロランギャロスでベスト8に進んでいる。
 そして、その勢いで大坂を破った、ハレプにストレート勝ち。
 ちなみに、このS.ストーサがロランギャロスでのサービスエースリーダー
 断トツの26本。
 男子ではJ.イズナーの110本。

 今年、全豪  大坂なおみ〇 6-4 6-4  ●E.スベトリナ
 最高速度193kmの弾丸サービス。

 そして、マイアミでは、元6位のS.エラーニも撃破
 
テニスのランキング日本人で一位は?  
 あるんですよ。答えは下に。

大坂なおみが凄いのは、ロランギャロス
女子シングルスでは3回戦まで進出。
 1回戦シードのオスタペンコを破る 

 2回戦ルチッチ   

 3回戦、ハレプに惜敗 

Osakaserhalep_2

 

 ハイライト動画 
 世界ランキングは101位
 今年のランキングは44位に上がる。

ダブルスでは予選から勝ち上がり、本戦も1回戦を勝ち抜いている。
大坂選手は、父親のレオナルドさんの指導で育った。
 有名なテニススクールではなく、公営コートでの地道な指導。
 後は、大会での経験をどんどん増やしていった。
 姉の大坂まりもテニス選手。ダブルスに出たりしている。
 1カ月半前から新たに指導を受けているA.V. グリチェンコーチと一緒に、初めてグランドスラムを戦った。
 彼は、2005年から16歳のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)を指導して、5年間一緒にツアーを回り、
 世界のトッププレーヤーに育て上げたことのある名コーチだ。
 そしてV.ズボナレバ、A.イワノビッチも指導している。
 トッププレーヤーとコーチの関係 
 女性には特にフォローが必要だ。

 アメリカのM,キーズ  L.ダベンポートをコーチに。快進撃。
 A.ラドバンスカ  M.ナブラチロバをコーチに向かえましたが、思うような進展が無く、
 解消。

ヴァン グリチェンコーチのロランギャロスでのコメント。
 「とてもポジティブな大会になった。彼女はまだ若いですし、今、成長の過程にいます」と大坂を高く評価し、
 さらに、「トップ選手を倒せると、彼女が自分自身をもっと信じる必要がある」と語った。

 今後大坂が、ヴァン グリチェンコーチとタッグを組んでどこまで上がるか楽しみだ。

 大坂なおみ、今年の全豪でサービススピード、3位の195㎞を出して注目。
 この時のセレナは202㎞。

 ちなみの女子の最高はS.リシキの210㎞
 男子はグロスの260キロだ。

サービス 上達のヒント集
 大坂なおみ選手 180㎝の恵まれた体格。
 サービスと身長の相関関係  

 日本人のサービス 青山修子の例

Sayaosertotalmove

 

 サービス、肩を回すには? 
  必ず肩が回わるようになる方法で動画で伝授

 地肩を強くする

 野球の外野手のイメージで、イチローのレザービーム  

 テニス界で、日本人の世界一、答え、
 日本人一位。女子ダブルスで杉山 愛が世界ランキングNO1に
 2000年、USオープンで優勝して、ダブルスランキング世界一です。

ロランギャロス ベスト4出揃う。
女子シングルス
女子シングルス 準決勝
S.ウィリアムズ(1) vs. K.ベルテンス
G.ムグルサ(4) vs. S.ストーサー(21)

女子シングルス 準々決勝
○S.ストーサー(21)6-4, 7-6 ×T.ピロンコバ
○G.ムグルサ(4) 7-5, 6-3 ×S.ロジャース
○K.ベルテンス5-7 2-6×T.バシンスキー(8)
○S.ウィリアムズ(1) 5-7, 6-4, 6-1 ×Y.プチンセワ

 テニス上達のスコア、便利リンク
テニス上達グッズ スポーツ&アート
 
 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版

Bmposivs

試合形式練習、サービス、レシーブ練習が多いです。
Bmserbasicposition

レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

  テニス、システム手帳B7

「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 1&2」

★☆★  旬のテニスが良く分かるサイト集 ★☆★
 wowow テニス

 全仏オープン 公式サイト

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

カテゴリー: サービス, セレナ, 全仏, 大坂なおみ | 投稿者tsukky 04:47 | コメントは受け付けていません。

雨で中断 ロランギャロス2016 トッププレーヤーは時間をどう使う?

ロランギャロス2016 雨で一日中断  16年ぶりの全休
 選手の時間の使い方。
 今年のロランギャロスは雨に祟られている。
 テニスがWs000019

 オープンスキルの
 スポーツだから
 仕方がない。
 条件は相手も同じなのだから。
 この雨が、どの様に選手に作用するのか、考えてみよう。
 皆さんの試合の時の中断、のシミュレーションに良い。
 テニスとシミュレーション

Sayingcrisismanagement

 錦織圭も敗れた が、
 女子ダブルスNO1ペアのヒンギス、ミルザペアが敗れた
 

普段グランドスラムのサイトでは、試合を中心ニュースが流れるが、
今回のロランギャロス、雨で一日の中断が決まり、
 選手達の雨の時の過ごし方が紹介されていた。

ビッグニュース、大坂なおみのサービススピード、セレナを抜いてNO1.
 時速196km/h 。この話もあとで紹介する。
 

1:コーチと話す
 作戦の練り直し、トレーナーのマッサージを受けるなど。
 テニスは個人スポーツで、普通は、試合中はコーチングからのアドバイスは受けれない。
 デビスカップ、フェドカップの団体戦を除く。
 だから非常に貴重な時間と言える。
 女子のトッププレーヤーでは、コーチとの会話で、中断後の試合展開が変わる事も良くある。
 勝っている時は、そのままで、
 負けている時は作戦変更となるだろう。
 コーチング  
2:食事
 翌日に試合が順延の場合ではしっかり食事もあるだろうけれど、
 数時間後に試合再開かもの場合は、しっかりした食事は出来ない。
 軽く、胃に負担が少なく問う事だ。
 ただグランドスラムの5セットマッチの長丁場では、軽いエネルギー補給も重要な作戦となる。
 試合の途中で、ゼリー飲料、バナナ、チョコレートなどで、エネルギー補給をしている姿は、
 良く見かける。
 合宿成功のコツ、栄養管理
 
3:好きな音楽を聴く
 キリオス、V.アザレンカ、S.ウィリアムスはいつもそう。
 気持ちを落ち着かせる、あるいは奮い立たせることが出来る。
 テニスで重要なリラックス
Zzzzzhi

 

 ただ頑張ろうは×
 却って力が入ってしまう。
 
4:机を借りて、本を読んだり、タブレットを使う人もいる。

 この時間の使い方も重要だ。
 気分転換、
 心を平常心に戻す。これが重要。
 
戦術、戦略の練り直しも大事だ。
 苦手な相手に苦戦中   

 強い相手に苦戦中 

 テニス上達のスコア、便利リンク
テニス上達グッズ スポーツ&アート
 
 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版

Bmposivs

レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

  テニス、システム手帳B7

「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 1&2」

★☆★  旬のテニスが良く分かるサイト集 ★☆★
 wowow テニス

 全仏オープン 公式サイト

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

カテゴリー: イメージ, クレーコート, コンディショニング, コーチ, 作戦, 全仏 | 投稿者tsukky 13:56 | コメントは受け付けていません。

フレンチオープン2016 錦織 ガスケのミスの少なさに脱帽 ベスト8逃がす

錦織圭、ベスト8の壁 R.ガスケに敗れる 自分自身に敗れた。
 雨で中断が続く、ロランギャロス。
 乾いて、心地よい弾みに張っていた赤土が、重くなる。
 より正確なストロークが求められる。 サービス力は激減する。
 錦織圭は大観衆を味方につけたR.ガスケに前に、2年連続のベスト8入りは消えた。

 苦手だった過去を清算、勝つ準備は出来ていたが、完全アウェーに飲まれた。
 
 しかしそれは、トップ4に上がるのは当然御条件、想定内のハズ

それでなくても、コートコンディションが難しい赤土。
 クレーコートの祭典。
今年は例年以上に、
 雨にたたられている。Rg2016rainball

 少しの雨なら
 試合続行、
 それが
 ロランギャロス。

ロランギャロス、フランスの観客に、ガスケの良さを見せた試合だった。
 実力は、錦織圭の方が上、それはガスケ自身も認めている。
フランス柄のシャツ。
 これで愛国心をGasquetrico

 鼓舞する。
 大成功だ。
 観客を
 味方にする。
キーワードはアンフォーストエラー。
 錦織圭の良さは、アンフォーストエラーを増えらしながらウィナーを増やす点だったが。
 若手の有望株 D.ティエムを破った試合

R.ガスケ◎ 6-4 6-2 4-6 6-2 × 錦織圭
Rgkeiscorerg4

 ウィナーは多かったが、その分アンフォーストエラーが増えた。
 R.ガスケの倍以上。

雨の中断で、その後、ボールが重くなったと話す。ガスケのショットが良くなって来る。
 ボールは確かに重い。
 アウトドアで、多少の雨なら試合続行のロランギャロス。
 それがオープンスキルのスポーツ、テニスの醍醐味でもある。

 言い訳はSayingnoexcuse

 無用。
 条件は
 誰にも同じ。

 そして自分の心。イラつきながらプレーする錦織圭が見え隠れする。
 イラツキがあれば、得意のドロップショットも拾われる。
 ドロップショットの次の対応が悪かった。
 ドロップショットはクレーコートで重要な武器だが
 ガスケも百戦錬磨、
 
 次の対応が必要。相手も拾いに来るのだから。

錦織圭得意のリターンにほころびが出た。
 気持ちが焦りKeire

 ボールの
 引きつけが不足
 その分甘くなった。
 反撃開始の
 はずのリターン、
 浅くなったところを、
 逆襲を食らった。

 セットを通じて、最初のゲームでブレークされる。
 出だしの悪さを突かれた。
 錦織圭スロースターター 
 F.ベルダスコ戦もブレーク合戦  

 地元ガスケを応援する、大声援。それは仕方がない。
 その中で戦う事で強くなれる。慣れているはずだし、覚悟もしているはず。

一般プレーヤーが見習いたい、R.ガスケの片手打ちバックハンド
芸術品 軸の安定性、バランスが崩れない。
クロスコートGasquebsfine

での打ち合い
錦織も
バックは得意
でも先に
 浅くなる
そこを待っている

R.ガスケのバックハンド
 バックハンドマスター

しっかり肩を入れ
相手にコースを隠し。
ボールを引き付け
相手がセンターに
戻るのを待つ。
そして逆を突いて、ダウンザライン、
よりショートクロスを狙う。

負けたのは仕方がない。
 ラケットを投げたのは悪い
 気持ちは、
 他の方法で
 落ち着かせる。

それがメンタル.タフネス
 まず自分気持の乱れを、整理するところからメンタル.タフネスは始まる。
Mt_plan

 R.フェデラーの冷静さを見習おう。

メンタル.タフネス向上

 反省点を整理して、次のウィンブルドンに備えよう。
 欠場した、R.フェデラー。
 負けたM.ラオニッチは、準備に入っている。

 勝利の法則シングルス

試合のスタッツ
Rgkeistatsrg4

試合だから勝ち負けはある。
 特にジュニアの親、コーチは、その時のフォローが大事だ。
 次を見据えてのアドバイスが大事。

本日の御教訓
 負けは負け
Saykeigoodloser

謙虚に見直す
1: 相手を恐れていなかったか
2:冷静に戦えたか
3:積極的に戦えたか

 テニス上達のスコア、便利リンク
テニス上達グッズ スポーツ&アート
 
 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版
Bmpageexample

 メンタル.タフネス、硬式テニス用、ソフトテニス用、ページ充実しています。

レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

  テニス、システム手帳B7

「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 1&2」

★☆★  旬のテニスが良く分かるサイト集 ★☆★
 wowow テニス

 全仏オープン 公式サイト

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へにほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: クレーコート, コンディショニング, スコア, データ分析, 全仏, 敗因, 錦織圭 | 投稿者tsukky 10:40 | コメントは受け付けていません。

フレンチオープン2016 錦織 サースポー、元7位ベルダスコと対戦

錦織圭の3回戦 F.ベルダスコ  全仏2016
 F.ベルダスコは全仏向きの選手。
 クレーコートのスペシャリスト、サースポー、ハードヒッター、元世界7位、長身188cm。
 要するに厄介な相手だ。
 最近力が落ちているが、持久力、速さ、精神力に陰りが見える。年齢からくるものだろう。

今回の全仏、日本選手の活躍が目立つ、大坂なおみも3回戦で、元2位のハレプと当る
 
 昨日の奈良くるみ、A.イワノビッチに負けはしたが、1セット目、0-3から追いつく粘りを見せた。
 A.イワノビッチの高い打点のリターンからの速攻にやられた感じ。
 戦略負けの気がする。弾むボールは打たないように書いたのだが、、、。
 

 ロランギャロス3回戦、強豪が勝ち上がっている。
 J.W.ツォンガ、A.マレー、と激戦を制して上がってきている。
 R.ナダル、N.ジョコビッチは安定した強さを見せている。

 注目の一戦は、A.ズベレフ対D.ティエム
 直近の試合でD.ティエムがフルセット勝ち。若手の白熱した試合になるだろう。

 錦織圭 vs クズネトフ戦ハイライト動画

 
 R.ガスケ対キリオスの試合も面白い。
さあ、錦織圭は、サースポー、ハードパンチャーと対決する。F.ベルダスコ、
錦織圭の全仏2016の勝ち上がり
 錦織圭は2回戦のクズネトフ戦、1stサ-ビス、ネットミスが多く、
 2ndサービスを叩かれたので注意したい。 スコアはストレート勝ちだが、試合内容は僅差だった。
 

 錦織圭の1回戦 ボレリ戦、快勝  

F.ベルダスコ、なかなかなのハードヒッター。
 今でこそ52位だが、2010に7位まで上がっている。
 ダブルスではマレーロと組み、ATPファイナルを制している。2013年
Keifver

 

 今回の全仏、2回戦では曲者のI.ドディグを下した。調子は良い。
この二人の対戦、錦織圭の1勝2敗だが、相性は合ってきている。
 去年のインディアンウエールズでフルセット勝ち
 

 2012 F.ベルダスコ 錦織、腹筋痛で棄権、この頃は怪我で苦しんでいた時だ。
 

 2011 全豪  F.ベルダスコ 6-2,6-4,6-3 3回戦
 

 ナダルのボールを少しフラットにしたような感じ。サービス力もある。
 ナダルと同じように、フォアに回り込み逆クロス、ダウンザラインと打ち分けて来る
 
 しかし、このフォアの回り込み、ハイリスク、ハイリターン。
 オープンコートが出来る、そこを高い打点で叩きたい

Saykeidlrecross

 バックハンド同士のダウンザラインの打ち合いになるだろう。
 そこから先にフォアに回り込む。
 逆クロス、ダウンザライン。
 その読みと逆を突けたら錦織圭は楽。

 そこで役立つのが錦織圭の高い打点、バックハンド
Saykeibshiposition

 セカンドサーブのリターンではベースラインの中に入る、
 ゾーンを使い分ける

 錦織圭は2ndサービスで後ろに下げられないように注意したい。
 特に錦織圭のバック側、ワイドに逃げるボールを打つのが得意だ。

 錦織圭は以前ほど、サースポーをそれほど苦にしないので、もう大丈夫だろう、
 ナダル戦で学んだことは多い

テニス上達のヒント集
 テニス上達のヒント  
 ダブルス フォーメーションを知ろう

 テニス上達のスコア、便利リンク
テニス上達グッズ スポーツ&アート
テニス作戦ボード、便利機能満載
 試合のスコアの勧め  

 試合スコアのつけ方 
 練習日誌の勧め、ジュニアには特に。

Tnotewb

 ジュニア、練習日誌 ジュニアはシングルス、だから専用コート図  
 

 親のためのノート  

 ジュニアの育て方  ほめて育てる  

錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

★☆★  旬のテニスが良く分かるサイト集 ★☆★
ローマ マスターズ 公式サイト 

 wowow テニス

 全仏オープン 公式サイト

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

カテゴリー: クレーコート, 予想, 作戦, 全仏, 戦略, 日本選手, 錦織圭 | 投稿者tsukky 11:54 | コメントは受け付けていません。

全仏オープン2016 大坂なおみvsS.ハレプ 強打を見よう

全仏オープンテニス、3回戦 S.ハレプ と対戦する 大坂なおみ
 赤土の祭典も、中盤にさしかかっている。
 選手達もコンディショニングに慣れて、集中力を高める時期だ。
 今日は錦織圭と大坂なおみの試合が予定されている。先に、大坂なおみを紹介しよう。

 どの様に選手を育てるかのコーチングも紹介する。ハレプ選手の例だ。

第6シードのS.ハレプと対戦。元世界2位だ。
Osakahalep

 大坂なおみ、1,2回戦と持ち前の、サービス、強打で、自分テニスができている。
 競ったゲームでも焦らない落ち着きを持っている。
 愛読書は,A.アガシの自叙伝Open
 

 今年の全豪2回戦ではシードのスビトリナ
 試合スタッツ サービス196㎞を記録。
 まさにセレナ並。サービスエースを量産できる速さが魅力。
 
 
 マイアミでは元6位のS.エラーニ、を破りベスト16に進んでいる。
 

 今回も1回戦でシードのE.オスタベンコを破っている
 

 2回戦はベテラン、ルチッチの巧みな戦術を臆することなく打ち抜いた、勇気に感動。

 クレーコートと言うこともあるが、強打が冴えている。
Osakafsrg

 
 ロランギャロス,女子シングルスと日本選手
 大坂の強打を警戒して、S.ハレプは得意のドロップショットを連発するだろう。
 前後の揺さぶりのフットワークは重要だ。  

S.ハレプは第6シード、初戦で日本、日比野菜緒を全く寄せ付けなかった。
 世界ランク最高は2位。
 2014 ロランギャロスファイナリスト
 M.シャラポワにフルセットで敗れた

 2回戦も快勝で、Z,ディヤス 7-6(5), 6-2に勝ち上がっている。

Halepsmallatom

ハレプが敗れた直近、ローマ ガブリロバ戦 ハイライト動画

 前後の揺さぶりが功を奏しているが。
 大坂なおみの場合。サービス、ストロークを左右に打ち分けて行く作戦で、自分を出した方が良い。
 若いし、これから先のことを考えると、
 攻撃型選手の典型なのだから。
 セレナの攻撃型を my wayで貫ける逸材だから.
  攻撃型 vs 守備型  男子シングルスの例
  

 大坂なおみの攻撃力、破壊力でどこまでS.ハレプを崩すか?
  甘い2ndサービスはサイドに振ると、S.ハレプはコーナーを突くのが上手い。
  奈良くるみもそうだったが、2ndサービスは、ボディ狙いが良い。
 S.ハレプも最初は背は低いがパワー型の選手、

ストローク戦 重要なのは緩急、ボールの回転が大事
 バックハンドマスター

トップスピンマスター 

スライスマスターカード

 コーチにケーヒルを招いてから、戦術、戦略面がアップ した。
  
  英語だが、コーチングの参考になる。
  ケーヒルは、S.ハレプの目になって試合を見ると言う。
 テニスは孤独なスポーツ。コーチを選ぶ選手が多い。
 特に女性はそう。

 選手を育てる前に、人を育てる。それがコーチング
 テニスは、試合で勝ち負けがはっきりするだけに、教える難しさがある。

 あのA.マレーも、もう一度I.レンドルのコーチングを受けたいとか

 チームKeiの場合  

 S.ハレプの守備力に対抗する構図だ。

テニス上達のスコア、便利リンク
テニス上達グッズ スポーツ&アート
テニス作戦ボード、便利機能満載
 試合のスコアの勧め  

 試合スコアのつけ方 
 練習日誌の勧め、ジュニアには特に。

Tnotewb

 ジュニア、練習日誌 ジュニアはシングルス、だから専用コート図  
 

 親のためのノート  

 ジュニアの育て方  ほめて育てる  

一般プレーヤーは
  ダブルスフォーメーションブック

錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

★☆★  旬のテニスが良く分かるサイト集 ★☆★
 wowow テニス

 全仏オープン 公式サイト

ATP  

WTA

テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: WTA, クレーコート, コーチ, 全仏, 大坂なおみ, 戦略 | 投稿者tsukky 08:05 | コメントは受け付けていません。