モンテカルロ1000 苦節フォニーニに栄冠

月曜日 真夏日の陽気

2試合しかしなかったのに非常に疲れていたねんりん予選。試合では50%力を出せれば十分だと、wowowを解説していた柳の言葉を思いだす。ぼくは50%の力を出せずに苦しみ、パートナーは50パーセント以上の力を出していてくれたから、勝てたと正直思っている。

昼からコートへ行くと情報は伝わっていて、おめでとうと言ってくれる人が多かった。気恥ずかしかったけれど悪い気持ちはしなかった。

モナコのモンテカルロ1000の大会の決勝戦はフォニーニVSライオビッチの間で行われていた。フォニーニはイタリアの31歳ランキング18位の選手、かたやライオビッチはセルビアの28歳48位の選手だった。

初めて画面で見たライオビッチはゴファン、テイームを破り、準決勝ではメドベージェフをファースト15から逆転でものにして決勝の舞台に立っていた。

かたやフォニーニは準決勝でクレイの王者をまさかのストレートで破り決勝の舞台へ。

彼のナダル戦は全仏の舞台などで何度か目にしていた。引きつけた両手打ちのバックハンドでナダルの逆を付、ストローク戦で打ち負けず1セットを取ったりしていたが、長くは続かずナダルの粘りに最後には屈していた。

今回もそのパターンを予想していた。ナダルはモンテカロルで8連勝をはじめ、今回も三連勝中で4連勝はここまでくれば指呼の間と思われた。

だが今回の31歳のフォニーニは違っていた。フォアーもバックもナダルよりまさり、ナダルは対応することが出来ずにファーストは64でフォニーニ。セカンドは屈辱のベーグルで終わるのではと思われる50のフォーティラブまで行ったのだ。勝利を確信したのかフォニーニはラフになり、ダブルファーストでダブったりで落とすも62でものにして念願の勝利をナダルからもぎ取っていた。知る限りでは初めての勝利かも。

そんな二人の対戦はどちらが勝利してもおかしくなかったが、フォニーニの粘り強い正確なショットはナダル戦から引き継いでいた。片手バックハンドのライオビッチ、力強いフォアーは健在で応戦したがファースト63でフォニーニ、セカンドもワンブレークで進み54からプレッシャーのかかったサービスフォーチャンピオンシップセット、フォニーニは落ち着いて逃げ切って初めてのマスターズの優勝を成し遂げていた。

モンテカルロはイタリヤからは指呼の間、大勢の人が観覧席には見受けられた。何年か前グランドスラムでの女子の決勝戦は注目された選手は消えてイタリア人同士となっていた。そこで初優勝をなした選手はそれで満足したのか、即引退ししたのはいろんな意味できよいと感じていた。彼女はフォニーニのガールフレンドだったという。まもなく結婚したらしい、その奥さんも自陣にはいたようだ。優勝が決まると、着ていたシャツを捲し上げ頭を覆う、こみ上げていたに違いない。まもなく自陣の席に歩を向けて仲間と熱い抱擁を交わし続けた。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:38 | コメントをどうぞ

わかやまねんりんピック予選  

21日 日曜日 晴れ

日々に暖かくなるこの頃。朝方少しヒヤッとするが以前ほどではない。すっかり葉桜もなくなり青葉若葉の季節に模様替えを日一日とめざましい。

ホームコートに8時にO氏と待ち合わせ、彼の車に便乗して浜線コートへ30分の距離だった。

毎年この月に行われているねんりんの予選、昨年も彼と出で、2組しか出ていなかったが、ぼくの不調で負けていた。思えばあの頃もサービス、ストロークもまともでなかった。それでも何とかならないかと思っていたが現実は厳しいかった。

今年は腕肩はかなり癒えていて、サービスストロークとまずまずに戻っていたが、いつものように迷っていてばっかりで、不安を抱いていた。

70歳は3ペアー出場。一試合目は1番目と二番目ぼくたちのペアーが対戦。相手は熊壮会の顔見知り、ぼくたちが先行して32から42となってこちなの流れとなり63で一勝する。二試合目は負けたちペアーと3番目同じクラブのペアーが対戦する。

クラブでの練習試合では互角で、ぼくたちが勝ったので負けることはあるまいと見ていると、出だし互角で進んでいたが仲間のペアーが1ゲームダウンながら大接戦だったが、終盤相手のひつような粘りに根負けしていた。46で1番目のの勝利で1番目は1勝1敗。

三試合目は1勝のぼくたちと3番目の1敗の仲間のペアーとで対戦。序盤は先行したがぼくのサービスが不安定でが不調で44と追いつかれていた。ヤバイ、ホームコートの練習試合と同じパターンが再現されんとしていった。55、65でぼくのサービス、ぼくのサービスキープは最初だけでブレークされていた。66タイブレークを覚悟して、不調のスピンサービスをイメージしていたスイングで再度試みると、レシーブサイドの枠内に入って相手に攻撃されずにポイントを重ねて気がつけば75で勝利していた。

ほっとした、これでO氏念願のねんりんの切符を掌中にしていた。今日はO氏の調子がすごく良くて助けられぼくが足を引っ張っていた。O氏の活躍てもぎ取ることが出来たのが最高で感謝している。

クラブ同士の骨肉の争いが行われるということで、クラブの仲間が冷やかし観戦に数名見えていたが、和気あいあいの雰囲気で楽しかった。そして厳しかった。

60歳女性は同じく3ペアーでテニス仲間は残念ながらダメだった。60歳男性は7ペアーがエントリー。2パートに別けてパートの勝者同士の戦いで決めていた。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 08:01 | コメントをどうぞ

錦織 モンテカルロ1000も初戦敗退 心配

水曜日 晴れ  風強くなる

水曜日いつものとなったI氏と9時からシングルス、10時からは彼はレッスン。そしてレッスンの終わった11時半からは、打ち合わせていたねんりんピック予選会の練習を行った。I,TvsO,S戦。6ゲーム先取で接戦の末1勝1敗で終わり、ファイナルは本戦のある次の日曜に持ち越された。

モナコのモンテカルロ1000の大会、昨日からNHKBSで観戦、昨日の1回戦カナダの18歳アリアシムvsロンデーロ(アルゼンチンの若者)戦はアリアシムが7576の接戦の末勝利。

今日の2回戦、錦織圭初戦の相手がフランスのエルベールと分かった時は嫌な予感がした。圭は2勝しているらしいが、直近の試合では接戦だったと記憶していた。

ダブルスでの活躍は知っていたが、この頃ではシングルスでもよく名前を耳にしている。188cmの長身からチリッチのように体をのけ反らせて厳しいサービスを打ちこんでいた。

ファースト圭はラブフォーテイというブレークチャンス、イージなバックボレー、両手打ちで決めたかと思ったらネット。そしてキープされ、試合を通して象徴するようなシーンだったのだ。ブレークチャンスは何度かあったがことごとく失敗、55からブレークされて57でファーストを失う。セカンド、圭はブレークチャンスもあったが、ファーストサービスに阻まれ、なんとかキープしながら44まで何とかサービスキープで進んだが45からブレークされて、あっさりと初戦敗退となっていた。

1000の大会続けて初戦敗退に拍子抜け気分になっていた。圭のサービスはそこそこでストロークで勝負するテニスの圭にとって、今日のエルベール戦はサービスもストロークも相手が徐々に良くなっていたから、始末が悪かった。

今日のような戦いぶりでは、赤土の全仏までの戦い、試練が予想される。初心に戻り、打ち合いでは負けないというテニスにならなければ、勝ち抜くのは厳しいと予想される。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:31 | コメントをどうぞ

タイガー・ウッズ14年ぶりオーガスタ―征す

月曜日 晴れ

朝方は冷え込むが日中は暖かくなる。

テニス、ラケットの握り方を替えたり、スイングを替えたりするので、自分のフォームがいつまでもぐらぐらとしているのが、上達しないゆえんのような気がする。

6月上旬に行われる九州選手権の結果をかんがみ、今後の方針を決めようと決心した。

この二三日、朝テレビをつけると、ゴルフのマスターズが行われていた。今朝の放映が四日目の最終日、優勝候補は四五人いて、バックナインの中盤、13アンダーと2打先行していた選手が、池ポチャのダブルボギーで11アンダーがタイガーを含めて数名となる、10アンダー、9アンダーという選手もいたので、この時点では誰が優勝するか、誰もがチャンスがあったと思う。

しかしタイガーは、終盤フェアウエーをキープして安定したゴルフを展開して13,14アンダーと伸ばし2打先行して、優勝候補の一番手に躍り出ていた。

最終ホール18番のミドルではドライバーを握らず、スプーンで刻んでスリーオン、ツーパットで経験を生かしたゴルフで14年目ぶり5度目の優勝をなしていた。

女性問題や体を壊したりでしばらくはゴルフ界から姿を消していた。復帰したとは耳にしていたが、またもやマスターで優勝する復帰を誰が予想したことだろう。

頑張り努力すればかなうことを、43歳のタイガーは身をもって証明してくれた。今年の朗報の一つに数えられる出来事だろう。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:28 | コメントをどうぞ

県テニス選手権大会70にエントリー

土曜日 晴れ

朝方は8度くらいで昼前には20度弱になるこのごろ。まだまだ油断大敵。いつもの厚着をして運動公園CDコートへ出かけた。70はDコートの左サイトの8番コートに9時半からフォローバイで4試合が組まれていた。

ぼくは3試合目だったが外の試合も見たいと9時半過ぎに到着して1回戦を観戦していた。試合の半ば過ぎに本部の受付へ、受け付けを済ませてオーダー表を見ると、昨夜プリントアウトしたオーダー表が変更になっており、2試合目に名前があったので慌てた。

1回戦でK氏が勝ち上がり、2回戦で彼と対戦した。ストロークがだめでダメかと思ったが相手がそれ以上に悪くて83で勝利、1シードのW氏と決勝戦を行う。41とリードしていたが、前に戦った選手が41から負けたと聞いていたので、楽観視はしていなかったが、それから全部取られて48で負けていた。コートの中に入りライジングで、どんどんと攻められ始めて、自分を見失っていたようだ。ホームコートのようにショットが打てなかったのも大きな敗因だと思っている。九州毎日といい、今回といい、自信は遠ざかるばかりだ。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 20:06 | コメントをどうぞ

嬉しかったこと

木曜日 曇り

春先の天候は不安定、関東地区では積雪があったと報道している。九州では急変はなく、三寒四温で五月に向かっている。葉桜に模様替えしてい通の桜にも、齢のせいか風情を思える。こいのぼりを早々とコートへの途中で見かけた。五月まではまだだいぶあると思いながら・・。

昔と違って今は夜になるとその日の戦歴が、ネットで見ることが出来る。ぼくはあの日以来、忘れたいという思いとはうらはらに、夜ごとチェックしていた。隣のコートで行っていた選手には彼は負けることはあるまい。決勝戦までの道のりは固いとは推測していた。

準決勝の相手だったのはぼくが何回も対戦した思い出のあるYR選手だった。スライスを武器とした同じようなテニス、あのジャッジをされたらヤバイと思っていたら、なんとストレートで簡単にやっつけてくれていたのには、爽快な気分になっていた。どんなテニスをしたら勝てたんだろう。

そして今日は決勝が行われていた。相手のMT氏とも思い出があった。10年前2009年の中国選手権70になりたての頃、noシードのぼくはシードを二人倒してベスト4に勝ち上がっていた。同じくnoシードの彼に負けて悔しい思いをしていた。彼はそこで優勝をはたして、翌週から始まった関西選手権でも優勝していたので、強かったのだと後で思ったことだ。

翌年の九州毎日では2シードの彼に2回戦で対戦して夕やみ迫る大接戦をして643664とファイナルで彼を倒してぼくはベスト4まで進んでいた。

その後、彼は何かの事情でシングルスから遠のいてダブルスに注力して、全日本を取ったり活躍していたが、80歳になった今年からシングルス出場して、一回優勝していた。

その彼と彼は対戦したのだった。負けているのでは恐る恐るパソコンを開いてみると何と接戦をものにして優勝をはたしていた。36 62 10-5。

ぼくは感激して、まだ一度も連絡したことのない彼の名刺を捜しだして、携帯していた。

優勝おめでとうございます。びっくりしていた。彼とは直近の山陽ベテラン(D)でも決勝で対戦して負けていたというから、リベンジを果していたのだった。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:20 | コメントをどうぞ

九州毎日 2回戦敗退 すごいセルフジャッジに驚嘆

月曜日 晴れ

昨日と同じNB9時同じ13番コートでの2回戦、第二シードに完敗でした。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 19:54 | コメントをどうぞ

九州毎日初戦突破  F氏は70 単複制覇

日曜日 晴れ

高速バス運賃値上がりしていた。高速道路沿いの野にも山にも桜満開、風もなくおだやかな春日和。

027

007

Ⅰ回戦T氏は地元の選手、64.62のストレートの勝利で終わる。

終わって1番コートへ行くと70歳F氏のシングルスの決勝が行われていた。ストレートで勝利、握手を求めに行くと、昨日はダブルスで優勝、足が疲れていたとたんたんとしていた。スライスショットで単複制覇、凄いと言わざるを得ない。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 17:13 | コメントをどうぞ

本番に向けて 演習 練習

木曜日 晴れ

朝5時起きして、日曜日の予行演習、朝食を用意して食べ終わって40分に車で高速バス停まで、3分で到着してバス停まで駆け上り建物の中に用具のバックを置いたとして家に戻り車を置いて歩いてバス停まで8分。45分に出ても6時までは遅くても到着することを確認する。バスは6時8分。

今日も9時過ぎにはコートへ行った。いろんな練習をして最後には彼女と一戦を交えた。このあいだはアンダーサービスの相手に苦戦を強いられてタイブレークでようやく面目を保っていた。あの時は体調が悪かったのだと思っていたので、今日は楽勝で終わろうと始めたのだが、最初から一方的にやられて3ゲーム失う。彼女はミスも少なく積極的攻めてきて、ぼくはおたおたしてどうしてよいのか分らなくなっていた。このまま行けばベーグルでやられそうに思えだしていた。ほんとうにそんな流れだった。

コートチェンジのとき、本番では使わないでいるだろうと考えていたラケットを握っていた。ぼくにとって大きな賭けだった。どうせ負けるならラケットを変えて気分転換を図るしかない。それが良かったのか、何とかねばりながら、1ゲームづつばん回して23、サービスキープで33とようやく振出しにたどり着いた。それから流れが完全に変わっていた。焦りからか相手のミスが多くなり63で何とか勝つことが出来た。女性にやっとこさだから、負けていたら自信をなくしそうだったので、ほっとしていた。

おそらくこんなことも起きそうだから、本番に向けてよい練習になっていた。

小さな庭にはチュウリップ点々と花を咲かせている。赤芽の垣根の近くの白いチュウリップの花に赤芽の赤い葉っぱがついているかと思ったが、それは違っていた。一枚の花弁が赤芽と同じ色になっていた。びっくり。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 21:47 | コメントをどうぞ

九州毎日の練習、それから近くのさくらをめでに

水曜日 晴れ

花冷えの候、桜花爛漫に酔いしれていると、薄着になって体調を崩す、今まで何度やったことだろうか。今年は当日の最高最低の気温をチェックしてから衣服を選択しているので、今のところ体調何とか維持している。来週は九州毎日テニス選手権大会、今日はI氏に試合用のボールを出しますのでとお願いしていた。少し軽めに感じるそのボールを彼は苦手にしていた。

先週はベーグルで負けていたので、今日のぼくは本番のコートに立った気持ちでいた。試合は朝9時から、今日も同じ9時少し過ぎたところから始まる。5分くらいの練習で、本番をイメージしての練習試合は始まるが、I氏はぼくに自信をつけさせてくれるようなテニスに終始してくれていた。ぼくは良い気分で終わり、来週からの本番に希望をつなげていた。

家で昼食を済ませると、締切が5日と昨日気が付いた福岡市ベレランオープン大会の申し込みに出かける。成立するか否か分らないが申しこむ。今のぼくは少しのポイントも大事だという心境になっている。

その後、満開とおぼしき近くの線路わきのさくらをめでに出かけた。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 21:09 | コメントをどうぞ