カテゴリー別アーカイブ: 日記

全仏が始まった ダニエル惜しく仏の選手に敗れる

22日 日曜日 晴れ

朝早く、橋桁の壁打ちに出かけた。サービスとストロークが不安定なので重点的に行う。

午後テレビを入れるとジュネーブで行われているAPTツアー250の決勝戦がwowowで行われていた。
ソウザ(ポーランド)vsルード(ノルウェー)の戦いは大接戦でファイナルタイブレークでルードが2連覇のウイナーとなっていた。

その後、全仏の放送が行われる。
1回戦、ダニエルはフランスのバレールと対戦、セット21とリードして勝つかと思われたが地元フランスの大観衆に孤独な戦いを強いられてファイナルなるまで行き、結局セット23で惜しくも逆転の敗退をしていた。

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 00:11 | コメントをどうぞ

いよいよ22日から全仏が始まるという

土曜日 曇り

いよいよ全仏が始まる。ドローを見てみると男子は西岡良仁とダニエル太郎の二人の名前しか見当たらなかった。
寂しい話だ。世界では雨後の竹の子のように若者が登場して活躍しているのに、日本からは錦織圭がケガで姿を消すと、あとに続く選手がいないのが寂しく感じている。下部の大会で頑張っているのかもしれないが、良い情報は聞こえてこない。
西岡選手は第一シードのジョコビッチと1回戦に戦う。どんな試合になるのか、とりあえずの楽しみだ。

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:25 | コメントをどうぞ

術後10ケ月 仲間の練習会にようやく参加

土曜日 曇り

サツキの今頃は新緑気候温暖で良い季節の一つだ。けれど、運動公園くらいしか行かないので、その恩恵を受けることは出来ない。テレビの画面で拝むだけだ。

5月9日(月)の術後10ケ月の診察を終えてから、月末の九州選手権を考えればそろそろ運動公園の仲間の練習会に足を運ばねばと頭によぎっていた。

仲間の運動公園のグループラインに10日書き込む。『久しぶりに参加してみます』

翌日は雨天で中止。『楽しみにしていたので予報が外れて残念でした。』

13日金曜日も雨で中止。『了解、Mさんはほとんど参加しているので、元気ですよね。あちこち故障していますが、
Mさんを見習って努力しています。来週は顔を出します。』

『Sさん参加していますが腰の具合はギリギリですよ。』(Mより)

『膝の回復具合の試しに、お願いしょうと思っています。ゆるりと鍛えて下さい。』

『ぼくのは答えになっていなかったです。ギリギリで頑張っているMさんを見習って。ぼくもぎりぎりで頑張って見ます。今日RKK杯が行われていますね。昔みんなで頑張ったのが懐かしいです。』

来週は行きますよと言ったものの、16日(月)は膝などが心配になって書き込まなかった。参加したのは18日(水)、壁打ちしかしていなかったので、もたもたしていたが4ゲーム戦先取3セットを何とかこなすことができた。
2回目は金曜日、参加者は故障なので減っていてその日は7名。一人、早く帰ったので4試合することになり、限界が来ていた。一回目より2回目少しは違ったかな?

IMG_1780

IMG_1781

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 11:10 | コメントをどうぞ

手術10か月目の診察  アルカラス時代の到来?

月曜日 雨から曇り

4月下旬に行くはずだった2か月一度の肩の診察は5月の今日に変更していた。あと一回で終わりで、それは7月の4日にお願いした。最後にMRIを行い、筋力検査を行い、昨年の6月15日の手術から1年間にわたる診断チェックは終わることになる。

肩の経過は順調に推移して今日に至るが、足腰の弱体が気になっていた。試合を前にして行ったシングルスの練習で左足膝を痛めて、治りかけていたが、エントリしていたので無理をして出た試合で、ダメージを大きくして、今日にいたっている。
今月末から行われる九州選手権までに膝がどこまで回復できりか、どれだけ練習できるかを頑張ってみて、今後を占うことにしたいと考えている。

ATP1000マドリード大会で地元スペインの若手の一人アルカラス(19歳)がQFでナダル、SFでジョコビッチ、ファイナルでズべレフを破って優勝していた。

全仏を前にして今は赤土のクレイコートのシーズン。アルカラスはもう負ける選手はいないみたいなコメントをしていた。錦織圭も全米で決勝まで進んだとき同じようなコメントをしていたがさて、アルカラスの全仏での戦いを注視しょう。

錦織圭がされたように、アルカラスも徹底的に研究されるであろう。それでもウイナーとなりうるならば、アルカラスの時代の幕あけとなるだろう。

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:41 | コメントをどうぞ

福岡市ベテラン大会の結果 過去の顛末

木曜日 晴れ こどもの日

5月3日火曜日こどもの日は福岡市ベテランの1回戦でした。
相手は地元のTK氏。何回か対戦したけど負けていない。左足膝の痛みを和らげるため、サポーターを考えて着用していた。対戦コート近くですれ違い挨拶、彼は壁打ちの方へ行く。6番コートでNB10時30近くほぼ始まる。相手の動きは思った以上によくて、思った以上にミスがない。よろよろしている足の膝を痛めたのだから、ぼくの動きはぜんぜん悪い。もう少し動けると思ったが、九州毎日とあまり変わらない。痛みは軽くなっていたけれど。14とリードされて諦めていたが、44となって頑張ってみたけれど57でファースト落とす。セカンド、ぼくが先行していたが、この動きで勝つのは難しい、彼は以前より上手になってると感じていた。足をかばいながら、本能的に頑張っていたのだろう。26でセカンドを取りファイナルは10ポイントのタイブレークとなった。もたもたしたテニスをしていたのだろう終わったのは13時だった。2時間半戦っていたことになる。二人とも疲れはてどちらが勝ってもおかしくなかったが最後は10 7でぼくが勝利していた。
勝てば出来ればひざ痛でデフォーしたいと思いながらやっていたが、その必要はなさそうだと考えていた。
隣のコートの勝者は最後までぼくたちの試合を見てくれていたし、欠場するのは申し訳ないと考えていた。

翌日の決勝戦は同じ時間で1番コートで行われた。
F氏はコート中ではやてのごとく縦横無尽に走り回り、同年代とは思えない彼の機敏さを目の前に見せつけられていた。3ゲームくらいで、これでは1ゲーム取るのは厳しいと感じていたが、結果はその通り06 06でやられていた。
団子団子やられた記憶は初めてだ。実力の差を見せつけられて、しっぽを巻いてコートを後にした。

F氏との対戦には、いろんな思い出がある。

JOPに挑戦し始めて、九州選手権で初めて勝利して、回りの人からアドバイスされて本部へ試合ボールを返しに行ったとき、受付の女性との対話でぼくは翌日の昼から行くと試合は終わっていた。WOと判定されていた。その時の次の対戦者がF氏だった。

はじめて彼とシングルスをしたのは阿蘇のカンポでテニス合宿した時だった。遊びのテニスだったとはいへ、格上の彼とシングルスをやって60で勝って、みんながびっくりしていたのが記憶にある。ずいぶんの昔話だが。

正式に彼と対戦したのは2012年福岡県ベテラン大会の準々決勝で対戦して06 76(97)10-5でかろうじて勝利して決勝も63 36 13-11でまたしもかろうじて優勝していた。

次に対戦したのは2016の九州毎日テニス選手権75歳エントリ41名名。準々決勝で対戦している。F氏が64 76(3)で準決勝に進みそして優勝していた。

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:41 | コメントをどうぞ

明日、福岡市ベテラン大会 運動公園で練習をする

月曜日 晴れ

29日の祭日、長男がりりちゃんとやってきた。

30日土曜日は三人で花フェスティバルの市中へと出かけぼくは留守番。

長男、テニス遊びは諦めれいるだろうと思ったが、運動公園の予約を閲覧する15時からい1時間半、空いていたので予約して連絡していた。今の体調で息子の相手は無理だと分かっていたのだが。

3月31日、初めてハードな人と初めてのシングルをしてから左の膝が痛くなっていた。自分の体調はわかっていたので、ガンガン打つ人との練習は控えたかったけど、相手が近寄ってくるので、ついついやってしまっていた。

3月いっぱいで体を慣らして4月13日からの九州毎日テニス選手権を考えていた。肩の心配、サービスの心配をしていたのに、膝に来てしまっていた。足もおぼつかなくなっていたので、膝にサポータをしていたが、事故った方はゆるいサポータだった。その違いでゆるい方の膝に来てしまったようだ。

試合まで2週間足らず、出るか出まいかと随分迷っていた。今思うにやはり我慢すべきだったと考える。結句出てしまったので、元の痛みに戻ってしまっていた。半月板損傷したのかなあと不安は限りなかった。

明日から始まる「福岡市のベテラン」も申し込みしていたので、これも迷った末に出ることにした。

息子とのテニスは自分の体調を確かめる意味もあった。4月26日からクラブを休会していたので、テニスは出来ていなかった。4日間していなかっただけだが、ストローク、サービスぼくの意に反する出来で、不安はつのっていた。

今日二日は普通の日としり、朝から運動公園に電話するとコートは十分空いているらしかった。一人ですので、端っこのコートお願いしますと言うと、D-1で決まった。

12時から1時間、8面ほどあるDコーとはぼくを入れて2コートしか使っていなかった。

1時間の練習でサービスも良くなったし、ワンバンドさせたいろんなストロークなども、練習になった。

1時間でいっぱいいっぱいになっていた。体力は相変わらずない、齢のせいか、それとも術後の回復がまだなのか、6月15日で1年となる。

DSC_0176

(前の家のおばちゃんか頂いた芍薬、玄関の花瓶でつぼみから咲いていて奇麗だった)

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 21:49 | コメントをどうぞ

電気使い過ぎのケイに バッテリーはお手上げでした

水曜日 雨のち曇り晴れ

月曜日15日は二か月1回の腱板断裂手術診断日だった。8時半ごろ出発しょうとケイのエンジンをかけると、かからない。前回バッテリーが上がってからそんなに日にちはたっていない。その時はテニス友達に来てもらったのだが、たびたびお願いするのも気が引ける。購入した近くの販売店は10時からだ。
行くのを止めて断りの電話をと考えていると、隣の女性がごみ出しに家の前を通りかかったので、お願いした。日産ノートに乗っていて、前回上がった時話す機会があったのでお願いはしていたのだ。

エンジンがかかったので、まだ間に合うと出発したが、ものの5分くらい運転したところで計器盤に、今までに出たことのない警告の表示が現れていたので、あきらめて引返した。

何度となくバッテリー上りが起きていたので、ぼくは神経質になって気を付けていた。エンジンを停止して家に戻るとき、スモールランプとかそんなものが点いていないかなど。一旦家に戻り、行けなくなったことを電話してから、30分ほど前に販売店の営業所へ到着していた。

購入してから2年半くらい、その時はいっぱいいっぱいで狭く感じたが、回りの土地を手に入れてゆったりとしていた。中古車などをたくさん置いてあるのを見て回って自動車産業の盛況を感じていた。

10時前に従業員がやってきたので、事情を説明して、担当者もやってきて、すまなそうな顔をしていた。
しばらくしてチェックの終えた若い整備士がやってきて、その赤裸々な言葉を耳にしながらあきれてびっくりしていた。

今日は雨も降ったことだし家にこもっていたが、昼過ぎ頼まれた買い物をとデイズに乗りエンジンをかけると同じような現象でエンジンがかからないのだ。
ぼくはバッテリーを変えてくれと電話する。在庫を確認して電話しますので、返事に2時間もまたされて、明日の4時くらいでいいですかと言う。

若い整備士は説明した。ここにきて間もないのですが同じようなことは経験しています。一日に最低20キロは走らないと、こんな現象を起こしますという。バッテリの寿命は三年くらいですと言うので、10月の車検で3年になるのでその時にお願いすると言った。バッテリー上がりを何度も繰り返していたから心配はしていた。いや最初からあんな小さなバッテリーでこれでもかというデイズの電気の使い方、大丈夫なのだろうかと思っていたが、まさかだった。
その日ぼくはテニスクラブ往復と車の営業所往復、温泉のさんふれあ往復と18キロも走っていたが、20キロにするために少し努力していた。今日半日乗らなかっただけなの、にエンジンはかからない。くわばらくわばら。

バッテリー交換して、今は問題なく快適に運転しているこの頃です。

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:28 | コメントをどうぞ

ATP1000モンテカルロ チチパス連覇

火曜日 晴れ

モナコのモンテカルロ1000の大会はチチパスが連覇をする。紺碧の海をバックにして赤土のコートで戦っているテニスは見ごたえがある。

2018年のこの大会、錦織圭は腕の故障から復帰して参戦していた。ノーシードからあれよあれよというまに勝ち上がって決勝までいった錦織圭、全米の決勝戦を思わせるような出来事で驚いていた。
ひのき舞台に待っていたのはチリッチでなく、赤土の王者と呼ばれているナダルだった。まだ1000の大会の優勝実績のない圭に優勝をと願って見ていたが王者にはかなわなかった。

・手首痛みから復帰 圭の活躍は準決勝

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:35 | コメントをどうぞ

九州毎日 同世代の決勝戦を参観道中の出来事、領収書ありがとう

日曜日 晴れ

昨日、九州毎日の決勝戦を見に行くことを、前の日に決めていた。10時から1から3番コートの中で決勝戦がある、どんなテニスをやるのか、観たくなっていた。

高速は使わずに3号線をはしっていた。山鹿、八女を経由して八女から高速に乗るように、車のナビは設定され10時半ごろの到着予定になっている。それで良いと思いながら国道を走っていた。福岡までは久しぶり回りの風景を懐かしみながら運転していた。こんなに車が少ないなら、下の道を途中まで利用して行けば、節約になるなとか考えていると、今日は土曜日なのだと気が付いた。博多の森までトイレ持つかなと心配しだしたのは久留米の市街に近づいたころ、少し細い道になったカーブしたところにコンビニを見つけて車を止めた。

セブンイレブン、おにぎり一つ買って払おうとすると、そこに入れるように指示された。スーパーでこんな店はあったがコンビニでは初めて、百円と小銭を入れると釣銭が出てきて、その後に領収書が出てきた。領収書を入れる箱に領収書がたくさん入っていた。なぜかぼくは領収書を手に取り、にぎりはポケットに入れて、トイレをさがして奥に歩いた。

そしてぼくはカメラも入っている重い貴重なショルダーをトイレの中で架けるところを探す、いつものドアーには釣り下げる金具はなく、反対側の壁に丈夫な金具が取り付けられていた。カメラで重いショルダーを架けて、用をすませて腰にこの頃付けはじめたポーチが邪魔になったりしたので、直したりして店を後にした。

それから30分位して博多の森テニスコートの上の駐車場に停車していた。カメラを取り出そうとカバンをさがすと所定のところにない。考えていると頭が真っ白になった。しまったコンビニエンスストアのトイレだとようやく気が付く。

あそこから、久留米の市内に入りくにゃくにゃ曲がって高速にたどり着いたのだ、あと戻りなど考えられなかった。ちょっと待て領収書は捨てなかった。ポケットをさがすが見つからない。身の回りの紙切れをさがすもない。助手席の足元の物入れにおにぎりは放り込まれていて、紙切れが目についた。

あの領収書がなければ、ぼくはその後どうなったのだろうと考えると、怖い怖い。怖かった。電話すると明るい声で「届いています」だった。

試合が終わると、応援していた仲間に用事がありますのでと、そそくさと帰途に就いていた。

 

 

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:32 | コメントをどうぞ

九州毎日テニス選手権 1回戦勝利して2回戦欠場する

火曜日 晴れ

今日は九州毎日1回戦の日、出るか出まいかと迷いに迷っていたが行くことにした。相手は福岡の選手で対戦もしたことがあった。その時は勝った記憶はあるが、まともに走れない状況で、博多の森のテニスコートで、どれだけ通用するのか、試してみたい気持ちもあった。

15番コートで9時試合開始。5分練習して相手のサービスで始まった。ぼくは近頃始めた両手打ちでのサービスで行った。威力やコントロールは未完成でさざまらず14とリードをゆるしていた。久しぶりの本格的な試合におたおたして、左足を気にしながらのストロークも定まっていなかった。

手術した左肩に不安があったので、両手打ちサービスで互角に出来ればそれで行こうと考えていた。しかしやむおえず左腕で上段からのサーブに切り替えていた。

ところが相手はそのサービスに手こずってぼくのペースになっていた。ファースト64で取り、セカンド行けそうだと思ったが、甘かった。朝出るときに痛み止めを飲み、セカンドに入る前に2回目の痛み止めを飲んでいたが、ぼくの足は動いていなくて、相手のペースになっていた。セカンドを26で取られて、ファイナルは10ポイントのタイブレークへと突入していた。序盤は2ポイントほどリードしていたが中盤で並ばれ、終盤はぼくがワンポイントリードで進んでいた。98からワンポイント取って10 8で何とか勝利した。

1回戦勝てば100ポイントほどポイントがもらえる、ぼくが痛いのを我慢して頑張ったのは、そのこともあったからだ。調べると昨年ベスト16で116点だったのが今年のプログラムでは348点と大幅に上がっていた。改訂されているようだ。

ボールを持って本部に報告して、膝を痛めたので明日は欠場することを伝えて欠場届に記入して提出する。これ以上膝に負担をかけると、ダメージを大きくするばかりだと判断しての事だった。

その後同世代のダブルスの1回戦を観戦と55歳代harasanの4回戦の応援に10番コートへ行く。6363でベスト8に進んだ。

DSC_0149 DSC_0148

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:05 | コメントをどうぞ