高雄(台湾)・デ杯

こんにちは!貴男です。
昨日のお昼過ぎの飛行機で成田空港を発ち、約4時間ほどのフライトで高雄(カオシュン)の現地時間15時半頃に着きました。台湾でも南に位置する高雄は、沖縄はもちろんのこと石垣島よりも南なので、まだまだ日本で言う夏です。空港から直接タクシーで試合会場に移動し、僕の到着を待っていてくれた関口選手と約1時間ほど練習をしました。大会としてコートが使えたり、ボールなどの準備は予選が始まる前日からということもあり、昨日は1人400円ほど払いボールは使用済みを6球ほど借りることが出来ました。今日は朝から練習が可能ですが、19時から会場で予選のサインがあるので夕方に練習する予定です。
さて今日からデ杯の準決勝やプレーオフが始まりますね。日本チームはコロンビアとのワールドグループを賭けての戦いであり、アウェーとクレーコートと高地という条件の中でどれだけ力を発揮できるかです。オーストラリア対イギリスの準決勝は違った意味で楽しみです。マレーの活躍は?ダブルスには、やはりマレー兄弟を投入?2-2になれば切り札としてヒューイット?など監督としての手腕も試される一戦になるでしょう。
それでは、また・・・・・。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 12:40 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP

キャンプ・同期会・撮影

こんにちは!貴男です。
秋らしい気温になってきましたが、皆さんは元気にお過ごしですか?僕は、先週の金曜・土曜と滋賀県の近江今津で「リアルスタイル」主催のキャンプに参加していました。関西で初めてのキャンプでしたので、初参加の方々が多かったにも関わらず、充実した二日間を過ごすことが出来ました。今回は、民宿を貸切という過去に例のない体験もあり楽しかったです。
土曜日の晩は、京都に泊まり同期4人で盛り上がり、翌日も同期達が10名近く集まり品川でテニスをしてから、これまた夕食で盛り上がりました。ジュニア時代からの同期や大人になってから同期繋がりで知り合ったメンバーで定期的にテニスをしたり僕はソフトドリンクですが(笑)皆で飲んでます。
月曜日は、レック上石神井のコートを使って4冊目の本の撮影を行いました。今回は、ダブルスがメインの本なので、レックテニススクールのコーチ達にも出演してもらい現在作成中ですので、お楽しみに!!発売は10月後半かな?詳しい情報が入り次第、すぐにお知らせします。
さてイベントがありながらも練習やトレーニングは出来ているので、明日から台湾の高雄(カオシュン)に行ってきます。東京よりもまだ暑いと思いますので、体調に気を付けてアメリカ遠征以降に試みているプレーを実戦で試してきます。
それでは、また・・・・・。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 12:23 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP

雨・イベント・試合・リーグ

こんばんは!貴男です。
昨日よりは雨の状況が回復してきた東京ですが、場所によってはまだ降り続けているし、栃木・茨城は大雨特別警報が出ていて川が氾濫した状態なので心配です。テレビでもやっていますが、1人でも多くの方々が無事に救助されることを願います。今日は、ジムでトレーニングを行うことも考えましたが、休養日にしました。先週から練習とトレーニングに加えイベントもあり、ずっと動き続けていたので良いタイミングだったと思います。
そして明日からの2日間は、滋賀県にてDVD「リアルスタイル」主催によるテニスキャンプが初めて関西方面で開催され初参加の方もいると思うので楽しみです!!10月の10日と11日は箱根でのキャンプがあり、その後も静岡(17日)やスマッシュ(雑誌・18日)そして山口宇部(25日)でのイベントも予定されています。
試合の方は、9月19日から始まる台湾のカオシュンチャレンジャーの予選と26日から始まるクアラルンプール(マレーシア・ATPツアー)の予選に行きます。USオープンが終わるとアジアツアーが始まり、どこまで予選に入れるかどうか分かりませんが、しっかり体調を整えて試合のみではなく高いモチベーションで毎日の日々を過ごせるように努力します。
話は変わりますが、5月からアドバイザー契約をしているレック興発(チームREC)が関東実業団リーグで優勝しました。10月に行われる全国実業団で4位以上になれば12月からの日本リーグに参戦できるので、イカイやエキスパートシズオカ(ESP)と対戦する可能性があります。もちろん対戦する場合は複雑な心境ですが、プロとして自分のテニスで戦うだけですし、コーチ陣はもちろんのこと関口・菊池・竹島の3人のプロと対戦出来るのも楽しみの一つです。
それでは、また・・・・・。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 17:29 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP

そういうことなのね!!

こんにちは!貴男です
。と・に・か・く雨が降りますね。その湿気のおかげでインドアコートはムンムン状態なので、それほど気温が高くないのに汗の量が半端じゃないです。大学のリーグ戦も有明で行われる予定が日程が延期になり、明日以降は第3者校で行われるみたいです。有明では、女子の国際大会があり明日から練習コートとなっているので使えませんからね。
さて先日のメッセージで書いた不思議に思っている日本リーグのことですが、理由が判明しました!!数年前から日本リーグで優勝したチームが全豪オープンの期間中に行われるアジア・パシフィック・テニスリーグ(ATL)に出場することが可能になっています。そこでATLの日程が全豪オープンの2週目に行われるため、優勝チームがATLに間に合うようにするための処置のようです。それならば納得するし、対戦する可能性のあるチームが了承していれば、他のチームは今まで通りの日程なので特に問題はないです。正当な理由なので要項に書いてもいいと思うのは僕だけでしょうか・・・・・・・。もしかして不思議に思っていたのは僕だけなのか・・・・?
日本リーグは、プロが増えたとは言え各企業で働いている社員の方々が多いのは事実です。ですから、可能な限り土日や祝日を使って負担のないようにしなければいけないと思うし、観戦する側にとっては好カードは週末の方がいいですからね。日本リーグのドロー会議が10月3日に行われるそうなので、そこでグループ分け決まるので正式な日程を確認しないとね。
それでは、また・・・・・・。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 17:36 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP

なぜ!?

こんばんは!貴男です。
秋雨なのか台風の影響なのか、東京はずいぶんと雨の降る日が続いていますが、体調などを崩していませんか?僕は元気に練習・トレーニング・イベントの日々を過ごしています。この前の遠征から帰ってきてからは、今までとはまた違った感覚でテニスを楽しんでいます。練習とトレーニングへの意識や内容にしても変化しつつあるのかな?って感じています。今週の金曜と土曜日は、DVDの「リアルスタイル」の関西で初のキャンプが予定されているので、しっかり体調を整えておきたいです。
さて今年も日本リーグに参戦する予定ですが、大会の要項を見てちょっと不思議で疑問の残る部分がありました。記念大会ということらしく去年まで各グループの3位までが決勝トーナメントに進出できるのが4位まで増えたことは問題ありません。しかし各グループが8チームで編成されているということは例年通り、一次リーグが4対戦で二次リーグが3対戦なのですが、なぜか二次リーグが4日間の開催になっているのです。
しかも今まで最終日(日曜日)に対戦していた試合を木曜日に行うとあります。しかも前年度優勝チームは二次リーグを横浜で開催するというのも今までは事前に決まってなかったことまで記載されていました。これってどういうことなのでしょうか?まったくもって理解できないので、なぜそうなるのか?何が理由なのか?誰か教えてください。
ここからが要項を引用したものです。「16チームをレッド・ブルーの2ブロックに分け、各ブロック(8チーム)でラウンドロビンを行う。尚、2nd ステージにおいて、前年度優勝チームは、横浜国際プールにて試合を行うこととし、また、例年最終日に行う対戦は1 月21 日(木)とする。」
それでは、また・・・・。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 15:47 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP

やっぱりピラティス!?

こんばんは!貴男です。
雨が続いたり、急に暑くなったりと1日の中でも色々な天気で変化していますね。皆さんの体調面は、大丈夫ですか?僕は、元気に練習とトレーニングを続けています。今日は、久しぶりにピラティスを受けてきて、様々な発見が出来た嬉しい日でした。
この夏でピラティスを始めてから、3年の月日が経ちました!最初は、肉離れのリハビリになればと思い始めたのが、少しずつ体の変化を感じここまで継続できているということは本物なんですね。こうして元気に現役選手を長く続けられる大きな要素なのは間違いないでしょう。皆さんにもお勧めしたいのは山々ですが、内緒です(笑)と言うのは嘘で後日、僕が受けているピラティスを紹介させてもらいます。
それでは、また・・・・・。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 23:22 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP

生放送とトークショー

おはようございます!貴男です。
今日は、女子の国際大会のセキショウオープンが行われている「つくば」にてイベントが予定されています。ジュニアと一般の方々を対象としたクリニックになりますが、僕自信も楽しみにしているので天気が少しでも良くなってくれることを願います。
さて明日の31日ですが「Jテレコムスタイル」の生放送番組に出演します。前回は、全仏オープンの前だったのですが、今回は全米オープンの直前ということで昼の12時から13時までの中で30分ほどの予定です。午後は、14時半から45分間ほど東京スカイツリータウン内のJ:COM Wonder Studio にてトークショーに出演します。内容は、全米オープンに関してになりますが、お楽しみに!!今日は主に告知でした。
それでは、また・・・・・。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 05:53 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP

練習と指導

こんにちは!貴男です。
ちょっと雲が多くて雨が降っているような降りそうな東京の天気です。台風の影響だと思いますが、明日と明後日もこんな感じかもしれませんね。皆さんは、元気に過ごしていますか?僕は、昨日の宇都宮でのイベント(講習会)を無事に終えて東京に戻り、今日は早稲田大学のコートで学生達と一緒に汗を流しました。
大学生はインカレが終わり、28日から数日置きに関東のリーグ戦が始まるので、チーム全員がそれぞれの持ち場で奮闘しています。試合に出る選手はもちろんですが、4年生にとっては最後のリーグ戦なので、悔いのない日々を過ごしてほしいですね。
さて昨日の講習会は、十分なほど時間があったのでサーブに多くの時間を使い、何度も何度も打っては拾い打っては拾いを繰り返しました。ここ数年は特に練習でもそうですが、イベントやクリニック・キャンプなどで指導する場面が多く、その度にこちらも大切な経験値として蓄積されています。そこで教えたり指導するって何ですかね?すいません、あまりにも漠然とした質問で(笑)選手のテニスや動きを指摘したり、変な評価をしたり査定するようなのを指導すると勘違いしている人はいませんか?
悪い部分やおかしな部分を見付けることは、それほど難しいことではありません。その部分をどのように修正し、その本人がまずは頭で理解し納得して正しい努力を続けてこそ初めてレベルが上がったり、上手くなるということです。それに加えてすぐにあれこれ言わないこと、その選手の体とテニスと可能ならば性格の特徴を踏まえた上でお互いの言葉でコミュニケーションを取って話すということが、どれほど大切か最近は特に感じます。
練習では、試合で上手くいかなくなった時にどのような考え方で修正できるようになるかを伝える(教える)それを選手が理解しておくと試合中に選手自身でセルフコントロール(コーチング)が出来るのです。テニスはコートに入れば基本的に一人だから、自分で判断し決断して実行しなければいけません。試合の中で選手が自分で出来るように導いてあげるのが教える(指導)するってことじゃないかな~~なんて感じてます。だから僕もイベントやクリニックでも我慢です。あまりあ~だこ~だ言わないで気付かせることが出来るように僕ももっと努力しよう!
それでは、また・・・・。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 15:40 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP

宇都宮・シンシナティ・USオープン

おはようございます!貴男です。
22日の夜10時半頃に無事に羽田空港に到着し、現在は宇都宮にいます。2週間ちょっと振りの東京は気温こそ出発前より下がっているものの、アプトスとバンクーバーに比べて湿気が多いので、やはり暑いなって感じています。日本に着いてからは時差もあり数時間しか眠れませんでしたが、昨日の午後に宇都宮に移動し、本屋に行ったり町を散策しながら高校2年生以来の宇都宮を少しだけ堪能しました。
宇都宮と言えば「餃子」どこのお店に入ったらいいのか迷いましたが、早めの夕食で「餃子」を食べてから約6時間ほどの睡眠が取れて良かったです。今日は10時から12時と13時から16時半まで宇都宮テニスクラブにて高校生への講習会があります。僕の中では、サーブにしっかり時間を割いて1人でも多くの選手が納得できるように接します。
さて、ちょうど夜中になりますが、マスターズシリーズ(シンシナティ)の決勝が行われフェデラーがジョコビッチに勝利し、7度目の優勝と世界ランキング2位を手に入れました。これでUSオープンは、第1シードがジョコビッチ・第2シードがフェデラー・第3シードがマレー・第4シードに錦織になると思います。特に上の3選手に関しては、全員が優勝候補であり現在の状態とテニスの質から見ても決勝に進む可能性が高いはずです。
そして、それを追いかけるのが錦織であり、バブリンカやナダルに加え前年のチャンピオンのチリッチです。トップの3選手の安定感と経験を考えれば他の選手が優勝するのは本当に難しいのですが、去年のように優勝がチリッチで準優勝が錦織という図式がある以上は無いと言えないのが本音です。そんなことを考えながら予選の勝ち上がりにも注目しつつ、USオープンを堪能しましょう!!
それでは、また・・・・・・。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 05:21 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP

まだまだ長旅(笑)

こんにちは!貴男です。
バンクーバーからは1時間ほど遅れて出発したものの、無事にサンフランシスコに着いて今から約3時間後に羽田空港に向けて出発予定です。先ほどメッセージを書いたばかりなので、何を書いたらいいかな?ただラウンジで待つのもと思い、珍しく?初めて?一日に2度書いてます。
フューチャーズを回っていると金銭的な問題もあると思いますが、コーチやトレーナー(トレーニングトレーナーかケアートレーナー)を帯同させてツアーを回っていることは少ないのですが、チャレンジャーレベルより上になると誰かしらと遠征している選手がほとんどです。コーチと2人であったり、コーチとトレーナーと3人であったり、コーチやトレーナーを選手同士でシェアをしている場合など様々です。もちろん家族が一緒の場合や兄弟・姉妹と一緒など選手をサポートする人がレベルが上がれば上がるほど増えるのがテニス界です。
最近では、選手1人にコーチが2人なんてこともあるぐらいですから、贅沢なスポーツって思われても仕方がないですね。でもいくら選手同士で知り合いがいると言ってもチームではないし、ダブルスを組んだり練習を良くするなんて言ってもシングルスの試合では助けてくれませんから、ある程度の孤独感に選手は耐えられなければいけないし、その中で力を発揮して這い上がっていかなければいけないのは事実です。
テニスというスポーツは団体戦とWTAの大会によっては別ですが、ジュニアからプロまで基本的にコートでは1人です。これがテニスの良さであり難しさなのです。練習ではボールを打ってポイントで上手くいって、更に自信をつけて試合に向かうということも大切ですが、試合で必ず上手くいくとは限りません。だって相手はこちらが上手くいかないようなボールを打ってきたり、戦術を考えてくるのです。だから練習では上手くいかなくなった時の対処法を探っておかなければいけないし、どうやったら少しでも上手くいく方向に転換できるのか練習の中で試しておかなければ試合で実力を発揮することは出来ません。
例えばサーブの練習でボールを打ってコーナーに入ったから喜ぶのか?頭の中のイメージで相手がいて、ポイントの場面や気持ちの面でプレッシャーをかけた上でコーナーに入るのかは大きな違いです。それが例えフォルトしても、すぐに頭の中で考えフォームなのか?トスの位置なのか?タイミングなのか?何かを修正して、次のボールを打てれば正しい方向の努力と言えるし、試合の中でも常に修正が効いて大きく崩れることはなくなると思います。コーチ(トレーナー)も選手もまずは我慢です。
誰もがフェデラーのようにプレッシャーがかかっても何事もなかったように華麗にボールを打ちたいし、滑らかに動きたいのです。上手くいく時といかない時があるから楽しいのではないですか?相手がもっと厳しいところに打ち返してくるから楽しいのではないですか?勝っても勝っても、強い相手が出てくるから楽しいのではないですか?頭の中では理解していても、いざボールを打つと違った動きになったり、思っていたように当たらない狙えないから楽しいのではないですか?
正しい努力は大切ですが、焦ってもイライラしても怒っても方向を間違えるだけです。やれること・やるべきことをコツコツとこなして、我慢強く戦おうではありませんか!って自分に言い聞かせるように書いてみました。
それでは、また・・・・・。貴男

カテゴリー: 未分類 | 投稿者鈴木貴男 08:42 | コメントをどうぞ
▲PAGE TOP