ブログレッスン ~バックハイボレー カット編~

2019年1月 特別企画うれしい顔 ムード
【コーチのブログレッスン ~皆様からのリクエスト編~】
第7回は 《バックハンドボレー ハイボレー編》です手 (チョキ)

バックハンドボレーのハイボレーは、先月の上達したいショットアンケートで4位パンチ
狙われると嫌なところでいうと優勝を争うのではないかというくらい、
利き手と反対側の、しかも、高いところげっそり (顔) げっそり (顔)
ただ単にハイボレーといっても、高さや状況によって打てるショットが
変わってきますので、今回は「ハイボレーのカットの状況」についてexclamation
カットというと、届くか届かないかギリギリの高さ、深さのボールを
とりあえず相手のコートへしっかりと返球するためのショット選択ですあせあせ (飛び散る汗)

今回は松下コーチがカットのハイボレーを解説していきます犬 カラオケ

松下バックボレーカット

カラオケ 私が、バックハイボレーのカットで気をつけていることは、
まず、ショットとしてあまり速いボールにならないように気をつけています。

写真②のように1歩目の左足が後ろに出たときには、
ラケットも顔の高さくらいまで上げていきます。
下がることだけに集中して、ラケットのセットが遅くならないようにするためです。
ただ、ラケット面を寝かせるのは、写真④ボールの後ろを捉えた時にします。
私の場合ですが早く準備しておいて、間があると待ちきれず、
打つ前から肘や膝が伸びて、ミスの原因になるからです。

また、打ったあとすぐに次の体勢やポジションに入っていけるように
写真⑧の打ち終わりでは、体のバランスをとることを第一にします。
少しゆっくりしたボールを打つことで、時間をつくり、
その間に次の体勢やポジションに戻るようにしてます。

アドバイスとしては、バックのハイボレーカットのシチュエーションの一例として、
リターンなどでロブを上げられるケースがあります。
そのときに、「無理をせずとりあえず返して、次のボレーに備える気持ち」が
総合的に考えると、安定して攻める優先の考え方になることを意識しましょう。

写真④のように、ボールの落下地点に軸足をセットして、面を寝かせてから、
写真⑥のように、垂直に立ててインパクトをむかえます。
ボールの当たり方がしっくりくるコツとしては、インパクト直後にラケットを
引く感覚がイメージできると、インパクト面が残りやすくなります。

また、後ろに下がる動作がメインになってきますが、インパクトは写真⑥のように
肩のラインもしくは少し前で捉えること、さらにインパクトに顔を残すことで、
視野がせまくなりすぎないようにして、次の動きに備えていきましょう。

  

 
 
いかがでしたかほっとした顔
力の入りにくいところだからこそ、ショットの正確性や、戦術として
安全に返球することに重きをおく考え方も大事になってきますよパンチ
わからないとろこがあれば、聞いてくださいね~耳 カラオケ

 
次回は【バックハンドボレー 決めのハイボレー】を解説していきますウィンク 指でOK
おたのしみに~ウッシッシ (顔) るんるん (音符)

 
テニス Centia Wave波

カテゴリー: 未分類 | 投稿者Centia Wave 15:07 | コメントをどうぞ

ブログレッスン ~フォアハンドストローク スピン編~

2019年1月 特別企画うれしい顔 ムード
【コーチのブログレッスン ~皆様からのリクエスト編~】
第6回は 《フォアハンドストローク スピン編》です手 (チョキ)

フォアハンドストロークのスピンは、先月の上達したいショットアンケートで3位パンチ
テニスの中では一番使用頻度が高い方が多いと思われる大事なショットひらめき
それぞれの癖や、やりやすい、やりにくいなどあると思いますが、
改めて写真と文字にして見ることで、ポイントを再確認してください目 exclamation

今回はフォアハンドストロークのスピンの解説を中西コーチがしていきます牡羊座 カラオケ

中西フォアスピン

カラオケ 僕がフォアハンドストロークのスピンで気をつけていることは
① インパクトに近い形でテイクバック
写真②のようにラケットを立てたところからすでに、手首の形がインパクトに
近い形でテイクバックしていけると面がキープしやすくなります。

② ラケット面が下を向きながら手首先行で振り出し、
ラケットヘッドをしっかり下げていく
写真⑤のように、インパクトに近い形の面のまま、手首から振り出す意識です。
ラケットヘッドが下がっていることで、ボールに回転をかけやすくなります。

③ ボールとのインパクト直前はグリップが上で前にあり、
ラケットヘッドが下で後ろにある状態にする
グリップ側が先行して出てくることで、ラケットヘッドが加速して出てくるので、
回転量とスピードをあげていくことができます。

④ ③からしっかり前へ振り上げてフォロースルー
ワイパースイングのように横に巻き付ける形でも回転はかかりますが、
ボールを飛ばしたい方へのパワーは伝わらないので、フォロースルーの最後が
ラケットが左肩のところまでくるように、前へ振り上げていきます。

アドバイスとしては、
① テイクバックは薬指をたてるイメージがあるとラケットヘッドが起き、
そこからラケットの重みと遠心力を利用してスイングしていくことができます。

② 膝の曲げ伸ばしも使い、体全身で打っていくことで回転量をあげていきます。
回転をかけようと手首や肘だけを加速させるようにすると、テニス肘などの
怪我の原因にも繋がりますので、足もしっかりと使うイメージを持ちましょう。

③ 腕に力が入っている方が多いですが、腕は柔らかく鞭のイメージで
しなっていくようなイメージで振れると、楽なスイングになります。

  
 

いかがでしたかほっとした顔
意外となにも意識せずに打ててしまう利き手側の基本だからこそ、
もう一度見直してみたり、効率よく打っていける方法を探してみることも
テニスの奥深さを楽しむことができますよ~ウッシッシ (顔) るんるん (音符)
わからないとろこがあれば、聞いてくださいね~耳 カラオケ

 
次回はアンケート結果第4位の
【バックハンドボレー ハイボレー】
を解説していきますウィンク 指でOK
おたのしみに~ウッシッシ (顔) るんるん (音符)

テニス Centia Wave波

カテゴリー: 未分類 | 投稿者Centia Wave 16:47 | コメントをどうぞ

ブログレッスン ~リターン 片手バックハンド編~

2019年1月 特別企画うれしい顔 ムード
【コーチのブログレッスン ~皆様からのリクエスト編~】
第5回は 《リターン 片手バックハンドver.》です手 (チョキ)

リターンは先月の上達したいショットアンケートで2位パンチ
片手バックの人口も増えてきていますので、ぜひWaveの片手バック代表松下コーチの
お手本をもとに、片手バックの利点を最大限生かしていきましょうウッシッシ (顔) exclamation

今回は片手バックハンドのリータンの解説を松下コーチがしていきます犬 カラオケ

バック片手リターン

カラオケ 僕が片手バックハンドのリターンで気をつけていることは
まずはミスをしたくないので、相手のサーブのスピードの反発を利用しながら
ボールの勢いを吸収して返すようなイメージで打っています。

身体が開かないように、写真③~④のように、前に出した一歩目(左足)に対して
上半身をぐっとひねっていくことで、パワーを溜めれるように意識しています。
また写真⑥~⑩にかけて、スイングの中で右手も後ろに開いていくことで
肩から全体の力を利用することができ、体が前に開いていくのも防げます。

また、写真⑥~⑧のように、身体全体を打ちたい方向に対して
向けていくことも意識しています。
リターンを打った後のことを考えて、写真⑩のように、フォロースルー後の体の
バランスや軸はまっすぐなまま、次の動きに繋げていけるようにしています。

アドバイスとしては
①スプリットステップでタイミングを合わせて、すぐに軸足になる左足を決めると
同時にラケットを持った左手を使って、捻りの動作まで一気に流れるようにしていく

②インパクトはカッコイイ顔を一瞬残して(笑)、身体を開かないように前で取る

③わざわざ深く打とうとしなくてもいいです。入ってしまえば同じですから、
ネットに出て来られない相手でも大きな影響はありません。

 
 
いかがでしたかほっとした顔 exclamation and question
片手バックの方は特に参考になったのではないでしょうか猫2
わからないとろこがあれば、聞いてくださいね~耳 カラオケ

次回はアンケート結果第3位の
【フォアハンドストローク スピン】
を解説していきますウィンク 指でOK
おたのしみに~ウッシッシ (顔) るんるん (音符)

テニス Centia Wave波

カテゴリー: 未分類 | 投稿者Centia Wave 17:52 | 1件のコメント

ブログレッスン ~リターン 両手バックハンド編~

2019年1月 特別企画うれしい顔 ムード
【コーチのブログレッスン ~皆様からのリクエスト編~】
第4回は 《リターン 両手バックハンドver.》です手 (チョキ)

リターンは先月の上達したいショットアンケートで2位パンチ
特にバックハンドで打つリターンは苦手意識がある方も多いとおもいます涙

今回は両手バックハンドのリータンの解説を中西コーチがしていきます牡羊座 カラオケ

リターン両手バック

カラオケ 僕がバックハンドリターンで気をつけていることは大きく3つ
①斜め前に動きやすいようにステップインをして前に入る
②ラケットのテイクバックは1歩目の左足と同時に
③コンパクトな振りでボールの勢いを使って打ち返すイメージで打つ

大村コーチと似ていますが、フォアもバックもやることはそんなに変わりません。
写真①~③でしっかりと前にステップインをして、コートの中に入ります。
リターンは横に移動すると、ボールが自分から遠ざかっていってしまうので、
斜め前に動いて、ボールまで最短距離でいけるようにしています。

写真④のように、ステップインからの1歩目(左足)と同時のタイミングで
ラケットのセットが完了しているように意識しています。

写真⑤~⑧のように、テイクバックからインパクト、さらにインパクト後まで
なるべくコンパクトにスイングしていきます。
テイクバックの時からもうすでにインパクトに近い形での面の作り方をしておき
インパクト後までその面を残しておくようにイメージできると、
綺麗に面が残ったまま、相手のボールの勢いを利用しやすくなります。

アドバイスとしては
①ラケットテイクバックは早めに完了しておくこと
②テイクバックからインパクトまで小さい振りでOK
③打点は前を意識する
この3つを意識してコンパクトなリターンにチャレンジしてみてください!

  

いかがでしたかほっとした顔 exclamation and question
わからないとろこがあればお気軽にお聞きくださいね耳 ムード

 
次回はリターン 片手バックハンド編ですdouble exclamation
おたのしみに~ウッシッシ (顔) るんるん (音符)

テニス Centia Wave波

カテゴリー: 未分類 | 投稿者Centia Wave 17:17 | コメントをどうぞ

ブログレッスン ~リターン フォアハンド編~

2019年1月 特別企画うれしい顔 ムード
【コーチのブログレッスン ~皆様からのリクエスト編~】
第3回は 《リターン フォアハンドver.》です手 (チョキ)

リターンは先月の上達したいショットアンケートで2位でしたふらふら
サーブ、リターン、が入らないと、試合が始まらないですもんね・・・冷や汗 (顔)

今回はフォアハンドのリータンの解説を大村がしていきます猫 カラオケ

フォアリターン2

 
カラオケ わたしはリターンでは大きく3つのことを意識しています。
①ステップインしたところから、前へボールを迎えにいく
②テイクバックはインパクトに近い形で、コンパクトに
③踏み込みながら、体よりも前で正確なインパクトポイントを捉える

写真➀の構えの立ち位置は、相手のサーブの速さ、回転などによって変えていますが
そこから写真②、③のようにスプリットステップでコートの中へ入っていきます。
そこから写真④のようにボールが来た方の軸足(今回はフォアなので右足)を
さらに前に踏み込みながら、このときにはもうすでにボディーターンとラケットの
セットを完了させておけるようにしています。
リターンに関しては、ボールに勢いがある+自分もボールに向かって行っている、
ことを考慮して、テイクバックは必要最小限コンパクトを意識しています。
なので写真④~⑦までの間で、ラケットのヘッドダウンはそんなに大きな幅には
なっていません。《インパクト》が正確に合うことを重要視しているので、
インパクトになるべく近い形でのテイクバック、にしています。

写真⑧のように、左足をさらに前に踏み込みながら、体より前(踏み込む左足と
同じ、もしくは少し前くらいの意識)インパクトポイントにむかって、
自分から迎えにいきます。テイクバックがコンパクトな分、しっかりと体の
ひねり戻しと、足の踏み込みでブロックできるようにしています。
フォロースルーは体のひねり戻しの反動分で十分なので、体が前に倒れる
くらい長く取る必要はないです。それよりも写真⑫のように、右足をもう1歩
前に出すことで、そこからバックステップなり、リターンダッシュなり、
次の動きにすぐに繋げていけるように準備をしていくことを大事にしています。

アドバイスとしては、サーブは相手によりけりですが、早いサーブ、回転量の多い
サーブは特に、後ろに下がれば下がるほど取りづらく、自分が動かなければいけない
範囲が広がってしまいます。ナダルのようにベースラインから後ろに下がっても
どんなボールでも取れる!フットワークがあれば話は別ですが・・・
私は身長も足も短いので、、、これでもか!というほど、相手の力を利用して
リターンをしています♪相手の力を利用してしまえば、自分からはそんなに
一生懸命フルで力をいれて打っていかなくても、いいリターンが返ります♪
(わたしはリターンゲームの方が楽で好きだったりします(笑))
そのためには最初にあげた、前に入ること、テイクバックをコンパクトにすること、
インパクトを正確に前で捉えること、この3つが大事になってきます!
ぜひ皆さんも、楽に、でも質の高いショットを習得していきましょう♪

 
いかがでしたか( ´・ω・`)?
毎度毎度、長文になってしまいすみません。。
(文章をまとめる能力がない私です・・・)

わからないとろこがあればお気軽に聞いてくださいね耳 カラオケ

 
次回は、リターンの両手バックハンド編 でいきます指でOK
おたのしみに~ウッシッシ (顔) ムード

テニス Centia Wave波

カテゴリー: 未分類 | 投稿者Centia Wave 17:25 | コメントをどうぞ

ブログレッスン ~両手バックハンドストローク スピン編~

2019年1月 特別企画うれしい顔 double exclamation
【コーチのブログレッスン ~皆様からのリクエスト編~】
第2回は 《バックハンドストローク スピン 両手ver.》です手 (チョキ)

バックハンドストロークのスピンは先月の上達したいショットアンケートで
1位に上がった苦手意識の多いショットですねがまん顔 あせあせ (飛び散る汗)

今回は両手バックの解説を大村がしていきます猫2 カラオケ

 
 
バック両手スピン

カラオケ わたしがバックハンドで意識していることは
まず最初に、素早いボディーターンとテイクバックをすることです。
写真③のようにスタートの一歩目(左足)が出たときには、ラケットが
高い位置にセットされ、上半身をひねった形=ボディーターンが
完了している状態を意識しています。
次に、ボールがバウンドする頃には足の入り方を決め、左の股関節と
肩甲骨のひねりでぐっとパワーをためています。
(溜めているといっても時間にすると一瞬ですが。。)
ボールがバウンドして跳ね上がってくるタイミングで、ひねっていたものを
写真⑦のように、股関節を一番最初に戻していきながら、ボールを迎えにいきます。
ボールが頂点にあるときに、写真⑨のように打点は踏み込んだ右足と同じくらい、
もしくは少し前くらいになるようにインパクトがくるように意識しながら、
写真⑩~⑫のように、左足を前に蹴り出していきます。

アドバイスとしては、ボディーターンのときにラケットを高い位置に
セットするために左の肘を少し上に上げると、自然とスピンがかかりやすいように
ラケットのヘッドダウンができます。(左の肘よりも右肘の方が上に上がったり、
右の脇が開きすぎないように注意してみてください)
スイングが始まる前や、振り出し始めから肘が伸びている方が多いですが、
それだとまだ少しボールとの距離感が遠いです。実際にはテイクバックから
インパクトまで両方の肘が伸びきるという状態はない方が、力は伝わりやすいです。
ボールとの距離感を合わせる(足の入り方)簡単な方法としては、打ったあとに
左足を前に蹴り出すようにしてみてください。足を前に蹴り出すことで、
股関節(下半身から)の力がボールに伝わると同時に、右足が左足よりも
ボールに近い(自分から向かって左側に、左足を追い越して右足がでる)状態だと
左足は前に蹴り出しにくいので、自然と、左足が蹴れるように自分で、
距離感や足の入り方を調整していくようになります。

どうしても利き手側ではないので、操作しにくい部分はありますが、
左足と、ラケットのスイングの主導は左手、になるように意識をしてみてください!

私も元々バックハンドにスピンをまっっったくかけれなかったので(笑)
自分の中でたくさんの修正方法を試しながら、今は苦手意識はありません♪
言われてすぐに!はできないかもしれませんが、意識し続けることで、
必ず変化は目に見えて現れてきますので、コツコツ頑張っていきましょう!

 
 
 
長くなってしまいすみません(´Д`;)ヾ 
分からないところがあれば、お気軽にお聞きくださいね~耳 ひらめき

 
 

 
さて、次回はアンケート結果第2位double exclamation
【リターン】  を解説していきますよ~猫2 パンチ

こちらはフォアハンドリターン、両手バックハンドリターン、
片手バックハンドリターンの3部構成で解説していきますので、おたのしみに~ウッシッシ (顔) ムード

テニス Centia Wave波

カテゴリー: 未分類 | 投稿者Centia Wave 17:25 | コメントをどうぞ

あけましておめでとうございます! 【コーチのブログレッスン ~皆様からのリクエスト編~】

大変遅くなりましたが・・・・・
あけましておめでとうございます富士山

昨年もCentia Waveをご愛顧いただきまして、ありがとうございましたdouble exclamation
今年も皆様のテニスライフを精一杯サポートするべく
Waveスタッフ一同精進して参りますので
本年も変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたしますぴかぴか (新しい)

   

さてexclamation おまたせしましたムード
2019年1月 特別企画うれしい顔 double exclamation
【コーチのブログレッスン ~皆様からのリクエスト編~】
いよいよスタートしますねっわーい (嬉しい顔) ひらめき

 
このブログレッスンは、先月Waveにて【上達したいショットアンケート】という
アンケートを皆様に投票していただきました鉛筆
その結果の上位6ショットを、Waveスタッフの連続写真とともに
ワンポイントアドバイスをつけて解説していきます~ウッシッシ (顔) カラオケ

 
では記念すべき第1回目は・・・・・・・・・
アンケート結果 1位王冠 【バックハンドストローク スピン】ですdouble exclamation

 
バックハンド、苦手意識の強い方、多いですよね(ノ゚ο゚)ノ
両手、片手の方がいらっしゃいますので、まずは片手バックハンドから指でOK
こちらはWaveの癒しキャラ松下コーチ犬 に解説していただきますカラオケ

   
 
片手バックスピン
 
カラオケ 僕がバックハンド片手トップスピンについて、気をつけていることと言えば、
ズバリ!「カッコよく打てるにはどうしたらいいか」を考えて打っています!!

とくにこの3つは、普段から意識をして打っています!
①正しいポジションから相手に背中を見せるくらい
充分にひねられたテイクバックを作ること
写真③~④のように上半身をぐっと後ろにひねっていきます

②軸足(右利きの方は左足)から踏み込み足に体重移動しながら、
前に突っ込みつぎないよう一回でスウィングすること
写真④~⑩までを体のバランスに気を付けながらひと振りで
スイングを終えれるように意識しています。
特に踏み込み足に体重移動を始めた写真④~インパクトの写真⑥までの
あいだは、体の軸が前に突っ込んでいかないように気をつけています。

③少しでも差し込まれると打てないので、打点はかなり前でとり、
フォロースルーはフラットに比べてラケットヘッドをあげるために少し手首を上げる
打点は写真⑥のように踏み込んだ足よりも少し前くらいの意識です。
写真⑧~⑨のようインパクトのあとに手首を上げていくことで、
フォロースルーを高い位置までもってきます。
こうすることでスピンがかかりやすくなります。

また、僕が今まで皆様にむけて、片手のバックハンドスピンで一番多く
アドバイスさせていただいたことは、
《左手をスロート(ラケットのグリップと面の間の三角のところ)部分で
指を引っかけて握り、左の耳の位置まで高く上げてセットすること》です。
写真②~③のように、スロートの部分を握りながら、
ラケットを高くセットしてみてください!

下半身は、《左足である軸足をボールの後ろに正確に決めれるか》
ということを意識することが大事になってきます。
写真④~⑤のようにボールの後ろに軸足をボールの後ろにセットしていきましょう!

せっかく片手バックハンドにしたのなら、カッコいいフェデラーをイメージして、
ワクワクしながら上達目指していきましょう!!

   
 
いかがでしたかウッシッシ (顔) exclamation and question
最近では片手バックハンドの若手プロ選手も多く見られるようになってきました目
片手ならではのカッコ良さと、リーチの長さを生かして、
ぜひ意識してやってみてくださいねウィンク
分からないところがあれば、コーチにお気軽にお聞きくださいね耳 double exclamation
詳しく解説させていただきますよ~っ猫2 カラオケ

 
次回は、【両手のバックハンドストローク スピン】編でするんるん (音符)
おたのしみに~うれしい顔 ムード

 
テニス Centia Wave波

カテゴリー: 未分類 | 投稿者Centia Wave 09:13 | コメントをどうぞ

体育の日★ジュニア運動会 レ(゚∀゚;)ヘ=З=З=З レ(゚Д゚#)ヘ=З=З=З

さて、すっかり涼しく過ごしやすくなってきたこの頃もみじ
体調を崩しやすい時期ですので、みなさまお気を付けくださいねほっとした顔 手 (パー)

 
10/8 は【体育の日走る人
ということで、WAVEでは走る人 ジュニア運動会走る人
今年も開催しました~っヽ(*´∀`)ノ

こーと

ネットを取り外して、コート全部を使って・・・
なかにしチーム VS おおむらチーム で対戦しましたどんっ (衝撃)

 
まずは玉入れ競争野球

チームで作戦をたてて・・・
なかにしチームはボールをまとめてとりやすくするようです猫2

まとめてるちーむ

 
一方、おおむらチームはもくもくと何かを始めます・・・

IMG_3165

どうやら、ボールを山にして、それぞれでまとめておく作戦のようです猫2

ボールあつめ後

チームの個性がでた、面白い場面でしたうれしい顔 double exclamation

   

さあ、つづいては障害物競争位置情報

いちについて~・・・よーい、どんexclamation

IMG_3174

いいスタートですウッシッシ (顔) ダッシュ (走り出すさま)

障害物2

ネットをくぐって・・・

IMG_3171

ボールを的にいれて・・・

IMG_3172

袋にはいってジャンプ・・
縄跳びを10回・・・
ぐるぐるバットならぬ、ぐるぐるラケットを8回転・・・・

しょうがいぶつ

ふらふらしながら、コーンをジャンプして・・・
最後はぶらさがっているお菓子を口だけで取ってキスマーク
ゴーーーーーーーーールうれしい顔 double exclamation double exclamation

  
という、なんとも長い道のりでした。(笑)

  
そしてつづいては、ラリー競争テニス
もちろんテニスでも戦いましたウッシッシ (顔)
(写真がないのはご愛嬌ということで泣き顔

 
そして最後はお待ちかね!!
リレー対決走る人 走る人 走る人

 
リレースタート

走る前の緊張感が伝わってきます・・・冷や汗2 (顔) あせあせ (飛び散る汗)

リレー

いいスタートを切りましたdouble exclamation
次の順番の子も、すかさず準備しますダッシュ (走り出すさま)

リレー2

はやい!はやいっdouble exclamation double exclamation

とてもいい戦いが見れましたわーい (嬉しい顔) ぴかぴか (新しい)

テニスも、テニス以外の競技もチームで協力して、応援しあって、
みんなで楽しく、怪我もなく、無事終えることができましたムード

最後は頑張った賞品ももらってるんるん (音符)

集合写真

みんな、なかよく写真撮影双子座 揺れるハート

よくがんばりましたうれしい顔 double exclamation

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございましたるんるん (音符)
WAVEでは、また楽しいイベントを企画しますので、
ぜひぜひ次回は皆様のご参加をお待ちしております( ‘-^ )-☆

  

テニス Centia Wave波

カテゴリー: 未分類 | 投稿者Centia Wave 17:42 | 1件のコメント

テニスの日イベント★

みなさまこんにちはもみじ
すっかり秋めいて…ご無沙汰の更新ですみません泣き顔 あせあせ (飛び散る汗)

  
先月9月23日は【テニスの日テニス
ということでWAVEでは、毎年恒例イベントを開催しましたうれしい顔 るんるん (音符)

 
まずはじめに・・・
【ストローク練習会クローバー

大村コーチといっしょにみっちり
「楽に 質の高いボール」を打つ練習をしましたウッシッシ (顔) ぴかぴか (新しい)

IMG_0976

つづいては
【コーチに挑戦!中上級クラス富士山

松下コーチと大村コーチ ペアにダブルスで挑戦猫2 double exclamation
みなさんのナイスショットに 後半はちょっとやられ気味ふらふら どんっ (衝撃)

IMG_0978

でも負けませんよ~っ猫2 パンチ

   
 
つづいては
【コーチに挑戦!は基~基本クラス芽

・・・・・・・・・・
写真を撮り忘れたようです。。。
参加のみなさま大変申し訳ございません~泣き顔 あせあせ (飛び散る汗) あせあせ (飛び散る汗)

  

最後は【サーブ練習会チューリップ

中西コーチとみっちり サーブを特訓しました猫2 パンチ

IMG_0983

参加されたみなさまは、きっとサーブがパワーアップ手 (グー)
レッスンでもどんどん意識して続けていってくださいねわーい (嬉しい顔) ひらめき

   

毎年、たくさんの方のご参加、本当にありがとうございますわーい (嬉しい顔) ハートたち (複数ハート)

次回のイベントもお楽しみに~ムード

  
 
テニス Centia Wave波

カテゴリー: 未分類 | 投稿者Centia Wave 17:11 | コメントをどうぞ

ダブルスはコース選びと頭脳戦

こんにちはわーい (嬉しい顔)WAVE店松下です蟹座

いよいよ来週から全米オープンがはじまりますね。

8/26日曜までに男女優勝者を記入して各店舗のボックスに投函してくださいね郵便局 前回のウインブルドンは当選者なしの為、キャリーオーバーされました。当選率は大きく上がってますので、当てにいってくださいねexclamation ちなみにわたしの予想はひらめき 男子はナダル、女子はスティーブンスですdouble exclamation ウッシッシ (顔)

今回は、中西コーチに変わって松下が第二回を担当します。よろしくお願いしますムード

基本クラスから中級クラスのテニス経験者にとって
知っておいてほしいことは、ダブルスは頭脳戦であることです。

ダブルスは2対2の戦いです。なので、甘いボールを打ってしまうと、一瞬で相手前衛にボレーで決められてしまいます。

相当、【コース選び】が重要になってくるのです。

また、ダブルスは陣形によって攻撃的になったり、守備的になったりします。2人が前に出る並行陣だと、返球を早く、角度を付けたコースで積極的に攻撃していくことになります。対して2人が下がるダブルバックだと、根気よく相手の攻撃を耐える守備型の陣形になります。

1人が前でもう1人が後ろの雁行陣だと、攻撃・守備の要素が半々って感じです。

陣形によってやるべきこと、注意するべきことが変わってきますから、とても頭を使って戦うことになります。適当に戦っていると、ケアするべきところが分からないので、対応できず劣勢になりやすいです。

コースは打ちたくてもその時は打てないコースがあり、その時やりたいプレーとできるプレーは違うことも感じられることがあるとおもいます。
 
相手がいるのがゲームであり、そして同じように何回もいかないのもゲームの特徴です。とても難しく感じることもあると思いますが、だからこそ考えることを絞り込んでみてくださいねるんるん (音符)

いま打った打球は、コース選びはあってたかな、、、そんなところから考えるとシンプルで理解度がグンとあがるのではないでしょうか指でOK

 WAVEテニス  松下 孝一
 

カテゴリー: 未分類 | 投稿者Centia Wave 01:25 | コメントをどうぞ