松下コーチ編 ~フォアハンドストローク スライス~

みなさまこんにちはわーい (嬉しい顔) チューリップ
来週も「10年に1度の大雪」と噂が流れています・・・雪
恐ろしいですね・・・もう降らないでほしいですげっそり (顔) (笑)
  

さあexclamation 新春(勝手に)特別企画犬 富士山
【WAVEコーチの基本6ショット連続写真カメラ

本日は松下コーチの『フォアハンドストローク スライス編』ですぴかぴか (新しい)
前回のトップスピン(順回転)に対して、スライスは逆回転になります台風

     

こちらが松下コーチのフォアハンドスライスですぴかぴか (新しい)

松下フォアスライス

画像を保存していただくか別ページで開いていただくと拡大できますサーチ (調べる)
 
  

 
カラオケ では松下コーチからのコメントです位置情報

わたしがフォアハンドストロークのスライスで気をつけていることは、
どの高さのボールにも対応出来るようにラケットヘッドを
頭より高くセットして、ボールに対して上から入ることです。

身体が横を向き過ぎると、打点が後ろになってしまい、ボールを前に
送りだすのが苦しくなるので、打点を前で捉えれるように、
両手でV字を描くようなイメージでスイングをしていきます。
利き手だけでなく反対の手もしっかりと使うことで、体が開き過ぎず
ボールに対してしっかりと力を伝えることができます。

インパクト時に、ラケットを持っていない手を前で残すようにすると
身体が開いていくのを防ぐことができ、ボールを前に押し出す力を
うまく伝えることができますので意識してみてください。
スライスをはじめて習得するときは、まず2人1組で近い距離から回転を
覚えて、逆回転の感覚を掴むところからはじめていきましょう。

    
  
   

いかがでしたかほっとした顔
皆様もレッスンの際にはぜひ、「Vの字のスイング」を意識してみてくださいひらめき
身体が開き過ぎないように、ラケットを持っていない方の手を
身体の前で残しておくこともポイントですねexclamation

レッスン中に松下コーチのフォアハンドスライスに注目してみると
いいお手本が見られますのでチェックしてみてくださいね目 double exclamation
また希望があれば、レッスン中のラリーのときにスライスを
打ってもらうようにリクエストしてみるのもひとつの手ですねウィンク
Vの字のスイングの軌道は横、もしくはななめ前から見てみると分かりやすいですよ指でOK

 

次回はバックハンド、こちらもスライス編になりますムード
お楽しみに~っわーい (嬉しい顔) るんるん (音符)

  
テニス Centia Wave波

カテゴリー: 未分類 | 投稿者Centia Wave 22:01 | コメントをどうぞ

松下コーチ編 ~フォアハンドストローク トップスピン~

みなさまこんにちは晴れ
1月も早いものでもう19日が過ぎ、あっという間に後半ですね・・・
年々、時間が経つのが本当に早いと感じます冷や汗 (顔) たらーっ (汗)

  

さて新春(勝手に)特別企画犬 富士山
【WAVEコーチの基本6ショット連続写真カメラ
みなさまお楽しみいただけていますでしょうか猫2 exclamation and question
こちらの企画も後半戦に入りますよ~うれしい顔 るんるん (音符)

第三弾はセンティア唯一の左利き、松下コーチペンギン ですぴかぴか (新しい)
左利きの方は特に注目ですよ~目 ひらめき

まずは松下コーチの『フォアハンドストローク』からいきましょううれしい顔 るんるん (音符)

   

松下コーチには「トップスピン」と「スライス」の両方を教えていただきます手 (チョキ)
まずはトップスピンのフォアハンドストロークからいきましょうムード

こちらが松下コーチのフォアハンド トップスピンですぴかぴか (新しい)

松下フォアスピン

画像を保存していただくか別ページで開いていただくと拡大できますサーチ (調べる)
 
 
 
カラオケ では松下コーチからのコメントです位置情報

わたしがフォアハンドストローク(トップスピン)で気を付けていることは、
トップスピンをかけようと意識するあまり、
左肩(右利きなら右肩)が下がり過ぎないようにすることです。

トップスピンはラケットがヘッドダウンしたところから振り上げるように
スイングしていくことで十分に回転がかかりますので、両肩のラインは
一定に保って、体の軸が倒れないように気を付けてみましょう。

もう一つは、飛んでくるボールの高さに対して判断しています。
低いなら下からしっかりとトップスピンを!
高いなら、ドライブ気味にして回転量を落とします。
飛んでくるボールの高さ、打点の位置によってスイングの方向も
少し変わってくることも覚えておきましょう。

ストロークを打ったあと身体が大きく開く方が多く見受けられます。
身体が大きく開いてしまうと、ラケットがなかなか前に出てこないので
わずかならがら、レイトヒット(振り遅れ)に繋がることがあります。
右手(右利きの方は左手)をインパクトより早い段階で開かないように
意識しながら打つと、ボールがしっかりとコートにおさまりますよ!

   
  

いかがでしたかほっとした顔
皆様もレッスンの際にはぜひ「肩が下がりすぎない」ように意識してみてくださいひらめき
身体が開かないよう、前に出した手を残しておくこともポイントですねわーい (嬉しい顔)

レッスン中に松下コーチの肩の位置と、右手の使い方に注目してみると
いいお手本が見られますのでチェックしてみてくださいね目 double exclamation
肩の位置は横から見てみると分かりやすいですよウィンク ひらめき

 
次回は同じくフォアハンドストロークですが、スライス編ですウィンク 手 (チョキ)
お楽しみに~うれしい顔 ムード

   

テニス Centia Wave波

カテゴリー: 未分類 | 投稿者Centia Wave 23:01 | コメントをどうぞ

滝川コーチ編 ~サーブ フラットサーブ~

みなさまこんにちはわーい (嬉しい顔) クローバー
大村は昨日大阪に行ってきましたが暖かくてびっくり冷や汗2 (顔)
帰って来て富山の寒さに凍えました・・・げっそり (顔) 台風 (笑)

 

さてexclamation 新春(勝手に)特別企画犬 富士山
【WAVEコーチの基本6ショット連続写真カメラ

本日は滝川コーチの『サーブ』ですテニス ぴかぴか (新しい)
滝川コーチには「フラットサーブ」について教えていただきましたexclamation
   

 
こちらが滝川コーチのフラットサーブでするんるん (音符)

滝川サーブ

画像を保存していただくか別ページで開いていただくと拡大できますサーチ (調べる)
 
  
 
   
カラオケ では滝川コーチからのコメントです位置情報

わたしがサーブで気をつけていることは、
下半身の力がボールにしっかりと伝えれるように
トスの位置とスイングの方向を合わせるようにしています。

わたしは身長が低いので、トスを前に上げすぎてしまうと、
下半身の力がうまく伝わらず、スピードも出なくなってしまうので
身長が高い選手より比較的、頭の真上に近い位置にトスを上げて、
下半身の力をボールに向かって、上方向にぶつけるイメージで打っています。
そのため、完全に無回転ではなく、少し順回転(スピン)もかかっています。

身長が高ければトスを前に上げて、振り下ろすようにスイングをしても
入りますが、自分の身長とネットまでの距離、高さを考えると、
振り上げる形でスイングをする方が入る確率があがります。
インパクトのときにしっかりと手首を返して(プロネーションを使って)、
ラケットとボールが当たる時にフラットの面(まっすぐ)をつくって、
ボールの真後ろを打つようにしてみてください。
インパクトまでに手首が返せないと、ボールの真後ろを叩くことが
できないので、返していくタイミングが遅れないように注意してください。

    

いかがでしたかほっとした顔
皆様もレッスンの際にはぜひ、「スイングの方向と手首の返し」
を意識してサーブを打ってみてくださいひらめき
トスの位置を調整しながら、手首を返すタイミングを合わせていくといいですねexclamation

レッスン中に滝川コーチのサーブに注目してみると
いいお手本が見られますのでチェックしてみてくださいね目 double exclamation
スイングの方向と手首の返しは後ろから見てみるのもオススメですよ指でOK
トスの位置は後ろと横から見てみるのもいいですねdouble exclamation

 

 
さて、今回で滝川コーチ編の6ショットが終了しました位置情報
いかがでしたでしょうか猫2 exclamation and question

滝川コーチファンはもちろん、まだ滝川コーチのレッスンを受けたことがない!
という方もこの機会にぜひ、滝川コーチの6ショットを見にきてください目 ぴかぴか (新しい)
滝川コーチは火、木はWingに、水、金はWaveにいますので
WaveのレッスンもWingのレッスンもどちらも受けてみてくださいねウィンクテニス

   

さあexclamation 企画はまだまだ続きますよ~うれしい顔チューリップ ぴかぴか (新しい)

次回からは「松下コーチ編」です山羊座
松下コーチはセンティア唯一の『サウスポー(左利き)』ですdouble exclamation
左利きの方は特に注目ですねっうれしい顔 ひらめき

最初は フォアハンドストローク からいきますよ~ウィンク 指でOK

 

お楽しみにヽ(*´∀`)ノ♪。.:*・゜

テニス Centia Wave波

カテゴリー: 未分類 | 投稿者Centia Wave 19:22 | コメントをどうぞ

滝川コーチ編 ~スマッシュ~

みなさまこんにちはわーい (嬉しい顔) 手 (パー)
今日の雨でだいぶ雪が溶けてくれましたね雨
先週とは全く違う景色です猫2 雪 (笑)
 

さてexclamation 新春(勝手に)特別企画犬 富士山
【WAVEコーチの基本6ショット連続写真カメラ

本日は滝川コーチの『スマッシュ』ですテニス ぴかぴか (新しい)

   

こちらが滝川コーチのスマッシュでするんるん (音符)

滝川スマッシュ

画像を保存していただくか別ページで開いていただくと拡大できますサーチ (調べる)
 
  
 
   
カラオケ では滝川コーチからのコメントです位置情報

わたしがスマッシュで気をつけていることは、
すばやく横向きの体勢をつくって、左手を打点に向けて伸ばすことで
距離感を合わせながら、打つ準備を同時にしておくことができます。

体が正面を向いたまま下がってしまうと、ボールとの距離感が
掴みにくく、手打ちになってしまいます。左手を打点の基準として
伸ばすことで、ボールと自分、さらに打点の距離感が合わせやすく、
さらに左手をあげることで、自然と体にひねりが生まれるので
スマッシュを打つ体勢、準備が万全の状態でボールを迎えることができます。

今回はコートの中でも、ネットに近い位置でスマッシュを打っているので
打点はかなり前になっていますが、コートのどこから打つか、
打つときの体勢がどうか、などによって打点も変わってきますので
注意が必要です。特に、サービスラインとベースラインの間くらい後ろから
スマッシュを打つ場合は、インパクトの面の向きが下を向きすぎたり、
打点が前になりすぎるとネットしてしまいますので注意してください。

   
 

いかがでしたかほっとした顔
皆様もレッスンの際にはぜひ、「横向きと左手」を意識してみてくださいひらめき
ボールが上がったらすばやく横向きをつくれるといいですねexclamation

レッスン中にスマッシュを打つことはなかなかありませんが(笑)
滝川コーチにお願いすればいいお手本を見せてくれますし、
プライベートレッスンでみっちり指導してもらうという手もありますよ猫2 どんっ (衝撃)

 
次回はサーブ編ですムード
お楽しみに~っウッシッシ (顔) るんるん (音符)
  

テニス Centia Wave波

カテゴリー: 未分類 | 投稿者Centia Wave 14:23 | コメントをどうぞ

滝川コーチ編 ~バックハンドボレー ローボレー~

みなさまこんにちはウィンク クローバー
先週の大雪が嘘かと思うくらいお天気の今日晴れ
気温の差にやられないようにしてくださいね泣き顔 台風
 
 

さあexclamation 新春(勝手に)特別企画犬 富士山
【WAVEコーチの基本6ショット連続写真カメラ

本日は滝川コーチの『バックハンドボレー』ですぴかぴか (新しい)
ボレーの中でも、滝川コーチには「ローボレー」(腰よりも低い打点)
について教えていただきますdouble exclamation

   

こちらが滝川コーチのバックハンドのローボレーですぴかぴか (新しい)
滝川コーチはシングルハンド(右手の片手)でバックハンドボレーですexclamation

滝川バックローボレー

画像を保存していただくか別ページで開いていただくと拡大できますサーチ (調べる)
 
  

 
カラオケ では滝川コーチからのコメントです位置情報

わたしがバックハンドのローボレーで気をつけていることは、
構えの段階から常に両肘が身体の前にあるように意識して、
肘を支点にラケットを動かすようにしています。

ラケットをセットした時に、肩と肘を結ぶラインがネットに並行に
なるようにすると、肩、肘、グリップ、ラケット面でボールに対して
「壁」がつくれます。並行以上に肘が身体の後ろにいってしまうと
ラケットを引きすぎて降ってしまう原因になるので、身体の前を
キープしながら、インパクト(ボールを打つ瞬間)で肘がしっかりと
伸びるようにラケットを出していきます。

また、肘が前にあることで、ローボレーで重要な「足」も前に
出やすくなりますので、ボレーで腰よりも低いところにボールがきたときは、
肘を身体の前にキープしながら、足を出していくように意識してみてください。
    

   

いかがでしたかほっとした顔
皆様もレッスンの際にはぜひ、「肘が常に体の前」を意識してみてくださいひらめき
打点が低くなるので足でボールを迎えにいくこともポイントですねexclamation

レッスン中に滝川コーチのバックハンドボレー、特にローボレーに注目してみると
いいお手本が見られますのでチェックしてみてくださいね目 double exclamation
肘が前にある状態は横から見てみると分かりやすいですよ指でOK

 

次回はスマッシュ編ですムード
お楽しみに~っウッシッシ (顔) るんるん (音符)

 

  
テニス Centia Wave波

カテゴリー: 未分類 | 投稿者Centia Wave 13:45 | コメントをどうぞ

滝川コーチ編 ~フォアハンドボレー ローボレー~

みなさまこんにちはウィンク クローバー
今日もぽかぽかいいお天気ですね猫 晴れ
晴れでも雨でも雪でも、天気に関係なくテニスができるインドアの
スクールはとってもいい環境だなと改めて感じる雪の日々です雪 テニス

 

さあexclamation 新春(勝手に)特別企画犬 富士山
【WAVEコーチの基本6ショット連続写真カメラ

本日は滝川コーチの『フォアハンドボレー』ですぴかぴか (新しい)
ボレーの中でも、滝川コーチには「ローボレー」(腰よりも低い打点)
について教えていただきますdouble exclamation

   

こちらが滝川コーチのフォアハンドのローボレーですぴかぴか (新しい)

滝川フォアローボレー

画像を保存していただくか別ページで開いていただくと拡大できますサーチ (調べる)
 
  

 
カラオケ では滝川コーチからのコメントです位置情報

わたしがフォアハンドのローボレーで気をつけていることは、
右足(軸足)と左足(踏み込み足)の間隔を広くとって、
その中から頭がはみ出さないように意識をしています。

特にローボレー、低いところでボールを捉えるときに、
スタンス(軸足と踏み込み足の幅の広さ)を広くすることで、
土台がしっかりし、バランスがいい状態でボールを打ちやすくなります。

ただスタンスを広くした時に、体が前のめりになってしまうと
足の力がボールにうまく伝わってくれなくなってしまうので、
頭が軸足と踏み込み足の間(重心が真ん中)にある状態をつくるために
顔を起こして、前のめりにならないように意識してみてください。
    

   

いかがでしたかほっとした顔
皆様もレッスンの際にはぜひ、「スタンスの広さ」を意識してみてくださいひらめき
頭が前のめりにならないように顔を起こすのもポイントですねexclamation

レッスン中に滝川コーチのフォアハンドボレー、特にローボレーに注目してみると
いいお手本が見られますのでチェックしてみてくださいね目 double exclamation
スタンスの広さは横から見てみると分かりやすいですよ指でOK

 

次回はバックハンドボレー、こちらもローボレー編ですムード
お楽しみに~っウッシッシ (顔) るんるん (音符)

 

  
テニス Centia Wave波

カテゴリー: 未分類 | 投稿者Centia Wave 15:45 | コメントをどうぞ

滝川コーチ編 ~バックハンドストローク~

みなさまこんにちはわーい (嬉しい顔) 手 (チョキ)
大雪から一変、今日はぽかぽかのお天気でしたね晴れ
天候や気温の変化が激しいので、皆様体調にはお気をつけてくださいねがまん顔 あせあせ (飛び散る汗)

さあexclamation 新春(勝手に)特別企画犬 富士山
【WAVEコーチの基本6ショット連続写真カメラ

本日は滝川コーチの『バックハンドストローク』ですぴかぴか (新しい)
滝川コーチは片手(シングルハンド)でのバックハンドストロークになりますひらめき
   

こちらが滝川コーチのバックハンドですぴかぴか (新しい)

滝川バック

画像を保存していただくか別ページで開いていただくと拡大できますサーチ (調べる)
 
  

 
カラオケ では滝川コーチからのコメントです位置情報

わたしがバックハンドストロークで気をつけていることは、
シングルハンドでトップスピン(順回転)をかける場合に、身体の近くから
遠い所へラケットが離れていくような軌道(インサイド・アウト)で
スイングをすることを心がけています。

回転軸から近いほど移動距離が短いため、加速させやすくなるので、
左手の誘導により体に近い位置までラケットを引き付け、肘を伸ばしながら
スイングをしていくことでラケットを最大限に加速させていきます。

また、回転の軸となる体の重心(姿勢)が崩れないことでボールを正確に
捉えることができ、回転型のスイングのスイングスピードも上がります。
スイングの加速を最大限にインパクトに伝えれるようにするために、
体重移動を意識しすぎて、頭が前に突っ込みすぎないように気を付けましょう。

    

いかがでしたかほっとした顔
皆様もレッスンの際にはぜひ、「インサイド・アウト」を意識してみてくださいひらめき
テイクバックの時にラケットを体の近くに引き付けることもポイントですねexclamation

レッスン中に滝川コーチのバックハンドに注目してみると
いいお手本が見られますのでチェックしてみてくださいね目 double exclamation
スイングの軌道は後ろから見てみると分かりやすいですよ指でOK

 

次回はフォアボレー編ですムード
  
テニス Centia Wave波

カテゴリー: 未分類 | 投稿者Centia Wave 23:29 | コメントをどうぞ

滝川コーチ編 ~フォアハンドストローク~

みなさまこんにちは晴れ

【WAVEコーチの基本6ショット連続写真カメラ
みなさまお楽しみいただけていますでしょうか猫2 exclamation and question
第二弾はタッキーこと滝川コーチ獅子座 ですぴかぴか (新しい)

まずは滝川コーチの『フォアハンドストローク』からいきましょううれしい顔 るんるん (音符)

   

こちらが滝川コーチのフォアハンドですぴかぴか (新しい)

滝川フォア

画像を保存していただくか別ページで開いていただくと拡大できますサーチ (調べる)
 
 
 
カラオケ では滝川コーチからのコメントです位置情報

わたしがフォアハンドストロークで気を付けていることは、
下半身の力をロスなくインパクトに伝えられるように
打点を前にとることを心がけています。

ストロークに限らずですが、上半身、特に腕の力だけでボールを打とうと
すると、手打ちになってしまったり、力みすぎてボールにうまくパワーが
伝わらなかったりしてしまいます。足~腰と下半身から順番に力が連動して
腕まで順番に伝わっていくように体全体を使ってスイングしていきましょう。

せっかく下半身からうまく力を伝えていっても、打点が後ろになってしまうと
インパクトでそのパワーが減ってしまいますので、打点は踏み込んだ足と
同じくらい、もしくは少し前くらいになるよう意識してみてください。
打点が後ろになってしまいやすい方は、テイクバックのときにラケットを
後ろまで大きく引き過ぎないように意識してみてください。
   

  

いかがでしたかほっとした顔
皆様もレッスンの際にはぜひ「打点を前にすること」を意識してみてくださいひらめき
下半身から力を連動させていくイメージを持ちながら打ってみるといいですねわーい (嬉しい顔)
レッスン中に滝川コーチの打点と体の使い方に注目してみると
いいお手本が見られますのでチェックしてみてくださいね目 double exclamation

 
次回はバックハンドストローク編です手 (チョキ)

  
テニス Centia Wave波

カテゴリー: 未分類 | 投稿者Centia Wave 18:03 | コメントをどうぞ

中西コーチ編 ~サーブ~

みなさまこんにちは犬
大雪が降り続くここ二日間・・・雪
今日は膝が埋まるくらい積もってましたね泣き顔

さてexclamation 新春(勝手に)特別企画猫2 double exclamation
【WAVEコーチの基本6ショット連続写真カメラ

本日は中西コーチの『サーブ』ですテニス ぴかぴか (新しい)

   

こちらが中西コーチのサーブでするんるん (音符)

中西サーブ完成形

画像を保存していただくか別ページで開いていただくと拡大できますサーチ (調べる)
 
  
 
   
カラオケ では中西コーチからのコメントです位置情報

わたしがサーブで気をつけていることは、
トスを一定にするために、上げたいところを見ながら
トスアップ(トスをあげる)をすることです。
トスをあげるときに、ボールを持っている手を追いかけてしまうと
目線の上下が大きく、トスが安定しにくくなってしまいます。
「自分がトスを上げたい場所=打点」となる場所を見ながら
トスをあげると、見ているところに上がらなければ打たずにもう一度
上げなおすことができますし、自分の中でひとつの目安ができるので
トスの高さや場所が安定していきますよ。

また、ラケットをヘッドダウンしてからインパクトに向かって大きく
スイングをしていくことで遠心力を使ってサーブを打つことができます。
ラケットを加速させながらスイングをするために、ラケットヘッドを
しっかりと下げたところからスイングをスタートさせてみてください。

さらにトスアップしたときに、体を沈めると、タメをつくることができ
下半身からの力を使うことが出来るので、よりボールにパワーを伝える
ことができます。最初はトスをあげたら軽く膝を曲げる、くらいでも
いいので、腕やスイングだけでなく、下半身から力を連動させるような
イメージを持ちながらサーブを打ってみてください。

 

いかがでしたかほっとした顔
皆様もレッスンの際にはぜひ、「トスアップの目線」を意識してみてくださいひらめき
さらに意識できる方は、体を沈めてタメをつくってみれるといいですねexclamation

レッスン中に中西コーチのサーブに注目してみると
いいお手本が見られますのでチェックしてみてくださいね目 double exclamation
横や後ろなどいろいろな角度から見てみるのもオススメですよ指でOK

 

さて、今回で中西コーチ編の6ショットが終了しました位置情報
いかがでしたでしょうか猫2 exclamation and question

中西コーチファンはもちろん、まだ中西コーチのレッスンを受けたことがない!
という方もこの機会にぜひ、中西コーチの6ショットを見にきてください目 ぴかぴか (新しい)

   

さあexclamation まだまだ企画は続きますよ~うれしい顔 ムード

次回からは「滝川コーチ編」ですムード
最初は フォアハンドストローク からいきますよ~ウィンク 指でOK

 

お楽しみにヽ(*´∀`)ノ♪。.:*・゜

  
テニス Centia Wave波

カテゴリー: 未分類 | 投稿者Centia Wave 10:15 | コメントをどうぞ

中西コーチ編 ~スマッシュ~

みなさまこんにちは犬
雪がすごいですね~げっそり (顔) 雪
WAVEにお越しの際は事故のないよう最大限注意して危険・警告 (!)
いらしてくださいね。°(°`ω´ °)°。

さてexclamation 新春(勝手に)特別企画猫2 double exclamation
【WAVEコーチの基本6ショット連続写真カメラ

本日は中西コーチの『スマッシュ』ですテニス ぴかぴか (新しい)

   

こちらが中西コーチのスマッシュでするんるん (音符)

中西スマッシュ完成形

画像を保存していただくか別ページで開いていただくと拡大できますサーチ (調べる)
 
  
 
   
カラオケ では中西コーチからのコメントです位置情報

わたしがスマッシュで気をつけていることは、
体の向きを右斜め後ろにし、上げた左手よりも
左側からボールを見ることです。
そうすると上半身にひねりが生まれ、そのひねりを
戻してくる力によってボールにパワーが伝わります。

体が正面を向いたままボールを迎えてしまうと、
ボールとの距離感が掴みにくくなってしまいます。
左手はボールとの距離感をつかむための、ひとつの目印に
なりますので、左手をあげ、さらに上げている左手よりも
左側からボールを見るように意識すると、体が勝手に
ひねった状態になってくれます。

この準備ができた状態で、ボールの落下地点へすばやく
入っていけるようになるとスマッシュが安定してきます。
waveでは天井が低く、時間がないので、より一層この
左手と体のひねり、それと同時にラケットの準備を
早くできるように意識してみてくださいね。
  
 

いかがでしたかほっとした顔
皆様もレッスンの際にはぜひ、「左手とひねり」を意識してみてくださいひらめき
ボールが上がったらすぐに左手をあげてみれるといいですねexclamation

レッスン中にスマッシュを打つことはなかなかありませんが(笑)
中西コーチにお願いすればいいお手本を見せてくれますので
ご希望の際はレッスン前やレッスン後に声をかけてみてくださいね耳 double exclamation
コートの外で素振りを見るだけでもイメージがわきますよ指でOK

 
次回はサーブ編ですムード
  

テニス Centia Wave波

カテゴリー: 未分類 | 投稿者Centia Wave 16:45 | コメントをどうぞ