他人の目

わたしのブログ。
他人さまが、穿(ほじく)り出してくださった過去の記事を読んだ。
これ、マイブームだといっても、いつも手に汗にぎる。ヒヤヒヤ。

中身。キツイ~。
問答無用で、ビシーっと斬っている。
愛がない。
そう感じた。
一刀両断。自分ごと、他人まで斬っている。

「気持ちよい」を通り越して、痛かった。
ということは、ああいう記事を書いた頃から時が経って、今のわたしは少しは愛に目覚めたからだろうか。
いやいや、老化して、自分を労わるついでに、他人も労わっているのだろう。
自分に甘く、他人に甘い。
基準を甘めに設定して、自分を救済しようとする意図が見え見え。
美しき愛の本質なんぞ、お知りになりたい方は、マザーテレサに聞いてください。

自分をとことん知りたい場合は、自分が大好きなもの、コト、愛してきたもの、コト、してきたこと、したいこと、
それを追究すると、見つけやすいそうな。
魂を高めるもの、こころを満たし喜ばせたもの、夢中になったもの、それは、なんだったのか。

間違っても、寂しいからといって、トモダチとつるんでも、本当の自分は見つからないんだって。
わたしの友人の一人、ニーチェ君が言っていた。(→書いていた)

わたしの友人であるニーチェ君は、1900年に没しているが、わたしにバイブルを残してくれた。
本来は「師」と称したいところだが、あえて、友人にしておく。
なぜなら、わたしには、友人と呼べる人が、たいへん少ないからである。

 

・・・今日は、ここで終わろうと思っていたのに、ついつい、おしゃべりしたくなる。
(友人、少ないもので)
とある、安酒場で、哲学者風の初老の男性が、いつも単行本を3冊ぐらいカウンターに積んで、読書している。
見るからに、清貧。または、赤貧。
髪は、ねとっと、いつシャンプーしたのだろうと思えるような、油っぽい、天然※ポマード(※昭和世代ワード?)付き、白髪のストレートヘア。
七福神の一人のような、でも、貧乏神って、こんなかんじかな?というような、そんな風情。
彼は、その安酒屋に一人で来て、黙黙と本を読む。
そこに来る前は、大手書店でお散歩。おそらく、日課なのだろう。
なぜ、知っているのかというと、たまたま、わたしの事務所がその界隈にあるので、幾度となく彼の姿を見かける。
安酒場は、ドアがないので、通行人からまる見えであるが、そんなこと、哲学者は、気にしない。

〔しかしながら、よくよく考えると、自室で読書という選択もあるのに、あえて人の目のある外で、というのは、彼なりの 楽しみ方?
似非(えせ)哲学者かも?  斜交いに構えたフツーのじいちゃん?
(ちなみに、この人に関して、わたしは何の嫌悪も好意も敵意も共感も感じていません)
わいわい、がやがやのカフェでしか勉強意欲が湧かない学生のようなもの?〕

わたしは、まだまだ孤高の哲学者にはなれない。
そこそこ、自分の気に入った洋服を着たいし、人の目も気になる。
しかし、「人の目」自体が気になるのではなく、人の目に映った自分を、鏡を見るかのように、自分が気になるだけであって、
「人の目」自体は、自分を確認するための単なるツールである。

鏡=人の目
自分流、解釈である。
そう言えば、ふと思い出す。
数代前のおばあさんが書き残した文言に、「立ち向かう、人のこころは鏡なり」というフレーズがある。
こんな言葉だったかどうか、ちょっとあやふやであるが、
仏壇の引き出しに入っているからいつでもチェックできるものの、いつ見ても、原文を覚えられない。

その、おばあさんが、その言葉を書いたのは、今のわたしより3歳若い年齢の時。
(有名人ではないが)ほとんど辞世の句のようなものだろうか。
幕末を生きた彼女(厳密にいうと、亡くなったのは明治初頭)の言葉を借りるまでもなく、平成を生きるわたしが、自分でたどり着いた心境である。
時代は移れど、変わらないものもある。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ringson 11:29 | コメントをどうぞ

等身大の自分

加藤諦三氏の深層心理に関する著書を読んだ魚油
「言いたいことが言えない人」

かなり自分に当てはまる。
その中でも特に、高い理想と現実とのギャップから低い自己評価に苦しむあたりは、どんぴしゃり。

劣等感は、見下す気持ちからも生まれるとか。
優越感の裏返しである。

へりくだっているつもりが、実は見下しているのか。

自分を正当に評価できない。
その理由のひとつとして育成歴が影響しているらしい。
高い目標や理想を掲げる人々に囲まれ、不当な批評家がいる家庭。
実際の自分より高すぎる基準の中で育つ。
家庭のみならず、学校も。

特に学校は、息が抜けない。
学校と家庭の狭間、隙間に、息抜きの居場所を求める二按
でないと、やっていけない。

そう言えば、わたしは、小学生四年生ぐらいの頃以来ずっと、一歩、家から出たら、のびのびしていた。
気持ちが明るく自由な気分になった。
結婚を機に、実家から脱出した時の、あの解放感。
でもそれは一時的なものであって、根本的な解決にはなっていなかった。

しかし、そこで思う。
記憶では小学生の高学年あたりから、楽しくない。
何故なんだろう?
自問自答してみると、おそらく自分にかかる負荷が強すぎたのだろう。
あまりにも優秀な未来のエリート軍団の中で、完全に押しつぶされたのではないかと分析する。

家庭では、フォローするどころか、教育は学校にお任せ、まる投げスタンス。
あのあたりから、歪みが生じたように思う。

小学校に入った頃の、理科の草花の学習や、言葉を教えてもらったあたりは、楽しかった記憶が残っている。
が、段々、学年が上がるにつれ、キツく苦しくなり、必死で無理やり頑張ってきた。
それが、小学生四年ぐらいからである。
まだ10歳。
家庭でも、父が重い病気を患い、暗く重苦しいハードな時期だった柏傲灣平面圖
そのあたりの体験や記憶が、わたしのベースになっているのだろう。
重くのしかかったまま、乗り越えていないと思われる。

で、もう還暦まで来てしまって、今更、どうやって乗り越える?
生まれつき、わたしは天然系なので、皆さん、どんなエライ人も、加齢による認知症もぼちぼち出始めて、こちらの陣地に近寄りかけている。
こりゃあ、笑うしかないかなあと。

逆ギレではなく、優しく穏やかに、開き直って加齢を味方に、ゆっくり歩いていこう。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ringson 12:20 | コメントをどうぞ

煩悩が邪魔して、美しくなれない

はじめて訪れた、とあるブログ。
涙が頬を伝った。
わたしは、こういう路線に弱い。涙腺、大全開。

幼い頃の家族の光景が書かれていた。
今は亡き、ご両親と、妹さん。
お父さんの服装、いでたちがノスタルジックな風情を醸し出していたdermes 價錢

ちなみに、今、3歳になる、口のよく回る、記憶力抜群の我が孫。
(記憶細胞が毎日どんどん死んでいく、にぶいアタマのわたしから見ると)
彼が1歳前後の頃、まじっと彼の顔を真近で見て、なんと純粋な顔だろう???と涙が出た。
まざりっけのない、自然の彼は、知恵もなにもついていない。
かわいい、を通り越して、美しいと思った。

人は成長していくにつれ、自分を守る技を身につける。
身につけなければ、生きていけない。
その手助けをしてやるのが、親の役目でもある。
そんな教科書に書いてあるようなことは、十分わかっているが、
純粋なものは心惹かれ、吸い込まれそうになる。
それだけ自分のこころが濁っているのかも知れない。

純粋な彼の目に映るわたしは、どんなものなのだろう。

彼の目には、わたしが映っていた。
鏡を見るように、そこには、わたしの顔があった休閒椅
わたし自身が投影された姿だ。
だが、彼の目は鏡ではない。
彼自身が持つ目だ。

1歳では、彼の記憶にはまったく残っていない。
だから美しいのか。
理屈付けできない、わたしがいる。

さて、前述の、そのブロガーさんが幼い頃のシーン。
ご自分で覚えておられるので、1歳やそこらではないはずだ。
わたしも、祖父のお葬式の1コマをはっきりと鮮明に覚えている。
命日から計算すると、当時のわたしは3歳6ヶ月である。
現在、上の孫は3歳1ヶ月だが、似たような年齢だ。

祖父が亡くなる以前の様子もしっかり覚えている。
亡くなる直前などではなく、もっとゆるやかな時間が流れている頃だったと思う。
話したり、受け答えや、やりとりした記憶がある。
よく、祖父の臥している部屋に行って、お菓子をもらっていた。
祖父は、わたしが行くと、新しくお菓子の袋の封を切ってくれた。

ということは、現在の上孫の年齢の頃には、
わたしという人物は、もうすでに彼の記憶の箱に仕舞われているということだ。

幼い頃の田舎での風景、光景、今も目に浮かぶ。
蝶ブログにも何度も書いている。懐古趣味か香港矯視中心
何度か、大改造はされているが、ベースは同じ。
現在もなお、全く同じところに、同じものが、同じようにあるので、とても不思議なような、
過去?現在?未来をタイムライン号の船に乗って見るかのごとく。

玄関脇にある庭石。
この陰に隠れて、かくれんぼをよくした。
あんな小さな隙間によく身を隠せるなあと、いつも不思議な気持ちで見ている。
当時のわたしは、猫だったのか?

祖母が日常に使っていたお針箱。
その近くに、わたしの幼稚園時代の道具箱が置かれている。
旧姓フルネームで、わたしの名前が書かれているが、去年、発見して、よくまあ、あんなもの、まだ置いているなあと、びっくりした。
目をぱちくりと瞬きする瞬間に、ひとっとび半世紀前の時代にタイムスリップ。
ふたつ瞬きすると、百年前。
セピア色の残像が、NHK番組のファミリーヒストリーのようだ。

今も、私が子供の頃と同じ場所に、ツバメが巣を作っている。

???と、延々、残像シリーズは、きりがない。

話を戻そう。
そのお邪魔したブログには、クラシックの名曲が流れている。
いいなあ???。こころが洗われるようだ。
現在、抱えているわたしの悩みの解決の糸口にならないかと、記事タイトルをあちこちクリックして、
過去の偉人たちの名言を読んでみる。
現世の生煮えなわたしには、まだ、ちょっとすんなり取り入れるには、ハードルが高い。
煩悩がイキイキ。もやもやを通り越して、現役で暴れている。

あと十年は経たないと、しっかり枯れて、いい味が出ないような気がする。
じっくり寝かせて「熟成」などというと聞こえはいいが、
悟りなど、一生、開けないだろう。生きている限り。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ringson 13:18 | コメントをどうぞ

ナシの花

子供が小さい頃に何度か連れて行った動物園の前のベンチに座った。

次々と動物園の門をくぐっていく親子を見ながら、あの頃は本当に若かったし体力もあったんだなあとしみじみしてしまった。この先また動物園に行くとしたら、孫を連れて? いやいや、とても考えられないNeo skin lab 電話。そもそも息子や娘が結婚するとは限らないし、結婚したとしても子を持つとは限らない。それはそれ、の話だから、私の人生の延長線上の話として孫を持つことを想像する気にもあまりならない。

ただ、小さな子にもう一度触れてみたいとは思う。赤ちゃんを抱っこして、懐かしい匂いを嗅ぎたいな。

そういえば、新聞か何かで「子供の頭を見ず知らずの他人に撫でられるのは困る」というのを見たことがあったNeo skin lab 騙。世の中いろんな人がいるから、手を出されたら怖いのも分かる。

息子が乳児の頃はよその国に住んでいて、町中でもよく声をかけられて「ぷよぷよだね」と触られたし、レストランで片手で抱いて食事をしていると、ちょっと抱っこしていてあげるからゆっくり食べなさいと、店の人に言われたりした。沢山の人に抱っこされた方が幸せになるみたいなことも聞いたような覚えがある。けれど、それも今考えるととても恐ろしい。あの頃の方が何倍も平和だったわけではないとは思うけど、この二十年あまりの間にどれほどたくさんの事件を知ってしまったんだろうNeo skin lab 代理人

とりとめなく、おわり。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ringson 13:19 | コメントをどうぞ

実りの季節

いや、ほんと秋ですね。

ここ数日は暑さが戻っていますが、

それでもやっぱり秋ですね。
ふらふらと歩いているだけで
秋らしさが向こうからやって来てくれますAmway安利

たとえば、これ。

カラスウリでしょうかね。
ブロック塀を背景にしてるところが
素敵ですね。なんか、逞しさを感じます。

アップにすると、こんな感じ。

まだ熟しきってはいないようです。
真っ赤になるんですよね。
で、カラスが食べにくる――と思いきや、
あまりカラス氏のお好みではないそうです。

では、つぎのお写真を安利

これは、発見したとき
すこしギョッとしました。

大鳥神社の敷地内にあったんです。
かなり不気味ですね。
キノコ好きの僕でも引きます。

横から見ると、こんな感じ。

ぴったりとくっついて、
押し合いへし合いしています。
まあまあは広いんだから
違う場所に生えればよかったものを――
と思いますが、まあ、
彼らはこうしたかったのでしょう。

もしくは、

自分たちもまさかここまで
大きくなれると思っていなかったのかも
しれませんAmway安利

ところで、
この巨大キノコ(直径およそ20センチほど)を
見かけたのは1週間前くらいだったのですが、
その後どうなったのか探りに行くと、
いなくなってました。

さらに巨大化しているのを期待していたので
がっかりです。
――と、思っていたら、
違う木の根元に、
新たなるキノコを発見してしまいました。

一本立ちの子や、

ぎゅうぎゅうになっている子たち。

ほんと、秋は実りの季節ですね。
夏のあいだに溜まっていったエネルギーが
この時期に一気に放出されるのでしょう。
僕たちが手をくわえなくても
自然というのはかくこのように
命を繋いでいるわけです。

いや、しかし、
そう考えると、すごくないですか?
いくら人間が尊大にかまえていても
それとは関わりなく、自然は粛々と
その営みをつづけているのです。

人間がこの世界をコントロールしてる
つもりになっていても、実のところ、
自然の大きな手のうちで遊ばされているだけに
思えます。僕たちの思惑とは関係無く
季節は巡り、実はなり、キノコは生え伸びる
わけです。そう思うと、不気味な巨大キノコも
カラスウリも愛おしくなります。

とはいえ、食べる気にはなれませんけど。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ringson 17:36 | コメントをどうぞ

昨夜も、眠れず。。。。

 咳、痰で息苦しくなる状態は、改善できず、昨夜も何度も目が覚めた。

 睡眠不足がたたって、頭痛がする。取れるまでおとなしくしていたら、昼までかかった。

 雨、降りそうで、降らず。油断していると、ざっと降る海外 報奨旅行

 3連休の最終日。休みだけど、暢気に休む気にもなれない。きっと明日は、今日の分も込みで、2日分の仕事をやっつけなきゃいけない気がする。

 だから時間を区切って、限定で仕事する。時間を区切らないと、ずるずる仕事に巻き込まれそうな気がする。

 出かけたくなる天気でもなく、湿気がきつくて、じんわり汗が出る海外 買い物

 目を使うと、異常に消耗する。特にここ最近。だから、パソコンもテレビも、1時間見たら、必ず休憩を入れる。休日のお約束。疲れを持ち越すことはできないし。

 気分転換に、少し寝たあと、ラジオを聞く。FMもいいけど、AMで野球中継をぼんやり聞くのも、頭を使わなくて、いい。

 夕方、買い物に出ようとしたら、雨がぱらついてきた。風が弱くて、蒸す。

 台風がどうとか、前線がこうとかいっていたような気がする。現在の気圧、若干低め。自分の感覚だけど香港 食事

 明日は、忙しいだろう、なあ。。。。
 

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ringson 12:34 | コメントをどうぞ

少年少女時代の人間関係は一生を左右する

有名人だから、ネット関係とは言え、実名を述べても構わないだろう。8月初め、フェイスブックで原一男氏と再会し、厚かましい事を承知の上で、友人リクエストを出した。OKしてくれた。嬉しかった。読者向けに述べるが、日本を代表する映画監督の原一男氏である。実は、1967年から68年、僕は原一男氏と付き合いがあった。当時の僕は光明養護学校の小学6年から中学1年だったが、駆け出しのカメラマンだった原一男氏は光明養護学校に時々来て,児童,生徒の姿の写真を撮りまくり、写真展を行なった。又、僕の家にも介護バイトに来てくれた事もある探索四十

「山本五十六」と言う第二世界大戦の日本軍人の映画を見に行った思い出もある。懐かしい。

その原一男氏の事から、中学?高校時代に僕に関わってくれたサポーターたちの事を色々と思い出した。教師志望の無教会信仰を持つ学生もいたし、比較的近くの大学に通う大学生もいた。彼らは本当に多くの事を僕に教えてくれた。身を持って「他人への関わりの大切さ」を教えてくれた人もいた。法律の大切さも教えてくれたし、「口先だけ達者な人は当てにならない」とか、「恋愛感情など、感情に走るとろくな事はない」と教えてくれた人もいた。高校時代には、僕が苦手だった英語や古文も教えてくれた。僕も、サポーターたちも楽しかった。厳しい事も言われたが、気が付かない内に、世代が異なる人たちと付き合う訓練にも僕はなった。それは後年は子供会活動や、はるか年長のハンセン氏病後遺症を持つ伊藤まつさんというおばあさんとの付き合いに結びつき、更には、やはり、今の、僕とは年代が離れた人達が多い、ヘルパーさんたちとの関わり合いにも役立っている。昔は気が付かなかったが、かけがいのない経験である探索四十

少年少女時代、学校しか付き合いがなかった人たちは卒業後も同年代の人たちしか付き合えない例が多い。「3年、年齢が離れると付き合えない」と言った人もいたのを覚えているし。昔は日本でも世代の別なく、多くの人たちが関わり合ったようだが、戦後になり、マイ?ホーム主義になり、子供たちは学校しか社会的な場がない例も増えたため、そのような人も出てきたようである。自分の経験と照らし合わせて、尚更、少年少女時代の人間関係の大切さを思うわけである。

因みに、8月になり、僕はブログを書く回数が減ったが、理由はオリンピック観戦に忙しかった事と、原一男氏との再会をきっかけに中学?高校時代の事を深く振り返っていたためである。元気には違いなかったが探索四十

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ringson 18:32 | コメントをどうぞ

ミソロゴスとピロロゴス

私たち日本人の感性は非常に敏感だから、言葉に傷つき言葉を不信しがちである。

「言葉なんかおぼえるんじゃなかった」といふ詩を詠んだ詩人(田村隆一「帰途」)の思ひなどまつたく分からないと言へる日本人がさうたくさんゐるとは思へない蟲草Cs4

何か話せば、こんなはずぢあなかつた、何か言ひ訳をすれば、さう言ひたいのではなかつた、といふ思ひになつたことの一度や二度は誰にでもあるだらう。主体性の弱さゆゑに、言葉との距離をうまく取れずに、言葉につかまり、言葉に引きずられ、言葉を使つてゐるやうに思ひながら、言葉に使はれてゐる。さういふ経験をしてきたはずだ。

さういふとき、「言葉なんかおぼえるんじゃなかった」とつぶやきたくなるのである蟲草Cs4

それをプラトンは、「ミソロゴス」と名付けた。なるほど古代ギリシャの人々もまた言葉との距離の取り方に苦しんだのである。訳せば「言葉嫌ひ」といふことである。対話編『ラケス』に出てくる言葉である。

しかし、世には言葉を道具として使ひ、自分との距離感を放棄して、自由自在に扱ふことのできるものとして言葉を考へてゐる人もゐる。さういふ人は「ピロロゴス」(言葉好き)である。平和と唱へれば、平和が訪れると思ひ、「いじめはいけない」と叫べばいじめはなくなると思つてゐる。まさに「平和」な人である。さういふピロロゴスが厄介なのではないか。自己不信にまで至るミソロゴスも扱ひにくいが、自己過信=理想主義=美辞麗句大好きのピロロゴスは性質(タチ)が悪い。自分自身だけの問題ではなく、周囲を危険と不幸に陥れる可能性を持つてゐる蟲草Cs4

言葉の学習といふものの目標も、最終的には言葉と自己との距離をどう取るかといふことに行きつく。それが近代人としての作法であらう。

「言葉なんかおぼえるんじゃなかった」と書いた詩人田村隆一は、それでも詩を書き続けた。その生き方こそ、近代人の作法だと思ふのである。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ringson 14:43 | コメントをどうぞ

気圧、低い。。。。

朝から晴れて、暑い。でも、気圧が低い。めちゃくちゃだるい。

睡眠が足りないとか、そういうだるさじゃない。気圧が低くて大気の状態が不安定なときのだるさ願景村 退費

台風の影響か。いや、それにしては青空が広がって、台風の影響が感じられない。

体だけが、気圧の低さを感じている。頭に血が巡らなくて痛む。関節が痛い。力が入らない。

途中で一息入れつつ、出社。仕事はあまりはかどらず、じっくり考えることができない。

外は夏空、雨が降る気配すらない。でも、だるい。なぜ願景村 退費

どうやら、天気図で見ると、高気圧に覆われているという感じではない。台風の影響だろうか。

調子が戻らないまま、夕方になって、帰宅。汗を流して、横になる。食欲なし。

食べないとバテるから、買い置きのもので適当に済ませる。パンとサラダ。

横になって、目を閉じる。朝よりは少し楽になったかも願景村 退費

天気が安定しない。体が、ついていかない。。。。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ringson 12:05 | コメントをどうぞ

ネブライザー、起動。。。。

喘息発作の予防。普段は、ステロイド剤の吸入と、気管支拡張剤のテープがメインだ。

痰切りの薬とか、飲み薬もあるが、ステロイド剤の粉を直接吸う薬と、テープで貼り付ける経皮剤を用いている腫瘤

タイミングは、どちらも夜に服用する。吸入は夜適当な時間に、眠っているときに咳で起きなくて済むように。テープは、シャワーを浴びるときに貼り変える。

それでも咳で苦しくなったら、別の吸入薬を処方されている。液体で、吸入器でミストにして吸い込む。

そういう薬は、今まで、自宅で服用したことがない。吸入器は病院にあって、苦しいときに病院に行けば機械を使って吸入していた。

こちらに引っ越して、転院した先では、吸入をしたことがない。機会があるかどうか知らない。発作を起こしたときは、気管支拡張剤を点滴で入れていた。

前回の診察で、吸入薬を処方された。ネブライザー専用とある。飲んだりしちゃいけないよ、とyou beauty 陷阱

家庭用のネブライザーを、どうにか入手した。処方箋薬局で聞けば、それなりに何とかなるものだ。

以前、病院で吸入していたときほど、すっきりと苦しさが取れる感じではない。コンプレッサーが小さいのか、ミストにする効率とかがあるのだろうか。

それでも、頓服として使えるから、咳が止まらないときには使っている。まだ2回しか使ってないけど。

この真夏の暑い時期に、咳。今までなかったけど、なあyou beauty 投訴。。。。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ringson 15:29 | コメントをどうぞ