月別アーカイブ: 2017年4月

フェレロがバルセロナオープンのダブルスに出場

ダブルスでサーブ&ボレーをしない選手は基本的にストローカーでクレーコートが得意な選手が多いです。全仏オープンまではポイントと賞金の稼ぎ時です。今回は来週から開幕するバルセロナオープンのダブルスについて書きたいと思います。

ボパンナ/クエバス組

今週開催のモンテカルロのマスターズで決勝に進出しているペアです。クエバスがサーブ&ステイバックでプレーします。1回戦でいきなり第1シードのコンティネン/ピアースと対戦です。今週のモンテカルロの3回戦でも対戦していますが、マッチタイブレーク13-11の接戦でボパンナ/クエバス組が勝利しています。

メルゲア/クレシ組

今シーズンはイングロットと組んでいたメルゲアですが、先週のハッサン2世グランプリ、今週のモンテカルロと2大会続けてクレシと組んでおり、今回もクレシと組んでのエントリーです。(ハッサン2世グランプリではイングロットも別の選手と組んで出場していたので、メルゲア/イングロットのペアは恐らく解散したのでしょう。)モンテカルロでは1回戦でダブルスとはいえチリッチを破っており、調子はまずまずといったところでしょう。今大会はノーシードですが、1回戦は予選上がりのペアなので初戦は突破したいところです。

フェリシアーノ・ロペス/マルク・ロペス

このところあまりパッとしなかったこのペアですが、モンテカルロでは決勝に進出してきました。クレーシーズンで復活してくるところはさすが昨年の全仏優勝ペアです。地元の大会ですし、当然優勝を狙ってくるでしょう。1回戦はクボット/ミーシャ・ズべレフと対戦です。

ドディグ/グラノイェルス組

シングルスはともかくダブルスでは一時の不調を乗り越えた感じのこのペアです。グラノィエルスにとっては自国開催の大会ですし、欲しいタイトルなのは間違いないでしょう。1回戦はゴフィン/エルベールという変わったペアと対戦です。

カレーノブスタ/フェレロ組

今回最も個人的に注目しているのがこのペアです。引退して今は自分のアカデミーの運営に専念しているフェレロがワイルドカードで出場です。正直現役のときからダブルスの強い選手という印象は全くないですが、やはり久しぶりのツアーでのプレーは気になります。パートナーのカレーノブスタは昨年の全米オープンダブルスで準優勝している選手です。相手はマトコウスキ/ネスターというベテラン強豪ペアですので、いかにパートナーが強いとはいえ、勝つのはかなり厳しいですが、いいプレーが見たいです。

 

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: 大会 | 投稿者ステイバックダブルス 15:39 | コメントをどうぞ

モンタニェス、始動!!

ダブルスについて書くこと多い当ブログですが、今回はシングルスの選手について書きたいと思います。

4月3日からフランスで開催されるチャレンジャーにスペインのベテランのアルベルト・モンタニェス(Albert Montanes)がエントリーしています。

モンタニェスは1980年生まれで、今年37歳になります(フェデラーの一つ上)。世界ランキング最高位は22位を記録した選手です。現在はランキングが大きく落ちてしまい、チャレンジャーとツアーの予選が主戦場になっていますが、まだまだ頑張っています。典型的なクレーコーターで、ベースライン後方に下がってのロングラリーが持ち味です。

特徴的なのが出場する大会の選び方。昨年は22大会プレーしていますがそのうち19大会がクレーコートでした(試合数では46試合中42試合がクレーコート)。今年は2月から始動して3大会ハードコートの大会に出ましたが戦績は1勝3敗と振るいませんでした。そのためか3月は一切試合に出場せず、得意のクレーコートシーズンが始まる4月を待って再始動したようです。37歳でもプレーできるのはこういった、思い切った大会の選び方が一つの要因なのかもしれません。

今回のフランスのチャレンジャーの1回戦の相手はナポリターノという、その名の通りのイタリアの選手で、21歳の若手です。モンタニェスは15歳の年齢差を跳ね返して、得意のクレーコートシーズンで良いスタートができるでしょうか。

最後に現時点で彼が最後にツアータイトルを獲得したニースオープンの動画のリンクを貼ります。御時間ある方は見て下さい。

【YouTube】2013年 ニースオープン決勝 モンタニェス vs モンフィス ハイライト

 
↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング
 

カテゴリー: 選手紹介 | 投稿者ステイバックダブルス 00:05 | コメントをどうぞ