ダブルスのツアーファイナルズ出場ペアが決定

今年のダブルスのツアーファイナルズに出場するペアが決まりました。

1.クボト/メロ

2.コンティネン/ピアース

3.ロジェ/テカウ

4.マレー/ソアレス

5.ブライアン兄弟

6.エルベール/マウ

7.ドディグ/グラノイェルス

8.ハリソン/ビーナス

ちなみに去年の出場ペアは

1.エルベール/マウ

2.マレー/ソアレス

3.ブライアン兄弟

4.ロペス/ロペス

5.コンティネン/ピアース

6.ドディグ/メロ

7.クラーセン/ラム

8.ヒューイ/ミルニー

の8組でした。比べてみるとコンティネン/ピアース、マレー/ソアレス、ブライアン兄弟、エルベール/マウの4組は2年連続出場です。ドディグとメロもパートナーは違えど2年連続で出ているので、16人中10人が2年連続で出場していることになります。シングルスのビック4のような圧倒的な選手はいませんが、なんだかんだで上位勢は安定していたことがわかるメンバーのように思います。

 

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: 大会 | 投稿者ステイバックダブルス 19:57 | コメントをどうぞ

高橋悠介のバックハンド

①② ③ ④ ⑤

全日本選手権男子シングルスを制した高橋悠介のバックハンドです。写真は今年の楽天ジャパンオープンの予選(対ポスピショル戦)のウォームアップのときのものです。

 

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: 連続写真 | 投稿者ステイバックダブルス 23:15 | コメントをどうぞ

ネスターのサーブ&ボレー

ダニエル・ネスターのサーブ&ボレー ⑤⑥ ⑪ ⑫ ⑬ ⑭ ⑰ ⑱

ちょっとちっちゃいですが、ネスターのサーブ&ボレーです。13コマ目(下)がスプリットステップです。

ネスターよりもっとちっちゃいのでわかりにくいですが、となりのコートで練習しているのはトロイツキです。ベンチにはクレシとマトコウスキが座っています。

 

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: 連続写真 | 投稿者ステイバックダブルス 13:09 | コメントをどうぞ

ガスケのバックハンドスライス

リシャール・ガスケのバックハンドスライス1 2 3 4 5 6

ランニングショットでのバックハンドスライスです。3コマ目から5コマ目にかけて右足を踏み出すタイミングでインパクトして、体の開きを抑えています。インパクト時はしっかりボールを見ていて、ボールの行方を見るのはインパクト後である点は是非見習いたいところです。

 

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: 連続写真 | 投稿者ステイバックダブルス 23:37 | コメントをどうぞ

チチパスの公式サイトに日本語が

今週開催されている上海マスターズで、ギリシャ期待の19歳のチチパスがシングルスで初戦を突破しました(残念ながら2回戦でイズナーに敗退)。チチパスにとってこの勝利はATPツアー本戦レベルでは初勝利ということです。

そのチチパスは楽天ジャパンオープンでは予選を突破して本戦1回戦でチリッチに敗れています。私はシングルスの若手に詳しくないのでこの選手のことを全く知らなかったのですが、予選を観に来られていた方には結構知っていた方も多かったようでした。予選2試合の勝利後にはかなりたくさんの人からサインを求められており、チチパスはこれがよほど嬉しかったのか、チリッチの試合に負けてしまった後、なんと本人の公式サイトを日本語対応に変えてくれたのです。残念ながらこの日本語は全て機械翻訳なので、正直英語の方がわかりやすいくらいなのですが冷や汗 (顔)

こちらはチチパスのインスタグラムの写真です。添えられているコメントを読むと来年も来てくれそうですね。

 

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: 大会 | 投稿者ステイバックダブルス 00:14 | コメントをどうぞ

クラーセンのフォアボレー

レーブン・クラーセンのフォアボレー

クラーセンのフォアボレーです。テイクバックがとてもコンパクトです。

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: 連続写真 | 投稿者ステイバックダブルス 02:30 | コメントをどうぞ

ソアレスのツイート

楽天ジャパンオープンのダブルスはマクラクラン/ 内山の日本ペアの優勝で幕を閉じました。開幕時はまさかこのペアが優勝するとは誰も思っていなかったのではないかと思います。決勝はややマレー / ソアレスのミスに助けられた感もありましたが、ここぞというときのサービスとリターンは素晴らしかったと思います。ロジェ / テカウにも勝っての優勝ですから文句なしの優勝と言っていいでしょう。

もしデビスカップで錦織、杉田、内山、マクラクランというメンバーで戦うことになれば、メンバー全員がツアータイトルを持っていることになりますから、現状のドリームチームといっていいでしょう。とても楽しみです。

一方負けてしまったマレー / ソアレスですが、私はソアレスがスピーチで最初にこの一週間に試合を見に来てくれたファンへの感謝を述べたのが印象的でした。実は大会の期間中にソアレスがこんなツイートをしていたのご存じでしょうか。

“Great doubles action and packed house in Japan”

packed houseというのは「満員の観衆」という意味だそうです。つまりこのツイートの訳は「日本にて、すばらしいダブルスの試合と満員の観衆」といったところでしょうか。

このツイートに添付されている動画は1回戦のマクラクラン/内山 vs T.ヒューイ/A.シャマスディンの試合です。「2017年 楽天ジャパンオープン観戦記10/3」の記事にも書いた通り、この試合では、センターコートでの試合がたまたま早く終わってしまい試合が行われていたのがこのコートだけになってしまったのでお客さんがこのコートに集中することになりました。ソアレスがその事情を知っていたのかは定かではないですが、なんにしてもダブルスの試合にこれほどにお客さんが入ることは珍しいのでツイートしたのでしょう。このツイートには往年のダブルスの名手であるウッドブリッジや、ヒューイットやツォンガのコーチとして知られるロジャー・ラシードが喜び記したリツイートをしており、関心の高さが伺えます。

こちらの記事にあるように、ソアレスは以前ダブルスの地位の低さに不満を表すツイートをしています。そんなソアレスですからこの光景は心底嬉しかったはずです。ただソアレスが自分が出ていたわけでもない試合をわざわざツイートするほど喜ぶということは、逆の見方をするとソアレスほどの実績を持つプレーヤーですらお客さんが満員の中でプレーする機会がほとんどないのだという、ダブルスの厳しい現実を物語っています。

話は変わりますが、私は一介のテニスファンとして、日本が世界のダブルスプレーヤーがこぞって出たがるような「ダブルス観戦大国」にならないかと密かに願っています。ジャパンオープンの開催時期はUSオープンとデ杯が終わった後で多くの選手が疲れていますし、日本はツアーの主戦場であるヨーロッパからすると地理的に遠く、しかも同じアジアに来るのであれば同週開催の北京オープンの方が賞金が高いなど、ATPツアーの中でジャパンオープンを取り巻く現状はなかなか厳しい気がします。そんな中でダブルスはジャパンオープンの価値を向上させる打開策にならないかと私は考えています。日本は今でも比較的ダブルス観戦が盛んであると言われていますから、その強みを活かしていくというのはどうでしょうか。

残念ながらダブルス観戦が比較的盛んとはいえ、現状はダブルスの選手について良く知っているファンははっきりと少数派です。ファンにダブルスプレーヤーについて良く知ってもらうのに一番手っ取り早いのはダブルスの試合の放送枠を増やしてもらうことですが、これについては現状でWOWOWもGAORAも相当努力しているので、これ以上はなかなか現実的ではないでしょう。ひとまず、ジャパンオープンのホームページやパンフレットのダブルス選手についての記述をもう少し充実させるとかが現状で考えられる最善策でしょうか。

話をソアレスに戻しますが、このツイートをしたソアレスは満員のお客さんが嬉しくもあると同時に、そんな中でプレーしている選手たちが羨ましくもあったのではないかと思います。決勝戦は日本人ペアが出場することもあってかなりお客さんが入っていましたが、いつか日本のテニスファンにもっとダブルス観戦の楽しさが浸透して、日本人選手の出場の有無に関わらず、満員の観衆の下でプレーさせてあげられる日が来ることを切に願っています。

 

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: ジャパンオープン | 投稿者ステイバックダブルス 16:01 | コメントをどうぞ

ペラルタのバックハンド

2017年のジャパンオープンで撮影した連続写真です。サイズの圧縮があまり上手くないので一枚ごとに微妙に大きさが違うかもしれません冷や汗 (顔)

フリオ・ペラルタのバックハンド

全7コマの連続写真です。1コマ目はスプリットステップ。2コマ目でグリップチェンジをしています。4、5コマ目の肩の入りが素晴らしいですね。この写真の時は相手もベースラインにいたので、大きく振り切っています。

 

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: 連続写真 | 投稿者ステイバックダブルス 00:55 | コメントをどうぞ

2017年 楽天ジャパンオープン 観戦記10/4その3

男子ダブルス2回戦

D.イングロット/ D.ネスター  4-6  6-4  10-3  D.シュワルツマン/ D.ティエム

コイントスの場面。ハイソックスをスタンバるネスター

コイントスの場面。ハイソックスをスタンバるネスター

1回戦は閑散としたShowコートでの試合になってしまったネスターですが、2回戦はナイトセッションのセンターコートになり、お客さんもちゃんと入っていて本当に良かったです。例えお客さんの多くがティエムとシュワルツマン目当てであろうとも冷や汗 (顔)何より良かったのはきちんとこの試合がテレビ放送されたことです。やはりネスターほどのキャリアの選手であれば一定数試合を観たい人がいるはずですが、みんながみんな平日の夜に東京で試合が観られるわけではないわけですから。

テレビ放送ではわかりにくかったと思いますが、DJケチャップさんが選手の紹介をした際、ネスターの年齢「45歳」を読み上げたときには会場にどよめきが起こりました。結構知らなかった人がいたみたいです。応援も「ディエゴー!!」「ドミー!!」のような感じでシュワルツマン/ティエムの応援の方が多かった気がします(まあ、イングロットも「ドミニク」ですが冷や汗 (顔) )。でもカナダの国旗を持っていらっしゃった方を少なくとも3名私は見つけました。

ウォークオンを待つ会場

ウォークオンを待つ会場

ウォームアップ中のネスター

ウォームアップ中のネスター

試合はイングロット/ネスターが第1ゲームでイングロットのサーブをブレークされ、結局この1ブレークを返せずに第1セットを4-6で落とします。第2セットは5-4のティエムのサービスゲーム40-40という、ほとんどこのセット唯一のチャンスだった場面をイングロット/ネスターがものにしてセットオールに持ち込みます。マッチタイブレークはここまで不調だったイングロットのサーブが良く決まるなど、イングロット/ネスターの流れが良くなり、逆転での勝利となりました。

私の贔屓目かもしれませんが、ネスターのプレーがとても良かったです。イングロット/ネスターはサーブのスピードではイングロットの方が速いのですが、サービスゲームが安定していたのはこの試合に関してはネスターの方だったと思います。第2セットではネスターの方が先にサーブを打っていました。また、リターンゲームでは第1セットではネスターがストローク戦を挑んでいましたが、第2セット中盤からはリターンダッシュをしてネットプレーでの勝負に持ち込んでいました。これは特にティエムにプレッシャーをかけていたと思います。

ネスターのサービスゲーム

ネスターのサービスゲーム

 

リターンダッシュするネスター(左下)

リターンダッシュするネスター(左下)

試合終了

試合終了

声援に応えるネスター

声援に応えるネスター

こんなマニアックなブログを読んで下っている方は既にご存じのことと思いますが、イングロット/ネスターは次の準決勝でマレー/ソアレスと対戦し、勝利まで後2本とせまりながら逆転で敗れました(スコアは7-6 1-6 9-11)。試合後の呆然とした表情のネスターがなんとも切なかったです。勝利の明暗を分けたポイントはいくつもありましたが、やはり最後に大きかったのはネスターがウォッチを促したボールがオンラインで入っていたマッチタイブレークの1ポイントだったと思います。ネスターの表情はこのポイントについての後悔が大きかったのではないかと思いました。

それでも…これほどに白熱した試合を戦える45歳が他にいるでしょうか。負けてしまったけれど、最高でした。

 

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: ジャパンオープン | 投稿者ステイバックダブルス 00:13 | コメントをどうぞ

2017年 楽天ジャパンオープン 観戦記10/4 その2

男子ダブルス1回戦

J.ペラルタ/ S.ゴンサレス 6-3  5-7  12-10 A.クレシ/ M.マトコウスキ

コイントス。手前のクレシが準備中に始まってしまいました。
コイントス。手前のクレシが準備中に始まってしまいました。

当ブログではサービスゲームでステイバックするダブルスプレーヤーを特に応援し、取り上げています。チリのペラルタはそのサーブ&ステイバックでプレーをする選手で、以前別の記事でも取り上げました(こちら)。私としては生でペラルタの試合が観戦できて、しかも勝って嬉しかったのですが、素直に喜べない一面もありました。

試合の展開としては、第1セットはペラルタ/ゴンサレスが第8ゲームのマトコウスキのサービスゲームをブレークし6-3で先取します。第2セットは第2ゲームのペラルタのサービスを落とし、1ブレーク差が埋まらないまま、クレシのサービング・フォー・ザ・セットをを迎えるのですが、土壇場でブレークバックし5-5に追い付きます。しかし、第12ゲームのゴンサレスのサーブを落としマッチタイブレークへ。マッチタイブレークはクレシ/マトコウスキが1ブレークリードし、この差が縮まらないまま9-7でクレシのサーブという場面があったのですが、ここをまたペラルタ組がミニブレークバックし、最後はマトコウスキのサーブをミニブレークしてマッチポイントからの大逆転で勝利しました。

…という試合展開だけを書くとかなり白熱した試合だったのですが、内容としてはスコアほど盛り上がらなかったな、というのが率直な感想です。というのもこの試合は概ねクレシ/マトコウスキが決めるかミスするかで進んでいったからです。正直、試合全体として主導権を握っていたのはクレシ/マトコウスキの方だったと思います。しかし、ここぞという場面でのミスが多すぎました。ペラルタ/ゴンサレスもしっかり足元にボールを沈めており、簡単なボレーを打たせなかったというのはもちろんあるのですが、やはりマッチポイントが2本ありながら取りきれなかったあたりを観るとペラルタ/ゴンサレスが勝ったというより、クレシ/マトコウスキが落としたという印象がぬぐえません。

試合後、予定があったのか、疲れていたのかはわかりませんが、ペラルタとゴンサレスはそれほどサインには応じずさっさとコートを後にしてしまいました。ファンのためにもこういうことは大事にして欲しかったのですが…

ウォームアップするクレシ、マトコウスキ
ウォームアップするクレシ、マトコウスキ

マトコウスキとクレシは間近で観るとやはりマッシブでした。マトコウスキの体型に驚く人が多かったです(笑)。

ペラルタのサービスゲーム
ペラルタのサービスゲーム
ペラルタ/ゴンサレスのリターンゲーム
ペラルタ/ゴンサレスのリターンゲーム

ペラルタ/ゴンサレスは各セットともペラルタが先にサーブをし、ディサイディングポイントもペラルタがリターンをしていました。やはりなるべくストローカーのペラルタを後ろ、ボレーの上手いゴンサレスを前、という陣形を組みたいのだと思います。

練習の時のペラルタ

練習の時のペラルタ

練習のときのペラルタ
練習のときのペラルタ

ペラルタはストローカーらしい、しっかり相手の足元に沈むボール良く打てていました。一方でボレーは決して下手ではないですが、他の3選手に比べると突き玉に対してミスが多かった気がします。

ペラルタ/ゴンサレス組は2回戦でクラーセン/ラム組にもフルセットで勝利し、準決勝で内山/マクラクラン組と対戦します。

 

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: ジャパンオープン | 投稿者ステイバックダブルス 23:39 | コメントをどうぞ