カテゴリー別アーカイブ: 大会

ダブルスのツアーファイナルズ出場ペアが決定

今年のダブルスのツアーファイナルズに出場するペアが決まりました。

1.クボト/メロ

2.コンティネン/ピアース

3.ロジェ/テカウ

4.マレー/ソアレス

5.ブライアン兄弟

6.エルベール/マウ

7.ドディグ/グラノイェルス

8.ハリソン/ビーナス

ちなみに去年の出場ペアは

1.エルベール/マウ

2.マレー/ソアレス

3.ブライアン兄弟

4.ロペス/ロペス

5.コンティネン/ピアース

6.ドディグ/メロ

7.クラーセン/ラム

8.ヒューイ/ミルニー

の8組でした。比べてみるとコンティネン/ピアース、マレー/ソアレス、ブライアン兄弟、エルベール/マウの4組は2年連続出場です。ドディグとメロもパートナーは違えど2年連続で出ているので、16人中10人が2年連続で出場していることになります。シングルスのビック4のような圧倒的な選手はいませんが、なんだかんだで上位勢は安定していたことがわかるメンバーのように思います。

 

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: 大会 | 投稿者ステイバックダブルス 19:57 | コメントをどうぞ

チチパスの公式サイトに日本語が

今週開催されている上海マスターズで、ギリシャ期待の19歳のチチパスがシングルスで初戦を突破しました(残念ながら2回戦でイズナーに敗退)。チチパスにとってこの勝利はATPツアー本戦レベルでは初勝利ということです。

そのチチパスは楽天ジャパンオープンでは予選を突破して本戦1回戦でチリッチに敗れています。私はシングルスの若手に詳しくないのでこの選手のことを全く知らなかったのですが、予選を観に来られていた方には結構知っていた方も多かったようでした。予選2試合の勝利後にはかなりたくさんの人からサインを求められており、チチパスはこれがよほど嬉しかったのか、チリッチの試合に負けてしまった後、なんと本人の公式サイトを日本語対応に変えてくれたのです。残念ながらこの日本語は全て機械翻訳なので、正直英語の方がわかりやすいくらいなのですが冷や汗 (顔)

こちらはチチパスのインスタグラムの写真です。添えられているコメントを読むと来年も来てくれそうですね。

 

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: 大会 | 投稿者ステイバックダブルス 00:14 | コメントをどうぞ

6人の40代

いよいよ今週からATPのアジアツアーが始まります。3週間で6大会が開催されるわけですが、そのうち一つがジャパンオープンで、残りは全部中国の大会です。もう“チャイナツアー(一部日本)”ぐらいの勢いです。中国バブル恐るべしあせあせ (飛び散る汗) ジャパンオープンとチャイナオープンの賞金総額も200万ドル以上違います。そんな中で日本に来ることを選んでくれる選手たちには感謝しなくてはいけませんね。

さて、今週開幕のチェンドゥオープン、シンセンオープンにはそれぞれ3人の40代の選手がダブルスにエントリーしています。つまり6人の40代の選手がツアーレベルでプレーすることになります。チェンドゥオープンにはジョナサン・エルリック、ネナド・ジモニッチ、ダニエル・ネスターの3人。シンセンオープンにはアンドレ・サ、マックス・ミルニー、リーエンダー・パエスの3人です。6人とも全盛期の力はもう無い印象ですが、まだまだ頑張って欲しい選手たちです。誰か一人ぐらいジャパンオープンにエントリーしてくれないでしょうか。

 

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: 大会 | 投稿者ステイバックダブルス 08:41 | コメントをどうぞ

頑張れ、添田!!

明日から始まるデビスカップのオーダーが発表されました(こちら)。両国とも単、複の選手を使い分けているので、恐らくこのオーダーは動かないでしょう。ランキング通りの結果なら3勝2敗で日本が勝つ計算が成り立つのですが、そう簡単にはいかないのがデビスカップの難しいところです。

杉田は今回初めて日本のエースとして起用されます。正直これまでの杉田のデビスカップでの起用は不遇だった気がします。シングルスプレーヤーであるにも関わらずほとんどがダブルス起用、それも勝ち星としては計算されていないダブルスの起用がほとんどでした。今回いきなりエースとしての起用、それも2勝することが期待されての起用ですから、急に責任の重い立場に立たされてしまいました。杉田のランク(42位)はシングルスに出場する選手の中では突出して高く、ブラジルの選手はクレーコーターですからどう考えても杉田が優位なのですが、この責任の重さがプレーにどう影響するか心配です。

それだけに今回のカギとなるのは第2試合の添田ではないかと思います。ブラジルはダブルスの1勝と、対添田戦の2勝での3勝を計算しているはずですから、初日に添田が勝ってこの計算を狂わせれば、ブラジル側の勢いを止められますし、仮に杉田が第一試合に敗れても最終日に持ち込めます。久しぶりに代表に復帰する添田にベテランの意地を見せて欲しいです。頑張れ、添田!!

 

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: 大会 | 投稿者ステイバックダブルス 01:05 | コメントをどうぞ

ガスケがチャレンジャーに出場

今週末にデビスカップが開催されるため、今週はツアーレベルの大会はお休みです。

今週ポーランドで開催されるチャレンジャーにはフランスのガスケが出場しています。9月11日付のランキングで30位のガスケがデ杯の代表に選出されないのは不思議な感じですが、フランスの代表メンバーを見ると18位のツォンガ、22位のプイユが選出され、ダブルス要員にエルベール/マウが入っているので、実はとても妥当なメンバー構成です。フランスの層の厚さを感じますね。

ガスケは先の全米オープンでは1回戦でアルゼンチンのメイヤー相手に1セットアップの1ブレークアップという状況からの逆転負けでした。ほとんど2週間近いオフになってしまったので、今回のチャレンジャー参戦は勝負勘が落ちないようにということもあるのかもしれません。今年は楽天オープンでの来日も決まっているので、調子を上げて(でも怪我はしないで)来てほしいです。

ガスケといえばなんといってもあの片手打ちバックハンドの迫力です。下記にYoutubeに上がっているガスケのバックハンド集の動画のリンクを貼りました。こんなにバックハンドをフィーチャーされる選手もなかなかいないでしょう。

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: 動画紹介, 大会 | 投稿者ステイバックダブルス 06:03 | コメントをどうぞ

2017年 全米オープン 男子ダブルス決勝

J.ロジェ/H.テカウ 6-4  6-3  F.ロペス/M.ロペス 

WOWOWの放送では解説が松岡修造でした。やっぱりツアーレベルでプレーしていただけに、この人の解説は一味違う気がします。随分マルク・ロペスを買っていたのが、個人的には嬉しかったです。

ただ、試合自体はそのマルク・ロペスのサービスの弱さがやはり目立ちました。第1セット先にブレークしたにも関わらず、マルク・ロペスのサーブでブレークバックされてしまったのが痛かったです。ロペス組にもブレークチャンスはたくさんありましたが、ロジェ/テカウはそういった場面でいいサーブを入れてフリーポイントで逃げることができました。マルク・ロペスのサーブではどうしてもラリー戦になることが多いので、自分のサービスゲームで相手に流れがいってしまうと、なかなかスムーズにそれを断ち切れないところがあったように思います。

試合以上に印象的だったのは、試合が終わって表彰式の準備中ににロジェとマルク・ロペスが話をしていた姿でした。松岡修造によれば恐らく試合を振り返っての戦術的な話をしているのだろうとのことでしたが、グランドスラムの決勝を戦い終えた直後に対戦相手と冷静に話ができるというところが、お互い一流だなと感心してしまいました。

今大会のロジェ/テカウはドディグ/グラノイェルス、マレー/ソアレス、コンティネン/ピアース、ロペス/ロペスという錚々たるメンバーを破っての優勝でした。この4組との対戦で対コンティネン/ピアース以外はセットも奪われていないというところがさらにすごいです。今年で結成4年目と現在ツアーの中では割と長く組んでいるペアですが、この調子なら来年も継続しそうです。

 

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: 大会 | 投稿者ステイバックダブルス 20:16 | コメントをどうぞ

2017年 全米オープン 男子ダブルス準決勝

J.ロジェ/H.テカウ 1-6  7-6(5)  7-5  H.コンティネン/J.ピアース

第2セットのタイブレークで5-4でコンティネンのサーブ2本、という局面があったようです。ロジェ/テカウの大逆転勝ちと言っていいでしょう。テカウはミックスダブルスでも準決勝に残っていて明日は男子ダブルス決勝とダブルヘッダーのようです。

F.ロペス/M.ロペス 3-6 6-3 6-4  B.ブライアン/M.ブライアン

昨年に続きブライアン兄弟はロペス組に敗れてしまいました。グランドスラムでの対戦に限ってはこれでロペス組に3連敗とどうも分が悪いですね。勝ったロペス組はディフェンディング・チャンピオンとして臨んだ全仏で1回戦負けなど、今季はあまり芳しくなかったのですが、最後のグランドスラムで大活躍ですね。これで昨年のカレーニョ ブスタ/ガルシア ロペス組に続けて2年連続スペイン勢のダブルスが決勝に進出したことになります。また、明日のセンターコートの試合はダブルス決勝とシングルス準決勝2試合ですが、第1試合にロペス/ロペス、第2試合にカレーニョ ブスタ、第3試合にナダルと全部の試合にスペインの選手が登場します。相変わらずスペインは強いですね。

明日はいよいよ男子ダブルス決勝です。

J.ロジェ/H.テカウ vs F.ロペス/M.ロペス

過去の対戦成績は1勝1敗で、直近の試合はロジェ組が勝っています。4人の中ではマルク・ロペスのみ過去に全米の決勝を戦った経験がありますが、誰にとっても優勝すれば自身初の全米のタイトルで、自身2つめのグランドスラムタイトルです。試合のカギとなるのはやはりマルク・ロペスのサービスゲームではないかと思います。ブライアン兄弟との試合では9回のブレークポイントを相手に与えましたが、そのうち8回はマルク・ロペスのサービスゲームで、2回ブレークされています。ロジェ/テカウは、特にロジェがストロークの打ち合いを嫌うので、積極的にマルク・ロペスのサーブに対してリターンダッシュを試みると思います。ここでマルク・ロペスが良い突き玉やロブを打てるか、フェリシアーノ・ロペスがネットプレーで援護できるかが見どころではないかと思います。私は今回はロジェ/テカウの勢いがロペス組を押し切りそうなきがするのですが、どうでしょうか。

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: 大会 | 投稿者ステイバックダブルス 07:50 | コメントをどうぞ

超失礼なインタビュアー

全米オープン男子ダブルス準決勝が終わりました。結果は以下の通りです。

H.コンティネン/J.ピアース 6-3 6-4  N.モンロー/J.スミス

コンティネン/ピアースが終始安定していました。各セット最初のモンローのサービスをブレークして、流れをつかみ自分達のサービスゲームは手堅くキープしての逃げ切り勝ちで、ほとんど作戦通りだったのではないかと思います。スコア以上に実力差あった気がしました。びっくりしたのが試合後のインタビューで、なんとインタビュアーが開口一番「ディフェンディング・チャンピオンとしてここに戻ってきた気持ちはどうだい?」と質問したのです。去年の優勝はマレー/ソアレス組で、この二人ではありません(ちなみにこの二人は2回戦敗退)。さすがにピアースが困った様子で「去年優勝はしてないんだけど…」とコメント。それでもインタビユアーは特に悪びれた様子もなく「第1シードでプレーする気持ちどう?」と質問を変えていました。このあたりの事実確認をきちんとしないのはかなり失礼だと思うのですが…。なんにせよコンティネンもピアースも調子が良さそうです。試合後も特に大喜びする様子はなく、あくまでここは通過点という感じでした。優勝を狙ってきてるようです。

F.ロペス/M.ロペス 6-4 7-5 R.ハーセ/M.ミドルコープ

 ロペス組は流石でした。もう決まったかな、というショットが来てもきっちり面を合わせて返球し、相手にあと一本多くプレーさせるということが良くできていました。終始ハーセ組にプレッシャーをかけていたと思います。ハーセ/ミドルコープはミドルコープのファーストサーブの精度が悪すぎましたし、2ndサーブもリターンを通しすぎた(前衛のハーセに動きが無さすぎた)と思います。ブレークされた3ゲームは結局全てミドルコープのゲームでした。第1試合でモンロー/スミス組が敗れ、第2試合でハーセ/ミドルクープ組が敗れたので、今年の全米オープン男子ダブルスのベスト4は、全ペアがグランドスラムのタイトルを持っているペアということになりました。

J.ロジェ/H.テカウ 6-1 6-2 J.マレー/B.ソアレス

  ロペス組の試合を観ている最中に終わってしまい、全くこの試合は観られませんでした。試合時間はわずか62分とのことです。マレー/ソアレスに対しこのスコアは予想外でした。準決勝が楽しみです。

B.ブライアン/M.ブライアン 6-3 7-5 J.ベネト―/E.ロジェ バセラン

この試合も観られませんでした。この勝利でマイク・ブライアンの通算勝利数が1,052となり、ダニエル・ネスターを抜いて歴代1位の勝利数となったそうです。ボブは1,038勝とのことですが、このところネスターはあまり勝てていませんし、このペースだと来シーズンあたりで兄弟で1,2位となりそうです。

 

準決勝のカードは以下の通りです。

H.コンティネン/J.ピアース vs  J.ロジェ/H.テカウ

準決勝は両ペアとも快勝でした。過去の対戦成績はロジェ組の2勝1敗。この2勝はいずれも今年の2勝でうち1勝は前哨戦のモントリオールでの勝利です。どちらも好調のようですが、マレー/ソアレスに圧勝したスコアを見せらると、どうしてもロジェ組が気になります。

F.ロペス/M.ロペス vs B.ブライアン/M.ブライアン

マレー/ソアレスが敗れたことで、ベスト4の中で全米のオープンの優勝経験があるのはブライアン兄弟だけになりました。ロペス組との過去の対戦成績は実は1勝2敗と負け越しています。直近の対戦は前哨戦のシンシナティで、ここではブライアン兄弟が勝っていますが、昨年の全米オープンでの準々決勝ではロペス組がフルセットで勝っています。個人的には久しぶりにブライアン兄弟に全米を取らせてあげたい気もするのですが、どうでしょうか。

 

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: 大会 | 投稿者ステイバックダブルス 00:13 | コメントをどうぞ

2017年 全米オープン男子ダブルス準々決勝/メルゲア組優勝 

ベスト8に残ったペアの内、なんと6ペアがグランドスラムタイトルホルダーという、とてもレベルの高いトーナメントになりました。対戦は以下の通りです。

H.コンティネン/J.ピアース vs N.モンロー/J.スミス

コンティネン/ピアースは今年の全豪オープンを制したペアです。全豪の優勝後のクレーシーズンはいまひとつでしたが、サーフェスが速くなるとやはり強いです。対するモンロー/スミスは、3回戦で当たるはずだったフォニーニ組が失格になったことで、キャリア初のグランドスラムベスト8に進出したペアです。モンローは昨年楽天オープンに出場しています。小柄な黒人選手で動きは速いですが、やはりセカンドサーブは弱点になっている印象でした。実績で言えば断然コンティネン組ですがどうなるでしょうか。

J.マレー/B.ソアレス vs J.ロジェ/H.テカウ

 グランドスラムのタイトルホルダー同士の対決です。マレー/ソアレスは昨年の全豪と全米、ロジェ/テカウは一昨年のウィンブルドンのチャンピオンです。過去の対戦成績はマレー組の2勝1敗。そのうちの1勝は前哨戦のウェスタンサザンオープンで、マレー組がストレートで勝っています。グランドスラムで当たるのはこれが初めてです。対戦成績で分が悪いとはいえ、ロジェ/テカウは3回戦で格上であるドディグ/グラノイェルスをストレートで下したあたり、状態がよさそうですから、好ゲームが期待できそうです。

F.ロペス/M.ロペス vs R.ハーセ/M.ミドルコープ

ロペス/ロペスは昨年の全仏オープンのチャンピオンです。ハーセ/ミドルコープ組はともにオランダの選手で、昨年のデ杯で一度だけペアを組んでいますが、二人で組んでの試合はそれ以来です(ちなみにそのデ杯では負けているので、ペアとしては今大会が初勝利です)。ハーセ組の3回戦については一つ前の記事に書きましたが、ややミドルコープが突き玉の処理に苦しんでいたのが気になりました。マルク・ロペスの突き玉は厳しいですから、昨日の様にミスが続くと狙われてしまいます。ハーセ組としては小柄なマルク・ロペスのサービスゲームでプレッシャーをかけたいです。ここを楽にキープさせなければチャンスがあるのではないかと思います。

B.ブライアン/M.ブライアン vs  J.ベネト―/E.ロジェ バセラン

もう一つのグランドスラムのタイトルホルダー同士の対決です。ブライアン兄弟は全グランドスラムのタイトルを持っています。ベネト―/ロジェ バセランは2014年の全仏オープン優勝ペアで、2015年のウィンブルドンでも準優勝の実績があります。過去の対戦成績はブライアン兄弟の5勝1敗ですが、直近の対戦は今年のウィンブルドンの前哨戦で、ここではベネト―組が勝っています。ベネトー組は2回戦で第2シードのクボト/メロを下してきていますから、今大会とても勢いもあるのでしょう。ブライアン兄弟にとっては大きな山場になりそうです。

 

そして、全米とは関係ないですが、書きたいことがもう一つ。以前「全米の裏でフューチャーズを回る50位」の記事で書いたメルゲア/Barbu組が先週のフューチャーズで見事優勝しました。

 

 

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: 大会 | 投稿者ステイバックダブルス 00:37 | コメントをどうぞ

S.ダーシス/D.セラ vs R.ハーセ/M.ミドルコープ

WOWOWでかねてから注目していたMiddelkoopの試合が放送されました。WOWOWの表記ではMiddelkoopの表記は“ミドルコープ”のようなので、このブログもそれにならいたいと思います。放送を生で観ることができたので、その試合について書きたいと思います。

S.ダーシス/D.セラ vs R.ハーセ/M.ミドルコープ

全米オープン男子ダブルスの3回戦です。ダーシスとセラはどちらも身長170cm台の小柄コンビ。対するハーセ、ミドルコープはともに190cm台の長身です。ダーシス、セラ、ハーセの3人はシングルスをプレーしている選手で、ミドルコープのみがダブルス専門の選手です。基本的に全員サーブ&ステイバックでプレーすることが多かったですが、セラはこの中では比較的サーブ&ボレーもミックスしてプレーしていました。

第1セット第1ゲームはミドルコープのサービスから始まりましたが、ここで2本のダブルフォルトがあり、いきなりダーシス/セラのブレークスタートになります。しかし、ハーセ組は第4ゲームでセラのサービスゲームをブレークして追いつきます。第11ゲームのハーセのサービスゲームをダーシス組がブレークし6-5でサービング・フォー・ザ・セットを迎えますが、続く12ゲームでまたしてもセラのサービスをブレークされてしまいタイブレークへ。タイブレークは序盤できっちりリードを確保したハーセ組が取り、1セットアップとなります。

おもしろかったのは第2セットで、ダーシス/セラは結果的には2ゲームブレークされたセラのサービスから入るという思い切った戦略に出ます。ここがさすがにベテランのセラで、第1セットではあまり見せなかったバックハンドの強打を駆使してきっちりサーブをキープします。動きがあったのは第5ゲームのセラのサービスゲームで、ハーセ組が3本連続のロブでダーシス組のミスを誘いブレークに成功します。しかし、続くハーセのサービスゲームでは、ダーシス/セラが作戦を変え、2ndサーブのリターンでも2ステイバックを選択します。サーブを深くリターンし、甘くなった返球を前衛のミドルコープに突き玉で浴びせるという作戦を展開し、ミドルコープにボレーミスの山を築かせブレークバックに成功します。ダーシス/セラとしては続くダーシスのサービスをキープして流れに乗りたかったところですが、もつれた末に再度ブレークされてしまい、ここで力尽きてしまった感じでした。最終ゲームはコードボールが決まるなどの運も味方し、ハーセ/ミドルコープ組が7-6(2) 6-3というスコアでこの試合を制しました。

ミドルコープ個人にとっては初のグランドスラムベスト8で、試合後のインタビューではニコニコと嬉しそうでした。一方、ハーセは勝因についてリターンが良かったことを挙げていました。事実スタッツではレシーブ・ポイント・ウォンが54%と半分以上のポイントを取ることができていました。ただ、相手ペアがそれほどサーブが強い二人ではなかったのも事実なので、単純にハーセ組のリターンだけをほめられない気もします。それより気になったのはミドルコープの突き玉がやや浮き気味であまり効果的なショットになっていなかったことです。ストローク主体でダブルスをする選手にとって突き玉は命ですから、次戦がどうなるか心配です。次戦の相手はシャルディ/マーティンとロペス/ロペスの勝者です。

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: 大会 | 投稿者ステイバックダブルス 02:16 | コメントをどうぞ