全豪 夢を実現した大阪なおみ

土曜日 曇り 雪が舞うちらほら

朝からコートへ出かける。空きコートはあるも、男性陣は試合中、クラブハウスの女性から誘われて1対2でストロークをしていると、試合を終えたO氏がにやにやとやって来た。女性陣にダブルス挑戦する。34とリードをゆるしてあわてたが、何とか男の面目を立てることが出来た。それから1番コートで男子ダブルス一つしてからは早めに帰途に着く。

夕方から始まる、大阪なおみVSグギトバの試合を待ちかねていた。並みいる強豪がいる中次から次えと破り乗り越えて、年度最初に行われるグランドスラム全豪で決勝の舞台に再びたっていた。

グギトバはグランドスラムではウインブルドンで2回優勝している。近頃活躍している姿を見なかったが、怪我をしていて立ち直り今回の全豪で決勝まで進んでいた。

ファーストタイブレーク76 。セカンドは53で相手のサービスをラブフォーテイで3セットポイントが来ていたがそれをキーブされ54。それでもなおみのサービスフォーセットを迎えるが流れが変わりブレークされて55 56 57となんとセカンドを落してしまうのだ。

なおみの苦悩の表情、ラケットに当りたいのをぐっと我慢して、ファイナルが始まる。なおみの表情が変わる、ポーカフェイス、表情を変えずにモクモクと自分のテニスを目指していた。ファイナルはワンブレークを守り通して64で優勝をなしてしまっていた。グット堪えているように歓びを爆発させなかった。グランドスラム連覇、ナンバーワンが決定といえば、我が陣営に真っ先にとび込んで喜びを爆発させてもおかしくなかったが、なおみの思うところがあったのだろう。

だけど、本当に大変なことをしでかしてしまっていたのだ。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint












カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:12 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">