将棋界が面白くなっている 羽生時代の再現?

水曜日 晴れ

梅雨の晴れ間のテニス。朝いちばん少し遅れたら、ぼくが歯の立たない二人がやっている。一人でカゴボールを始めるとI氏がやってきた。久しぶりシングルスを楽しむ。

昼、家に戻り、明日はシニア連盟の試合が行われるので、屋上に上がるのはやめにして、テレビを見ながらうとうとしていると夕方になる。

外に出て見ると車のサイドミラーが閉じていない。やばいと急いでエンジンをかけてみるとまたもバッテーリーが上がっていた。二度目なのだ。これで二度目、色々電話してみるが、適当な人が見つからず途方に暮れた。近くのKさんに来てもらうもうまくゆかず、斜め前の家の人が通りかかったのでお願いすると、快く遠くまで車をわざわざ取りに行ってくれて、助けてくれた。エンジンはすぐに始動したが、警告のマークがハンドルの向こうのパネルに出ていて、戸惑う。

いろいろやって見たが警告の一つは、ぼくの手には負えなかった。明日試合が終わったら車屋に行くしかないようだ。

受付中断していた福岡県ベテランが再受付を開始していた。試合は8月初旬、今度は大丈夫かな、東京ではコロナの患者が増加しているが・・・、ぎりぎりまで待って居よう。

火曜日 終日雨 

梅雨本番の日々が続いている。

藤井翔太の快進撃が止まらない。渡辺棋聖三冠との棋聖戦、藤井翔太の2連勝。その内容が藤井翔太の一方的なのには、驚くしかない。あの負けっぷりあの勝ちっぷり。

テニスの強い選手として、残酷な負け方をするが、竜王戦を10連覇した男にしては、情けない負け方だったように思う。日曜日の囲碁将棋は毎週見ている程度のど素人のぼくですが、そんな風に感じた、思えた。

最年長でタイトル獲得した木村王位にも翔太は挑戦権を獲得した。違う人であってくれと思ったに違いない。やっと手に入れたタイトル、粘り腰のユニークな将棋で、解説も面白く印象にある棋士で頑張って欲しいです。


カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:56 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">