カテゴリー別アーカイブ: 未分類

備えがあったから無事でした

先週土曜日、夕方までは大丈夫だったのですが、夜になって土砂降り!
夜の練習会は1時間で中止になってしまいました。

急な雨に備えて、バッグの中には120lのビニールのごみ袋を常備しています。
この大きさなら、ラケットもバッグもすっぽり。
どんなに降っても大丈夫!!

ついでに小さめのビニール袋も入れてあり、こちらはシューズを守るために使います。

自分用には何も持っていないの(これでレインコートが入っていると凄いんですけどね)、もうヌレネズミ。

いいんです自分は。
服は洗えばいいんだし。
ラケットを濡らすくらいなら、自分が濡れます。

練習会は荒川を渡った向こう側。
雷雨の中、頑張って自転車をこいで帰りました。

いやー、本当によく濡れました。
ちょっと寒かったのですが、トレーナーとジャージを持っていっていたので防寒になりました。

家に着いても誰もいなかったので、とにかく外で服を脱ぎ、ビニール袋に入れて洗濯機へ。

洗濯物が干しっぱなしだったのですが、殆ど濡れてなかったのが幸いでした。
良かった~。

ビニール袋のおかげで、ラケットもシューズも無事でした。

めでたしめでたし。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 17:27 | コメントをどうぞ

動画のマナー

自分はよく動画を撮ります。
まあ、準備が悪くて(バッテリーやメモリ不足)撮れないこともシバシバありますが。

他の方は殆ど撮りません。
自分が「撮らせて欲しい」と言うと、じゃあ、自分も撮ろうかな、という方はいらっしゃいますが。
そういう方も、それきりです。

どうしてなんでしょう?

動画を撮って、自分の目で見た方がいろいろわかると思うのですが。

自分のスイング、自分の立ち位置、自分の返球等々。
で、「ああ、こんなスイングしてる」とか、「ここに返球してはだめでしょう」なんて反省もするのですが。

まあ、自分は本当にカンが悪く、運動神経もよくないので、頼れるものはすべて使わないと上達するには程遠いと思うので、使ってます。

もっと欲を言えば、動画を見て、コースの打ち分けができていないから、それを重点的に練習したい、等思います。
でも、そこまではなかなか~。

ついでに、もっともっと欲を言えば、その動画を見て、「この動きがこうだから、これをこうして~」なんて、指導を受けられたらとてもうれしいんですが。
これは無理ってもんですね。

動画を撮るときは、必ず相手に確認して許可をいただきます。
いつもの練習会では、もう、殆どの方がわかっているので、OKして下さいます。
(本心は嫌かもしれないけど)

でも、外の試合では殆どの方が嫌がりますね。

やっぱり嫌なものでしょうか。

先日も、お願いしたら断られまして、でも、その方が「言っていただいてありがたい」と。
どういうことか聞いたら、何も言わないで動画を撮る方がいるんですよ、っておっしゃってました。

それはダメですよね~。
それは相手の方だって気分悪いでしょう。

もう、ルールではなくてマナーの問題ですね。

テニスをやる以上、ルールだけではなくマナーも大切だとつくづく思いました。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 17:31 | コメントをどうぞ

スクールのコーチ

先日、むかーしお世話になっていたスクールでの知人と、当時のスクールについて思い出話をしました。

当時は、週1回のスクールに通うのが精一杯で、振り替えもなかなか取れなかったため、
ほとんど同じコーチに教えていただいていました。

そのコーチは本当に教え上手で、多分、今までに教えていただいた方の中ではぴか一!

それまでにいろいろスクールは通いましたが、
どのコーチもとても優しく教えてくださいました。

唯一例外だったのは、学生の頃、夏休みに帰省した折に単発で入ったスクールかな。

本当によく走らされました。
後で聞いたら、「とにかく走らせよう」と苦心されていたとのこと。
まだ自分も20歳前後でしたから、楽しかったです。

冒頭のスクールのコーチは、走らせることもそうですが、技術もいろいろ教えてくださいました。

自分は基本、フラットテニスなのですが、当時はかなりひどくて、深いボールを打とうとすると、ベースラインをアウトするどころか壁に激突させてしまう、
もう、本当にノーコンテニスだったのです。

そんな自分にスピンをやれと。

言われてもできない!
理屈は分かっても、できない…。

もう打ち方が体に染みついてますから。

家でも素振りをしたり、壁打ちをしたりするですが、やっぱりできない。
他の人がどんどんできるようになっていくのに、自分だけできない。

25年位前なので、今のように動画を撮ることもできない。
自分がどんなスイングをしているかわからないから、全然なおせない。

本当に辛かったです。
なさけなくて涙が出ちゃうくらい。

それでも何とか、本当に少~しずつなんとかできるようになって、
そうやってジタバタしている間に、ドンドン次のテーマに進んでいて。
周りの方は、ドンドンその新しいテーマについていけて。

自分は完全に落ちこぼれでした。
スクールに通っていて「辛い」と思ったのは、このコーチに教えていただいた時だけです。

でも上達したかったら、考えて、悩んで、自分でもガンガン練習しなければだめなんですよね。
(そんなことしなくても上達する方だっていますが、自分にはそんな能力がないことは十分わかってますから)

普通に「楽しいテニス」も大切でしょうが、自分にとって上達することは「一番楽しい」事なのです。

で、上達するためには、それなりにというよりも、かなり、自分自身が頑張らなければならないんです。

自分一人の力では、多分全然上達できないから、それを助けてくれるコーチに出会えたことは、とても幸せなことだと思っています。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 17:26 | コメントをどうぞ

自分のペースに乗るには?

日曜日の練習会で、動画を撮らせていただきました。
今回は女子ダブルスのみです。

自分がコートで打っている時は、相手の事なんて全然見てません。
動画で見直してみると、もう少し相手を見て動け~!って思ってしまいます。

後でストロークを打っている時も前でボレーに構えている時も、恐ろしくゆっくり動いているし。

コートにいる時は、相手の返球が速い~と慌てているんですが、動画で見ると、全然速くない!

うーん、これはどうしたらいいんでしょうね?

打った後の構えが遅い、相手をしっかり見ていない、ボールへの反応が遅い、その他エトセトラ。

何とかしなくては。

ダブルスではまだいいんですが、問題はシングルスなんですよ。

一人で戦わなけりゃなりませんものね。
「構えが遅い」なんて、もうお話になりになりません。

試合の経験値が低すぎるのかな~。

お世話になっている練習会の方だと、まあ、何とかなるんですが、初めての方との試合は本当に動きが悪いです。

それではいけない、ということは重々わかっているんですが、
初めての方だと、慌ててしまうのかしら?

でも、大抵、試合というのは「初めての方」が殆どなので、まずこの課題をクリアしなければ、一生勝てない!!ってことですね。
緊張しやすいタイプなのかな~。

自分のペースの乗れると、後は楽になるんですが、
その、乗るまでが大変。

うまく乗れないと、乗ろうと焦って自爆することが多いですね。

自分のリズムに乗れるまで、もう少し冷静に試合ができるといいな~。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 17:19 | コメントをどうぞ

シングルスをもっと経験したいです

週末の土曜日は、いつもお世話になっている練習会の参加者が少なく、尚且つ、コートが2面取れたということもあって、シングルスの試合ができました。
まあ、時間の関係もあって、4ゲームのみでしたけれど、それでもシングルスの練習ができるのはありがたいことです。

せっかくの機会なので、動画を撮らせていただいたのですが、なんと、これが撮れてない!!
もう、なんてこと!

ゲームの途中で、シャッターが閉まっているのに気が付いたので、「あ、撮れてない?」とは思ったのですが、
なんと、初めから撮れてませんでした。

ショック…。

もっと準備万端にしておけばいいのですが、
でも、一昨日は、バッテリーも万端、メモリーもまだ空きがあるのを確認していたのですが。

どうやら、メモリーを入れ間違えてしまったようです。

本当にバカ!!

ダブルスの試合は結構撮らせていただいているのですが、
シングルスなんて、本当にやれる時がないから、いつでも取れるように準備しとかなければ。

4ゲームのシングルスは3試合できたのですが、
初めの1試合、
出だしは相手のリズムに合わせてしまったので、1ゲーム落としたものの、その後は、ちょっと強引に攻めたので残りのゲームを取ることができました。

問題は、自分の攻め方だと思います。

大丈夫なトコロと無理なトコロの線引きが課題かな~。
そこををしっかり自分で見極められるようにしたいと思います。

そのためにも、もっと試合(練習試合も)を経験したいな~。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 17:12 | コメントをどうぞ

シングルスの戦い方

先日、あるスクールのシングルスの練習会に参加してきました。

練習会と言っても、試合をするだけなんですが、常連参加の知人から「目的を決めて参加するといいよ」とアドバイスをもらいました。

確かに普通の試合は、負けた時点で終わりなので、いろいろ試すことができませんものね。
大体、シングルスって殆ど練習できませんし。

せっかくいいアドバイスももらったので、自分なりに目的を決めて参加してしました。

が~、
試合をしているうちに、すっかり忘れてしまいました…。

なさけない~。
目標は「慌てて打ちこまない」「なるべく粘る」というものだったんですがね~。

試合が始まったら、そんなものどこへやら。

結局、いつもの通りガンガン打っていっちゃいました。

もっと落ち着けよ~!!

実は、今週の日曜日にシングルスの試合があって、そのためにこのスクールに参加してきたんですが、何の練習にもならなかった気がします。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 17:22 | コメントをどうぞ

作戦と技術

いつも参加している練習会で、ミックスの試合をしました。

相手は、若くて体格のいい男性と背が高くボレー大好きな女性です。

動画を撮らせていただきまして、何度か見直しました。

相手の男性のサービスはとにかく速くて重いんです。
いや、サービスだけじゃありません。

ストロークもスマッシュも、とにかく速い!

ボールのスピードも速いんですが、それ以前に振り抜きが早いので、こちらの反応が間に合いません。

で、リターンの時に、とにかく返球するんですが、返球で精一杯。
コースやスピードなんてもうどうにもなりません。

本当に、返球できただけでも上出来って感じなんです。

でもね~、返球できてもフワフワボールでは、相手にチャンスボールを上げているだけなんですよね~。
自分のリターンのなんて、100%打ちこまれてます。

うーん、
これではだめだめ!!

せめて、相手の前衛の上を通すとか、クロスに短く返球するとか、何とかできないものかな~。
コースがわかっていても、当てるだけで精一杯だからな~。

リターンの瞬間に、衝撃を吸収できればいいんですよね。
グリップを柔らかく握って。

でも、これって、失敗すると自分のパートナーへの危険球になっちゃうんですよね~。

ストロークの時も何度かこれをやって失敗して、逆襲されちゃっているからな~。

でも、これも練習しないとできないから、今度上手な方と組んでもらう時に練習させていただこうかな。

いくら作戦を立てたって、自分の技術がなければ、意味ないですもんね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 17:19 | コメントをどうぞ

練習試合の反省

今月の初め、某スクールで練習試合がありまして、参加してきました。

シングルスを全部で4試合。
初めての方との試合ばかりなので、いい勉強になりました。

1試合目は、じぶんがかなり緊張していたんだと思います。
足も動いていなかったし、雑なうち方が多かった気がします。

2試合目。
自分でもびっくりするくらいサービスが入りまして、しかも、センターに高確率。
サービスゲームを確実に取れたおかげで、いい流れの試合ができました。

ところが、3試合目。
どういうわけか、途端にサービスが入らなくなりました。
さっきの調子はどこに行ったの?

本当に戸惑うくらいのダブルフォルトの嵐。
1ゲームに3回もダブれば、そりゃあゲームは取れませんね。

勿論、自分も何とかしてサービスを入れようと試みるんですが、もう、全然入らないんです。

回転をかけようとしてもかからないし、じゃあ、もう仕方がないから「軽~く当てるだけ」なんてやっても入らない。
もうこうなったら、アンダーサービスしかないか?

な~んて思っていたら、入るようになりました。

でもそれが、もう殆どラストゲームのあたり。
結局、取り返すことができずに、負けてしまいました。

自分のサービスの不調さも敗因の一つですが、
もう一つ、大きな敗因は、
相手が途中で、作戦をしっかり変えてきたことにあります。

自分は攻めるタイプのテニスなので、相手の方は初めは戸惑っていたらしいのですが、
途中から、ただ当てるだけではなく、逆回転をかけたり、いろいろ工夫をして返球をし始めたのです。

自分はと言えば、
それを見抜けず、最初と同じようにガンガン打って、ミスを連発して負けてしまったんです。

本当に頭が悪い!!!

当たり前のことですが、
試合はずっと同じ調子で打てるわけではないので、自分からいろいろ変えることが本当に必要なんですよね~。

特に練習試合なんだから、もっと、自分でしかりテーマを持ってやるべきでした。

今度参加できるチャンスがあったら、「勝負」ではなくて、テーマを持って参加したいと思っています。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 17:28 | コメントをどうぞ

指導者って

休日は毎日テニス三昧でした。
が、日曜日の東京はとても暑くて、多分熱中症のはしりになったと思われます。

もう、ボーっとして、眠いというか、ダルイというか。

その後、もう一つ練習会があったので、いったん家で仮眠をとって行きました。
仮眠を取ったら元気になりましたが、体調がおかしいな?と思ったら、ちょっと気をつけなくちゃ。

昨日も元気に練習に行きましたが、
隣のコートで、初老をかなり超えた男性が、数人の初心者を相手にテニスを教えてました。

下は多分5歳くらいの子から成人の方まで。
全員ラケットを持つのも初めて、という感じでした。

隣のコートのこちらは試合をしていましたが、
初心者の方が打つボールですから、こちらに飛んでくる飛んでくる。

せめてもの救いはベースラインのあたりに飛んでくることくらいでしょうか。
あまりにも飛んでくるので、こちらの手の空いている人が、隣のコートのわきに立って飛んでくるボールを返球する始末です。

初心者なんだからコントロールなんてできないから、飛んでくるのは仕方ないです。

でもね、
指導している方は、何にも言わない!!
お礼も!
お詫びも!
一言も!

こちらとしては、正直ベースラインに飛んでくるボールが邪魔なので返球しているわけですが、
普通はせめて「すみません」位言いませんか?

途中から、子供たちが交代でボール拾いをするようになりました。
指導者が注意したのかもしれません。

でも、最後までお礼の一言も、お詫びの一言もありませんでした。

こんな人がテニスを教えるのか。
こんな人に教わって、この子たちはこれでいいって思っちゃうのか。

そう思ったら、情けなくなってしまいました。

自分は、テニスは礼儀とマナーが大事だと、学生の頃から言われてきました。

あの子たちが、正しく教えて下さる指導者に出会えますように。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 17:30 | コメントをどうぞ

ラグビーが面白そうです

一昨日、NHKの「グッと!スポーツ」を観ました。
ラグビーがテーマだったんですが、とても面白かったです。

自分はラグビーは全く知識がありません。
知っているルールは、せいぜい「ボールは前に出してはいけない」くらいでしょうか。

途中から見始めたのですが、これが面白くて、笑い転げてしまいました。

まず、目に飛び込んできたのが、動物の絵。
ゴリラやゾウ、サルに人間、チータやライオン。

どうやらそれらの動物が、チームのポジションに置き換えられているんです。
つまり、そのポジションを動物に例えると何になるか、ということを表していたんです。

それらを見ると、FWの部分はみんな重量級の体の大きな動物ばかり。
そして、後方BKは俊敏な動物が配置されています。

これが物凄くわかりやすくて。
ああー、ラグビーってこういうことなのねって、一目瞭然でした。

ルールを全然知らなくても、装甲車みたいな重量級が相手を阻んで、俊足がボールをゴールに運んでいくんだなってわかります。

それから、スクラム。

一体どう組んでいるのか、今までは全くわかりませんでしたが、
大学の選手に実際にスクラムを組んでもらい、下からカメラで写して、
&相葉君と井戸田さんが実際にスクラムを選手と一緒に組んで。
(この二人、気の毒な位、ものすご~く痛がっていました)

ああ、こうやって組んで、相手を押しているんだ~。
凄い迫力!!

もうあまりの凄さに、口を開けて観てるだけです。

テレビで見ているだけでも、ラグビーというスポーツの迫力がビシビシ伝わってきました。

でも、ラグビーって恐ろしいくらいの迫力だけじゃありません。

堀江選手が「練習やモテ方が凄い不公平なんですよ」って。

FWの方々は、ハードな練習をガンガンしているんですって。
それなのにBKは必死に練習している自分達(堀江選手)らを横目に、練習を終了するんですって。

そのうえ、女性のモテ方が全然違う!!

うーん、そうか…。

でも自分には、FWの方々はとっても魅力的に見えますけどね。

まあでも、もうすぐ還暦のおばば様にそんなこと言われても、全然うれしくないですよね~。

来週再放送があるので、今度はぜひ初めから見たいと思います。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 17:29 | コメントをどうぞ