カテゴリー別アーカイブ: ジャパンオープン

2017年 楽天ジャパンオープン 予選参加選手

少し気が早いですが、2017年の楽天ジャパンオープンの予選に出場する選手について、ATPの情報を基に書きたいと思います。まだワイルドカードで出場する選手が決まっていないので、今後更新することになるかと思いますが、とりあえず今の時点で決まっている選手について書きたいと思います。(選手のランキングは9月25日付のものです)

 

イリ・ヴェセリ (チェコ) *世界ランキング60位

左利きのビッグサーバーです。去年は本戦ストレートインで1回戦でアンダーソンに勝っています。ATPによると今年結婚したばかりの新婚さんで、ペットに小型犬を飼っているのだとか。

 

ドナルド・ヤング (アメリカ)  *世界ランキング61位

今年は全仏オープンのダブルスで準優勝してダブルスは大きく躍進しました。楽天ジャパンオープンは昨年に引き続き予選参加です。昨年は予選決勝で敗れましたがラッキールーザーで本戦入りし、初戦で錦織に敗れています。

 

ダニエル・メドべデフ (ロシア) *世界ランキング62位

2014年にプロ転向したばかりの21歳で、次世代のホープの一人です。得意なショットはリターン、趣味はプレーステーションだそうです。

 

フランシス・ティアフォー (アメリカ) *世界ランキング73位

先の全米オープンの1回戦でフェデラーとフルセットの試合をした選手です。一昨年プロ転向したばかりの19歳です。全米ベスト4の実績を持つロビー・ジネプリがコーチを務めています。

 

ヴァセック・ポスピショル (カナダ) *世界ランキング85位

ウィンブルドンのダブルスで優勝したことのある選手で、単複ともにプレーしています。今大会は昨年に引き続き予選に出場しています。昨年はシングルスは予選決勝で棄権負け、ダブルスは本戦1回戦で敗退しています。

 

ニコラス・キッカー (アルゼンチン) *世界ランキング93位

身長178cmと小柄な選手です。アルゼンチンの選手ですが得意なのはハードコートで、得意なショットはバックハンド(片手打ち)だそうです。今年の4月にキャリア初のトップ100入りを果たし、じわじわとランキングを上げている25歳です。今シーズンはカレーニョ ブスタやキリオスのようなビッグネームにも勝利しています。

 

テイラー・フリッツ (アメリカ) *世界ランキング94位

今年20歳になるアメリカ期待の新鋭です。昨年は本戦ストレートインでしたが、初戦でアルゼンチンのモナコに死闘の末に敗れました。

 

ピーター・ゴヨブチック (ドイツ)   *世界ランキング66位

錦織と同い年の28歳です。9月のモセールオープンでシモンやペールを破って優勝し、初のツアータイトルを獲得し自己最高の66位までランキングを上げています。得意なショットはバックのダウン・ザ・ラインとフォアのクロスとのこと。

 

ラドゥ・アルボット (モルドバ) *世界ランキング106位

モルドバ共和国はルーマニアとウクライナの間に位置しているとても小さな国で、世界ランキングを持つ男子プロテニスプレーヤーは彼を含めて2人しかいない国です。アルボットは錦織と同じく今年で28歳になる選手で、身長175cmと小柄な選手です。尊敬する選手はセバスチャン・グロージャンとマラト・サフィンとのこと。直近の中国の大会では棄権負けしているのが心配です。

 

ニコラス・ヤリ―(チリ) *世界ランキング114位

チリの選手はかつてはフェルナンド・ゴンザレスやニコラス・マスーといった選手がいましたが、今チリの選手で一番ランキングが高いのがこの選手です。まだ21歳の選手で、このところずっと自己ランキングを更新し続けており、114位は自己最高位です。

 

Tsitsipas Stefanos (ギリシャ) *世界ランキング117位

ギリシャのNo.1プレーヤーで、まだ19歳の選手です。ツアー本戦レベルはこれまで6試合しか経験がなく、まだ勝利はありません。117位は自己最高位です。

 

イゴール・ヘラシモフ (ベラルーシ) *世界ランキング125位

ベラルーシのNo.1プレーヤーです。得意なショットはサーブとフォアで自己最高位は121位です。

 

 

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: ジャパンオープン, 選手紹介 | 投稿者ステイバックダブルス 03:26 | コメントをどうぞ

2017年 楽天ジャパンオープン 予選エントリーリスト

デビスカップのシングルスは添田が本当に良く頑張ってくれましたね。ダブルスは厳しいですが、エース対決で杉田が決めてくれる目処が立ちました。

さて、以前楽天ジャパンオープン2017 出場選手の記事で紹介したTennis Forumというサイトに、今年の楽天ジャパンオープンの予選出場選手のエントリーリストがアップされています(こちらからどうぞ)。

予選の枠は16人で、既に13人の名前が挙がっています。このうちダニエル太郎はワイルドカードでの本選入りが決まったので実質12人の選手のエントリーが決まりました。ヴェセリ、ヤング、フリッツ、ポスピショルといった選手が出場してくれるようです。予選のシード順は本選と同じく9月25日付けのランキングで決まるようです。

楽天のエントリーが決まるとどうしても気になるのは同週開催の北京オープンです。北京オープンの予選エントリーリストはこちらです。こちらはドルゴポロフ、メイヤー、コリッチ、ティプサレビッチ、ベルッチ、ダーシスといった選手がエントリーしています。う~ん、やっぱり比べてみると北京の方が予選も少し豪華な気がしなくもないですが冷や汗 (顔)

皆さんの気になる選手はどちらにエントリーしていたでしょうか。

 

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: ジャパンオープン | 投稿者ステイバックダブルス 23:37 | コメントをどうぞ

楽天ジャパンオープン2017 出場選手

Mens Tennis Forumというサイトに今年の楽天オープンの出場選手リストが掲載されています。まだ公式サイトにもアップされていないのに、情報通な方がいるものです。こちらがそのリンクです。

ATPの大会の仕組みを詳しくは知らないのですが、この情報によるとエントリーの締切は8月21日だったようですね。9月25日付けのランキングでシード選手が決まるようです。

個人的にエントリーした選手で嬉しかったのはチリッチ、シモン、ロペスの3選手。ここ数年出場し続けてくれていますし、人気もある選手です。正直、選手のラインナップとしてはやや同週開催の北京オープンに見劣りする感があるので、こういった常連の人気選手の出場は有難い限りです。

まさかの欠場はディフェンディング・チャンピオンのキリオスで、なんと北京に行ってしまいました。日本好きはリップサービスだったみたいです涙 。昨年準優勝のゴフィンは義理堅く(?)今年も出てくれます。

意外なエントリーはトミックです。今年は「テニスに飽きた」発言が物議をかもしましたが、ウインブルドン以降は試合に出ておらず、現在のランキングは146位です。私は知らなかったのですが、Mens Tennis Forumのコメントによると、年末ランキング30位内の選手には、翌年のATP500レベルの大会の出場権が無条件で与えられる仕組みがあるそうです。したがって146位ですが本戦ダイレクトインが出来るそうです。来てくれるのは嬉しいですが、モチベーションの下がっている選手がわざわざアジアツアーを回るのだろうかちょっと疑問です。直前で欠場とかなければいいですが…。

日本人は錦織がいないのは残念ですが、杉田がダイレクトインを決めました。例年錦織以外はみんなワイルドカードだったので、これはとてもうれしいですね。恐らく今季一番杉田が注目される大会となるので、頑張って欲しいです。

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: ジャパンオープン | 投稿者ステイバックダブルス 05:38 | コメントをどうぞ