ウインブルドン男子ダブルス1回戦とミックスダブルス

昨日のウインブルドン男子ダブルス1回戦は概ね順当な結果でした。大きなシードダウンは一昨年のチャンピオンで第9シードのロジェ/テカウの敗退ぐらいでしょうか。第11シードのロペス/ロペスも初戦で敗れていますが、このペアはこのところ元気がなかったですし、フェリシアーノ・ロペスは前日のシングルスも棄権負けとコンディションが良くなかったようなので、こちらは仕方がない気がします。

 個人的に応援していたコーロフ/ミデルコフのペアはクボト/メロ組に4-6 0-6 3-6と完敗でした。さすがにクボト/メロは強いですね。これで今シーズンのグラスコートで9連勝です。

心配していたドディグ/グラノイェルスはエルリック/ヒューイ組に勝ちはしたもののフルセットの大苦戦でした。2セットアップした後タイブレーク2つとられてしまうあたりが、やはり調整不足ということなのでしょうか。次戦はベネト―/ポスピショルという二人ともグランドスラムのダブルスで優勝経験のある強敵なので心配です。

ドローを初めて見たときには全く気付かなかったのですが、昨年ワイルドカードでの出場でフェデラーと試合をしたことで注目されたマーカス・ウィリスがダブルスに出ています。シングルスは予選で負けてしまったようですが、昨年話題を作った功績が評価されたのかダブルスにはワイルドカードが与えられていて、ジェイ・クラークという18歳のイギリス選手とペアを組んでいます。1回戦はなんと2セットダウンからの逆転勝ちという劇的な勝利を収めました。大会側もワイルドカードを与えて大正解といったところでしょうか。2回戦の相手は先の全仏で準優勝のゴンサレス/ヤングと第2シードでディフェンディングチャンピオンのエルベール/マウの勝者ということで、どちらが勝っても強敵との対戦です。

さてここからは話題を変えてミックスダブルスについて書きたいと思います。というのも今大会のミックスダブルスはなかなか面白いペアが多いです。以下気になったペア挙げてみました。

マレー/ヒンギス

ドローを見たときにまず目に飛び込んでくるのが第1シードのこのペアです。マレーはもちろんお兄さんの方です。ヒンギスはミックスダブルスはずっとパエスと組んでいましたが、「昔強かった男より、今強い男」ということなのかジェイミー・マレーに鞍替えです。女子テニスレジェンド格の選手とイギリスNo.1のダブルスプレーヤーのペアということで、とても楽しみです。

ジモニッチ/アザレンカ

お母さんになって帰ってきたアザレンカがミックスダブルスにも出ています。試合数をこなしたくて出ているのかもしれませんが、シングルスもすでに3回戦に進出している中で体力的に大丈夫なのでしょうか。ミックスダブルス自体は以前同国のミルニーと組んでUSオープンで準優勝という実績があります。ペアを組むジモニッチは全仏とウィンブルドンで優勝の経験のある古豪ですが、全盛期の力はもうないのかな…というのが正直な印象です(それでも今シーズンはすでにツアータイトルを取っているところが流石ですが)。ちょっと意外な組み合わせのペアだったのでどんな結果になるのか注目です。

コンティネン/ワトソン

ジモニッチ/アザレンカと初戦で戦うのがこのペアです。多くの人が忘れているのではないかと思いますが昨年優勝ペアです。昨年のこの時期はコンティネンはまだ無名のダブルス選手でしたが、いまや押しも押されもせぬダブルスのNo.1プレーヤーです。残念ながらワトソンのダブルスランキング81位と低めなので(シングルスもプレーしているので仕方ありません)ペアとしてはシードがつかない今大会ですが、タイトルを守れるでしょうか。ミックスダブルスはベテランの出場が多い中で、数少ないキャピキャピしたペアです。

ドディグ/ミルザ

第4シードのペアです。昨年から組んでいて昨年の全仏、今年の全豪で準優勝しています。昨年のウインブルドンは2回戦(このペアにとっては初戦)敗退でした。今年もシードがついているので、1回戦はByeで2回戦からの出場です。まずはペアとして初のウィンブルドンマッチ勝利を挙げたいところです。ちなみにドディグは男子ダブルスで準優勝、ミルザは女子ダブルスで優勝の実績があります。

Raja/穂積絵莉

Rajaは同じインドのSharanとのペアで最近活躍している選手です。インドは常にダブルスで活躍する選手がでてきますね。穂積絵莉は日本人で今大会唯一ミックスダブルスに出ている選手のようです。穂積選手のフェイスブックによると初のミックスダブルスのエントリーとのことです。1回戦はゴンサレス/パラ サントンハと対戦します。もし勝つと第11シードのネスター/クレパーチ組と当たります。

訂正:日本人でミックスダブルスにエントリーしているのは他に綿貫/二宮ペアがいました。このペアが初戦を突破すると2回戦でドディグ/ミルザと当たります。

 

 

 

カテゴリー: 大会 | 投稿者ステイバックダブルス 02:20 | コメントをどうぞ

ウインブルドンのダブルス

復活してきたフェデラーやツアー初優勝を果たした杉田祐一など、シングルスが楽しみなウインブルドンですが、当ブログではこれまで通りダブルス中心に書いていきたいと思います。今回はウインブルドンで個人的に注目しているペアについて書きたいと思います。

ドディグ/グラノイェルス

今年応援しているこのダブルスですが、グラノイェルスは足、ドディグは背中のけがで前哨戦を満足に闘えていません(以前取り上げたグラノイェルス兄弟のダブルスはこのけがのため実現しませんでした)。準備不足感がいなめないので、今回は少し厳しいのではないかと思います。1回戦からエルリック/ヒューイというダブルス巧者のペアとの対戦です。

コーロフ/ミデルコフ

最近注目しているオランダペアです。ミデルコフがサーブ&ステイバックでプレーをします。二人とも50番台あたりで安定しているダブルス選手です。今年はシドニーの大会(250)で優勝、ロッテルダムの大会(500)で準優勝などが主な戦績です。二人とも細かいテクニックよりパワーで押していくタイプの印象を受けます。残念ながらグラスコートシーズンは前哨戦3大会全て初戦敗退とあまり調子が良くはないのですが、得意のハードコートシーズンに向けて少しでもはずみをつけたいところです。1回戦は優勝候補のクボト/メロと対戦します。

ボパンナ/ロジェ=バセラン

ロジェ=バセランは昨年ベネト―とのペアで準優勝しています。前哨戦もベネト―と組んでいましたが、本番はボパンナとのペアでした。ボパンナ/ロジェ=バセランは2013年にも組んでいて、そのときはウインブルドンでベスト4に進出しています。同年の楽天オープンではダブルスを制しました。今大会は第8シードで出場ですが、個人的にはクボト/メロ、マレー/ソアレスに次ぐ優勝候補のペアだと思っています。

マレー/ソアレス

ひとつ前の記事に書いたとおり、今シーズン最も芝で調子が良いのがこのペアです。今大会の第3シードですが、第1シードのコンティネン/ピアース、第2シードのエルベール/マウともに全仏からまりぱっとしないので、ここは大きなチャンスではないかと思います。個人的にはジェイミー・マレーにタイトルを取らせてあげたいです。

パビッチ/マラチ

今シーズン芝での勝ち数第3位のペアです。前哨戦2大会(いずれも250)で準優勝と好調ですが、直近の決勝は棄権負けなのが気になるところです。今大会は第16シードで出場していて順当なら3回戦でエルベール/マウと当たります。そこまではそれほど厳しい相手とは当たらないので、まずはきっちりシード順を守りたいところです。

カテゴリー: 大会 | 投稿者ステイバックダブルス 04:36 | コメントをどうぞ

今年の芝で強いダブルスは?

いよいよ週明けからウインブルドンが開幕します。芝は前哨戦の数が少ないので、前哨戦の結果からウインブルドンの優勝予想をしてみたいと思います。ウインブルドン前には3週グラスコート大会があるので、最大で3大会出ることができます。

まずはペアごとの戦績です。

1位・・・・マレー/ソアレス 8勝0敗   クボト/メロ    8勝0敗

3位・・・・ブライアン兄弟 7勝2敗

4位・・・・マラチ/パビッチ   6勝2敗

5位・・・・クラーセン/ラム 5勝2敗

マレー/ソアレスとクボト/メロはいずれも前哨戦2大会に出て、2大会とも優勝していて、今季芝では負けなしです。実力も勢いもあり、ウインブルドンの優勝候補の筆頭でしょう。ウインブルドンではマレー/ソアレスは第3シード、クボト/メロは第4シードです。ブライアン兄弟は前哨戦3週フル参戦しています。直近のエイゴン国際では優勝しました。他の2大会はそれぞれの大会で準優勝したペアに敗れています。ウインブルドンは第5シードです。マラチ/パビッチは出場2大会でいずれも準優勝していますが、直近のアンタラヤオープンの決勝は棄権しているのが気になります。ウインブルドンは第15シードです。クラーセン/ラムは2大会出場し、1大会で準優勝(クボト/メロに敗退)しています。ウインブルドンは第7シードです。

ペアでの成績は、複数の大会に同じ選手同士でペアを組めば必然的に良くなるので、個人での成績も出してみました。

1位・・・・マレー、ソアレス、クボト、メロ(8勝0敗)

2位・・・・ボブ・ブライアン、マイク・ブライアン(7勝2敗)

3位・・・・マラチ、パビッチ(6勝2敗)

4位・・・・クラーセン、ラム、ボパンナ(5勝2敗)、サ、マトコウスキ(5勝3敗)、

5位・・・・クレシ、リンドステッド(4勝2敗)、ダニエル、デモリナー(4勝3敗)

私の数え間違いでなければこんな感じです。結局あまり変わりませんね。5位のダニエル、デモリナーの4勝はエイゴン選手権の予選2勝を含めた4勝なので、少し他の選手と同一には並べられないかもしれません。

一応この前哨戦の結果から、ウインブルドンのダブルス優勝はクボト/メロorマレー/ソアレスと予想します。

 

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

 

カテゴリー: 大会 | 投稿者ステイバックダブルス 13:43 | コメントをどうぞ

トルコのNo.1とフェレール

今週開催されているトルコのアンタラヤオープンは、今年から新設された大会です。この大会のダブルスにAltuna/フェレールというダブルスがワイルドカードで出場しています。

Altunaは今週のダブルスランキング204位の選手で、これはトルコの選手の中では最も高いランキングです。新設の大会ということで、自国のダブルスのスペシャリストと元世界ランキング3位のスター選手にペアを組んでもらったというところでしょうか。

残念ながら1回戦でインドのペアに敗れて初戦突破はなりませんでしたが、これまでチャレンジャーが主戦場だったAltunaにとっては貴重なツアー大会での経験となったのではないかと思います。

 

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

 

カテゴリー: 大会 | 投稿者ステイバックダブルス 23:15 | コメントをどうぞ

16ペア中7ペアがグランドスラムタイトルホルダー

今週開幕のエイゴン選手権にはダブルスが16ペアエントリーしていますが、なんとこのうち7ペアがグランドスラムで優勝したことがあります。ドローの上から順にコンティネン/ピアース(全豪)、ブライアン兄弟(全グランドスラム)、ベネト―/ロジェ=バセラン(全仏)、ロペス/ロペス(全仏)、ハリソン/ビーナス(全仏)、マレー/ソアレス(全豪、全米)、エルベール/マウ(全米、全英)。

このうちロペス/ロペスとハリソン/ビーナスは1回戦で対戦となります。去年の全仏チャンピオンvs今年の全仏チャンピオンの対決です。

ペアの片方がグランドスラムタイトルを持っていることは多々ありますが、タイトルを取ったペアが揃って7ペアも出るのは珍しいのではないでしょうか。

 
↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: 大会 | 投稿者ステイバックダブルス 01:43 | コメントをどうぞ

世界ランク14位がチャレンジャーに出場

今週開催のフランス、リヨンのチャレンジャーにスペインのマルセル・グラノイェルスが単複でエントリーしています。ダブルスに関していえば世界ランク14位なので、本来はチャレンジャーに出る選手ではありません。

実は今大会でペアを組むのはヘラルド・グラノイェルスという、3つ年下の弟です。ヘラルドのダブルスランキングは417位で、最高位も144位と兄のマルセルとはかなり実績に差があります。普段はフューチャーズでプレーをしている選手なので、もし今大会で好成績を残せればランキングを大きく伸ばすことが期待できます。今回のエントリーは弟のランキングアップのために兄が一肌脱いだというところでしょうか。

グラノイェルス兄弟はワイルドカードの出場でシードはついていません。今大会は第1シードのLamasine/Nys組でもそれぞれ180位/108位の選手なので、はっきり言って強豪は不在です。上手くいけば優勝も狙えるのではないでしょうか。

 

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: 大会 | 投稿者ステイバックダブルス 04:03 | コメントをどうぞ

ガウディオについて思うこと

全仏オープンではレジェンドの部(すでに現役を引退した選手のダブルスでのエキシビションマッチ)が行われています。男子45歳以下の部にはコレチャ/ガウディオというペアがエントリーしています。御存知の方も多いと思いますが、ガウディオは2004年の全仏オープン男子シングルスのチャンピオンです。今回はダブルスを離れて、この2004年の男子シングルス決勝戦のことについて書きたいと思います。

2004年の男子シングルス決勝はガウディオvsコリアというアルゼンチン人同士の試合となりました。ガウディオはノーシードからの快進撃での決勝進出でした。当時から決して無名の選手ではありませんでしたが、誰も予想しなかった決勝進出でした。一方コリアはこの大会の第3シードで優勝の大本命でした。決勝までの失セットはわずか1セットと絶好調で、本人も「試合ではなくトーナメントに勝ちに来た」とコメントするほど、この大会に標準を合わせてきていました。

しかし、この試合はコリアからみて6-0 6-3 4-6 1-6 6-8という大逆転負けで幕を閉じます。序盤は圧倒的に主導権を握っていたコリアが、第3セットの中盤から脚に痙攣を起こしたためです。コリアは第4セットを痛み止めの効き目が出てくるまでの時間稼ぎに使い、第5セットで勝負をかけるという戦術をとりました。実際にその作戦は痙攣を起こしている中ではベストな手立てだったのだと思います。サーブが満足に打てないコリアのプレーは見ていて痛々しく、第4セット以降は観客は完全にコリアの味方でした。第5セットで2本のマッチポイントがありながら取りきれなかったという結果も、この試合のコリアの悲劇性を際立てました。ガウディオの勝利というよりもコリアの敗北として、この決勝戦は語られることが多いのではないかと思います。

私自身もこの試合はコリアの敗北としてみていて、ガウディオの勝利をそれほど評価していませんでした。しかし、最近になってこの試合はガウディオが勝つべくして勝ったのではないかと思うのです。グランドスラムの決勝という誰もが好ゲームを期待するなかで第1セットを0-6で落とすというのは非常に惨めな思いだったと思います。ここでガウディオの集中力が切れてしまっていたら、コリアが痙攣を起こすより早く試合が終わっていたかもしれません。コリアが痙攣を起こしたのは確かに運が良かったですが、その運を呼び寄せたのはガウディオの踏ん張りだったのではないかと思います。第4セット以降もガウディオはやり辛かったはずです。明らかに万全でない相手と戦うというのは、こちらもペースがつかみ辛いからです。最初から最後までやり辛いことだらけの試合の中で、集中を切らさず自分のプレーをできたメンタルは優勝に値するのではないでしょうか。

余談ですが、ガウディオ以降に全仏で優勝した選手はナダル、フェデラー、ワウリンカ、ジョコビッチの4人しかいません。みんな全仏以外のグランドスラムでも優勝経験がる選手ばかりです。最近のテニスはオールサーフェースに強い選手ばかりになってしまいました。一方、ガウディオは全仏以外のグランドスラムでは3回戦が最高という偏った戦績の選手です。たまにはこういう選手に大会をかき乱して欲しいなぁと思ってしまいます。

【関連動画】

2004年 全仏オープン男子シングルス決勝 G.ガウディオ vs  G.コリア


↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

 

カテゴリー: 動画紹介, 大会 | 投稿者ステイバックダブルス 12:05 | コメントをどうぞ

全仏男子ダブルス準々決勝

ハリソン/ビーナス 6-2  3-6  6-3    ドディグ/グラノイェルス

マッチサマリーはこちら。大本命と予想したドディグ/グラノイェルスですが、準々決勝敗退となりました。ハリソン/ビーナスの思い切ったショットが随所できまる一方、ドディグのボレーミスが多かったのが痛かったと思います。鍵となったのは第3セット2-2のハリソンのサーブで0-40のチャンスがありながらブレークできなかったところでしょう。逆に次のグラノイェルスのサーブをブレークされ、結局その1ブレーク差を取り戻すことができませんでした。

勝ったハリソン/ビーナスは準決勝でカバル/ファラを破り、決勝に進出しました。決勝の相手はヤング/ゴンサレスで、ノーシード同士の決勝となり、どちらが勝ってもグランドスラム初タイトルです。

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: 大会 | 投稿者ステイバックダブルス 17:14 | コメントをどうぞ

さよならモンタニェス

全仏を離れて、少し前に起こったことについて書きたいと思います。当ブログで4月4日に「モンタニェス、始動!!」という記事を書きましたが、なんとそれから1ヶ月と経たないバルセロナオープンでモンタニェスは引退を表明してしまいました。全然始動じゃなかった(笑)。引退の記事はこちら。1回戦でガルシア=ロペスに勝利し、2回戦でフェリシアーノ・ロペスに敗れました。こういう癖のある選手が引退してしまうのは、やはりさみしいものですね。

 

さて、話を現在の話に戻すと、今週はチェコとイギリスでチャレンジャー大会が開催されます。グランドスラム2週目と重なっていることもあり、出場選手は比較的豪華です。

チェコはレッドクレーの大会でクーリザン、ヴェセリ、グルビス、ロブレド、バラシビリ(全仏でナダルにトリプルベーグルで負けそうになったことで話題になった選手です)などがエントリーしています。ダブルスにはマレーロ/パエスという、全仏で対戦した選手同士で組んだ珍しいペアが第1シードで出場です。

イギリスのチャレンジャーは一足早くグラスコートの試合です。第1シードが地元のエバンス、第2シードがバグタティス、第6シードが日本の杉田祐一となっています。

全仏男子ダブルスは準々決勝の半分が終わり、カバル/ファラとゴンサレス/ヤングがそれぞれ準決勝に進みました。

カバル/ファラはペアとして初のグランドスラムベスト4です。長年組んでいる割に大舞台での活躍に乏しい印象がありましたが、見事にここまで勝ち上がってきました。

一方、ゴンサレス/ヤングは大逆転でマレー/ソアレスを破りました。第2セットでマレー/ソアレスにサービング・フォー・ザ・マッチがあったのですが、ここでマレーとソアレスがまさかのお見合いによる失点をしてしまい、ここから流れが変わった印象です。第3セットは拮抗した内容でしたが、タイブレークでゴンサレスの思い切ったリターンが決まり、そのワンチャンスをものにしました。ゴンサレスにとってもヤングにとってもこれがグランドスラム初のベスト4です。

残りはドディグ/グラノイェルスvsハリソン/ビーナス、Dutra Silva/ロレンツィ vs ベルダスコ/ジモニッチの試合です。

ソアレス/マレーが敗退したことで、ドディグ/グラノイェルスは最もシードの高いペアになりました。過去の実績も含めて優勝候補の筆頭でしょう。ハリソン/ビーナスは前哨戦のエストリルオープンで準優勝するなど勢いがありますが、この試合は地力の差が出るような気がします。

ベルダスコ/ジモニッチは、私が勝ちあがってくると予想していたグロス/リンドステッドを一蹴して勝ちあがりました。ジモニッチはこの準々決勝に勝てば3年ぶりのグランドスラムベスト4ということで次も勝たせてあげたい気がします。Dutra Silva/ロレンツィは1回戦は相手の棄権で、2,3回戦はいずれもノーシードの相手というラッキードローを活かしてここまできました。このペアの2回戦を見ましたが、二人ともストロークをベースにしたプレーでそれほどダブルスに慣れている印象はありません。面白いペアですが、ベルダスコ/ジモニッチを下せるポテンシャルは無いのではないかと思います。

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: 大会 | 投稿者ステイバックダブルス 03:37 | コメントをどうぞ

全仏男子ダブルス3回戦

カバル/ファラ 6-7(3)  7-6(3)  6-4 マレーロ/ロブレド

マッチサマリーはこちら。事前に気付かなかったのですが、このペアは前哨戦のマスターズ1000マドリードでも対戦があり、そのときはストレートでカバル/ファラが勝っています。今回はそのときに比べると接戦でしたが、最後は地力に勝るカバル/ファラが勝りました。カバル/ファラは長期に組んでいますが、ペアとしては初の全仏ダブルスベスト8となりました(個人ではカバルは2度目、ファラは初)。

マレーロ/ロブレドはここまで相手の2ndサービスでポイントが取れていましたが、この試合では自分たちの2ndサービスを攻められてしまったようです。

ドディグ/グラノイェルス 6-3  5-7  6-3  ロジェ/テカウ

マッチサマリーはこちら。ドディグ/グラノイェルス組は第2セットも先にブレークしたところからセットオールに持ち込まれるという嫌な展開でしたが、3rdセットはきっちりワンブレークを守ることができました。あと少し試合が長引いたら雨天順延となるところだったので、日内で試合を終わらせることができたのも良かったです。

順々決勝ではハリソン/ビーナス組とRaja/Sharan組の勝者と対戦です。4人の中でグランドスラムのダブルスベスト4以上に進出したことのある選手はいません。どちらが勝ってきても地力ではドディグ/グラノイェルスの方が上でしょう。

 

今日でベスト8が出そろいます。少し気が早いですが、順々決勝のカードを確認したいと思います。

カバル/ファラ vs  ゼバロス/ペラルタ

ドディグ/グラノイェルス vs ハリソン/ビーナスとRaja/Sharanの勝者

③Dutra Silva/ロレンツィ vs ベルダスコ/ジモニッチとグロス/リンドステッドの勝者

④ゴンサレス/ヤング vs マレー/ソアレスクエバス/ボパンナの勝者

赤字にしたのはグランドスラムのダブルス決勝の経験のある選手です。こうしてみると順々決勝は実力者vsダークホースという構図になりそうです。

トップハーフはランキング的にも実績的にもドディグ/グラノイェルスが頭一つ抜けている印象です。読めないのはボトムハーフです。ランキング的にはマレー/ソアレスですが、個人的にはグロス/リンドステッドが来そうな気がします。今シーズンはそれほど良い戦績ではない2人ですが、2回戦ではブライアン兄弟を下して勝ち上がっています。グロスはサービスの世界最速記録の持ち主ですし、リンドステッドも193cmの長身でこちらもサービスが強力です。いくらクレーコートとはいえ、この二人のサービスがまともに入ってくるとなかなか太刀打ちできないのではないかと思います。

 
↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: 大会 | 投稿者ステイバックダブルス 12:08 | コメントをどうぞ