全仏男子ダブルス2回戦

マレーロ/ロブレド 7-6(3)  6-2 リプスキー/パエス

マッチサマリーはこちら。1回戦同様、マレーロ/ロブレド組はしっかり相手のセカンドサーブでポイントを重ねたようです。次の相手は第16シードのカバル/ファラですが、勢いがあれば押し切れそうな気がします。もし3回戦を突破したらマレーロにとってもロブレドにとってもキャリア2度目の全仏ダブルスでのベスト8です。

ドディグ/グラノイェルス 6-1 6-2 Jaziri/セッピ

マッチサマリーはこちら。2回戦でメロ/クボト組、ブライアン兄弟が敗れたことで、ドディグ/グラノイェルス組は残ったペアの中で2番目にシードの高いペアとなり、かなりチャンスが広がりました。順当にいけば決勝で当たるマレー/ソアレス組が唯一の格上なのですが、今大会については恐らく次に対戦するロジェ/テカウ組の方が手強く、最大の山なのではないかと思います。ロジェ/テカウ組は1回戦、2回戦とも(2回戦はかなり相手が格下でしたが)非常にスムーズに勝ち上がっています。ロジェはミックスダブルスでも勝っていますから、状態はいいのではないかと思います。ドディグ/グラノイェルス組の2回戦は完勝と言っていいスコアですが、マッチサマリーを見ると少し1stサーブの確率が低いのが気になります。特にロジェはステイバックする選手が相手の時には2ndサーブで積極的にリターンダッシュをするので、出来ればしっかり1stサービスの確率を上げてロジェをベースラインに押しとどめたいところです。

 

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: 大会 | 投稿者ステイバックダブルス 09:02 | コメントをどうぞ

全仏ダブルス1回戦 ドディグ組勝利 メルゲア組は敗退

ドディグ/グラノイェルス組 6-4 6-4   ダニエル/デモリナー

マッチサマリーはこちら。相手にはブレークポイントを与えず、こちらは各セット1ブレークしての勝利で手堅く勝った 印象です。次戦はJaziri/セッピ組との対戦です。セッピは強敵ですが、ダブルスならしっかり勝ちたい相手です。

ベルダスコ/ジモニッチ組 6-3 7-6(2)  メルゲア/クレシ

マッチサマリーはこちら。1stサーブの確率があまり良くないメルゲア/クレシに対し、ベルダスコ/ジモニッチは2ndサーブでもよくポイントが取れています。ブレークの数は一つしか違わないのですが、サービスゲームの安定感の差が感じられるマッチサマリーです。ベルダスコはシングルスでもズべレフを破るなど好調ですね。メルゲア/クレシはクレシのサービスが活きるグラスコートシーズンに期待したいです。

今大会は1回戦で第1シードのコンティネン/ピアース、第2シードのエルベール/マウ、ディフェンディングチャンピオンのロぺス/ロペスの3組がすべて敗退するという波乱の幕開けとなりました。特にロペス/ロペスはスコアもあっさりとしていて、ちょっと心配になってしまいます。

 

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: 動画紹介 | 投稿者ステイバックダブルス 22:11 | コメントをどうぞ

全仏男子ダブルス1回戦 マレーロ組勝利

マレーロ/ロブレド 7-6(3)  6-3 コンティネン/ピアース

男子ダブルス1回戦でマレーロ/ロブレドが勝ちました。正直、前哨戦では上位ランクの選手に勝てていなかったので、この結果は嬉しい驚きでした。マッチサマリーはこちら。コンティネン/ピアース組は1stサービスの入りが悪かったようです。そこをマレーロ組がきっちりついて2ndサービスのときにポイントを重ねることができたということなのでしょう。次戦はリプスキー/パエス組vsアルボット/チャン組の勝者です。順当ならリプスキー/パエスが来そうです。

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: 大会 | 投稿者ステイバックダブルス 02:51 | コメントをどうぞ

全仏オープンダブルス

いよいよ全仏オープンダブルスのドローが発表になりました。ドローのトップハーフから順に気になったペアのことについて書きたいと思います。

マレーロ/ロブレド組

 シーズン初頭はゴンサレスと組んでいたマレーロですが、ここ3大会はロブレドと組んでいます。ゴンサレスに比べるとロブレドはパワーのある選手ですし、マレーロとの相性はよさそうです。出場した3大会の内、2つは初戦で強豪と当たってしまい敗れていますが、エストリルオープンでは準優勝を果たしました。

全仏の1回戦の相手は第1シードのコンティネン/ピアースです。正直かなり厳しいと思いますが、いい試合を期待したいです。

ドディグ/グラノイェルス組

 モンテカルロ、マドリードでベスト8、ローマで準優勝と直近のクレーのマスターズ1000では安定した成績を収めてきています。全仏は二人とも決勝の経験がありますし、優勝候補の一角だと思います。ドディグは今回シングルスのエントリーなし。グラノイェルスも1回戦がジョコビッチなので恐らく初戦で終了と思われる(失礼だけど…)ので、ダブルスに注力できるのではないでしょうか。第7シードなので当然と言えば当然ですが、3回戦のロジェ/テカウ組(11シード)まで強豪らしい強豪とは当たらないドローになっています。まずはそこまで順調に勝ちたいところです。

メルゲア/クレシ組

バルセロナオープンで優勝したペアです。ペアを組んで全仏で7大会目ですが、現時点でチームランキング12位といい位置にいますし、おそらく今シーズンはこのペアで組み続けるのではないでしょうか。

全仏は第13シードですが、1回戦でベルダスコ/ジモニッチという、恐らく今大会最強のノーシードペアと当たってしまいます。仮にここを突破しても3回戦ではブライアン兄弟と当たってしまうかなりタフなドローです。
↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: 大会 | 投稿者ステイバックダブルス 00:25 | コメントをどうぞ

フェレロがバルセロナオープンのダブルスに出場

ダブルスでサーブ&ボレーをしない選手は基本的にストローカーでクレーコートが得意な選手が多いです。全仏オープンまではポイントと賞金の稼ぎ時です。今回は来週から開幕するバルセロナオープンのダブルスについて書きたいと思います。

ボパンナ/クエバス組

今週開催のモンテカルロのマスターズで決勝に進出しているペアです。クエバスがサーブ&ステイバックでプレーします。1回戦でいきなり第1シードのコンティネン/ピアースと対戦です。今週のモンテカルロの3回戦でも対戦していますが、マッチタイブレーク13-11の接戦でボパンナ/クエバス組が勝利しています。

メルゲア/クレシ組

今シーズンはイングロットと組んでいたメルゲアですが、先週のハッサン2世グランプリ、今週のモンテカルロと2大会続けてクレシと組んでおり、今回もクレシと組んでのエントリーです。(ハッサン2世グランプリではイングロットも別の選手と組んで出場していたので、メルゲア/イングロットのペアは恐らく解散したのでしょう。)モンテカルロでは1回戦でダブルスとはいえチリッチを破っており、調子はまずまずといったところでしょう。今大会はノーシードですが、1回戦は予選上がりのペアなので初戦は突破したいところです。

フェリシアーノ・ロペス/マルク・ロペス

このところあまりパッとしなかったこのペアですが、モンテカルロでは決勝に進出してきました。クレーシーズンで復活してくるところはさすが昨年の全仏優勝ペアです。地元の大会ですし、当然優勝を狙ってくるでしょう。1回戦はクボット/ミーシャ・ズべレフと対戦です。

ドディグ/グラノイェルス組

シングルスはともかくダブルスでは一時の不調を乗り越えた感じのこのペアです。グラノィエルスにとっては自国開催の大会ですし、欲しいタイトルなのは間違いないでしょう。1回戦はゴフィン/エルベールという変わったペアと対戦です。

カレーノブスタ/フェレロ組

今回最も個人的に注目しているのがこのペアです。引退して今は自分のアカデミーの運営に専念しているフェレロがワイルドカードで出場です。正直現役のときからダブルスの強い選手という印象は全くないですが、やはり久しぶりのツアーでのプレーは気になります。パートナーのカレーノブスタは昨年の全米オープンダブルスで準優勝している選手です。相手はマトコウスキ/ネスターというベテラン強豪ペアですので、いかにパートナーが強いとはいえ、勝つのはかなり厳しいですが、いいプレーが見たいです。

 

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: 大会 | 投稿者ステイバックダブルス 15:39 | コメントをどうぞ

モンタニェス、始動!!

ダブルスについて書くこと多い当ブログですが、今回はシングルスの選手について書きたいと思います。

4月3日からフランスで開催されるチャレンジャーにスペインのベテランのアルベルト・モンタニェス(Albert Montanes)がエントリーしています。

モンタニェスは1980年生まれで、今年37歳になります(フェデラーの一つ上)。世界ランキング最高位は22位を記録した選手です。現在はランキングが大きく落ちてしまい、チャレンジャーとツアーの予選が主戦場になっていますが、まだまだ頑張っています。典型的なクレーコーターで、ベースライン後方に下がってのロングラリーが持ち味です。

特徴的なのが出場する大会の選び方。昨年は22大会プレーしていますがそのうち19大会がクレーコートでした(試合数では46試合中42試合がクレーコート)。今年は2月から始動して3大会ハードコートの大会に出ましたが戦績は1勝3敗と振るいませんでした。そのためか3月は一切試合に出場せず、得意のクレーコートシーズンが始まる4月を待って再始動したようです。37歳でもプレーできるのはこういった、思い切った大会の選び方が一つの要因なのかもしれません。

今回のフランスのチャレンジャーの1回戦の相手はナポリターノという、その名の通りのイタリアの選手で、21歳の若手です。モンタニェスは15歳の年齢差を跳ね返して、得意のクレーコートシーズンで良いスタートができるでしょうか。

最後に現時点で彼が最後にツアータイトルを獲得したニースオープンの動画のリンクを貼ります。御時間ある方は見て下さい。

【YouTube】2013年 ニースオープン決勝 モンタニェス vs モンフィス ハイライト

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: 動画紹介 | 投稿者ステイバックダブルス 00:05 | コメントをどうぞ

ワイルドカードで1年半ぶりのシングルス

明日開幕のメキシコのチャレンジャーのシングルスにサンチャンゴ・ゴンサレスという選手がワイルドカードで出場しています。ゴンサレスは現在ダブルスランキング66位で、メキシコの選手としては単複を通じて唯一トップ100にいる選手です。普段はダブルスに特化してプレーをしている選手で、今回のワイルドカードでのシングルスは2015年9月以来の約1年半ぶりの試合となります。ちなみにシングルスの過去最高位は2006年に記録した155位です。今さらシングルスの復帰を目指したとは考えにくいので、これは大会側から依頼されての出場なのではないかと思います。1回戦は第8シードのガバシビリとの30代対決(ゴンサレス34歳、ガバシビリ31歳)です。地元の声援を武器に1年半ぶりの勝利となるか、注目です。

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: 大会 | 投稿者ステイバックダブルス 21:33 | コメントをどうぞ

ヤノビッチvsコリア

マスターズ1000マイアミの裏ではメキシコでチャレンジャー大会が開催されています。この大会の2回戦ではヤノビッチvsコリアのカードがありました。

ポーランドのヤノビッチは元世界ランク14位の選手。2012年のマスターズ1000パリ大会でシモン、マレーらの強豪を次々と撃破して準優勝したことで注目を集めました。

アルゼンチンのフェデリコ・コリアは以前「ダニエル太郎vsコリア」の記事で取り上げた通り、元世界ランク3位のギジェルモ・コリアの弟です。最近フューチャーズのレベルからチャレンジャーに移行してきた選手で、少しずつランクを上げてきています。

この二人の試合のハイライトがこちらです。やはりツアーレベルを経験している選手とついこの間までフューチャーズにいた選手とではかなり実力差があるのがわかります。特にコリアのサーブの強化は急務でしょう。まずはチャレンジャーでコンスタントに活躍できるようになってほしいです。

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします。

プロテニスランキング

カテゴリー: 動画紹介 | 投稿者ステイバックダブルス 03:24 | コメントをどうぞ

ハースの試合をイグアナが観戦?

ATPのサイトで話題になっているのですでにご存じの方もいるかと思いますが、マスターズ1000マイアミの1回戦、ヴェセリvsハースの試合中にイグアナが突然現れて試合が中断するという珍事が起こりました。

ATPの記事によるとファイナルセット3-3のハースのサービスゲームの時に突然イグアナがスコアボードの上に表れたとのこと。追い払おうとしてもなかなか逃げず、試合は一時中断に。今シーズン限りでの引退を表明しているハースは、このハプニングを楽しんでいたようで、イグアナと一緒に写真を撮っていました。イグアナが追い出された後、ハースはこの試合に敗れてしまうのですが、引退シーズンに忘れがたい思い出が一つできたのではないでしょうか。

以下がYouTubeにアップされていた動画です。

Iguana Runs On Court, Halts Match At The Miami Open

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


プロテニスランキング

カテゴリー: 動画紹介 | 投稿者ステイバックダブルス 00:18 | コメントをどうぞ

マイアミのステイバックダブルス

イワン・ドディグ/マルセル・グラノイェルス組

全豪でベスト8、ロッテルダムで優勝と幸先の良いスタートをきったにも関わらず、ここ2週はいずれも初戦敗退と不調のペアです。しかも先週はシングルスでもどちらも1勝もできず、とどめにドディグは今回のマイアミのシングルスの予選も初戦で敗退しています。初戦の相手はラモス-ビノラス/ベルダスコでどちらも左利きの選手です。ラモス-ビノラスはそれほどダブルスに力を入れている選手ではないですが、ベルダスコはダブルスも実績のある選手です。ドディグ/グラノイェルス組はなんとかこの不調スパイラルを脱するためにもなんとか1勝を挙げたいところです。

オリバー・マラチ/マテ・パビッチ組

マラチは今シーズンはマーティンと組むのかと思っていましたが、マーティンは今回は別の選手(ポーランドのマトコウスキ)と組んでいるのでどうやら解散のようです。パビッチはクロアチアの若手でダブルスランキングは36位の選手です。初戦の相手はベイカー/ネスター組です。ベイカーはこのところ活躍している選手で、今年のメンフィスオープンのダブルスで優勝し、現在キャリア最高の44位に位置しています。ネスターは44歳の大ベテランで全てのグランドスラムタイトルを持っている現役のレジェンドと言っていい選手でしょう。ネスターは今シーズンはロジェヴァセランと組んでいるので、ベイカーとのペアは急造のコンビなのだと思います。お互い新規のコンビというところで難しいところですが、地力のあるネスターがいるペアの方がやや有利な気がします。

ドミニク・イングロット/フロリン・メルゲア

イングロットが復帰してきたことでこのペアが復活しました。初戦は第2シードのエルベール/マウ組です。このペアは全豪オープン3回戦で対戦しており、イングロット/メルゲア組が第2セットでマッチポイントがあったにも関わらず逆転で敗れています。まだ正式には決まっていませんが、この後のデビスカップでジェイミー・マレー/イングロットのペアとエルベール/マウの対戦になる可能性があり、その意味でもイングロットは負けたくないでしょう。エルベール/マウはエルベールの調子(とくにサーブ)が思わしくない状態が続いています。今回はイングロット/メルゲアにかなりチャンスがあるのではないでしょうか。

 

↓人気のブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


プロテニスランキング

カテゴリー: 大会 | 投稿者ステイバックダブルス 21:16 | コメントをどうぞ