キャリア教育

少し前の話になりますが…
昨年に引き続き、埼玉の富士見市立関沢小学校にてキャリア教育の授業をしてきました。

小学校6年生に対して仕事の話をする授業。
今はテニスのコーチですがテニスの選手がどのように成り立っているのかを短い時間で話させていただきました。

1C78837C-0121-4963-96B6-45E1EABBF4FA

C600D78E-08C7-4F03-BED4-5DB26B928FA2

このような機会をいただけるのは大変嬉しいこと。

今や錦織圭、大坂なおみと世界に通用するスポーツとなったテニス。
もっともっとテニスが身近に感じて欲しいですし、もっともっとメジャーになって欲しいです。
なによりも子供達には夢を持って生きて欲しい、そんな事を思いました。

貴重な経験をさせついただき感謝しています!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 17:00 | コメントは受け付けていません。

イギリスから来日中の方のレッスン

この2週間、縁がありイギリス人のレッスンをさせていただきました。
仕事で日本に数ヶ月滞在。
その休みの間にテニスをしたいとの事。
かなりテニスは上手い、そして日本語はほとんど話せない。
即答でやらせてくださいということになり、その後気に入っていただいたのか、週二回ペースでレッスンさせていただきました。

週末はロンドンのテニスクラブで若手と試合をしているというJulian さんは私と同世代。
レッスン後に私のつたない英語でいろいろな話をして親睦を深めてきました。

F69A5B18-8FA9-4C00-9B72-71E3728668AF

お仕事は映画やテレビ番組のディレクター。
日本でドラマの撮影をしていたようです。
奥様はセルビア人の女優さんでかなり有名らしいです。
セルビアのプロ選手達との親交もあり、ウィンブルドンは毎年招待されて見に行ってるらしいです。

羨ましいですね!

また日本に来た時はテニスしたいとの事。
テニスを通しての出会いが世界に広がりとても嬉しいです!

また素敵な出会いがありますように!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 13:23 | コメントは受け付けていません。

デビスカップはクロアチアが優勝!

しれっと行われていたデビスカップ決勝はクロアチアとフランスの間で行われました。
来年から新方式になるため現在の方式では最後の決勝となりました。

クロアチアは大エースのチリッチ、そして今シーズン好調のチョリッチ。
この2人でシングルスのポイントはかなりの確率で取る計算が出来ます。

対するフランスはシングルスの選手が不確定。
モンフィスはデビスカップとは距離を置いてますし、ガスクェは不調。
ツォンガも怪我明け…
となるとプイユ、ペール、シャルディあたりかなと思っていました。
でもこれらの選手だとやや心細い感は否めないです。

ダブルスにはマウ、エルベールがいますからかなりの確率でポイントを計算出来ます。
やはりシングルスをどの選手で戦うのかが鍵となりました。

そこでフランスはなんとツォンガをシングルスに…
これには正直びっくりでした。
今シーズンあまり出ていない選手を出すとはノア監督も思い切った選択をしたものだと思いました。

案の定、ツォンガはチリッチに敗退。
その前にシャルディはチョリッチに敗退。
初日の時点でクロアチアの勝ちは決まったようなものでした。

ダブルスはフランスが取りましたが、最終日はプイユが出ましたがチリッチには及ばずでした。

来年からは新しい方式になるデビスカップ。
ATPカップという新しい試合とレーバーカップなどとの兼ね合いが果たしてどうなるのか?
トップ選手が出て盛り上がることを祈りたいです!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 09:32 | コメントは受け付けていません。

錦織圭、ティエムに敗退、そして準決勝進出ならず…

期待していたティエム戦。
錦織圭はセカンドセットは健闘しましたが一歩及ばず敗退でした。
う〜ん、悔しい悔しい…

フェデラーに勝った時は私自身も大喜びだったのですが、思い出すとこの試合は本調子ではなかったのですね。
そう、フェデラーも本調子ではない…
二試合目での調整がうまくいかなかった錦織はその後も持ち直す事が出来ませんでした。

錦織対策として、ストローク抜群の錦織に対して同じようにストロークで打ち合うのはなかなか勝ち目がない。
みな何か一捻りふたひねりしてきます。
フェデラーはそれをハードヒットで、アンダーソンはビッグサービスで応戦してきました。
そして今日のティエムはいつもよりもっともっと深い球を打っていました。
早い段階での切り返しがなかなかうまくいかない…
ずっとストロークの感覚がずれたままなのでどうしてもリズムが作れない…
そうなると余計にサービスに力が入りファーストサービスの確率が上がらない…
どうにもこうにもうまくいかない感じでした。

ボールやコートに合わなかったというのもあるかもしれませんね…

ただ今シーズンのスタートを考えれば上出来でしょう。
怪我から復帰のスタートがチャレンジャー。
USオープン以降は優勝こそありませんでしたが安定した戦いぶりでした。
もしかしたら体力的なことよりも精神的な疲労がたまっていたのでしょうか?

今シーズンは終わりました。
しっかりと休養して来シーズンこそツアー優勝、マスターズ優勝、グランドスラム優勝を達成して欲しいです!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 20:22 | コメントは受け付けていません。

錦織圭、アンダーソンに敗退…

ずっと連敗していたフェデラーにツアーファイナルという大舞台で勝利していた錦織圭。
相手は先週に勝利しているアンダーソン。
当然期待も高く、私自身も勝利を信じていました。

ところがところが…
試合は一方的な展開に…
やはりアンダーソンのサービスが良くリターンゲームでなかなかリズムがつかめない。
フェデラー戦でも思ったのですが調子うんぬんよりもコート、もしくはボールに合ってないのか?
本当にミスが早く多かったです。

テニスはゴルフとは違い常に動いているボールを打つ競技。
(サービスのみ違いますが…)
どこかストローク戦でタイミングを掴めば挽回する場面を作れたはずなのですがそれもうまくいきませんでした。

もしかしたらダブルベーグル(私がジュニア時代はだんごだんごと言いましたが…)とも思いましたがさすがにそれは阻止。
と言っても完敗には変わらず、しばらく私も呆然としてしまいました。

ただ救いとしてはこれはトーナメントではないという事。
おそらきそこまで体力は消耗してないはず。
もちろん精神的にはかなり辛いとは思いますが1日の休養でしっかりリカバリーして欲しいです。

今までたくさんの苦しい場面をくぐり抜けてきた選手です。
明日の試合の奮起を期待します!

もちろんアンダーソンが素晴らしいプレイをしていた事も事実。
今週は寝不足が続きますね…

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 13:03 | コメントは受け付けていません。

ツアーファイナルスタート、そして錦織圭勝利!

ツアー最終戦のツアーファイナル。

初日はアンダーソンがティエムに勝利。
そして錦織圭はフェデラーに勝利しました。
早朝のスタートでしたので朝の5時に目覚ましをかけて観戦しました。
コートの影響なのか、ボールの影響なのか2人ともミスが多い展開。
サービスキープがずっと続いた12ゲーム目。
錦織サービスから0-30とピンチを迎えましたが、なんとここでサービス&ボレーでポイント奪取。
タイブレイクになるとのびのびとしたショットが決まり1セット目を先取。

2セット目はブレイクスタートの危ない展開でしたがすぐにブレイクバック。
そしてまたもやブレイクして6-3での勝利でした。

2人とも本調子には見えず、特にフェデラーはいつもよりかなりミスが多かったです。
ただ錦織のサービスやストロークの選択が大事な所でしっかり決まり、その影響か焦りを見せたフェデラーが打ち急いでいるようにも見えました。
珍しく警告も取られてましたし、なんだか錦織に技術的にも精神的にも揺さぶりをかけられていたようにも思えました。

錦織はフェデラーに4年半ぶりの勝利だったのですね。
そんなに勝っていなかったんだと思うと共にこれを機にまたまたさらにパワーアップしそうな予感がします。

ラウンドロビンの初戦での勝利はとても大きいてす。
残り2戦、これまた楽しみですね!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 15:32 | コメントは受け付けていません。

カチャノフがパリマスターズを制す

ツアーの最終戦であるパリマスターズ1000。
ツアーファイナルに向けての最後の大会という事で盛り上がっていましたね。
直前てデルポトロとナダルの怪我。
それに絡んでの錦織とイズナーの最終枠の争いは選手でもないのに毎日緊張してしまいました。

最終的には錦織圭は先週の決勝で敗れたアンダーソンにリベンジを果たしベスト8。
この時点でカチャノフに敗退したイズナーを上回る事が出来ました。
残念ながらフェデラーにはまたまた敗退…
9位という事でしたがデルポトロの欠場の発表に合わせ出場が決まりました。

そしてナダルの欠場も決まりイズナーの出場も決まりました。
ナダルに関しては腹筋以外にも足首の怪我が関係していたようです。

どちらにしろ今ベストの状態の8人が揃いました。
と共にフェデラーに競り勝ったジョコビッチに勝ったカチャノフがこのパリマスターズを制しました。
まだグランドスラムでは上位に行ってない若手が優勝というのにはかなりびっくりでしたが、それだけ勢いがあるという事ですね。
カチャノフはツアーファイナルの控え選手となっています。
素晴らしい飛躍です!

どちらにしろ錦織圭がツアーファイナルに出るというのはとても素晴らしいこと。
今期は怪我明けでチャレンジャースタート。
オーストラリアオープンは出ていない。
グランドスラム、マスターズでは優勝していない。
ましてツアーでは一大会も優勝してません。
でもここまで来れたというのは成績か安定していたということ。
来週からの試合がまたまた楽しみです!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 13:03 | コメントは受け付けていません。

レッドソックスがワールドシリーズを制す!

大好きなメジャーリーグ。
ここ数年はワシントン・ナショナルズのハーパーにはまってしまいナショナルズを応援していました。
スタートした頃は良かったのですが夏辺りから下降…
地区優勝はおろか、ワイルドカードにも絡めず。

そしてリンスカムがいた頃にはまったサンフランシスコ・ジャイアンツも最下位。
ディビジョンシリーズが始まってからはボストン・レッドソックスを応援していました。
どうも私はチームを応援する事よりも選手を応援する傾向がありようですね…

それはさておき、レッドソックスは強かったですね!
点の取り方のバリエーションが多彩。
ホームランもあるし、繋ぎのヒットで点数を稼ぐ。
誰しもがバッティングセンスがあるので打順があまり関係ないように見えました。

そして投手陣。
左のプライスとセールの踏ん張りがすごかったですね。
どちらかと言うとディビジョンシリーズ、からワールドシリーズまでの短期決戦で結果を出せなかったプライスの頑張りは嬉しかったです。
なかなか締まりのない感があったクローザーのキンブレルも何だかんだしっかりと仕事をしていました。
しかし昨日は予想に反してセールがクローザー。
9回を圧巻の三者連続三振。
見事な投球でした!

いやあ本当に強かったですね、レッドソックス!
おめでとう!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 20:42 | コメントは受け付けていません。

錦織圭、またまた準優勝・・・

オーストリアで行われていたエルステ・バンク・オープン。
残念ながらアンダーソンに競り負けて準優勝でした。
そして決勝9連敗・・・

準々決勝では地元のティエムに完勝。
準決勝のククシュキンにもストレート勝ち。
この分だと決勝もと思っていましたが、そう甘くはなかったですね。

決勝までの対戦相手とまったくタイプが違うのでスタートが大事と思っていました。
1セット目のサービスブレイクが大きかったですね。
アンダーソンのサービスゲームが素晴らしくなかなかレシーブからの突破口を開けず。
逆にアンダーソンは伸び伸びとプレイ。
素晴らしいストロークを打っていました。

う〜ん、またまた決勝での敗退。
悔しいのは本人が1番感じているはず。

今週のパリのマスターズは最後のツアー戦。
ツアーファイナルに向けての最後のチャンス!
悔いのない試合をして欲しいです。

今年のスタートはチャレンジャーで200位台の選手に敗退していたこの錦織圭がいまここまで来ているのです。
すごい事なのです!
最後まで応援したいです!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 10:25 | コメントは受け付けていません。

最終戦は?

錦織圭と素晴らしい試合をしたフェデラーでしたが、6月のハレの試合に続いてチョリッチに敗退でした。
う〜ん、錦織戦でいろいろと使い果たしてしまったのでしょうか?
それともチョリッチのプレイが素晴らしかったのでしょうか?

そのチョリッチも絶好調ジョコビッチにストレート負け。
太もものテーピングが痛々しかったです。

ここに来てツアーファイナルへの8人の切符が誰に渡るのかがとても気になるところ…

錦織圭は9位に上がってきたというところで残りの2大会どの奮起に期待したいです。

最悪リザーバーとして、9人目の選手としてロンドンにというのもありなのでしょうか?

そんな中ちょっと嫌なニュースが…
ここ数週間あまり体調の良くなかったデルポトロが怪我をしてしまったようです。
膝の皿の骨折のようです。
大丈夫なのか心配ですね…

残りの試合、しっかり注目したいと思います。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 09:50 | コメントは受け付けていません。