月別アーカイブ: 2018年9月

大坂なおみ 全米優勝!!

clip_now_20180909_071757

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月27日~9月9日/ハードコート)の大会13日目、女子シングルス決勝で第20シードの大坂なおみ(日本/日清食品)が第17シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)と対戦。大坂が6-2、6-4のストレートで勝利し、日本人初のグランドスラムシングルス優勝という快挙を成し遂げた。優勝賞金は380万ドル(約4億2,180万円)。

第2セットもセレナのサービスから始まった。お互いにキープで迎えた第3ゲーム、またしても大坂が先にチャンスをつかんだ。必死にボールを追いかける大坂だが、ここはクロスに打ち分けたセレナにしのがれてしまった。

そして第4ゲームで大坂はセレナにブレークポイントを握られてしまった。しかし、ロングラリーの末にダウン・ザ・ラインを決めてしのぐ。デュースで再びセレナにアドバンテージを奪われるもサービスエースを決めてしのぐ大坂だが、4度目のブレークポイントをしのぎきれず、セレナにブレークを喫してしまう。

ゲームカウント1-3とした大坂は、続く第5ゲームでセレナのダブルフォルトからブレークバックのチャンスをつかむと、セレナのリターンはネットを越えることができず、大坂がブレークバックに成功する。これにはセレナも怒りをあらわにし、ラケットをコートに叩きつけて壊してしまった。

セレナはコーチングですでにウォーニング(警告)を受けており、このラケットを破壊した行為によって大坂に先に1ポイントが与えられた状況で第6ゲームが始まった。これにはコーチングのような卑怯な真似はしたことがないし、していないとセレナも審判に猛抗議。スタンドからは大きなブーイングも聞こえて来て、少し異様な雰囲気となった。しかし、大坂はそんな状況をものともせずにこのゲームをラブゲームでキープし、ゲームカウント3-3とした。

第7ゲームで大坂は見事なリターンエースを決めてブレークポイントを握ると、続くプレーで鮮やかなパッシングショットを決めてブレークに成功し、1ブレークアップとした。

審判に「あなたは嘘つきだ」と暴言を吐いたセレナに対し、ゲームペナルティが科せられた。そして第8ゲームは大坂がボールを握ることなくキープとなる。これにはセレナも怒り心頭で「これはフェアではない」「従いはするが、これはフェアではない」と声を荒げた。

そしてこの判定は覆ることなく、ゲームカウント5-3となったが、会場からは大きなブーイングが絶え間なく聞こえて来ており、大坂に少し不利な雰囲気となった。

第9ゲームはその異様な雰囲気の中でセレナがラブゲームでキープしたが、続く第10ゲームが大坂のサービング・フォー・ザ・チャンピオンシップとなった。そしてこれを取りきった大坂が優勝。

これで大坂は、自身初、そして日本女子初となるグランドスラムのシングルスで優勝を果たした。これまで、男女ともにシングルスの日本人の最高成績は、錦織圭(日本/日清食品)の2014年「全米オープン」準優勝だった。そしてこの優勝で大坂の世界ランキングは次回、キャリアハイで初のトップ10となる7位が確定。ちなみに日本女子の最高位は伊達公子さんが1995年11月に記録した4位。この優勝はこれからトッププレーヤーとして活躍していく大坂の大きな第一歩となった。

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 07:19 | コメントは受け付けていません。

錦織圭、大坂なおみ 4強入 全米

「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月27日~9月9日/ハードコート)の男子シングルス準々決勝で、第21シードの錦織圭(日清食品)が2014年覇者で第7シードのマリン・チリッチ(クロアチア)をが2-6 6-4 7-6(5) 4-6 6-4で破り、ベスト4進出を果たした。試合時間は4時間8分。

clip_now_20180906_071207

 グランドスラムで錦織が4強入りしたのは、2016年の全米以来で通算3度目となる。

 全米に2年ぶり9度目の出場となる錦織は、2014年にグランドスラム自己最高の準優勝。昨年は右手首のケガのため、欠場していた。前回プレーした2016年は、準決勝でスタン・ワウリンカ(スイス)に6-4 5-7 4-6 2-6で敗れていた。

 この結果で錦織はチリッチとの対戦成績を9勝6敗とし、全米では2勝2敗のタイに追いついた。2014年の決勝ではチリッチが6-3 6-3 6-3で錦織を倒し、グランドスラム初制覇を果たした。今シーズンは4月にモンテカルロ(ATP1000/クレーコート)の準々決勝で対戦し、錦織が6-4 6-7(1) 6-3で勝っていた。

 今大会での錦織は、1回戦でマクミリアン・マルテレル(ドイツ)を6-2 6-2 6-3で退け、2回戦はガエル・モンフィス(フランス)の第2セット途中棄権で勝ち上がり、3回戦で第13シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)を6-4 6-4 5-7 6-1で、4回戦ではフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)を6-3 6-2 7-5で破って8強入りを決めていた。

 錦織は準決勝で、第6シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)とジョン・ミルマン(オーストラリア)の勝者と対戦する。

NEW YORK, NY – SEPTEMBER 05: Kei Nishikori of Japan celebrates match point during his men’s singles quarter-final match against Marin Cilic of Croatia on Day Ten of the 2018 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 5, 2018 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Elsa/Getty Images)

 第20シードの大坂なおみ(20)=日清食品=が、日本女子シングルス初の全米4強入りを果たした。4大大会を通しても1996年ウィンブルドンの伊達公子以来、22年ぶりの快挙。

clip_now_20180831_065058

 第1セットは自分のサービスゲームでダブルフォルト1本を含む3ポイントしか落とさずに圧倒。第2セットも第1ゲームで相手の40―0から4連続ポイント。ブレイクに成功してこのセットも主導権を握った。第6ゲームで0―40のピンチを迎えたが、強気に攻めのサーブを続けて脱してキープに成功。第7ゲームは相手にダブルフォルトが2本出て、わずか57分で準決勝進出を決めた。

 以下、会見での主な一問一答

 ―今の気持ちを日本語で

 「うれしい。あと…なんて表現したらいいんだろう? relieved(ほっとした)」

 ―4回戦では泣いたが今回は泣かなかった

 「準々決勝を決めた時の方がもっと感情的だった。今はやるべきことに集中して、ビジネスのように考えられている」

 ―日本の報道陣がたくさんきていて、日本も興奮している

 「たくさん来てくれていてうれしいけれど、報道陣の多くはケイ(錦織圭)のためだと思う(笑い)続けて応援してもらいたい」

 ―日本女子で初めての全米4強

 「(3月に優勝した)BNPパリバ・オープン(米インディアンウェルズ)の経験が大きく役立っている。そのおかげで、ちょっと慣れて、今ここにいてもプレッシャーを感じずにいる」

 ―選手としての最大の目標は

 「若い選手は誰でも4大大会で優勝したい、世界1位になりたいと考える。もちろん私の目標もそう。でも、自分自身に過度なプレッシャーはかけていない。自分が優勝できる位置にいるということは分かっているけれど、その位置にいられることの喜び、目の前の1ポイントを取りたいと思う。こういった大会のファイナルステージにいる選手は本当にいい選手ばかり。誰もが優勝したいと思っていると思う」

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム 07:15 | コメントは受け付けていません。