シャーロット王女、テニスのレッスンを始める

12/15(金) 21:04配信

ELLE ONLINE

関係者によるとシャーロット王女はテニスのレッスンをスタート! 雑誌『USウィークリー』が入手した関係者の証言では、今年の夏からロンドンにあるプライベートテニスクラブ「ハーリンガムクラブ」に通い始めたという。「王子か妃のどちらかがいつも彼女の近くについていますが、シャーロット王女はいつもとても自然に楽しんでいます」というコメントも!


テニスランキングへ

【写真】2歳おめでとう!シャーロット王女の成長アルバム

ちなみにテニス以外でもスポーツの才能を披露しているという王女。関係者によると「シャーロット王女はもう泳ぐこともできるし、三輪車にも乗れる」。ジョージ王子の後を追いかけるのが大好きで、猛スピードで三輪車を走らせ王子にくっついて行っているという。

「シャーロット王女もジョージ王子もとてもアクティブ」と関係者。昨年3月には家族でスキーリゾートにもお出かけ、かわいいスキーウェア姿を披露してくれている王女。キャサリン妃とウィリアム王子もスキーが得意なことで有名だし、シャーロット王女もこれだけ活発ならばスキーに挑戦する日も近そう。今度のポートレートではテニスラケットを振る姿や三輪車に乗るシーン、そして華麗にゲレンデを滑るところを見せて欲しい!
(text : Yoko Nagasaka)

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 07:42 | コメントは受け付けていません。

松岡修造『がんばれという言葉が嫌い』

なぜ松岡修造さんは「がんばれ」という言葉が嫌いなのか?【尾木ママ×茂木先生対談「偏差値教育の大問題」 VOL.2】

ウーマンエキサイト 2017年12月13日


テニススクールランキングへ

早稲田大学 進学準備はこちら
www.gakusei-walker.jp
受験を控えたお子様をもつ保護者の方へ。お部屋探しの準備をしておきませんか?

Ads by Yahoo! JAPAN

© hakase420 – stock.adobe.com
「子どものやる気、主体性を尊重したほうが、教育は良い結果が出ることが多いのです」と言うのは、教育評論家の尾木ママこと尾木直樹さん。一方で、「子ども達の学ぶことに対する感動や好奇心が、どうしてここまで下がってしまっているのか」と、危惧する脳科学者の茂木健一郎さん。

『教育とは何?-日本のエリートはニセモノか』
(尾木直樹(著)、茂木健一郎(著)/中央公論新社)
※本書に収録されている対談は、2017年に法政大学女子高等学校で行われた公開対談「これからの学び・これからの学校」と、単行本『おぎ・もぎ対話「個」育て論』(2013年9月青灯社刊)に掲載された対談です。
そんなお二人が出版した本『教育とは何?』の中では、子どもの「生きる力」についてもお話されています。子どもの「やる気」や「主体性」。ママにとって、関心の高いキーワードなのではないでしょうか?

■なぜ子どもたちは「学ぶ意欲」を失ったのか

© japolia – stock.adobe.com
茂木:大学で教えていて、「どうしてこんなにやる気を失っている子が多いのか」と、強い危機感を感じています。僕は、それを「学力低下」だとか、「偏差値が●●の学校の生徒だからそうなのだ」みたいないい方で説明するのは、根本的に間違っていると思うのです。

尾木:僕も大学で教えていて、学ぶ意欲を失った大学生が増えていることが、とても気になっていました。おそらく、中高時代に知的な学びにおけるドキドキ感をあんまり味わったことがないのではないかと思うのです。学ぶことによって、世界がパッと広がるような感じ、あの感覚、知的興奮を知らないのでしょうね。

茂木:本来、すべての子どもには、知的好奇心があって、目を輝かせていたはずなんです。けれども、日本の教育を受けているどこかで、そういう心を殺されてしまった…。だから、彼らはある意味、「被害者」なんだと僕は思っています。

■子どもの“好き”を応援して

© makam1969 – stock.adobe.com
では、子どものやる気にスイッチを入れるために、ママたちはどうすれば良いのでしょう?

尾木:まずは、わが子のことをよく観察して、その子の興味・関心があるものを見つけ出してあげることが大切です。

以前、体操の内村航平選手のお母様に直接話を伺ったことがあるのですが、もともとご両親はサッカーか野球をやらせたかったそうです。でも、彼はそちら方面にあまり関心を示さなかった。トランポリンが好きで、跳ねたり回ったりするのに夢中になっていたから、誕生日にトランポリンを買ってあげた。

そういうところから、どんどん体操にはまっていたそうです。お母様の話を聞いて、他人との比較ではなく、その子の自己決定を尊重し、大人が“個”に寄り沿うことで、子どもの力は無限に伸びていくのだと実感しました。

■松岡修造さんは「がんばれ」という言葉が嫌い?

尾木:また、元テニスプレーヤーでスポーツキャスターの松岡修造さんと対談させていただいたときのこと。修造さんが、「僕、『がんばれ』という言葉が一番嫌いなんですよ」と切りだされたので驚きました。

「でも、いつも『がんばれ』と声をかけているじゃないですか」と言うと、「僕は自分からがんばれと言ったことは一度もないのです。本人が自分で『がんばる』と言ったときだけ、『だったらがんばれ』と言っているんです」とおっしゃった。これは、ものすごく本質をついた言葉です。

錦織圭くんや萩野公介くんといった、若くして世界レベルで活躍しているトップアスリートたちの話を聞いても、自分が興味を持ったことを、自分でしっかり考えてやっていく中で、確実に成果を出しているのです。

■子どもの「生きる力」を育てるために

© paylessimages – stock.adobe.com
茂木:脳科学者として言いたいのは、一人ひとりの子どもの中に、必ず「個性」はあるということです。その個性を、それぞれに見いだすようにしていかなければならない。いまの教育ではそれを見いだす機会を与えられていません。一人ひとりが自分の個性に気づくようにと向けていくのが本来の教育です。

尾木:日本では「一斉指導」ばかりを重視して、ちょっとでも基準からはみ出す子は白い目で見たり、排除したりしがちです。でも、大人が一方的に枠を与えそのなかで競わせていては、子どもたちの可能性を狭めることにしかなりません。

これだけ多様性に富んだ社会になっている今、一つの型に子どもたちを押し込めるなんてナンセンス。そんなの、子どもの「生きる力」を削ぐだけでしょう。そうではなく一人一人の多様な個性を尊重すれば、子どもたちは大人の想像を超えてどんどん成長していくはずです。

次回は、「2020年の大学入試改革までに、親が知っておくべきこと」です。

■今回取材にご協力いただいた“尾木ママ”こと尾木直樹さんと、脳科学者の茂木健一郎さんの共著

『教育とは何?-日本のエリートはニセモノか』
(中公新書クラレ)
尾木直樹 著 茂木健一郎 /中央公論新社 ¥780(税別)
尾木直樹さん プロフィール
“尾木ママ”の愛称で親しまれる教育評論家、法政大学特任教授。「子育てと教育は“愛とロマン”」をモットーに、22年間中学・高校でユニークで創造的な教育実践を展開。その後大学教員に転身して22年、合計44年間教壇に立つ。現在は講演会活動、メディア出演、執筆活動など幅広く活躍中
尾木ママ オフィシャルブログ:http://ameblo.jp/oginaoki/
茂木健一郎さん プロフィール
脳科学者、作家、ブロードキャスター。東京大学理学部、法学部卒業後、ケンブリッジ大学を経てソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。「一リットルの脳の中に、現実も、夢も、宇宙も、すべてある」と。
茂木健一郎 オフィシャルブログ:https://lineblog.me/mogikenichiro/?p=5
(楢戸ひかる)

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 06:38 | コメントは受け付けていません。

カップ麺だけで過ごした時も 穂積絵莉ツアーの現実

カップ麺だけで過ごした時も 穂積絵莉ツアーの現実

12/12(火) 20:31配信

TENNIS.JP

テニスは、最も過酷な競技の一つ。
そのような言葉はしばしば耳にする。
コートに立てば、誰のアドバイスも受けずに一人で戦い抜かねばならない。しかもいつ終わるか分からぬ中、時に試合は数時間にも及ぶ。


テニススクールランキングへ

錦織圭 伊達さんぐらいの年まで現役プレー

瞬発力に持久力、腕力や体幹などの筋力に加え、高い心肺機能など、テニスは総合的なアスリート能力も求められる。

それだけではない。
ひとたび“ツアー”に身を置けば、一年中世界各地を転戦し、時差や気候、食事や文化などの環境面の変化に適応しなくてはいけない。
特に食事は、連日試合を戦う選手たちにとって、最も気を使う因子でもあるだろう。

トレーニングや栄養面の知識など、テニス選手がやるべきこと、知っておくべきことは果てしなく多い。
しかし個人競技であるテニスでは、それらの知識に触れたり、重要性への気付きを得る機会は、それほど多い訳ではない。

そのように情報に触れる機会の少ないジュニアたちを育成するため、最近ではアディダスのようなスポーツ用品企業が、トッププロが実際に行っているトレーニングなどのやり方を伝授するイベントを開催している。

果たして現在、世界で戦う選手たちは、いつどのような形でトレーニングや身体のケアの仕方を学んだのだろう?
そして実際にツアーに身を置く彼/彼女たちは、コート上の相手以外に何と日々戦いながら世界を転戦しているのだろう?

今回は穂積絵莉(橋本総業)に、自身の経験を語ってもらった。

インスタント食品だけで過ごした時も。食の安全優先で!

――いわゆる“トレーニング”を始めたのはいつ頃でしょう?
穂積:私はパームテニスアカデミーの杉山(芙沙子)コーチの指導を受けていたので、中学生頃から体幹トレーニングは良くやっていました。
逆に腕立て伏せやウェイトのような筋トレは、ジュニアの頃はあまりやっていなかったです。
試合前や練習前の準備の意識は強かった方だと思います。
ジョギングやストレッチ……ダイナミックストレッチのやり方などを教えてもらっていました。

――“身体のケア”はどうでしょう?
穂積:そうですね……わたしは17歳の時にプロ転向したのですが、プロになりたての頃はまだ自分も若かったので、どれだけテニスをやっても疲れを感じなかったんです。
高校2年の時にGプロジェクト(※リオオリンピックでのメダル獲得を目的とした日本テニス協会主導の選手強化プロジェクト)に選ばれた時も、既にプロで活躍されていた(奈良)くるみちゃんや(土居)美咲ちゃんたちがクールダウンする姿は見ていたのですが、わたし達はコーチ達に言われるからやっていたという感じで、その重要性はあまりわかっていなかったですね。

――最近は、疲れを感じたりケアの重要性を感じるようになったんですか?
穂積:それはここ数年、凄く感じます。
以前はオフの日に朝から晩まで遊んでも、次の日も朝から余裕で練習できたんです。
でも今は、オフの日は朝起きられない(笑)。
次の日に朝から練習があると思ったら、夕方には切り上げてゆっくりしたり。
お風呂に入るだけでも、翌日の疲労度は減ると最近は感じます。

――穂積さんは、ケアトレーナーにツアー帯同してもらうことも多いですよね?
穂積:それは杉山コーチに相当言われました。
(杉山)愛さんも、ケアトレーナーの帯同を最優先していたと言ってましたから。
わたしがトレーナーに帯同してもらうようになったのは、いつ頃からかな……プロになって1~2年経った頃から、少しずつ増やしたと思います。
しかもわたし、身体に対して鈍感で(苦笑)。
自分がどれくらい疲れているか分からない方なので、感じた時には既に相当疲れがたまっているようなんです。
そのあたりも、トレーナーさんに教えてもらいながら自分で意識的に感じるようにしたら、徐々に分かるようになりました。

――食事の面はどうでしょう? 気をつけていることはありますか?
穂積:栄養学などの細かい知識は、まだそんなにある訳ではないですが、ジュニアの頃からなんとなく
「試合前には直ぐにエネルギーに変わるものを食べなさい」とか
「試合後にタンパク質を多く取りなさい」と言われたので、その意識はずっと続いています。
ナショナルチームでも講義があり、一食の中でどの栄養素をどれくらい取るべきだと教わったりします。

――でも遠征中は食べ物に気をつけたくても、気をつけようがないところもありますよね?
穂積:そうなんですよ!
そもそもテニスって、試合時間も朝早かったり、凄く遅くなったりするじゃないですか?
だから食事の時間も不規則になります。
この間も台湾の大会の時に、試合が終ったのは夜中だったんですが、お腹は減る。
でもレストランはどこも開いてないし、買い物に出かけるのは怖いし……どうすればいいの?って感じでした。

以前ウズベキスタンに行った時は、一週間日本から持っていったインスタント食品で過ごしました。
衛生面の怖さがある場所は、お腹を壊さないことが第一ですから。
その一週間前にウズベキスタンに行った日本人が、全員体調崩してたんですよ。
だからコーチからも「今週は栄養とかは良いから、とりあえず乗り切りなさい」と言われて。

(二宮)真琴と一緒で部屋もシェアしていたので、二人で日本から持っていった麺茹でて食べたり、ごはん炊いてカレーかけたり……そんなのご馳走ですからね!
カップ麺も持っていきましたが、それではお腹なんて満たされない(笑)。
毎日カップ麺という訳にもいかないし、野菜も食べられないし……。

生野菜はそもそも、海外では食べないようにしています。
なまものは、海外では基本食べないように気をつけています。大会中は絶対に食べないです。

――そのように様々な不確定要素があり時間的制約も多い中で、優先順位的に外せないことは何でしょう?
穂積:わたしは、睡眠です。
とりあえず寝る。
7~8時間は欲しいですね。
以前に一度、色々とトライしながら、いちばん起きやすい睡眠時間を探ったんです。
自分が起きたい時間から逆算して、30分刻みに8時間、7時間半、7時間……と試していったら、7時間半が一番良かったんです。
わたし寝るのが特技で、今も寝ろと言われたら寝られます(笑)。
ただ最近は寝すぎるとだるくなるので……7時間半がベストです。
気持ち的には、8時間くらい寝られるとハッピーなんですけどね!

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 07:51 | コメントは受け付けていません。

内山靖崇らが高校生にプロのトレーニングを伝授

スポーツ用品企業が取り組む“若手育成” トッププロも意外に学ぶ機会が少なかった身体作りの基礎知識

トレーニングイベント参加者たちにアドバイスを与える内山靖崇選手

 アディダス契約のプロテニス選手たちが、高校生を中心としたジュニア選手達に、日頃行なっているトレーニングを伝授するという“アディダステニスチャレンジ”が都内で行われました。このイベントは来年以降継続的に全国各地で開催される予定で、今回行なわれたのは、そのキックオフ的な第1回目。トレーニングに特化した内容となりましたが、今後はクールダウンや身体のケア、さらには食事や栄養学の重要性も伝えていくビジョンを持っていると言います。


テニススクールランキングへ

そのスタートラインとなる今回のイベントの特徴は、トレーニングプログラムの“ガチさ”にあるでしょう。カリキュラムを組んだ増田健太郎コーチが「吐くまでやらせますよ」と冗談交じりで言うほどの真剣度。限られた時間の中で打ち出したテーマは“フットワークの向上”で、“鬼教官”役をつとめたのは内山靖崇、添田豪、穂積絵莉、吉富愛子の4選手。切り返しや短距離走などのアジリティ系トレーニングや、球出しなどの基礎練習を多く含んだ内容となりました。

日頃テニスクラブやプライベートコーチのレッスンを受けている少年・少女たちが、トレーニングやクールダウンの知識に触れ、意識を植え付けられる機会は、実は意外と少ないのではないでしょうか? 北海道出身の内山選手が、それらの存在と接したのは「小学5年生の時に、修造チャレンジ(元トッププロの松岡修造氏が立ち上げた若手育成・人材発掘のための合宿)に参加した時」だったと回想します。それまでほとんどやったことのなかった短距離走や切り返し、腕立てや腹筋などのトレーニングで、周囲の人たちに大きく遅れを取った少年時代のホロ苦い思い出。

「これは、合宿についていけないぞ。次までに自分でやっていかないと」

そう肌身で実感した彼は、北海道に戻った後も合宿で習ったトレーニングやクールダウンを、「見よう見まね」で実践したと言います。

画像

 今回の“アディダステニスチャレンジ”は、コートの両サイドを全速力で往復しながら、サイドラインに置かれたラケットにボールを置くトレーニングで締めくくり。約3時間に及ぶ全カリキュラムが終了した時、肩で息する参加者たちを前にした内山選手は「きっと最後のトレーニングのイメージが今は強いと思います。僕もやりました。今のみんなと同じ顔をしてやってきたことで、今僕はここに立っています」と、自身の経験も含めたエールを送ります。

少年時代に、世界を知る人々との触れ合いからプロへの道を歩み始めた彼は「今回の経験を持ち帰った人達が、自分だけでなく、周囲の人たちにも広げてもらえれば」との願いを口にしました。

テニス専門誌『スマッシュ』のfacebookから転載

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 07:50 | コメントは受け付けていません。

杉山愛ら五輪マスコットを絞る

東京五輪マスコット最終候補3案発表 小学校のクラス単位投票で選定

12/7(木) 14:16配信

東スポWeb

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は7日、大会マスコットの最終候補3案を発表した。3案は、8月の一般公募に応募した計2042作品から、マスコット審査会などの審査を経て選ばれた。


テニススクールランキングへ

最終候補は、11日から来年2月22日まで行われる全国の小学校におけるクラス単位の投票で選定され、2月28日に発表される。

候補案は五輪とパラリンピックがセットになった「ア」「イ」「ウ」の3種類。いずれもアニメのキャラクターのようなデザインだ。

五輪マスコット候補では、「ア」は「伝統と近未来がひとつになった温故知新なキャラクター」とされる。「イ」は「日本を暖める炎と大地から生まれたキャラクター」。「ウ」は「日本昔話の世界から飛び出してきたキツネのキャラクター」で、パラリンピックの「ウ」バージョンはタヌキのキャラクターとなっている。

マスコット審査会の委員は、歌手でタレントの中川翔子(32)、元プロテニス選手の杉山愛氏(42)らが務めた。

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 06:42 | コメントは受け付けていません。

ハレプのリフティングが上手すぎる

clip_now_20171207_103845

女子テニス選手シモナ・ハレプが公式インスタグラムで公開、華麗なリフティングで圧巻のサッカースキルを披露

 まさに多芸多才という言葉がぴったりだろう。12月4日時点で世界ランキング1位の女子テニス選手シモナ・ハレプ(ルーマニア)が、サッカーのリフティングで華麗な足技を披露し、自身の公式インスタグラムに動画をアップ。「信じられない映像」とイタリア紙「ガゼッタ・スポルトゥリロル」が伝えれば、ファンも「サッカー選手より上手い」「美しい」との声を上げるなど大きな反響を呼んでいる。


テニススクールランキングへ

 26歳のハレプは今年「ムトゥア マドリッド・オープン」で連覇した一方、「全仏オープン」、や「チャイナオープン」などでは準優勝に終わったが、10月に発表された女子テニス協会ランキングでルーマニア人女性初、史上25人目の世界1位に輝いた。

 そんなテニス界の世界女王が5日に自身のインスタグラムを更新。動画では、室内にいるハレプが左足でボールを蹴るところから始まり、右足や太ももも使って柔らかいタッチを見せ、そのままボールを落とさずに継続していく。10回、20回、30回……と続き、最終的に80回以上タッチしたところで動画は終わっている。

 イタリア紙「ガゼッタ・スポルトゥリロル」は、「シモナ・ハレプが信じられない映像をアップした。その数は83回以上で、プロサッカー選手も羨むほどだ」と伝えている。

ファンから「結婚してほしい」の声も

 一方、スペイン紙「AS」は「テニス界でナンバーワン選手のルーマニア人シモナ・ハレプは、フットボールでも才能を示した」と言及。テニス界の頂点に立つ女王が、サッカーでも輝きを放ったと称賛している。

 ハレプのインスタグラム返信欄にはファンから様々な賛辞が並び、「美しい」「ナンバーワン」「ブラボー」「天才」「多芸多才」「なぜ君が“ナンバーワン”なのか分かったよ」「サッカー選手より上手い」というものから、「結婚してほしい」という求婚メッセージも見られた。

 テニスの世界女王ハレプが披露した圧巻のテクニックは、サッカー界で大きな反響を呼んでいる。

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 07:08 | コメントは受け付けていません。

ディミトロフ対ナダルの一戦

yjimage

男子プロテニス協会のATPは6日、公式サイトで2017年シーズンのグランドスラムでのベストマッチ トップ5のうち5位から3位を発表。全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)準決勝のR・ナダル(スペイン)対G・ディミトロフ(ブルガリア)が3位にランクインした。


テニススクールランキングへ

全豪オープン準決勝でナダルがディミトロフを6-3, 5-7, 7-6 (7-5), 6-7 (4-7), 6-4の4時間56分で下した試合。

この試合はどちらに勝敗が転んでもおかしくない展開だった。試合の途中では、両者を通して実に26ゲーム連続でブレークがないサービスゲームを繰り広げ、第3・第4セットはいずれもタイブレークにもつれたが、そのセットも両者で分け合っていた。

その後、勝利したナダルは迎えた決勝戦で惜しくもR・フェデラー(スイス)の前に敗れて準優勝だったが、その後のクレーコート・シーズンではかつての強さを取り戻し、世界ランク1位への返り咲きに成功。世界の頂点でシーズン終了を迎えた。

一方、ディミトロフは試合に負けたものの明らかにこの試合を自信に繋げていた。8月に行われたW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)で自身初となるマスターズ優勝を飾ると、初出場したNitto ATPファイナルズでは全勝優勝を飾り、世界ランクも自己最高位を更新する3位でシーズンを終えた。

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 07:24 | コメントは受け付けていません。

CM契約社数ランキング&スーパーセール

clip_now_20171206_083414

テレビCMを見ていると、ローラや広瀬すずを良く見かけるだろう。それもそのはず、昨日公表されたCM契約社数で、見事第1位だったのが、契約社数14社のローラと広瀬すずだった。次に、12社の遠藤憲一と、確かに今年良くテレビで見かける。


テニススクールランキングへ

なんと、そんな中、契約社数11社で、有村架純と並んでランクインしたのが錦織圭だった。

ユニクロや日清食品はすぐにピンと来るが、スポンサーについているウィルソンやナイキのCMには出ていない。

今年出演したCMは以下の通りだった。

エアウィーヴ(ウィーヴァジャパン)『エアウィーヴ』
洗えるベッドマットレス・誕生・東京2020(公式ロゴ)・睡眠アプリ

日本航空『企業』
挑戦する人の、翼になりたい・子供の頃の夢・東京2020

ジャガー・ランドローバー・ジャパン『ジャガー』
ジャガーディーゼル・モニターキャンペーン実施中

ジャックス『企業』
未来にタネをまこう・買い物をする男性

森永製菓『ウイダーインゼリー スーパーエネルギー』
自分を励ますビジネスマンとテニス選手 「前を向く」篇

久光製薬『エアーサロンパスジェットα』
特訓する錦織・全日本バレーボールチームを応援 「KEIと少年トレーナー」篇

LIXIL『企業』
記者会見・にしこリクシル・玄関・ユニバーサル社会の実現・東京2020

WOWOW
私のヒーローはWOWOWの中にいる。

ユニクロ(ファーストリテイリング)『ブロックテック フリースパーカ』
街中を走る男性

錦織圭に関するCMリストはこちらから

clip_now_20171205_235146
ところで、毎回楽しみな楽天スーパーセールは明日までとなった。
この時に一気に買うのがお得に買うコツである。

特に買っておきたいテニス用品は以下の通り。

ライター:堀内夏子

カテゴリー: 15-0 NEWS, テニス関連グッズ, 話題のニュース | 投稿者オールサム 08:32 | コメントは受け付けていません。

大坂なおみ学校訪問

大坂なおみ、都内の高校を笑顔で訪問「見てまわるだけでとても楽しかった」

ショットの安定をテーマに掲げて挑んだ、大坂なおみ選手の2017シーズン。四大大会では苦しむ場面もあったが、10月の香港オープンでは世界ランク5位のビーナス・ウイリアムズを撃破。「夢が叶った」とツイートし、改めて世界トップへの道を歩み始めた。そんな大坂なおみ選手が来日し、都内の高校を訪問。自ら生徒と記念写真を撮ったり、英語の授業に参加したり、”つかの間の高校生活”を笑顔で楽しんだ。

12月某日、WTA世界ランキング68位(2017.11.27現在)の大坂なおみ選手が、WOWOWの特集番組収録のため東京都内の某高校を訪れた。到着するなり生徒からの声援に応え、ニコニコと笑顔を見せる彼女は、興味津々で校内を散策。特に、畳が敷かれた作法室では「クール」を連発し、松の扉絵の前で”自撮り写真”をパチリ。他にも調理実習室で実験用具のビーカーに触れたり、テニスコートや屋上庭園を見てまわり、日本の高校生活を珍しそうに眺めていた。

在校生が学ぶフロアでは、ハニカミながら教室を覗いたり、歓喜する生徒が集まる中でも一緒に写真を撮ったり、常に自然体で対応。体育館では生徒に混じってバスケットボールも体験。なかなかボールが回ってこず、渾身のシュートも外れたが、笑顔で日本人高校生との交流を楽しんだ。
さらに食堂では、本人がとても楽しみにしていたという、食券を買っての学食での食事も経験。うどんを食べながら、「お箸がうまく使えない…」と恥ずかしがっていたが、願いが叶い満足そうな表情を浮かべていた。
そして、高校の英語の授業に生徒として参加。最初に自己紹介をして、英語の曲の穴埋め問題に挑戦。授業中にスマホで撮影している最中に先生からあてられ、一瞬焦りの表情を見せたものの、完璧な英語で答えて生徒から羨望のまなざしを集めていた。

大坂なおみ選手は、今回の学校訪問の感想を「本当に楽しかったです。見ているだけで興味深いものばかりだったし、校内を歩いているだけで面白かったです。バスケットボールは、私が下手だからちょっと恥ずかしかったけど…でも、楽しめました」とコメント。最後までとても楽しそうな笑顔を浮かべ、学校を後にした。

(c)テニスデイリー

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム 07:24 | コメントは受け付けていません。

アプリでプロコーチからアドバイス

clip_now_20171202_102344
 元プロスポーツ選手ら一流指導者から、オンラインでレッスンを受けられるスマートフォン用アプリの利用が広がりをみせているというニュースを目にした。
先駆者は鹿児島県・奄美大島出身で大阪にて活躍する若手起業家らしい。指導者が不足しがちな都市部以外の子どもたちに、一流の指導を届けようと開発されたそうだ。オンラインレッスンは英会話や学習塾では一般的になってきたが、スポーツ分野での利用は珍しく、開発者らは「スポーツ指導の新しい歴史を創りたい」と意気込んでいるというような記事だった。


テニススクールランキングへ

まずは、アプリをダウンロードしてみた。しかし、ログインIDとパスワードを入力する画面しか出てこず、使える感じではない。レッスンノートというアプリであるが、レッスンノートを検索すると、アナログのノートがたくさんひっかかってくる。そこで、先駆者と言われている「だんきち」のホームページを覗いてみた。
Dank1というロゴで『ダンキチ』と読むらしい。従業員は10人のITベンチャー企業ということで、平成25年に現社長の与島大樹さん(33)らが起業し、スポーツ指導アプリ「レッスンノート」を開発し売り出したそうだ。関西方面の情報番組などで取り上げられたことでメディア露出し、現在は、野球やゴルフ、テニスを中心に約3500人が利用しているということだ。

clip_now_20171202_102810
clip_now_20171202_103059

 
 どこに住んでいてもアプリをダウンロードして申し込めば、手軽に元プロ選手らから指導を受けられるというのがこのアプリの特徴だ。指導者として、多数の元プロ野球選手をはじめ、テニス、ゴルフ、水泳などの指導者約430人が登録され、その中から専属のコーチが選ばれるということだ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新しいテニス入門 最短でうまくなるレッスンDVD [ 中本圭 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/12/2時点)

 利用者は、自分のフォームやスイング動画をスマホなどでコーチに送信。すると、一定時間内に解説音声と修正すべき部分にアンダーラインが書き込まれた動画が返信されてくる。復習しやすいよう、スロー再生や動画の保存機能も充実しているのだそうだ。

まずは、お試しで申し込みをしてみた。1週間500円でお試し利用出来る。
 
clip_now_20171202_103137
clip_now_20171202_103156
clip_now_20171202_103309
clip_now_20171202_103433

ホームページの申し込みフォームから登録をすると、すぐにお礼のメールが届き、数分後には、いくつかの質問が送られてきた。
clip_now_20171202_111131
clip_now_20171202_111140

すぐに送り返すと、約2時間後にIDとパスワードが送られてきた。コンビニ決済のバーコードのURLも入っており、3日以内にコンビニで500円を入金すれば良いようだ。

アプリをダウンロードしてログインすると、京田弘幸さんという兵庫県のプロコーチからメッセージが入っていた。レッスンノートというアプリなのだが、なぜかMSアカデミーという表示が現れて立ち上がる為、調べてみると、MSアカデミーの代表が京田弘幸さんのようだ。

clip_now_20171203_014419
clip_now_20171203_015520
clip_now_20171203_015456

そして、さっそく動画を60秒以内に編集して送信した。送ったのが20時を過ぎていたせいか、その日には返事は
こなかったが、翌朝動画をスローにして、ポイントに○を付けながらアドバイスを音声で吹き込んだ動画が送信されてきた。LINEのようなやり取りで、自由に質問を書き込める。改善すべき点をピンポイントで指摘してくれる為、自分では気付きにくい癖を見直す良い機会になった。
clip_now_20171203_151136

ライター:剛力健一

カテゴリー: 15-0 NEWS, スキル・練習 | 投稿者オールサム 06:49 | コメントは受け付けていません。