カテゴリー別アーカイブ: スキル・練習

スキル、トレーニング、練習方法について

無駄なテイクバックを無くそう

今夜のオールサムコソ練では、無駄なテイクバックを無くそう!!と、矯正練習でした。
速いテンポでボールを打つことで、無駄なテイクバックが無くなるのですが、力みすぎてしまうのでリラックスして打てるようにするのも今後の課題ですね。
AndroVid_join_7823_00

打点をしっかりと取れるようにしなければならないし、大きくスイング出来るようにもしなければならないしで、課題は山積ですが、ひとつひとつをしっかりとやって実践で使えるようにしていきたいと思います。

来月は、試合にでも出ようかなと企んでいますので、試合になるように練習あるのみです。

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム | コメントは受け付けていません。

西岡にトップ10の素質はあるのか

20190310_yoshihito_546
西岡良仁がバウティスタ=アグに7-6③、6-4で勝利しましたね。以前からトップ10の選手と善戦して惜しいところで負けることが良くありました。
ワウリンカに6-3,3-6,6-5アップまでいって、サービングフォーザマッチでブレイクされ、タイブレイクの末惜敗したこともありました。

西岡の世界ランキングは74位。
プレイを見ていると、ひとつひとつのショットや調子の良いときのゲームは、トップ10の選手に全く引けを見せない素晴らしいものです。

フォアハンドに癖がありますが、鋭角に切れていくサウスポーのサービスや、カウンターの逆クロスなど、光るものがあると思うんですね。

せめて、現時点でも20位前後に上がってきてもおかしくないのでは無いかと思います。

西岡は自身のツイッターに「今日は本当にいいプレーが出来たと思います。自分なりにアグレッシブなプレーが増えてきてると思います」と綴り、手応えを得ています。

BNPパリバオープン3回戦では、世界ランク58位のF・オジェ アリアシム(カナダ)と対戦するそうです。18歳のオジェ アリアシムは2回戦で第9シードのS・チチパス(ギリシャ)を下しての勝ち上がりで勢いのある選手ですので、難しい相手かも知れません。

2017年以来2年ぶり2度目の16強入りを狙う西岡は、次戦へ向けて「今若手の中で一番勢いのある選手なのでとても楽しみです」と意気込んでいます。

とても魅力のあるプレイをする西岡良仁にこれからも期待して見ていきたい思います。

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム | コメントは受け付けていません。

ポーチのタイミング

DSC_0127

昨夜のオールサムコソ練は、仕事帰りのビジネスマン達が時間差で参加し、前半の1時間は主にラリーの中でストロークやボレーの感覚を掴むようにしました。

後半は、サーブレシーブをしてからゲーム形式。
ダブルスになると、斜め方向に飛んでいるボールに対してボレーに出ていく、いわゆるポーチが多くなるわけです。
せっかくパートナーが良いサービスで相手のリターンの威力を抑えられたとしても、ポーチのタイミングを間違うとチャンスを失ってしまいます。

和気あいあいと楽しみながらも、ポーチのスキルとタイミングについて課題が残ったコソ練でした。

次回はポーチのタイミングを感覚で覚えて行けるような球出しをしたいと思います。

オールサムは、熊本北高硬式テニス部OBOGで結成された熊本県テニス協会登録の社会人テニスサークルです。
熊本北高卒業生もしくはメンバーの紹介にて、練習に参加することができます。
参加費はコート使用料を人数の頭割りしたものにボール維持費150円を足した額となります。
ニューボール=ゲーム形式→ラリー用→球出し用と使用した後、ボールは熊本北高に寄付をしています。

オールサムテニスクラブ入会ご希望の方は、
allthumbstc@yahoo.co.jp
オールサムテニスクラブ代表 勝俣まで

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム | コメントは受け付けていません。

ひたすらボレスト

今週のオールサムコソ練は、ひたすらボレストでした。

AndroVid_join_3965_9693

ボレストすると打点が合わなくなるんですね。

テイクバックも小さくしとかないと振り遅れてしまう。

この辺りを修正しないといけませんねー。

AndroVid_join_3965_9388

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム | コメントは受け付けていません。

フォアハンド打点矯正

190206_200648_00_9192

今日のオールサムコソ練では、フォアハンドストロークが安定しない原因である打点矯正をしてもらいました。

手出しで打点の確認をしてから、一度フルスイングにして、その後テイクバックの脱力を意識してみました。

190206_200648_00_9189
190206_200648_00_9189

190206_200648_00_5353

190206_200648_00_6905

190206_200648_00_7255

190206_200648_00_1504

とても良い感触で打てたときの事をイメージして、どういう状態なら体が自然と動くかを何度も繰り返して思い出すようにしています。

毎回、意識して、無意識に出来るようになるまで繰り返して行きたいと思います。

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム | コメントは受け付けていません。

ボレー矯正

今夜のオールサム コソ練は、ひたすらラリーをした後、ボレーの球出しをしてもらいました。

力の入れ具合を調整するために、ラケットを使わずに球出しボールを素手でキャッチ。
インパクトの瞬間で力を入れる感覚を掴んでから、ラケットを持ってコンパクトに当てていく様に矯正してみました。
古典的な矯正方法ですが、そうやって育った世代なので、少し古い打ち方でも、しっかりも感覚を掴むことが、今の自分には必要であると言う結論でした。

さすがに、自分が出来ること出来ないことは分かっているので、まずは出来ることからキッチリとやっていこうという手法です。

ラケットの進化に伴い、打ち方も変わりつつありますが、基本的な事は、自分の感覚を大切にする事だという信念に基づいて、今夜もマニアックな練習で充実していました。

まだまだ、上手くなりたい、強くなりたい、おじさん達でした。

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム | コメントは受け付けていません。

2本用ラケットバッグ

先日、ヨネックスVcore95を購入して、満足していたら、ラケットバッグが欲しくなりまして・・・
久しぶりにラケットバッグ購入しちゃいました(*´∇`*)

今は6本用ラケットバッグを購入しても、そんなにラケット持ってないんで、2本用で探してみた所、

ありました!

かっちょいいのが。

これこれ!この色!

そして、注文したバッグがおととい届きました。

DSC_1165

DSC_1166

ポケットが付いていて、シューズも入れられるし、とても便利そう♪

DSC_1167

DSC_1168

DSC_1169

来週の練習から早速使おうと思います!d=(^o^)=b

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム | コメントは受け付けていません。

ジョコ ナダルにストレート勝ち全豪優勝

clip_now_20190127_202514

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は27日、男子シングルス決勝が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第2シードのR・ナダル(スペイン)を6-3, 6-2, 6-3のストレートで破り、2016年以来3年ぶり歴代最多7度目の優勝を果たした。

決勝戦、世界ランク1位のジョコビッチは全試合ストレート勝ちで決勝へ駒を進めていた同2位のナダルから安定したストローク戦で主導権を握り、第1セットを先取。

第2セットもフォアハンドのミスを重ねるナダルに対し、好調のジョコビッチが第5ゲームでブレークに成功。それからもナダルを左右へ揺さ振り、2セットアップと優勝へ王手をかける。

第3セットも隙のないジョコビッチがさらに加速。第3ゲームでブレークするとリードを守り、ナダルとの頂上決戦をストレートで制して、全豪オープン7度目のタイトル獲得という前人未到の偉業を達成した。

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム | コメントは受け付けていません。

大坂なおみ全豪優勝で世界一

clip_now_20190126_202825

【速報】大坂なおみ 全豪OP初優勝。GS連続制覇で日本人初の世界ランク1位も確定[全豪オープン]

「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月14~26日/ハードコート)の大会13日目、女子シングルス決勝で第4シードの大坂なおみ(日本/日清食品)が第8シードのペトラ・クビトバ(チェコ)と対戦。大坂が7-6(2)、5-7、6-4で勝利し、「全豪オープン」初優勝を飾った。また1月28日付けの世界ランキングで、日本人で初めてシングルス1位に輝くことも決まった。優勝賞金は410万豪ドル(約3億2,000万円)。

セットカウント1-1で迎えた第3セットはクビトバのサービスゲームから始まった。第2セットを落とした大坂は、トイレットブレークを取って気持ちを切り替えコートに入った。

第1ゲームをラブゲームでキープされた大坂は、第2ゲームをキープする。そして続く第3ゲームでクビトバのダブルフォルトによってブレークポイントを握ると、見事なウィナーを決めて1ブレークアップとした。

ブレーク直後の第4ゲームをしっかりとキープした大坂。第6ゲームでクビトバに30-40とされたが、サーブでこのピンチをしのいでキープし、ゲームカウント4-2とした。

続く第7ゲームで大坂に0-40と再びブレークのチャンスが訪れた。しかしクビトバにしのがれ、ブレークすることはできない。

そして両者キープで迎えた第10ゲームが、大坂のサービング・フォー・ザ・チャンピオンシップ。ここを取りきった大坂が見事に優勝を決めた。

第2セットはチャンピオンシップポイントまでいきながら落とした大坂だが、メンタル面でも見事に立て直して優勝を掴んだ。

見事勝利し、2018年の「全米オープン」に続いてグランドスラム2大会連続優勝を果たした大坂。1月28日発表の世界ランキングはこれで1位が確定した。日本人選手として初のグランドスラム制覇を果たした昨年からの快進撃は、まだまだ止まらない。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全豪オープン」決勝での大坂なおみ
(Photo by Michael Dodge/Getty Images)

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム | コメントは受け付けていません。

オールサムFacebookページ

オールサムFacebookページを作りました。

こちらから!

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム | コメントは受け付けていません。