カテゴリー別アーカイブ: スキル・練習

スキル、トレーニング、練習方法について

ジョコ ナダルにストレート勝ち全豪優勝

clip_now_20190127_202514

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は27日、男子シングルス決勝が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第2シードのR・ナダル(スペイン)を6-3, 6-2, 6-3のストレートで破り、2016年以来3年ぶり歴代最多7度目の優勝を果たした。

決勝戦、世界ランク1位のジョコビッチは全試合ストレート勝ちで決勝へ駒を進めていた同2位のナダルから安定したストローク戦で主導権を握り、第1セットを先取。

第2セットもフォアハンドのミスを重ねるナダルに対し、好調のジョコビッチが第5ゲームでブレークに成功。それからもナダルを左右へ揺さ振り、2セットアップと優勝へ王手をかける。

第3セットも隙のないジョコビッチがさらに加速。第3ゲームでブレークするとリードを守り、ナダルとの頂上決戦をストレートで制して、全豪オープン7度目のタイトル獲得という前人未到の偉業を達成した。

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム | コメントは受け付けていません。

大坂なおみ全豪優勝で世界一

clip_now_20190126_202825

【速報】大坂なおみ 全豪OP初優勝。GS連続制覇で日本人初の世界ランク1位も確定[全豪オープン]

「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月14~26日/ハードコート)の大会13日目、女子シングルス決勝で第4シードの大坂なおみ(日本/日清食品)が第8シードのペトラ・クビトバ(チェコ)と対戦。大坂が7-6(2)、5-7、6-4で勝利し、「全豪オープン」初優勝を飾った。また1月28日付けの世界ランキングで、日本人で初めてシングルス1位に輝くことも決まった。優勝賞金は410万豪ドル(約3億2,000万円)。

セットカウント1-1で迎えた第3セットはクビトバのサービスゲームから始まった。第2セットを落とした大坂は、トイレットブレークを取って気持ちを切り替えコートに入った。

第1ゲームをラブゲームでキープされた大坂は、第2ゲームをキープする。そして続く第3ゲームでクビトバのダブルフォルトによってブレークポイントを握ると、見事なウィナーを決めて1ブレークアップとした。

ブレーク直後の第4ゲームをしっかりとキープした大坂。第6ゲームでクビトバに30-40とされたが、サーブでこのピンチをしのいでキープし、ゲームカウント4-2とした。

続く第7ゲームで大坂に0-40と再びブレークのチャンスが訪れた。しかしクビトバにしのがれ、ブレークすることはできない。

そして両者キープで迎えた第10ゲームが、大坂のサービング・フォー・ザ・チャンピオンシップ。ここを取りきった大坂が見事に優勝を決めた。

第2セットはチャンピオンシップポイントまでいきながら落とした大坂だが、メンタル面でも見事に立て直して優勝を掴んだ。

見事勝利し、2018年の「全米オープン」に続いてグランドスラム2大会連続優勝を果たした大坂。1月28日発表の世界ランキングはこれで1位が確定した。日本人選手として初のグランドスラム制覇を果たした昨年からの快進撃は、まだまだ止まらない。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全豪オープン」決勝での大坂なおみ
(Photo by Michael Dodge/Getty Images)

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム | コメントは受け付けていません。

オールサムFacebookページ

オールサムFacebookページを作りました。

こちらから!

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム | コメントは受け付けていません。

熊本北高硬式テニス部

オールサムは、2019年度より、熊本北高硬式テニス部OBOGで再結成します。

①熊本県テニス協会にメンバー登録し、団体戦含め大会に出場して行きます。

②熊本北高の現役テニス部である後輩達に、ボールの寄付やネットの補修などのサポートをします。

オールサムの入会条件は、以下のいずれかに該当する方

①熊本北高卒業生である事
②既メンバーの紹介がある事

入会希望の方は、メールにて
allthumbstc@yahoo.co.jp

オールサムテニスクラブ代表 勝俣

Facebook

https://m.facebook.com/オールサムテニスクラブ熊本-595515597543421/?ref=bookmarks

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム | コメントは受け付けていません。

Vcore95の感触

゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚キター!!
ネットで注文していたヨネックスVcore95が昨夜届きましたー!!

DSC_1072

DSC_1073

月曜のオールサムコソ練で初打ちしようと思っていたのですが、我慢できず、先程練習してきちゃいました。

今回、ストリングはヨネックス ポリツアープロ125をアラウンドザワールドワタリン張り50で試してみました。

DSC_1077

最初は硬い感じがしたんですが、スイングスピードを上げていくに連れ食い付き感が増して想像通りの好感触♪

ヨネックス
Vcore95

フェイス面積 95inch²
ウエイト 310g
バランス 310㎜
21-21-20㎜

カテゴリー: 15-0 NEWS, スキル・練習 | 投稿者オールサム | コメントは受け付けていません。

オールサム コソ練初打ち2019

オールサムのコソ練初打ちしてきました。

U先輩、T也と3人でひたすらボレストとストロークラリーして、サービスリターンを調整しました。

PhotoGrid_1546869301521

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム | コメントは受け付けていません。

2019シーズンスタート!!

あけましておめでとうございます。
オールサムテニスクラブ結成18年目を迎えようとしています。
最盛期からすると随分と縮小しましたが、細々と続けられているのも、テニス好きの仲間が居てくれるから。

元々、熊本北高テニス部同窓会のつもりで作ったサークルでした。
団体戦に出て、準決勝でギリギリの敗北を喫して火が着いたのを昨日のことのように覚えています。

原点回帰して、北高テニス部に貢献できるチーム作りをしていこうと考えています。

もし、このブログを見つけた熊本北高テニス部OBOGがおられましたら、ぜひぜひご連絡下さい!!

一緒にテニスするもよし!
テニス部後輩を応援するもよし!

北高テニス部を通じて繋がっていたいと思います。

これまで、オールサムテニスクラブに関わったことのある全ての人に、感謝致します。

オールサムは、心機一転しつつも、原点回帰して、

ひたすら楽しくテニスします!

今年もよろしくお願い致します。

オールサム代表 カツ

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム | コメントは受け付けていません。

錦織圭、大坂なおみ 4強入 全米

「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月27日~9月9日/ハードコート)の男子シングルス準々決勝で、第21シードの錦織圭(日清食品)が2014年覇者で第7シードのマリン・チリッチ(クロアチア)をが2-6 6-4 7-6(5) 4-6 6-4で破り、ベスト4進出を果たした。試合時間は4時間8分。

clip_now_20180906_071207

 グランドスラムで錦織が4強入りしたのは、2016年の全米以来で通算3度目となる。

 全米に2年ぶり9度目の出場となる錦織は、2014年にグランドスラム自己最高の準優勝。昨年は右手首のケガのため、欠場していた。前回プレーした2016年は、準決勝でスタン・ワウリンカ(スイス)に6-4 5-7 4-6 2-6で敗れていた。

 この結果で錦織はチリッチとの対戦成績を9勝6敗とし、全米では2勝2敗のタイに追いついた。2014年の決勝ではチリッチが6-3 6-3 6-3で錦織を倒し、グランドスラム初制覇を果たした。今シーズンは4月にモンテカルロ(ATP1000/クレーコート)の準々決勝で対戦し、錦織が6-4 6-7(1) 6-3で勝っていた。

 今大会での錦織は、1回戦でマクミリアン・マルテレル(ドイツ)を6-2 6-2 6-3で退け、2回戦はガエル・モンフィス(フランス)の第2セット途中棄権で勝ち上がり、3回戦で第13シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)を6-4 6-4 5-7 6-1で、4回戦ではフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)を6-3 6-2 7-5で破って8強入りを決めていた。

 錦織は準決勝で、第6シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)とジョン・ミルマン(オーストラリア)の勝者と対戦する。

NEW YORK, NY – SEPTEMBER 05: Kei Nishikori of Japan celebrates match point during his men’s singles quarter-final match against Marin Cilic of Croatia on Day Ten of the 2018 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 5, 2018 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Elsa/Getty Images)

 第20シードの大坂なおみ(20)=日清食品=が、日本女子シングルス初の全米4強入りを果たした。4大大会を通しても1996年ウィンブルドンの伊達公子以来、22年ぶりの快挙。

clip_now_20180831_065058

 第1セットは自分のサービスゲームでダブルフォルト1本を含む3ポイントしか落とさずに圧倒。第2セットも第1ゲームで相手の40―0から4連続ポイント。ブレイクに成功してこのセットも主導権を握った。第6ゲームで0―40のピンチを迎えたが、強気に攻めのサーブを続けて脱してキープに成功。第7ゲームは相手にダブルフォルトが2本出て、わずか57分で準決勝進出を決めた。

 以下、会見での主な一問一答

 ―今の気持ちを日本語で

 「うれしい。あと…なんて表現したらいいんだろう? relieved(ほっとした)」

 ―4回戦では泣いたが今回は泣かなかった

 「準々決勝を決めた時の方がもっと感情的だった。今はやるべきことに集中して、ビジネスのように考えられている」

 ―日本の報道陣がたくさんきていて、日本も興奮している

 「たくさん来てくれていてうれしいけれど、報道陣の多くはケイ(錦織圭)のためだと思う(笑い)続けて応援してもらいたい」

 ―日本女子で初めての全米4強

 「(3月に優勝した)BNPパリバ・オープン(米インディアンウェルズ)の経験が大きく役立っている。そのおかげで、ちょっと慣れて、今ここにいてもプレッシャーを感じずにいる」

 ―選手としての最大の目標は

 「若い選手は誰でも4大大会で優勝したい、世界1位になりたいと考える。もちろん私の目標もそう。でも、自分自身に過度なプレッシャーはかけていない。自分が優勝できる位置にいるということは分かっているけれど、その位置にいられることの喜び、目の前の1ポイントを取りたいと思う。こういった大会のファイナルステージにいる選手は本当にいい選手ばかり。誰もが優勝したいと思っていると思う」

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム | コメントは受け付けていません。

カリスマトレーナーが教える脚のエクササイズ

12/20(水) 21:00配信

ウィメンズヘルス

脚を鍛える最新の7分間エクササイズをお届け!【ウィメンズヘルス/フィットネス】

フィットネス界のカリスマ、カイラ・イチネスは2013年にアデレードで、女性向けに30分でできるエクササイズを教えることからキャリアをスタート。


女性テニスプレーヤーランキングへ

【動画】カイラ・イチネスの「7分間サーキットトレーニング」

それからたったの4年間でインスタグラムのフォロワー数は690万人となった。

そんなカイラの最新の脚のエクササイズをチェックする前に、脚についてのこの研究結果をチェックして。

2015年の研究では、鍛えられた太ももは鍛えられたマインドに匹敵するそう。この研究が掲載された専門誌「Gerontology」によると、双子で脚が25パーセント強い方は、弱かった方より精神的退化が5年間も遅かったという。


女性テニスプレーヤーランキングへ

つまり、きちんと鍛えられた脚は将来の脳にも役に立つということ。

カイラ・イチネスの脚のエクササイズ「7分間サーキットトレーニング」

タイマーを7分にセット。7分間でなるべく多くセットを繰り返す。

早くやりながらも、常に正しいフォームを意識するように。

1. ウェイトつきカーフレイズ(12回)

レッグプレスのマシーンでフットプレートに足をのせ、肩より少し広く足を開く。プレートを押す。これがスタートポジション。

ひざを少し曲げて足首を固定しながら、フットプレートを少し胸に近づける。こうすることで、親指が前に倒れて脚の後ろ側が伸びる。

脚の裏全体でフットプレートを押す。(つま先立ちをしているように)

フットプレートを少し下ろしてスタートポジションに戻る。

もし、レッグプレスマシーンがなければ、ステップの端をつかってカーフレイズを行って。床でやるよりも必要な動きができる。

2. イン・アウト・ジャンプスクワット(16回)

足を肩幅に開いて、両足を床にしっかりとつける。つま先はやや外側に開く。前を見ながらひざと腰を曲げる。ひざはつま先を向くように。

太ももが床と平行になるまでひざを曲げる。身体を少し倒して背中が45度に曲がるようにする。これが相撲スクワット。

次に、足を少し開く。同じように太ももが床と平行になるまでひざを曲げる。身体を少し倒して背中が45度に曲がるようにする。

身体を上げて、次は相撲スクワットのポジションになる。

相撲スクワットと足を閉じたスクワットを交互に行う。

3. ゴブレットスクワット(12回)

胸の前でケトルベルを両手で持ち、足を肩幅よりやや広いくらいに開く。これがスタートポジション。

正面を見ながら、ひざと腰を曲げる。このときひざがつま先を向くようにする。

太ももが床と平行になるまでひざを曲げる。身体を少し倒して背中が45度に曲がるようにする。

4. ケトルベル・スイング(20回)

胸の前でケトルベルを両手で持ち、足を肩幅よりやや広いくらいに開く。ひざを軽く曲げて、腰から上半身をやや前景させて、ケトルベルが両脚の間に来るようにする。これがスタートポジション。

太ももとおしりの筋肉をつかって、脚と腰を伸ばしながらケトルベルを肩の高さまで振り上げる。

ひざを曲げて、前傾姿勢になり、ケトルベルを下ろしてスタートポジションに戻る。

太ももとおしりの筋肉を意識して、ケトルベルを腕や肩で上げないように注意する。

※この記事は、UK版ウィメンズヘルスから翻訳されました。

 

カテゴリー: 15-0 NEWS, スキル・練習 | 投稿者オールサム | コメントは受け付けていません。

大坂なおみ学校訪問

大坂なおみ、都内の高校を笑顔で訪問「見てまわるだけでとても楽しかった」

ショットの安定をテーマに掲げて挑んだ、大坂なおみ選手の2017シーズン。四大大会では苦しむ場面もあったが、10月の香港オープンでは世界ランク5位のビーナス・ウイリアムズを撃破。「夢が叶った」とツイートし、改めて世界トップへの道を歩み始めた。そんな大坂なおみ選手が来日し、都内の高校を訪問。自ら生徒と記念写真を撮ったり、英語の授業に参加したり、”つかの間の高校生活”を笑顔で楽しんだ。

12月某日、WTA世界ランキング68位(2017.11.27現在)の大坂なおみ選手が、WOWOWの特集番組収録のため東京都内の某高校を訪れた。到着するなり生徒からの声援に応え、ニコニコと笑顔を見せる彼女は、興味津々で校内を散策。特に、畳が敷かれた作法室では「クール」を連発し、松の扉絵の前で”自撮り写真”をパチリ。他にも調理実習室で実験用具のビーカーに触れたり、テニスコートや屋上庭園を見てまわり、日本の高校生活を珍しそうに眺めていた。

在校生が学ぶフロアでは、ハニカミながら教室を覗いたり、歓喜する生徒が集まる中でも一緒に写真を撮ったり、常に自然体で対応。体育館では生徒に混じってバスケットボールも体験。なかなかボールが回ってこず、渾身のシュートも外れたが、笑顔で日本人高校生との交流を楽しんだ。
さらに食堂では、本人がとても楽しみにしていたという、食券を買っての学食での食事も経験。うどんを食べながら、「お箸がうまく使えない…」と恥ずかしがっていたが、願いが叶い満足そうな表情を浮かべていた。
そして、高校の英語の授業に生徒として参加。最初に自己紹介をして、英語の曲の穴埋め問題に挑戦。授業中にスマホで撮影している最中に先生からあてられ、一瞬焦りの表情を見せたものの、完璧な英語で答えて生徒から羨望のまなざしを集めていた。

大坂なおみ選手は、今回の学校訪問の感想を「本当に楽しかったです。見ているだけで興味深いものばかりだったし、校内を歩いているだけで面白かったです。バスケットボールは、私が下手だからちょっと恥ずかしかったけど…でも、楽しめました」とコメント。最後までとても楽しそうな笑顔を浮かべ、学校を後にした。

(c)テニスデイリー

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム | コメントは受け付けていません。