月別アーカイブ: 2017年1月

全豪決勝男女30代

20170117_4_546

いよいよ全豪決勝!
なんと、男女とも30代だそうです。

男子シングルス
フェデラー35歳
ナダル30歳

女子シングルス
セリーナ35歳
ビーナス36歳

30代の男女シングルス4選手が四大大会の決勝へ進出するのは、1968年のオープン化以降で初だそうです。

さらに、この4選手が揃って四大大会の決勝の舞台に立つのは、2008年のウインブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)以来。

10年経って同じカードって……すご過ぎ!

姉妹対決も、珍しくなくなってしまったけど、未だに衰えない二人には圧巻( ; ゜Д゜)

楽しみな決勝ですね。

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム 10:49 | コメントをどうぞ

サーブのグリップとスイングを合わせる

力の伝達が良くなるように、サーブのスイングを、前回説明したコンチネンタルグリップでうまくやる方法を考えてみましょう。
ノーフォームで打ってみる
 自分もそうだし、コーチとして生徒さんの打球法を見ていると、トスアップですでに形ができてしまって、そこでついた癖が変えられない、ということがよくあります。
ラケットを動かしてボールに当てると、飛んでいく
 という「当て方」だけを要素としてピックアップしてやってみれば、そこに感覚がついた状態でスイングを改めて自分なりに消化できるようになります。
 fullsizeoutput_2e1
(写真1=横から見たスイングスタート)
これを
 fullsizeoutput_2e4
(写真2=横から見たフィニッシュの形)
こんな感じで
とりあえず以前に説明したように、ラケットの先端についた水滴を払って飛ばすような感じでピュッと振ります。
ここで、意識が「サーブの練習なんだ」と考えてしまう人の中に、スイングのスタート時のラケット面が
 fullsizeoutput_2d6
(写真3=上向き面を後ろから)
こんな風に上向きになってしまう人もいるはずです。これだけは厳重注意!
これが一番のパワーロスになります。
動きに向きの感覚のない人や、肘(上腕)のひねりができないようなときに、こんな形になりやすいものです。
面の向きを最初からむけておいた方がミスが少ない、とか、
腕を速く振らないとボールが飛んでいかない、とか、
この形だと、コンチネンタルでは握っていなくて、前回説明したようにヒールの部分がグリップに密着しない状態になり、ヘッドがブレるようになります。
手では向きを意識して振っているのに、同じように打ってもショットが安定しない、なんてことになります。
この形でも、指から手のひらの方にしっかり握るようになると、
 fullsizeoutput_2dd
(写真4=面が横向き)
こんな感じになります。腕の形はほぼ一緒ですね。手のひらを上向きからタテにしただけ。
小指のあたりを中心に、ピュッと払うようにする、と、ヘッドにスピードが乗ります。
ボールを投げてコントロールするときにも、このような腕の使い方をします。人差し指と中指はボールにかかっていて、腕を振りながら狙ったラインに載せるようにボールを押し出していくような動きがスナップです。
ここでは低い位置でスナップを使ってヘッドを出す画像ですが、トスを上げてこのラケットを当てるようにするときには、自然に肘が伸びて、打点は高めに取れるようになるはずです。
なぜなら、腕の骨がそういう風にできているから。
プロネーションは、肘が一旦伸びるような動きになっていきますので、頭上のボールを追ってスイングをして、狙いのラインに載せるような動きをするときには、骨の動きで腕が伸ばされて、そのぶんだけさらにパワーが増幅されて当たるようになります。
ライター:永木康弘

テニス歴31年、46歳。フリーテニスコーチ。
専門学校時代に雑誌編集を学び、雑誌社で編集のアルバイトを経験。
テニスコーチとして勤務を続け、41歳で独立。現在はフリーのスクールコーチとして活躍中。
関東・関西の首都圏で行われているジュニア向けのテニスキャンプや、ワンデイクリニックなどを担当。
カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム 11:50 | コメントをどうぞ

【動画】ジュニア女子選手号泣、ボールボーイにボールぶつけ失格 全豪OP

【AFP=時事】全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2017)のジュニア女子シングルスに出場したイタリア人選手が、ボールボーイにボールを当てたとして失格になったと、24日に報じられた。
【写真特集】AFPのカメラがとらえたテニス選手のオフショット
マリア・ビットリア・ビビアーニ(Maria Vittoria Viviani)は、偶発的とみられるこの出来事について何も間違ったことはしていないと主張しており、ボールボーイには直ちに謝罪している。
試合の映像を見ると17歳のビビアーニは、中国選手との試合でのポイント後にボールをラケットで軽くたたくと、すぐさま手を挙げてボールボーイに謝っていた。
豪フェアファックス・メディア(Fairfax Media)は、「まだショックです。誰もこの状況にすっきりすることができない昨日は本当に最悪の一日でした」とビビアーニの言葉を伝えている。
「厳しすぎます。1時間半泣きっぱなしでした。泣きじゃくりました。私も、私のことを知っている人も、みんな私が間違ったことをしていないと分かっています」
「私は何もしていないから、大丈夫です。この出来事がより良い選手になる力になります」
ソーシャルメディアでファンは、トップ選手が同様の行動をしたとしても処分を受けることはないと指摘し、ビビアーニを擁護している。
ビビアーニはまた、「試合を楽しんでいました。ボールボーイが動いたところで、私はボールを当ててしまいました。すぐに謝って、彼も大丈夫でした。彼はボールを手にして、試合が再開するのを待っていたんです」と続けた。
「この大会に向けて3か月間プレシーズンを過ごしていたので、頭にきました。私たちはイタリアからやってきたんです。かなり遠いんですよ。フライトは24時間かかりました。ただの遊びではなく、仕事なんです。だからより傷つきました」 【翻訳編集】 AFPBB News

というニュース記事を見つけました。

問題のシーンはこれ

 

う~ん・・・これはちょっと厳しすぎるか・・・

コードバイオレーションで警告とか失点ならまだしも、一発失格というのは可愛そうな気もします。もちろん、失格を下した判定を批判しているわけではないのですが・・・

見た感じ、故意って感じでもないんですが・・・

100歩譲って、失格が妥当だとすると、ラケットへし折ったり、観客席にぶち込んだりっていうトップ選手も失格にして欲しいですね~。

カテゴリー: 話題のニュース | 投稿者オールサム 12:49 | 1件のコメント

全豪バンダウェイ対ムグルーサ

20170124_vand_546

バンダウェイ 〇 6-4, 6-0 ムグルーサ

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム 12:17 | コメントをどうぞ

マレー対ズベレフ ハイライト

マレー 5-7, 7-5, 2-6, 4-6 〇ズベレフ

 

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム 13:24 | コメントをどうぞ

錦織対フェデラーハイライト

全豪オープン

錦織対フェデラー

錦織● 7-6 (7-4), 4-6, 1-6, 6-4, 3-6 〇フェデラー

 

 

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム 13:22 | コメントをどうぞ

注目の全豪公式グッズ

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

2016全豪テニス スポーツタオル オフィシャル 59×90cm ブルー 687449
価格:6481円(税込、送料別) (2017/1/18時点)

 

 

 

 

 

 

 

 

ライター:
山本 智則
テニス歴18年。スポーツショップ勤務。
関東の体育大学を卒業後、スポーツメーカーの営業を経て、地方のスポーツショップにてストリンガーとして勤務。

カテゴリー: テニス関連グッズ | 投稿者オールサム 08:42 | コメントをどうぞ

西岡、大阪 全豪2回戦動画

naomi_546_170119

 

▲オーストラリアンオープン2回戦 西岡良仁対バウティスタ・アグ

▲大阪なおみ対ヨハン・コンタ

 

今回、西岡の試合をじっくり見たのは初めてでした。

いやいや、すばらしい!!ストロークの良さはトップ選手にも引けを取らないし、サウスポーから繰り出されるアドサイドの切れていくサービスはトップ選手と言えども苦しめられる武器ですね。

それでも、大事な場面ではさすがのバウティスタアグ。回り込みフォアでガンガン叩き込む。あっぱれですね。

大阪なおみは、まだまだ波が激しく粗削りって感じで、伸びしろを感じます。今年から来年にはグランドスラム制覇もありえるんじゃないでしょうか。

錦織以外にも、まだまだ楽しみな日本人選手がいますね。

錦織の3回戦は17時から!応援しましょう!!

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム 11:34 | コメントをどうぞ

全豪2回戦ジョコ敗退

20170119_ist_546_02
いや~やっぱ何かが起きるグランドスラム!!
なんだけど、いくらなんでもジョコビッチが2回戦で負けるなんで想像もしませんでしたね。

ちなみに、ジョコビッチから大金星を挙げたデニス・イストミンとは・・・

ウズベキスタンの男子プロテニス選手。ソビエト連邦(現ロシア)領のオレンブルク生まれで、ロシアの首都モスクワに在住している。これまでにATPツアーでシングルス1勝、ダブルスで2勝を挙げている。自己最高ランキングはシングルス33位、ダブルス59位。身長188cm、体重88kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。ウズベキスタン出身のプロテニス選手として2015年に250シリーズの大会で初めてのツアー優勝を成し遂げた。
5歳からテニスを始め、現在に至るまで母親のコーチを受ける。まだ14歳半だった時の2001年4月、デニスは初めて男子ツアー最下部のトーナメントに出場したが、その時に自動車事故で脚の大けがを負った。手術で80針を縫い、3ヶ月間の長期入院生活を送り、それから2年間テニスのラケットを握れなかったという(男子ツアー公式サイトの紹介文による)。生死の境を乗り越えて、2003年からテニスの練習を再開し、2004年から本格的な競技生活に入る。2005年から、彼は男子テニス国別対抗戦・デビスカップウズベキスタン代表に選ばれた。
2006年全豪オープンで4大大会初出場。2008年全豪オープンで、初めてシングルスの初戦を突破し、レイトン・ヒューイットとの2回戦に進出する。2009年、イストミンは男子ツアーとデビスカップで目覚ましい躍進を見せた。全豪オープンで2年連続の2回戦に進んだ後、3月6日-8日のデビスカップ2009「アジア・オセアニアグループ1」初戦で韓国に勝ち、2か月後の5月8日-10日に行われた同グループ準決勝でウズベキスタンは日本を3勝2敗で退けた。イストミンは杉田祐一とのシングルス第1試合とダブルス第3試合に勝ち、チームを初めての「ワールドグループ・プレーオフ」へ導いた。この後、彼は全米オープンで初の3回戦進出を決め、当地の男子選手として史上初の里程標に到達する。この3回戦ではマリン・チリッチに1-6, 4-6, 3-6のストレートで完敗した。全米オープン終了後、9月18日-20日に行われたデビスカップ「ワールドグループ・プレーオフ」で、ウズベキスタンはセルビアと対戦した。ビクトル・トロイツキやヤンコ・ティプサレビッチなどを擁する強豪チームには5戦全敗に終わり、初のワールドグループ(最上位グループの16か国)進出はならなかったが、イストミンの活躍でこの小国はデ杯のチーム最高成績を出した。
2010年全豪オープンでも、イストミンは男子シングルス3回戦まで勝ち上がった。2大会連続の進出となった3回戦では、第3シードのノバク・ジョコビッチから4ゲームしか奪えず1-6, 1-6, 2-6の完敗に終わった。8月のパイロット・ペン・テニスではツアー初の決勝進出を果たしたが、セルジー・スタホフスキーに6–3, 3–6, 4–6で敗れた。11月の広州アジア大会では準決勝で、日本の添田豪に6–1, 6–0で完勝したが、決勝でソムデブ・デバルマン(英語版)に1–6, 2–6で完敗し銀メダルを獲得した。
イストミンは2012年2月のSAPオープンでツアー2度目の決勝に進出した。決勝では前年優勝者のミロシュ・ラオニッチに6–7(3), 2–6で敗れ初優勝を逃した。2012年ウィンブルドン選手権で初めて4回戦に進出した。4回戦でミハイル・ユージニーに6–3, 5–7, 6–4, 7–6(5), 5–7のフルセットで敗れベスト8進出を逃した。7月のロンドン五輪に初出場した。シングルス1回戦で第14シードのフェルナンド・ベルダスコに6–4, 7–6(9)で勝利しロジャー・フェデラーとの3回戦まで進出した。8月13日付の世界ランキングで自己最高の33位になった。
2013年全米オープンでは1回戦でニコラス・アルマグロ、3回戦でアンドレアス・セッピを破り4回戦に進出した。4回戦でアンディ・マリーに7-6(5), 1-6, 4-6, 4-6で敗れた。10月のクレムリン・カップのダブルスでミハイル・エルギンと組んで優勝し初のATPタイトルを獲得した。
2015年のシーズンに入ると自身の世界ランキングを92位まで落としたが、6月のウィンブルドン選手権の前哨戦のノッティンガム・オープンをノーシードながら準決勝のマルコス・バグダティスの途中棄権もあり、決勝まで進み第12シードのサム・クエリーと対し、7-6(1), 7-6(6)の二度のタイブレークを制し、自身初めてのATPツアーのタイトルを手に入れた。
2016年の前年覇者として迎えた芝大会のノッティンガム・オープンでは1回戦で格下の世界ランキング90位のダミル・ジュムフールに第1セットは奪うものの、その後は挽回されフルセットで敗れ初戦負けとなり前年度のポイントを守ることが出来なかった。
2017年全豪オープンにはワイルドカードで出場し、2回戦で2連覇中で世界ランク2位のノバク・ジョコビッチを7-6(8), 5-7, 2-6, 7-6(5), 6-4で破る大金星をあげた。

とま~、早くもウィキペディアに大金星が掲載されていますね。

 

マレーも足首捻ってヒヤッとする場面がありました。

こんな事を考えてはいけないんでしょうが・・・

『錦織チャンス!!』

このチャンスを活かしてグランドスラム初制覇して欲しいです。

 

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム 09:30 | コメントをどうぞ

コンチネンタルグリップの握り方

コンチネンタルグリップの握り方
合わせ方で感覚が変わる
コンチネンタルグリップの握り方って聞いて、「うわっ苦手!」と思う人、結構いると思います。
ちゃんとできることで恩恵がかなりあるので、コーチとしてはこの感覚は必須だと思っているのですが。。。
サーブのインパクトの回の後は、そのインパクトを満足させる「手の感触」(=打球感覚)のために、
・ヘッドがよく動いて
・ラケットがブレない
・再現性の高い
=理想的なインパクトのための握り方を考えてみたいと思います。
※勘違いしていることが多い※
手に印をつけて、よく教わるコンチネンタルグリップの説明を反芻してみましょう。
IMG_0060
(写真1)=手のひら側から印が見える
なんかちょっと自分の足とか写り込んでますが、無視しましょう(汗)。
人差し指の付け根(Knackl Padナックルパッド)と親指の付け根に印をつけて、握っても見えるように手の甲側まで線を伸ばしてみました。
IMG_0061
(写真2)=手の甲側から印が見える
IMG_0067
(写真3)=フレームを挟んでいる
よく言われるのが、フレームをこの二つの目印で挟んで、グリップエンドまでおろしてそのまま握る、ですね。
これで正解が出る人もいますが、ここでちゃんと出来ない人もいるんです。
IMG_0068
(写真4)=親指側にグリップが寄って、小指の付け根が余る
二つの目印の位置を合わせて、この指の「谷間」で挟んだ時に、谷間の奥に押し付けようとするとこうなります。
よくみてください、小指の付け根が丸見えになっていますね!これだと握ってもうまくうごかせなかったりします。
これ、フォアハンドコンチとも言いますが、フォアハンドに違和感が出て(フォアの握りの方がちゃんと力が入る)、なおかつバックハンドには全く力が入らない、というなんとも不思議な握りだと感じる人も出てきます。(スイング方向=スライスの上手い人には、これでイケちゃう人もいます)
そんな方には、こういうアクセスの仕方を試してもらいます。
指だけで持つ
IMG_0069
(写真5)ー指側だけで持つ 手のひらがほぼ全部見える
こんな感じ。
ラケットの方にも角がわかりやすいようにマジックで線を引いてあります。
手の印とグリップの線は、後から合わせても大丈夫ですから、まずは写真のように手のひらを使わずに持てるかどうかやってみましょう。
お寿司を作るのに、巻き簀に具を入れた段階のような感じです。
で、指から手のひらの方にくるっと巻くようにして押し付けます。
多分、写真の通りの状態からだと、グリップが指で巻かれて薄くなりすぎる(バックハンド寄りの握りになる)可能性が大いにありますから、手の印と線は後からで大丈夫、と説明したんです。
とりあえず、こんな風になりませんか?
IMG_0070
(写真6)=ヒールが見えた状態の握り
この形になると、かなりしっかり握れます。
フォアハンドコンチとの違いは、小指の下側の手のひらが、手首側にかなり余って見えますね。この部分を「ヒール(踵)」と呼びます。
上から見ると(線を合わせた後)、こんな
IMG_0071
(写真7)=手の印とグリップの線が見える
この写真の側から見ると、腕の骨とラケットフレームが一直線。
上の写真(手のひら側から)見ると、腕とラケットのなす角がこれ以上はまっすぐにしづらいくらいになりますね。
指で握る力を入れて、手のひら側がそれに挟み合うような力が入れやすいために、握りがしっかりします。こうすると、トップスピン方向のスイングにはうまく力が入らず、スライスのスイング=刀で斬りつけるような動きに対して力が入るようになります。
サーブのスイングは、まずここからできるようにしないと、前回のインパクトに向けてのスイングというか、手首からラケットの動作が満足に出来ません。
ちなみに、この手のひらが少し手首側に余って見えるような感じであれば、多少フォアハンド寄りになっても、バックハンド寄りになっても、同じように扱える範囲があります。スイング方向と打球方向の感覚がちょうど合うところを見つけられれば、これでサーブやスマッシュ、フォアボレーとバックボレーの全てがバランスよくしっかり打てるようになります。
刀で斬りつけるような動き、ができればですが。
ライター:永木康弘

テニス歴31年、46歳。フリーテニスコーチ。
専門学校時代に雑誌編集を学び、雑誌社で編集のアルバイトを経験。
テニスコーチとして勤務を続け、41歳で独立。現在はフリーのスクールコーチとして活躍中。
関東・関西の首都圏で行われているジュニア向けのテニスキャンプや、ワンデイクリニックなどを担当。
カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム 11:45 | コメントをどうぞ