全豪オープン最終日 無敵の王者ジョコビッチがいた

日曜日曇り 晴れ

全豪オープン男子決勝戦 ジョコビッチVSマレー戦はいつもの夕刻から行われた。往年の名選手の一人ビランデル氏のコメントでは、今のジョコビッチはコートに立つ「壁」だよといわしめた。

ファースト、ジョコビッチのサービスで始まりブレークチャンスあり、熱戦が予想されるゲーム目をブレークされると02 そして05とフェデラー戦を思いおこす内容16でマレーはファーストを落す。16。

セカンドになると奮起したマレーは攻撃的なテニスを展開して33まで行くが34とブレークされると奮起してブレークを返して44。しかし55でまたもブレークを許して56ジョコビッチはキープしてしてセカンドももぎ取る。マレー57。

確かにマレーのテニスは本調子となり、火花を散らすかのよな壮烈な打ち合いが観衆のどよめきを呼び、決勝戦にふさわしい戦いであったが、なにせコートに立つ「壁」はまさにその通りで最後にはマレーの放つボールを弾き返していた。

3セット目はいきなりジョコビッチがブレークして危ぶまれたがマレー01 02 12 13 23からブレークして33 55  66と必死で頑張りタイブレークに持ち込んだが、マレーの踏ん張りもそれまでだった。いきなりミニブレークを許しダブルフォール2本とサービスノータッチエースを1本くらい、どうすることもできなかった。マレーの67とセットカウント03の敗退、ただただため息が出るばかりでした。

g_ndjokovic_310116_297

f_MensFinal_310116_66

f_MensFinal_310116_65
 

↓プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint







 




カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:25 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">