日別アーカイブ:

錦織圭 トミック戦の勝因とは

clip_now_20180706_072714

<テニス:ウィンブルドン>◇5日(日本時間6日)◇ロンドン◇男子シングルス2回戦

 世界28位の錦織圭(28=日清食品)が、4大大会本戦自身最多の24本のサービスエースをたたき込み、芝の難敵に競い勝った。184位と世界ランクを落としているが、11年ベスト8で、最高17位にまでなったトミック(オーストラリア)を2-6、6-3、7-6、7-5の4セットで振り切り3回戦進出だ。この1勝で、大会15勝目。佐藤次郎を抜いて、日本男子単独最多となった。


プロテニスランキング

 直線的な球を、矢のような勢いで打ってきたかと思えば、全くの勢いがない死に球が飛んでくる。トミックのスタイルは、芝の球が弾まない特性を生かしたプレーで、錦織は、分かっていながらも手を焼いた。「どっちに転んでもおかしくない展開だった」。

 危ない場面も何度もあった。第3セットの4-5での第10ゲーム。2本連続のセットポイントを握られたが、3本のサービスエースなどで逃れた。「今日はサーブに救われた部分はあった。ファーストでエースだったり、エラーを引き出せた」。その第3セットをタイブレークで奪えたのが大きかった。

 課題と言われているサーブは、錦織自身もいろんな工夫を凝らしている。今大会から、第2サーブになったとき、ボールボーイから球を受け取るやり方に変えた。前までは、第1サーブの前に、2個球を受け取り、1個はポケットにしまっていた。

 変えた理由は「一球入魂です」。実は「(第2サーブで)ボールを受け取るのがめんどくさくなる。だから、なるべくファースト(第1サーブを)を入れたいと思う」のが、正直な理由だ。それだけ、何とか第1サーブを入れようと考え、この日は64%が入り、自身最多の24本のエースにつなげた。

 次戦は、テニス界の悪童キリオス(オーストラリア)が相手だ。対戦成績は錦織の3戦全勝。しかし、今大会、4番目に速い時速222キロのサーブは、芝では脅威だ。「何せサーブがすごい。攻略できるか分からないが、自分のサービスゲームをなるべく集中してやらないと勝てない」。それには、この日のサーブが必要になる。

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 18:54 | コメントは受け付けていません。

PRO STAFF RF97 AUTOGRAPHについて

かなーり久しぶりです!カツです。


テニススクールランキング

ボーナスシーズンがやって参りましたね。
となると、ニューラケットが欲しくなるというのは、人の心理として当然の事。

私も、あれこれ試しては見ているんですが、昔みたいにジャストフィットする代物とは出逢えていなんですね~。最近では285g前後が振り回しやすいかなーなんて思い出して来ているんですが、ここで原点回帰!!

フェデラーモデルを使ってみようかなーって思い出したわけです。

clip_now_20180705_212516

昔とは違い、フェデラーも97inchになったので、素人でも使いやすくなったと思います。

やはり、ここは340gに拘りたいと思っています。
同じフレーム厚21.5mmでも、315gと340gがあるみたいですね。

clip_now_20180705_212524

バランス30.5cmは理想的なトップライトです。

個人的にはヘッドが走りすぎる癖があるので、トップライト位が丁度良いんですよねー。

ただ不安が残るのは340gを振り回せるのか!?というところ。ダブルスでボレー合戦になったときにいなしこなせるんかなー?ってとこですね。

サーブ、スマッシュは明らかに速くなると思います。

もう買う気満々なので、次回は購入後のレポートをお届けしたいと思います。お楽しみに!

カテゴリー: テニス関連グッズ | 投稿者オールサム 06:25 | コメントは受け付けていません。