兵庫 ノアCH男子テニス開幕

兵庫ノアCH 添田豪が初戦快勝、慶應の上杉海斗は予選突破

tennis365.net 11/7(月) 20:47配信

兵庫ノア・チャレンジャー

男子テニス下部大会の兵庫ノア・チャレンジャー(日本/兵庫、室内ハード)は7日、シングルス1回戦が行われ、第4シードの添田 豪(GODAIテニスカレッジ)が関口 周一(Team REC)を6-1, 6-0のストレートで下し、危なげなく初戦突破を果たした。

【添田 ユーズニーに屈し準優勝】

2回戦では、越智 真(江崎グリコ)と大西 賢(ノア・インドアステージ)の勝者と対戦する。

その他の日本勢では吉備 雄也(ノア・インドアステージ)、今井 慎太郎(東通産業)も2回戦進出を決めた。

また、この日は予選決勝も行われ、上杉 海斗(慶應義塾大学)が島袋 将(早稲田大学)を破り、本戦入りを果たした。

昨年の兵庫ノア・チャレンジャーではJ・ミルマン(オーストラリア)がダニエル 太郎(エイブル)をストレートで下し、初代王者に輝いた。

日本人のシード勢は第1シードが杉田 祐一(三菱電機)、第2シードが西岡 良仁(ヨネックス)、第3シードがダニエル、第4シードの添田、第8シードが伊藤 竜馬(北日本物産)。

同日のダブルス1回戦では綿貫 裕介(橋本総業ホールディングス)/ 綿貫 陽介(グローバルプロテニスアカデミー)組が第3シードのH-Y・ペン(台湾)/ 内山 靖崇(北日本物産)組を接戦の末に破り、ベスト8進出を果たした。

tennis365.net

本戦がスタート、添田豪と吉備雄也が初戦突破

THE TENNIS DAILY 11/7(月) 21:00配信

「兵庫ノアチャレンジャー」(兵庫県三木市・ブルボンビーンズドーム/本戦11月7~13日/賞金総額5万ドル/室内ハードコート)の本戦が始まり、初日はシングルス1回戦3試合とダブルス1回戦2試合および予選決勝4試合が行われた。

吉備雄也がチャレンジャー大会で2度目の4強入り [成都チャレンジャー]

シングルスの日本勢は、第6シードの添田豪(GODAIテニスカレッジ)が関口周一(Team REC)を6-1 6-0で、吉備雄也(ノア・インドアステージ)はワイルドカード(主催者推薦枠)の高橋悠介(フリー)を6-2 6-7(4) 6-3で下して2回戦に駒を進めた。

ダブルスでは、ダニエル・マズア(ドイツ)/アンテ・パビッチ(クロアチア)と綿貫陽介(グローバルプロテニスアカデミー)/綿貫裕介(橋本総業ホールディングス)が初戦を突破した。

予選決勝は第1シードのキム・チョンウィ(韓国)、第4シードのリー・クアンイ(台湾)、今井慎太郎(東通産業)、ワイルドカードの上杉海斗(慶應義塾大学)が勝ち上がり、本戦入りを決めている。

11月8日(火)は11時00分から、シングルス1回戦8試合とダブルス1回戦3試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

◇   ◇   ◇

【シングルス1回戦】

○24添田豪(GODAIテニスカレッジ)[4] 6-1 6-0 ●23関口周一(Team REC)

○25チョン・ヒョン(韓国)[5] 6-1 6-3 ●26ホン・ソンチャン(韓国)

○29吉備雄也(ノア・インドアステージ)6-2 6-7(4) 6-3 ●30高橋悠介(フリー)[WC]

——————–

【ダブルス1回戦】

○9ダニエル・マズア/アンテ・パビッチ(ドイツ/クロアチア)7-6(5) 6-3 ●10ローラン・ロコリ/アクセル・ミション(フランス)

○11綿貫陽介/綿貫裕介(グローバルプロテニスアカデミー/橋本総業ホールディングス)[WC] 2-6 6-3 [11-9] ●12ペン・シェンイン/内山靖崇(台湾/北日本物産)[3]

——————–

【シングルス予選決勝】

○1キム・チョンウィ(韓国)[1] 6-1 6-3 ●8セルゲイ・ベトフ(ベラルーシ)[7]

○15上杉海斗(慶應義塾大学)[WC] 6-3 1-6 6-2 ●10島袋将(早稲田大学)

○19今井慎太郎(東通産業)6-3 6-3 ●24竹内研人(北日本物産)[6]

○25リー・クアンイ(台湾)[4] 6-1 4-6 6-3 ●29望月勇希(中央大学)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

 

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム 01:43 | コメントをどうぞ

安藤証券OP 女子テニス開幕

波形純理と今西美晴が予選を突破 [東京/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 11/7(月) 19:03配信

「安藤証券オープン 東京」(東京都江東区・有明テニスの森公園コート/本戦11月8~12日/賞金総額10万ドル/ハードコート)の予選3日目は、シングルス予選決勝とダブルス予選が行われた。

波形が大前を破って初優勝、ダブルスとの二冠を達成 [島津全日本室内]

シングルスは第2シードのジェイミー・ローブ(アメリカ)、第3シードのアン ソフィー・メストフ(ベルギー)、波形純理(伊予銀行)、今西美晴(島津製作所)の4人が予選突破を果たした。

ダブルスではカモンワン・ブアヤム(タイ)/リー・ヤーシュエン(台湾)とルクシカ・クンクン/ニチャ・ラピタクシンチャイ(タイ)が本戦入りを決めている。

11月8日(火)から本戦がスタートする。初日は10時00分から、シングルス1回戦6試合とダブルス1回戦6試合が予定されている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

◇   ◇   ◇

【シングルス予選決勝】

○7今西美晴(島津製作所)6-1 6-4 ●1セニア・リキーナ(ロシア)[1]

○9ジェイミー・ローブ(アメリカ)[2] 6-3 4-6 7-5 ●16大前綾希子(島津製作所)[6]

○17アン ソフィー・メストフ(ベルギー)[3] 6-2 4-6 7-6(5) ●24カタジーナ・ピテール(ポーランド)[5]

○28波形純理(伊予銀行)2-6 6-0 7-5 ●32ジャスミン・パオリーニ(イタリア)[7]

——————–

【ダブルス予選】

○2ルクシカ・クンクン/ニチャ・ラピタクシンチャイ(タイ)6-4 6-4 ●1ジェシー・ロンピス/高畑寿弥(インドネシア/橋本総業ホールディングス)[1]

○4カモンワン・ブアヤム/リー・ヤーシュエン(タイ/台湾)[2] 6-3 7-6(7) ●3加治遥/宮原未穂希(園田学園女子大学/TEAM 自由が丘)[WC]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム 01:37 | コメントをどうぞ

マレー 初世界ランキング1位

世界1位となるマレーが大会初優勝で華を添える [パリ/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 11/7(月) 17:00配信

フランス・パリで開催された「BNPパリバ・マスターズ」(ATP1000/10月31日~11月6日/賞金総額374万8925ユーロ/室内ハードコート)のシングルス決勝で、第2シードのアンディ・マレー(イギリス)がジョン・イズナー(アメリカ)を6-3 6-7(4) 6-4で破り、今大会の初優勝を飾った。月曜日に発表される最新世界ランキングで1位となることが確定しているマレーは今、キャリア最良のシーズンを過ごしている。

マレーが今季8勝目、ジョコビッチの7勝を抜き単独1位 [BNPパリバ・マスターズ]

これはマレーにとって今季8つ目のタイトルであり、ATP1000のマスターズ優勝は14度目。その勝利はまた、対戦相手のイズナーのマスターズ初優勝の夢を砕くものでもあった。

「試合前は、すごくナーバスになったんだ」とマレーは言った。過去のイズナーとの7対戦のすべてで勝っていたにも関わらず、だ。

マレーは月曜日にランキングが更新されると、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)に替わって世界1位の座につくことになる。

「一週間だけのことかもしれないから、今は首位の座を楽しむようにしようと思う」とマレー。「ATPファイナルズのときに1位の座を失って、決してそこには戻れないかもしれないしね」。

29歳のマレーは、その新しいステータスに慣れようと努力しているところだ。

「世界1位になったことを実感しているのかどうか、よくわからない」とマレー。彼は3度グランドスラムで優勝し、2度五輪の金メダルを獲得した。「グランドスラム大会やオリンピックで優勝したときとは、違った感じがする」。

何より、お祝いメッセージの数が大いに違うという。

「ここまでの人生でプレーした、どの試合のあとに受け取ったメッセージよりも多い」とマレーは言った。「ほかの選手たちからの敬意も得られて本当に素敵なことだ」。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

元王者ナダル、初の世界1位マレーを祝福「おめでとう」

tennis365.net 11/7(月) 17:31配信

マレーの世界ランク1位を祝福

男子テニスで元王者のR・ナダル(スペイン)は6日に自身のフェイスブックを更新し、イギリス人選手で初の世界ランク1位へ上り詰めたA・マレー(英国)に「友人のアンディ・マレー、世界1位おめでとう!」と綴り、祝福した。

【錦織に惜敗ナダル 主審に抗議】

2008年に世界王者の座を手にしたナダルは、これまでキャリア通算69勝を誇る。そのうち、グランドスラムは14度優勝し、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)では最多の9勝をあげている。

さらに、2008年の北京オリンピック(中国/北京、ハード)で金メダルを獲得し、史上2人目で現役選手唯一のキャリア・ゴールデン・グランドスラムを達成している。

現在30歳のナダルは近年思うような戦いが出来ず、最多10勝目を狙った今年の全仏オープンでは左手首を負傷して3回戦を前に棄権。ナダルがグランドスラムで最後に優勝したのは2014年の全仏オープンで、2015・2016年と2年連続で四大大会無冠のシーズンを送っている。

また、2001年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)と2002年のウインブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で優勝している元世界王者のL・ヒューイット(オーストラリア)はマレーの世界ランク1位について、自身のツイッターで「世界1位を受け取るに値する」と綴っている。

tennis365.net

世界ランキング、ジョコビッチ 122週で2年ぶり2位へ転落

tennis365.net 11/7(月) 19:32配信

世界ランキング

男子テニスの11月7日付ATP世界ランキングが発表され、BNPパリバ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)で準々決勝敗退となったN・ジョコビッチ(セルビア)は前回から2,120ポイント失い1つ下げてA・マレー(英国)に抜かれ、2014年の7月7日から122週連続で守ってきた世界ランク1位から2年ぶりに2位へ転落した。

【錦織らファイナルズ 8選手出揃う】

BNPパリバ・マスターズで決勝に進出した場合、ジョコビッチは世界ランク1位をキープしていたが、準々決勝で過去14連勝中だったM・チリッチ(クロアチア)にストレートで敗退。さらにマレーが決勝へ進出したことで2位が確定した。

7月のロジャーズカップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)以降優勝のないジョコビッチは、13日に開幕するATPワールドツアー・ファイナルズ(イギリス/ロンドン、ハード)で5年連続の優勝を狙う。

11月7日付の男子ATP世界ランキングは以下の通り。
※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント

■1位[ +1 ]…A・マレー
11,185ポイント(10,985ポイント)

■2位[ -1 ]…N・ジョコビッチ
10,780ポイント(12,900ポイント)

■3位[ - ]…S・ワウリンカ(スイス)
5,115ポイント(5,865ポイント)

■4位[ +1 ]…M・ラオニチ(カナダ)
5,050ポイント(4,690ポイント)

■5位[ -1 ]…錦織圭(日本)
4,705ポイント(4,905ポイント)

■6位[ +1 ]…G・モンフィス(フランス)
3,625ポイント(3,635ポイント)

■7位[ +3 ]…M・チリッチ
3,450ポイント(3,100ポイント)

■8位[ -2 ]…R・ナダル(スペイン)
3,300ポイント(4,080ポイント)

■9位[ -1 ]…D・ティエム(オーストリア)
3,215ポイント(3,250ポイント)

■10位[ +1 ]…T・ベルディヒ(チェコ共和国)
3,060ポイント(3,060ポイント)

tennis365.net

 

カテゴリー: 話題のニュース | 投稿者オールサム 01:16 | コメントをどうぞ

炎の体育会TV 松岡修造のボレー指導

寒のもどりってやつですか?
ここ数日寒くなりましたね~。
これから段々と暖かくなっていくでしょうから、何かスポーツを始めるには最高の時期ですね。

こそレッスンでも、「はじめてクラス」「中学生ダブルスクラス」「中学生選抜クラス」を新設して新たな気持ちでスタートしています。

4/5に「炎の体育会TV」という番組で松岡修造さんがボレーのこつをレクチャーするシーンがありました。
熱い熱い修造さんですが、いつも「わかりやすい教え方だな~」って感心します。極端かも知れないけど、とってもシンプルでわかりやすい表現なので、ぜひ真似したい!!
とは思うのですが、テニスコートに冷蔵庫持って行ったり、ケーキ用意したりできないので・・・(笑)
Youtubeにアップされていたのでリンクしておきます。
見てみてくださいね♪

さてさて、今週末は人吉で行われる繊月カップシングルスに出場してきます。
サーブが鍵ですので、そろそろガット張り替えてサーブの練習しなきゃなって思ってます。

最近は試合に出る機会もめっきり減りましたが、多い時は年間20大会以上出場してました。
試合にでると課題も見つかるし練習にも目標を持ちやすいので、がんがん出場することをおすすめしています。
フォーム変えたりする時は難しいけど、やっぱ実践で練習していくほうが自然かな~って思いますよ。

みなさんもぜひぜひ!試合にチャレンジしてみてくださいね!!

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム 12:24 | コメントをどうぞ

個別にたっぷり球出し

あけましておめでとうございます。
もうすぐ全豪オープンが始まりますね。
オーストラリアいきた~い!!
けど、行けないので昨年のスーパープレイ集で目の保養。
どうぞ(笑)

1/7(火)は2014初のこそレッスンでした。
グランドストロークの復習をした後、たっぷりと個別の球出しをしました。
今回の参加者は全員が「フォアハンドストロークをしたい!!」ということでした。
かな~りボールは打てたんじゃないかな?って思います。

 

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム 12:53 | コメントをどうぞ

ストローク ボールへの入り方

昨日のこそレッスンは?も?ストロークでした~。基本を繰り返して、頭ではなく体で覚えてしまおう!!ってのが狙いですので、基礎練習がず~っと続いています。
昨夜は初めての方が数名お越しいただいて10名での練習でした。
10名っていうと多いなって感じがするかもしれませんが、ひたすら球出しなので練習はばっちりできました。

その中でちょっとアドバイスしたのが、ボールへの入り方。
どうしても、ボールとの距離感がつかみにくい時ってありますよね?
そんな時、ボールが飛んでくる延長線上にすばやく入ってあげることを意識するとちょっと変わります。
でも、これも自然と身に付くものなのでひたすら球出しで練習しましょう!!この練習に効果的なのが8の字です。プラス、サイドステップをしっかり入れることで左右の動きが強くなりますよね。

ナダルのストローク動画をどうぞ!

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム 12:48 | コメントをどうぞ

フォアハンド インパクト

昨日のこそレッスンでは、またしても!フォアハンドストロークをやりました。
今回初めてのご参加が男性1名、女性2名いらっしゃいました。ありがとうございます。

個別の球出しとは別に、インパクトを確認するためのボール缶キャッチをしました。
飛んでくるボールをワンバウンドさせてボールが入っていた缶の中に入れてキャッチするというゲームみたいなものです。ちょっと難しいんですが、ボールの後ろに入る感覚とインパクトまでボールをしっかり見る意識が出来たと思います。

後半、8の字ドリルでちょっと太腿プルプルなった人もいたかもしれませんが、フットワークが大切だよ~ってのも伝わったのではないでしょうか。

 

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム 12:53 | コメントをどうぞ

本村剛一プロ熊本スペシャルレッスン

11/24(日)は本村剛一プロのスペシャルレッスンを受けてきました!

あれこれ言うよりも、動画を見てもらった方が早いので・・・(笑)

まずは、ストロークのデモンストレーション

https://www.youtube.com/watch?v=3c9a0hblj24

バックハンドのデモンストレーション。
最近のプロの打ち方は面を上向きにするとか!?
ま~、見てください。
https://www.youtube.com/watch?v=V-Pgw8a4lYo

チャンスボールを打ち込むのが苦手!そんな、子供の質問に的確にアドバイス。
ためになる~!!
https://www.youtube.com/watch?v=jHnkzU_oiGE

https://www.youtube.com/watch?v=w1BLjuGAg2o

ボレー対ストローク 池田コーチとのツーショット

https://www.youtube.com/watch?v=OuxN1R0yqpU

とても充実した一日でした。
最後に、閉会式の様子です。
https://www.youtube.com/watch?v=OHEy-0NE4s4

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム 19:11 | コメントをどうぞ

ボレーはキャッチするつもりで!

11/21(木)は、前半バックハンドストロークを個別球出ししました。
今回はダブルハンド編です。最近はダブルハンドが多いですね。
シングルハンドとダブルハンドどっちが良いかとかよくわからんので、やりたい方で良いかなって思ってます。
ちなみに私はシングルハンドです。

ダブルハンドの動画を載せておきますので参考にされて下さい。

そして、後半はボレー。
基本練習する時は必ずボールキャッチから始めます。
ボレーの感覚をつかむのにはとても良い練習だと思いますよ。
まずは距離感をつかむこととコントロールを覚えます。
今回はまずはここまで。
これができたら今度はボールにパワーを加えていきます。

練習風景です。
https://www.youtube.com/watch?v=7_bVB2e1IMk

ダブルスをしだすとボレーは必須ですので、基本練習をきっちりやっていきましょうね~!

最後に、参考になるかわからんですが錦織圭のボレー練習をどうぞ。

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム 17:07 | コメントをどうぞ

フォアハンドストローク「左手(サウスポーは右手)の使い方」

11/12(火)のこそレッスンは、しつこいようですが!!
「フォアハンドストローク」

今回は、ビデオで撮影もしました。
こんな感じで。

体の捻り戻しを活用して打っていきましょう!
ってなわけで、左手(サウスポーは右手)の使い方に注意しましょう。

テイクバックの時に、ラケットを後ろに引くのではなく、体を捻ることでタメをつくる。
その際にラケットを持っていない、もう一方の手、いわゆる左手(サウスポーは右手)を横、もしくはラケットと一緒に引くぐらいのつもりで使うとやりやすいですよ!ってのをやりました。

 

参考までに、左手の使い方をわかりやすく説明した動画をリンクしておきますね!

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム 12:45 | コメントをどうぞ