いろいろな角度で見てみたい

昨夜は必死に書道の課題をこなしながら、錦織選手とマレーの試合を観てました。

第一セット、マレーのミスが続いてましたね~。
なるべく見ないようにしていたのですが、解説者が「イヤー、今のは素晴らしいですね!!」なんていうと、つい目がいってしまいます。
「これではいかん」と、テレビを消してしまいました。

やっぱりテニスの試合はつい見入ってしまいますね~。

それにしてもテニスの試合を観ている時、いつも思うことなのですが、
もう少し映すアングルをプレーヤーと同じ高さ位にして欲しいです。

今は上方からの映像が殆どですよね。
リプレイなどでは横からの映像も流してくれますが、基本的には上からの映像ばかりです。

上からだと、全体が見渡せるので、ボールの深さや相手の動きなどがよくわかるのですが、
ボールの高さがわからない。
それから選手のスイングがわからない。

例えば、ボールがネットにのどのあたりを越えていくのか。
どのあたりで落ちてくるのか。
そういうのも見たいと思うのです。

時々でいいから、横からの映像をもっと流してもらいたい!
と思うのは、自分だけでしょうか?

多分、いろいろな角度から撮影しているハズなので、ぜひその映像も流してください!!!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 16:54 | コメントをどうぞ

書道ネタです

今週は書道の稽古があります。

書道も始めてから4年くらいになると思います。

初めは自治体主催の書道教室に入ったのですが、翌年、教えて下さっていた先生の教室に移りました。
自治体の書道教室は、ずっと通っている生徒同士のおしゃべりが凄くて、集中するのが難しかったからです。

以後、月に2回、個人の先生の書道教室に通っているのですが、まあ上達しないことこの上なしです。
稽古日の3~4日前から、ちょっと書くだけなんだから、そりゃあ当然なんですけどね。

毎日コツコツ書けばいいのですが、書いた後の筆の手入れまで考えると、気持ちが持たない…。

まあ、言い訳はこれくらいにして、
昨晩もコツコツ書きました。

書いてみて、先生のお手本と自分のものとを比べると、ぜーんぜん違うんです。

昨晩なんて、先生のお手本の字が、何やらきらきら輝いて見えました。
対して自分の字ののっぺりしてること。

どうやったらあんな字が書けるんでしょうね?
ひそかに、筆が違うから、なーんて思っていますが、先生はどんな筆でもさらさら書いてしまわれるんですよ~。

まさに「弘法筆を選ばず」(いや、本当は弘法大師はとーっても筆を選んだらしいですが)です!

本当に何にも気負わず、さらさらっと書いて下さいますが、こちらからすれば、どうしたらあんなふうに書けるのか。
上手く書けない自分にじれったい事この上なしです。

優しい先生は、こちらが愚痴をこぼすと「上達してますよ」と優しくおっしゃいますが、とんでもない!

まっすぐ書けない。
バランスが悪い。
もたもた書いてるetc。

極めつけは、「私の字は美しくない」。
これにつきます。

上手い人は美しいです。
テニスもそうですし、書道もです。

いつか書道もそしてテニスも、「美しいね」と言われるようになりたいです。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 16:58 | コメントをどうぞ

壁打場

近所に壁打場があるのですが、9:00~19:00までと、使用時間に制約があります。

この時間では平日はとても使えないので、ここで練習するのは、専ら土日の朝に限られてしまっています。

ただ、この練習場は別にフェンス等で囲われているわけではないので、誰でも自由に使えます。

だから、困ったことに、どうもここで投球練習をしたりする方もいるようなんです。

いえ、投球練習自体は別にいいんですが(いや、でも硬球がボードに当たった時は、音だけでもとてもコワいですが)、どうもその練習の時に、マウンドを想定して足場を掘ってしまうようで、大きなくぼみ(穴、と呼んだ方がふさわしいかも)を作ってしまっているんです。

これが危ないんだな~。

毎日練習していた時は、その都度、穴を埋めていたのですが、今は殆どその場所で練習していないので、穴そのままです。

さて、この練習場の時間制約は壁の横にデカデカと掲示されているんですが、全く無視して練習する人、練習をあきらめる人、さまざまです。
年代や性別は関係ないです。
まあ、大抵の方は、時間外だとあきらめて帰ってしまいます。

それでも、時間外にも拘らず練習する方は、中高年の方が多いです。
で、あまり真剣に練習しよう、という方ではない気がします。

ボールも持ってこない(そこらへんに落ちているボールでいいや)。
シューズは何でもいい(時にはサンダル)。

あ、でも先日は、自治体のテニス連盟の方だったので、ビックリしました。

以前、テニスを指導して下さった方は、ルール、マナーにとても厳しい方でした。
「ルールがあるからスポーツなんだ」と。

自分も本当にそう思うので、せめて「テニスが大好き」「テニスが大事」と思う方には、ルールを守る気持ちを持っていただきたいな~、と思うのでした。

だって、時間の制約があっても、壁打場って大切じゃありませんか?

本当はもっと作ってほしいです!!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 17:07 | コメントをどうぞ

錦織選手へ お願いです

錦織選手、やっちゃいました~。
ラケットに八つ当たり。

それだけはやらないで!って、声を大にして言いたいです。
ホントに。

錦織選手を「尊敬」しているジュニアがいっぱいいるんです。
錦織選手のようになりたいっていうジュニアがわんさかいるんです。

世界で戦っていくというのは、もの凄ーくもの凄ーく大変だと想像つきます。
その中でもトップレベルでいることは、もっともっと大変だとも思います。

自分のようなへなちょこで、自治体の試合でさえすぐに負けちゃう人間だって、ストレスで潰されそうになっちゃうんです。

トップレベルで戦うってことが、いかに大変かなんて想像つきます。
(経験していなくったって、恐ろしいくらいのストレスでしょう)

本当に本当に、錦織選手は凄いって、心から称賛しています。

だからこそ!
ラケットに当たらないで!!

ラケットがなければテニスができないじゃないですか。

錦織選手はものすごーく頑張ってます。
そして、その頑張っている錦織選手をいろいろな方が支えているじゃないですか。

ラケットだってその一つでしょう?
ストリングだって張ってもらっているじゃないですか。

確かに、戦っている時は錦織選手は一人です。
でも、その後ろにはたくさんの人がいてくれているじゃないですか。

八つ当たりしたい気持ちは、100%わかります。
(私たちがわかっても、何の足しにもなりませんが)

でも、どうかどうか、ラケットには当たらないでください。
ラケットだけじゃなく、
頑張ってこらえて下さい!
踏ん張って下さい!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 16:18 | コメントをどうぞ

錦織選手、凄いです

昨日、錦織選手の全仏を観ました。

錦織選手の試合を観るのは久しぶりです。

我が家ではテニスの試合を観始めると、後ろからブーイングが飛んできます。
録画を始めると、さらに酷いブーイングの嵐です。

「この試合、いつ終わるんだよ~!」

そんなのわかるわけないじゃん。

そんなくだらない事より、今必死に戦っている姿に感動せんかい!って言いたくなりますね。

久し振りの錦織選手ですが、サービス変えた?なんて思ってしまいました。

以前より腕が体から離れて動いているように見えました。
あの打ち方だと、胸筋に負担がかかるんだろうな~。
メリットはなんなんでしょうか?

それにしても、相変わらず走る走る。
足なんて体脂肪率0%ですね。

あの若さで、あの足?
筋トレのやりすぎでは?なんて思ってしまうほどです。

しっかり進化しているんですね。

自分は本当に反応が悪いので、反応をUPさせるトレーニングをしなくっちゃ。

あっ、勿論自分に足りないのは、それだけじゃないですけどね。

自分に足りないものは、
全部です、全部!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 16:35 | コメントをどうぞ

動画で反省

先週の試合で動画を撮らせていただきました。

勿論、事前に相手の方に了解をいただきます。
快諾してくださる方もいらっしゃいますが、大抵の方はちょっと躊躇して、それでも了解してくださいます。

まあ、お断りされたこともありますが。
自分としては、試合中の自分の打ち方、動き、ミス、等々を見たいだけなのですが、それでもいやな方はいらっしゃるようです。

で、先週の試合の動画を見て反省です。

試合の前半は、相手のミスが多く、その隙にこちらがゲームを取って行ったのですが、途中から相手がだんだん立て直し、反対に自分たちが弱腰になって、逆転負けです。
(先週の試合と全く同じパターンでした 号泣)

動画を見ていると、初めは相手がこちらのボールに慣れずにミスをしているのですが、徐々に慣れてきて、打ち方が安定したんだと思います。
(なんせ、動画は最初の10分間しか撮れず、しかも、審判と話をしたり、コートチェンジのロスタイムも、ぜーんぶ映り込んでいるので、もったいない事限りなし!デス)

試合の中でのそうした微妙な変化に全く気づかず、同じ調子で、いや、自分たちはだんだん弱気になって行ったので、ペースを崩して、アリ地獄にはまったようにじわじわと追いつめられて、負けてしまったんです。

ああ、この試合、全部動画に撮りたかった~!!

自分が持っているデジカメは、10分の動画しか取れないので、ちょっと不便です。
それなら、新しい物を買えばいいとは思うのですが、壊れていないのに新しい物を買うのは、どうしても抵抗があって…。

まあ、自分なりに工夫して、大切に使っていこうと思っています。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 17:24 | コメントをどうぞ

高校時代の友人と会いました

土曜日に高校の同級生と会いました。

来たメンバー全員が運動部所属(バトミントンとフェンシングとテニス)で、テニス部だった自分が一番楽してました。

バトミントン部が厳しい事は知っていたのですが、活動を全く見ていないので、当時は室内で、風よけのためにカーテンを閉め切って運動するのは考えられないと、そんなことばかり思っていました。

バトミントン部の同級生は、みな持久走に長けていて、マラソン大会でも1000m走でも勝てず、当時は本当に悔しいと思ってましたが、一昨日、部活の話になり、当時の話を聞いて、これでは勝てなくても当たり前だ~と納得。

彼女たちは、ものすごーく走ってました。
いやになるほど筋トレもやってました。
そして、逃げ出したくなるほど、上級生にしごかれてました。

自分達なんて、練習前はアップを兼ねて走りますが、たいして走りません。
雨が降った時だけ、もうちょっと走って筋トレ。

上級生もそれほど怖くはなかったですね。
優しかったです。

学生の時、これだけ違う部活をしていれば、勝てるわけはない!!
って、これで勝てたら、あちらはさぞかし悔しいでしょう。

でもね、やっぱり運動部なのですから、一番のご褒美は「勝つ」ことだと思うのです。

そして、勝てるようになるには、やっぱり練習しかないんですよね。

例え、才能があったとしても練習は欠かせないでしょう。
ましてや、才能なんて欠片もないんだったら、
必死で練習するしかないですよね。

上記のバトミントン部のように、死にもの狂いではなかったから…。

今の自分があるんだな~。

がっかり…。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 16:24 | コメントをどうぞ

ミックスダブルスゥ...

来週、ミックスの試合があります。

うーん、いやだな~。
これも経験、と思って申し込んだんですけれど、正直言ってミックスはうまく動けません。

特に前衛は、どこまで動いていいのかわからなくて…。

出すぎても邪魔になるし、抜かれるし。
でも、出ないと役に立たないし。

なーんて考えているうちに、だんだんポーチに出られなくなって、もう全部ペアに任せっぱなしになってしまって。

ボールが来ると慌ててあたふたしてしまうし、こんなボールでは相手に強打されるだけだし。

本当に、どう動いたらいいんでしょう。
経験が殆どないから、仕方がないのでしょうが、これからやっていくしかありません。

でも自分の周りを見ると、ミックスをやっている人は、技術的にものすごく伸びている気がします。

特に、前衛のフォローがしっかりできるようになっていきますね。
打たれ強くなっているというか。

まあ、弱々しい前衛では、叩かれるのは必至ですもんね。

試合は来週なので、ペアと練習している時間もあまりありませんが、「穴」にならないように頑張ります!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 16:12 | コメントをどうぞ

暑くなってきましたね

このところ暑い日が続いてますね~。
特に週末が暑い!
一生懸命日焼け対策をしていても、全然役に立っていない気がします。

長袖インナーを着用している友人は、「日が当たらないから結構涼しいよ」と言います。

その言葉を信じて、やってみました。
アームカバーを付けました。

やっぱり暑いじゃん!!

途中で断念しました。
仕方がないから、マメに日焼け止めを塗って頑張ります。

フェイスカバーをして頑張っている知人は、「息苦しくもないし、大丈夫だよ」と言います。

りありー?
フェイスカバーをしていなくったって、息が上がっているというのに?

インドアのスクールでさえ、もう暑くて暑くて。
先日も、冷房の吹き出し口で涼んでいたら、コーチに見つかってしまいました。

もう汗がボタボタ垂れてます。

そういえば、ユニクロでメンズのテニスウェアを購入しました。
友人のおススメ品です。

これがめちゃくちゃ優秀です!!

軽い!
すぐ乾く!
匂わない!

そして、これは女性にとって一番うれしい事に、
汗で色が変わったことがわかりにくい!!

これって嬉しくないですか?
女性の方々。

男性には絶対にわからないだろうな~。

このおかげで、着ることを躊躇してしまうウェアが何枚あることか。

このユニクロのウェアは、色が3色しかないみたいなんですが、また買ってこようっと!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 16:00 | コメントをどうぞ

レベルが違う相手

先日のシングルス、ものすごい強い方と当たりまして、玉砕しました。

上手くて強い!
なんでこんな小さい試合に出てくるの?と言いたいくらいです。

本当に情けなくて、悔しくて、空しくて。
でもいい経験をさせていただきました。

まあそうはいっても、彼女に全く歯が立たず、その日はもう気持ちが完全に落ち込みまして。

どうやったって絶対に歯が立たない。
大体ジュニアからやってきてるんだから。
県大会レベルの高校でもやっていたんだし。
絶対に太刀打ちできるわけない。

そんな思いがずっと頭の中でグルグルグルグルしてました。

でも考えてみれば、彼女は学生の時に戦ってきていたんですよね。

上級生から、指導者から、それこそいろいろなプレッシャーを受けて、それでも、負けずに戦ってきたんですよね。
自分からなんて想像もつかないストレスの中で、やりぬいてきたんですよね。

そう考えてみれば、自分が歯が立たないなんて当然だな~、と気が付きました。

今の自分なんて、当時の彼女から見ればぬるま湯に浸かっているようなものです。
負ければ「いい経験だった」とか「楽しめたもんね」なんて言っているんですから。

「いい経験だった」なんていっているようでは、絶対に勝てません。

どうやったら勝てるか。
考えてみたいと思います。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 16:59 | コメントをどうぞ