雪の為、練習会中止

2週続けて週末の悪天候。
雪というのは本当に始末に悪いものだと、つくづく思知らされました。

昨日は練習会、の予定でした。
金曜日は大雪、土曜日は午前中は大雨だったけれど、そのあと雨はやんで暖かかったので、「日曜日は大丈夫!」と思ってました。
だってハードコートなんですから。

コートに行ってみてびっくり。
コート一面、雪…。

ハードコートだろうがなんだろうが、これでは何もできません。
昨日の午後に雪かきをしていてくれればよかったのに…。

絶対にできると思っていたので、本当にがっかりしました。

公営のコートをずっと利用していて感じるのは、管理にあたる方の考え方が実にまちまちだという事です。

横柄な方、単なる電話番・鍵当番の方もいらっしゃる一方、親身になって整備して下さる方もいらっしゃいます。

きちんと整備してくださる方は、「足を滑らせると大変だから」と一生懸命コートの落ち葉を掃いてくれます。(たいてい周りに落葉樹が植えてあるんですよ)苔で滑りやすくなっているスロープを、ブラシでこすって苔を取ってくれます。今まで使わなかった為錆びついてしまったフェンスの扉を、工夫して開けられるようにして下さいます。

多分、上記のような方が土曜日の担当だったら、雪掻きをして下さったと思います。

本当に残念でした。

週に1回しかできない練習会なんです。
お金は返すからいいでしょう、ってことではないんですよね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 09:40 | コメントをどうぞ

練習時の荷物

東京は、というか自分の住まいのあたりは、朝からみぞれです。
みぞれというより、「重い雪」という感じになってきました。

思わず、宮澤賢治の「永訣の朝」の一句を思い出してしまいました。

今日は一日こんな天気のようです。憂鬱です。

昨日の「フェデラーの誓い」を思い出して練習です。

いつもサービス練習をする場所がぬれてしまって使えないので、今日は壁に向かって練習してみました。

いつもの場所とは勝手が違います。
当たるところがネットの位置よりも随分上のようです。

フォルトか?とも思うのですが、スピンの練習をしているので「コートなら落ちるはず」です。
ただ、回転のかかりが十分かどうかよくわかりません。

壁でのサービス練習は一考の必要がありますね。

ネット代用品があるといいかも。
持ち運びが簡単な、1フィートを超える高さの何か。

うーん、何かどんどん練習時の持ち物が増えていく気がします。

一番最初は、シンプルにラケットとボールだけだったんですけど。
タオルが加わり、雑巾用のタオル、雨天対策の大きいビニール袋、カメラ、縄跳び等々。

小さいHEADのデイバックが結構重たいです。

もう2年半、ほとんど毎日使用して、しかも重量が増していくので、ショルダー部分がそろそろ破れかけています。
本当に重宝しているので、大切に使わなくっちゃ。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 14:51 | コメントをどうぞ

意識して練習しよう!

今朝も寝坊してしまいました。

夕べ変な時間に寝てしまい、変な時間に目が覚めて、変な時間に布団に入り、変な時間なものだからちっとも寝られず、あと1時間で起きなければならない頃にやっと微睡始め、結果、起きれませんでした。

寝坊した時は、ウォーミングアップはちょっとずつ省略して行います。

近頃、日の出を感じるようになりました。
明るくなってきたのは嬉しいのですが、頼みの綱の照明が切られてしまうようになりました。

どうせなら、暗いままで、照明の明かりを頼りに練習した方がいいです。
不便だけれど結構見えるので。

照明が消えた方が見えにくです。

ま、暫くすると空が明るくなってきますが、その頃には練習終了です。

もう少しすればもっと明るくなるのでそれまでの辛抱です。

この所、フェデラーの動画を見ています。

やっぱり凄い!!
なんといってもスイングが美しいです。言葉もなく見とれてしまいますね~。
無駄な動きなど何一つなく、流れるようなスイング。
パワーを感じさせないのに、そのボールは力強く、そしてコントロールされている。

フェデラーのように打ってみたいと切に思います。

あのしなやかな体の使い方。もう芸術!!です。

で、今日はフェデラーをイメージして練習してみました。

当然できるわけはありませんが、漠然と練習するより、イメージをもって練習した方がいいに決まっている、ハズ!

だらだらと何も考えずに練習するより、きちんとした目標やイメージをもって練習した方がいいに決まってます。

いつか、自分のテニスを他の人が見て、「フェデラーの真似しているんだね。」って言ってくれたら、本望です。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 17:33 | コメントをどうぞ

今使っているラケット

先日ストリングが切れてしまったので、張りなおしていただきました。

今、壁練習で使っているラケットは、ストリングの穴が独特で、空気抵抗が軽減されるためスイングは楽なのですが、初めの頃は使いにくかったです。

今はこのラケットに慣れましたが、妙な硬さ、打感の悪さ等、使い始めた頃はかなり戸惑いました。
「スイートスポットで打てた」感触がなかなか得られなくて。

でも、ネットでインプレッションを読むと、使いやすいという意見が多く、初中級から上級向けと記載されていたりで、自分はどうして使いこなせないのだろうかと悩みました。

ストリングを張り替える時に、そのことを話すと、「これは決して使いやすくないよ。空気抵抗が少ないから、振るのは楽だろうけれど、スイートスポットが狭いから、きちんと当てないと。」と言われました。

人の感覚は千差万別ですから、いろいろな意見があって当然なんですが、他の人のインプレと自分の感覚がこんなにずれているとは思いませんでした。

そういえば、一度、振動止めが外れて、そのことに気付かず練習していたことがありました。

どうしたんだろう。なんか今日はおかしい???

打感が今迄と違うし、本当に安定しない。音がひどい。今までこれを使っていて、こんな音聞いたことないし。
ストリングがどうにかなってしまったんだろうか、ひょっとしてラケットに何かアクシデント?
等々、ずーっとモヤモヤ。

ボールを拾いに行ったとき、そこにこのラケットの振動止めを発見。

振動止めを付けた途端に、モヤモヤはすっきり解消しました。

振動止めの有無でこれほど変わってしまうラケットは使ったことがありません。
でもまあ考えてみれば、このラケットの構造上、当然なのかもしれません。

ということは、このラケットはストリングを張る人の技術が一番はっきりわかってしまうラケットかも知れませんね。

きちんとしたテクニックがない人が張れば、ぼんやりとした駄作ラケットになってしまうのかも。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 15:43 | コメントをどうぞ

コートが使えませんでした。

今日はコートを抑えてはあったんですが、「積雪のため使えず」でした。

よかったー。
連れは急きょ仕事が入ってしまったので、今回も一人でサービス練習か?と思っていた所でしたから。

コートでできない分、壁で練習しました。
動画も撮りました。

直っていないのはお約束~。

でも、ストロークは一か所は直るようになりました。
欠点は、「一か所」だけということ。

他の所はからっきしダメ!
で、違うところを直そうとすると、さっき良くなっていた所がダメ!

とにかく、一か所を固めてしまおう。きちんと直そう。
そうして、次の所に進んでいこうと思ってます。

(時間もないのにそんなことでいいのか~?)

いつもはストロークを重点的に撮るのですが、今日はサービスに焦点を当ててみました。

トスが悪い、肩が開いている、スイング方向が違う、足を使っていない。

ダメ出し、てんこ盛りです。

思うに、サービスの方がダメだし要素が多い気がします。

大体、何度も書くように、トスが悪い!!!
本当に本当にトスがへたくそです。

サービスにおいては、これは致命的ですね。

フェデラーは、なぜあんなにさらっとトスを上げられるんでしょう…。

真剣に苦手です。

自分はどうしても左の後方にトスがいってしまうんです。
力が入っているからかな~?
中指と薬指にボールが引っ掛かる感じがします。

もっと、そっと、上に乗せる感じ、ですかね。

どうしてもその微妙なタッチがうまくいきません。

左利きなのに…。

右利きの人よりも、全然有利のはずなんですけどねぇ。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 18:30 | コメントをどうぞ

切れてしまいました

切れちゃいました…。

横です。

スイングがまだまだ悪いんでしょう。

ショックです…。

まだ大丈夫だと思っていたのに。

へたってきていたけれど、もう1本のラケットより全然大丈夫だと安心していたのに。

ラケットによって寿命も違うのでしょうか。
硬いラケットの方が切れやすいとか。

もう一本の方が柔らかいんです。
もう切れそうで切れそうで、気になって仕方ないので、早く切れてほしい!!
と思っている時に限って切れないもんですね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 11:24 | コメントをどうぞ

東京は大雪!です

東京はものすごい雪!!

雪のほうが雨よりもマシだろうと練習に行きましたが、雪も同じですね。

ボールがどんどん汚れていきます。当然自分の手も。そして、グリップも。
バックハンドはなるべく打たないようにしました。

グリップが真っ黒になってしまいます。

いま、練習で使っているラケットのグリップはは1サイズ大きいので、オーバーグリップを巻けません。その上、困ったことに白のグリップなので汚れが目立って仕方ありません。

サービスの練習をしようと思いましたが、いつも練習しているところが水浸しなので、壁でストロークの練習を重点的にやりました。

テイクバック、そこからインパクトへ。
面の意識、インパクトの意識、左手の意識。
何度も繰り返してみるのですが、どうも自分のイメージとは違います。

これではただボールを前に押し出している、昔のままのテニスです。

どうしても「前」へ動いてしまいます。足もスイングも気持ちも。
難しい…。

もっと、右足に意識を持っていかないといけないと思うのです。

次の練習では、足を意識してみよう、と思うのですが、この様子では壁の練習は無理かもしれません。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 02:34 | コメントをどうぞ

練習を考える

今朝も寒かったです!!
昨日より寒いと思います。

サービスの練習をしていても、手がかじかんでトスが上手く上がりません。
ただでさえへたくそなトスが、乱れる乱れる。

トスの上げ直しばかりで、体が冷えてしまいました。

今日は、フォアのストロークも注意してみました。
テイクバックから、インパクトまでを注意して、あ、それから左手も。

うーん、返ってくるボールが、千差万別。
弾んだり、伸びたり、伸びなかったり…。

どうしてでしょう??

自分のスイングが一定していないからというのはわかるんですが、これほどまでに多種多様なバウンドとは…。

壁打ちなのに返球が一定にならないのは、「いい練習」なのか「悪い練習」なのか?

壁打ちでボールが安定しないなら、コートでなんて論外ですね。
ましてや、試合になんてなったら制球不可能です。

まず、安定させることを第一とするべき?なんでしょうか。

練習をしていて時々考えてしまうんですが、

①安定したボールを打つために、スイングの力は抜いて軽めに打って、続ける練習をする
②ボールは安定しなくても、スイングの練習を第一と考え、続けられなくてもスイングに集中する

どちらの練習を心掛けたらいいのでしょう?

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 16:40 | コメントをどうぞ

今日もサービス!!

とにかく寒い!!

昨日雪が降ったので、仕方ないのですが、とにかく寒い。しかも風も強いので、寒さは五割増ですっ!

今日はウォーミングアップを念入りにしました。

でも着込んだまま素振りをしていると、暑いな~。

特にサービスは30回も素振りをしているとへとへとです。
息も上がるのが早いし…。

どうしてこんなにすぐに息が上がってしまうんでしょう。

まあ、体が早く暖まっていいんですけどね。

ウォーミングアップをした後は、ラケットを使い始めますが、
最初は近距離ボレーやミニストロークなので、体を冷やさないよう気を付けます。

今日もサービスを中心に練習してみました。

トスに気を付けて、左肩注意して練習したつもりですが、
直っているかどうかはまた別ですね。

週末、自分で動画を撮ってみようと思います。

それにしても、左肩が開くのをどうやって阻止したらいいのでしょう。
そして、トスはどうやったら上手にあげられるのでしょう。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 17:19 | コメントをどうぞ

悪癖が直りません。

先日の練習会で、スイングがまだ直っていないと指摘されました。

後ろから動画を撮っていただくと、ホントに!!
結構直っていると思っていたんですけど。
そう思っていただけに、がっくりです…。

ぐぅぅぅぅ~!!

悔しいな~。
どうしたらできるんでしょう?

自分では意識しているんです。
素振りの時はいいんですが(ホント?)、実際に打つとダメなんですね~。

練習会できちんとできている方の後ろで見学して、素振りして、意識して。

でもできないっ!!!!
悔しい、悔しい、悔しい!!
本当に悔しいっ!

自分の意識と体って、これほど一致しないものなのか。
というか、これほど染みついてしまっているんですね、悪癖が。

まあ、数十年かけて、自分の体に沈殿させてしまった悪癖ですから、どうしようもないのかもしれません。

だから、今、ジュニアに教えている方々。
お願いですから、次世代を担う人たちにこんな思いをさせないで!

今のテニスを教える方々がしっかり勉強して、そして教えあげて下さい。

先日、試合の前に練習相手になって下さった方、
お願いですから、ジュニアには教えないで。

あの時いただいたアドバイスは、自分が学生の頃一生懸命身につけたテニス、そのままです。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 17:18 | コメントをどうぞ