月別アーカイブ: 2017年8月

フレーム厚と飛びの関係をみてみたい

ミスターTです。

今回は、フレーム厚と飛びの関係をみてみたいと思います。

フレーム厚というのは千差万別ですが、一般的にフレーム厚の数字(単位は㎜)が大きくなると飛びの性能が高く、小さくなるとコントロール性が高いといわれています。

俗にいう黄金スペック(ミドル級の普通サイズラケット)では、フレーム厚は26㎜が一般的です。

しかし、フレーム厚選びを侮ったがためにホームランばかりしてストレスが溜まることがあったわたくしは、こう思いました。フレーム厚とプレースタイルの関係はどうなっているかと。

基本的に、フレーム厚が大きくなると飛びの性能が高いと先程書いたのですが、このことを頭に入れてみると、スイングの違いで合うラケットは違うのではないか?と思いました。

わたくしのように、ラケットを大きく前に押し出すプレーヤーでは、フレーム厚うんぬんよりも自分が困っていることの中身(具体的にいうと飛びすぎるのか飛ばないか)からラケットをしぼり込みすることができると思います。

わたくしは、飛びすぎて困っているので、フレーム厚は薄いものが合っていると思います。しかし、それが正解とは限らないのが奥が深いところ、でしょうか。

ミスターTでした

カテゴリー: 1日一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。