LESSON 1 雁行陣とセンターセオリー

ミスターTです。

ついに始まりましたミスターTのリカレント・ダブルス。今回は、この企画で取り上げる内容について触れたいと思います。

この企画で取り上げる内容は2つ。1つは、雁行陣。そしてもう1つは、センターセオリーです。
(技術解説は次回以降また改めてしますので、今日のところはこの2つの意味について理解していきましょう。)

まずは雁行陣について。
テニスにおける雁行陣は、前衛と後衛の選手が斜めに布陣していることが雁という鳥が集団で飛行する時の隊列に似てることから名づけられたのが有名です。この雁行陣というのは、ダブルスの試合ではよくみられる陣形です。

次にセンターセオリーについて。
センターセオリーというのは、攻守においてセンターにボールを集める、或いはセンターを意識して守ることによって自分たちのミスを減らし、相手のミスを誘うダブルスの基本戦術となっています。

今回は雁行陣とセンターセオリーについて紹介しましたが、技術的な話は次回以降詳しくやっていきます。また、今回紹介した内容以外にもいろいろ解説を交えながらやっていきたいと思います。

ミスターTでした

カテゴリー: ミスターTのリカレント・ダブルス | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

本音のギアレポート〜シューズ編〜

昨日のテニスの疲れからか、(いつも5時台に目が覚めてしまいますが)今朝は7時くらいまで寝たミスターTです。

今回は、昨日のテニス会でデビューしたシューズの話をします。

今回デビューしたのは、プリンス・ツアープロZ Ⅳ(28.5cm)です。
履いてみて、足馴染みの早さ、つまり下ろしたてでありながら履き慣らした感じを受けました。しかしながら履き始めて1時間くらいで左右の足の小指外側に痛みが出始めてしまいました。

テニス会終了後に何故小指が痛くなったのか原因だと思うポイントを挙げました。
❶ 中敷き(スーパーフィート・青)が合っていない
❷ 靴ヒモの締めすぎ
❸ そもそもベストなサイズではない

一夜明けて今日、渋谷のテニスショップの店員さんに前述した小指の痛みについて疑問を投げかけてみました。すると、一番大きな原因は中敷きが合っていないことと言われました。

どういうことかというと、スーパーフィートはもともとそこまで土踏まずのあたりのサポートをしてくれるものではないので、はき心地や足の痛みにつながっているのではないかと分析してくれました。

次回テニス会でも、このシューズを履いていきたいと伝えたところ、まずは中敷きをもともと入っていたものと交換して、それで改善の兆しがないようなら別の(サポート力のある)中敷きを入れてみては?とアドバイスをいただきました。

今回は残念な結果になってしまったのですが、中敷き一つで足の痛みが少なくなるのなら、今後の靴そのもののパフォーマンスに期待が高まります。

ミスターTでした

カテゴリー: ミスターT presents 本音のギアレポート | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

本音のギアレポート〜ラケット&ガット編〜

ミスターTです。

今日は、大蔵第二でテニス会でした。

わたくしがテニス会に行くのが1月以来4か月ぶりだったので、練習を多めにして最後の方にダブルス(結果は4-6で負け)をしました。

今日は、先日話をしたように、ギアレポートをしたいと思います。

1回目となる今回は、ラケットとガットのレポートをしていきます。

今回、テニス会復帰に向けて、ラケットとガットを新調しました。ラケットは、ヘッド・G360ラジカルMPライト、ガットはゴーセン・G-XX3を43pで張ってもらいました。

まずはラケットのレポートから。
フレームの重さが270gと軽量ながら、フェイス98とフレーム厚最大23mmが上手い具合にマッチしています。わたくしは重いラケットよりは軽めのものでブンブン振っていきたいと考えていたので、ラケットは良かったです。

次はガットのレポート。
ハイブリッドガットは初体験でしかも縦がポリ(G-TOUR3 1.23mm)という恐れ多いセッティングでした。が、43pと緩めの張り方が功を奏し、肘や手首への影響は少なかったです。

ラケットとガットを全体的に見て、思ったほど難しく感じなかったのが良かったところでした。また、今回のG360ラジカルからグリップの形状が変更されましたが、これもいい感じにしっくりくるグリップの握りです。

ただ、これは技術的な話になるのですが、スイングが力んでしまって真ん中を捉えるとオーバーしてしまうことがあったので、まずは力まないスイングをすることが技術的な話になると思います。

今回はラケットもガットも良かったですが、ガットの耐久性についてはまた改めて見ていきたいと思います。

今回のギアレポートは個人的に良い結果でした。また次回のレポートでは、他のものをレポートしていきたいと思います。

ミスターTでした

カテゴリー: ミスターT presents 本音のギアレポート | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

これはこれで酷いな。

ミスターTです。

前回の更新(5月7日)から10日目にしてやっと更新…

これはこれで酷いので、今後はマメに更新しようと肝に銘じていきます。

もう言い訳もできないくらい更新を疎かにしていたので、ぼちぼちやっていきます。

ミスターTでした

カテゴリー: ミスターTの今日の一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

GW終わりました&新企画のご案内

ミスターTです。

GWも終わり、今日から仕事や学校に戻った方も多いと思います。

さて突然ですが、新企画を始めようと思います。

今までミスターTが色々テニスギア(ラケット、ガット、シューズ等)を試してみてあーでもないこーでもないを繰り返してきて、やっと気付いたことがあります。

それは、自分がギアに合わせるということです。

ですが、いざ自分がギアに合わせるとはいえ、本当に合わないものに自分が合わせても無理なものは無理です。

そこで、自分が選んだギアは本当に合わないのかどうか、自分の本音で評価する企画を始めようと思います。

題して、ミスターT presents 本音のギアレポート

ここで言われそうなのが、ラケットはどんなものをどうやって調達するのか?です。また、ラケットの方が合わなかったらどうするんだ!といった苦言もあるかと思います。

そこで第一回目のギアレポートでは、ラケットについてのレポートをしたいと思います。

わたくしミスターTが本音でギアについてレポートする企画、ミスターT presents 本音のギアレポート、どうか温かい目で見てください。

ミスターTでした

カテゴリー: ミスターT presents 本音のギアレポート, ミスターTの今日の一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

GW残り2日ということで。

ミスターTです。

怒涛のGWもいよいよ残り2日。

そろそろ仕事や学校に気持ちを切り替える時期です。

わたくしはといえば、明日も明後日も近場で過ごそうかなと思います。

ミスターTでした

カテゴリー: ミスターTの今日の一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

令和元年5月1日…

…たしかにまだしっくりこない

改めまして、ミスターTです。

ついに今日から令和元年が始まりました。
しかし、わたくしは普段と変わらないまったりした一日を過ごしています。

さて、令和一発目のテニス会に向けて色々やっています。
何をやっているかはさておき、いつも通り平常心でテニス会に臨みたいと思います。

ミスターTでした

カテゴリー: ミスターTの今日の一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

平成最後の夜。

ミスターTです。

ついに今日は平成最後の日、そして平成最後の夜を迎えています。

とはいえどわたくしは、普段と変わらないのんびりしたGWを過ごしています。

明日から令和となり、新たなスタートとなりますが、今後ともこのブログをよろしくお願いいたします。

ミスターTでした

カテゴリー: ミスターTの今日の一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

GW3日目の朝。

ミスターTです。

怒涛の10連休3日目の朝を迎えています。

特に何もないので、このへんで。

ミスターTでした

カテゴリー: ミスターTの今日の一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

LESSON 0 始めるにあたって

ミスターTです。

突然ですが、ダブルスについてきちんと学び直したいと思ったことはありませんか?

サークルや部活、草大会等でダブルスをやっていても、ダブルスについて理解を深めていきたいと思ったことはありませんか?

そこで今回から新企画、『ミスターTのリカレント・ダブルス』を始めます。

今回は、その前段階として、ダブルスを学び直すにあたっての心構えを話したいと思います。

とはいっても、わたくしは正直テニスの腕前は味噌っかすを絵に描いたような人です。

そこでこの企画では、ミスターT自らダブルスを学び直し、そこで得たものを読者のみなさんにもわかってもらいたいからこそ、素人の目線で企画を進めていきたいと思います。

ダブルスを学び直し、そしてダブルスをもっと楽しむために、この企画を通じてダブルスの奥深さ、醍醐味を味わっていきましょう。

ミスターTのリカレント・ダブルス、乞うご期待。

ミスターTでした

カテゴリー: ミスターTのリカレント・ダブルス | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。