ULTRA TOUR 95CVのセッティングが興味深い。

ミスターTです。

ついに錦織圭選手が来季から使うラケットがULTRA TOUR 95CVとなりました。

ですが、今回触れるのはラケットのスペックではなくて、今日渋谷で見てきたULTRA TOUR 95CVに張られたガットのセッティングについて話したいです。

錦織圭選手は、今季ATPツアーに復帰するにあたり、ラケットのガットを今までの縦にウィルソン・ナチュラル(1.30)×横はルキシロン・4G(1.25)から縦はウィルソン・ナチュラル(1.30)のまま横にルキシロン・エレメント(1.25)に変更しました。
少し脇道にそれますが、ウィルソンが作っているガットはナチュラルとナイロン(モノ・マルチ)で、ポリガットはベルギーにあるルキシロンという会社で作られています(最近ではナチュラルもルキシロンで作るようになってきました)。

そんな錦織圭選手のガットのセッティング(テンション)は、縦のナチュラルが38p×横のエレメントが36pなのだそうです。
※ちなみに今日張り替えに出して明日のテニス会で使うわたくしのラケットのセッティングは、ガットが縦横共にX-ONE バイフェイズ 1.30でテンションは40pです。

今日実際に錦織圭選手のセッティングで試打はしませんでしたが、ガットを手でパンパンと叩いてみると凄い反発力がしました。隣に飾ってあったULTRA TOUR 95JP CV(ガットは縦横NXT1.30を48p)と叩き比べてみても雲泥の差があるくらい反発力の違いがありました。

ちなみに、錦織圭選手が実際に使っているガット(ナチュラル×エレメント)はケイズチョイスプレミアⅣとして売られているので、いつか試してみたいです。もちろん縦にナチュラルを38p×横にエレメントを36pで。

ミスターTでした

カテゴリー: 1日一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

PART13 カイトの噂

ミスターTです。

かなり久々の特攻野郎Dチーム、早速始めましょう。

8BE38947-A8F1-4F47-8367-F1BACC80D0E2
前回のDチームから加わったカイトが問い詰められてるようです。
軍曹)カイトくん、キミが入ってから羽を広げる時にウィーンという金属音がするけど、まさかキミはロボットなのか?
ピーター)全く。金属音がして夜も眠れないよ。
しゃっく)コイツ、どこかのスパイちゃうんか?
天道予知未)カイトくん、キミの言葉で説明してもらわないと、みんな不安しかないよ。
八人)そうだ!そうだ!

5D43EF62-7BE6-4ACA-BE20-F7281F8491E9
そこへ割って入る大博士。
大博士)よう聞かんか!アホ!カイトのことで気になってしゃあないんはわかるが、今はチーム一丸となっていくのが大事とちゃうんか!
天才クラッカー)でも、今までカイトくんのことよくわからないからそうなるんじゃない?
マーロウ)カイトくんのこと、もっと知ることが先じゃないの?
チゲ&カルビ)カイトもなんか言えや!
ヴォンゴレ)もうやめて!仲間割れは良くないよ!

32A6E4D1-3C61-49C6-B9E6-A172D6F5B4E5
カイト)じつはね…
ようやく重い口を開いたカイト。
カイト)僕、今まで黙っていたけれど、鳥の姿をしたアンドロイドなんだ…
八人)ん?
大博士)オイ、ええんか!それは…トップシークレットやないんか?
カイト)もういい…
カイトが話を続けます。
カイト)じつは瀕死の重傷を負った時に、もう獣医さんじゃ手に負えなくて改造手術を受けたのさ。その時の先生にお礼を言う間もないまま(カイトがまだ麻酔から覚める前に)先生は姿を消したんだ。退院の日にお礼を言おうとしたら看護師さんからじつは先生はキミを手術した直後に何者かによって拉致されたんだよって言われて誓ったんだ。いつか絶対にあの時の先生にお礼を言うんだ、ってね。
大博士)もうやめんか!
カイト)ううん。みんなを不安にさせてごめん。
大博士)カイト…
八人)カイトくん…こっちこそ。

はたしてDチームの明日はどっちだ⁈続く。

ミスターTでした

カテゴリー: 特攻野郎Dチーム | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

45pって…

硬いのか⁈

ミスターTです。

今回は、ミスターTが追い求めているテンションについて話したいと思います。

今のレボ CX2.0には、テクニファイバーの誇る最高級ナイロンマルチであるX-ONE バイフェイズ 1.30mmを45pで張っています。

ですが、冬が近づく今日この頃にふと思いました。ナイロンマルチ1.30を45pって硬いのか⁈と。

ちょうどガット張り替えが一回タダ(ガットは同じもの=X-ONE バイフェイズ 1.30)になる期間内なので、思い切って40pまで落とそうかなと思います。

ただ、土曜はどうも渋谷の試打室がイベントで使えないらしいので、不安しかありません。

ミスターTでした

カテゴリー: 1日一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

近況報告を少々。

ミスターTです。

季節はすっかり冬にさしかかっています。

さて、最近ブログの更新が疎かになっていますが、今回はなぜそうなっているか話をしたいです。

ズバリ言うと、体調が芳しくないのでブログを書く(体力的)余裕がないのです。

今年もあと2カ月を切っているので、ぼちぼちDチームの動向等書いていきたいです。

ミスターTでした

カテゴリー: 1日一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

レボ CX2.0vs.CX200の結末は⁈

お久しぶりです。ミスターTです。

土曜日のテニス会がなくなった直後の今日、ダンロップから新しく発売されるCX200を聖蹟桜ヶ丘と渋谷で試打してきました。

まずは、CX200のスペックを紹介します。
フェイス面積 98
平均重量 305g
平均バランスポイント 315mm
フレーム厚 21.5mm
グリップサイズ 2、3

CX200を打ってみての感想ですが、先っぽで当ててしまってもいいが手元で打ってしまうとあまりよろしくないというなんとなくアバウトな感じになってしまいました。

そもそも、スピンをかける打ち方はフェイスの上部側(アタマより)を使います。一方で、わたくしのようにフラット気味の打ち方は、フェイスの中央部分(いわゆる”芯”と呼ばれるもの)でボールを当てます。

つまり、スイートスポットが小さいものほどスピンをかける打ち方には不向きで、強引にスピンをかけようとして手首などを酷使しやすいということです。が、今回のCX200ではスイートスポットを今までのものより上部側に広くなったおかげで、スピンをかける打ち方とフラット気味の打ち方、どちらのプレースタイルにも対応できるようになったそうです。

たしかに、先っぽで当ててしまってもちゃんと勢いのある球がいった印象を受けました。

後は、今のレボ CX2.0(グリップ3、フレーム重量300g、バランスポイント313mm)にそっくりなものが出てきそうか否かで来る2019年のラケットが変わってきそうな感じです。

甲乙つけがたいレボ CX2.0とCX200。これからますます悩みそうです。

ミスターTでした

カテゴリー: 1日一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

切り替えて行きまっしょい!

お久しぶりです。ミスターTです。

この数日、ブログすら書きたくなくなる日々を過ごしていました。

わたくしは、昔から小さな事で怒ったり悲しんでしまうのが悩みどころでしたが、気持ちの切り替えが大事だと身にしみています。

確か、野球の上原浩治選手が以前テレビ番組の中でNew dayという言葉を発していました。このNew dayは、切り替えていこうという意味を持つそうで、ヘコんだ時よりも次に向けて切り替えることの大事さを実感した言葉なのだそうです。

明日から11月。切り替えて行きまっしょい!

そう言えば、土曜日のテニス会がなくなってしまい、ストレス発散に難儀しそうです。

ミスターTでした

カテゴリー: 1日一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

全日本選手権始まる。

ミスターTです。

今回は、大坂なおみ選手が出場しているWTA最終戦、ではなく、今日から始まった全日本選手権について話します。

わたくしのように国際大会にばかり注目をしていると、どうも全日本選手権の開催意義があるのか?となっているように感じます。しかしあくまでも全日本選手権はテニス日本一を決める国内最高峰の舞台なので、それを目指して戦っている選手が多いのも事実です。

しかも今回の全日本選手権は有明改修のこともあって大阪・靱公園が舞台なので、関東圏のテニスファンからすると(距離的に)行きづらいように感じます。

あまり全日本選手権の開催意義を否定してもアレなので、話題を変えましょう。

全日本選手権はジャパンオープン等の国際大会と違って、優勝してもATPやWTAランキングに反映されないので、世界を転戦する選手からすると同時期の国際大会を回った方が良いように思います。また、シングルス優勝賞金が400万円(男子のジャパンオープンでは本戦に出場して400万円を少し超す賞金額)なのも選手にとってはうまみはないでしょう。

なぜ全日本選手権に出場するのか?
これは推測ですが、世界へのステップではなく、あくまでも日本一を取りたい選手が出場する大会ではないかと思っています。

ネガティブな文章になりましたが、東京オリンピックやその後のテニス界を踏まえた上で、全日本選手権の開催意義を考える時期にきているように感じます。

ミスターTでした

カテゴリー: 1日一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

トラックマンのレポート

ミスターTです。

昨日の午前中は、聖蹟桜ヶ丘でトラックマンを受けました。

今回打ったラケットは、VCORE SV 98 LG、BURN 100S CV、G360 エクストリーム、ピュアアエロ、レボ CX2.0

結果から言うと、レボ CX2.0が一番安定感があったラケットであると言われました。

なぜかと言うと、BURN 100S CVが思ったよりも回転がかからなかったこと、G360 エクストリームやピュアアエロの打ち出し角度が上過ぎて打球の安定感に欠けることが理由となりました。

ただ、レボ CX2.0でもナイロンモノで50pのテンションがどうも手元寄りで打つクセのある自分には合わなかったらしく、ナイロンマルチをテンションを落として張ると良いと言われました。

フラット系打球で手元寄りで打ちやすい自分は、レボ CX2.0をナイロンマルチで低目のテンションが良い組み合わせのようです。

ミスターTでした

カテゴリー: 1日一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

いやぁ、しかしながら疲れた。

ミスターTです。

今日は、聖蹟桜ヶ丘〜南大沢〜渋谷と回りました。それぞれの模様はまた改めて書きますが、疲れました。

さて、秋が深まってきて、テニス界も一年の総決算の時が近づいてきました。ATP&WTAの最終戦や全日本選手権が近づくテニス界の情報収集が楽しみです。

ミスターTでした

カテゴリー: 1日一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

トラックマン当日の朝。

ミスターTです。

今日はトラックマンの当日です。

今わたくしはトラックマン会場である聖蹟桜ヶ丘に移動しています。

今回のトラックマンはかなり気合いを入れています。普段はカットソーにジーパン、ウォーキング用の靴ですが、今日は半袖Tシャツにウォーマージャケット×2、下は裏メッシュのロンパンにテニスシューズと、実践仕様で行きます。

トラックマンのレポートはまた書きます。

ミスターTでした

カテゴリー: 1日一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。