Xへの誘いII。

ミスターTです。

世界で初めて商品化されるフォア面とバック面で異なる性能を発揮するラケット、Xシリーズ。わたくしがよく見るfukky’sインプレの中でも、Xシリーズの完成度の高さを感じます。

ただ、渋谷の狭い試打スペースと実際のコートではスピン量や飛距離、スピードも変わってくるので、今週末はもう少し広い試打スペースのあるところに行ってみて、X100について知識を深めていきたいです。

そう言えば、新宿に面白い店がオープンしたらしいので、X100の試打と合わせて行ってみたいです。

ミスターTでした

カテゴリー: 1日一言。 | 投稿者ミスターT 19:12 | コメントは受け付けていません。

PART4 軍曹が現れた!

ミスターTです。

065E3B67-7919-4967-88C2-EE1258303265
例のDチームがモジモジしてる様子。

ミスターT)何があった?

D4BDC6E5-3F4E-42BC-B432-061CEB0A3D23
大博士)オイ、アンタの家に軍曹が来るらしいな⁈
四人)怖いぜ、マジ。

ガチャ、と音がして軍曹が現れました。
五人)軍曹が来たぞー!!!
軍曹)オマエら、ウザイぞ!引っ込め!

こちらがやってきた軍曹。
F2C15060-7612-41D2-A106-13D62CE38968

大博士によれば、軍曹は本当に軍曹の階級を持つらしいので、下手にタメ口をきけないのだとかそうではないとか。

今回軍曹が現れた目的、それは、世界征服をするために必要な戦闘力を鍛えるためだそうです。

こうして軍曹が新たに加わったDチームですが、はたしてDチームの明日は如何に⁈

ミスターTでした

カテゴリー: 特攻野郎Dチーム | 投稿者ミスターT 19:50 | コメントは受け付けていません。

Xへの誘い。

ミスターTです。

プリンスさんの新作ラケット、Xシリーズがあまりにも凄すぎて驚いています。

わたくしは今ブリヂストンさんのX-BLADE RS 285を使っているのですが、X100に乗り換えようかな?と思うくらい完成度の高い逸品です。

ですが、Xシリーズはプリンスさんの持つ超高性能カーボン・テキストリームが使われていません。テキストリームの無いラケットはただのラケットというなかれ。世界初の試みであるこのラケットはただのラケットではないのです。

X100はフェイスサイズが100の重さが290gなので、黄金スペックより操作性の改善を図りたい方にもオススメです。

X100が凄すぎて他のラケットが霞んでしまいそうです。Xシリーズの完成度、恐るべし!

ミスターTでした

カテゴリー: 1日一言。 | 投稿者ミスターT 20:52 | コメントは受け付けていません。

Xマジ半端ないって!

ミスターTです。

今日は、ブリヂストン・X-BLADE RS 285のカスタマイズについて交渉してきました。が、コレといった収穫はなかったので、日を改めてブリヂストンさんに電話して確かめてみたいと思います。

そんな中、渋谷ではプリンスさんが世界で初めて商品化に漕ぎ着けたフォア面とバック面で異なる性能を発揮するラケット、その名も

Xシリーズ

を試打してみたのでレポートしたいと思います。

打った感想
フォア面→単純なパワーはX-BLADEのほうが26mm厚(今回試打したX100は24.5mm厚)な分ありました。しかしながら、どちらも飛ぶ飛ばないに差はなかったような感じがします。
バック面→X-BLADEは、強打して弾く力はあるのですが、スライスショットが持ち上がらない(ゴロ、あるいは高く上がらないのでネットする)と思いました。しかしX100は、流石バックにこだわったような印象を受けました。特にX-BLADEでゴロやネットばかりだったスライスショットがいい感じに打つことができたので、ショットの引き出しが増えたような印象を受けました。

結果、Xは本当にテニスを変えるのではないかと思いました。

特殊な設計だけに大量生産できないのが玉にキズではありますが、これは本当に半端ないです。いやぁ、すごい。プリンスさんのチャレンジに脱帽しました。

ミスターTでした

カテゴリー: 1日一言。 | 投稿者ミスターT 20:36 | コメントは受け付けていません。

改善策はゼロではなさそうなので…

渋谷に行きます。

おはようございます。ミスターTです。

14C3D68A-8876-435A-8715-11B965D5B78A
昨日ついにデビューしたブリヂストン・X-BLADE RS 285ですが、まだ改善策がありそうなので、今日は渋谷に行って改善策を考えていきたいです。

これについてはまた改めて。

ミスターTでした

カテゴリー: 1日一言。 | 投稿者ミスターT 09:24 | コメントは受け付けていません。

これ、なかなかの代物やん、これ、えぇやん。(by大博士)

ミスターTです。

14C3D68A-8876-435A-8715-11B965D5B78A
ついにブリヂストン・X-BLADE RS 285のデビュー戦です。

感想は、暑かったので一言のみ。

    うん、振れます。

では、大博士的にはどう思ったのでしょうか?
image
これ、なかなかの代物やん、これ、えぇやん
まさかの一言のみ…でしたが大博士的にも満足できる結果だったように感じます。

今日はこれから綾瀬で夕食です(って、メシの様子をアップするわけじゃないけどなby大博士)。

ミスターTでした

カテゴリー: 1日一言。 | 投稿者ミスターT 18:27 | コメントは受け付けていません。

なんでそうなるのかなぁ?

ミスターTです。

わたくしは今日テニス会に参加するために移動しています。

ここ数日の酷暑のせいで只今朝8時でも暑い今日この頃。ドリンクも暑さで熱くなるので、冷凍保存出来る水筒でドリンクを凍らせて道中で溶かしながら行きたいです。

それではこのへんで。

ミスターTでした

カテゴリー: 1日一言。 | 投稿者ミスターT 08:11 | コメントは受け付けていません。

PART3 謎の作戦会議に潜入。

ミスターTです。

901151BF-1E3E-4D5B-9612-7EFFAB6B2041
何やら作戦会議のようです。

大博士)ミスターAが倒されたのか。
天才クラッカー)あぁ。しかも完膚無きまでに倒された。
チゲ&カルビ)ミスターAって、戦闘力530,000だろう?もし倒した相手がベラボウな戦闘力なら、ウチらかないまへんで。
天才クラッカー)先日、彼(ミスターA)のスカウター(戦闘力測定装置)のブラックボックスを解析したが、敵の戦闘力は良くて55,000だった。
デラックスファイター)55,000⁈そんな敵ならミスターAが一発で倒すはずだが。
ピーター)でも、他の敵もそこそこ戦闘力あるよ。一番低い戦闘力の敵で30,000だよ。
天才クラッカー)たしかにそうだ。なにせ敵の総数は50人は下らないからな。
大博士)オイ、見てくれや。ミスターAの戦闘力が一気に跳ね上がっとるで、きっと敵にきりきり舞いさせられてるんちゃうんか?
天才クラッカー)あぁ。ブラックボックスを見る限り戦闘力1億は超えたな。
チゲ&カルビ)敵の戦闘力がある1人に集まってるな。そこでブラックボックスの記録は切れているようやな。
天才クラッカー)そう。50人を超す敵は自らの戦闘力をある1人に集めて様子を見ているようだ。何⁈戦闘力5億超⁈
デラックスファイター)ごっ、5億超え⁈嘘でしょ。
ピーター)50人を超す敵の戦闘力はどんなに集めても5億にはならんぞ。
天才クラッカー)あぁ。そこがミソのようだ。
大博士)引き続き敵の戦闘力の謎を解くで、気合入れや!
四人)オウ!

今回わかったこととして、戦いの構図はミスターA1人対敵50人以上、ミスターAの戦闘力は1億を超すまでになるも敵の戦闘力がそれを上回った結果ミスターAが倒されたということがわかりました。

はたしてDチームの明日は如何に⁈続く。

ミスターTでした

カテゴリー: 特攻野郎Dチーム | 投稿者ミスターT 20:51 | コメントは受け付けていません。

暑い、暑すぎる…

って、某有名菓子のキャッチコピーのパクリではないですよ。

改めまして、ミスターTです。

しかし、暑いですね。

こう暑いと汗で下着やシャツがまとわりつく感じが嫌になりますが、テニス用品、特にガットは気温の変化に敏感です。

夏場のガットは張った後の変化が激しく、すぐに緩んできてしまいます。これはナイロンもポリも共通です。特にテンション低下が著しいポリは、毎回のように張り替えが必要なくらい足が早くなります(つまり、テンションの持ちが悪くなる)。

一方、カリカリに寒い冬場はというと、ガットは撓まなくなります。ポリは特に撓まないので、腕への衝撃が夏場より大きくなります。よく冬場は夏場よりテンションを落とすよう言われるのはこのためなのです。

ガットは気温の変化に敏感です。おや、と思ったらすぐに張り替えましょう。

ミスターTでした

カテゴリー: 1日一言。 | 投稿者ミスターT 17:39 | コメントは受け付けていません。

えっ、エレメント⁈

ミスターTです。

わたくしのラケット(ブリヂストン・X-BLADE RS 285)には今NXTを張ってもらっていますが、その次に張ってもらいたいガットの候補にルキシロンのポリガットシリーズからエレメントというガットがいいなぁと思いました。

ここで突っ込んでほしいのが、ポリガット未経験の自分がポリガットにして大丈夫なのかという不安です。
正直言って、わたくしは今までナイロンガットばかり(しかもAKプロやM7といったモノマルチ系です)使ってきたので不安はゼロではありません。

わたくしを含めたポリガット未経験者が今までのナイロンガットからポリガットに移行したい時に一番厄介なのが、ポリガット=硬い、つまり下手に背伸びすると肘などの故障につながるということです。わたくしのようにひと月に一度、しかも一回2時間くらいのテニス会ではナイロンガットでもそうそうガットが切れない自分にとって、ポリガットは大丈夫なのか、怪我につながらないのかという不安がつきまといます。

今回のテニス会でマルチ系のナイロンガット(今回のNXT)でオーバーするようなら少し硬めのモノマルチ系やモノ系ナイロンガットが候補に入るのかな、と思っていた中でのエレメントにはわたくし自身が驚いています。
とにかくまずはNXTでどうなるかを見てみたいです。

ミスターTでした

カテゴリー: 1日一言。 | 投稿者ミスターT 20:05 | コメントは受け付けていません。