カテゴリー別アーカイブ: 未分類

トップスライスサーブの上手な使い方は?

以前トップスライスサーブを好んで使っていたものの
スピンサーブには勝らず限界がありスピンサーブを
積極的に習得した方が良いと書きました。

現在もその気持ちに変化はなくやはりスピンサーブを
積極的に習得するよう努力するのがおすすめです。

ただトップスライスサーブが全く使えない訳ではなく
トップスライスサーブもうまく使えば大きな武器になるので
今回はそれを紹介していきたいと思います。

まずはボディに打ち食い込ませミスを誘うように打つことです。

スライスサーブでも相手に食い込ませミスを誘うことが出来ますが
トップスライスサーブの場合より低く跳ねるのでさらに打ち辛く
回転は維持しつつも非常に低速で跳ばせることによって

「こんなに遅いサーブをミス出来ないっ!」

と相手にプレッシャーをかけることが出来ます。

さらにサーブ&ボレーも混ぜられれば効果は倍増です。

次にスライスサーブのバリエーションとして使うことが出来ます。

これは非常に単純な理由でスライスサーブばかり打っていると
慣れてしまいますがトップスライスサーブを混ぜることによって

「またスライスサーブだな。あれっ!?回転が違う!」

と思わせることが出来ミスを誘えます。

こちらもサーブ&ボレーを混ぜれば効果倍増です。

そして最後にアドサイドからのセンターへのサーブとしておすすめです。

僕はフェデラーの大ファンで信者といってもおかしくないレベルです。

それもあってフェデラーの試合はもう1000試合以上は見たかと思いますが
そんなフェデラーがアドサイドからセンターにサーブを打つ際に明らかに
普通のスライスサーブではなくスピン回転も加えたトップスライスサーブを
打っていることにトップスライスサーブを多用していた時期に気が付くことが
出来ました。

これら3つの方法でトップスライスサーブを
打てば非常に大きな武器になると感じています。

もちろん無理にトップスライスサーブに固執する
必要はありませんが球種が多いに越したことはありません。

特に一般の仕事をしながらテニスをしている方々には

対戦相手に色んなボールを打たせミスを誘う方法は非常に有効だと思います。

ぜひお試し下さい。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者テニスキ 18:00 | コメントをどうぞ