細かいことは言わない

僕のブログを読んで頂けている方ならわかるかと思われますが
僕は今年でテニス歴が14年になると書いていました。

しかし昨日の記事ではテニス歴15年になると書きました。

それはなぜかというと去年は全くテニスをプレーしていなかったからです。

しかしだからといってそれをテニス歴から引いてしまうと
いつどのくらいプレーしたかとかいつどのくらい休んだのかとか
こと細かく覚えておかなければならず到底無理だということがわかりました。

よって僕のテニス歴は今年で15年です。

何事も細か過ぎるのは良くありませんよね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者テニスキ 17:31 | コメントをどうぞ

非常に良いトレーニング?

ある日のことなのですが仕事中2~30キロくらいの重い荷物を
投げるという動作を2~30回繰り返したことがありました。

すると次の日上腕二頭筋が筋肉痛になり体全体が
満遍なく鍛えられたような不思議な感覚がありました。

確かに僕が生きてきた約30年の間に重い物を
運んだことはあっても重い物を投げたことは今までありませんでした。

よくテニスのトレーニングでメディシンボールを遠くに投げるのを
見かけたことがありましたが何か重い物を投げるってストロークの
動作にも似ていますしテニスにおいて非常に良いトレーニングになるのかも知れません。

近々色々と検証してみたいと思います。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者テニスキ 17:30 | コメントをどうぞ

道は険しい

さらなるサービスの向上を目指して挑戦してみたフラット系スピンサーブで
良い感触が得られず元のスピードを抑えただけのフラットサーブに戻した訳ですが
そんな良い感触が得られなかったサーブを打っていた際にあることが気になりました。

それは納得の行っていないサーブを打つと体全体を無理に使う分
打った後相手のリターンに対して反応が遅れるということです。

それに対してスピードを抑えただけのフラットサーブは全身を
使い100%で打ってしまうと入らないので80%ほどに体を
使うのを抑えるのですがその分打った後も余裕がありリターンに
集中して対応出来ると言う訳です。

一言で言えば僕の納得のいくサーブ習得への道はまだまだ険しそうです。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者テニスキ 19:00 | コメントをどうぞ

まだ先の話? 

前回の試合を機にダブルファーストにサーブを変えた訳ですが
自分なりにはそのサーブ回転をわずかにかけていたつもりだったんですが
よくよく見てみると普通なフラットサーブをただある程度スピードを
落として打っているだけでした。

そのためスピンは少しに抑えたフラット系スピンサーブに
挑戦してみたのですがあまり良い印象が得られずダブルフォルトも
増えてしまったので元のただの威力を抑えたフラットサーブに
戻しました。

もしかしたらフラット系スピンサーブは
もっと筋力がついたらで良いのかも知れません。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者テニスキ 17:30 | コメントをどうぞ

疲れで増す

最近またオークションで中古のスティーム105sを購入しました。

これで僕が持っているスティーム105sの
数は5本目となりまだまだ増える予定です。

スティーム105sは中古でも欲しい素晴らしいラケットです。

そんな中古のスティーム105sを購入した際に僕が普段使用している
グリップテープよりも太いグリップテープが巻いてありそのまま使いました。

つまり普段より太いグリップテープをケチって使った訳ですが
その際にデメリットを感じたのでそれについて書きたいと思います。

それは何かというと疲れてくるとだんだんとグリップが
強く握れなくなりどうしてもミスショットが増えてしまうことです。

普段のグリップテープならちょうど良い太さなので特に強く握る必要はないのですが
太い場合普段より強めに握らなくてはいけないのでちょっとした疲れですぐ握れなく
なってしまう訳です。

「少し太いなぁ」

くらいのわずかな合わなささでも疲れて来れば
大きな違和感に繋がってしまうようです。

カテゴリー: テニス | 投稿者テニスキ 17:32 | コメントをどうぞ

検証の夏・・・にはしたくない

完治したに思えた右肋骨付近の肉離れですがテニスを復帰し
2週間ほど経った頃痛みが復活しまたしばらくテニスは休養します
と言っておきながら金曜日にまたテニスをして来ました。

その時は全く痛みがなく

「あれっ!?」

くらいに思っていたんですが次の日仕事中

「やっぱり痛いような・・・?」

といった曖昧な感覚があり自分でもよく
状態がわからない中あることを思い付きました。

それはテニスを休養するのが辛く痛みもはっきりしたものではないので
筋肉に良いプロテインを大量に摂取すれば肉離れの修復に役立つのではということです。

プロテインを大量に摂取するだけならとても簡単ですから試してみたいと思います。

ただこればかりは検証の夏にはしたくなく1秒でも早く痛みがスッキリ治ることを祈ります。

カテゴリー: その他 | 投稿者テニスキ 18:32 | コメントをどうぞ

癒えぬ傷

昨日も週末恒例のダブルスデーだった訳ですが
今までで最高の7試合ダブルスをやりました。

くわしい結果は忘れてしまいましたが勝ったのが3回、
負けたのが4回で4オール以上になった試合が1試合もありませんでした。

なぜならようやく今年に入って自分の理想通り打てるようになった
フォアハンドが全然安定せず良いプレーが出来なかったからです。

「勝てる試合を落とした」

と言うと大げさですが消化不良という言葉以外見つからない日でした。

フォアハンドが良くなるまで10試合でも20試合でもプレーを
続けたかったのですが腰がなかなか曲がらなくなってしまったため
やむなくプレー続行を断念しました。

それにしてもダブルスを7試合こなしても最初から最後まで
昨日まできちんと打てていたフォアハンドが復活しないなんて
ひどいですね。

今日のプレーではフォアハンドが復活していることを強く望みます。

カテゴリー: その他 | 投稿者テニスキ 13:32 | コメントをどうぞ

検証の夏

僕はとても暑がりなクーラー大好き人間なのですが
あまりつけ過ぎはよくないと眠りについてしばらくしたら
切れるように毎回タイマーをしていました。

そんな中この間タイマーをするのを忘れてしまい
クーラーをつけっぱなしにしたまま眠ってしまった
ことがあったのですが普段感じないくらいに

「よく寝たなぁ~」

というぐっすり眠れた感覚がありました。

そのためクーラーの浴び過ぎはよくないけどきちんと温度設定を
しておけば眠っている間でも負担にはならないのではないかと感じました。

調べてみると人間は22℃くらいが眠りが一番深くなるらしく
ちょうど僕が設定していた温度も22℃で縁を感じたので今年の夏は
クーラーをつけっぱなしで眠りどんなメリットデメリットがあるか検証してみたいと思います。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者テニスキ 19:06 | コメントをどうぞ

懸垂が合図?

完治したかに思えた右肋骨下部の肉離れですが
最近また痛み出し残念ながらテニスはまた休養することにしました。

やはり少しでも痛みがある状態ではテニスは復帰出来ませんね。

また右肋骨下部ですが懸垂をやると痛みが強いというか

「ああ・・・痛いなぁ・・・」

と痛みを強く感じることが多かったので懸垂をした際に
痛みが感じられなくなった時が本当の完治ではないかと考え
懸垂を5、6回しても痛みが感じられなくなるまでは
テニスは控えようと思います。

カテゴリー: その他 | 投稿者テニスキ 17:38 | コメントをどうぞ

なぜ女性だけなのか

先週ひどい日焼けをしてしまいました。

特に首の辺りがひどくまだ完治せずにいます。

そのため昨日は首にタオルを巻いてプレーしました。

そうすると首を日焼けから守れるうえ汗を拭きやすいという
予想していなかったメリットも感じられたのですがいかんせん

見た目が貧乏臭い

です。

という訳で以前から気になっていた
ネックカバーの購入を検討してみました。

値段は安いものだと1000円しないものから上は3000円くらいまでで
比較的安く手に入れやすいと感じたのですがここで一つ気になることが。

それはネックカバーをしているのはほとんど女性ということです。

男性ものもない訳ではないのですが限りなく少ないです。

そのため購入しようか悩みますがやはり買って試してみるのが一番良いでしょうね。

カテゴリー: テニス | 投稿者テニスキ 17:35 | コメントをどうぞ