復活希望

最近更新が滞っており申し訳ないです。

という訳で先々週の週末ダブルスの結果のご報告をしたいと思います。

土曜日は4試合やって2-6、6-0、6-4、6-5でした。

僕のスクールには最高齢の82歳の方がいるのですが
僕が若いので(33歳だけど)この方とよく組みます。

組んだ試合で全勝することが出来てとてもうれしかったです。

日曜日は6-1、4-6、6-1。

土曜日に4試合しかしていないのに疲労が色濃く本来のプレーが
出来ませんでしたがそれでも2勝出来たのは非常に大きかったです。

以前の僕なら週末はダブルスを必ず最低5試合はやることにしていたのですが
最近ひしひしと年齢による体力低下を感じておりそれがなかなか出来なくなって来ました。

テニスとは関係ないですが食欲減退、人の名前を覚えられないなど
今までなかったことが増えていて年は取りたくないものですね。

逆に良かったことといえば疲れてしまってすぐ眠れるので布団に入っても
なかなか眠れないというストレスがなくなったことくらいですかね(笑)

テニスへの情熱も減ってしまい平日は全然テニスをしなくなってしまいましたが
土日のテニスは楽しいことこの上ないのでなんとか体力が復活してくれることを望みます。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者テニスキ 19:43 | コメントをどうぞ

新しい練習パートナー

今週末は土曜日は仕事でテニスは出来ませんでした残念バッド (下向き矢印)

その代わり日曜日は以前地元のダブルスで急遽ペアを組んだ方と練習することが出来ました。

彼は僕がよく出ている大会にも出場しており最高成績はベスト4とかなりの実力者です。

試合をするのは初めてでしたが明らかに実力差があるため目標は1セットに2ゲーム取ることにします(笑)

3セットやったのですが結果は6-2,6-2、6-0。

反省点はまずボールにギリギリ追いついた際のミスが多い。

ただボールに触れているだけの状態でそれではだめですね。

そこがナダルと違う所ですバッド (下向き矢印)

次にファーストサーブの入りは良かったのですがスピードが
足りていないためもっとコースを重視しないといけなかったです。

最後にオールラウンドなプレーが出来ませんでした。

2セット目の中盤くらいまでボレーミスが多くそれからは粘るようにしたのですが
彼は元サッカー部で非常に立派な足をしており全然通用しなかったですし体力の消耗が激しかったです。

こんなに完敗したのは久しぶりです。

差が大きいとは思っていましたがまさかここまでとはorz

良かった所は最初の2,3ゲームは膝に痛みがあったのですが
それ以降はプレー中からプレー後まで痛みがなかったことです。

早く完治してくれることを祈ります。

そしてやはりフォアがよく打てるようになりました。

以前のフォアなら彼からゲームを取ることは出来なかったでしょう。

まさか自分がまともにフォアを打てるようになる日が来るとは。

最近は7割はフォアで打っていますし回り込んでいる時もあるくらいですからね。

彼も僕も忙しいのでもし次回また練習できるのなら

①サーブでコースをつく。
②フォアのスライスを使う。
③オールラウンドなプレーをする。

この3つが出来るようにがんばりたいと思います。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者テニスキ 01:06 | コメントをどうぞ

それでも勝ちたい

かなり遅くなってしまいましたが先週末のダブルスについてお伝えしたいと思います。

土曜日は5試合やって0-6、6-0、6-3、2-6、2-6。

1試合目はペアの方がボレーがものすごく苦手で1ゲームに
少なくとも2回はミスがあったので残念ながらこのスコアとなりました。

4、5試合目はペアの方がなんとなんと82歳と超高齢の方だったのでこのスコアになってしまいました。

もちろん勝ちたいですがこればっかりは仕方ないですね。

日曜日は土曜日の夜の時点でかなり疲労がありテニスには行かず
眠れるだけ眠るつもりだったんですが毎週末テニスをしているので
いつもの時間に自然と目が覚めてしまい結局行くことにしました。

6-4、6-1と勝つことが出来ましたがたったの2試合ですが疲労困憊で帰宅しました。

2試合目の中盤くらいには体はおろか頭も回らな過ぎて逆に素直に帰ることが出来ました(笑)

ペアの方が「ちょっとなぁ・・・」という場合や
超高齢の場合でも勝てるくらいの実力になりたいです。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者テニスキ 21:06 | コメントをどうぞ

距離ではなく○○で走る

最近

「テニスに走ることは重要だなぁ」

と再認識したので週末しかテニスをしなくなったことも相まって
平日にランニングを定期的にするようになりました。

走ることは短調できつく楽しいことではないですから
どうしても飽きが来てサボりがちになってしまいます。

そこで最近は距離ではなく時間で走るようにしています。

どういうことかというと例えば

「毎日1キロ走る!!」

と決めた場合体調が良い日も1キロ、体調が悪い日も1キロ、
テンションが高い日も1キロ、テンションが低い日も1キロ、
と言った具合にその日の体調は毎日変化しているのに距離が変わりません。

そのため

「今日は体調が良いからたくさん走れそうだ!!」

という日には不完全燃焼な1キロ。

「今日は体調悪いなぁ。明日仕事を休んでしまうかも知れない」

という日には怪我をする可能性の高い危険な1キロとなってしまう訳です。

距離を決めて走ってしまうと体調の変化が反映されないんです。

それに引き換え時間を決めて走ると
例えば毎日15分走ると決めた場合体調の良い日には3キロ。

体調がすぐれない日には1.8キロと言った具合に自然と走る距離が変わるんです。

僕の場合ある日15分走った所ちょうど3キロ走れたことがあり
ダイエットがうまく行った訳ではないですが脚の筋トレの効果は
きちんとあったんだなぁと言うことがわかってうれしい誤算でした。

みなさんも是非「時間走」試して見て下さい。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者テニスキ 21:14 | コメントをどうぞ

老いはこんな所まで

今日は祝日と言うことで朝からダブルスの試合を楽しみました。

5試合行って6-1、6-5、6-4、6-0、6-2とまた全勝することが出来ました。

これが4回目の全勝かなと思います。

前回の全勝の日もそうでしたがフォアがうまく打てるようになり
凡ミスがほとんどなくなったことが一番の要因だと思います。

でもじつは2試合目の終盤くらいまで非常に体が重かったんです。

「寝不足かな?」と思ったのですがどうも違うようで理由を考えてみた所
今朝スーパーマーケットにスポーツドリンクを買いに行きました。

するとそこにピスタチオのジュースが売っており
珍しいなぁと思い買って飲んでみることにしました。

味はおいしかったのですが油っこくしかもテニス中に飲んでしまったため
消化に時間がかかり体の負担になったことに加え、油分が糖分の吸収を阻害
してしまったようで低血糖状態となり体がだるくなったようでした。

若干の胃痛も感じていて踏んだり蹴ったりでしたがそんな
体調不良がありながら全勝できたのはとても自信になりました。

僕もアラサーとなり油っこいものが食べられなくなって来たことは
重々理解していたつもりでしたがまさか飲み物にまで影響するとは。

年は取りたくないものですね。

最近こんな締めくくり方ばかりですが気のせいでしょうか(笑)

カテゴリー: 未分類 | 投稿者テニスキ 20:35 | コメントをどうぞ

老いからの3度目

昨日はとある理由で右のお尻の筋肉にかなりの痛みがあったのですが
1日動きを抑えた結果ほとんど痛みがなくなって今日は5試合のダブルスを
楽しむことが出来ました。

結果は6-0,6-0、6-4、6-5,6-5で週末テニスで人生3回目の全勝することが出来ました。

まず最初の2試合を6-0に出来たのが初めての経験で非常にうれしかったです。

フォアがうまく打てるようになったことが大きな要因ですがまだまだ不安定なので

「フォアがついに打てるようになりました!!」

なんて浮き足立って書いてしまったら読んで下さるみなさんを混乱させてしまう
可能性が高いですからもうちょっとフォアが安定してから書きたいと思います。

3試合目は4-0から4-4に追いつかれ非常に嫌な
負けパターンでしたがなんとか踏ん張って勝ちました。
勝てて本当に良かったです。

そして最後の4,5試合目は共に6-5だった訳ですが4試合目は3回、
5試合目は2回の相手ペアのマッチポイントがあったのですが
すべて防いで勝つことが出来ました。

マッチポイントではやっぱりバック頼みでした。

安心と信頼のバックです(笑)

それにしても今日はとても素晴らしい1日になりました。

昨日はこの上ない老いを感じていましたが僕もまだまだがんばれそうです。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者テニスキ 23:42 | コメントをどうぞ

不本意な初めて

最近よくスキップをしています。

多くの人が?という感じだとは思うのですがスキップって
体に力が入り過ぎていると出来ませんから脱力の練習になりますし
テニスに良い影響があると思いますし単純に良い運動になるのではと考えたからです。

特に回数は意識せず気が向いたらやっていた程度なのですが何回か回数をこなして
しばらくした頃ふと下に落ちたものを取ろうと右足を伸ばして伸脚のような体制を
取った所右のお尻の付け根にズキッと嫌な痛みが。

かなりの痛みでせっかく3連休のテニスを楽しみにしていたのですが
今日はダブルスをたったの2試合やっただけで痛くて帰らざるを得ない
ほどでした。

今までこんな所痛くなったことなんて一度もなかったのに。

いや~。年は取りたくないものですね(笑)

カテゴリー: 未分類 | 投稿者テニスキ 22:36 | コメントをどうぞ

1%の確率?

5日にあった試合の結果がなんともうアップされていました。
運営さんの仕事の速さに非常に感謝しています。ありがとうございます。

僕の地元の大会では必ず最初に3人でのリーグ戦を
するのですがほぼ100%2勝した方が勝ちあがります。

時々3人共1勝1敗となり得失点差で勝ち上がる方が
決まる場合もあるのですが1%くらいかなと思います。

僕も今までのテニス人生の中で一度もそんなことはなかったのですが
なんとなんと僕が初戦6-2で勝った方に僕が3-6で負けた方が6-2で敗退
しており僕が勝ち上がっていて結局デフォとなっておりました。

まさかまさかそんなことがあったとは。

確かに両膝にじんわり痛みがありましたがもしかしたら試合を
まだすることが出来たかも知れませんし心残りがなかったと言えば
嘘になります。

勝ち上がったことで無理をしてしまい怪我が悪化してしまうことも
ありますのでどっちが良いかは甲乙つけがたいですけどね。

また初戦の方がどうやって2戦目の方に勝ったのか
その試合を純粋に見てみたかった気持ちも強かったりします(笑)

やっぱりきちんと会場に残ってリーグ戦の結果を見ていないとだめですね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者テニスキ 22:01 | コメントをどうぞ

何よりも最優先は

5日は復帰後初めての試合がありました。

膝が痛まないかが一番の気がかりでしたが果たしてどうなるのか。

初戦は僕より少し年上くらい方と。

僕のサーブからのスタートとなりました。

この日のためにビデオカメラを新調して自分のプレーする姿を撮影していたのですが
それでわかったことはまず見た目でわかるほどのデブではなくて安心しました(笑)

意外や意外に動きが軽やかで嬉しい誤算でした。

詳しくはまた後日書きますが最近距離ではなく時間を決めて走る
ランニングをしておりその効果が出たようでとてもうれしかったです。

相手の方はフォアバック共に穴がなくダブルフォルトも少なかったですが
いくなりブレイクして2-0と出来たことと3-1相手の方のサービスゲーム
40オールになった際に良いボールに何度もくらいついて最終的には
スマッシュを決めブレイクし4-1と出来たことで波に乗り勝つことが出来ました。

課題はファーストサーブの手打ちな感じが大きかったことです。

僕は後ろにステップしてからサーブを打ちます。

個人的には松井俊英選手のサーブのような感じですがその
後ろへのステップが小さ過ぎることが原因のような気がしました。

2試合目は年配ですが長身な方と。

この方も穴がなく非常にうまかったのですが
それよりもものすごく気になったのは風です。

風速10mかそれ以上くらいの風がビュービュー吹いており

「なんだかギシギシ変な音がするな」と音のする方を見てみると

高さ20mほどのライトが折れるんじゃないかというくらい揺れていました。

またみなさんも見たことがあるかとは思いますが傷んだコートをに継ぎ接ぎがされており
ただでさえ風が強くてボールの軌道がコロコロ変わるのにその継ぎ接ぎに乗ったボールが
イレギュラーすることも多く万事休すで3-6で敗退となりました。

間違いなく僕のテニス人生で一番の強風の日でした涙

心残りは3-5、30オールの際に相手の方がダブルフォルトしていたのですが
コート上ではきちんと確認することが出来ず映像を見返した際に発覚しました。

きちんとジャッジが出来ていれば結果は変わったかも知れないだけに残念でした。

でもこればっかりはしょうがないですね。

肝心の膝の状態ですが2試合目が始まる前くらいには右の内ももが痛み出し帰り着く頃には
両膝を包み込むようにじんわりと痛みがあって完治していなかったんだなぁとがっかりしましたが
気長に治していくしかないですね。

今大会は出場選手は100人超えでレベルも非常に高くプロじゃないかと思えるくらいの
ショットを連発している方が多く見られ極めつけは僕のファーストサーブより速いんじゃないか
というくらいのバックのスライスを打っている方もいて自分のスライスが恥ずかしく思えました。

今大会ではバックハンドをすべてスライスにする作戦だったのですが
あまり効いておらずむしろ普通に打った時の方が嫌がられていたということも
ありますしバック全スライスはなしでむしろフォアが大の苦手な僕ですから
フォアのスライスを打ったほうがいいかも知れません。

最後に次回への反省ですがやはり何よりも膝の痛みの完治を最優先に。

そしてすべてのショットを常にファーストサーブのように気合を入れて打つ意識でかつ
それが実現出来る体力を筋トレのみならずランニングや縄跳びなどで手に入れていなければ
優勝はなさそうです。

またがんばります。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者テニスキ 23:30 | コメントをどうぞ

なぜさらに低く?

テニスに復帰する1年前からテンションを少し落として48でストリングを張っていました。

僕の愛用しているウィルソンのスティーム105sはストリングパターンが
16×15と激荒スペックなのでいくらポリを張ってあるとは言えこのテンションでは
さすがに低過ぎるかなと思っていました。

1年間筋トレはしていてきちんと効果があったので復帰したらもっと
テンションを高くして張ってもいいと思っていたのですが土曜日に
大会があるため張り替えた所むしろさらにテンションを落として
45くらいで張っても良いのではと思えるくらいでした。

その根拠としては切れる手前くらいのゆるゆるでストリング
動きまくりスナップバック感じまくりの状態が一番打ちやすいんですよね。

僕程度の実力ではラケットがへたっていることはありえないので
なぜそうなったのかはわからず原因不明なのがよくわかりません。

テニス自体ももちろんそうですがストリング選び、
テンション選びも非常に奥が深く難しいものですね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者テニスキ 12:18 | コメントをどうぞ