日別アーカイブ:

大坂なおみ 3回戦敗退

clip_now_20180602_102256

全仏オープンテニス(French Open 2018)は1日、女子シングルス3回戦が行われ、大会第21シードの大坂なおみ(Naomi Osaka)は1-6、6-7(7-9)で第13シードのマディソン・キーズ(Madison Keys、米国)に敗れ、大会から姿を消した。


プロテニスランキング

 昨年の全米オープンテニス(US Open Tennis Championships 2017)で準優勝を果たしたキーズは、4回戦で第31シードのミハエラ・ブザルネスク(Mihaela Buzarnescu、ルーマニア)と対戦することが決まった。

 スポーツ科学の博士号を持ち、今大会で四大大会(グランドスラム)初勝利を記録している30歳のブザルネスクは、第4シードのエリナ・スビトリーナ(Elina Svitolina、ウクライナ)に6-3、7-5で大番狂わせを演じた。

 一方、今年の全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2018)女王で第2シードのキャロライン・ウォズニアッキ(Caroline Wozniacki、デンマーク)は6-0、6-3でポーリン・パーメンティア(Pauline Parmentier、フランス)に快勝し、4回戦進出を決めた。

 昨季に続くベスト8入りを目指すウォズニアッキは次戦、同日行われた試合でマリア・サッカリ(Maria Sakkari、ギリシャ)を6-1、1-6、6-3で破った第14シードのダリア・カサキナ(Daria Kasatkina、ロシア)と対戦する。

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 17:24 | コメントは受け付けていません。

6/1現在 全仏ドロー結果一覧

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は1日、男子シングルス3回戦が行われ、第20シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第13シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)を6-4, 6-7 (6-8), 7-6 (7-4), 6-2で破り、ベスト16進出を果たした。


プロテニスランキング

この日、3時間48分の戦いを制した元世界ランク1位のジョコビッチは「素晴らしいテストだった。勝たなければいけなかった。疲れていないのは、いいニュース。次の戦いを楽しみにしているよ」と次戦へ意気込んだ。

4回戦では、第30シードのF・ベルダスコ(スペイン)と対戦する。元世界ランク7位のベルダスコは3回戦で第4シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日の3回戦では、第2シードのA・ズベレフ(ドイツ)、第7シードのD・ティーム(オーストリア)、第19シードの錦織圭が16強入り。第10シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)は3回戦で逆転負けを喫した。

第8シードのD・ゴファン(ベルギー)と第32シードのG・モンフィス(フランス)、第15シードのL・プイユ(フランス)と世界ランク38位のK・カチャノフ(ロシア)の3回戦は、雨による悪天候の影響で翌日へ順延となった。

6/1現在のドローは以下の通り
3dce1a540080198dac6e9db514748d5dec15c301

bd614fdd30d97616dc904405b2af1623603a8558

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 12:17 | コメントは受け付けていません。

錦織圭 一番良い試合 シモン戦について

clip_now_20180601_231139

 テニスの全仏オープン第6日は1日、男子シングルス3回戦が行われ、世界ランキング21位で第19シードの錦織圭(28=日清食品)は、同65位のジル・シモン(33=フランス)と対戦。6―3、6―1、6―3のストレート勝ちで、4年連続の4回戦進出を決めた。


プロテニスランキング

 長いラリー戦になることを想定していたという錦織。元世界6位の強豪シモンからストレート勝ちを収め、「攻めないと勝てない相手だったので、自分から攻めることを肝に銘じていた。その中でうまく攻めることができた」と納得の表情で語った。

 1、2回戦に続いて、3回戦でも地元勢を撃破。「フランス人と毎回この場所で闘うのは大変だけど、今日はいい試合ができた」と勝利の余韻に浸った。

 「(今大会で)一番いい試合ができた。調子は上がっているので、次の戦いに調整したい」と2年連続の8強入りへ気持ちを切り替えた。

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 07:14 | コメントは受け付けていません。