日別アーカイブ:

ナダル全仏11度目優勝

clip_now_20180611_080511
テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は10日、男子シングルス決勝が行われ、第1シードのR・ナダル(スペイン)が第7シードのD・ティーム(オーストリア)を6-4, 6-3, 6-2のストレートで破り、2連覇と11度目の優勝を果たした。オープン化以降、男女を通じて同一の四大大会を11度制したのはナダルが初で、前人未到の偉業を成し遂げた。


プロテニスランキング

決勝戦、ナダルは2セットアップとすると、第3セットも1ブレークに成功と優位に立つ。その後、左手の治療を受けるなどで心配されたが、2時間42分で優勝を決めた。

表彰式でナダルはトロフィーを受け取ると、フォトセッションでは偉業の達成に涙を流した。

ナダルにとって同一大会で11度目の優勝は、モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)、バルセロナ・オープン(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)に続いて3大会目。

4大大会で初めて決勝に進んだティエム(オーストリア)は王者の牙城を崩すことはできなかった。直近のマドリード・オープンでは勝利しており、今大会最強の挑戦者と目されていたが、結果はストレート負けだった。

 どんなに強くショットを打ち込んでもコート深くに打ち返され、「相手のプレーがとてもよかった。それこそ彼が11回も優勝している理由。1回でも凄いのに、彼の凄さは一言や二言では言い表せない」と脱帽した。

 ナダルの05年の全仏初優勝の時はまだ11歳。表彰式では「テレビで見ていたのに、ここで決勝を争うことになるとは思ってなかった」と感慨深げだった。ナダルには「この数年できっと優勝できる」とエールを送られ、「早くまた4大大会決勝の舞台に立ちたい」と再挑戦を誓った。

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 17:05 | コメントは受け付けていません。

フェデラー ユニクロと契約か

clip_now_20180611_080922

テニス界のスーパースター、ロジャー・フェデラー(36=スイス)が長年連れ添ったナイキを離れ、ユニクロと契約したと海外のテニス専門サイトなどが報じた。元ガゼッタ・デロスポルト紙の記者によるウェブ上の記事が発端となり、英紙インデペンデントなどもそれを引用する形で報じている。


プロテニスランキング

 キャリアの全てをナイキとともに歩んできたフェデラーだが、08年に交わした年間10億円の10年契約は今年3月に満了しており、水面下で争奪戦が繰り広げられてきた。記事によれば、ユニクロとは年間30億円の10年契約で、総額300億円にも上るという。ユニクロは昨年4月まででノバク・ジョコビッチ(セルビア)との契約を終了しており、現在は錦織圭や国枝慎吾らのウエアをサポートしている。

 クレーシーズンを全休したフェデラーは今週のシュツットガルト・オープンから始まる芝シーズンで復帰。すでに会場入りし、ナイキのウエアで練習を行っている。新たな契約を結んだとするとお披露目は7月2日開幕のウィンブルドンが濃厚。正式発表を世界中が注視している。

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 12:09 | コメントは受け付けていません。

穂積、二宮 準優勝コメント

clip_now_20180611_080054
テニス4大メジャーであるグランドスラムの第2戦・ローランギャロス(全仏テニス)女子ダブルス決勝で、穂積絵莉/二宮真琴組が、第6シードのバルボラ・クレジコバ(チェコ)/カテリナ・シニアコバ(チェコ)組に、3-6、3-6で敗れて、準優勝に終わった。


プロテニスランキング

 決勝は、センターコートであるフィリップ・シャトリエコートで行われ、穂積と二宮にとっては、初めてのグランドスラムのセンターコートでのプレーになった。

 二宮と穂積は、第1セット第1ゲームで先にブレークに成功して、幸先のいいスタートをきった。だが、続く第2ゲームでブレークバックを許すと、準決勝までにはなかった、相手の陣形に揺さぶりをかけるロブや、ポイントを決めにいくポーチがことごとくミスになった。

「自覚としては、そこまで緊張感はなかったです。もちろん試合前は緊張をしていたんですけど、準決勝の方が緊張しました。でも、自分の感じていないところで、やはり決勝という舞台、勝ちたい気持ちとかが、少し硬さにつながったのかなと思います」(穂積)

「始まる前の方がすごく緊張していました。試合では、相手にちょっとペースで崩されたり、いつもより遅いペースで試合をされたりして、相手のスピン量がすごかったので、ちょっとロブも打ちづらくて、相手に崩されたというところはありました」(二宮)

逆に、シニアコバが、ダウンザラインへのロブを使って、日本ペアの後衛を左右に走らせてミスを誘い、試合の主導権を握り、最後まで日本ペアは、チェコペアを崩すことができなかった。

 ノーシードで決勝まで勝ち上がって来た穂積/二宮組は、残念ながら決勝で敗れたものの、ローランギャロスで、日本女子ペアとして初の準優勝となった。初めてのグランドスラムの決勝を戦った経験できたことによって、次のチャンスが巡ってきた時には、グランドスラムで優勝できるはずだという確信を2人とも手に入れた。

「今回かなり自信になったので、本当にグランドスラムで優勝するチャンスは本当にあるなと感じましたね。1回戦から準決勝まで二人でいいプレーができて、本当に勝てない相手はいないなと心底思いました。グランドスラムで優勝するチャンスは、また絶対来ると思ってます」(穂積)

「(昨年の)ウインブルドンでベスト4に入った時は、たまたまかなという思いがあった。今回決勝まで来れて、やっぱりちゃんとやればできるんだと思えました。今回のプレーやこの結果で、やっぱり私はダブルスを極めようかなと思いも強くなりました」(二宮)

 グランドスラム第3戦のウインブルドンでは、お互い違うペアと組む予定で、次にどこの大会で穂積と二宮が組むかは未定だが、今後の”えりまこ”の活躍が非常に楽しみだ。

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 08:03 | コメントは受け付けていません。