日別アーカイブ:

セリーナのキャットスーツ

clip_now_20180601_091910

産休から復帰したセリーナ・ウィリアムズは、「ワカンダにインスパイアされた」という特製のキャットスーツでグランドスラムに参戦した。
セリーナ・ウィリアムズは、そのボディスーツのインスピレーションのもととして、『ブラックパンサー』の架空の国の名前を挙げているが、全仏オープンで着用したのは医療的な理由からだった。特に、娘を出産する際に患った血栓症を避けるという目的があった。


プロテニスランキング

「これを着ていると戦士のような気分になる。ワカンダの戦う王女とか王妃みたいな。
私はいつもファンタジーの世界に生きてる。いつもスーパーヒーローになりたいと思っていた。これが私なりのスーパーヒーローになる方法。
これを着るとスーパーヒーローになったような気がするの」

「私は血栓にたくさん問題があって、もう、ここ1年間でいくつあったかわからないくらい。だから、確かに機能性ということもある」とウィリアムスは試合後の報道機関向けのイベントで話している。
「プレイする時はずっとパンツスタイルのウエアをよく着てる。それで、血液の循環をよくできているの。楽しいスーツだけど、機能的でもある。だから、まったく問題なくプレイできるのよ」
このスーツは『ブラックパンサー』の公開より前にデザインされていたものだが、このスーツは彼女を「ワカンダの戦う王女」のような気分にさせるとウィリアムスは言っている。また、彼女はいつもスーパーヒーローになりたいと思っているともつけ加えている。

今年の上旬、マーベルは『ブラックパンサー』のコスチュームデザインをニューヨーク・コレクションのショウ、“Welcome to Wakanda”で披露していた。そのデザインは『ブラックパンサー』にインスパイアされたもので、マーベル・スタジオが数名のデザイナーに制作への参加を依頼した。
『ブラックパンサー』が世界中でかなり影響力が大きいのには理由がある。まず初めに、作品自体が素晴らしい。そして、多くの人が鑑賞し、すでに米国内で歴代トップ興行成績作品のひとつになっているからである。

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 17:19 | コメントは受け付けていません。

セリーナ2回戦結果

clip_now_20180601_122129

全仏オープンテニス(French Open 2018)は31日、女子シングルス2回戦が行われ、通算3度の大会制覇を誇る元世界ランク1位のセレーナ・ウィリアムス(Serena Williams、米国)は3-6、6-3、6-4で大会第17シードのアシュリー・バーティ(Ashleigh Barty、オーストラリア)を退け、3回戦に進出した。


プロテニスランキング

 四大大会(グランドスラム)に出場するのは妊娠2か月の体で優勝した2017年の全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2017)以来となる36歳のセレーナは、1回戦と同じく黒のジャンプスーツ(つなぎ)で登場すると、第1セットを先取されながらも逆転勝利を収めた。

 仏パリに滞在するのは短期間になってしまうと思われたセレーナだったが、それは昨年9月に長女アレクシス・オリンピア(Alexis Olympia)ちゃんを出産した後、命の危険にさらされた血栓症を乗り越える励みとなった持ち前の闘志を呼び起すまでのことだった。

 セレーナは「とにかく信じられない」とすると、「ここに戻ってこられて本当にうれしい。第1セットを失って、もっと懸命にプレーしなければと思いました。もっとやらなければ、と思ったら本来のセレーナが出てきたのです。明日は姉のヴィーナス(Venus Williams、米国)とダブルスに出場します。シングルスでもダブルスでも関係ありません。闘志を出して戦います」とコメントした。

 マーガレット・コート(Margaret Court)氏が持つグランドスラム史上最多24回目の優勝を目指しているセレーナはまた、愛娘の存在が勝利へのモチベーションにつながっているとして、「グランドスラム最初の復帰戦で、全力を尽くしたい。いつか、娘に一生懸命頑張ったと言えるようにしたいから」と語った。

 セレーナは2日の3回戦で第11シードのユリア・ゲルゲス(Julia Goerges、ドイツ)を撃破すれば、準々決勝進出を懸けた4回戦では往年のライバルで第28シードのマリア・シャラポワ(Maria Sharapova、ロシア)が待ち受けている可能性がある。

 この日も黒いつなぎに関してルール違反を指摘する声が上がっていたものの、セレーナは命を脅かす血栓症の再発防止に必要なものであると主張しており、「このウエアに関して、いろいろな反応があることは予想していました。たしかに通常のウエアとは違うかもしれませんが、そもそも通常とは何ですか? 誰がルールを決めているの? それでも、たくさん健康上の問題を抱えている自分にとっては、実際に機能的なウエアです」と話した。

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 12:23 | コメントは受け付けていません。

勝てないシャポバロフ

clip_now_20180601_010351

全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は31日、男子シングルス2回戦が行われ、第24シードのD・シャポバロフ(カナダ)は世界ランク70位のM・マーテラー(ドイツ)に7-5, 6-7 (4-7), 5-7, 4-6の逆転で敗れ、3回戦進出とはならなかった。


プロテニスランキング

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 07:05 | コメントは受け付けていません。

ナダル2回戦圧勝

clip_now_20180601_005715

「全仏オープン」(フランス・パリ/5月27日~6月10日/クレーコート)の5日目、男子シングルス2回戦で第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)がギド・ペラ(アルゼンチン)と対戦。ナダルが6-2,6-1,6-1で勝利した。


プロテニスランキング

両者の対戦は今回が2回目。1回目は昨年の「男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ」で、このときはナダルがストレートで勝利している。ペラは現在の世界ランキングが78位、自己最高位が39位で、クレーコートを得意としている。ペラは昨年出場したのが24大会だが、そのうち13大会がクレーコート。得意なクレーを中心にスケジュールを組んでいるようだ。クレーキングと呼ばれるナダルとどのような試合を繰り広げてくれるのか、注目される。

第1セットはナダルのサービスゲームから。いきなりペラに3本のブレークポイントを握られたナダルは、デュースまで持ち込んでキープした。途中、30本に及ぶ激しいラリーをペラが取る場面もあり、クレーが得意なもの同士の白熱した試合展開が予想される。

その後、両者ともにブレークポイントを得ることも与えることもなくキープが続いていく。そして第6ゲームで15-40とナダルにブレークのチャンスが訪れる。デュースに持ち込まれて粘られたものの、ここをブレークして1つリードを作った。

その後、ナダルはペラにチャンスらしいチャンスを与えることなくキープを続けていき、第8ゲームでゲームカウント5-2としたところでナダルにセットポイントが訪れる。一時はしのがれてデュースになり粘られたものの、ナダルがここを取って6-2で第1セットを先取した。

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 01:00 | コメントは受け付けていません。