月別アーカイブ: 2019年1月

腱板損傷やや深刻化

肩の痛みが出たのは、2年前の3月末でした。忘れられない。

以前にシングルスで対戦させてもらった他校のコーチが遊びに来てくれて、夜のレッスンが終わった後に「ちょっと打とうよ」っていってコートで打ち合っていた時に、肩の高さ位のバックハンドを振りぬいたときに、激痛が走りました。

ちょっとその後右腕に力が全く入らないくらいで、ぶらーんとしてしまったので、「ごめん今日はもう帰るわ。。。」って言い残して帰ったんです。

忘れられないので、あの時のバックハンドを「メモリアルバックハンド」って呼んでいます。

。。。なんて、笑い話にしていられたのも、それほど悪くなかったから。

整形外科さんで受信したら「腱板損傷だね」っていわれて、耳慣れない言葉だったので「?それってどういう…」と聞き返したら、「肩のネンザみたいなものです」っていう説明。

簡潔には分かりやすくてその時に納得したのですが、良く帰ってから調べてみると、「肩」という間接がかなり複雑な機構になっているところで、「ネンザみたいなもの」といえば「みたいなもの」ですが、足首などの物とはちょっと違うようでした。

特筆すべきは、「放っといて治るものではない」ということ。

私の場合、足首はグキってひねっても、よほど腫れでもしない限りはお医者さんにも行きません。(自慢する事じゃないけど)山登りをしていた時に、けっこう腫れるくらいのネンザをしたことがあったのですが、当然医者などに係れるようなところもなく、その後合宿はあと一週間続く、という状況でして、気合で何とかしないといけない状況でした。

そしたら幸いにも登山靴っていうのが足首をがっちりサポートしてくれて、さらに翌日ののぼりが結構きつくて、靴を蹴り込むようにしながら登っていたら、なんとその日の終わりには腫れも引いて痛みもなくなるっていう。。。それで自信をつけたっていう。。。

ただし、今回の肩は、部分的に断裂している腱は再生しない、という事を教わりました。

それでサーブのフォームを見直したら、かなり合理的な体の使い方っていうのがあるっていうことに気づいて、それで自分のサーブの調子もよくなり、もちろん48歳にして人生最高威力のサーブをコントロールされた状態で手に入れることに成功したんです。

 

。。。と思ったらそれから2週間で肩の痛みが倍増し、サーブはお蔵入りになりました。一日10本程度までは無理すれば打てますが、それ以上になると翌々日くらいまで痛みを引きずる事に。

こりゃあ手術するしか再建の道がない。。。と背中に汗をかき始めたんですが、良く調べてみると、まあ今すぐは無理。

お金もかかるし、なにしろ半年くらい復帰できない。そうするとその間の収入って。。。ということになって今はだましだまし使っている肩です。

 

何かいい治療方法はないか。。。あれば飛びついちゃうかもしれません。

カテゴリー: 日記 | 投稿者ナガキヤスヒロ 09:29 | コメントをどうぞ

アンディ・マレー今季限りで引退

Andy Murray announces his retirement

youtubeのトップページを開いたら、こんな文字が目に飛び込んできて、その目玉がとびでました。

マレーは今季限りで引退。可能性としてはこの全豪が出場できる最後の大会になることもあり得るそうです。

会見の会場に上がり、着席しても落ち着かない様子のマレー。しきりに顔を伏せようとしたり、帽子のつばを何度も触ったりして涙をこらえている様子でした。

こらえきれずに席を離れ、バックヤードに一瞬姿を消しますが、ほどなく出てきて

「sorry」と告げた後に、衝撃の発言が。

英語は聞き取れないので何言っているのか理解はできませんでしたが、20か月間もツアーから、テニスの試合から離れて長い間ずっと考えていた、というようなことを言っていたかと思います。

マレーの現在のランキングは230位。予選カットラインぎりぎりのランキングですが、おそらくワイルドカードでの出場でしょう。初戦は22シードに入っているバウティスタ=アグとの対戦になります。(…と思って発表になっているドローを見たら、ワイルドカードではないようです)

数年前には背中のけがで欠場したこともあったと思います。2016年の最終ランキングで一位に躍り出てからほどなく、彼は腰のけががもとでツアーを離れました。

その年の年末に、ニューヨークでエキシビションに出場したマレーは、フェデラーとの試合を観客の前で披露しましたが、かつてのプレーは見る影もないものでした。

昨年末にはツアーに復帰し、初戦を勝って2回戦で負ける、というようなニュースになりそうでならないところを見たりして、頑張っているんだろうけどマレーはもがいているなぁ、と思いながら聞いていました。

昨年の前半、肘のけがから復帰したジョコビッチがそうやって這い上がってきて、終えてみればウインブルドンと全米のダブルクラウンを獲得するカムバックぶり。

マレーにもそのチャンスというか、セカンドサクセスのストーリーが待っているのかと思っていました。

BIG4のなかでは、最も日本に来てくれているのがマレーでした。

有明で見た本物のマレーは、練習コートからカートに乗って戻るところだったりというシーンもありますが、衝撃のダッシュが忘れられません。

相手はカルロビッチ。

サーブ&ボレーを軸に有明の速いコートで、初戦となる二回戦で、カルロビッチからの強烈なアプローチに、バックサイド後方へ猛然と拾いに行き、スライスで返球したと思ったら、カルロビッチのボレーを見ている間にもうセンターに戻っていました。

いつ走っていたのかわからないくらい速い。私の記憶回路の中では、瞬間移動したようにしか感じられないあっという間のダッシュでして、忘れることのできない衝撃のシーンでした。

それまで、生で見たなかで速かったのはフェレールだったかな。。。その対戦相手は錦織圭。錦織も驚くくらい速いですが、同じようなシーンで、打ち方の違いのせいか、打点に入るのにフェレールのほうが1歩余計に使えるような気がしました。

だけどマレーはそういう感じじゃなかった。そんな遠いところまでボール追えるの?っていうくらい有明のセンターコートの端っこまで走る男でした。

もう、あのレベルを取り戻すことができない。。。そういう判断だったのでしょう。

あの涙。本人が一番悔しく、期待していたところが大きかっただろうな、と思わせる映像でした。

 

 

カテゴリー: 日記 | 投稿者ナガキヤスヒロ 12:01 | コメントをどうぞ

あけましておめでとうございます!新年に際し…

あけましておめでとうございます!

今年の目標は、一年で5㎏減量すること。そのほかにもあるかとは思いますが、これは最初に公表しておかないと、逆に増えちゃったりしたらけっこう大変かも、って思うくらいの体重なので。。。

新しい取り組みを始める、、、ようなことも、ありまして…これはまた勉強しなきゃならんことができたのは、結構この年になると嬉しかったりもします。

私はずっと、テニスのコーチとしてなにか発信してテニス愛好家の方たちに役立てるようなことはできないか、ということを仕事の目標にしてきていましたが、イメージが固まっては来るものの、今のところは発信するものなんて、このブログ以外には何もなく、このブログでさえ不定期になっているありさまで、ホント「口先番長」だわ。。。と反省をしております。

 

世の中には、テニスの教え方の上手なコーチもたくさんいるだろうし、有名な選手を育てたり、または発見するのが上手かったりする人とかもいるんだと思います。競争する環境があるほうが選手は育つでしょうし、そうなるとコートやメンバーもどれだけ持っているかが条件になったりするのかも。

私にはコートもないし、競争相手になりうるお互いのつながりも、今のところはスクールのレッスンとプライベートレッスンだけなので、ジュニア選手を育てたり、市民大会に乗り込んでくる有名なクラブのような条件は持ち合わせておりません。

ですが徐々に、お客様って育ってくれる。そういうところに私がまた勉強になったりもします。

そんなこんなで、2018年は私に動くきっかけをいくつも芽生えさせてくれた、忘れがたい年になりました。

個人でコーチ業を売っている、というフリーのテニスコーチなわけで、「永木コーチ」でもいいのでしょうが、これから広く発信するにあたって個人名って弱いなぁと思っていて、「SwingBuilder」という屋号を思いつきました。

まだどこかに登録したとかお店出したとかじゃないので、そう決めた!ってだけなんですが、こういうことをしておいたら自分自身に引っ込みがつかなくなるだろうっていう思いもあります。

4年ぶりにテニスキャンプを開催することができ、そこから仲間が増えて何度かワンデイのイベントをやったり、忘年会で囲んでいただいたりして、今年には団体戦に出ようよ、なんてことにも話が広がってきたりしています。こういうのって、私が何かすることで人が集まるところからなので、経験したことのない喜びです。もっと活発になって、少しでもいいから今までよりもテニスが楽しくて、ポジティブな取り組みをしてくれるようになったら、それってすごいことだな、と思っています。

そこから発展する(はずの)2019年は。。。

もう動画やサイトなどで、ネット上でこのブログのように文字だけでテニスを考えるようなところから、もっとイメージしやすい媒体を使って自分の勉強してきたこと、一般の愛好家とされるプレーヤーの方々がつまづきやすいところや、細かすぎて教本に乗らないようなことまで、そこに気づけば自分なりに見直しができるとか、基礎に戻りながらも自分のリズムでできるとか、自分のフォームながらもリズムが変わるとか?いろいろな要素で応用の利くような情報を発信できるようにしていきたいと思っています。

 

お正月の休みも、ちょいちょいやってみようかなと思うことは勉強したり作業したりしていますが、これが続けるとなるとどうか。日常の時間の使い方の中で、そういった新しいことをどのくらい続けてやっていけるのかどうか。

その辺が昨年得たものを今年どうするか、という自分自身への課題でもあると思います。

積極的に仕事する、からもっと仕事を仕掛けていく、へ。

大丈夫かなー、やる気だけで空回りしないかな~、って心配しながらできることをできるときにやっていきたいと思います!

カテゴリー: 日記 | 投稿者ナガキヤスヒロ 16:11 | コメントをどうぞ