カテゴリー別アーカイブ: 日記

活動状況をリアルタイム?にちかく報告するとこです

すんごい速いショット

ラケットを引いて、ってのはほとんどショットの動作の最初の方なんですが、そこで「体を使う」ってことはどんなことか、わかりますか?

 

これね、説明すんのすっごいめんどいんです。だからちゃんとはしない。

どうしても複合した色々な部位の動きを追うことになるし、そのひとつひとつを言葉にしたからといって、一瞬でできてなきゃいけないことを丹念に言語化しただけで、できる人にとっては最初からできるけど、できない人にとってはなかなかできるようにならないままだと思うんです。

だってね、腕を引くのに脚の力は必要だし、その脚だって動くわけだし、ホントいえば腕って後ろに引くわけじゃないし、そこをなんでそうなのか、どうしたらいいのかを説明したらまた長くなるし、引き方は打ち方のメインじゃないけど大きな影響を与える部分だから、人によって違うことも認めなきゃなんない。

 

はー、めんどくさい。

 

でですね。ざっくり知っておいていただきたいことがいくつかあるんです。

最も大事なことは、

「フォワードスイングのためのスペースが開けられること」です。

そのためには、

「腕は高めにあげること」かな、と思います。

レディポジションの腕の形

IMG_0083

 

から、「腕をあげること」と「腰と肩のターン」とで、極端にいえばこんな形にも。

IMG_0584

 

ウルトラマンタロウの腕の形から、グルビスのテイクバックまでは、胸の前を通って広げるだけですから、実はそんなに遠くない。

前から後ろに向かって腕を引くようにしてこの形になったとしたら、そりゃあプロのラリーでは間に合わないでしょう。むすんで、ひらいて的なシンプルな形。

この手首の形がグルビスにとってはインパクトの面を作りやすくてこんな風にしたんでしょう。←ちなみにここ2年くらい彼のニュースも動画も見ないけど、どうしちゃってるんでしょうかね。

 

そうすっとこの形も

djokovic_fore_1IMG_0595

 

大して遠くないってわけで。

一般プレーヤーで、実はこのトッププロのように腰を深くターンすることができないことが多い。

まあ、必要ない深さかなぁとも思いますけど。すごい球が出るようになるかもしれませんけど、オーバーパワーしますね。

プロ選手の体幹の強さって、体幹部分だけにそのパワフルさって見えないものなんですが、一般人とは驚くほど違うものです。

両手で持った5キロのメディスンボールを、サービスラインからかなり後方から投げて、ワンバウンドで同じくらいの位置の相手に届きます。

いや無理だって。私も試しましたが、2キロでも無理でした。この意味がわかんない人は、まあいつまでもわかんないんだと思います。

きっと我々がそのくらい飛ばそうとしたら、無理矢理に体の方から引っ張って、軸はブレて腕が飛んでいきそうなくらい強く振っても、5キロのボールが重くてうまく出てこない、って感じでどうやって投げたものか…みたいな感じになると思いますが、体はきちんと中心になって腕は管理できる状態でボールを維持します。どういうことかっていえば下半身の強さと腹筋背筋のバランスも保って加速動作がボールに伝わります。で、5キロがやく15メートル飛んでいくわけですね。

物が飛んで行く場合に、そのパワーとは動作の量ですから、腕が長くなるわけはないので、ターンした際に腕が大きく引き上げられて、落ちて行く加速にさらに体からの加速が乗せられるわけですね。スイングの量が確保されて、そのパワーがボールに乗ることになります。

 

テニスコート上でラケットでボールを打つわけですが、パワーを求めて思いっきり打ったらアウトしちゃうってことは、普通に考えれば当たり前のことですね。

普通、強く打つという意識でスイングをすれば、インパクト付近に力を込めることになります。そうすると、その結果はインパクト後のスイングが強く大きくなることになるんですが、それがアウトする原因。

そっちのスイングがでかくなるってことが、飛んで行くモノの「飛距離」に対するパワーが出たってことになるんですね。

で、それでも入れたいもんですからスピンかけたりとか、肘を逃すようなウィップショットみたいな感じにして、ボールを殺すようにしてスピードが落ちていきます。スイングを強くしたという満足感と、スピンやスイングの形を変えるなどのテクニックを使ったという満足感なんかで、レベルの低い球に変えたということは忘れます。

偉そうに言っていますが、私自身がそうやっています。そうしないとコートの中に収まらないし、ゲームの相手がビビらない。ましてブレないスイングを落ち着いてできるような鍛え方もしていないし、メンタルだってそういうレベルのショットを連続で叩き込めるほど強くないものです。

だけどまあ、スイングビルダーとしての説明としては、なぜプロ選手だったらあんな150キロとかスピードのあるフォアハンドをコートに入れられるんだろうってことですね。

150キロ出るのもすごい(デルポトロとかモンフィスには190キロの記録もあります)ですが、それが23.77mしかないコートの長さで入ってくるってのがわかんないですよね。

理屈からいえば、テイクバックを大きくとることが、フォワードスイングの長さになり、それがイコール打球のパワーだってことがまず一つ。

それと、飛距離はインパクト付近のスイングの長さですから、なるべく普通通りに振り終わることで、いつも入れている距離で収まるっていうことが要素になります。

簡単にいえば、後ろがでかくて前が狭いスイングをするってことですね。

しかしスピンとかかけないと面の維持ができないじゃないですか。だから技術的にも相当すごいことなんだと思います。

 

腕よりも体、体幹の方が力がつよいってのが普通のことだと思います。それと、物理的に考えて体が回転することで腕の振りが引き出されてくるわけですが、力一杯スイングしようとすれば、体は必要以上に回そうとするはずなんです。

体の方が腕の振りよりも回転半径が小さいものですから、あっという間に打点の位置まで到達します。だけど腕はそれよりも遅れてしまうので、体の力をフルに使ってスイングする、なんて思っている人は腕が遅れて損をするようなスイングになっていることがほとんど。

体から腕に、腕からラケットに、と加速は乗り移っていかなければならないものですから、ここでトッププロのスイングは、そんなに前向きまで体を捻り戻していないし、打点ではしっかり腕と体の間が空けられている・・・つまり、体から腕→ラケットときちんと加速を繋いでこれている、ということがこの辺でわかるはずです。

images-2 djokovic_fore_11 follow

 

体の方をねじ切るような派手な動きはないですね。腰はむしろ残っている方だと思います。胸や肩は腕を先行させていこうとする動きですから、それもまた素晴らしいバランスでなされているってことですね。

一般レベル、という自分の中ではどのくらいまでがアベレージとして、あるいはチャレンジとして成し得るレベルのショットが出るかは、そう言ったことを知っておいてトライすることで、引き上げられるようになるかもしれません。

最大最速の飛び方をする打ち方と、それがコートの中に入る打ち方との差を知っておくのも面白いかと思います。

カテゴリー: 日記 | 投稿者ナガキヤスヒロ 11:58 | コメントをどうぞ

nishi・・・oka!!ブレイクスルーか!

テニス界になくてはならない存在となった錦織圭。

今日の話題はその後輩の西岡良仁選手。

インディアンウェルズでの活躍は、錦織選手のブレイクスルーの時とどうよう、心臓から血がたぎるのを感じるくらい興奮しました。

最近の傾向で、マスターズ大会への予選に挑戦する選手たちの結果もtennis365ではニュースに取り上げてくれていて、ある程度はそれだけでも追えます。(もっと詳しくは、ブログサイトの方で《ピンキーズ・リマークス》さんには日々結果を載せて下さっていますね)

このインディアンウェルズでは、西岡は予選決勝でイメルに負けてしまったのですが、本戦のドローから欠場者が出たためにラッキールーザーとして滑り込みました。

そこで初戦がそのイメルとの再戦。鮮やかにストレートでリベンジを果たすと、波に乗ったのか、快進撃を始めました。

 

 

思えば、錦織選手のブレイクスルーは、日本ではあの「デルレイビーチ・インターナショナル」で優勝したところからという印象があります。躍進のきっかけは当時120位前後だった錦織選手がそこで100ポイント稼いで100位ギリギリまで上がってこれたことから、グランドスラムの本戦にストレートインできる可能性が大きくなったことからだと記憶しています。

最近知ったことなんですが、錦織圭はジュニアの頃から、カテゴリを上のステージで、という取り組みが多くて、ジュニアでフレンチオープン準優勝とかの素晴らしい戦績もありますが、じつは勝ち星そのものはそんなに多くなかったらしいですね。より高いステージでどんどんもまれて…というプロジェクトだったんでしょうか。

その次の世代でというか、一つ後輩の中川選手もまだチャレンジャーを回っているらしいですが、詳しくは知ることが出来ません。その下に入った西岡選手の方が躍進を続けていて、グランドスラムにも何度も本戦を勝ち取ってきましたし、デ杯代表の席にもついています。

西岡選手はツアー選手の中では身長が低く、170㎝だそうです。弾むような躍動的なフットワークから、粘り強く拾いながら相手のボールのペースを崩す、立体的な展開力が魅力です。

けっこう画面で見てるとわかりづらいですが、高さの違うショットを組み合わせて相手を左右だけじゃなく、前後にも、また角度的にも横の角度、縦の角度にして打点を絞らせない努力をしているかのようです。

3回戦で魅せた、対ベルディヒ戦はこれまでの私のイメージを覆す大金星でした。

錦織もデルレイビーチでJ・ブレークを破って優勝し、同じ年の全米3回戦で当時4位のフェレールにフルセット勝ちを収めて一気に躍進の波に乗りました。彼は自分から打って出る、早い展開の攻撃型で、始めてみた時から魅力的なテニスで、毎回試合を追うようになっていました。そして今週の結果で、また自らが世界4位になります。本人はそれ以上を望んでいるんでしょうねー。10年前にプロデビューした時には、そんなことになるなんて夢にも思っていなかったですが。。。

 

西岡選手もカルロビッチ・ベルディヒと普通だったら「そんな勝てるわけないじゃん」って思ってしまうような選手を次々と撃破し、ワウリンカ相手にも一歩も引けを取らない見事なテニスでファイナルセットタイブレークまで持ち込みました。

ファイナルセットはなんなら5-4リード、6-5リードでサービングフォーザマッチだったんですが、そこを逃しました。

本人のコメントでは、「前に出る力がもうなかった」と連戦の疲れを感じていたことを明かしていましたが、常に先にブレイクしてプレッシャーをかけ続けていました。

ベルディヒには、ファーストを取られて、セカンドも2-5とあっさり負けそうなスコアからの大逆転でしたが、「自分のループボールにイライラしているのがわかった」と西岡本人の談もあるように、ラリーで迷い、ミスを重ねてラケットをたたき折るベルディヒ。

丹念に拾って、相手のストロングポイントを根こそぎ揺らがせるようなタフネス。シビれます。しかもマッチポイントはセンターにサービスエース!

打っても決まらない、打った後に次の攻撃ができない、というトップ選手すらイライラするような頑張り。

ワウリンカ戦でも、後ろに下がってバックフェンスに隠れてしまうくらいのポジションで、スマッシュみたいなフォアやバック、みたいなじゃなくてマジのグランドスマッシュまでも止めて、逆襲してポイントする、32ショットのラリーは圧巻でした。

いやー、つづくんですかねー?快進撃。

これからまたクレーシーズンですから、プレースタイルは生きてくると思います。

だけど真骨頂は、実はハードコートなんじゃないかと思っています。ウインブルドン後にまた、錦織だけじゃなくて西岡にも、またダニエルにも期待したいと思いますねー

カテゴリー: 日記 | 投稿者ナガキヤスヒロ 09:07 | コメントをどうぞ

宿泊オタク会議を、ワンデイに変更します

先日このブログでお知らせをした、「お泊まりテニスオタク会議」ですが、宿泊先の「昭和の森フォレストビレッジ」から連絡がありました。

「予約人数8名以下ですと、予約をお受けすることができません」とのこと。他の宿泊客がなく、宿直者を置かなければならない都合上、8名以下は予約できないとのこと。

3週間しかないので、そんなに人数も集められないし、むしろこじんまりと内容濃くできたらいいとは思っていましたし、そのせいで宿の予約人数の変更とかキャンセルとかになるのが怖かったので、むしろ良かったのかも。

どのみちコートは昭和の森公園のコートになりますので、こちらは6時間おさえました。ハードコート2面。

昭和の森テニスコート

動画クリニック形式で個人別にショット研究クリニックをするコートと、もう片方はラリーやゲーム形式で目標を持ってテニスしていただくコートというように使っていければと思っています。

テニスの後は、近くのレストランにでも行ってテニス談義ができればいいと思っています。ご都合のつくみなさんで集まれればいいと思います。

何しろ急に動き出したもので、バタバタしていますが、興味のある方はご連絡をお待ちしております!

カテゴリー: 日記 | 投稿者ナガキヤスヒロ 23:05 | コメントをどうぞ

テニスオタク合宿を企画しています

千葉市緑区にある、昭和の森公園には、かつてユースホステルがありました。

さいきん、ここは民間の施設としてリニューアルし、「昭和の森フォレストビレッジ」として宿泊しながらあそべるように営業しています。
昭和の森フォレストビレッジ

http://forestvillage.jp/

↑公式サイトはこちらです

3月31日・4月1日(金・土)でジュニアのテニスキャンプを企画していたのですが、年度の切り替えとかで集まらず、企画がキャンセルになってしまいました。

ワタシの日程が空いてしまうってのもありまして、代わりにこのブログを読んで頂いているような、打球技術やラケットのカスタマイズなどの用具の知識に興味のある方が集まる機会が出来ればと思い、急きょですが大人の皆さんを対象にキャンプを張りたいと思います。

日程は3月31日・4月1日(金・土)。正午に集合です。13:00~16:00までをオンコートでショット練習や、動画撮影をしながらのクリニック、またゲーム形式などで3時間。

2日目もラリーやゲームを中心にやりたいと思っています。午後には試合を順に組んでいって楽しくできるようにしたいと考えていますが、景品などは用意できないと思います。

初日の夜には、動画を改めて見ながらの打球技術の考察や、ユーザーとして自分に合ったラケットのカスタマイズはどう考えたらいいのか、などマニアックなことでも知っていることは何でも相談に乗る、部屋呑みの会をつくって熱く語り合いたい・・・という企画です。

昭和の森テニスコート
昭和の森公園のテニスコートを利用します。ハードコート6面・オムニコート2面。宿泊施設から徒歩15分、車での移動ももちろんできます。

料金は一泊2食でテニスの料金も含めて25,000円。最少催行人員は4名です。

今月末の予定がまだ空いていて、興味のある方。おそらくレベルはスクール中級以上かと思います。走る能力があれば、打球スキルはそうとうカバーできますから、なんとでもなると思いますが。

参加のご希望は、このブログにコメントを入れていただくか、
直接永木宛てご連絡ください!

メールアドレス okappiki.ngk@i.softbank.jp
携帯電話 080-5036-2140

一週間経って集まらない場合は、企画をキャンセルし、このページごと削除しますー

カテゴリー: 日記 | 投稿者ナガキヤスヒロ 09:21 | コメントをどうぞ

停滞期・・・

テニスの停滞期ってのもあるだろうとは思いますが、今日は私自身が停滞中っていうもどかしさを吐露します。

テニスの動作については、物理的な動きとして腕を振ってラケットの動きを生む・その腕は身体から生えていて動きの流れを上手く作る必要がある、てことを念頭に勉強を進めてきたので、今やっていることが間違っている様には思わなくなってきたのでそこには自信があります。

分かればわかるほど、出来る人と出来ない人の差がいろんなところに要素として入っていて、コーチとしてそれらを見比べて、足りないところとされる要素が、はたしてできない要素なのか、気づきさえすれば出来るようになることなのか、プレーヤー本人と一緒に考えながらやっていることで、時間はかかっても方向はわかるようになればいいと割り切って取り組みを持たせるようにしてきています。

信頼されているという事が会話からも生徒さんの反応からも、痛いほどにわかるので、こちらも真剣です。それだけにレッスンは楽しい。

 

一方で、ワタシはこういうことを記事や記録として残しておきたいと思いながら、こうしてブログを書いたり、教科書のようなものを作りたいと思ってそちらの勉強もしてきています。

何度も書くことに挑戦し、3~40ページくらい作ることが出来ますが、そのたびに見返すと新しいアイデアがわいてきたりして、書き直したりしてきました。

問題は、どこから切り口を作っていく事か、なにが一番大切なことなのか、どこまで掘り下げればむつかしいことにはあとから挑戦することにして、もっとも簡単なことからゲームに活かせるようになるか、ということを考えるようになってから、自分の知識の並べ順が代わってしまうという事です。

 

どんなレベルの人でも、テニスはゲームをして楽しむべきで、打ち方だけにこだわってする練習があってもいいですが、上達したのならゲームをして活かすべきだし、今のレベルで楽しむ為にもゲームをするという事がいやだったり怖かったりしないように「出来る喜び」があるべきだと思うからです。

むつかしいことに挑戦する楽しみもあります。だから、段階を踏んでいけばいい。

初心者にわかりやすいことが、上級者になって通用するものもしないものもあるわけです。

だから、初級技術として感覚がわかるようになったら、どんどん新しいことをむつかしくない方法で紹介できれば、興味がわいてゲームの中で生かしながら新しい感覚を育てられるようになるのではと思っています。

「習っている」せいで上達にブレーキがかかることだってあると、コーチとして自覚しています。

自分で考えながら出来る方が、自分のテニスとして楽しみながら挑戦していける。それこそがテニスが長く続けられるコツなんじゃないかと思っています。

教わらないとできないことがあるのも事実というか、その方がはやく気づけるというだけで、結局は与えられて使うかどうかはプレーヤー本人の問題です。だからこそゲームをする中で発見しやすいようにしたい。

ボールに上手く追いついてちゃんと真ん中に当てられるけど飛んでいくボールが不安定な人とか、かなりいるわけです。その人はゲームを上手くすることが出来ていないかもしれませんが、運動神経はよくて、上手になる要素はかなり持っている訳ですよね。

それをどっち向きに使えばいいかだけわかれば、上手く打っているのならうまくコートに入る、という感覚がわかるようにしてあげたい。

狙ったらそこに打てるのなら、ゲームで困らないわけですよね?

それこそレベルに関係なく、楽しくゲームが出来るんだと思うんですが、そう思えば思うほど、何をどう書けばいいのかが困ってしまって、ブログすら最近は止まりがちです。

もうしばらく、トンネルの中にいると思います。

どうか見捨てずにおいてやってください。

カテゴリー: 日記 | 投稿者ナガキヤスヒロ 15:55 | コメントをどうぞ

考えてから動いてたら間に合わない

あ。

タイトルの書き方間違えましたかね。

見てから考えて、それから動いたんじゃ間に合わない・・・って書きたかった。

相手がどんなショットを打つかは、結果を見るまではわからない事です。

予測はある程度できますね。全く分からない、ってことはなく、コートの広さが決まっている訳ですから、あまり速くない球だったら、どこへでも走る準備をしておけばいいし、すごい速い球とか、相手がボレーに詰めてきて一気に決められちゃいそうなシーンではあてずっぽうでも動くでしょう。

次に何が起こるのか?

「相手が打つ」ということが起こるわけです。その前に「どこに行けばいいんだろう」とか考えると、そこんところの順序がおかしくなって動けなくなったりします。

そもそも明確にどこに打つかなんて、打っている本人でも完璧に狙ったコースに打てていることがあんまりないんですから、余計なことを考えてないでちゃんと相手を見ましょう。

これ、前回のポーチの話と合わせて聞いてもらうといい話かもしれませんね。

ポーチに出るかどうかの判断も、いつまでも「タイミングがわからない」といってなかなか出れない人がたくさんいます。

私自身もポーチが得意とは自分では思っていません。だけど、ペアのサーブがよさそうで、相手のリターンにプレッシャーをかけるのに必要だったらぐいぐい出ます。

だから、集中します。

さきに、「甘いリターンよこしたら速攻で決めちゃうもんね」という態度を作って置きます。ファーストの時にわざと最初っからセンター寄りに顔を出しとくとか、そういう姑息なことをします(笑)。

相手が打つところを想像しておいて、そこから飛んでくるであろうボールのスピードと、自分が動くスピードのイメージをして、足の筋肉には緊張を入れておきます。

相手のフォームは、狙ったところに打とうとしてるはずですから、何となくでもラインがあります。飛んできたサーブに真っ向勝負的な動きをするなら、クロスリターンだろうと決めつけて飛び出します。そのあとで飛んできたボールの中にある一瞬の時間をもらいます。

そこが勝負だし、勝負のスリリングな魅力的な体験です。

成功したら、もうノレる(笑)。

それがもし、「もしもいい球が来たら出よう」「甘いリターンだったらでるね」みたいな中途半端なことだと、その判断をしなきゃいけない時間が必要になります。一歩目が出ない時間になります。

そこで、出遅れたと感じれば、もうポーチには出れません。

ラッキーに手の届くところに来てくれればボレー出来るでしょうが、ポーチではないですね。甘いリターンを美味しく頂いただけ。サーバーの手柄です。

だから、動いてみて考える、ってことと、一途な動き方じゃなくって、疑いのある動きが出来るかどうかですね。もうスタートしちゃったけどまだ反応できるっていう部分は必ず少しでも残しておく。

スリリングなポーチでなくても、ボールが動いている以上、自分から動いて当てに行かないと、当たり損ねは減らないものです。

相手のショットの軌道をみて、この辺でこんな形のインパクトをしよう、ってイメージがある時は、きちんとやり切ってそんなにミスをしないで済みます。

彼我の距離も必要ですね。先に前に詰めてしまって差し込まれたような格好になってしまっては、結局自発的に打点に入ったとは思えないと思います。

打点になるところが明確なイメージを持てているのなら、ラケットをどう扱っていく事になるのか、インパクトまでにすべてが出来ているように動く時間を使えばいいわけです。

インパクトは面であって、力や方向ではないな・・・と最近とても感じています。

力や、方向は準備しておくものであって、当たる瞬間に求めるとズレる。

「ボールをつぶす」っていう言葉にも、そんな意味があるような気がしています。

ボールがつぶれるには、いくつか条件があるだろうと思いますが、そうはいっても一瞬のインパクトの事を言っているのには相違ないので、動き全体の調和がとれない事には上手くはいかないでしょう。

 

カテゴリー: 日記 | 投稿者ナガキヤスヒロ 09:10 | コメントをどうぞ

ポーチが苦手

ポーチによく出てくるとか、出そうっていうか前でチョロチョロされてリターンのコースが乱されたりとか、相手にそういう人がいると、すごくやりづらかったりしますよね。

かといって、自分(たち)の方はポーチが苦手。。。とか、よくある話です。

わりと、それでゲームに大差がつくとかじゃなかったりするのも面白いですね。安全なペアとリスクを取ってポイントするペアの戦いになったりとか。

そうはいってもどちらかというと安全策のペアさんたちの方が、アグレッシブなペアさんのプレーに憧れを抱いていたりします。逆じゃない場合が多い。

 

 

それで、どうしてポーチが苦手なんでしょうか?

たぶん、怖いんだと思います。出ようと思ったらストレート打たれちゃうんじゃないかとか、タイミングが良く分からないんですとかそういう理由。要するにうまくできる自信がない。

練習の時に、さんざんやらかしておきましょう。ミスをして勉強するってことは、ミスをしないでうまくなることよりも早い場合が多いものです。

サーバーと、話しておきましょう。

例えば、「ワイドにファーストが入ったらポーチ出てみるね!」とか、相手のリターンに対してよさそうな条件を考えて、もし良いサーブがあったら積極的にいってみる、みたいなことです。

で、とりあえずサーブが入ったのがわかった瞬間にチェンジすればいっか、くらいの軽い気持ちでまずはやってみましょう。

そこで足がすくんだりするはずです。

そこに、恐怖を感じているかどうか、自己診断するタイミングが隠れています。

相手コートにサーブが入ったのが見えて、さっとチェンジできるようなら、サーブの人に対して義理を通したことになりますね。信頼できるペアだと思われると思います。

そのときに、たぶんよっぽど何にも考えないような人でなければ、相手のリターンが心配になると思います。そして、打たれたリターンに対して反応しなければならないと責任を感じるでしょう。

勿論、取れないようなリターンが返ってくることだってあります。ストレートにいかれたとしても、もともと「サーブ入ったらチェンジね」ってペアに言ってあるんですから、ペアが行ってくれるでしょう。ロブとか、予想外のアングルでチェンジしても届かないようなリターンだったら、素直に「やられた!」って思いましょう。

何度かやるうちに、要領をつかめるはず、と思いながらやらないと、「わからない、わからない」って自分で言っているうちにわからない呪文みたいになっちゃって自分がよっぽどできない人みたいな気分になりますから、もう少し、もう一回、って思いながらトライしましょう。

確実にばっちりわかってポーチに出るなんてことは、なかなか無いものです。あてずっぽうでも、動いてみたら自分の方にボールが飛んできてラッキーってなる方が多いです。

 

あとは、大事なインパクトでポカをしないように気を付けられればもうできたようなものです。

確率は100%なんかにはなりませんから、安心してください。誰でも失敗したり、相手に読まれたりしちゃうものです。それが勝負なんだから、そこを楽しめるくらいの方がゲームを楽しむ心があると思いませんか?

カテゴリー: 日記 | 投稿者ナガキヤスヒロ 19:05 | コメントをどうぞ

スタンスの話

昨日かいたのは、軸足からある程度約束された一定のリズムを使って打てるようにしましょうということ。

軸足はスイングを生む力を持っている方の足。ストロークのスイングで言うところの後ろ脚になる方ですね。右利きならフォアで右足。

昨日出てきた言葉で、走っていって軸足を中心に上に飛びながらスイングすると「モーグルステップ」といわれる動きになるってことを書きましたが、

他のスポーツで似た動きっていえば、野球で2塁手がボールをキャッチして、セカンドベースまで走ってベースタッチしながらファーストへ振り返って送球みたいな感じ。

私はこういう経験が子供の頃にあったから、そんなモーグルとか技の名前みたいにして覚えなくても出来ていたんだと思います。

だからやっぱり、スイングはモノを飛ばす動作だという共通の項目で身体の使い方があるんでしょうね。

で、テニスを最初にやるときに(初心者の時に)教わっておいて、後々まで引きずってしまうとまずいのは《後ろへ引く動作》だと思います。

後ろへ引いたから、前に振れるようになるわけですが、前に振るためにやってるのか後ろへ引かなきゃなんないのかが良く分からないままに初心者の時代を過ごしていると思います。

打てるようになってきて、レベルも上がって気づく人もいると思いますが、それってさっきの子供の頃の動きがあった私の例のように、出来る動きの中から体の機能を引っ張り出してきてテニス用につかう(ラケット面を合わせる動作が出来れば良いっていう)と出来るようになるわけでしょう。

そうすると、後ろに向かってスイングするようなことはなくなってきます。軸足で身体を支えて、上半身の回転運動のきっかけとか中心になるとかの役割があれば、スイングは十分になされます。

相手のボールに勢いがあって、待っていればそのまま打てるのであれば、オープンスタンスを使ってスイングしていいわけですが、こちらに届く前にボールが落ちていってしまうようなときには、こちらから踏み込んでいって、軸足(右足)の位置からもう一歩分、打点のエリアを前に撮れるように足を使っていく事でスクエアスタンスや、クローズドスタンスになると思います。

これらのスタンスは積極的にコントロールの為に用意するか、あるいは上記のように受動的にそういうスタンスを変化させて対応していくか、ということの両方でシーンが作れるようになります。

プレーヤーが最初に必要になるのは、あくまでも軸足から打点までの距離にきちんとボールが入ってきてくれるようにフットワークを使うことです。

前足(右利きの人のフォアなら左足)を踏み込んだ位置でラケットの合わせ方を作ろうとするフォームの人も見掛けることがありますが、軸足から打点が遠くなればやはり面が安定したとしてもパワーがうまく乗らないなどの悩みを持つ事になると思います。

ストロークのスイングはスイングした腕が身体から離れはじめていくようになったあたりで面が作れるようになると、ドライブ系のスイングに関してはうまくパワーが乗る位置がつかめるようになります。

腕力のある男性とかが、力を腕に込めやすい所みたいにすると、たいがい身体から近くて制御の利かない位置でインパクトしようとしてしまったりとか、逆に腕力に自信のなさそうな人が、当たる前にぎゅっと肘をお腹につけるくらいに固めて、余計に飛ばせないフォームになったりもします。

IMG_1449

自然な振り子のフォームだとこんな流れだと思いますが、
images-2
ラリーの中で多いのは、こんな風に胸位の打点の高さ。この位置でボールを捕らえるのに、下から上に振り子の動作をしているだけでは苦手意識が出てくるのも当然です。でも、ボールをもって投げるようにするのに、かえって下から上だとパワーが出ないのもわかると思います。

足は、バランスを取ったり、パワーをコントロールするのに自由にスタンスが取れた方がいいでしょう。

肩くらいの高さでボールをサイドスローでピュッと放るような感じだと、肘をコンパクトに曲げてから飛んでいかせたい方向へ飛ばすような動作をすれば、このフェデラーのようなフォームになってくるかもしれません。

フェデラーやナダルは、腕を伸ばし切ってつかう、「ストレートアーム」と言われるスイングスタイルですが、ジョコビッチとか錦織とかは、肘に角度を付けて曲げる「ベンドアーム」型となって、タイプが分かれます。

一般的に、ストレートアームの人はグリップが薄めの傾向にあり、ベンドアーム型の人は厚めだとそうなりやすいと思います。

フォワードスイングの時には面を外向きに伏せるように持っていることで、打点の位置で面が安定して出てきます。

カテゴリー: 日記 | 投稿者ナガキヤスヒロ 09:45 | コメントをどうぞ

注目選手・・・

全豪は、錦織圭のいなくなった寂しさを感じつつも、勝ち上がった選手たちがやはり魅力満載のテニスを見せてくれています。

 

ミーシャ・ズベレフのことを知ったのは、去年の夏頃でした。渡米帰りのお客さんから、アレクサンダー(弟)のお兄ちゃんだと聞いて、へー知らなかった、って言った記憶があります。

 

その夏のシーズンからはけっこう、弟くん以上の成績だった試合なんかもあり、左利きでガッチリしていて、アレクサンダーの方とは随分違うなあと思ったのと、かなり重厚なプレッシャーをネット前でかけてくる、いまどき珍しいタイプ(サーブ&ボレー)だなあと思っていました。

 

まさかマレーを倒して勝ち上がってくるとは!衝撃でした。

 

だけど、フェデラーならなんとでもなりそうだなとも思っていました。。。

フェデラー自身がもともとサーブ&ボレーのスタイルでやっていたこともありましたし、ヘンマンと有明や全米のコートでやっていた記憶もあるので、サーブ&ボレーヤーとの戦い方は熟知しているだろうと思ったからです。

第一セットは一気に5−0だったんですが、その時のスタッツ。

ミーシャの1stサーブでのポイント獲得率=11%とありました。

ぎえぇー。フェデラーっていったい。。。

第二セットはミーシャも頑張りました。先にブレイクして、ブレイクバックされましたがタフに戦って5−7。

あの試合、試合の出だしで優劣をはっきりさせちゃったから、ミーシャに与えたメンタル面への影響はどうだったんだろうか、って興味が出ます。

 

弟のアレクサンダー・ズベレフは、みんなが言うように、将来のナンバーワンになる素質があるんだろうと、本当に思えますね。

ナダル戦、後からダイジェストで見たんですが、ナダルがすごかった。だけど、世界のトップを張るにはこのくらいじゃなきゃダメだぞって教えてあげてるような気がしました。ナダル本人にそう言う気概があったかじゃなくて、神様がこの試合を組ませた、みたいな?

しかし、自分のスタイルで敢然と押してきていましたね。ハートの強い、素晴らしいテニスだったと思います。きっとフルセットになった長い試合の中、できることは全てやってやろうとしていたはずです。それでも敵わない時があるってことがすごい経験になったと思います。もし勝っていても、別の切り口かもしれませんがやりきったことは同じで、大きな試合だったと思います。

 

ティエムとゴファンの試合も、注目のカードでした。ゴファンも好調をキープしている今期であり、ティエムは去年飛躍したこの時期に、さらに成長をと望むにはお互いに格好の相手。

ゴファンがけっこう好きなんですが、ティエムにはもっと期待しています。

だから個人的にはこの試合はすごく見たかった。レッスン中でライブでは見れませんでしたが。。。

今回に限っては、ゴファンに勝って欲しかった。去年からの好調と、ランキングをもっとあげたい現状の中で、ツアーの中で最もこういう相手に勝っておかなきゃならないタイプがティエムだろうと、勝手に思ってしまったのもあります。ナダルとかティエムとか、情熱的に打ち込んでくる相手に引いてしまうようではゴファンのタイプのテニスは、錦織のレベルまでいかないと思ったからです。

ティエムに勝って、次はディミトロフ。

今度は同タイプ?近いタイプ?の対決になります。ディミトロフは自分がコートでどうするべきかがわかっちゃったような、コートを支配するかのような好調ぶり。やっぱりフェデラーを彷彿とさせます。

むー、みたい。

 

 

 

そんなこんなを思いつくまま書いちゃいましたが・・・

 

 

 

 

・・・やっぱフェデラーに優勝してほしいと思っています。

 

世界中にそういう人が一番多いだろうと思いますが(笑)。

カテゴリー: 日記 | 投稿者ナガキヤスヒロ 09:21 | コメントをどうぞ

テニスに「慣れ」てくると変わるもの

初心者はすぐにうまくならない、というのがテニスの特徴です。

ボールを打つのがうまい人は、初心者でもいます。でもやっぱり、いろんな相手と毎回違うショットが飛んできて、対応し切れたり、試合に出て勝ち続けるような人っていませんね。

テニスが持っている側面というか、特徴です。

それが、上達するってことは、「やり方がわかる」ことでもあり「慣れる」ことでもあります。

打ち方や、ポジション、ショットの使い方などが理解できるほど、テニスコートというラインに縛られたルールの有効活用を考える?うまいいい方が見つかりませんが、なにしろ「やり方」を理解することでどんなふうにテニスをするといいのかがわかってくると思います。

それと同時に、たとえば最初からボールを打つのがうまいといわれた人でも、いつでもどんなショットでも強打でコートに入れ続けられないことがわかってきます。

強く打つ事と、狙ったコースに打つことはできたとしても、逆にわざと弱く打ったり、あるいは深さの調節の仕方がわかるようになるまではそれなりにボールを打ち続けて感覚を磨いておかないといけないはずです。速い球を速い球で合わせられると今度は先に打った方が厳しくなったりしますしね。

 

 

 

そういった、「慣れ」が導いてくれるものとは、

ボールの見え方

じゃないかなと思っています。

知識が増えたり、やり方がわかったとしても、ボールの見え方にゆとりが出来ていることを自覚していないと、「テニス」のやり方にゆとりが出来ませんから、先に「慣れて」いる人よりも常に先んじられてしまうと思います。

ボールを「遅い」と思ってみていられるようになれば、常に自分はそのボールをコントロールできる自信があるはず。

 

では、 ボールのどこを見るようにすれば、それが違いとして分かるようになるのか、っていうのが課題になってくると思います。

 

相手が打って、ネットを越えて、自分のコートでバウンドして、それから打点です。

ネットプレーだったら、バウンドする時間もないですね。でも、相手が打って、ネットを越えてきてから打点です。

順番ははっきりしていますから、そのどこの時点で自分がどれくらいで来ているのか、その感覚は確実なものなのか、というのが育ち具合をみる目安になると思います。

 

具体的な技術論にはできませんが、ゆとりのある人はボールの軌道を全体的にとらえることが出来ていて、そのおかげで打つ前に自分の打点が明確になっているはずです。いつ、どこで、どんな面でボールを捕らえれば結果がどうなるのかがすでに分かっていてプレーすることになるので、当たり損ねさえしなければ自分は大丈夫、というのが「ゆとり」になっているんじゃないかな。

反面、ゆとりのない人はボールの軌道は見えていても、自分の打点が明確にならないままなので、バウンド自体をよく見てしまったりします。もちろんそこがちゃんと見えていないと失敗してしまうのですが、そこを見てから自分の動きを修正するようだと、最初に作ってあった打球フォームを崩す結果になり、適切な打点でとれなくなる、ということが起こります。

 

そこの部分の差は、コーチとしてみているとなんとなくわかるんですよね。。。

でもアドバイスして分かったからと言って変わる部分でもないんです。時間がかかる。

時間がかかっても、問題は「慣れ」なので、意識していれば確実に、意識しなくても出来る人なら、ちゃんとできるようになります。で、結構ほとんどの人が、アドバイスされていなくて出来るようになっているはず。そこに注目するコーチもなかなかいないんじゃないかなとも思います。

カテゴリー: 日記 | 投稿者ナガキヤスヒロ 09:36 | コメントをどうぞ