カテゴリー別アーカイブ: トレーニングオタク

筆者本人は苦手ですが…身体操作上トレーニングのネタは必須かと。レッスンでやった矯正法なども載せます

直立の姿勢からテニス用の立ち方まで

フットワークの為の要素を書き出していこうと思います。

ただ真っ直ぐ、ぬっと立っていても、鋭いスタートってできないものです。野球の内野手とか、バレーボールの守備の反応とか、バスケットボールのディフェンスの動き方とか、スポーツによって似通っているけど専門的な要素もあります。

今回はテニス用の立ち方、レディポジションになるところまでを組み立てていくように考えてみたいと思います。

直立、つまり、気を付けですね。ここで独自の姿勢がある人っていないと思いますから、これを基本にしてみましょう。

直立が両足を揃えて立つことだとしたら、まずは足を肩幅に開きます。

足を軽く開いて立ったら、

今度は両腕をブランと下げるのに、背中を丸めてみましょう。お腹のあたりが凹んで、ちょっと礼をしたような感じだと思ってください。

そこで左右交互に体重移動。重心の移動に合わせて、両腕はブランブランと振り子運動をするようにして下さい。腕がお腹にこすれない程度に上体を前傾させます。

足の上に頭がない(ここでは前傾のせいで)と、バランスが悪くてつま先側にすごく荷重しているのがわかると思います。

このまま膝まで曲げると(まっすぐに縮んでいくと)、転びます(笑)。

ただし、膝を前に出すようにすると、腰をかがめたような格好でも上体がやや立ち上がり、頭と膝とつま先を結ぶ線が真っ直ぐになるくらいにすると、今度はぐっと足に力が入りやすくなって、走り始めるときにリラックスしながらも鋭いスタートが切れるようになります。

左右交互に体重移動すると、直立では体に腕が当たったと思いますが、こうやって作っていくとお腹が凹んで、腕は振り子運動をしても身体に当たらないでいいようになります。肩から膝までの空間に腕があるってことですね。

そのままブランブランでもよさそうですが、両腕をオペラ歌手のようにみぞおちの前で結んでみましょう。

そしてもう一度、左右交互に体重移動。

両腕の長さが短くなった(みぞおちの前で結んでいるから)ために、振幅が短くなっただけで、交互の体重移動はより素早くできるようになります。

その姿勢のまま、右へスタート!

ってやると、右ひじが斜め上に上がろうとするのがわかると思います。これ、ラケットを持っていたら、肩を入れながらスタートの一歩目をすることになります。

左にも同様。

肘から上腕を引き上げるようにすることも、スタートを鋭くする要素になります。重心の位置を膝の上にしながら、上半身のバランスを保とうとするのに、腕を前に垂らしたような感じにすると良いようです。

足を開いて立つ(肩幅に)=足幅を分ける(Sprit)するので、スタート前にこの形で準備するのと、フォアかバックかの反応には足がスタートするように形を作れるようにするといいと思います。

それで、スプリット・ステップ(反応しようとしないでいると、ただのスタンス(足幅)ですが)ですね。

レディポジション

 

こんくらいが、相手のインパクト直前だと思います。

カテゴリー: トレーニングオタク | 投稿者ナガキヤスヒロ 15:17 | コメントをどうぞ

試合中のメンタルというめんどくさいもの

メンタル、ってただの負荷でしかない。

ゲーム中にはそう思う事がしばしば。正確には、試合中には思っていません。だけど、試合中には緊張したり、不安になったりする自分から逃げ出したいと思いながら、頑張って向き合っているという状況になることが多いものです。

サーブ入るかなぁ、から、リターンミスしないようにできるかなぁ、とか、ショット打ったら打ったで、「このまま返球しないでくれー」って、相手のミスか、自分のエースを願ってしまうものです。

だけど、現実、期待通りにいかないものだし、その期待って普段の自分の期待以上(実力以上)のものを期待している・・・ねらって打てるエースになるボールとか、センターオンラインのサーブとか、練習の時ですらたまたましか入らないのに、試合の時になってやっぱり「期待して」狙ったりするものです。

ワンセットに一回くらいは入っちゃったりするものだから、またやってみる価値があるなんて思っちゃいますね。

でも入らなかったら・・・って、不安な気持ちは、正直、みんなあるはずです。ちゃんと試合慣れしている人は、そこでセカンドサーブを使った戦略っていう準備がある。

一方では、そのとっときのスーパーサーブで点を取るイメージまでしか持っていなくて、弱々しい入れるだけのサーブでセカンドを打って、策もないままラッキーで点を取ったり、取られたりします。だから試合の「勝ち方」が分からない。わからないけど、勝てる人がいるから方法があるんだろうと思うから、知りたい。

身体を使って、ボールコントロールをしながらゲームを組み立てていくのに、知識があってもそこが出来なければ、教わった事を実行できないものですね。師匠を越えることのできない弟子?みたいな?

 

 

 

 

たとえば、良くあるケースなんですが、レッスンでの1ゲームマッチで、サーバーが調子よく30-0にする。

それが、30-30になると、そのゲームを落とす傾向が強くなります。

ちゃんとしたデータがあるわけじゃないですけど、印象としては7割くらい、30-0が30-30のあとは、30-40・そのままブレイクっていう簡単に終わっちゃうゲームになります。

もちろん、ワタシ自身もやらかしたことのある、非常におおいパターン。

顕著な例を挙げてみれば、まず、30-0までは、サーブの調子が良くて、ラリーがすごく短い。リターンミスとか、その次のターンで終わる。

要するに、実力はまだでない状態で、2ポイントとってしまったんですね。

そのあと、リターンが入るとか、リターンがまともな当たりになるとかで、サーバー側の3本目(リターンされたショットを返すこと)が甘くなったり、意思のない返球になったりします。

意志の無い、っていう状況がまずい。逆に、意思のあるショットっていうのは、更に攻撃的に展開したり、またはその次で相手が攻めてこないように深く打ったり、ペースを作りに行くようなことができる事です。そこをただ安全な状況・・・自分がミスをしないように下がってテンポを遅らせたり、マージンをたっぷりとってミスだけをしないように打っているようだと、次に相手が踏み込んで来て攻めてくる可能性が増えますね。

相手は最初の2本で、あなたのサーブにやられていますから、リターンに集中を上げ、サーブに対するイメージを豊かにして対応してきます。そしてすでにあなたは球筋を見せてしまっているわけですね。

そうやって弱気になりやすい状況で迎えた30-30では、一本手堅くポイントが欲しいあなた(サーブ)と、2本とってより挑戦する意欲に燃えている相手(リターン)では、心理的にチャンスを逃さずに打ってこれるのは、リターンの方になります。

 

机上の空論かもしれませんが、得てしてこういうことが、コート上で起こるわけですね。

いつも必ずそうってわけじゃないと思いますし、ワタシ自身、そのコートで感じられる緊張感とリアルに戦いますから、その時その時で考えることも作戦も変わりますが、もともと知っとかなきゃいけないメンタルの動きは、そんなに複雑じゃないです。

ただ、人間必ず強気の裏側に弱気も同居しているものだし、その不安に打ち勝つ要素を日々の練習から得ていなければなりません。

 

30-15では、一本勝っていますから、より強気で攻めていきたいものです。だって勝てそうな状況でしょ?

だけど、根拠のない攻め(ミスるかもしれないのにライン際にエースを奪いに行くような攻め)をして、30-30になった際の心理状況は、ということは、この30-15の状況でいちどシミュレーションしておきましょう。

そうすると、30-15は、どうしても40-15にしておかなきゃいけない。という事は、意図的に、絶対に落とさずにポイントを取る方法を考えなければいけないですね。ノリで、という人も性格上いるかもしれませんが、強気が功を奏するものだから否定はしませんが、30-30と40-15は全然違う状況だという事は、いちど考えておくべきです。

漠然とメンタルが、っていうことを気にしている人は、ポイントごとに、次のポイントを取ったらどうか、または、取られたらどうか、っていうその二面性に目を向けましょう。

それで、これをとったらデカい!というポイントだってことが解ったら、どうにかして相手から確実に一本取る作戦を立てましょう。

ポイントを取られてしまったり、先にリードされている状況だとしても、まだ負けたわけじゃないので、出来るところから確実に行きたいけど、相手のミスを期待するとしたら、フォアを打たせた方がいいのか、バックを狙った方がいいのか?またはそれをするのに、じぶんが無理をすることになりはしまいか?という事を短時間の内にササッと決めちゃいましょう。

 

コツがあるとしたら、迷わないこと。

 

迷うくらいなら、出来る方、成功率の高い方にパッと決めちゃって、きちっとやりきる方が結果は良くなります。もしまたポイントを取られたとしても、できる事をやっての失点なら、納得もしやすい。

迷った挙句に中途半端なプレーをして、もしポイントを失ったら、きっと後悔します。ミスしないことは、試合に勝つことではありません。ミスしないことは、相手に打たせることなんです。

ミスしないってことを出来る人は、相手の次のショットも取る自信がある、という事を指します。そうでなければ、その次か、あるいはラリーの最後は自分のミスになることが多いものです。

プレーのルーティンワークを守るとか、サーブの前にボールを何回突くとか、そういう儀式は、「身体が覚えたことをいつも通りできているぞ」という安心感のある動作になります。

ガットの目直しをする、というのは、視線を散らしてしまうのは、集中力が散漫になっている時の動きなので、そういうルーティンを入れておくことで、次のポイントをイメージするのに、きちんと集中をもたらしてくれる、視線を固定する、という事の為にあります。

そういうのは、メンタルを保つために行う技術であって、心理的に強気になるためのものではありません。

その試合に勝ちたいのであれば、きちんとコートとボール、相手と自分に向き合って、毎ポイント自分なりにファイトするイメージを持つことです。

 

 

カテゴリー: トレーニングオタク | 投稿者ナガキヤスヒロ 09:39 | コメントをどうぞ

「筋肉動作」と「骨格動作」

これですけどね…タイトルがカッコいい感じに書いてみたんですけど、ワタシ自身がこの言葉の解釈を正しくできているかどうかがはっきりしない部分がありまして、専門家の方が見たら他の言いかたがあるかもしれないので、もしか良かったらコメントください!

ラケットの引き方、っていうのを最後にいったん一通りの動作を細かすぎるところへ注目して書いてみたんですが、手首をつかう、みたいな前回の書き方も誤解の多いところかと思います。

手首は積極的に、あるいは意図的に動かしてテクニックにしようと思うとうまくいかないものです。全体のスイングを強力にしたり、急激に加速したりするときにラケットの重さや長さを支えきれなくて動くようになります。

だからそれは、動作によって生まれる動きであって、手首の動かし方を意識するとか、手首の筋力でラケットを扱うようなことがあると、意識はラケットワークまでで止まってしまって、ボールコントロールにはならないケースが多くなり、不安定な技術までしかできません。要するに、たまにできるけどたまに失敗する。⇒信用できない技術にしかならないってことです。

大事な場面で助けてくれるのが、信用のできる技術であって、それって訓練されている動きだから「考えなくても先に体が動く」まで使い込んでいる技術⇒プレッシャーが強くないとかなら、ほぼミスをしないで済む確実な技術です。

 

 

そこで、動作には一連の動きを全体的に調和をとって美しく終わるようにしたいということになります。

適切な打点でのスイングというのは、そのまま自然とフィニッシュまで連れて行ってくれるもので、例えば無理に振り切るような動きをしないと形にならないのは、打点の位置がスイングの自然な位置にないからです。

 

で、運動経験が豊富な方なら自然とできてしまうような動きを、そうでない人はちょっと苦労するとか、ぎくしゃくした動きでまるで自分の身体じゃないような動き方をすることになるんです。

 

 

スタートの一歩目がシャープに出ない人は、筋力があっても踏ん張り方がわからない、要するに骨で支える部分とくに関節の力の入る形になじみがない。

馴染み・と書いたのは他に言いようがないからで、やらせてみればできる動きを、テニスの動きでできない…みたいな感じなんです。

以前に生徒さんにやらせてみた一例を。

ボールが半分くらい入ったカゴを片手で持って、腕の力で上げ下げする。または、両手で持って身体を動かさずに上げ下げする。

それを、できるだけ速く動かす。

次に、同じ動作、これは両手でやった方がわかりやすいのですが、膝と腰をリズミカルに使ってやるようにします。

といってできない人は本当にアンバランスな動きをするものなんですが、イメージは、小さなエンジンの付いた草刈機みたいなやつの、紐を引っ張るとエンジンが始動する、っていうやつありますよね。地面において、その紐を勢いよく引っ張るときって腕だけだと引っ張れる長さが足りなくて、ひざを曲げて腰を引くようにして一気に引っ張る。

そのときの、勢いをつけるような形と腕の動きが連動します。

右、左、と交互に素早くやるのは、脚にリズムがあって、脚の筋力はかごのボールの重さをものともしないはずですから、腕だけの時よりもはるかに速いテンポで動かせます。

そして、腕がつかれない。

まっすぐ立っているときに、骨を支える筋肉がないとまっすぐも立てないものですが、そもそも骨がしっかりしていないと立っていることすら疲れます。

骨で体重を支え、ふらつきを筋力で補い、ということなんだと思います。

骨を動かす=ほとんどの場合は骨盤を通る動きに関連があると思います。

膝を動かすようにして太ももが動くと、骨盤の動きができます。その上の肩まで動きは影響します。自然に、ですから決まった形では決まった形にしかならないのは、骨の動きに約束があるからです。

 

ラケットを引く動作も、前々回のブログで書いたように肩と腰のひねりこみが必要になってくるわけですが、それも動きの中で自然に発生させるようにしたい。

とくにジュニアを教えるコーチが足を動かせ、と頻繁に言う、コーチによっては打ち方はあまり教えないけど毎回足の事だけはうるさいようなコーチもいます。

脚の動きを育てると、打ち方は決まってくるものです。踏ん張れば力が入る、ということを体験的に知ることが出来るからです。

リズムをとることは、ほとんどの場合膝の動きです。無意識でも、ひざは動作の中では車でいうサスペンションの役目をする器官ですから、体重を支えるのにバランスをとって衝撃を吸収してくれたり、次の動きへ方向変換したりするのに役立ちます。

一般クラスの人たちが打ち方に興味があって、脚を動かせと言われるのに変な顔になるのは、打った瞬間にわかるミスが、腕の動きが悪かったからだとじぶんで早合点してしまうからです。なぜなら、ちょうどよく腕がつかえた時には足を使った記憶がなくても納得のいくショットが打て、そうでないときにはラケット面からくる衝撃が自分の手には失敗したと打った瞬間にわかるからで、脚の動きが関連しているとは思えないからでしょう。

しかし、全体の動作の調和によって適切なリズムがある場合には、そこに立っているだけでもちょうどよい打点だったかもしれないし、そうでなかった時には自分が「合わせる」動作をせずに打点を迎えたせいでインパクトの違和感が出ているとは思っていないわけです。

最初の動きは、ゼロからのスタートでエネルギーが必要になる瞬間です。相手が打った瞬間にシャープな動きで初動が迎えられるなら守備範囲もひろく、ゆとりをもって打球出来る分、失敗は減らせるようになると思います。

 

カテゴリー: トレーニングオタク | 投稿者ナガキヤスヒロ 09:19 | コメントをどうぞ

武器を持たずには戦えないでしょ

試合に出て、勝てるようになりたい!

そりゃあ、テニスやって、どのくらい上手くなったか知るには試合をしてみるのが一番の方法ですし、同時に練習というプレッシャーの軽いプレーと、試合中という極端にミスを恐れるプレッシャーの状況とを知るには、これしかないです。

で、試合に出ると、みな一様に思うのは

「上手くなって、勝てるようになりたい!」ということでしょう。

そう思わない人は、きっと自発的には試合に出ていなかったんでしょうし、モチベーションそのものに問題がある。

さてそこでですが、自分の試合も含めて(日曜日試合だったんですが、初戦負け…)どうやって試合に勝つのか、と。

試合、とかくよりも、言い方を変えれば「戦い」にいって「勝つ」ということです。

戦うには、武器が必要です。防具も。

剣道の試合に出て、竹刀も防具もなかったら、病院送りになりそうな気がしますよね!

自分が空手や体術の達人だったら、その体や術が武器であり防具でもありますから、竹刀も身につける面や胴なども必要ないかもしれませんが。。。

テニスの試合を、こないだ見たんです。市民大会。

どうやって勝ってるんだろう、って見てたんですが、こりゃあこっちが勝つねと思って見ているペアさんたちは、ちゃんと攻めているし、相手が攻めてきてもきっちり次の攻撃をさせないか、さらに守りを厚くするかします。攻めるときも、軽いジャブくらいでは油断せず、間断なく攻め、スキを見せない。

でも、そんなことができるペアはすごく目立ちます。

大概のペアは、たまたま勝って、たまたま負けているように見えます。

いやいや、皆さん真剣にプレーされていますよ!よく考えて、ペアで話してプレーをしている風景を目にします。

けど外から見ていると、ミスを怖がるのかチャンスをきちんとものにできない。

ロブを上げて相手が間に合いそうなのにポジションも変えずに立ち尽くしている。

構えの格好はしていますけど、スマッシュとるのにそこじゃ間に合わなくないですか?要するに、防具は正しく装着されていませんよ!ってことです。

それで、何の練習をしてきたんだ、ってことになりますよね。

一生懸命練習をして、コーチの言うことを聞いて、立ち位置やら配球のテクニックを学んできたんじゃないでしょうか?

それは、こういう状況ではこんなパターンになることが多いですよ、っていうシチュエーションを作ってのモデルケースを紹介したにすぎない。実際の動きは、現場でその時になってみないとわからないものですから、その時に想定内の動きとしてできるようにしておきたいから練習しているわけです。

今やった動きが試合で出ますよ(学校で、ここの部分試験に出るよ)、だから覚えておいてね!

っていうような気分で聞いているから、そのことだけを記憶しておこうとするのが間違いなんですよね。

ここではこんな引っ掛け問題が出るから、答えの出し方はここんとこ気をつけながら解くように!っていう対策ならいいと思いますけど。。。(違うか)

自分の武器が何で、どうやってそれを使えるようにしたらいいか考えないと、接近戦(刀での斬り合いだとしたら)なのに自分の武器が長い槍だったら、相手が近くにいちゃあ使えません。

槍の達人だって、6畳間に入れられたら剣の達人にはどうやっても勝ち方が見つけられなくないですか?振り回すと壁か柱に邪魔されて攻めも守りもできない。

じゃあこの柄を折るか、って発想でもなければ間合いが変えられません。

そうじゃなければしのぎつつ庭に出て、広くなった瞬間槍が役に立つ。

じぶんの武器を変化させることも、じぶんの武器を振るいやすい場にもちこむのも、試合のテクニックです。それこそが自分の武器であり、強み。

急に槍を剣に持ち替えても、じぶんは槍の専門だから戦えない、じゃあ最初っから試合が決まったようなもんです。

習ってきたことしかできない、じゃあ工夫のある人たちとは差が出てしまいます。

まして、自分の武器が何であるかわかっていない人では、戦いにすらならないでしょう。

「あの人、試合で当たったことある」を自分で思い出せる人は、戦った相手です。

けど、強い人って、自分と当たったことを覚えてくれてないことありませんか?

それ、相手にならなかったんです。

試合はしたけど、戦いにならなかったから、その人はその戦場を歩いて通り過ぎたとしか思っていないから、風景の一つでしかなく、記憶には残らなかったんです。

悲しいですよね。一生懸命練習してきて、その扱い。

まだ足りないのか、って思う人はきっと強くなります。

武器を見つけて、磨いて、強くなります。

自分のことばかりじゃなくて、相手を知り(武器は何か、得意な戦い方はどうか、どうやって守れば負けないか)、自分の場はどこかを探して、強くなります。

立ち位置や、配球を教わりたい人は、手っ取り早く達人が今どうやって勝ったかを教わりたいだけで、自分が強くなったような気分に浸りたいか、それを知ったら達人のようになれると勘違いしているんです。

達人がそれを作り上げるのにどれだけ修練を積み、練り上げる時間を使ったか。

そこを見ずに憧れても、届きませんね。

上手い人も上手くなる人もいますし、苦労せずになることだってありますが、強くなるには自分で創意工夫する必要があります。

その苦労は、楽しいんですよ。出来てきますから。自分のことがわかってきますから。自分のことが好きになる。

だから練習が楽しくなるんです。

 

カテゴリー: トレーニングオタク, 日記 | 投稿者ナガキヤスヒロ 07:40 | コメントをどうぞ