カテゴリー別アーカイブ: 打ち方オタク

テニスの打ち方に対するこだわりを書くとこです
コーチとして勉強してるんですってアピール?

打点に「足で入る」

「ボールの後ろに入る」とか、あまり具体的でないけど、出来るようになるとそうとしか言えないような、そういう表現って、世の中に沢山ありますよね。

「肩を入れて!」…って、どこに?(笑)。

でも、しっかり肩が入った時って「ああ、これかぁ」ってわかると思います。

ワタシはテニスコーチですから、そういうわかりづらいことをわかるように出来るようになんないかな、と具体的に違いを指し示せるようになりたくて勉強しています。

けどやっぱり、良く分からないな、という人にやってみてもらわないと、いくら言葉でうまく説明したと思っても書いてる本人には「つもり」の域を出ないものですね。

 

 

とても簡単なドリルを紹介します。

チャンスボールみたいな感じで、ゆるめに高く跳ねるボールを、サービスライン付近で打てるように球出しします。

できるだけサイドラインの方で打てるように球出しし、サービスラインのセンターTのあたりにカラーコーンとかをおきます。

チャンスボールなので、強く打っちゃっていいんですが、課題はひとつ。

打ったらそのあとすぐにセンターTのコーンにタッチする。というドリルです。

高い打点を強打するのが、練習量が少ないのもあるかもしれませんが、苦手な人が多いものです。ボールが遅すぎるってのも、合わせづらいものですね。

だから、自分から打点に入る練習になります。

スピードの要素がなく、タテに弾む要素が強いので、普段通りの球出しのボールがうまく打てるスイングじゃなくて、その軌道に合わせやすい角度でまずラケットを当てやすく持ちます。

出来る事なら、バウンドの頂点で打って、ネットよりも高い打点からの直線的な軌道のボールが自分の打った球を速い球に見せてくれます。

相手が「攻めてこられた」と思えばそのショットの球速が何キロかは大した問題ではなくなります。

こちらから走って打点に入る事で、ボールの軌道予測が出来ていることがはっきりします。ボールを落とさないと打てない人でも、打ちやすい打点がどこになるかわかってその位置にいるんですから、予測はなされている訳です。

初級クラスなどでは、ネットのすぐ前から、狙ったエリアに面を向けて走ってきて合わせる練習から導入します。ラケットを縦に持って、面を狙った方に向けてくれば、当て方がわからなくなるなんてことはないですね。あらかじめ向けてあるわけだし、タテに弾むボールに合わせやすい角度でラケットを持っているので、そのまま突っ込んでいけば当たる、ということがわかるように走ればいいんです。

当たった瞬間がダッシュのスタートになるように、センターラインに向かって走るようにするには、軸足側できちっと位置を決め、ラケットにボールを当てながら次の地点に向かってスタートするような格好になります。

サイドラインに沿ってまっすぐ走っていき、ラケットがボールに当たるころに直角に曲がるような感じです。

身体ごと回転しても、ラケットの面の方向を維持すると、体の回転に合わせてスイングのような形になります。

手ごたえを感じながら、自分のラケットが狙ったラインにボールを押し込んだような感触になるようにスイングに意思を載せていきましょう。

そうすると、ラケット(を持っている方の手)の役割は、

「うまく当てること」

「面の向きを維持すること」

が最優先事項で、そこにいくらかのパワーアシストがあればいい。軸足を起点に身体が回転する力は、肩から先の腕ごと押し込むような力を貸してくれますから、うまく利用して、少ない力でパワフルなショットを打つようにイメージすればいい。

前に走りながら、自分のラケットの位置と、回転の中心となる足(軸足って意味です)の位置をドンピシャに合わせられるのが、良いフットワークです。そのまま体重移動でうまく腕の振り子を、打点にフォーカスの合った形で行えるのなら、なお至極です。

そっと触って、グイッと押す、みたいな形から入れば、打点への入り方の練習になるでしょう。

徐々に、コーンの位置を下げていき、深めのボールに対しても同じように自分の狙ったラインにボールが打てるように仕向けていけば、うまく打点に入りさえすれば狙ったコースを外さずに打てるようになるコツを掴めるようになるはずです。

 

カテゴリー: 打ち方オタク | 投稿者ナガキヤスヒロ 15:42 | コメントをどうぞ

スイングを速くすればよくなるのか

スクールでコーチをしていると、わりとどのレベルでも「速いスイングをしたい」のかな?と思わせるような動作の方ってかなり見かけます。

上級クラスの方に行けばいくほどそのショットが「力任せ」っぽくなっていく感じですが、ラケットの感覚とか技術があればそれをねじ込むようにしてポイントを取っていく事も出来ますね。

一本だけ、という集中をするのなら、べつに悪い事じゃないと思っています。だから、ラリーでつないでいる時にあまりそういうショットが多い人はラリーは単調になったり短いターンで終わってしまう事が多いですが、ゲームになれば話は別。ラリーの回数なんか競っていませんから、決められるんならそれはもちろんナイスショットなわけです。

 

初級クラスとか、あるいは腕力に自信がないような人でスイングを速くしようとしている人は、たいがいボールがあまり飛ばずに悩んでいる人です。

今回の記事はこちらの方が問題だ、ということです。

ふつう、スイングを自分のアベレージよりも速いスイングにすること自体がリスクを伴うことで、真ん中に当てるのがむつかしくなります。

物理の先生の本を読めば、スイートスポットに当たったボールとフェースの先端に当たったボールの、ラケットの反発力だけを測ったばあい、約6倍の差があったそうです。

スイングの量や衝突の力なども加味できるので、端っこに当たってもコートに入れられることはあると思います。

しかし、ラケット側の都合から見ても、よけいな力をまた使わなきゃいけないようになることから、スイングを速くしなきゃとか、もっと腕に力を入れなきゃみたいな形になる事で、悪循環が生まれます。

 

 

 

どだい、腕力に自信がない、という、ボールをうまく飛ばせないスイングの人が、速く振ったとしても、回転半径の小さな円を描くだけで、実はそこには「トルクが小さくなる」という落とし穴があって、速く振ってもボールは良く飛ぶようにならなかったりするわけです。

自転車をこぐのに、ギアをあげていけばペダルが重たくなりますね。トルクが必要になるってことなんです。ギアを下げていくと、自転車に乗っている人の力は軽くて済みますが、今度は進みません。軽い力で自転車が進むためのトルクが強くなった半面、仕事量が減っている訳です。

ペダルが付いている方のギアはたぶん、タイヤ側についているものよりも直径の大きなものが付いていて、タイヤ側は変速機付きなら大きなものから小さなものまで段数に応じて何枚かついているというもの。

タイヤ側のギアがおおきい=ペダル側のギアとの差が小さい→軽い力

タイヤ側のギアが小さい=ペダル側のギアとの差が大きい(こちらの方がはるかに大きい)→ペダルが重くなる

 

という理屈。小学校?か中学校の理科で習います。

力のない人が速いスイングをするのに、回転半径を小さくするってことは、ギアを軽くしただけで、仕事量は変わりません。さらに、自分で楽だと思っているスイングよりも速くしているので、真ん中に当たらなければもっと飛んでいかない。

身体の動きは、回転運動を伴って行っているはずなので、体重移動のきっかけでスイングを始めて、そこから体に巻き付くのを強くすれば見た目のスイングは速くなります。

遅くなったように感じたとしても、スイングスタートの条件が同じなら、スイングは徐々に大きくなっていったほうがトルクは増大していきます。

ちょうど、スイングしている腕が身体から離れはじめるくらいの位置で、面が安定してパワーが伝えやすい所があります。

打点をそこにとる、ということをデフォルトにしておいてあげるのは、訓練すべきことで、緊張した場面がやってきてもそれだけは守るようにしておきましょう。

身体じたい(胴体)が回転するところを中心とした円から、打球方向に延びていく楕円になるようにイメージしたスイングを腕が描ける、ということを考えて打ってみましょう。

そうすると、コーチがよくいう「グリップの方から打点に入れ」というスイングと形が似てきます。

打点のあたりではヘッドにスピードが乗って、力はそんなに入れなくてもキレイに飛ぶようになります。

 

良く分からなかったら、わざとゆっくり振るようにする、という風にしてみて、そのうえで身体から腕が離れはじめるあたりでボールを捕らえる、という二つの項目をクリアできるようにスイングしてみてください。

カテゴリー: 打ち方オタク | 投稿者ナガキヤスヒロ 08:18 | コメントをどうぞ

「型」と「タッチ」が先かな

ショットのコントロールは、空間把握の良い人から先によくなります。

さっきストレートに打ったショットが同じような所に返ってきて、もう一度打つときにクロスを選択したとしたら、打点のボールに目線を合わせることや、目標が変わったことに対して気を遣ったりするので難しくなることがあります。

見なきゃできない、というイメージを持つ人は、例えば球出しの練習でストレート狙いで、とか、今度はクロスへ、っていう練習は、打つ前にその準備というか心構え?だいたいあっちの方にこんな感じだな、ってことをよくイメージしてから打てば大丈夫だと思います。

それがラリーのテンポで、要するに一度打ってからもう一度打つまでの時間で相手がどこへ打ったのか、自分はその次どうするか決まっているのか、でどうすんのか?が素早く決められないと甘くセンターに行っちゃったりします。

 

平たく言えば練習不足ですね、ってことになるんですが、練習をどうやって使っているかも問題なんじゃないかと思います。

 

ああそれで、もう一個コントロールの要素があって、それは再現性。

狙おうと思ったら、さっとそこに打てるようになりたいわけですね。

どっちが先にできるようになればいいかって言ったら、この再現性の方じゃないでしょうか。

ネットの向こうにいる人のところへ、何度でも打てるようになれば、ラリーが続くようになるし、その中から打てそうなときにチャンスを決めさせてもらったり、ネットダッシュできるようなボールを選んでみたり、ってことができるようになることで試合のシチュエーションに近くなっていく。

これってスクールのコーチっぽい意見でしょうか?

空間把握が良い人だったとしても、ストレートへ打つときと、クロスへ打つとき、あるいは短めに落としてボレーヤーの足元を狙うようなことが初心者からできるってわけじゃありません。

何度かやって見て、経験値からこんな感じだったな、っていうのを再現できてみて、必要だと思われるときにやってみたらうまくいったとか思ったようにできなかったっていうことからだんだん自分なりに「やり方」ってのが身についてくる。

だからテニスは一足飛びにうまくなるスポーツじゃないわけです。

まず、インパクトの面はどう出るのか、そこが「ボールの当て方」みたいな感覚で、当たったボールがどう飛んでいったのかというフィードバックをもらいながら感覚がついてくる。

 

面の出し方が決まってきているのなら、スイングスタートの時の形も決まってくると思います。

ラケットを引く、という動作が、その形にいかに素早くできるようになるかは、レベルアップの鍵にもなると思います。

決まったタイミングで引くことが、その人によってやりやすい方法があるかもしれませんが、そのせいでテイクバックが時間のかかるものだったり、無理な力を必要とする(ラケットはそんなに重くないので実現可能なのかもしれませんが)ものだったりすると、ラリーのアベレージが速くなったり、相手のショットが強烈なものになってくればくるほど対応できなくなっていきますから、いかに素早く振り始められるようになるか、というのは課題になると思います。

実は、テイクバックが大きく見えても最短距離というか、一瞬でその形になれることがあります。グルビスみたいなプロがいて、ナダルみたいな人のショットに打ち勝ったりしてるわけですから、やりかたはあるんだと思います。

IMG_0584

 

お友達からもらった写真。

 

決まった型が、決まったスイング軌道を作ってくれて、安定した打点の形を約束してくれます。

その中で、どうボールタッチすべきか?

手のひらが、ラケットを通してどんなふうにボールが当たって飛んでいったのかを感じ取りながら、再現性を上げる努力をしていくと、いつも最高のショットをひねり出そうと頑張っている人よりかは最高のショットに近いショットを完成させるのに努力すると思います。

 

教わった通りできているかどうかを気にするより、なるほどこうやればいいな、ってことに早く気づいた人の勝ちなんじゃないかと思うわけです。

カテゴリー: 打ち方オタク | 投稿者ナガキヤスヒロ 09:07 | コメントをどうぞ

打点がどこかわからないときは

スイングすると、ラケットにボールが当たって飛んでいくわけです。

ラケットの真ん中に当たれば、手のひらに衝撃が心地よく残って、どこへ飛んで行ったのか、今どんな風に当たってそうなったのか、印象が残ります。

だから、私は教えるときに、狙った通りにボールが飛んでいるかどうかは最初には求めないように注意します。それよりも大事なのは、自分でイメージしたものと、実際の打球感と、結果として飛んで行ったボールはどうだったのかを比べながら次のショットをどうするかまたイメージをしてもらうようにしています。

 

・・・というのは球出し練習などの、連続して同じショットを同じようなシチュエーションで打てるときにやっていること。

もちろん、その前にデモンストレーションで何をどうするか、目的はなんで目標はどこか、ということも明確にしておきます。そうでなければなんの練習かはわかりませんから、コーチとしてそこはどうなの、って言われちゃいますよね。

ここ数年は、生徒さんに求められても「スローモーション」でのデモンストレーションは行いません。

必要ならば、「止めて」見せることはありますが、スローモーションは余計な印象を与えて、出来もしないことをコントロールできるような誤解を生み、聞き手側の間違いを私が発見できないで放置してしまいかねないからです。

自分もそうでしたが、細部までその動きをコピーしようとして、スローモーションのコピーはスローでしかできず、実際にボールを打つスピードでやるには時間が必要だということがわかったからです。

 

それじゃあどうすんだって話ですが、印象に残せるポイントをいくつかに分けて通過することをやってもらいます。

握りはこう、それでもって引いた時の形はこう、でフィニッシュの形はこう。そこまでの3点を何度か素振りしてもらい、その途中でボールに当たるところを探してもらいます。

前述の通り、そこで起こったことを見てもらい、その次にその動きをしながら、今度はターゲットの方に狙いをつけて打ってもらいます。

癖がついている場合、形を変えたスイングをすること自体がものすごいチャレンジで、今まではそうやってコントロールしていたか、癖のせいでコントロールする方法を見つけづらい状態でいたかするので、まずは形を整えてスイングすることが難しいわけではないことを発見してもらいます。

そのためにはボールが飛んでくることがプレッシャーになる可能性があるので、体がその必要な動きを項目を全てクリアすることで自分自身ができたかどうかを、体からのフィードバックと、実際に動く影を見たり、あるいは動画を撮って見てもらったりしながら確認します。

次に簡単な手出しのボールに合わせてその動作をやってもらう。徐々に動きなどを入れて行って負荷をかけ、できることを証明しながら段階を上げて行ってもらう、というのが新しいショットを身につけてもらう時のやり方です。

 

一番最初の段階はものすごく大事なので、そこで個人レッスンだったら、2時間レッスンを一回まるごととか、または何週間かに渡ってでもみっちり体に染み込ませてきてもらいます。

練習の内容はものすごくつまらないものになりがちなんですが、こちらとしては「ああ、またあれね、もういい加減できるよ!コーチ」っていうようになるまで待っているような節もあります。

コーチとして問題なのは、自分が素晴らしいコーチなんだっていうことを期待しすぎちゃうと、生徒さんをあっという間に上手にさせちゃおうとすることです。

瞬時に上手になることは、まずありません。蓄積した経験が体に残って、初めてできるようになったショットが、いつかアベレージになって初めて「上達しましたね!」って言える。

教えたその場でできたことは、教えたコーチの手柄でもあると思いますが、時間がかかる生徒さんもいれば、すぐにできる生徒さんもいるわけで、それを一律同じ時間であっという間に上達させられるコーチがいたら、その人が世界一のコーチでしょう。

生徒さんの資質や、アドバイスとの相性もあってまちまちになるのが普通なので、最初にできたその感覚は、とても大事な経験の第一歩に過ぎません。

そこからどうやって育てていくかがもっと大事な部分かと思います。

 

 

一般的に、誰もが一番得意かも、と思っているフォアハンドストロークが苦手、という人がたまにいます。

見れば、なるほど苦手そう、という感じで例えばショートラリーとかがすでに不安そう。球出しの練習でも狙った方に打つことが不安定なばかりか、当たり損ねも多い。

特徴があって、その中の何割かの人は、ゲームでは思い切ったトライを成功させて一本、ちゃんといれてきます。

それと、そういう人の多くは、バックハンドが両手打ち、あるいは片手のスライス。

ここまで書いてフォアハンドが苦手な原因がわかる人は、相当スイングが分かっていると思います。

フォアハンドの難しい部分があるとすれば、そこですね。

実は理想の打点が思っている場所じゃない場合があるんです。

フォアハンドが不安定な人は、スイングをどこでしているのかがよく把握できていないようなところがあります。

ボールが来て、「いまだ!」ってタイミングを合わせてスイングを始める動きがあるはずですが、その時に

いま、体が回っているのか?腕に力が入っているのか?腕を前に振っているのか?ラケット面を向けなきゃいけないのか?

そこいらへんの順序だとか、あるいは全部を一緒にやってしまっているのか、バラバラに見えるものです。

振り遅れが多い人もそうかも。当たればすごいショットが飛んでいくけど、そっちの方が珍しいみたいな。

運動の伝達がうまく行っていないんですね。

体の回転はスイングを生むものですが、最初になされていれば十分。腕はラケット面が出てくる場所までラケットを連れてくる役目を果たせれば、当たり損ねをしないためのスイングと言えます。

ラケットはその動きのエネルギーをもらってインパクトを迎え、ボールが飛んでいくわけです。

インパクトの瞬間あたりに力を込めて打っていて、その方が安定する、という人も多いと思います。その人はスイングと握りのマッチが正しくて、きちんと握ることで面の向きの再現性が上がっているから、当てるのさえうまければ打点が安定することでタイミングがわかったことと同じような体験をしているのですね。

同じ大きさのスイングを、同じスピードで行って、打点の位置や真ん中に当たるなどの条件が同じだったら、力を入れて打った時と抜いて打った時の差はほとんどないはずです。

力を抜いた方がボールが伸びていくように感じた人は、腕からラケットへの運動の伝達を、ぎっちり握ったせいで制限してしまったようなものですね。

 

私の考えでは握りはとても大事なもので、「ゆるゆる」は間違った表現ではないですが「どうでもいい」ように扱ってはダメです。

ボールをリニアに感じられるようにスイングの方向、面の向き、ボールの力の方向などを感じられるようにならないと、多様なスイングには対応できなくなって来ます。

 

 

カテゴリー: 打ち方オタク | 投稿者ナガキヤスヒロ 15:25 | コメントをどうぞ

「ニホゴホの法則」

フットワークの話のシリーズの最後にしようと思っていますが、私の基本的に考えていることは、大事なことは最初の「一歩目をいかに正しく素早く出せるか」という事と、打点の位置に入ってから「自分の型を崩さずに一定のリズムを保って動作できるか」という事。

だから、スタート地点から打点までの到達距離についてはその場で判断・調整することで、述べていません。

ですが、「いかに走るべきか」という部分については、「打ち方を優先する」ということで考えていければと思います。

ここでタイトルの「ニホゴホ」について、説明をしていきます。これを書くことでその場で判断・調整とちがった意味にとられかねない懸念もありますが、まあ今日はこれにしようと思いついちゃったので読んでみてください。

地面にマークを作ります。
「スタート地点」
「一歩目」
「二歩目」

3地点。できるだけ、大股で一歩目と二歩目を作って、その位置にマーカーを置いてみましょう。

コーチ(役)の人に、イチ、二、サンと手をたたくとかして三拍子を作ってもらってください。

三拍子に合わせてスタート・一歩目・二歩目、です。

少しくらいなら、ゆっくり目にやっても、早めにやってもプレーヤーは合わせられると思います。

さてここで、スタート地点から二歩目の地点まで、五歩使っていきます。

コーチは同じく三拍子を手でたたき、その間に五歩でゴールの「二歩目」地点まで到達してください。

たぶん、距離は同じなはず(マーカーがあるので当たり前ですが)なのに、五歩でという労働を与えると、間に合わなくなります。

大また二歩分の距離だから、そんなことなさそうですが、いきなりやるとほとんどの人が引っ掛かります(笑)。

問題は三拍子のほうにあるんですね。ですが、相手が打って、バウンドして打点までって三拍子で模すことが出来るので、ボールのリズムってことがいえるじゃないですか。

そこで、イチ、ニ、サンの間に

(足音を)タタ、タタ、タって細かく入れればちゃんと五歩入っていますね。

相手のショットに追いつくときに、細かく足を動かすのもいいのですが、最後の一歩のために調整するってことが言いたかったわけです。

なかなか、走るっていうときに大胆に走っても細かく走っても足が合わないことがある人には、最後の一歩の部分の練習をしておいて、それから遠い距離のランニングショットで活かせるように練習してみるっていうのはどうでしょうか

カテゴリー: 打ち方オタク | 投稿者ナガキヤスヒロ 17:36 | コメントをどうぞ

打点を確立するための「軸足アタック」練習

IMG_0082 IMG_0083IMG_0084

手をみぞおちの前あたりで組んで、左右に揺らすと、このタロウちゃんのように、肘をあげたり降ろしたりするような揺らし方になります。この時に、肩と腰の前にスイングのためのスペースができるようになり、「肩が入る」状態ができやすくなります。

「肩が入る」とは、「すぐにスイングを始められる状態」を指すと思っています。スイングをする力が入れられる、ということではなく、フォワードスイングに入れる状態ということです。

タロウちゃんは肩のプロテクターがちゃんとしすぎていてうまく表現できていませんが、これをやると、後ろへ肘を引き上げると、前では肩がアゴかほっぺにつくようになります。

同時に、腰が引き上げられるようなことにもなり、軸足側からフットワークのスタートを軽くしてくれることにもなります。ターンの仕方によっては、ドロップスタート、あるいはステップアウトの両方が可能です。この辺は昨日書いた、「奪って逃げる」動きでスタートにキレを出すのと同項になると思いますので、ラケットを持ってレディポジションの形になってから、瞬時に判断して動くようにするために、筋肉に素早い動きを覚えこませておく必要があると思います。

 

 

さて、打球リズムは大事な要素で、ボールと同調するのが上手い人もいれば、そこで苦労する人もいます。

最初の動き出しは極力スムースにできるように訓練が必要ですし、それは何のためかって言えばもちろん「うまく打つため」です。

 

なので、今度は適切な打点でうまく打てるようにするための足の動きについて考えてみます。

djokovic_fore_1

 

こんな風に、軸足側でしっかりターンの形を作って立ちます。

この写真のジョコビッチは、きっとフットワーク後の軸足に入った形だと思うのですが、止まっておいて軸足に乗ってターン、でいいです。

この写真で見るラケットのタテの形と、肘が高くセットされているところは、必ず必要な要素です。ここで肘がワキにピタッとくっつくようなことがあったり、腕が下がったいちにあると、スイングのパワーは半分くらいしか出なくなります。

これを、くるっと回して顔の左側でまたヘッドをタテに持ってくる。djokovic_fore_11

フィニッシュの写真じゃありませんが、さっきのテイクバックから繋げてくれば、この位置でヘッドがきれいに出てきて、面でしっかりボールを捉え、この続きは左肩の上に、首に巻きつくようなフィニッシュになるのが想像できますね。

軸足(右足)の上でターンの形を作り、スイングで一気に左足でフィニッシュできるように、ジャンプして打ちます。

images-2

 

突然フェデラーですいません。。。これ、できる人なら簡単に想像がつくと思いますが、グリップを中心に、手のひらの中でラケットがくるっと回って面の方向を維持しながらヘッドが走っていくような感じです。

手首が先に打点に到達したら、腕は打点に合わせるために置きに来たので、そこからはラケットに加速が乗ることになります。腕を速く振ろうとするとボールを真ん中で捉えることが難しく感じるはずですが、目的はラケットの真ん中で捉えること。フォーカスするところが違うわけですね。目的はあくまでも自分が狙ったインパクトの感触を得ること。そして、大事なことは、「スイングは型であること」です。要するに、きちんとフィニッシュまでいくということを「型」としておけば、その中にすでにボールを飛ばすためのパワーは仕込まれていますから、ラケットを持っているオペレーターとしては、きちんと当ててあげることが良いアクションになるってことです。

コーチが位置に合わせて高く弾むボールを出してあげるようにして、バウンドが胸から顔くらいの高さまでに入るようにします。

高い打点に打ち込む要素を入れるには、下から上への振り子運動をするイメージではなく、ジョコビッチの最初の写真のようにヘッドを立てておいて、くるっと回して下げないようにすることで、肩の高さくらいでスイングが完結します。そうすれば高い打点の打ち込みも大して難しく感じないと思います。

下半身の動きの方に注目点を戻してみましょう。

djokovic_fore_1

 

右足の上で、股関節を曲げるようにして、スイングのスペースを作ることと同時に体をひねって体重を下げ、タメを作っています。

ここからラケットを回しながら、軸足だけで一気にジャンプ!

体重の受け先は左足です。

follow

 

あっ今度は錦織圭。こんなに本気出さなくていいですが(笑)しっかり肩を回して、フィニッシュまで行きましょう。

しつこく言いますが、目的は打点と、型をやりきることです。

軸足の沈み込みでタメをつくり、ジャンプして打点を合わせる。

打点を合わせる時の勢いで体が浮いちゃう、って感じでもいいですかね。

何度か練習して、リズムが掴めたら、スイングにパワーを乗せる足のリズムがわかってくるはずです。

 

そこでドリル。最低でも2球目があること。でも3球目まででもいいかも。

一本目は、高く弾むボールを出して、この打ち方で打ちます。すかさずもう一本をフォア側に遠い球出しをします。

ここで、追いついた時に、スイング前には軸足が入っているようにしましょう。

ボールに小石を投げてぶつけるくらいのイメージで、追いついて右手のラケットをぴゅっと走らせます。スイングは軸足で生まれるものなので、左足で踏み込んで打とうとすると、ちょっと打点がシビアになって来ます。きちんとパワーが出るのは、バランスを保てる範囲で腕が遠目に伸びたあたりだけです。

軸足側でグッと一瞬タメて、1球目と同じようなリズムが走っていっても作れるようになると、軸足から打点までの距離の合わせ方、上にジャンプする力を入れることでスイングがうまく解けること、さらに軸が流れずにまっすぐになろうとすること、体全体は横にスライドしたとしてもモーグルステップになって次のショットへのリカバリが素早くできるようになり、とても調和のとれたムーブメントになります。

スタートがうまくできて、最後のインパクトで帳尻をきちんと合わせられるなら、飛球は安定していくはずです。

途中の走り方は、最後に帳尻を合わせられるのであれば、細かく走っても大胆に走っても、リズムさえ合っていればきちんとパワーも乗るし、打点がしっかり取れるのならコントロールがまず信頼できるものになります。

 

カテゴリー: 打ち方オタク | 投稿者ナガキヤスヒロ 09:43 | コメントをどうぞ

立ち方と、引き方と、ダッシュの関係

ぬっと立っていて素早いダッシュやターンが出来ない、という構え方では、レベルの高いラリーではついていくのがやっと。

勢いの強いショットって、連続で打ち込むことが難しいものですが、レベルが上がれば、こちらが「すごい強烈!」と感じるようなショットがその相手にとってはアベレージである可能性もあります。

渡り合うには、こちらもそのレベルでついていけるようにしなければなりませんね。

前回が「立ち方」=レディポジションではどんなバランスがいいか、ってことでしたが、ジョコビッチがいいお手本の画像をくれました。

IMG_0953
うちのウルトラマンくんに協力してもらいました。

引き方はコンパクトに、とよく言われますが、どこをどうコンパクトにするのかってわかりづらいですよね。

こんな風に腕を少し畳んだような形も、コンパクトな要素でしょう。
肘は体から離して、コブシの位置や、ラケット自体は体の近く。

ウルトラマンくん、テニスうまそうじゃないですか?

走るのが苦手な人も、いますよね。

スタートがしっかりする時に、このウルトラマンくんの腰のあたりのアクションは欲しいものです。

さて、それってやり方があるの?走るって子供の頃から自然にやっていることで、みんな普通に出来ているつもりであることもあって意識せずにやっていると思います。

そうですね。うまいスタートをあまり意識せずにできるようになりたいものです。

この形、「奪い取って逃げる」時と似ているんです。

シングルスのクラスとかで気がつくとやってもらうようにしていること。

コーチ(私)がボールを少し固く持っていて、それを片手でひったくるようにして引っ張り、奪い取って逃げるようにしてダッシュ。

 

普通に立っている形から、よーいドン!でスタートしてもらう時と、

よーいドンでひったくって逃げるでスタートしてもらうと、明らかに後者の方が早くなります。

引っ張る動作に、足に力を入れているんですね。それと写真のようなターンに入る動作が繋がってきます。

力の入れどころが意識できたら、サイドステップからダッシュへの切り替え。

正面向きでのサイドステップから、ターンして腕を振ってダッシュしてもらいます。その時にも、同じような動きが出てきます。腕を振る時には肘から動かすので、これもラケットを持っていれば瞬時にウルトラマンくんのようになってきます。

サイドステップからダッシュができたら、今度はセンターライン上でレディステップ。左右交互に細かなリズムステップを踏んでもらいます。

コーチの合図とともにダッシュ。

 

という具合に段階的にその動きをテニスのシーンに合わせていきましょう。

 

IMG_0952

 

これでスタートしてテイクバックも開始されながら、追いついてすぐ打てるような格好ができればオッケーです。

カテゴリー: 打ち方オタク | 投稿者ナガキヤスヒロ 10:19 | コメントをどうぞ

フットワークはスタートとリズム

フットワークについて、こまかな指導をされる人もいますし、やはり目指すところが高ければ重要な練習だと思います。

たとえば、速くて低い球を2球くらい続けて、そのあと深めに中ロブを混ぜると、大概の場合、相手の返球軌道が高くなります。これ、ワタシがスクールでラリーしている時に、お客さんの返球を操作するときによく使う手です。

そとの試合に出た時にも、余裕がありそうなら試してみます。その配球でこちらの注文通りに高めの返球で返してくる人は、安定していても自発的なコントロールにやや難がある人で、言い換えればフットワークがあまりよくない人なんです。

スイングというか、打点の範囲が広くても、ボール軌道の打点への角度によっては返球しづらい角度ってのがあって、そういうのの影響で操作されているかもしれないのです。

むしろ、そういう要素があるからこそ、テニスのラリーには「読み」とか「予測」(同じだ)ってのがあって、その要素があるからまた「勝ちパターン」みたいなのを考えられるようになってるってこともあります。

狙った場所にコントロールするには、狙っていきやすいように打点への入り方をきちんとする必要があります。

フェデラーがなんであんなにどこにでも打てるのかって言ったら、そういう「適切な」入り方の出来る人だからなんでしょう。

だから、前述の私のパターンのようなものは、突然緩いボールを高めに弾ませてみて、攻めれない人はそんなにレベルが高くないのかな、って考えながらどうポイントを組み立てていくか考えるし、そういう球を打ったら「ラッキー」みたいにドカンて決められちゃうようなら、こりゃあヤバいぞ、どこまでついていけるかの勝負からだな、なんて考えて試合します。

両者のちがいは、フットワーク。

でも、足の運びがうまいだけで判断力が伴わなければ意味をなさないと思いますし、打球技術が中途半端ならネットの反対側にいて怖くない。

さて、何を一番最初に鍛えますか。

ジュニアとかの選手クラスでなくて、例えば大人で、週末に一生懸命テニスを楽しんで、たまに試合に出てもりあがる、という人に専門的なフットワークの為のトレーニング時間が取れるとは思えません。

ただし、テニスをしながらフットワークを意識する事は出来ると思うんです。

大事なことはなにか。

《いかにスムースに狙った打点に入れるか》が最大の課題になると思います。

いかに速く走るかでもないし、細かく足を動かすかでもないでしょう。現に、フェデラーはビッグステップを多く、そして誰よりもうまく使います。昔の映像を見れば、細かいステップを正確に刻む人だったし、アガシのステップを研究した、なんていう時期もあったように記憶しています(そんな記事を昔読んだような)。そこから習熟して、入り方がわかったから無駄を省けるようになった、というのが神業のようなフェデラーのステップだと思います。参考になる部分もなったとしても再現不能な部分もあるかと思いますが、世界最高のステップの一つだと思っています。だから35歳のいまでも現役最高のパフォーマンスを続けていられるんだと思いますしね。

ようするに、いかにテニスの動きに馴染んだステップか、というのが作る目標になるはずです。

ひとつめは、「最初の一歩」

もう一つは、「軸足から打点」までの距離と角度

をしっかり作れていれば、間のステップは適宜うまくやれ、ってことでいいと思うんですね。

そうすると、気になるのは

・反応の素直で早い「かまえ方」

・素早い反応で形を崩さない「ラケットの引き方」

・軸足を決めたらスイングに入れる「一定のリズム」

・追いつき方によって自由に変えても大丈夫な「スタンス」

当たりに注意をしながら一つずつ自分の打ち方を壊しちゃわないように、改善できるようにしていけばいいと思います。

 

さて、「壊さない方がいい」という「自分の打ち方」って??

ちょっとシリーズ化して何度か書くかもしれません。

カテゴリー: 打ち方オタク | 投稿者ナガキヤスヒロ 09:18 | コメントをどうぞ

両手打ちバックハンドのグリップが見つからない

このところ、グリップとスイングの適正ってものがどんなものなのか、わかって来たと自負しています。

他人のテニスを見ても、どんな風に力がかかっていてどんな感覚なのか、見ているとなんとなくわかる。

 

ただ、自分が片手打ちバックハンドなので、両手うちバックハンドの「真髄」に近づくような気がしなくて、そこんとこが最近になってすごく気になっています。

 

結構人それぞれで、許容範囲の広いのが、利き手側の握り。

利き手側をバックハンドのグリップで持っている人の方が少ないかな。コンチからフォアハンドのグリップまでの範囲でいいんじゃないかと思っていますが、フォアハンド側に結構厚めに持っているケースもあったりします。

 

インパクトの腕の形が伸びていたり、両腕を張るような形で五角形っぽい腕になったり、あるいは両腕を同じ方向に曲げていたり、それって利き手側の握りの影響によるものだと思います。

 

じゃあ、自分が(常用はしないので、真似事でも)両手うちをするときには、どの形でいくのがいいのか?

 

左手のスイングも基準になるでしょうから、ボールの見方、それと、スイング方向の自由度、あとは面感覚が、色々な軌道のボールに対して多様に対応できるとしたら、どのスタイルがいいのか?

ワタシの左手のフォアハンドのスイングは、左手一本ではうまく打てませんが、最も力が入るように振るのは体から離してテイクバックして、そのまま内側に叩きつけるようにするときに、負担なくプロネーションしてスイングスピードが出ます。

そうすると、右手は厚いグリップでは無理。コンチかなぁ。

体の向きは、そういうスイングだから、片手バック(右手の時の)と同じくらい横向きっていうか背中向けるくらいのテイクバックにしないと、打点が取れなさそう。特に、高い打点までをカバーしつつ、低い球にはトップスピンがかけたいとなれば、腰が開くような動きをしてはいけない。

両肩を水平に、そのためには後ろ足の膝をしっかり曲げて、踏み込む右足側は膝を垂直に立てて体の開きをブロックする感じ?

例えばそれで一球うまく打てたとして、その後のリカバリのためのステップとか、遠い球でもフォアハンド並みに返せるとかっていうと、前向きに近い上半身でブロックが上手にできるようにもなりたい。

 

片手バックでやるときには、低めならお腹の前でさばくようなボールへの入り方ができるんですが、両手になるとそこに右手(利き手)が邪魔。

右ひじをたたんで、少しリストを効かせるような感じで捌けばいいでしょうか。

 

肩の筋肉がなく、腕が落ちて=体が開いて来た方がスイング自体はストレスが出にくくできますが、ボールにパワーを乗せるとなると話は別。

 

そうすると、なかなか自分の中ではしっくり来そうな、まるで上手い人のような両手打ちのバックハンドで打てるようになる日は、まだこなさそうです。

カテゴリー: 打ち方オタク | 投稿者ナガキヤスヒロ 08:17 | コメントをどうぞ

軸足は大事だが意識されづらい

軸、というわけですから、「回転の中心」たるべきものです。

ということは、スイングするときには、もしちゃんと振れているのならその中心が存在するはずで、軸はあったはずなんですね。

上半身で言えば、やっぱり背骨ですかね。フォアでもバックでも、背中をきちんと立てている時にはボールの見え方がよくなります。ゆとりがでる。

ボールをよく見ようとして、頭が下がる癖のある人が多いですね。バウンドする場所をみても、そこはボールが変化するところでもあり、相手のショットのリズムをはかる重要なポイントなわけです。だからそこに目線が行っちゃうのは当たり前というか、コーチとしてもよく理解できます。だけどそこは打点じゃないので注目しすぎてもよくない。

腰が折れると軸が折れて、スイングできる量が減ります。ということは、パワーが落ちます。腕に力を入れれば挽回できるんじゃなくて、ラケットのスイングがボールに当たるエネルギーを考えれば、スイング量は無視できませんから、効率よくラリーし続けられるようなレベルになれば、自然と姿勢のいい人の方が増えてきます。

 

しっかりパワーの乗るスイングにするためには、下半身の土台がしっかりする必要も出てきます。エアKのような、空中に飛び上がって強烈なショットを作る事もありますが、強靭な下半身からの力がなくてはやはりパワーは出ないものです。

 

足は2本あるので、どちらかが「軸」になっているはずなんですね。

 

で、軸足っていうのがあるんです。

軸足はどちらか片方、でしょうから、そちら側の一本足でも打てますが、踏み込んで打った方がパワフルになるケースの方が多いですね。これは、軸足の回転運動で打つ、という動作と、回転の受けになる踏み込み足の方へ体重移動する事で、並進運動からもパワーをもらえること、踏み込むことで回転を終わらせる場所を作る事で、スイングやヘッドの加速を促すことになるということが要因になります。

だけど軸足が大事、というのは動作のきっかけになるのはどうしても軸足側だからです。右利きなら、フォアは右足、バックは左足。じつはストロークだけじゃなくて、ボレーやオーバヘッドでもそういう理解でいいと思います。

 

いろいろかける要素はありますが、ちょっと今日はボレーの軸足について述べておこうと思います。

というのは、なかでは一番意識されにくいかな、と思うからです。

シーンによっては、反応だけが出来ていてフットワーク的な動きがない(本当は足の役割があるので、”フットワーク”はあります)場合もあるくらいですから、そうなるのも当然です。

軸足にきちんと乗ってから打つ事と、乗った時に崩れていないという条件を満たしていれば、当たり損ねしなければそこそこいいボレーになっちゃうと思います。

ということは、バランスよく軸足で「一歩前」の状態が作れれば、インパクトの瞬間に当たり損ねないように注意するというか集中することが出来て、それが出来るようになればなるほど「ゆとり」の時間を作っていられることになります。

キュッと立ってパン、と当てる

キュッパン!という一瞬がボールに合わせて足と手で意識できて、全身がどんな感じだったのか、それこそ一本の「軸」が通っている感じがわかりやすくなるはずです。

 

カテゴリー: 打ち方オタク | 投稿者ナガキヤスヒロ 09:48 | コメントをどうぞ