カテゴリー別アーカイブ: 打ち方オタク

テニスの打ち方に対するこだわりを書くとこです
コーチとして勉強してるんですってアピール?

「タメ」のこと

動作上の「タメ」とは、「力を貯める」ことを指します。動作上の決まった部位のシーンではなく、動作が連結するときには、為がある時と無い時では出てくる力に差があります。

images-4

例えばこれは、貯めて伸ばした足腰が先行していて、上体は打点に向かって回転をはじめていますが、腕とラケットは一瞬の間、「タメ」の状態になっています。

このまま上体を回転し続けると腕自体のスイング量はすくなくなり、身体の回転によって腕が付いてくるだけの状態になります。

そうするとタメは使われずに打点がとれたとしてもラケットが逃げていく形になり、ボールにはスピンがかかりやすいけれどもパンチ力がなく、軌道がきれいでも速度が足りない、なんてことになるでしょう。

この写真はフェデラーですが、フェデラーのフォアハンドストロークは世界でも屈指。そんなスイングにはなりません。

images-2

両肩を結ぶラインか、やや後ろに持たれていた腕は、この写真で見られるインパクトではかなり前に来ています。

要するに、一瞬だけ体の回転が先行する事で腕とラケットは走りやすい状態になり、左足側で身体の回転を抑えるとともに胸の筋肉や上腕、あるいは前腕などの屈筋群をつかってスイングを走らせます。この時に筋肉に力をいれて打っているかというと・・・うまくいえないですが、力は使っています。でも力は自然な流れのラインに乗せるまでの形作りのための力で、どこかの筋肉に意識を置いて、そこに意図的な力を入れている、ということはないと思います。

ともかくも、一瞬遅れた形になる事で筋肉はゴムのような性質を活かして加速を促し、ただその方向へスイングするときよりも力が付加されます。それがこの形になった恩恵といえる「タメ」のこと。

djokovic_fore_1

ジョコビッチのこの体制でも、右足に乗ってスイングを始める前の一瞬にタメを作っている訳ですね。移動してきた流れを、右足を軸にして乗ることで、あっという間にタメの形になります。ヒザや股関節はストップ時の衝撃をうまく逃がし、打点へ移動する方向へ体をシフトさせながら、下半身による爆発力になるように同時に備えているってことですね。

IMG_0879

この連続写真は打点の前後までを疑似的に合成したものです。

肘の位置はさほど移動がありません。手首の位置は打点を中心になるように作られていて、打点の前ではヘッドにタメがあり、打点の位置では加速をもらって前に抜けていくようになっています。

手首の位置でのタメもあるわけですね。

最も重要なのが、打点の位置でしょう。打点での成否がショットの成否で、それ以前の準備やエネルギーがコントロールやパワー(〝パワー″もコントロールの一つの要素ですが)への影響する要素です。

適切にラケットを入れられるのなら、抜けるような型を持っていれば、付与できるものはある程度自由になるはずですね。

カテゴリー: 打ち方オタク | 投稿者ナガキヤスヒロ 09:46 | コメントをどうぞ

スマッシュ・苦手じゃないですか

私のもっとも打てるようになるのが遅かったショットが、スマッシュです。

サーブは、最初から打てました(そんなに入らなかったですが)←入れ方が分かるようになるには時間がかかった

要するに「オーバーヘッド」ショットが全体に苦手、っていう事ではなかったんです。

みなさんはどうですか?スマッシュだけ苦手、っていう人もけっこういるんじゃないでしょうか?

 

スマッシュのむつかしい点をすこし考えてみましょう。

・顔を上向きにしなきゃなんない(相手のコートや相手が視野に入らなくなる)

・決め球だと思うほど緊張する

・それまでのラリーのリズムと急に変わって時間が出来る

・じつは打点がよくわかっていない

・タイミングや高さなどが上がってくるロブから測りにくい

・・・などなどでしょう。個人個人でもっと他にも苦手に感じる理由ってのはあると思います。

いまはそこそこ打てます。最強の武器、というほどにはなりません。でもまあ、「チャンス!」とおもって打てるようにはなったかな。

克服したきっかけは、30代半ばに取り組んだ壁打ち練習でした。

テニスコートにある壁打ち場で、垂直の壁、地面はアスファルト。壁際の地面にいっかいたたきつけて、バウンドが壁に当たるとロブになります。

それが、キツいアンダースピンになっていて、ちょっと合わせづらいのも良い練習になりました。

サーブが苦手じゃなかった(その頃はとてもコントロールが良かった)私は、スマッシュがホントうまく当てられない、「打点のよくわからない人」で、空中のどこが打点なのかそれが知りたかったけど、空中の事だから誰かの説明を聞いたからと言ってすぐに出来るわけじゃないことも知っていました。

それで、なぜか(っていうこともないけど)ハイボレーはちゃんと打てました。腕を伸ばして、なんなら当たりの悪いスマッシュよりはよっぽど武器になる。

なんならスライスサーブっぽい打ち方にすれば、スマッシュっぽい速くない球が打てるような日もありました。

それがどういうことか、打点で面を崩さないことが出来れば、そこそこ入るじゃないか、という事だったんですね。

ハイボレーは手首を固めてあって、強めに打ちたいときは手首でなくて肘を軽く曲げて、外旋させます。

IMG_0638

外旋ってこれですけど、これを頭上にあげると、オーバーヘッドのインパクト直前の形になる。

しっかり構えた、サーブでいう「トロフィーポーズ」にはならないですけど、むしろ打点の近くに腕やラケットを”すぐに使える”状態にして待てるという意味ではとてもラケットに当てやすいものです。

それで、打点が分かりたかったから、これで壁打ちをしました。上がったボールを、また壁際の地面に落として、また上がってきたボールを打つ。

それを段々大きいフォームにして、打点がわかるようになってきました。

で、スマッシュが苦手な人って、きっと

ボールをよく見て、エイヤって思い切り振ってるだけなんじゃないの?っていう見方をするようになったら、何割かはいますね。それもたぶん、半数以上。

打点のラケットをまずイメージしないと、ボールをそこに合わせる、っていう発想にならないんじゃないかと思います。

当たったらうまく飛ぶのに、思い切り振っているから、たぶんよく見てタイミングを合わせようとするところまでしかやっていないんだと思います。

打点を中心にインパクトに合わせられるような意識で練習するだけでも、球出しのボールとかならすぐに出来る様になったり、わかった!っていう気になることはあると思います。

そこに自信を持つことが出来たら、実践ではスマッシュが楽しくなるかもしれませんね。

 

カテゴリー: 打ち方オタク | 投稿者ナガキヤスヒロ 13:52 | コメントをどうぞ

ボレーのスイングの特徴

打球するためのスイングには、インパクト面とスイングの長さと角度との関係が必ずあり、サーブやストロークはベースラインからのものを基準に、スマッシュはサーブとともに威力を基準にするためにスイングの長さは必然です。

ボレーも、ネット前から相手コートのベースラインまでの距離に打つことを考えれば、スイングの長さが(ストロークほどではないにせよ)必要に感じることもあると思いますが、

 

ネットを越えてしまえば、相手コートはそこそこ広い

 

ってことを考えれば、そんなにスイングの長さを威力に変えようという動きはなくても良いし、相手ショットのシチュエーションを考えれば、ネットを越えてきてすぐの時間にスイングの長さを取れないシーンも想定できます。

 

それで、ボレーは「振るな」と言われます。

 

しかし実際には、ボレーでもスイングはあり、その質というか、ポイントが他のショットと違うものだということですね。

スイングの長さ=威力ですが、ショットの速度(勢い)と飛距離には別々の要素があって、ストロークやサーブでは、主に速度を速くしたい場合にはフォワードスイングを長くとるか、そこで勢いをつけ切るかする必要があります。

野球の経験者などには、強く打つためにインパクト付近(インパクトの直前から直後まで)に力を込めるというイメージがあるかもしれません。「強く打つ」というイメージなら、野球の経験に関係なくそうなるかも。

インパクトに合わせて力を込めると、打点の向こう側(直後)まで勢いが持続して長くスイングすることになります。それで「強く打つと、速度が増して遠くへも飛ぶ」という打球になる。

テイクバックを長く取り、ということはフォワードスイングの長さを確保しておいて、あまり力を込めることに重点を置かないでできると、フォロースルーを短くすることもできます。そうすると、スイングの方向が変わって回転がかかることにもなりますが、ショットは短く飛ぶことになります。

 

ここまででサーブやストロークのインパクト前のスイング=フォワードスイングの役割が、スイングを加速させてインパクト時の影響に加減を加えることができるっていう説明ですが、おそらく手首は自然にしなやかに使われて、ラケットに適切な加速が乗る方が気持ちよく、狙った通りのショットになる感覚になりやすいものです。

 

さて、ボレーのスイングは、バウンド後のボールよりも減速が少なく、感覚的にストロークのしなやかさを出すと振り遅れになる確率が上がります。

 

要するに腕を加速させて、その後ラケットに加速が移動する、という動きが自然なわけですが、それを待っている時間があまりないというか、速い球がノーバウンドでやってきたときに適さないということになります。

それで、「手首を固定しろ」ってことになります。もちろんコントロールの感覚のためにも面の向きをはっきりイメージできることになるので、そういう意味でも必要なことですね。

 

しかし、浮いたボールをボレーで決めたいときなどには、力を込めて速いスイングをしたいものです。

腕に力を込めると、大きな筋肉のある方が力が強い。それって胴体に近い方になるので、まず腹や肩に力が入り、上腕を使います。そうすると先端であるラケットは一度置いていかれて、戻ろうとするときに威力が出る。

それってストロークの時のしなやかさを出す方法と順序が一緒。間に合えばパンチボレーになってすごい威力で飛んでいきます。それでいて打点としての許容範囲が狭いので、ちょっと手元が狂うとアウトしたりネットに突き刺さったりします。

手首を固定すると、腕が長くなったのと同じような感じ…って言ってわかるかなぁ。何しろ長いものを振るときにはスイングは速くできなくなります。

先端に重みがあるものほど余計に重たくなります。まあ当たり前のことですね。

 

ラケットは静止重量がさほどないので、片手で持って片手の力で自由に動かせそうですが、約68.5cmの長さがあってスイングするとそのぶんのトルクが発生します。重たくなる。

なので、固定したまま崩さないように振ると、肩のあたりに負荷を感じます。ということは、そのくらいの負荷を感じながらそれ以上は速く振らない方が良いです。

 

・・・応援団の人が振っている、旗振りのイメージをしてみましょう。

旗は振れば空気抵抗が大きいもので、ラケットよりも負荷が大きいです。そのために体をぐっと重たくして(重心を落とすようにして)、腕で引っ張るというよりも先端を前に出すようなスイングにして、旗をはためかせます。

一定の力で、一定(と思われる)速度をキープすれば、旗に書いてあることが読み取れるくらいに旗がはためいてくれます。

ボレーのスイングもそういうところに共通する部分が少しあります。

面を安定させたいなら、先端のラケットフェースに風を孕ませながら振るようなイメージができるようになると、体が開いて無理に腕を振るようなところがなくなるかもしれません。

フォア側と、バック側では力の感じ方がまた違うと思います。しかし8の字型に均等に振っているなら、腕にかかっている旗の質量(負荷量)は同じはず。

力を入れて置かなければいけない部位もフォアとバックでは違いますね。

ラケットはちょっとそういう負荷を軽くしてくれる構造(ガットが張ってあって、空気抵抗は少なくなる)なので、もっと軽々と手首の力とかで振れちゃいそうなところに、ラケットの重さと長さが抵抗になっているのに無理しちゃう、ということになりがちです。

 

あるいは、抵抗がかかっているのが体で感じているけど、もっと速いスイングをしなきゃいけないと思って体の力の強い方=胴体に近い方から引っ張ることで体が開いてしまったりしがちです。

 

ともかく、ボレーにもスイングはありますが、ラケット程度の長さの柄を持った旗を、交互に振る程度のものです。そして面は終始安定を求めます。

カテゴリー: 打ち方オタク | 投稿者ナガキヤスヒロ 08:54 | コメントをどうぞ

大きな円と小さな円

最近は私のスイング研究も「そもそも論」に行き当たり、身体というか、腕の動きというか、スイングがどの方向でも持っている共通項があると思うようになりました。

例えば、ボレーの上手い人にサーブの苦手な人がいないとか、スピン系の人はスピン系になるとか、あとスライスが得意だからといってロブやドロップショットのような器用なプレーが苦手な人もいるとか。。。

どこをとっても万人共通のものはないけど、その人の中の共通項があるような気がしています。それって「個人差」であり「その人の持っている感覚の範囲内」でテニスをしている以上、なかなか新しいものを植え付けられない事もあります。

ワタシ自身、なかなかトップスピンが打てるようにはならなかったし、トップスピンを手に入れたとしてもそのあと高さや深さのコントロールまで出来るようになるまでは何年もかかりました。

それで、いまある癖をそのままにしてできないものを出来ないと決めつけるより、身体ってこういう動きをするよね、っていうところに大前提をつくって、そこにある感覚を磨いていけば、新しい世界が開けるようになるのでは、と。

ラケットとボールが衝突するという物理的な要素もあり、また筋肉や関節のうごきという生理的な動きもあり、そしてプレーヤーにはそれぞれ、実際にボールを打つということはうまく打たなきゃとか、むつかしい状況から等のプレッシャーがかかるという精神的な要素もあり、誰でもできることがあるからといって誰でもすぐに得られるわけではないということも分かってきました。

今日ここでは、腕の動きの「そもそも」を記してみたいと思います。

腕は、そもそもスピネーションとプロネーションの動作が出来るようになっていて、それが「モノを飛ばす」ときに上手に加速運動を助けてくれます。
外向きにひねり、内向きにひねり、というような表現が最も簡単ですが、けっこう立体的な動きであって、出来る人にとっては自然ですが、出来ない人(たとえばワタシの左手とか)にとっては力の入れ方の良く分からない、再現するのがむつかしい動作の様です。

野球のバットは、テニスのラケットよりもかなり重くて、自由に力を入れた通りには動かせません。それだけに決まった通り道を通らせるのにスイングの為の「型」を作る必要があります。ゴルフのクラブは、重さよりも「長さ」のために、やはり同じようなことが要求されます。ボールが止まっているから、打席から動けないから、という要素もありますが、スイングする体の方に目を向ければ、重さも長さも自由にならないモーメントの大きさを持っており、スイングに力を入れることで自由にできる事を捨て、型の中で打点を決めていく事が最重要の項目になってきます。

テニスは打点の範囲を広くできなければやはり状況への対応がむつかしくなるもので、適切なスイングを身に着けたいとなると、そこで打点付近(打点の直前と直後)のラケットの扱いがわかるようになってから、その前後の大きなスイングを育てていく方がよかろう、ということになります。

で、身体がそういった自由を作れるのかどうかというのが、じつはその前段階として必要になるのではないかと思っています。

野球のバット、もしくはそのくらいの長さの紐の先にある程度の重さ(500gていど)のおもりを付けて、体の周りをぐるんぐるんと回してみましょう。
バットにはグリップエンドがおおきくなっていることがあって、なかなかすっぽ抜ける事もないでしょうし、ヒモでやるなら、周りに壊れそうなものが無いか注意さえしていれば、手に巻き付けてどっかへ飛んでいってしまう事もないでしょう。

体操の回旋運動のように、大きく腕を回して、腕とオモリ(バットや、紐の先のオモリ)が一直線になっているのを保てるくらいの速度で振ります。

大きな円運動をしている時は、急激にスイングの速度を上げることはできません。大きな円であるだけで、トルクが発生して重くなります。自転車の重たいギアは、速く走るときに使うのと理屈が同じ、だと思ってください。

人間、自分自身が回転せずに回旋運動をするときには、一様のスピードでスイングを出来ないものです。加速させる区間もあり、減速せざるを得ない動き方の区間もあります。関節の動きがおおきくできたりできなかったりするところがそういった要素を持っている訳です。

手の先についた、長さのあるオモリなわけです。(バットも、紐付きのオモリも、そしてラケットでもおなじ)
それは、振り子の先に振り子のついた、二重振り子(すごい前には私は「複振り子」だとおもっていました)では、主となる、内側の円を通る振り子と、子の振り子(主振り子の先についた方の振り子)は、

・回転半径の小さい方(主)が先に加速する
・重力による自然な振り子運動の場合、主の振り子が下端に達するまで加速運動をし、その先は減速していく
・主の減速から、運動エネルギーは子に移り、主振り子の減速に伴い子振り子が加速を始める
・子が主を追い越すと、エネルギーは失われて行って子の方も減速し、運動は終息していく

という順番になっていきます。

furiko

これが、腕とラケットであった場合、このラケットの方に加速が移ったところを利用するとインパクトは楽になり、腕の力は面に正確に当てることや、面の方向を維持することなどに努めることが出来るようになります。それが対応力や再現性などに役立つことになる。

さらに、関節の曲がり方向もあります。もっとも使い出のあるのが肩の関節。

肩関節は「多軸関節」であり、上下左右、内旋外旋などの動きを伴って様々な動かし方が可能です。

肘は一軸関節であり、一つの方向に曲げたり伸ばしたりする。

手首は二軸であり、この動きに軸の制限があることで腕自体の動きにさらに力の入れやすさという方向が明確になります。

フォアハンドストロークの方向に、バットや紐についたオモリなどを振り回してみましょう。

身体を中心に、腕をぐるぐる回しますが、胴体が邪魔になりますから、どうしても水平に回すことにはなりません。

腕が利き腕側を通る時には水平方向であっても、円を継続させていくには、身体をよけるために上に挙げる必要があります。

腕は頭上を通り、再び水平方向へスイングできるエリアに繋がっていくわけですね。

 

腕の関節を見つめると、この頭上での腕の形は内側に巻くような形(プロネーション)しており、肩の高さからもう一度水平スイングになるころには、手のひらが上向きになるように外旋していきます。このあたりで、腕はスピネーションしていることになる。

スピネーションから、プロネーションの動きに繋げていく事でラケットの運動は加速していく事になります。

これって自然なスイングで、ラケットをもってやってみましょうと最初に書かなかったのは、ラケットには面の向きがあって、「そういうことはやっちゃいけない」のではないかと固定概念から制限を付けてしまう人が多いためです。

コンチネンタルグリップで握っていると、ラケット面が打球動作中に上に向いて下に向いてをして、不安定な動作で、テニスコーチなら「そんなに手首使っちゃだめよ!」って言いそうですよね。

それが、握り替えると逆に安定した面の維持が可能になります。簡単に言えばウエスタングリップで握るとそうなります。スイングの方向はじつは人によってまちまちだし、力の入れ具合もぴったり合う人もいれば違和感だらけの人もいると思いますが、野球のバットの重さがあると、腕力優先から重さの扱いを優先するスイングになる事で、ある程度の範囲内に収まることになります。

 

野球のバットも、インパクト中にはボールにアンダースピンがかかる方向に回転するものだし、グリップから言えばインパクト時の「面」を想定するとウエスタングリップに相当する形になっているはず。

 

要するにスイングというものの共通項がある、という発見に至ります。

 

大きな円を描かせておいて、途中の加速が欲しい所では腕を内巻きにすることで回転半径を縮ませることになり、運動が加速します。

そこでスピネーション(回外および外旋)は腕が曲がる方向(だから内巻き)であり、打者がバットを振る前にも腕をたたむシーンがあるし、投手が投げる前の瞬間でも肘が曲がります。

サーブのトロフィーポーズでも肘は90度がおすすめだし、フォアハンドストロークのフォワードスイングでも振り始めで肘を上手くたたむことで軽く加速させることになります。

その、畳んだ腕が「小さい円」。

関節の使い方の話に、物理のはなしをぶち込んでいくとこんな風になります。

 

 

カテゴリー: 打ち方オタク | 投稿者ナガキヤスヒロ 15:11 | コメントをどうぞ

「腹の前」

スイングをする場所ですね。腹の前。

刀を持ったお侍さんをイメージして、
・右袈裟切り・左袈裟切り(言い方あってますかね?→肩口から斜めに切り下げる)
・切り上げ(これも左右ありますね→腰から斜め上に切り上げる)※逆袈裟、っていうかも

そのほかにはレベルスイングである「薙ぎ」があるそうですが、これをぜんぶエアーでやると、「米」ってかんじ・・・ああ、タテの棒がないや

まあ要するに、自分から見て腹の横側で物事は怒らないですね。米という字の中心がみぞおちくらいのイメージでしょうね。

フォアハンドストロークのトップスピンのスイングも、打球方向を考えなければ右手側から振り始めて左肩の上までで、腹の前を通過します。
バックハンドストロークにしてもそう。

スライスのスイングも、言い方は乱暴だけど袈裟切りの方向ですね。打球することを考えなければですよ。

だから、ボールが飛んでくるところとして、腹の前をボールが通過するのならそこは作業性の良い所にボールを呼んでいるということ。

腹の前なら視認性も良いはずです。

人間、作業は机の上でするとか、目の前のパネルを相手にするもの。現実、いまこのブログは目の前、腹の前に置いてあるキーボードをたたいて書いています。

L字型の作業机があっても、椅子を回転させるとか、身体の向きを変えて作業しないと効率が悪くなりますから、わきっちょに置いてあるものはそっちに向きを変えて使うように置いてあるか、主でない作業のためのスペースと思います。

前々回の記事で、ボレーの事を書いたのですが、ボレーって正面向きでも打てるものとは思っています。だけど上体のターンは必至とも思います。
ようするにそれが出来るかできないかは作業時間の問題で、突然打たれたりとか、至近距離から打たれたりした場合にはターンする事で稼ぐ時間もありますが逆を突かれた場合などは腕一本で何とかしないといけない、とかです。基本ではなく対応の仕方。エマージェンシーケースですよね。

体のどこが反応するか、っていうのがうまい人との差であるのかもしれません。

腕を一番に反応させるには、身体は軸として重たくないといけなくなります。ということは重たくて動かせない足を作っていることになります。
さらに、腕の動きに緊張感があれば、やっぱりフォアの方に引きたくなっちゃうっていうのもわかりますね。

足から反応する方が、ボレーなんかは間違えない。相手が打ってから、なるべく早く準備したい事はわかるんですが、腕じゃなくていいですね。動作の最後がインパクトですから。イチニイサンシイゴ。って数えるくらい間があるのが普通です。相手が打った瞬間「イチ」で自分のインパクトが「ゴ」までの時間です。先にボールの方に移動っていうか、向きを作れたら、もうフォアかバックかは決まっています。

右足を蹴って、左足を前に出してジャンプするような形になれば、骨盤は自ずと右向きになろうとします。体をひねるというターンでなく、腹の前のスペース(腕を使いやすいスペース)が右側に生まれるということです。

フォアは両手の間を広げた格好をすれば、そこにボールが入ってくるなら合わせるスイングの想像もつくでしょうし、ストロークにしてもボレーにしても、手の中に持っている道具(ラケット)をどうすべきなのか、打っているうちにいろんなことにトライして良いやり方や悪いやり方に気づくんじゃないかなと思います。

バックは利き腕が前に出るので、飛んでくるボールを見るのに自分の腕がさえぎる空間を何とかしなければいけなくなります。スライスの方が簡単なアクセスになりやすい人も多いのじゃないなと思います。ただし、面の向きをしっかり合わせたりするにはやっぱり慣れが必要だったりすると思いますが。

バック側の動作は日常的でない場合がよく考えられますが、右から左にやってくるものか、左から右にやってくるものか、というだけの違いであれば、同じ机の上での作業だともいえるでしょう。だから、出来る人は出来る。感覚の悪い人もいるってことですね。

だからうんと簡単なやり方になるように腕の通り道を決めてしまって、適宜歩いてでもぴたっと合わせるようにしていく方がバックに関してはやりやすい。打点は身体からちょっと離れたところに作れる方が、バックは打ちやすいと思う人が多いようです。

そうするとテイクバックでは腹を後ろ向き位に作って、腹の前を腕が走ってわたっていって、更に身体から離れた位置にインパクトを作ることで面が安定する場所が発見できたりします。

正面向きの腹の前だけでは、良い打点が見つからないってこともあるんですね。

カテゴリー: 打ち方オタク | 投稿者ナガキヤスヒロ 15:15 | コメントをどうぞ

細かく気にしない事

スイングをどうすべきか、ボールを打っていない時(たとえば素振りの練習をしている時とか)には、細部にこだわって自分の身体操作上のこだわりを発見してもいいでしょう。

そういうところから見れば、実際にボールを打つときが「本番」です。

その時によく考えていたら。。。動作がのろくなります。

それって「雑に打て」ってこと?って言われるかもしれませんが、そう思う人にはそう思ってもらって、くらいの乱暴な感じでも大丈夫。

どうせ、細かく気にしていても、雑に打ったとしても、ミスはします。

それで、ミスをする自分を心待ちにしている人はそんなにいないでしょう。いずれ、狙った通りに打てた時の快感を思い出そうとするはずですから、雑にばっかりも打たないでしょう。

ミスをしないように気を付けるのはいつなのか、ってことがわかれば、それが「雑」でなくて「思い切って」やっちゃう、ってことになりますかね。

思い切って、は全力で、って意味じゃなくてですよ。念のため。出来ることはこれだけ、っていう思い切りです。悩まずに、っていう意味。

要するに、ボールが飛んでくる時間にも限りはあるし、動作のスピードから言っても始まってから終わるまではけっこう一瞬です。

だからこそ、「型」をつくっておくことが練習したことになるはずだし、その型をもって飛んでくるボールに合わせられるようにするかどうかが技術だと思います。

型の練習は素振りで十分だし、素振りでも想定練習が出来ますね速い球が来たら、高い球になったら、どうやってかえそうか、なんて妄想をしながら素振りしていて、家族やご近所に気持ち悪がられる(笑)←それでオタクになっていく、みたいな(笑)。

自分が初心者の頃(よーく考えたら32年前・・・はるか昔)のことを思い出したら、野球でバットを振る経験があったからまだ何とかって感じですが、ラケットはぐっと力を入れればすごい速さで振れるもの、としか認識していなかったなあと思います。

それで、スクールに来る初心者の人とか、ジュニアの子とか見れば、あー、同じかもしれない。と思うわけです。

スイングの途中に気にかけるポイントを作っておくこともいいかもしれませんが、ボールが飛んでくるのがきちんと時間として把握できるようになるにも慣れが必要です。

てことは、ラケットの向きがあらかじめ自信が持てるくらいの位置と向きが作れるようになっていて、打点を通過しながらフィニッシュの所まで一気に持ってこれるようにしておきましょう。

構えの形(レディポジション)
ラケットセット(振り始める準備の形)
フィニッシュ(振り終わった時の形)

の3つの項目が、相手が打って、自分が打つまでの間でピタッと合うように出来るかどうかが時間の使い方じゃないですか。

●正しい反応が出来るようにかまえて、相手が打ったショットに合わせて素早く移動が出来ること。
※ボールの飛球線から予測を立てて、最も打ちやすい場所を想定して動く事

●当てるのに自信のある位置にラケットを持っていられること
※後ろに引いてあることでもないし、力を入れて振る準備でもないです。フィニッシュまで持っていきやすいことがスイングそのものだしその途中でどうボールに当てられるかがわかればコントロールの意識がしやすいです

●バランスを失わずにフィニッシュ出来る事
※構えからフィニッシュまでのラケットの動きがスイングなので、ボールなしでそうやって振ったとしても何となくどこにボールが飛んでいく事になるか想像がつくはず。で、その通りに実際のボールが飛ぶかどうかが問題なのであって、ボールを見ながら「??どうしよう?」っていうメンタルになるようだったら、フォームなんてないはずです。

上手い人はスピードのあるショットでもコントロールするし、相手がそういう強いボールで攻めてきてもしっかり自分のボールにして返せます。

それってどういうことかっていうと、「何をどうすればいいかわかっている」から「間違えないようにやる」ことに集中できるわけですね。
そんでもって訓練されているから、「出せ」といわれた技術が迷わずに瞬間的に形になるだけのこと。

型は、やり込む程に筋肉が記憶していきますから、考えないでも出来るようになります。筋肉の記憶は、書き換えるとなると面倒ですが出来上がってしまえば自動的に体が動くので、ボールを見て合うように動作を合わせていく事に集中できる。動作というか、打球という仕事が簡素化されていくので、むつかしくもないし重労働でもなくなります。

だから、たくさんボール打った方が早くうまくなるだろうし、目標を持った練習の方が効率もいいだろうってこと。そのなかで、自分がどんな動作をすべきなのかをなるべく簡単なパターン認識が出来るようになることで、いろいろなシーンへの対応を磨いていけばいいわけです。

カテゴリー: 打ち方オタク | 投稿者ナガキヤスヒロ 09:19 | コメントをどうぞ

ボレーボレーに課題を

ボレーボレーは、ラリーの中では最も近距離で行うラリーですから、打って構える、かまえて反応する、反応して打球するのテンポが速く、リズミカルに動く事だけでも良い練習になるので、長く続けられるだけでもいい、という要素があります。

レッスンでは、インドアコートで人数が多い場合に仕切りネットの裏側でやってもらうメニューによく悩むのですが、打球感覚の為の練習や、小さくても動き続けられるように課題のある練習を与えることが多いです。

すごく狭いスペースに4人くらい入れてしまう事もあるので、そういう時にやってもらうのは、中級以上ではないですが、バックボレー同士、フォアボレー同士という風に縛りを付けてやってもらうことがあります。

バックボレーとフォアボレーは、構えの形から打点までのアクセス方法に特徴があって、動く量を平均にするために大事な下半身の動きが必要になります。

身体がターンしてくれるとすごく楽になる、っていうことなんですけど、以下に解説します。

まず、ボレーの構えって、ちゃんとしてますか?よく、「ヘッド上げとけ」って言われると思いますが、ある程度は楽な形でいいでしょうが、ヘッドが倒れていたり、とくにベルトよりも下がって構えていると、テイクバックするのに水平方向に引くことになってちょっと反応を間違えられなくなります。

正解はだいたい45度くらいの角度にして胸の前にラケットがあるくらい、ですね。そのくらいで中立です。地面に垂直に持っている必要はありません。右手で真っ直ぐタテにして、それを左手の手のひらに向かってパタッと倒したくらいの形で持てると自然でしょうか。

ちなみに、自然にコンチネンタルとかそれに近い薄めのグリップで持ちやすくなるのもこの形です。

そこから、お腹の前で、水平っぽく持つようになると、手の甲側、バックハンドの面が上向きになります。角度を変えたとしてもそんなに大きな角度じゃないですが、そうするだけでもうフォアの面が消えた感じがします。

バック側にボールが飛んでくるのが見えた瞬間はまずこの面を倒してバック面を意識しやすい様にすると良いようです。
スイングってのはストロークだろうがボレーだろうが、お腹の前で出来るようにするもので、その位置で処理できるものは視認性もいいし、再現性も上がります。

ということは、そのままお腹の前をボールが通るようにターンする事で、バックボレーのテイクバックになります。
肘から先はお腹の前にありますから、バック側の面が上向きなら、ラケット面は身体の左側に来ているはずです。(右利きの場合)

ターンする事でラケットは後ろに行くことになりますから、当たり前ですが右肩は前に出ます。肩が入った形。

なんだかむつかしそうな感じに書きましたが、そうやって慣れない動きを最初からは出来ない事もあるので、近距離でやってもらう事にしています。

そうすると、上向き面で、身体の正面に近い左側でふわっと上げるだけでいいので簡単です。とはいえ手の甲側の感覚なんてない人がほとんどですから、よっぽどむつかしかったら手投げ対バックボレーとかでもいいかもしれないですね。

でも、ある程度感覚があるレベルだったらその縛りのなかで頑張ってみてほしいです。ミスはしてもいいわけだし、狙いを持たせることで「やらなければいけない事」ていうか「できなければいけない事」みたいな感じがして動作の目標がシンプルになります。

言い換えればその課題だけをクリアすればそこで続けられるようになるので、一つだけ壁を乗り越えればいいんですね。

そのあとにフォア同士でのボレーボレーのメニューです。

構えの形が、胸の前で45度の角度だとしたら、バックボレーが上向きになるまで40度も動かさないですね。

フォアボレーがバックボレーと同じように上向きの面を用意しなければならないとしたら、フォア側の方が遠くて不利になります。

そうすると、フォアは右肩の脇くらいまでで、そうすると90度ってわけにはいかないですが、、もうちょっと右手側にするくらいのタテで十分です。
何故ならそれだけでボールの通り道に充てる「お腹の前」が空いたから。

正面向きのままだと、ラケットのエッジが相手に向いていて、面が当てられない形でしかないですね。

だから、ターンするわけです。

ドッヂボールの、正面に来たボールをひらりとかわすような感じでフォア側にボールの通り道を作ったら、それだけでもう相手コートに面が出ますし、身体のアクションでフォアバックの判断をするようになりますから、間違えない。

ラケット面は立っていますから、低めのボールを打つことになります。お腹の前には、右手側から左手側くらいまで、面の向きを安定させながら動かすスペースがありますから、ゆっくり送るようにして低い球同士でボレーボレーすることになります。

手でラケットを「引く」という力を入れようとするから、許された時間の短いボレーではその構えと反応は重要な項目になってくるわけですが、

手では得意な「フォア」に引こうとする力をつい入れてしまいがちで、反応してからやっぱりバックだった、なんていうことにもなります。
身体で(ということはフットワークになっているってことだと思いますが)反応できるなら、見た方に動こう、っていう「見るの待ち」と素早く反応とのことで、ボールに対して素直に右を向くか左を向くかを見るようになります。

身体がターンする事をリズムの中に入れられそうだったら、もう普通にボレーボレーしましょう。

大事なのは、正しい反応の仕方…言い方が良くないですね。テニスの上手い人と同じような反応の仕方が出来るようになること。

お腹の前のスペースにボールが入ってくるのがわかるようになったら、ラケットに当てるのはそんなにむつかしくない事もわかりますし、けっこう時間的な余裕も出てくると思います。

優雅に美しいボレーボレーができるようになるかも!

カテゴリー: 打ち方オタク | 投稿者ナガキヤスヒロ 09:47 | コメントをどうぞ

スライスが打てるように

子供の頃から野球で遊んでいたせいなのか、私自身はテニスを始めた最初の頃からスライス(か、それっぽいもの)が打てました。

むしろ「下から上」に振るトップスピンの方が不安定で、大学に入った頃、しばらくはトップスピンで打球するのを諦めていたくらいです。

しかしその頃、テニスコーチのアルバイトを始め、もう人生の半分以上がテニスコーチの仕事に関わっている中で、スライスという壁があることがわかりました。

スライスはこのブログの中でも、「ちゃんと教えることが非常に難しい球種」であることを書いてきましたが、本邦初公開(?)効率的なスライスの導入法を考えてみたいと思います。

 

 

スライスの導入には2つあって、タッチの感覚を使うものと、スイングの作りからいじっていくものとがあります。

感覚のいい人なら、同時にやってもできるのかもしれませんが、そういう人は、教えたコーチの腕前というよりも「見よう見まね」が自分でできて、なんとなくできていくうちに上手くなっていくタイプだと思います。

さて、まずは・・・

その1  遠目の低めでボールタッチ

IMG_0121PCならクリックで拡大

大また一歩で届くところに、低めにボールを落とします。ちょっと時間がないくらいの方が、スライスの特性を引き出しやすいので、ゆっくりちゃんと、ってやらないことがボール出しをする人のコツ、かな

プレーヤーは脚を大きく使って、手も伸ばして、「遠い」という状況の中でラケットにボールを当てます。

当てれば飛ぶはず。

飛んでいくボールが、パーンと強めに弾くように当てられることと、ネットをできるだけ低く越えていくように面の向きを合わせながら調整します。

細かい振り方や、動作の微妙な部分には絶対にこだわらないこと。

できていないうちはできていませんし、細かくやり方を聞いたからといって時間のない中で再現できるようにはなりません。すごくシンプルで、このノートにも小さな図が載っていますが、レディポジションから、一発でこの形になれるようにならないと実用性がないので、一歩脚を出して遠目の打点に腕を伸ばして面の角度を作るだけです。

コーチのデモンストレーションも、それ以外にやらないこと。当てるだけで結構強く飛んでいきます、っていう「簡単ですよ」っていうように見せられれば、説明の大半は省けます。

「上から下へのスイング」とか「切るように振る」とか「肩を中心に腕がどうたらこうたら」とか「実は面は垂直」とか、スライスのヒントって色々ありますが、どれも概念的なもので、できている人を観察していればそんなように見えるだけで、それがどうやってボールをタッチするのかを表現できていないか、あるいは「できない人」にわかりやすくなければただの事象の説明です。

スライスは非常に多様なテクニックを持っているので、スライスの「良い球」ってどれのことを言うのかは実ははっきりしません。

この練習では、「ドライブ系のショットでスイングがうまく届かない」ような状況下での「遠い打点はスライス面が得意」ということに着目して、動作や形の違いがはっきり出るようにする導入です。

 

これでタッチしたボールがネットすれすれにいく「ラケットの出し方の角度」と「当たるラケット面の角度」が両方適している条件を満たすようになれば、

①ドロップショット拾い
で実際に走っていっても手を伸ばさないといけない状況での利用

をすればラリー中のシーンに合わせてイメージができるようになり、

②アプローチからボレー
の練習をして、その低い打点から腰くらいの高さまでのボールにタッチを合わせるようにすることと、ボレーの面の出し方もタッチの仕方を参考にして、同じようなショットになるように合わせられるようにしていく

打点の高さが変わった時に肩の向きで調整すれば高さを変えられる
ワンバウンドでとるときと、ノーバウンドでボレーする時に打点に入ってくるボールの角度で面を合わせられるようにする

という2点がわかるようになります。スライスの面で低めにシャープな当たりができるようになることが最初で、その当たりが分かっているうちに高さの違う打点へもトライするってことです。

その2
野球スイングでホームランを打つ

IMG_0122
この図は「バックハンドスライス」に合わせて「左打ち」の表現です

図の下の方に、手とグリップの絵がありますが、ヘッドが走るように振ることと、その位置で打点を迎えることです。

野球選手のバットスイングは、体が先行するなんてことはありません。ラケットのように軽々とは振れない重さがあるため、とも言える要素があります。
テニスのラケットは軽いので、体が引っ張っても、腕から振り出しても、そんなにタイミングが変わるようなイメージがないと思いますが、バットの重さで、もしも片手でスイングをするとなると、上体を突っ込んで打つような、「体で引っ張るような」力の入れ方をすると、バットのタイミングはすごく遅れることになるので、飛んでくるボールに合わせるのはすごく難しくなるはず。

なので、体を軸に、スイングが綺麗に円?を描くようなスイングになります。

野球の経験がなくても、実際にバットを振ってみるとか、シングルススティックなどの長くて重いものを振ってみれば、重さに任せて振る必要があるってことがわかると思います。

それで、まずはホームランをかっ飛ばしてみましょう。

当たればよく飛ぶ、というのはスライスのスイング方向から見れば、わかりやすい部分なんです。だから、よく飛ぶのを抑えたスイングにするとか、スイング幅は小さくても十分にコートに入る訳です。

それで、気持ちよくかっ飛ばしたら、今度はスイングを全体的に

「前下がり」に傾けて行い、低めのボールが出ていくように角度を変えます。

IMG_0123

 

ホームランを打つつもりのスイングと、右肩下がりの図です。

軸がまっすぐだと、この図の上の絵のように大きく振り切ることができますが、腰が少し折れて、傾きがあると最後まで振れなくなるものです。

低めに出るボールの感覚がわかったら、今度はスピードのコントロール。

ロブや、ドロップショットなどで長さの調節をすると、全体像が見えてきます。速度の出し方、またはスイングスピードよりも遅い球になるためのタッチの仕方などです。

バットを持った手首の絵の動きがわかるかわからないかが、このパターンのキモになると思います。

カテゴリー: 打ち方オタク | 投稿者ナガキヤスヒロ 08:40 | コメントをどうぞ

ボレーの反応とフォーム

スクールでクラスを担当していると、上達が目に見えて感じられるのはどちらかといえばストロークの方。例えば、私がお世話になっているアルドールでは、クラス分けはC1〜6までのクラス設定がありますが、1が初心者、6が上級者というクラスだとして、けっこう4くらいまではボレーに不安を抱えるような人が多いものです。

印象としては、2や3ではストロークを強打しても狙ってこれる人が増えてくるのに対して、ボレーはその反応や対処に感覚や技術が追いつかない、というようなイメージがあります。

ボレーには

動き方はとてもシンプル、というできる人にとってはとても簡単じゃん、という項目があります。

いっぽうで、『ノーバウンドはリズムがわかりづらい』『相手が打ってからの時間が短い』などのボレーを難しく感じる要素もありますね。

例えばボレーを、フォアだけで取るようにルールがあったとします。ネットの相手には利き手側にしか打ってはいけない、などの制約があるとか?

そうすると、フォアかバックかを迷う時間はなくなりますから、うんと簡単に感じるようになるかもしれませんね。

正面向きで対応できるのなら、それが楽かもしれません。

そうすると、ソフトテニスの経験者(前衛)の人が「硬式のボレー」は難しいと思っているかもしれないけどネット前でのボールは全く怖くないとも思っている面があるのもうなづけます。

ここいら辺に、けっこうヒントがあると思うんですよね。

人間、ラケットのような道具を持てば、そのフェースに表裏を感じるのは自然なことだと思います。

自然、手のひらがある方を表、とするように道具の使い方を自分の中で決めるでしょう。

自分の体からの感覚でそういうことを基準にすると思います。

ラケットにボールが当たる、ということも、「手のひらでボールをキャッチする」という感覚と同じような手のひらの器官(感覚器官)を使っているはず。

IMG_0113多分これ拡大できます

野球のグローブを使ってボールを捕球するときは、人差し指と親指の間にあるネットのところを使ってボールを取ると、うまく真ん中にボールが入ってきた感覚になります。

そもそも、手のひらの中心って、どこだか知っていますか?物理的な中心点ではなくて、感覚の中央です。

人差し指の付け根の部分です。

だから、グローブで捕っても、直に手のひらで捕っても同じような位置にボールを感じて捕球しているはず。

ラケットの持ち方も、人差し指と親指の間にネット(ラケットフェース)がやってくるように持っているはずですね。(ノートの下半分)

フォア側のフェース、バック側のフェースは持っただけで意識されています。

厚いグリップで持てば、手のひら側を向けたのと一緒。ソフトテニスの前衛さんはそうやってものすごい早い反応でボレーします。さっき書いたように、フォア側だけで取る、というルールみたいなもんですね。

手で(グローブで)捕球する時は、上半分の図にもあるように、体の正面のボールには親指側が下になるように傾けて、利き腕側の外側にボールがくるときにはその逆に動かすことで、体は動かなくても取れる範囲があります。

その時にそんなに判断に苦しまないですよね。自然に手の形を合わせると捕れる。

ラケットを薄いグリップで持てば、それがフォア側かバック側かの判断にも使えるってことです。

ただし、体を正面向きにしたままではストリング面がボールに向かないはずですね。小指側のラケットのエッジが前に向いているはずです。

ボールが遠目を通るようなら、追う形になるだけで、近くにくるようならドッジボールで狙われた時に避けるような要領で、体を横向きにして、ボールの通り道をなぞるようになるはずです。その時にフェースが初めてボールの方に向きますね。

 

ボレーのときに、体をターンするように、と言われますね。横向きになることを先にやると、ラケットを引かなきゃいけない、と勘違いしやすいところなんですが、お腹の前にボールが通るところを作りたいんです。

フォア側だったら、右肩が後ろになります(右利きなら)から、そんなにちゃんと横向きでなくてもいい場合もある。腕が肩よりも後ろにならないなら、そんなにボールに負けない腕の形を作ることができます。

バックは、親指が下側になるようにすると、バック側のフェースが一度上むきになりますが、お腹の前になっているはずなので、右足を前に出す(=ボールに届くように足を出す)ときに左肩のあたりに引き上げる動作をすると、面が立つようになります。

動き全体を見れば、ラケットを引いているような形になりますが、実は動作量としてはかなり少なめ。いわゆるコンパクトなテイクバックというやつですね。

ボールに時間がない、ということもボレーの動作の時には感じやすいことですが、その時間があるかないかは、足の動きで測るようにしましょう。

常に、ボールにむかって足を出すようにする。

目でよくみて測ると、脳みそが騙そうとしてきます。近くにくるボールは実際よりも速く見えたりするものです。目から入ってくる情報で、正面や近くに迫ってくるスピードには、衝突の危険がありますから、脳内で切迫感を出そうとして緊張します。そのせいで実際よりも焦ってしまいがちになります。

だから、目で見たとおりにやったつもりがうまくいかなかった、という経験はみなさんあるはずです。ネットから至近距離で決めたつもりのショットがありえないネットミスになったり、速く振ろうとしてアウトしちゃったりしますね。体がやろうとしているタイミングと、そこを飛んでいるボールとのタイミングが合っていないんですね。

速い球が来たら、足を動かす時間がないはずですが、ボールを避ける感じのターンができれば、打点を奥の方に取っても大丈夫になるはず。それが時間になります。手を伸ばして取る時には、ターンも必要ないですね。

バック側に来た場合にも、肩で躱せば面が出るはずだし、手をそっちに伸ばそうとすれば肩は回ってしまうはずです。前に振らないと飛ばないわけじゃなくて、面に当たって跳ね返るように力が入るならそれでいいわけだし、感覚があるなら狙った方にも行くはずです。

威力が欲しければテイクバックで高め準備できれば、ラケットに勢いをつけられるようになります。

 

カテゴリー: 打ち方オタク | 投稿者ナガキヤスヒロ 10:28 | コメントをどうぞ

手足がバラバラに

ショッキングな事件、のことを書こうとしている訳じゃありません。

良いタイミングで来た球を、打ち込もうと思ったら身体がうまくいうことを聞かず、イメージは良かったくせにミスヒットしてしまった時のようなことです。

先日このブログで書いた、「打点に足で入る」がうまくできていないと陥りやすいミスなのかもしれませんね。

普段のラリーや練習でストロークを打つときには、横に動いてボールを処理するというイメージを持ちやすいものです。

そこで、「スペインドリル」というサイドステップを使って前後左右に動く、と紹介された練習を知った時に、「これは大事な要素を持ってる練習だな」と痛切に感じたのを覚えています。以前にウイルソンから発売されていた教材ビデオの「ダブル・リズム」と記憶が被っているかもしれません。

ショットの要素…コントロールの要素には、5つある、ということはこのブログでも何度も書いたことですが、威力・左右・高低・深さ・回転はコントロールされるものです。

それを、ボールを見極める要素にも使えばいいってことです。相手はそのショットをどのように打ったのか?

そうすると、右に行くのか左に反応するのか、後ろへ下がるのか、前に出るようにして対応するのか、ということもわかります。

だから、左右に(横に)反応してボールをとる、というイメージだけではどうしても打ちづらいショットがあちこちに来るように感じてしまうはず。

普段は横に走ってショットを打つから、自然に横向きに走っていて、スイングの為のターンは知らないうちになされている訳ですが、自然にできているがために意識されていないことが多い。

だから、チャンスボールを追ってコートの中に、前向きに走った時に自分の姿勢がうまくできていなかったり、前向きに走っているのにいつも通りの位置にラケットを引こうとして身体が開いた状態になっていたりします。

それで、いつも通りのタイミングで身体を使うと、身体だけが先行して腕が遅れてしまう、という事態に発展します。

それが、手と足がバラバラになったような感じのミスショットを生んでしまうということですね。

軸足の上で、腕が前に出ていてインパクトの形になる。当たったラケットを腕が支えて、腕を肩が支えて、肩は腰とつながっていて、軸足から生まれる回転が反映されるパワーの伝達になります。

軸足を中心に体の動きが意識されているというか、形の約束を持てるようになれば、勝手にバラバラにはなったりしないと思いますが。。。

カテゴリー: 打ち方オタク | 投稿者ナガキヤスヒロ 15:09 | コメントをどうぞ