さあ挽回!

台風10号が四国に接近中。

各地の被害が最小限となる事をお祈りします。

 

さて、今、時の人と言えば

渋野日向子選手ですね。

二十歳にして全英ゴルフ優勝。

ゴルフの事はよくわかりませんが、かなりスゴイ事のようです。

 

彼女の魅力(強味)は何といっても

「笑顔」

これはどのスポーツにも共通して大切なことだと思います。

 

また、好成績の根拠の一つがバウンスバック率。

「バウンスバック」とは、直訳すると「跳ね返る」「立ち直る」という意味で、ゴルフ用語ではボギーまたはボギーより悪いスコアを出した次のホールでバーディ以上のスコアを出すことをバウンスバックと言うそうです。

国内女子ツアーで8月4日現在のバウンスバック率1位は、渋野日向子選手で26.0563%。2位の河本結選手が23.6686%なので、約2.4ポイントほど上回っているそうです。

これは全英オープンの時の成績ですが、2回バウンスバックに成功しています。

「失敗を直ぐに取り戻す」

 

でも注目は、それ以外のボギーやダブルボギーの直後のホールで全てパーを取っていること。

「失敗を最小限に抑え耐える」

 

 

 

これはテニスも同じですね。

テニスは必ずと言っていいほどミスをするスポーツです。

ダブルフォルトやアンフォースドエラー(凡ミス)をした後に、ガタガタっと崩れ致命傷となるか、かすり傷で終わるかが問題ですね。

 

そこで大切なのは気持ちを切り替える事。

渋野選手の「笑顔」はきっとそんな効果もあると思います。

 

テニス界でも杉山愛選手が現役の頃、ミスをした直後にパートナーと笑顔でハイタッチをしているシーンを何度も見ました。

笑顔でいると

「仕方がない、さあ挽回!!」

と前向きな気持ちやポジティブな発想が浮かんできますよ。

上手くいかない時、ちょっと思い出してみて。

 

今日の1曲

Jan & Dean - Surf City

ならき あきお

≪名古屋テニスクラブ テニススクール≫

 

 

 


カテゴリー: 未分類 | 投稿者茨木コーチングスタッフ 11:23 | コメントをどうぞ