日別アーカイブ:

日本で国際大会を開くには?その2

ミスターTです。

以前、日本で国際大会(ATPチャレンジャー80格)を開くには、賞金やホスピタリティとして1,000万円以上の資金が必要という話をしましたが、じつは日本で国際大会を開くにはもう一つ大きな壁があることをご存知でしょうか?
今回はそれについて話をしたいです。

結論から言うと、日本のテニスコートの45%を占めている砂入り人工芝コートをハードコートやクレーコートにしない限り、国際大会のうちチャレンジャー格以上の大会は開けません。

これは、ATPやWTAがコートサーフェスはハードコート、クレーコート、グラスコート、屋内カーペットコートのいずれかで行うことがATPやWTA各大会の条件になっているからで、砂入り人工芝コートではITFが運営するトランジション・ツアー大会(女子では一部のサーキット大会も砂入り人工芝コートで行われるが)しか開催できないのです。

ここで疑問。なぜ砂入り人工芝コートは依然多く存在し、そして無くならないのでしょうか?

一つ挙げられるのは、ソフトテニスとの絡みで、ハードコートではソフトテニスの試合ができない規定があるということが理由としてあるようです。

日本ソフトテニス連盟が試合会場として認可するコートサーフェスはほとんどが砂入り人工芝コートで、あとはクレーコートでしか試合を開催できません。例外としてインドア大会では体育館のフロアを使うのですが、基本的には砂入り人工芝コートで試合を開催します。

つまり、この砂入り人工芝コートの問題を解決しない限り、日本で国際大会を開くことが難しいと言えるでしょう。

ミスターTでした

カテゴリー: 過去の企画たち | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。