サーブ練習会からわかったこと

ミスターTです。

今回は、日曜日に参加したサーブ練習会のレポートをしたいと思います。

わたくしにとって今喫緊の課題であるサーブ。いつもいつもフォルトばかりで入れるのが大変なので、まず第一段階として自分のサーブの問題点と解決策を学ぶために練習会に参加しました。

結論から言って、特にフラットサーブのチェックポイントは4つあります。
1 手首を固めない(リラックスさせる)
2 肘を肩より上に上げ、手首は肘より低い位置にあることが理想
3 左右の肩が打つ際に入れ替わるか
4 トスアップ時に膝を曲げ、膝→胴体→腕→ラケットと伸び上がって打てるか

わたくしのサーブの問題点は、手首が固まりやすく、打つ際にラケット面が上向きになってしまうこと打ち終わりの腕が下がりやすいことです。

また、わたくしはどうしても素振りは良いのですが実際に打つ段階ではフォームが崩れやすい傾向があること、肘の向きが完全に真っ直ぐにならず、打つとどうしてもスライス回転がかかりやすい癖がついていました。

まだまだサーブ力向上は望めないので、まずは正しいフラットサーブの打ち方を学ぶ必要があった日曜日でした。

ミスターTでした


カテゴリー: ミスターTの今日の一言。 | タグ: , | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。