フェデラーなど、欠場表明する選手達!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

ロジャー・フェデラーが自身についてアップデートした情報をSNSで発信しましたね。

右膝の痛みに悩まされていたらしく、なかなか治らないことから内視鏡手術を受ける決断を下して、それを先週の金曜日に祖国スイスで行ったんだって。

その治療とリハビリのために、芝のシーズンまで全ての大会をスキップする決断に至ったって報告してました。

そのためフェデラーは、去年獲得した多くのポイントを失うことになります。

ドバイ優勝の500ポイント、インディアンウェルズ準優勝の600ポイント、マイアミ優勝の1000ポイント、マドリッドとローマはそれぞれ180ポイントずつ、全仏オープンでは720ポイントを失います。

トータル3180ポイントも失うことになるから、単純計算でランキングも7~8位前後に後退するのではって考えられます。

得意の芝のシーズンでの復帰を予定しているんだけど、内視鏡手術は回復が早いはずだけど、そこまでじっくり時間を費やして万全な状態で芝のシーズンに入りたいって言うことは、ウィンブルドンは本気でタイトル獲得を目指してくるのでは?って感じね。

また今年は東京オリンピックがあるから、通常より大会が増えることもあるし、オリンピックも視野に入れての決断なんじゃないかなって思います。

このところ怪我からの復帰が長引いてる選手をお伝えしているけど、男子世界ランク5位まで上り詰めたケヴィン・アンダーソンも来週開催しれるメキシコのアカプルコでのATP500大会の欠場と、3月に行われるインディアンウェルズとマイアミのマスターズ1000大会の欠場を表明しましたね。

アンダーソンはシーズン開幕からATPカップに出場して2勝1敗の成績で、その1敗はノヴァーク・ジョコビッチからのもので、その他の試合はしっかり勝利するまずまずのスタートを切ったの。

でも全豪オープンでは2回戦敗退、今月のニューヨーク・オープンではまさかの初戦敗退を喫してしまっていたの。

それからジョー=ウィルフリー・ツォンガもインディアンウェルズの欠場を表明。

ツォンガはシーズン開幕戦のドーハでは初戦敗退。続く全豪オープンでは1回戦途中で腰の痛みから棄権敗退。その怪我の治療から今季最初のマスターズ1000大会をスキップする決断に至ったみたい。

みんなしっかり怪我を治して、また元気なプレーを見せて欲しいわね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 19:20 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ベレッティーニの復帰は?!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

昨シーズンにブレークしたイタリアのマッテオ・ベレッティーニの復帰が長引いているわね。

シーズン開幕と同時に、今シーズンから始まったATPカップを腹筋の怪我を理由に欠場したベレッティーニは、その後にエキシビションであるクーヨン・クラシックに出場してから全豪オープンへ臨んでいたの。

でも全豪オープンではまさかの2回戦敗退を喫してしまって好成績残せなかったの。その後も公式戦の舞台には立っていなくて、今週行われているブラジルはリオデジャネイロでのリオ・オープンも欠場してるの。

そして来週開催されるメキシコはアカプルコのメキシコ・オープンに初出場を予定していたんだけど、それも欠場を表明しましたね。

選手は好調の時に限って怪我をしがち。試合数も当然増えるし、好調だからどんどん大会にも出たくなるし。

ベレッティーニも体への負担がかなり大きくなって行ったんじゃないかしら。1日も早い復帰が待たれるわね。

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

毎週恒例の、日本人選手のツアー下部大会での活躍です。

女子では、エジプトの100,000ドルのサーキット大会では、内藤祐希選手が1回戦敗退でした。第5シードの奈良くるみ選手がベスト8でした。

アメリカの100,000ドルでは、日比万葉選手が1回戦敗退でした。

フランスの25,000ドルでは、予選を勝ち上がった宮崎百合子リリー選手が2回戦敗退でした。

トルコの15,000ドルでは、永田安里選手がベスト8でした。メキシコの15,000ドルでは、相川真侑花選手がベスト8でした。

ニュージーランドの25,000ドルでは、第3シードの佐藤久真莉選手、第6シードの力石優衣選手、細沼千紗選手、江藤直子選手が1回戦で、秋山みなみ選手が2回戦敗退でした。清水映里選手が優勝しました。

男子では、インドの162,480ドルのチャレンジャー大会では、第3シードの杉田祐一選手がベスト8でした。

アメリカの54,160ドルでは、綿貫陽介選手が準優勝でした。フランスの46,600ユーロでは、第9シードの守屋宏紀選手が2回戦敗退でした。

カザフスタンの25,000ドルのフューチャーズ大会では、第4シードの野口莉央選手が2回戦敗退でした。

トルコの15,000ドルでは、羽澤慎治選手が1回戦敗退でした。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 17:37 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


キム復帰戦黒星&クルニコワの出産

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

キム・クレイステルスが復帰を果たしましたね。ドロー運転が悪かったと言うか、全豪オープンで復活を印象付けたガルビーニェ・ムグルサと対戦しました。

試合でとても気になったのは、ダブルフォルトの多さと・・・ふくよかになった体かな。

ダブルフォルトは、きっと試合を重ねて行って試合慣れしてくると徐々に解消されると思われます。

事実、第2セットもいきなり2度のブレークを許して0ー3とリードされるも、そこからのプレーはかつてのプレーを彷彿とさせるラリーが増えて来ました。反撃してタイブレークへ持ち込んだけど、一歩及びませんでしたね。

伊達公子さんが復帰した時は、体がかなりフィットしていて解説者や専門家はそれに驚いていたほど。正直、もうちょっとフィットしていると期待していたので、何度もお腹に目が行ってしまいました。

それでも動きへの支障はあまり感じませんでしたね。フォアハンドはかなり強烈な印象でした。

本人もそこそこ満足していたようで、「コートでは良い感触だった。何と言うか、安堵と言うわけではないけど、コントロールできたスピードの感覚を感じられている。第2セットは試合に本当に入り込んでいたと感じた。ポイントで主導権を握っている瞬間もしばらくあった。第1セットの落とし方から第2セットで反撃に出られた流れなどは、自分のテニスのようだった。それは次の試合へ向けて前向きに考えられること。」って試合後に感想を語ってました。

次の試合が益々楽しみになって来たわ。

.
.
.

かつてのテニス界の妖精と言われたアンナ・クルニコワが交際を続けているエンリック・イグレシアス氏との間に第3子となる女の子を出産しました。

クルニコワは1月30日に出産したんだけど、そのことを先週自身の公式インスタグラムで報告してました。

婚姻はいていないクルニコワとイグレシアス氏だけど、二人には2017年に双子の息子さんがいるから、今回の赤ちゃんは3人目の子供と言うことになるわ。

二人ともこれこらもお子さん達とお幸せに!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:58 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


青山・柴原組優勝&初優勝を飾った選手

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

2月15日のブログで紹介した日本人女子選手達だけど、タイのホアヒンでのタイランド・オープンの準々決勝で、世界ランク4位で第1シードのエリーナ・スヴィトリナをストレートで下してベスト4進出を決めました第8シードの日比野奈緒選手。

その後行われた準決勝では、予選を勝ち上がった世界ランク283位で19歳のレオニー・クングと対戦してフルセットで敗退でした。

それでも今日発表の世界ランクでは、9位上げて75位へ上昇させましたね。

そしてロシアはサンクトペテルブルクで行われているWTAプレミア大会では、ダブルスで第1シードの青山修子&柴原瑛菜ペアが優勝しました。

今季初優勝を飾った両者だけど、これは青山選手に取って12回目、柴原選手に取っては3回目のタイトルとなりました。

柴原選手のタイトルは全て青山選手とのものだなら、これが二人の3度目のツアー優勝ってことね。

今日発表のダブルスの世界ランクでは、両者共に自己最高位を更新して、青山選手は24位から21位へ、柴原選手は29位から25位へと上昇させました。

.
.
.

先週の大会でツアー初優勝を飾った選手が。それは、アルゼンチンはブエノスアイレスで行われたATP250大会でのカスパー・ルード、21歳。

ノルウェー出身のルードはこの優勝で色んな歴史を刻んだの。

まずは、ノルウェー出身男子選手として初めてATPツアーでトロフィーを掲げた選手となったの。

そして、実の父親で元ATPプレーヤーだったクリスチャン・ルードが持っていたノルウェー人としてATPランキングの最高位である世界ランク39位を塗り替えて、今日発表の世界ランクで34位を記録したの。

ルードは21歳にして、お父さんを越える選手となったってことね。

ルードは去年の2月には135位にいたんだけど、シーズンを54位で終えるなどブレークのシーズンを送ったの。そして今季は早くも自身初優勝を飾り更にランキングを上昇させているわ。

今後の活躍にも期待が高まるわね。

一方、決勝戦で敗れたのがラッキールーザーで本戦へ繰り上がっていたペドロ・ソウサ、31歳。もちろん、ATPツアーでの決勝戦進出もこれが初めてのこと。

ソウサは予選2回戦(ファイナル・ラウンド)で敗れたものの本戦で欠場者が出たために繰り上がり、準々決勝へ勝ち進んだの。

そんなソウサに更なるラッキーが。そこで対戦予定だった優勝候補筆頭だった第1シードのディエゴ・シュワルツマンが準々決勝で痛めた左足の怪我のために戦わずして棄権を申し入れて、ソウサは労せず決勝戦へ駒を進めたの。

実はソウサも準々決勝までの勝ち上がりからの疲労からか、準々決勝で左足を負傷しながらも何とか勝利を収めていたんだって。

「人生で最高の1週間だった。自身初の決勝戦で、もしかしたら最後の決勝戦かも知れない。約2週間前に予選に出場するためにここへ来て、こうしてこの日曜日にまだここにいる。こんなに嬉しいことはない。ルードはとても安定したプレーをしていたし、チャンピオンに値する。」

って語っていたソウサ。そんな状態だったから、決勝戦で負けはしたものの、ここまでの勝ち上がりには満足していたようね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:09 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


日本人女子選手の活躍!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

海外の大会で日本人女子選手が活躍してますね。

タイのホアヒンで行われているWTAインターナショナル大会のタイランド・オープンでは、第8シードの日比野奈緒選手が準々決勝で世界ランク4位で第1シードのエリーナ・スヴィトリナをストレートで下してベスト4進出を決めました。

現在世界ランク84位の日比野選手は、第1セットでは先にブレークしつつも4ー3からの第8ゲームでブレークバックを許して4ー4に追い付かれたものの、続くゲームで再びブレークすると、そのセットを先取。

第2セットは一気に5ー0とリードする素晴らしい展開へ。そこから2ゲーム取られたものの、最後はセンターへ鮮やかなサービスエースでゲームセット。

今夜行われる準決勝では、予選を勝ち上がった世界ランク283位で19歳のレオニー・クングと対戦します。

世界ランクだけを見るとかなり差があるようだけど、一度コートに立ったらランキングは関係ないのよね。その証拠に、日比野選手も世界4位のスヴィトリナをストレートで下しているんだから。

クングは予選2試合をストレートで勝ち上がると、本戦でも2回戦で第7シードのズー・リンをストレートで、準々決勝でも第3シードのワン・チャンをフルセットで下すなど、上位選手を下す快進撃。

自身2度目のWTAツアー本戦で初のベスト4入りを果たしている勢いに乗る19歳。

日比野選手は、ベスト4の4選手中唯一1セットも落とさない勝ち上がりを見せていて、ここまで絶好調。

19歳の若手相手に気を抜かず、去年9月に広島で開催された花キューピット・ジャパン女子オープンで優勝して以来の決勝戦の舞台&優勝を目指して欲しいわね。

日比野選手はこの勝ち上がりで70位台中盤へジャンプ。自己最高位の世界ランク56位の更新を今シーズンは目指して欲しいわね。

そしてロシアはサンクトペテルブルクで行われているWTAプレミア大会では、ダブルスで第1シードで出場している青山修子&柴原瑛菜ペアが決勝進出。

今夜は試合が予定されてなくて、決勝戦で対戦するペアが決まります。明日の決勝戦へ向けてしっかり調整してもらいましょう。

現在、ダブルスの世界ランクで自己最高位にいる両者。青山選手は24位。柴原選手は29位。今回の勝ち上がりで更に更新することになるわね。

今季初優勝を飾れるように日本から応援しましょう。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:31 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


フェデラー、今年のクレーシーズンは?!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

このところ毎年この時期になると、ロジャー・フェデラーの今後のスケジュール、特にクレーコート・シーズンのスケジュールについての噂話が沸き起こって来るわね。

今年も例外ではないわ。去年は、久しぶりにクレーコート・シーズンに大会へ出場したフェデラー。マドリッドとローマでベスト8、全仏オープンでベスト4と好成績で終えたわ。

フェデラーは2016年シーズンを膝の手術のためにベスト4入りをしたウィンブルドンを最後に早めにシーズンを切り上げていたの。

そのシーズンは芝のシーズンへ向けてモンテカルロ、ローマと出場しつつも全仏オープンは欠場していたのよね。

そして復活を果たした2017年と2018年はクレーコート・シーズン全てをスキップしたんだけど、去年は2016年以来となるクレーコート大会に出場し、2015年以来となる全仏オープンにも出場を果たしたの。

彼のエージェントのトニー・ゴシック氏はフェデラーがスケジュールを公にするまえに、今年もフェデラーがマドリッドとローマに出場するのではと言う噂を否定するコメントを出しちゃっていたの。

もちろんまだフェデラーからも大会主催者からも公の発表は出されてはいないけど、今年フェデラーは全仏オープン前にはクレーコート大会への出場は予定していないようね。

今シーズンのクレーコート・シーズンは全仏オープンに唯一出場すると見られてます。

フェデラーが次に出場するのは、今月24日からアラブ首長国連邦のドバイで開催するATP500大会で、続いて3月にはインディアンウェルズとマイアミのマスターズ1000大会に出場することになっているわ。

クレーコート・シーズンは、それらの大会に出場した結果次第なのかも知れないわね。好成績が続けば全仏オープンまで休養に当てるだろうし、早期敗退とかしてしまったら、もしかしたら去年のポイントを守るために大会へ出場するかも知れないわ。

フェデラーなら直前の申し込みでも大会主催者はワイルドカードを同然与えるだろうしね。まずは、ドバイでのプレーを楽しみにしましょう。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 19:03 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ペトコビッチが手術!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

元女子世界ランク9位のアンドレア・ペトコビッチが先週の金曜日に左膝の手術を受けたことを自身のインスタグラムで報告してました。

彼女は今シーズンが始まってからも、体が万全な状態ではないと言うことから全豪オープンなどを欠場していたのよね。

2011年10月に自己最高位の9位を記録したペトコビッチ。そのシーズンはウィンブルドンを除く3つのグランドスラム全てでベスト8入りする活躍を見せていたの。

金曜日の手術は無事に成功して、今後6~8週間の治療とリハビリが必要らしく、復帰は早くても2ヶ月は先になりそうね。

ペトコビッチが最後に公式戦の舞台に立ったのは昨年10月のルクセンブルク大会。早くまた元気なプレーを見せて、勝利のペトコビッチ・ダンスを披露して欲しいわね。

.
.
.
.
.
.
.
.
.

毎週恒例の、日本人選手のツアー下部大会での活躍です。

女子では、アメリカの100,000ドルのサーキット大会では、日比万葉選手が1回戦敗退でした。

オーストラリアの25,000ドルでは、鮎川真奈選手、荒川晴菜選手
清水綾乃選手、牛島里咲選手、華谷和生選手、予選を勝ち上がった佐藤久真莉選手が1回戦敗退でした。佐藤南帆選手がベスト8、第6シードの清水綾乃選手がベスト4でした。ダブルスでは、第4シードの清水&牛島ペアーがベスト4でした。

タイの25,000ドルでは、村松千裕選手、予選を勝ち上がった美濃越舞選手、内島萌夏選手が1回戦で、波形純理選手が2回戦敗退でした。ダブルスでは、中国人と組んだ内島選手がベスト4、中国人と組んだ井上選手が準優勝でした。

スロバキアの25,000ドルでは、予選を勝ち上がった宮崎百合子リリー選手が2回戦敗退でした。

トルコの15,000ドルでは、奥野彩加選手が2回戦敗退でした。ダブルスでは、中国人と組んだ奥野選手が優勝しました。

メキシコの15,000ドルでは、古谷美智留選手、予選を勝ち上がった岸上歌華選手、主催者推薦の内山ほのか選手が1回戦敗退でした。相川真侑花選手がベスト8でした。

スペインの15,000ドルでは、吉冨愛子選手が1回戦で、緒方葉台子選手が2回戦敗退でした。ダブルスでは、第2シードの吉冨&緒方ペアーがベスト4でした。

男子では、アメリカの108,320ドルのチャレンジャー大会では、内田海智選手が1回戦で、綿貫陽介選手が3回戦敗退でした。

オーストラリアの54,160ドル大会では、野口莉央選手、予選を勝ち上がった田島尚樹選手が1回戦で、第3シードの伊藤竜馬選手、ラッキールーザーの田沼諒太選手が2回戦敗退でした。

タイの25,000ドルのフューチャーズ大会では、山崎純平選手、予選を勝ち上がった望月勇希選手が1回戦敗退でした。越智真選手がベスト8でした。ダブルスでは、望月&越智ペアーがベスト4でした。

トルコの15,000ドルでは、山中太陽選手、予選を勝ち上がった清水一輝選手が1回戦で、羽澤慎治選手が2回戦敗退でした。

エジプトの15,000ドルでは、乾祐一郎選手が2回戦敗退でした。メキシコの15,000ドルでは、望月慎太郎選手が1回戦敗退でした。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 14:44 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


来週、キムが復帰へ!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

来週、アラブ首長国連邦はドバイで行われるドバイ・デューティフリー・テニス選手権に、キム・クレイステルスが復帰戦として出場することが決まりましたね。

クレイステルスは今シーズンの開幕からの復帰を予定していたけど、去年の11月に練習中に膝を負傷してしまい、復帰が延期になっていたの。

2月5日のブログでお伝えしたけど、先週末に行われた女子国別対抗戦へ出場するために練習していた祖国ベルギー・チームに合流して練習していたクレイステルス。きっと現役選手達との練習で手応えもあって、復帰を早めたのかも知れないわね。

クレイステルスは、その大会は今年で20周年と言う節目の大会で、そんな記念すべき大会で主催者からワイルドカードをもらえたことに喜びを表していたわ。

プレミア大会であるドバイ・デューティフリー・選手権は、世界のトップ選手が集うの。

世界ランク1位のアシュレイ・バーティは足の怪我を理由に欠場を決めてるけど、同2位のシモナ・ハレプ、同3位のカロリーナ・プリスコバ、エントリー・ミスをしながらもワイルドカードがもらえた同4位のエリーナ・スヴィトリーナ、同5位のベリンダ・ベンチッチ、同6位のビアンカ・アンドレエスク、同7位のキキ・ベルテンスなど、そうそうたる顔ぶれ。

そんな中でクレイステルスはどんなプレーを見せてくれるかしらね?!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 15:36 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


錦織選手、復帰はいつ?!?!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

錦織圭選手の復帰がまた先伸ばしになりましたね。

2月17日から行われるアメリカのデルレイビーチ大会の欠場も発表されました。先月にはその前の週に開催されるニューヨーク大会の欠場も表明していたの。

右肘の手術からの復帰が長引いているかも知れないけど、これはもしかしたら東京オリンピックへ向けてプロテクト・ランキングを使って出場する方法を選んでいるのかも。

怪我などでツアー離脱した選手にはプロテクト・ランキングが適応されるんだけど、それは最後の公式戦の舞台に立ってから6ヶ月(26週間)経たないと使えないもの。

錦織選手の最後の公式戦は、去年のUSオープンの3回戦敗退で、これは8月30日だから、それから26週と言うと2月いっぱいになるの。

つまり、3月に復帰すれば、その後は9ヶ月間でワイルドカードなどを除き9大会まで使うことができると言うもの。

2月に復帰するとそれは適応されず、6月のランキングから出場権が決まるわ。

復帰をして、去年6月までに稼いだポイント全てが失われるわけじゃないけど、ランキングにとらわれて焦って大会へ出なくても、3月以降に復帰してプロテクト・ランキング(きっと10位くらい?)が確定すれば、東京オリンピックだけに照準を合わせて調整できるって言うわけ。

ランキングを気にしないのなら、オリンピック前に大会に出場せずに、十分な休養を取ることもできるしね。

3月のデビスカップでの復帰なのでは?って憶測が飛んでいるけど、来月の復帰なら復帰したあともじっくり右肘の状態を見ながらオリンピックを迎えられるからね。

って、全くの個人的見解ですが。錦織選手の近況報告を待ちましょう。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:12 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


キム、ベルギーチームに合流

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

2012年のUSオープンを最後に引退しながらも、今シーズンでの復帰を表明している元女子世界ランク1位のキム・クレイステルス。

今週の金曜日と土曜日にかけて行われる女子国別対抗戦のフェドカップへ向けて練習している祖国ベルギー・チームに合流して一緒に練習しているみたいね。

ベルギーのコルトレイクで行われているチーム練習に参加しているキムは、来月メキシコはモンテレイでの大会、インディアンウェルズでのBNPパリバ・オープン、そしてその後のチャールストン大会からワイルドカードを既に得ているの。

モンテレイでの復帰へ向けて、どの程度の仕上がりなのか気になることろよね。

現在ベルギー・ナンバー1で、世界ランク19位のエリーゼ・メルテンスは、キムとの練習の印象をこう語っていました。

「キムはとてもハードヒットしながらボールを打っている。それに付いて行くのにベストを尽くさなければならなかった。彼女は今、とても高いモチベーションを持っているから、彼女と練習するのはいつも最高。そのことで練習がより楽しくなっている。彼女のレベルは素晴らしいし、今週また彼女と練習ができることを願っている。」

既にトップ50から30くらいのレベルにいると言われていてるキム。このまま、またどこか負傷せずに復帰大会を迎えて欲しいわ。そこでどんなプレーを見せてくれるのか、本当に楽しみね。

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

毎週恒例の、日本人選手のツアー下部大会での活躍です。

女子では、オーストラリアの60,000ドルのサーキット大会では、清水綾乃選手、予選を勝ち上がった鮎川真奈選手、華谷和生選手、佐藤久真莉選手が1回戦で、岡村恭香選手、予選を勝ち上がった本玉真唯選手が2回戦敗退でした。村松千裕選手がベスト8でした。ダブルスでは、鮎川&清水ペアーがベスト4でした。

タイの25,000ドルでは、小堀桃子選手、波形純理選手、桑田寛子選手、予選を勝ち上がった瀬間詠里花選手が1回戦敗退でした。

トルコの15,000ドルでは、予選を勝ち上がった小林ほの香選手が1回戦敗退でした。奥野彩加選手がベスト8でした。ダブルスでは、ドイツ人と組んで第2シードの奥野選手が準優勝でした。

メキシコの15,000ドルでは、相川真侑花選手、光崎楓奈選手、予選を勝ち上がった岸上歌華選手が1回戦敗退でした。ダブルスでは、相川&岸上ペアーがベスト4でした。

スペインの15,000ドルでは、第6シードの宮崎百合子リリー選手が1回戦で、輿石亜佑美選手が2回戦敗退でした。

男子では、アメリカの162,480ドルのチャレンジャー大会では、内田海智選手が1回戦で、綿貫陽介選手が2回戦敗退でした。

フランスの46,600ユーロ大会では、第8シードの守屋宏紀選手が2回戦敗退でした。

オーストラリアの54,160ドル大会では、予選を勝ち上がった仁木拓人選手が1回戦で、清水悠太選手、野口莉央選手が2回戦敗退でした。第1シードのダニエル太郎選手が優勝しました。

タイの25,000ドルのフューチャーズ大会では、山崎純平選手、徳田廉太選手、予選を勝ち上がった中川直樹選手、望月勇希選手が1回戦で、第4シードの今井慎太郎選手、越智真選手、高橋悠介選手が2回戦敗退でした。第2シードの関口周一選手がベスト8でした。ダブルスでは、台湾人と組んだ今井選手がベスト4でした。

トルコの15,000ドルでは、羽澤慎治選手、山中太陽選手が2回戦敗退でした。ダブルスでは、羽澤&山中ペアーがベスト4でした。

エジプトの15,000ドルでは、乾祐一郎選手が1回戦で、予選を勝ち上がった中村錬選手が2回戦敗退でした。メキシコの15,000ドルでは、望月慎太郎選手が2回戦敗退でした。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 19:11 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ