フェレール、今の心境と引退後について語る

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

今シーズンを最後に引退を表明しているダビド・フェレール。来月行われる祖国スペインはマドリッドのマスターズ1000大会が最後の大会になるんだけど、今の気持ちと引退したあとのことについて語っていたの。

2013年の全仏オープンで準優勝を飾り、自己最高位の世界ランク3位を記録したフェレールは、全豪オープンとUSオープンでもベスト4入りした経験を持ち、キャリア通算27大会で優勝を飾るなど、175cmと小柄な体ながら素晴らしいキャリアだったの。

「今はとても気分が良い。人生の転機を迎えたことに喜びを感じている。今季出場している大会はどれも自分に取ってもっとも意味のある大会。自分のテニス人生に感謝している。振り返ると、自分がこれまで成し遂げたことに誇りを感じる。」

「全てのタイトルはトロフィー部屋にあるが、トロフィーは単なるトロフィー。観客や戦友達、そしてテニスを通してできた世界中の友人から受けた愛情こそがテニス界を去るにあたって残るもの。」

各地で引退セレモニーのようなものがフェレールに対して開かれているみたいだけど、それには驚かされているんだって。

「とても驚いている。ここまでのテニス人生の全てのシーズンで良い思い出を作って来れたからだと思う。」

そしてテニス人生を終えたあとの新たな人生も楽しみにしているみたい。

「あまりそのことは考えてはいないが、きっとテニスと言う世界に関わって行くだろう。デビスカップの監督になれたらとても名誉なことだと思う。同時にそうなるにはまだまだだと言うことは理解しているし、そうなる存在の人達がたくさんいる。まずはコーチとしてのトレーニングを積まなければならない。」

フェレール自身もデビスカップには何度も出場していて、シングルスでは28勝5敗の成績を叩き出していたから、デビスカップへの思いは強いみたいね。

それでも監督になる前にまずは若い選手のコーチングをしたいらしいの。

「今現在はそれをしたいとは言わないかも知れないが、将来的にはそうだろう。しかし、違うステージをまずは経験してみたい。若い選手達のステージで、彼等と共に成長するステージ。その後にもちろんツアーも大好き。もし自分が何かに貢献できると感じたらそうするかも知れない。そう感じなかったら、それはしない。それはこれから決めること。」

そう語るフェレールは、マドリッドでのマスターズ大会前に来週行われるATP500大会のバルセロナに出場する予定。

引退まで残る大会はあとわずか。そして祖国スペインでのプレーでテニス人生に幕を閉じるけど、どんなプレーを披露してくれるか、とっても楽しみね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 11:34 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


シャラポワ、復帰予定大会を欠場!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

来週ドイツのシュトットガルトで行われる女子プレミア大会のポルシェ・テニス・グランプリで復帰を予定していたマリア・シャラポワだけど、右肩の回復が不十分と言う理由で欠場を表明したの。

2012年から2014年まで大会3連覇を果たしていたシャラポワは、自身の声明文で欠場を明かしてますね。

「毎年、自分のお気に入りの大会であるシュトットガルトに自分のプレーを見に来てくれる最高のドイツのファンの全ての方々へ、残念なお知らせをしなければなりません。シュトットガルトでプレーするために十分な時間がありませんでした。順調な回復は見せているものの、最高のレベルで戦う準備ができていないのです。」

シャラポワは2008年に右肩の手術を受けていて、同じ怪我に去年の夏から苦しめられていて、今年の2月には簡単な手術をまた受けたことを明かしてたの。

そのために、3月に行われたインディアンウェルズとマイアミを欠場して、シュトットガルトでの復帰を目指してワイルドカードをもらっていたのよね。

だけどまだ世界のトップ選手達と戦うには十分な回復ができていないと言う判断から、復帰は先伸ばしになってしまったの。

同じく同大会への欠場を表明したのはスローン・スティーブンスとエリーナ・スヴィトリーナ。

スヴィトリーナは3月に行われたマイアミ大会では、初戦となる2回戦で敗退。その翌週となる3月27日に自身の公式インスタグラムに怪我の状況報告をしていたの。

「健康の問題についてちょっと近況報告したいです。この5週間、膝の痛みに苦しんでいました。長く試合が続いたあと悪化してしまい、MRIの検査で怪我が分かりました。痛みが軽減されるようにチームが努力してくれて、3月のアメリカでの大会を戦えましたが、現在はドクターから治療に時間を費やすように強く勧められました。早く回復できるように全力を尽くして、より健康になって戻れるように努めます。みなさんからのサポートありがとうございます。」

って綴っていて、まだ復帰には至っていないための欠場だと思われます。

早く元気になってコートでのプレーを見せて欲しいわね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 10:06 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


好調フェデラー、クレーでは?!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

今季はクレーコート・シーズンもプレーをすると宣言しているロジャー・フェデラー。去年の12月にその意向を示唆する発言をしていて、今週行われているモンテカルロ大会はマイアミ大会から時期が近いと言う理由で欠場することを先月明かしていたの。

2016年のローマ大会以来となるクレーコートでのプレーは、来月行われるマドリッドでのマスターズ1000大会になる予定で、月曜日には自身の公式インスタグラムにレッドクレーで練習していると思われる画像を投稿していたの。

そのマドリッド大会は2015年以来のエントリーで、その時は初戦となる2回戦でニック・キリオスに大接戦の末に敗退していたわね。

そのマドリッド大会、以前は10月にハードコートで行われていたんだけど、2009年から5月にクレーコートで行われるようになったの。そしてそのクレーコートでの最初のチャンピオンがフェデラーだったの。

フェデラーはそのマドリッド大会の直後に行われるイタリアはローマでのマスターズ1000大会の出場も考えてはいるようで、それは恐らくマドリッド大会での成績によるのではと見られてますね。

当然、全仏オープンへの出場は予定していて、怪我などしなければ今年はローランギャロスでフェデラーのプレーが見られるはず。

37歳のフェデラーは今シーズンも好調さを見せていて、ここまで20試合やって18勝2敗。ドバイとマイアミで優勝して、生涯タイトル獲得数を101個にまで伸ばしたの。

久々のクレーコート大会でどんなプレーを見せてくれるか、楽しみね。

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

毎週恒例の、日本人選手のツアー下部大会での活躍です。

女子では、香港の25,000ドルのサーキット大会では、第8シードの井上雅選手、予選を勝ち上がった秋田史帆選手が1回戦で、第6シードの加治遥選手、予選を勝ち上がった田中優季選手、林恵里奈選手が2回戦敗退でした。本玉真唯選手、村松千裕選手がベスト8、第3シードの小堀桃子選手、第7シードの穂積絵莉選手がベスト4でした。

アメリカの25,000ドルでは、予選を勝ち上がった大坂まり選手が2回戦敗退でした。第3シードの奈良くるみ選手がベスト8でした。

エジプトの15,000ドルでは、第6シードのカジュール・オヴィアンジュ選手がベスト8でした。メキシコの15,000ドルでは、予選を勝ち上がった川口夏実選手が優勝しました。ダブルスでは、イスラエル人と組んだ川口選手が優勝しました。

国内は大阪で25,000ドル大会が行われ、第3シードの清水綾乃選手、波形純理選手、華谷和生選手、岡村恭香選手、荒川晴菜選手、今西美晴選手、予選を勝ち上がった小関みちか選手、松本安莉選手、山口芽生選手、主催者推薦の佐藤久真莉選手、髙畑寿弥選手、光崎楓奈選手、光崎澪選手が1回戦で、第6シードの尾崎里紗選手、第7シードの美濃越舞選手、予選を勝ち上がった牛島里咲選手が2回戦敗退でした。瀬間詠里花選手がベスト8、第5シードの日比万葉選手、予選を勝ち上がった大前綾希子選手がベスト4でした。ダブルスでは、第4シードの大前&美濃越ペアー、カナダ人と組んだ奥野選手がベスト4でした。

男子では、台湾の162,480ドルのチャレンジャー大会では、高橋悠介選手、越智真選手、内山靖崇選手が1回戦で、第14シードの守屋宏紀選手、徳田廉大選手が2回戦で、内田海智選手が3回戦敗退でした。第10シードの伊藤竜馬選手、第15シードの杉田祐一選手がベスト8、添田豪選手がベスト4でした。ダブルスでは、ポルトガル人と組んだ内山選手がベスト4でした。

メキシコの15,000ドルのフューチャーズ大会では、主催者推薦の中河直樹選手が2回戦敗退でした。

国内は松山で25,000ドル大会が行われ、第7シードの今村昌倫選手、望月優希選手、野口莉央選手、竹内研人選手、予選を勝ち上がった正林知大選手、岡村一成選手が2回戦敗退でした。予選を勝ち上がった島袋将選手、主催者推薦の田島尚樹選手がベスト8、決勝戦では第シードの関口周一選手が仁木拓人選手を下して優勝しました。ダブルスでは、岡村&関口ペアー、今村&野口ペアーがベスト4、羽澤&田島ペアーが優勝しました。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 16:57 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


若手が奮闘!!!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

先週アメリカはヒューストンで行われたATP250大会の決勝戦では、22歳のクリスチャン・ガリンが20歳のキャスパー・ルードをフルセットで下して優勝しました。

両者はこれがATPツアーで初の決勝進出で、ガリンは初優勝を飾ったの。

世界ランク95位のルードと世界ランク73位のガリンの決勝戦だったわね。

この大会は、第5シードのテイラー・フリッツと第6シードのマッケンジー・マクドナルドが1回戦で、第1シードのスティーブ・ジョンソン、第2シードのジェレミー・シャルディ、第3シードのキャメロン・ノリエ、そして第4シードのレイリー・オペルカも初戦となった2回戦で敗退と、シード勢があっと言う間に姿を消してしまったの。

残るシードの第7シードのジョーダン・トンプソンは準々決勝で、第8シードのサム・クエリーも準決勝で敗退だったのよね。

そんな隙を付いて決勝の舞台に立ったのが今回の若い二人。

優勝したガリンは、チリ出身選手としてはフェルナンド・ゴンサレスが2009年2月にチリはビニャ・デル・マールで行われた大会で優勝して以来、10年ぶりとなるチリ出身選手の優勝となったの。

ガリンは2回戦で第2シードのシャルディを倒したんだけど、その時は実に5本のマッチポイントをしのいで勝利を飾り、準決勝でも第8シードのクエリーをストレートで下すなど、チャンピオンに値する勝ち上がりを見せていたわね。

決勝を争ったガリンとルード。今週発表の世界では、ガリンが47位、ルードが68位といずれも自己最高位を更新。今後の活躍にも注目が集まりそうね!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 16:11 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


アルマグロ、今後のテニス界で生活!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

元男子世界ランク9位のニコラス・アルマグロは、今週スペインはムルシアで行われているツアー下部大会のムルシア・オープン・チャレンジャーをもって現役生活にピリオドを打ったの。

1回戦で同じスペインのマリオ・ビエリャ=マルティネスにストレートで敗れたのがシングルスでの現役最後の試合となったの。

そして水曜日に行われたダブルスでも、ファン=アントニオ・マリンと組んで1回戦へ臨んだけど、第3シードのアリエル・ベハール&アンドレア・ババッソリ組に敗れて、現役生活にピリオドを打ったわ。

そんなアルマグロ、生まれ故郷のムルシアのラ・マンガ・クラブのテニス・アカデミーで後進の指導を行うんだって。

そのアカデミーでは28人が練習に通っていて、1972年に創立したこのアカデミーでアルマグロ自身がプロとしてのツアーでの経験などを伝授するみたいね。

アルマグロは「これはテニスと言う世界に今後も触れて行ける最高の形。今回はマネージメントと練習に加わる。どの選手に取っても、ラ・マンガ・クラブは夢の場所。それは、その施設とスタッフのクオリティの高さだけではなく、その長い歴史があることも大きな理由。」って語ってました。

アルマグロは2011年5月に自己最高位の9位を記録。グランドスラムでは全仏オープンで3度、全豪オープンでも1度ベスト8入りを果たしていたの。

そして2008年にはデビスカップで祖国スペインの優勝にも貢献したの。

ここ数年は怪我に苦しんで何度も手術を受けて復帰を目指して来たんどけど、去年は5大会に出場するも1勝も上げられなかったの。

そして今週のムルシアでのチャレンジャー大会はアルマグロが今シーズン初めて出場した大会で、同時に現役最後の大会となりました。

ラ・マンガ・クラブはスペインでも素晴らしい野外コートの施設を持つ有数のテニス・クラブで、デビスカップやフェドカップ、プロの大会の会場としても利用される所なんだって。

現役生活に終止符を打ったアルマグロだけど、これからもテニスに触れて生活するのね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 19:36 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


カナダの若手が組んでダブルスに出場。

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

4月22日から28日にかけてスペインはバルセロナで行われるATP500大会に、カナダ男子テニスの将来を背負って立つ若き二人がダブルスを組んで出場するんだって。

それは18歳のフェリックス・ウジェ=アリアシムとデニス・シャポバロフ、19歳。

バルセロナ大会に二人が組んでダブルスに出場するのはこれが初めてなんだけど、この二人がダブルスを一緒にプレーするのはこれまでも何度かあったの。

ATPツアーではこれまで2度。最初が2016年のカナダはトロントでのマスターズ1000大会で、もちろん主催者推薦でのエントリーだったんだけど、その時はバーナード・トミックとヴィクター・トロイツキのペアーに1回戦で敗退していたの。

そして2度目が昨年のトロントでのマスターズ1000大会だったんだけど、その時もケヴィン・アンダーソンとノヴァーク・ジョコビッチと言うタフなドローとなりまたしても初戦敗退だったの。

実はツアー下部大会では、チャレンジャー大会で3回、フューチャーズ大会でも2回、ペアーを組んだ経験があるんだって。

ATPツアー大会ではないけど、2月に行われたデビスカップでも両者はペアーを組んでカナダを代表してスロバキアと対戦したの。

そのダブルスは、マーティン・クリザンとフィリポ・ポラセックの前に敗退だったけど、シングルスでシャポバロフが2勝、ウジェ=アリアシムが1勝を飾りチームでは勝利を掴んでいたの。

バルセロナではツアー下部大会以外での初勝利を手にすることができるかしらね?

でもそのバルセロナのダブルスは強豪ペアーがエントリーしているの。

2017年ウィンブルドン・チャンピオンのマルセロ・メロ&ルーカス・クボット組、2016年の全豪オープンとUSオープンを制したジェイミー・マレー&ブルーノ・ソアレス組、2017年の全豪オープン覇者のヘンリ・コンティネン&ジョン・ピアーズ組などなど。

シングルスに加えてダブルスも気になるわね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 17:04 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


もう一人の大躍進選手!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

4月5日のブログで大躍進の18歳のフェリックス・ウジェ=アリアシムを紹介したけど、彼と時を同じくして同じような大躍進を遂げた選手が。

それは奇しくもウジェ=アリアシムが大躍進のきっかけとなった2月のブラジルの2大会で、いずれの大会でもウジェ=アリアシムを下していたラスロ・ジェレ、23歳。

セルビア出身のジェレが世界ランクでトップ100入りしたのは2017年7月で彼が22歳になったばかりの頃。でもジェレはその後、2018年を世界ランク93位で終えたように、1年半もの間90位台前後を行ったり来たりしていたの。

そんな彼はブラジルでの最初の大会となったリオデジャネイロ大会では、決勝戦でウジェ=アリアシムを下してATPツアー初優勝を飾ると、続くサンパウロ大会でも準々決勝でウジェ=アリアシムを下しベスト4入り。

3月18日には自己最高位の世界ランク31位を記録し、現在は世界ランク32位と、ウジェ=アリアシムの1つ上にいるのよね。

そんなジェレ、実は両親ともに既に亡くしているの。お母さんは2012年に、お父さんは数ヶ月前に亡くなってしまったんだって。

リオデジャネイロで優勝したあとのスピーチでは、そんな両親への感謝の気持ちと、その優勝を両親へ捧げると語るともちろん会場からは大きな拍手が送られたの。

そして同胞の大先輩であるノヴァーク・ジョコビッチからは大きな影響を受けているとも語るジェレ。練習を一緒にすることもあるけど、何よりジョコビッチと話をしていると、ジョコビッチが選手としても一人の人間としても尊敬できる存在で、彼からの影響はとても大きいそうよ。

そして今シーズンの目標は、シーズンをトップ20入りして終わることで、これからのクレーコート・シーズン、その後の芝のシーズンも、以前より自信を持って臨めると語るとジェレ。

天国の両親に見守られてもっと輝いて欲しいわね。

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

毎週恒例の、日本人選手のツアー下部大会での活躍です。

女子では、アメリカの80,000ドルのサーキット大会では、ラッキールーザーの荒川晴菜選手が1回戦で、大坂まり選手が2回戦敗退でした。第2シードの奈良くるみ選手がベスト8でした。

イタリアの25,000ドルでは、主催者推薦の江藤直子選手が1回戦敗退でした。アメリカの25,000ドルでは、予選を勝ち上がった宮崎百合子リリー選手、輿石亜佑美選手が1回戦敗退でした。ダブルスでは、アメリカ人と組んだ宮崎選手がベスト4でした。

エジプトの15,000ドルでは、カジュール・オヴィアンジュ選手がベスト8でした。ダブルスではインド人と組んで第2シードのカジュール選手がベスト4でした。

チュニジアの15,000ドルでは、予選を勝ち上がった東谷和選手が1回戦で、予選を勝ち上がった小池さつき選手が2回戦敗退でした。ダブルスでは、東谷&小池ペアーがベスト4でした。

トルコの15,000ドルでは、予選を勝ち上がった緒方葉台子選手が1回戦で、細木咲良選手が2回戦敗退でした。第2シードの内藤祐希選手が準優勝でした。

国内は柏で25,000ドル大会が行われ、第8シードの小堀桃子選手、尾崎里紗選手、美濃越舞選手、予選を勝ち上がった鮎川真奈選手、大前綾希子選手、主催者推薦の松田美咲選手、村松千裕選手、宮本愛弓選手が1回戦で、瀬間詠里花選手、波形純理選手、岡村恭香選手、主催者推薦の秋田史帆選手が2回戦敗退でした。加治遥選手、日比万葉選手がベスト8、第3シードの清水綾乃選手がベスト4でした。ダブルスでは、森崎&米原ペアーが優勝しました。

男子では、メキシコの162,480ドルのチャレンジャー大会では、内田海智選手が1回戦敗退でした。

国内は柏で15,000ドル大会が行われ、齋藤惠佑選手、羽澤慎治選手、予選を勝ち上がった山尾玲貴選手、仁木拓人選手、主催者推薦の岡村一成選手が2回戦敗退でした。今井慎太郎選手、予選を勝ち上がった島袋将選手、主催者推薦の田中優之介選手がベスト8、第2シードの越智真選手、第3シードの高橋悠介選手がベスト4、決勝戦では山崎純平選手が望月優希選手を下して優勝しました。ダブルスでは、第3シードの越智&徳田ペアー、福田&望月ペアーがベスト4、高橋&山崎ペアーが優勝しました。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 17:10 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ガスケ、復帰遅れる!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

32歳のリシャール・ガスケが復帰を目指してエントリーしていた来週行われる男子マスターズ1000大会のモンテカルロ大会の欠場を決めたの。

ガスケが最後に公式戦のコートに立ったのは昨シーズンの10月下旬に祖国フランスはパリで行われたマスターズ1000大会。

ガスケは足の付け根の怪我の手術を受けていて、今シーズンはまだ公式戦のコートに立っていないの。

ガスケがモンテカルロにデビューしたのは2002年にまでさかのぼるの。その時は予選を勝ち上がって本戦入り。それから10回出場していて、最高成績は2005年で、その時も予選を勝ち上がってベスト4まで勝ち進んだのよね。

去年は準々決勝でアレクサンダー・ズベレフに敗れていたわ。今回の欠場で、去年のベスト8のポイントを失うガスケ。現在世界ランク26位だけど、復帰が遅れるとどんどんランキングにも影響が出ちゃうわね。

ガスケに代わって本戦入りするのは、ポーランドの期待の若手であるフーベルト・フルカッツ、22歳。

フルカッツは現在世界ランク52位で、これは自己最高位。

3月のインディアンウェルズでは3回戦で錦織圭選手を下すなど、ベスト8入り。シーズン・スタート時の世界ランク77位をどんどん更新してるわね。

ガスケの怪我も心配だけど、フルカッツはこのチャンスを生かして更にランキングを上げられるかしらね?

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 19:35 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


デル=ポトロの近況報告!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

ファン・マルティン・デル=ポトロが怪我について、そして復帰についての最新の情報をアップデートしてますね。

3月17日のブログでお伝えしたけど、右膝の骨折からの回復が思うように行っていなかったデル=ポトロは、更なる回復を望んで手術を受けるかも知れないと伝えられていたの。

そんなデル=ポトロだけど、先週末に自身の公式ツイッターで近況報告をしていたわ。

「今週、バルセロナのコトロ医師によって複数の検査を受け、その結果を検証したところ、ドクターは現在行っている治療を続けることを勧めてくれた。彼は怪我の回復には満足していて、すぐにまたコートへ戻って練習を始められるだろう。皆さんからの暖かいメッセージに感謝している。」

つまり、手術は結局受けないと言う決断に至ったみたいね。そして現状の回復具合は良好な印象で、近々コートでの練習も再開できる見込みとのこと。

デル=ポトロは昨年、素晴らしいテニスを披露していたの。

3月のインディアンウェルズでは、自身初となるマスターズ1000での優勝を果たし、アカプルコでもATP500大会を制していたの。

そしてUSオープンでは準優勝を飾り、2009年に優勝して以来9年ぶりに決勝の舞台に立ったの。

また全仏オープンではベスト4、ウィンブルドンでもベスト8と、10月の上海で右膝を骨折するまでは、キャリア・ベストのシーズンを送っていたところだったのよね。

2010年から数々の怪我に泣かされていたデル=ポトロ。やっと本来のテニスを取り戻し始めたのに、またしても怪我に泣かされるとは。

これから始まるヨーロッパでのクレーコート・シーズンで元気な姿を見せてくれることを切に祈ってしまうわ。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 14:36 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


期待の18歳、大躍進!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

2000年生まれの18歳、フェリックス・ウジェ=アリアシムはこの2ヶ月でランキングを大きく躍進させている注目株。

2月18日の世界ランクでは104位だったウジェ=アリアシムは、4月1日発表の最新の世界ランクでは33位。

これは先週までアメリカはマイアミで行われていたマイアミ・オープンでのベスト4進出が大きく影響しているわよね。

そんな彼に自信を与えたのが、2月に出場したブラジルはリオデジャネイロのクレーコート大会での準優勝だったみたい。その後に出場したサンパウロでもベスト8、インディアンウェルズは3回戦で西岡良仁選手と壮絶な死闘を繰り広げ、惜しくも敗退したものの、マイアミでは予選を勝ち上がりベスト4進出。

そんな彼はまだツアー優勝こそ手にしていないけど、今は優勝への気持ちが強いみたいなの。

「今自分がいるところ、感じている自信があれば、出場するどの大会でも優勝できる、上位進出できると信じて臨める。リズムを掴んでたくさんの自信を掴んで、全てがまとまって来ている。」

マイアミの準決勝でジョン・イズナーに敗れた試合は、第1第2セットいずれもリードして迎えたサービング・フォー・セットでダブル・フォルトなどミスを犯してブレーク・バックされてしまい、その後のタイブレークを2セットとも失い敗退しちゃったのよね。

「試合の大切なもののようなものが、心の中にひらめいたんだ。つまりそれは、自分にはまだまだ改善の余地があると言うこと。」って、敗戦からもしっかり学んでいるみたいね。

14歳で初めてプロのATPチャレンジャー大会で勝利を飾り将来を期待されて来た彼は「正しい道にいるけど、他にも良いプレーをしている若い選手はたくさんいる。最終的な目標は、グランドスラムでの優勝と世界ランク1位になること。」と今の気持ちを語っていたの。

このまま順調に成長したら、本当に凄い選手になるかも知れないわね。クレーコートも苦手ではなさそうだし、今後の活躍にも期待大ね!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:42 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ