フェデラー、隠していた怪我を告白!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

今週スイスはバーゼルで開催されるATP500大会に、自身の故郷の大会として出場するのが男子世界ランク3位のロジャー・フェデラー。

大会会場で開かれた会見でフェデラーがこれまで隠していたある怪我を明らかにしたの。

それは、この夏の芝のシーズンへ向けての練習中に手に怪我を負ってしまっていたらしいの。

「芝のシーズンが始まる時に練習中に手を痛めてしまったんだ。思っていた以上に問題になってしまった。その痛みは約3ヶ月も引きずってしまったんだ。言い訳などではないし、それについて騒ぎ立てるつもりもない。」

「時々試合のウォーミングアップの最初の10分くらい痛みを感じる時があった。でも今はその痛みを感じることなく普通にフォアハンドを打てるようになっている。」

って今は特にもう問題ではないことを加えていたけど、痛みがある中得意の芝のシーズンを戦っていたのね。

37歳のフェデラーは、その大会で9回目の優勝へ向けて火曜日に予定されている1回戦でフィリップ・クライノビッチと対戦します。

そしてオーストリアはウィーンでのATP500大会には、第5シードで錦織圭選手が出場してますね。

フェデラーと同じく火曜日に1回戦が行われる予定で、二十歳で世界ランク45位のフランセス・ティアフォーと対戦します。

この大会とその後のフランスはパリでのマスターズ1000大会で、男子ツアー最終戦への切符をかけて臨みます。今週はできることなら、2016年2月以来となるツアー優勝を飾って、切符獲得へ前進して欲しいわね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:54 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


女子ツアー最終戦、コートは早い?!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

今夜からシンガポールで始まる女子ツアー最終戦。そのコートの状況について各選手がこんな感想を語っていたの。

ペトラ・クヴィトバ
「自分の見解では、これまでの何年かよりは早いと感じている。イスタンブールで覚えていることとここでは、ちょっと遅いと感じていたた。でも今年はそうではない。でもそれは良いこと。更に好きになった。」

カロリーナ・プリスコバ
「今年はちょっと違うと感じているけど、良く分からない。もしかしたら自分が遅いのかもしれないが、去年よりコートはちょっと早く感じる。あちこち移動したり出場した大会などの関係で慣れる時間がまだないだけ。ただ少し早いと感じている。きっとモスクワが自分に取っては遅すぎだった。モスクワと比べると早い。練習では問題なった。まだ2回しか練習していない。ここで使っているウィルソンのボールは、中国で使っていたボールと比べると好き。だから問題ないはず。」

カロリーン・ウォズニアキ
「みんな去年よりちょっと早くと言っていた。それが本当かどうかは分からない。正直、あまり覚えていない。私は好きだし、このコートを楽しんでいる。世界のトップ選手への挑戦を楽しんでいる。」

大坂なおみ
「早いと思うけど早いコートが好き。きっと楽しんでプレーできると思う。圧倒されないことを願うけど、分からない。その瞬間になってみないと実際どう感じるかは分からない。良いプレーをして緊張しないことをただ祈るだけ。もちろん確実に緊張すると思うけど。」

期待が寄せられている大坂選手。この大会の結果次第ではランキングを上げてシーズンを終える可能性も。そうなると、これまで伊達公子さんや錦織圭選手と並んで記録している日本人トップの世界ランク4位を更に更新することになるかも。

大会へ向けてしっかり調整できていると思うから、1試合1試合を楽しんで戦って欲しいわね!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:01 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ハレプ最終戦欠場へ&ミラノで新しい試みが!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

昨日お伝えしたクレムリン・カップをヘルニアを理由に欠場したシモナ・ハレプだけど、正式に来週シンガポールで開催される女子ツアー最終戦の欠場も表明しましたね。

現在ロシアはモスクワで開催されているWTAプレミア大会のクレムリン・カップでは残る2枚の切符を争う戦いが繰り広げられていたの。

昨日行われた2回戦で、キキ・ベルテンスが敗退したことで、エリーナ・スヴィトリナとカロリーナ・プリスコバが残りの切符を手にして、8選手が決定していたの。

そして飛び込んで来たハレプの欠場。それによりベルテンスが繰り上がりで切符を手にすることになるわね。

最終戦の開催地がシンガポールへ移ってから、ハレプは毎年出場していたんだけど、今年は涙を飲む結果になってしまいましたね。

そして男子のみでイタリアはミラノで開催される21歳以下の最終戦であるネクスト・ジェネレーションATPファイナルズへの出場権を獲得した選手が。

アレキサンダー・ズベレフは断トツの1位ながら、男子ツアー最終戦のニットーATPツアー・ファイナルズへ出場するために、去年に続いてネクスト・ジェネレーションの最終戦への欠場を既に表明してますね。

これまではステファノス・チチパスが出場権を獲得していたんだけど、新たにデニス・シャポバロフ、アレックス・デ=ミナー、フランセス・ティアフォーが出場権を獲得しました。

そのネクスト・ジェネレーションの最終戦には新たな試みも。

中国は深センの大会で、フェルナンド・ベルダスコがタオルを手渡すボール・ボーイにタオルが遅いと試合中のイライラをぶつける動画がネットに上がり、ベルダスコに批難の声が上がっていたの。

ロジャー・フェデラーも、自身が子供の頃に地元のバーゼルの大会でボール・ボーイをしていた経験から、ベルダスコのその振る舞いに対して、ボール・ボーイは常にリスペクトしなければならないって厳しいコメントを出していたの。

もちろん、試合中には色んな感情が沸き起こったりするものでもあるとちょっと弁護もしていたんだけどね。

それに対して、タオルは選手自身が取るようにすればと言う論争も起きているの。

ミラノで行われるネクスト・ジェネレーション・ファイナルズではコートの後ろに棚のようなものを設置して、そこにタオルを置いて選手自身がタオルを取ることを試してみることになったみたい。

まだまだ色々新しい改革があるかも知れないわね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 17:07 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ハレプ、欠場&最終戦も黄信号!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

今週、ロシアはモスクワで開催されているWTAプレミア大会のクレムリン・カップに第1シードで出場を予定していた女子世界ランク1位のシモナ・ハレプが、痛めていた腰の怪我を理由に初戦を迎える前に欠場を決めたの。

ハレプはシンシナティでのプレミア大会の準優勝後は、USオープン、中国の武漢オープンと初戦敗退で、北京のチャイナ・オープンは1回戦途中で棄権していて、その後の検査の結果では椎間板ヘルニアと診断されていたの。

今週の大会へ向けては、練習に励む姿を自身のSNSに掲載して、モスクワ入りしてからも練習を続けていたんだけど、欠場と言う決断に至ったの。

「ここでどうしてもプレーしたかったので、準備できるようにできること全てを試したものの、残念ながらまだ腰に痛みがありこれ以上の不必要なリスクを負いたくないのです。欠場するのは残念ではありますが、健康を第1に考えることが大切なのは分かっています。ここモスクワでのこの数日は素晴らしい日を送りましたし、大会の成功を祈ります。」

そしてもう来週に迫っているシンガポールで開催の女子ツアー最終戦への出場も黄信号が点滅しているの。

「もしモスクワでプレーできないのであれば、シンガポールでプレーできるのもとても疑い深いものになります。なぜなら、最終戦はすぐにあるからです。今はまだ分かりませんが、体のことを第1に考えて決断を下すのは確かです。」

って、会見で語っていたんだって。

年末ランキング1位は確定してるから、本人もそこまで体を酷使したくはないのかも知れないわね。

.
.
.
.
.
.
.
.
.

毎週恒例の、日本人選手のツアー下部大会での活躍です。

女子では、オーストラリアの2万5000ドルのサーキット大会では、第7シードの美濃越舞選手、内島萌夏選手が1回戦で、加治遥選手が2回戦敗退でした。村松千裕選手がベスト8でした。

イタリアの2万5000ドルでは、主催者推薦の江藤直子選手が1回戦敗退でした。ナイジェリアの2万5000ドルでは、主催者推薦のアンジ=オビー・カジュル選手が1回戦敗退でした。ダブルスでは、アメリカ人と組んだオビー選手がベスト4でした。ポルトガルの2万5000ドルでは、大前綾希子選手が1回戦敗退でした。

エジプトの1万5000ドルでは、主催者推薦の秋山みなみ選手が2回戦敗退でした。ダブルスでは、台湾人と組んだ秋山選手がベスト4でした。

国内は静岡県牧之原で2万5000ドル大会が開催され、第3シードの今西美晴選手、第4シードの本玉真唯選手、山口芽生選手、荒川晴菜選手、輿石亜佑美選手、上田らむ選手、予選を勝ち上がった林恵里奈選手が2回戦敗退でした。第5シードの秋田史帆選手、小関みちか選手、主催者推薦の阿部宏美選手がベスト8、鮎川真奈選手、予選を勝ち上がった宮本愛弓選手がベスト4でした。決勝戦は第1シードの小堀桃子選手が波形純理選手を下して優勝しました。ダブルスでは、第2シードの梶谷&西本ペアー、華谷&本玉ペアーがベスト4、決勝戦では森崎&米原ペアーが清水&上田ペアーを下して優勝しました。

男子では、チャレンジャー大会に出場の日本人選手はいませんでした。

オーストラリアの2万5000ドルのフューチャーズ大会では、岡村一成選手、西脇一樹選手が1回戦敗退でした。第4シードの江原弘泰選手がベスト4でした。ダブルスでは中国人と組んだ江原選手がベスト4でした。

アメリカの2万5000ドルでは、中川直樹選手が1回戦敗退でした。

タイの1万5000ドルでは、第1シードの今井慎太郎選手、第6シードの山崎純平選手、第8シードの守谷総一郎選手、予選を勝ち上がった竹島駿朗選手、住澤大輔選手が1回戦敗退でした。第3シードの斉藤孝史選手、竹内研人選手がベスト8でした。ダブルスでは、第3シードの守谷&山崎ペアーがベスト4でした。

チュニジアの1万5000ドルでは、乾祐一郎選手、河内一真選手が1回戦敗退でした。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 15:39 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


プチ情報、いろいろ!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

プチ情報をいくつか。

今日10月16日、大坂なおみ選手の21回目のお誕生日です。まだ21歳なのね。そして男子のフィリップ・コールシュライバーも35歳のお誕生日。若手とベテランのお誕生日でした。

おめでとう!

女子世界ランク1位のシモナ・ハレプは、年末ランキング1位を確定させましたね。これは2年連続のこと。今年はどうしても欲しかったグランドスラム優勝を全仏オープンで達成したから、なおさら嬉しいはず。

15歳から18歳までを対象として行われるユース・オリンピックがアルゼンチンはブエノスアイレスで開催されてました。

2010年に第1回大会が開催されて今回は第3回大会で、田島尚輝&内藤祐希ペアーがミックスダブルスで金メダルを獲得しました。今後の活躍も期待したいわね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:42 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


今朝のブログの訂正&追加!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

今朝アップしたブログで、女子の最終戦へスローン・スティーブンスが出場権を獲得して、残る切符はあと2枚と言うのをお伝えしました。

その残りの切符をかけた争いに、エリーナ・スヴィトリナが抜けてました。

実はスヴィトリナは今週どの大会にもエントリーしていないの。つまり、最終戦へ向けてのポイント・レースで現在彼女のポイントは3,850ポイント。もうこれは変わらないと言うこと、

今週行われるロシアのモスクワ大会にはカロリーナ・プリスコバとキキ・ベルテンスがエントリーしていて、それぞれのポイントは、プリスコバが3,840ポイント、ベルテンスが3,710ポイント。

両者は1回戦が免除されているから2回戦からの登場。それに勝つとベスト8入り。その大会のベスト8でのポイントが100ポイント。

つまり、プリスコバは初戦の2回戦を勝つとスヴィトリナを抜くことに。一方、ベルテンスは140ポイント差があるから、ベスト4進出をしなければスヴィトリナを抜けない計算なの。

スヴィトリナがどの大会にもエントリーしていないから、プリスコバとベルテンスの結果待ちって言うことね。

来週の最終戦への切符は誰の手に!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 13:06 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


デルポが骨折!&スティーブンス最終戦へ!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

昨日行われた上海ロレックス・マスターズ決勝戦は、ノヴァーク・ジョコビッチがボルナ・チョリッチを下して優勝しました。

ジョコビッチは大会通して1度も自身のサービス・ゲームを落とさない完璧なプレーでの優勝でしたね。

そんな中、気になるニュースが飛び込んで来たの。その大会の木曜日に行われた3回戦で準優勝したチョリッチと対戦したファン・マルティン・デル=ポトロが試合中に足を滑らせて膝をコートに強打してしまって途中棄権を余儀なくされたんだけど、その検査の結果が出たの。

それは膝蓋骨骨折と言うもの。

11月11日から始まるATPツアー最終戦への切符も既に獲得しているデル=ポトロだけど、もう1カ月を切ってしまった今、出場が懸念されてますね。

これからまたドクターの診察を受けて、今後のスケジュールについて話し合って決めるとのこと。

最終戦の切符を争っている錦織圭選手に取っては追い風となるけど、これまでも何度も怪我に苦しんでいたデル=ポトロだけに、やっと好調なシーズンが送れた時にまた怪我に見舞われてしまったのはかなりのショックなはず。

骨折は時間が経てば治るはずだから、今は焦らず治療して欲しいわね。

そして来週行われる女子の最終戦への行方もあとわずかとなりました。スローン・スティーブンスが出場権を獲得して、残る切符はあと2枚。

今週行われる大会がその切符への最後のチャンス。カロリーナ・プリスコバとキキ・ベルテンスがスティーブンスのあとに付けていて、その下のエリーゼ・メルテンスとは少しポイントに差があるから、プリスコバとベルテンスのいずれもエントリーしているロシアはモスクワのプレミア大会で初戦となる2回戦を突破してベスト8入りした時点で獲得するんじゃないかしら。

既に切符を獲得している大坂なおみ選手は、来週の大舞台へ向けてゆっくりじっくり調整しているはずね。

また来週が楽しみだわ。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 08:20 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ジョコビッチ、フェデラーがナダルへメッセージ

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

ラファエル・ナダルの故郷であるスペインはマヨルカ島で大雨による洪水被害が起きたの。

それにより家などに被害を受けて寝泊まりする場所に困っている人達に、ナダルは自身が開いたテニス・アカデミーを解放して、地元住民のために力を注いでいるんだって。

そんなナダルや被害に遭われた方々へノヴァーク・ジョコビッチやロジャー・フェデラーがコメントを寄せているの。

ジョコビッチはこんなメッセージを。

「この悲惨なニュース、マヨルカ島での洪水被害のニュースを聞いた。身近な人やご家族、友人などを亡くされた方にはお悔やみ申し上げます。」

「自分の最善の願い、強さ、エネルギーをみなさんへ送りたい。そんな困難を乗り越えるためには、どれほど難しいことなのかとしか想像できない。」

「特にこの被害の中心にいた人々へ。ナダルにも大きな包容と友人としての気持ちを送りたいし、彼は被害に遭われた方々への手助けなどに全力を尽くしている。」

フェデラーのコメントです。

「マヨルカ島のみなさん、こんにちは。この悲惨なニュースにはとても気の毒に思っている。そしてマヨルカ島がラファに取ってどれほど大切な場所か知っている。」

「彼とはずっと連絡を取っているし、何かできることはないかと思っている。ラファが生まれた街を彼が助けている姿を見ている。それは本当に良いことだし、とても感激させられている。」

「我々も応援している。マヨルカ島にいる全ての人のことを考えているし、こんな難しい時に多くの力を与えたいと願っている。機会を見付けてすぐにマヨルカ島へまた行きたいと願っている。」

「ここ上海からマヨルカ島の人達へ応援する気持ちを送りたい。」

早く元のマヨルカ島に戻れますように。

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

遅ればせながら毎週恒例の、日本人選手のツアー下部大会での活躍です。

女子では、アメリカの6万ドルのサーキット大会では、大坂まり選手が2回戦敗退でした。

オーストラリアの2万5000ドルでは、第7シードの美濃越舞選手、予選を勝ち上がった華谷和生選手、ラッキールーザーの内島萌夏選手が1回戦で、加治遥選手、尾崎里沙選手、予選を勝ち上がった村松千裕選手が2回戦敗退でした。

ポルトガルの2万5000ドルでは、第7シードの今西美晴選手、予選を勝ち上がった大前綾希子選手が1回戦敗退でした。ダブルスでは、セルビア人と組んで第2シードの大前選手が優勝しました。

エジプトの1万5000ドルでは、主催者推薦の秋山みなみ選手が2回戦敗退でした。角屋安鳩方選手がベスト4でした。

男子では、アメリカの10万ドルのチャレンジャー大会では、内田海智選手が2回戦敗退でした。ダブルスではデンマーク人と組んで第4シードの松井選手がベスト4でした。

オーストラリアの2万5000ドルのフューチャーズ大会では、岡村一成選手、西脇一樹選手が2回戦敗退でした。第3シードの江原弘泰選手がベスト8でした。ダブルスでは中国人と組んだ江原選手がベスト4でした。

タイの1万5000ドルでは、予選を勝ち上がった竹島駿朗選手が1回戦で、守谷総一郎選手、予選を勝ち上がった中村錬選手が2回戦敗退でした。第4シードの斉藤孝史選手がベスト8、第8シードの山崎純平選手、竹内研人選手がベスト4でした。第2シードの今井慎太郎選手が優勝しました。ダブルスでは、フィリピン人と組んで第1シードの今井選手が優勝しました。

チュニジアの1万5000ドルでは、乾祐一郎選手が1回戦で、河内一真選手が2回戦敗退でした。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 11:35 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


つい期待してしまう大坂選手!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

USオープン女子シングルスを若干二十歳で制した大坂なおみ選手。彼女は3月に行われた準グランドスラムのインディアンウェルズを制したあとも期待とプレッシャーに押し潰されてしばらく本来のパフォーマンスを発揮できなかったの。

それが、USオープン直前で吹っ切れて、また楽しくテニスができるようになって臨んだUSオープンでまさかのグランドスラム初優勝を飾ってしまったの。

するとまた同じような状況に陥ってしまっていることを先週出場していた中国は北京での会見で語っていたの。

「時間が経つごとに自分自身の実力を証明したいと言う感情を持つようになったのです。そんな気持ちはちょっと自分に負担をかけてしまいます。なぜなら、とてもストレスを感じてしまうからです。」

「もし大会で優勝しなかったら、人々は“彼女は優勝できなかった”と言うでしょう。グランドスラムで優勝しなかったら“グランドスラムで優勝できなかった”と言うでしょう。そして1度グランドスラムで優勝すると“彼女はグランドスラムでたった1度だけ優勝した”と。そんなコメントを読んでしまうのです。だから自分は、“もっとしなければ、より良いプレーをしなければ”と思ってしまうです。」

今週行われている香港でのWTAインターナショナル大会を直前で欠場した大坂選手。そんな期待やプレッシャーを感じるのは初めてではない分、3月のインディアンウェルズ後よりは自身もちょっとは慣れて、対処できるはずだろうけど、やっぱり大き過ぎる期待には感情が左右されてしまうものよね。

厳しいコメントも、そんな期待値が高い証拠。

今は、腰の治療に当てているはずで、万全な状態でシンガポールで開催されるツアー最終戦へ向けて調整しているはず。初出場となる最終戦についても語ってました。

「とても興奮しています。自分が持てる生涯で1度あるかないかの機会なはず。まだ出場してはいませんが、そうなるでしょう。だから、とても楽しみで興奮しています。そんな気持ちで臨めばきっと良いプレーができると思っています。」

って気持ちを語ってました。やっぱり期待しちゃうわね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:43 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


大坂敗退、錦織選手は決勝進出!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

大坂なおみ選手、負けちゃいましたね。アナスタシア・セバストバのスライスを混ぜた緩急のあるストロークに、ミスをさせられた感じでしたね。

強打の打ち合いにはきっと負けない大坂選手だけど、セバストバのようなプレーをする選手への対応が今後の課題かの知れないわね。

それでもUSオープン優勝後、準優勝とベスト4は、それなりに立派な成績だと思います。

背中にはテーピングが施されているのが見えたけど、多少の休養も必要なはず。負けてしまった今は、ゆっくり休んで欲しいわね。

そして東京では錦織圭選手がリシャール・ガスケをストレートで下して決勝進出を果たしました。

決勝戦では、予選から勝ち上がったダニイル・メドベーデフと対戦。これまでは1度対戦があって錦織選手が勝ってるけど、今日の準決勝のデニス・シャポバロフも、これまで2回対戦していずれもシャポバロフが勝ってたけど、今回はメドベーデフが勝ってるから、錦織選手も気を引きしめて臨まないとね。

明日の決勝戦、楽しみね!

.
.
.
.

昨日のブログで書いたアリーナ・サバレンカ。昨日行われた準々決勝で負けてしまいましたね。先週からの連勝を止めたのは主催者推薦で出場しているワン・チアン。

実はワン・チアンはサバレンカ同様このところ絶好調の選手なの。

現在世界ランク28位のワン・チアンだけどチャイナ・オープンには主催者推薦で出場しているの。それは、大会のエントリーの締め切りは6週間前でその時の彼女の世界ランクは53位。今大会のカット・ラインは50位だったから、彼女はランキングからは予選に出場しなければならなかったの。

でもそれ以降、USオープンでは3回戦、広島大会はベスト4、広州大会で優勝、武漢大会でベスト4と、どんどんランキングを上げて、主催者推薦をもらっての出場となったの。

現在は中国人女子ナンバー1となった彼女。サバレンカとの絶好調対決を制してこの大会でもベスト4進出。今後の活躍が楽しみね。

.
.
.
.
.

女子ツアー最終戦へ、シングルスではペトラ・クヴィトバとカロリーン・ウォズニアキが出場権を獲得しましたね。

既に出場権を獲得しているシモナ・ハレプ、アンゲリク・ケルバー、大坂なおみ選手でこれで5選手が決定。残る切符はあと3枚。誰がその切符を手にするかしらね。

そしてダブルスの8ペアーが決まりました。

バーボラ・クレイチコワ&カテリーナ・シニアコバ、クリスティーナ・ムラデノビッチ&ティメア・バボス、アンドレア=セスティニ・フラバコバ&バーボラ・ストリツォバ、デミ・シュールス&エリーゼ・メルテンス、シュー・イーファン&ガブリエラ・ドブロウスキ、マリア=ホセ・マルチネス・サンチェス&アンドレヤ・クレパッチ、クヴェタ・ペシュケ&ニコール・メリチャー、ココ・バンダウェイ&アシュレイ・バーディ。

ダブルスも見逃せないわね!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:26 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ