ブレングルがWTAとITFを訴る

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

現在女子世界ランク83位のマディソン・ブレングルが、女子プロテニス協会のWTAと国際テニス連盟であるITFを相手に訴えを起こしたんだって。

それはそれらのテニスの公的機関が選手に科しているドーピング検査の時に、採血するときに誤って針を指したり、技術不足だったりしたことから傷を負い、その怪我がテニスのプレーに支障を来したからなんだって。

今回の件でブレングルは医者に診てもらった結果、複合性局所疼痛症候群のタイプ1と診断され、サービスを打つ腕と手に十分な力が入らなくなってしまったらしいの。

加えてWTAもITFもそれを知りながら適切な処置を怠ったと言うもの。

「その2つの機関はプロの医師が下した診断と言う証拠を無視し、他の方法での検査の提案もせず、適切な医療処置も施さなかった。そのことからブレングルは大会の欠場を強いられ、腕は腫れ上がり利き手の腕力が弱まってしまった。」と、弁護士から出された声明で語られてました。

28歳のブレングルは、「私が愛するテニスと言うスポーツをコントロールしている人々に選手は単なる商品ではなく、尊敬と品格を持って接するべきだと理解して欲しかったために、今回の行動を起こしました。」と気持ちを明かしていたの。

「私が受けた扱いのような、選手には何もできない機関の職員の行いには耐えられません。我々の健康や安全に関わるような物事に対して選手は言葉を発する必要があります。」

そう語るブレングルは、2016年のUSオープン1回戦直前に受けたドーピング検査から利き腕にダメージを受けたため、1回戦を棄権しなければならなかったんだって。

ドーピングに対する検査がここ数年はかなり厳しくなってるけど、最近では選手が自身のSNSでその検査に対する不満の声を上げてることもしばしば。

試合の疲れを取るために必要な睡眠を妨げるような常識の範囲を越えるような時間に検査官が訪れたり、ブレングルのように採血する時の注射の技術が低く何度も針を刺されたり、上手くできずあちこち刺されたりしたケースも。

他の選択肢を与えたり、または何かあった時のアフターケアのようなものがあればブレングルもここまでの行動を起こす必要はなかったはずよね。

これで少しは改善されると良いけど。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 19:14 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ジョコビッチ、かつてのコーチと練習再開

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

元世界ランク1位のノヴァーク・ジョコビッチだけど、このブログでもお伝えしたけど、アンドレ・アガシ、そしてラデク・シュティエパネックと二人のコーチの関係を連続して終了してしまったの。

しばらくはコーチなしでツアーを回ると見られていたんだけど、クレーコート・シーズンへ向けてスペインのマルベーリャで練習を再開した彼の側には、かつてコーチで長年ジョコビッチを指導していたマリアン・ヴァイダ氏の姿が。

来週行われるクレーコートで最初のマスターズ大会であるモンテカルロ・ロレックス・マスターズにもジョコビッチにヴァイダ氏が帯同するらしいんだけど、その後もヴァイダ氏がコーチとしてフルタイムでジョコビッチのチームに加わるかはまだ決まっていないんらしいってジョコビッチのマネージメントが伝えているの。

「1歩1歩ステップを踏んでいくようだ。ヴァイダ氏の今回の役割は、クレーコート・シーズンへ向けての練習と準備へのサポートをすると言うこと。テニス界から退いたこの1年間ほどは、ヴァイダ氏は家族や娘達とより多くの時間を過ごし、今はまたテニス界へ戻ることに興奮している。」

「彼はテニスがとても好きで、同じくらいジョコビッチの助けをするのも好きだった。ジョコビッチもヴァイダ氏が側にいてくれることを喜んでいる。過去二人は何年間にま亘り驚くような成績を築き上げていたし、それはコートの上でも完璧に上手く行っていたし、コートの外でもとても親しい関係を築いていた。」

それでも海外のテニス・ライターによると、モンテカルロが終わってからその後をどうするか考えるようで、長い期間での契約を交わした訳ではないって伝えているわ。

シュティエパネックは最近、ジョコビッチとはその後も良好な関係を続けているとしながらも、シュティエパネックもアガシも同じ考えを持っていたけど、ジョコビッチは違う考えだったことを明かしていたの。

その考えの詳細は語られていなかったけど、そんなビジョンの違いから関係の終了に至ったみたいだけど、ジョコビッチを既に良く知っているヴァイダ氏とはまたタッグを組むことになるのかしらね?

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

毎週恒例の、日本人選手のツアー下部大会での活躍です。

女子では、アメリカの2万5000ドルのサーキット大会では、第5シードの大坂まり選手が1回戦敗退でした。

エジプトの1万5000ドルでは、宗公美選手が2回戦敗退でした。

国内は柏で行われた2万5000ドル大会では、第1シードの奈良くるみ選手、清水綾乃選手、予選を勝ち上がった小堀桃子選手、岡村恭香選手、主催者推薦の荒川晴菜選手、松本安莉選手、美濃越舞選手が1回戦で、波形純理選手、予選を勝ち上がった村松千裕選手、主催者推薦の瀬間詠里花選手、が2回戦敗退でした。日比万葉選手がベスト8でした。ダブルスでは、林&小堀ペアーがベスト4、決勝戦では岡村&奥野ペアーが韓国人選手と組んだ梶谷選手を下して優勝しました。

男子では、チャレンジャー大会に出場の日本人選手はいませんでした。

エジプトの1万5000ドルでは、予選を勝ち上がった中村錬選手が1回戦敗退でした。

国内は柏で1万5000ドル大会が行われ、第5シードの徳田廉大選手、第7シードの福田創楽選手、山崎純平選手、仁木拓人選手、予選を勝ち上がった川橋勇太選手、主催者推薦の田島尚樹選手が2回戦敗退でした。第6シードの今井慎太郎選手、田沼諒太選手、予選を勝ち上がった羽澤慎治選手、主催者推薦の市川泰誠選手がベスト8、越智真選手、第4シードの江原弘泰選手がベスト4でした。第2シードの高橋悠介選手が準優勝でした。ダブルスでは、第3シードの今井&守谷ペアー、藤井&越智ペアーがベスト4、決勝戦では、徳田&山崎ペアーが羽澤&清水ペアーを下して優勝しました。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:35 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ナダル、好調なスタート!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

世界ランク1位へ返り咲いたラファエル・ナダルが元気な姿で帰って来ましたね。

祖国スペインを代表して戦ったデビス・カップのワールドグループ準々決勝では、地元スペインで得意のクレーコートでドイツと対戦。

初日のシングルスでは、フィリップ・コールシュライバーをストレートで下すと、最終日のシングルスでも世界ランク4位で成長著しいアレキサンダー・ズベレフをストレートで退けて、スペインのエースとして勝利に大きく貢献しました。

1勝2敗で迎えた最終日。負けられない試合でズベレフに快勝したナダルは「簡単な試合にはならないと思っていたから、自分に取ってもチームに取っても大切な勝利を飾ることができてとても嬉しい。自分のレベルにはとても満足している。こんな大事な試合にも関わらず第1セットは素晴らしかった。最高の気分だし、こんな観客の前でプレーしたのは特別なもの。信じられないくらい最高の雰囲気の中で最高の試合になった。」ってオンコート・インタビューで語っていたわ。

次に出場するのは、来週行われるモンテカルロでのマスターズ大会。去年も優勝してるから、大会連覇を目指すわ。そして2ヶ月もしないうちに、全仏オープンもあるの。自身が持つ史上最多優勝の10回を塗り替えることを最大の目標としてるはず。

そしてこのブログでもお伝えしたけど、ナダルは去年と少なくとも同じ成績を残さないと、その時点で世界ランク1位の座をロジャー・フェデラーへ明け渡してしまうことになるの。

去年ナダルはクレーコート・シーズンでは、5大会へ出場して24勝1敗。4大会で優勝してるから、その1つでも連覇できなければフェデラーに世界ランク1位の座を明け渡すことになってしまう計算。

これからどの大会でも色んな意味でのプレッシャーが懸かるナダル。全仏オープン優勝まで、とにかく怪我だけはしたくないと思っているはず。厳しい2ヶ月が始まるわね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:43 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


大坂選手、精神的に疲労がピークかも!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

昨日の深夜に行われたアメリカはチャールストンでのボルボ・カー・オープン3回戦。大坂なおみ選手はユリア・ゲルゲスにストレートで負けちゃいました。

第1セットは良いスタートを切ってリードしてたけど、終盤で追い付かれそのままもつれたタイブレークを落とすとオンコート・コーチングを要求。

コーチのサーシャ・バジンがベンチへ行ってなだめても大坂選手の顔に笑顔は一切戻らず、逆に泣き出してしまうほど。

試合後の会見で大坂選手は、前日の朝目が覚めると気持ちがとても落ち込んでいたんだって。本人もなぜか説明することは出来ないと。その会見でも目に涙を浮かべながら一生懸命話そうとしていたらしいわ。

この日も何とか戦おうと努めたけど、気持ちが着いて行かなかったみたい。

2回戦に勝利したあとも、本当に疲れているって言っていて、物事が目まぐるしく過ぎていると感じていると語っていたわ。

WTA初優勝どころか、ITFでも優勝がなかった大坂選手が、初のタイトルが準グランドスラムと言うビッグ・タイトルだったことから、本人は変わっていなくても、回りの彼女への扱いや注目度は一変してしまったんでしょうね。

でも正直これがトップ選手と言うもの。みんなそんな多大な注目や期待を寄せられながらツアーを戦っているよのね。

二十歳の大坂選手にはちょっと重荷なのかも知れないけど、これを乗り越えてこそ本当のトップ選手になれるはず。今は精神的にも肉体的にもしばらく休んで、ヨーロッパのクレー大会へ向けて気持ちの準備をして欲しいわね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:40 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ジョコビッチ、シュティエパネックとも終了!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

先月行われたATPマスターズ1000大会のマイアミ・オープンの初戦で敗退したノヴァーク・ジョコビッチは、その後にコーチだった元世界ランク1位のアンドレ・アガシとの関係の終了を公にしました。

それからあまり日も経っていないけど、もう一人のコーチだったラデク・シュティエパネックとの関係も終わりにしたことを明かしたの。

シュティエパネックは昨シーズンを最後に現役から引退。それを受けて去年の12月からジョコビッチのチームにコーチとして加わったんだけど、その関係はわずか4ヶ月で終わりを迎えてしまったの。

シュティエパネックは先月のマイアミ・オープンの時はジョコビッチには帯同してはいなかったんだけど、ジョコビッチは自身のホームページでこのことを綴っているの。

「マイアミ大会のあと、ノヴァーク・ジョコビッチと彼のコーチであるラデク・シュティエパネックとの関係を終了する決断に至った。シュティエパネックとのプライベートの関係はこれまでもこれからも良好なもので、ノヴァークは彼と共に過ごした時間を楽しんでいたし、多くを学んだ。これまでの4ヶ月でラデクから受け取った全てのサポートには感謝の気持ちで一杯。」

「ノヴァークは今後もより強くなって戻ってくることや長い間の怪我のために失った自信やテニスをより早く回復させることに集中し復活へ強い思いを抱き続けている。彼はまた勝者になるために継続して新しい別の方法を熱心に探している。」

「家族と短い休暇を取っているジョコビッチは、クレーシーズンとこれから臨む大会へ向けての準備を再開する。アンドレ・アガシとの関係も既に終了させている。」

ジョコビッチが次に出場を予定しているのは、4月15日から開催されるクレーコートで最初のマスターズ1000大会のモンテカルロ・ロレックス・マスターズ。

しばらくはコーチなして戦うつもりだと言うジョコビッチ。心機一転となるかしらね?

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 19:40 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


今年のネクスト・ジェネレーションは?

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

去年のシーズンからネクスト・ジェネレーションと言う言葉が良く聞かれるようになったけど、それはシーズン終わりに新設されたネクスト・ジェネレーション・ファイナルズと言う大会があったからよね。

その大会は、21歳以下の選手だけの大会で、シーズンを通しての獲得ポイントの上位の選手だけしか出場できなくて、ATPファイナルズのようなツアー最終戦のようなもの。

去年はチョン・ヒヨンが優勝して、その勢いのまま今シーズンもここまで好調なプレーを続けてるわよね。

そのネクスト・ジェネレーションは今年21歳になる選手とそれより下の選手が該当するの。

つまり、2018年の今年は1997年生まれの選手かそれ以降に生まれた選手と言うわけ。

だから、チョン・ヒヨンやボルナ・チョリッチ、ジャリード・ドナルドソン、カレン・カチャノフ、サナス・コキナキスなどはもう該当しなくなってしまったの。

去年はそのネクスト・ジェネレーション・ファイナルズのポイント・レースが断然トップだったアレキサンダー・ズベレフは、そのファイナルズではなくATPファイナルズへの出場を選択したわけだけど、そのズベレフは1997年生まれなので、今年もネクスト・ジェネレーション・ファイナルズへの権利があるわ。

でも去年と同じような活躍をすれば、今年もATPファイナルズへの権利も獲得しそうだから、そしたらまたきっとATPファイナルズを優先しそうね。

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

毎週恒例の、日本人選手のツアー下部大会での活躍です。

女子では、オーストラリアの2万5000ドルのサーキット大会では、上田らむ選手、予選を勝ち上がった二宮真琴選手が1回戦で、華谷和生選手、予選を勝ち上がった小関みちか選手が2回戦敗退でした。第2シードの穂積絵莉選手がベスト4でした。ダブルスでは、オーストラリア人選手と組んだ華谷選手がベスト4、オーストリア人選手と組んで第4シードの小関選手が準優勝でした。

イタリアの2万5000ドルでは、主催者推薦の江藤直子選手が1回戦敗退でした。

エジプトの1万5000ドルでは、北川梨央選手が2回戦敗退でした。

国内は甲府で行われた2万5000ドル大会では、秋田史帆選手、岡村恭香選手、日比万葉選手が2回戦敗退でした。ダブルスでは、加治&吉冨ペアー、梶谷&西本ペアーがベスト4、林&小堀ペアーが準優勝でした。

国内は西多摩市で行われた1万5000ドルでは、第6シードの田中優季選手、佐藤南帆選手、藤原里華選手、予選を勝ち上がった森崎可南子選手、相川真侑花選手、長谷川茉美選手、主催者推薦の中沢夏帆選手が2回戦敗退でした。奥野彩加選手がベスト8、牛島里咲選手がベスト4でした。ダブルスでは、第3シードの林&吉冨ペアーがベスト4、細沼&森崎ペアーが準優勝でした。

男子では、グアドループの8万5000ユーロのチャレンジャー大会では、内田海智選手が2回戦敗退でした。

オーストラリアの2万5000ドルのフューチャーズ大会では、河内一真選手が1回戦敗退でした。

チュニジアの1万5000ドルでは、牧口流星選手が1回戦敗退でした。

国内は筑波で1万5000ドル大会が行われ、第6シードの福田創楽選手、清水悠太選手、越智真選手、予選を勝ち上がった山尾玲貴選手、主催者推薦の田島尚輝選手が2回戦敗退でした。第2シードの江原弘泰選手、第5シードの今井慎太郎選手、片山翔選手がベスト8、田沼諒太選手がベスト4でした。決勝戦では第3シードの綿貫陽介選手が第4シードの徳田廉大選手を下して優勝しました。ダブルスでは、中川&上杉ペアー、奥&竹島ペアーがベスト4でした。決勝戦では江原&羽澤ペアーが第3シードの守谷&竹内ペアーを下して優勝しました。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 19:21 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


イズナーの快進撃の特効薬は?!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

マイアミ・オープン男子シングルスではジョン・イズナーがマスターズ1000大会初優勝で幕を閉じました。

これでイズナーは、マスターズ大会初優勝の最年長選手となったの。イズナーは32歳と11ヶ月での優勝で、それまでの最年長選手は、2010年のインディアンウェルズでマスターズ大会初優勝を飾ったイヴァン・リュビチッチで、その時リュビチッチは31歳と2日だったの。

この優勝は本人も「この大会までの成績を見ても、こうして(優勝して)ここにいるなんて全く思ってもみなかった」って語るほど、今季は勝利がなかったの。

今シーズンに入ってイズナーはマイアミ・オープンまで、出場6大会中5大会で初戦敗退。唯一初戦突破したデルレイビーチでも2回戦敗退と全く精彩を欠いていたの。

それが今回の快進撃の原因をメンタル面の違いからだって本人も認めているの。

実際、直近の敗戦3試合中2試合は、マッチポイントを握ってからの逆転負け。BNPパリバ・オープンの初戦では、ガエル・モンフィスに1本マッチポイントを握っていたの。デルレイビーチの2回戦では、ピーター・ゴジョウッチに3本のマッチポイントを握ってからの逆転負けだったの。

そのメンタル面での変化は、夕食を食べている時に起きていたってイズナーは明かしていたの。最初にマイアミに着いた夜にコーチのデヴィッド・マクファーソン氏と夕食を取ってテニスの技術の話はほとんどしなかったんだって。

「何が妨げになっていたのかを特に話し合ったんだ。コートでもっと練習することではない。それはやっている。もっとジムでトレーニングすることでもない。それもやっている。単にメンタルなもので、緊張からコートで硬くなったり躊躇したりしている自分自身が妨げになっていた。」

「今週はそのハードルをクリアできた。どの試合も精神的にとってもフレッシュでリラックスして臨んでいた。そして試合に勝つとまた夕食を取り、また勝つと夕食を取り、また勝つと夕食を取り、リラックスするんだと言うポイントを叩き込み続けたんだ。するとのびのびプレーしたら、強敵になれたんだ。」

その言葉通りイズナーは世界ランク3位のマリン・チリッチ、去年のネクスト・ジェネレーション・チャンピオンでツアーで最もホットな選手と言われているチョン・ヒヨン、そしてBNPパリバ・オープンを制していたファン・マルティン・デル=ポトロと、強豪を次々倒してのタイトル獲得だったの。

イズナーに取ってはコートでの練習やジムでのトレーニングより、コーチとの夕食が一番の特効薬になったようね。

でもそれはそのコーチのマクファーソン氏の力も大きかったはず。実は大会の男子ダブルスを制したボブ&マイクのブライアン兄弟もマクファーソン氏がコーチをしているの。

つまり、シングルスもダブルスもマクファーソン氏がチャンピオンを導いたってこと。コーチとして感無量だったはずね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 19:27 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ジョコ、アガシ関係終了&チョン・ヒヨンの休養

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

ノヴァーク・ジョコビッチが、コーチで元世界ランク1位のアンドレ・アガシ氏との関係に終止符を打ったことが明らかになりましたね。

グランドスラム8回の優勝を持つアガシ氏は、2017年の全仏オープンの時にアガシのチームにコーチとして参加したの。

4月のモンテカルロ・マスターズの準々決勝でダビ・ゴファンに敗れたあと、コーチのマリアン・ヴァイダ氏、フィットネス・トレーナーのゲブハード・フィル=グリッチ氏、セラピストのマリヤン・アマノビッチ氏全てとの関係を終了。

そして5月にアガシ氏がヴァイダ氏に代わってコーチに就任。しかしそれから10ヶ月で関係が終わりを迎えたことになったの。

47歳のアガシ氏は「二人の間には意見のたくさんの相違があった。彼はこれから良い方向へ前へ進んでくれることを祈る。」

アガシ氏がコーチをしている期間ジョコビッチはほとんど肘の怪我で満足に戦えていなかったんだけど、復活へ向けてのプロセスなど、意見が合わなかったのかも知れないわね。

怪我の状態としては、マイアミ・オープンの時はもうほとんど痛みはないって語っていたジョコビッチだけど、初戦でブノワ・ペールに敗れてしまって、BNPパリバ・オープンに次ぐ初戦敗退となってしまったのよね。

今はその怪我と、テニスと言うよりメタルの状態が不安視されるかもね。

.
.
.
.
.

そして今やATPツアーでも注目のアジア人選手であるチョン・ヒヨンがクレーコート・シーズンへ向けてちょっとだけ休養を取ることを決めたようなの。

当初の予定ではアメリカはテキサス州ヒューストンで4月9日から15日にかけて行われるATP250大会へ出場を予定していたの。

チョン・ヒヨンは自身の公式ツイッターでその大会の欠場を表明。彼はモンテカルロ・マスターズには最初からエントリーしていないため、次の出場予定である4月23日から始まるバルセロナでのATP500大会でコートに帰って来ることになるから、1ヶ月弱のオフを取ることに。

ここまでの連戦の疲れを取ってクレーコート・シーズンに臨むつもりのチョン・ヒヨン。クレーコートでも活躍を見せてくれるかしらね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 20:31 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


マクラクラン選手、調子がいまいちだったかな

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

マイアミ・オープン男子ダブルス準決勝、マクラクラン勉選手&ヤン=レナルド・シュトルフ組は、ボブ&マイクのブライアン兄弟にストレートで負けてしまいました。

この試合、ちょっとマクラクラン選手の調子がいまいちだったかな。第1セットは3本(だったかな?)のスマッシュのミスがあって、1本目のミスから気分が上がり切らなかったような印象でした。

第1セットのセットポイントも、第2セットのマッチポイントもいずれもマクラクラン選手のボレーミスでした。

普段見ていると、やっぱりマクラクラン選手はダブルス上手だなって思うことばかりで、準々決勝なども対戦相手はシュトルフにボールを集めていたの。

準決勝のブライアン兄弟との試合は、ちょっとギアが上がり切らなかったのかもね。ま、年間何試合も試合をするわけだから、常に絶好調とは行かないもの。

マスターズ大会でベスト4と言うのはかなりの好成績だし、敗戦はすぐに忘れてクレーコート・シーズンへ向けて準備に入って欲しいわね。

ブライアン兄弟は来月40歳になるけど、これがこのペアーで172回目のATPツアー決勝戦で、マイアミでは5回目の優勝に王手をかけました。

そして女子シングルスの決勝のカードが決まりました。

ここまで注目だったのは、予選を勝ち上がっての4強入りを果たしたダニエル・コリンズ、24歳。

彼女はアメリカの大学選手権を2014年と2016年に制していて、プロに転向したの。だから実力はもともとあったってことだけど、この快進撃は凄いわよね。

コリンズの快進撃を止めたのは去年の全仏オープンでツアー初優勝を飾った20歳のイェレーナ・オスタペンコ。

両者はプロとしてはこれが初対戦だけど、ジュニア時代に1度対戦しているんだって。

それは6年前、コリンズが18歳でオスタペンコが14歳の時。

それはエディーハと呼ばれる大会で、ジュニアのグランドスラムなどのグレードAの大会の1つ下のグレード1と言う大会。

1回戦で対戦して、その時はもちろんお姉さんのコリンズに軍配が上がったの。そしてコリンズは3回戦で、現在世界ランク28位のアネット・コンタベイトに敗れたの。その時その大会で優勝したのは現在世界ランク75位のユリア・プチンセワ。

みんなプロになって活躍してるわね。

コリンズはこれで、93位だったランキングを53位へとジャンプさせます。今後の活躍も楽しみね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 17:20 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


マクラクラン選手4強&マレー大会エントリー

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

今朝行われたマイアミ・オープン男子ダブルス準々決勝で、マクラクラン勉選手&ヤン=レナルド・シュトルフ組は、ニコラ・マクティッチ&アレキサンダー・ペヤ組をストレートで下してマスターズ大会初のベスト4進出を決めました。

マクラクラン選手とシュトルフは、全豪オープンで初めて組んで出場するとベスト4進出。その後はシュトルフはシングルスをメインにプレーしていて、マクラクラン選手は別のパートナーと試合へ出場していたんだけど、マクラクラン選手は思うような結果は着いて来なかったのよね。

その全豪オープン以来となるこの二人のペアーで、またしても快進撃。よっぽど相性が良いのね。

でもデュースになったディサイディング・ポイントのほとんどがシュトルフがリターンしてたんだけど、試合を見てるとマクラクラン選手の方が良いリターンしてないかな?って思うところも。二人で相談して決めてるんだろうから、それはそれでOKだけどね。

これで来週発表のランキングでは、マクラクラン選手は自己最高位を更新してトップ30入りとなる29位へ。シュトルフもトップ50入りして49位へと上昇させます。

次は第4シードのマイク&ボブのブライアン兄弟と対戦。この勢いのままブライアン兄弟も撃破して決勝進出を狙って欲しいわ。

.
.
.
.

そして怪我から芝のシーズンでの復帰を目指している元男子世界ランク1位のアンディ・マレーは、ウィンブルドンへ向けてオランダはスヘルトヘンボシュのロスマーレンで6月11日から17日にかけて行われるATP250大会への出場を決めたんだって。

「芝のコートへ戻ることを楽しみにしているし、初めてロスマーレンでプレーすることも楽しみにしている。その大会の良い話をたくさん聞いているし、コートもとても整備されているとのこと。ウィンブルドンへ向けての準備としては完璧な大会になるだろう。」

今年の5月で31歳になるマレーは、これまではその大会へ出場したことはなくて、初めて出場するの。やっと練習を再開したらしいマレー。どこまで戻してくるか楽しみね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:58 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ