カテゴリー別アーカイブ: 未分類


マクラクラン勉選手の快進撃!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

全豪オープン女子シングルス4回戦、期待していた大坂なおみ選手は世界ランク1位のシモナ・ハレプの前に敗退でした。

ハレプのリターンの良さもあったけど、大坂選手のサーブがそれまでの試合ほど良くなかったのも敗因の1つかな。

テニス的には正直ハレプが1枚も2枚も上でした。心配された体もほとんど問題なかったですね。

それでもトップ20の選手2人を倒しての4回戦進出はそれなりに価値があるもの。それをこれからのテニス人生に生かして欲しいわ。

女子ダブルスの青山修子ペアーは、ここまで勝てていないペアーの前にまたしても敗退。ベスト8入りとは行きませんでした。次はしっかりリベンジしてもらいましょう。

そして快進撃を見せているのが男子ダブルスに出場しているマクラクラン勉選手。ヤン=レナード・シュトルフと組んで何とベスト4入り!

昨日の4回戦を見ていると、マクラクラン選手はさすがダブルス上手だなって思ったけど、シュトルフがリターンのミスが多かったり、ボレーのミスもあったりと、相手もシュトルフ狙いでした。

でもやっぱり強みは、シュトルフとマクラクラン選手のサーブが良いこと。それで乗り切った感じでした。

今日の準々決勝は第1シードペアーとの対戦とかなりの強敵ながら、今日はシュトルフのリターンが良かったですね。

マクラクラン選手と話したのかコーチから言われたのか分からないけど、しっかり相手コートへ返球してました。

それでも相手はやっぱりシュトルフにボールを集めている印象的で、最後のタイブレークも、シャトルが相手ペアーの間を抜くショットを決め、1度だけミニブレークできたマクラクラン組が勝利を手にしました。最後はシュトルフがスマッシュを叩き込んでゲームセットでした。

こうなったら、このまま優勝して欲しいわね!!!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 15:55 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


大坂選手、最高のプレー&フェデラーの優しさ

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

昨日行われた全豪オープン女子シングルス3回戦、大坂なおみ選手は見事なプレーで勝利を手にしましたね。

正直、試合巧者のアシュレイ・バーティとの対戦は、大坂選手からするとあまり得意ではない相手じゃないかなって感じていたの。

若い頃からその才能を認められていたバーティ。ちょっと燃え尽き症候群に陥って一時引退していたのよね。そしてどちらかと言うとダブルスで成功を収めていたけど、ここへ来てシングルスでも成績が出始めているの。

今年はトップ10を狙えるのでは?と期待されている選手だったし、上手さで大坂選手のパワーをかわしてしまうのではって感じていたの。

試合が始まったら、バーティの緩急をつけたストロークに大坂選手は翻弄されることなくミスも少ないプレーを披露。おまけにサーブも好調でエースを量産してました。

ミスをしても笑顔でしたね。あれはこれまで見られなかった大坂選手の変化。そしてとても良い変化。

このブログでも前に紹介したけど、ミスをして落胆したり、そんな態度を出したりすると、その後のパフォーマンスが下がると言うのが証明されているの。

かつてヴェラ・ズヴォナレーワが世界ランク2位まで登った時、その時のコーチが彼女にミスをしたらコートで笑いなさいと教えていたの。それまでの彼女は、頭を抱えたり明らかにミスを落胆する姿が見られたんだけど、改善したら成績が出始めたの。

良いショットを決めた時のガッツポーズや「カモン!!!」とかの雄叫びもよりエネルギーやパフォーマンスを上げることが最近のスポーツ医学で分かっているけど、それは多くの選手がやってるわね。でもミスをした時の自分自身の気持ちの処理の仕方が大坂選手は変わったのが明らかでした。

4回戦では激闘を制した世界ランク1位のシモナ・ハレプと対戦。あの試合からの消耗を考えると可能性があると感じるわよね。

ハレプは足に怪我をしていて、試合後の会見でもずっと痛みがあったけど、精神力で乗り越えたって語っていたの。でも足首には全く感覚がないとも言ってたわ。

大坂選手も粘りを見せて長い試合へ持ち込めれば勝機があるのでは?明日の4回戦が楽しみね。

.
.
.
.
.

全豪オープン2018は男女共にシード勢の敗退が相次いでますね。昨日は世界ランク4位のアレキサンダー・ズベレフがまたしてもグランドスラムでの早期敗退を喫してしまったの。

今年の4月で21歳になるズベレフ。その若さで去年は2度のマスターズ優勝を成し遂げて、11月には自己最高位の3位を記録。しかしながら、なぜかグランドスラムでは今年の全豪オープンまでに10回戦ったけど、4回戦進出が1度あるだけ。

それは去年のウィンブルドンで、それ以外も3回戦が3回だけと成績に繋がっていないの。

もちろん今年の全豪オープンにはかなり気合いが入って臨んでいたはずだけど、昨日は同じネクスト・ジェネレーションの21歳のチャン・ヒョンに負けちゃったの。

そんなズベレフに試合後声をかけたのがロジャー・フェデラーだったんだって。

フェデラー自身はリシャール・ガスケをストレートで下して4回戦進出を決めていたの。フェデラーはこう語ってたわ。

「彼はまだ若い。前途有望な選手。彼はまだグランドスラム・レベルでのブレークを探しているところ。時には少し後戻りして、良いところを見付けたり、時間を与えたり、少し目標を下げたりすることも必要だと思う。まずはベスト8とかベスト4を狙うとか。全豪オープンやUSオープンに優勝だけを目標にして臨むのではなくて。」

「もちろん回りは言うだろうが、選手に取ってはそこにもたどり着いてないのに優勝を狙うのは簡単なことではない。テニス・キャリアの序盤を語るとすると、自分もまずはベスト8に目標を設定していた。それを達成して初めて優勝できたのは、2003年になってからだった。あの時は22歳だった。あの年でも準々決勝を戦ったり1回戦で負けたグランドスラムだってあった。そう彼に伝えたんだ。」

「辛抱強くなるんだ。必要のないプレッシャーを自分自身にかけてはいけない。今日のような敗戦から学ぶべきだし、どんな事だって起こるものだと。自分が今進んでる道を信じる必要がある。良いオフシーズンを送ったし、一生懸命練習もしたはず。正しい事をしている。グランドスラムでそれが成果を出していないだけかも知れないし、落ち着いて、穴に閉じ籠ってはいけない。彼と会ったとき、彼はとても打ち砕かれているように見えた。彼の肩を叩き、こう言ったんだ。大丈夫、悪くはないさ。もっと悪かったかも知れないんだとね。」

そのズベレフも試合後の会見で、フェデラーとロッカールームで会話をしたことを認めて「負けた後、ロッカールームでロジャーと話をしたんだ。助けになったよ。」って、内容こそ明かさなかったけど、救ってくれた事を明かしていたの。

フェデラーは選手としてだけじゃなくて、人間としても素晴らしいわね!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:18 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


頑張れなおみ&もっと罰金を科された選手

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

全豪オープン2018、男子シングルスは日本人選手はみんな負けてしまったけど、女子シングルスでは大坂なおみ選手が2回戦で第15シードのエレーナ・ヴェスニナをストレートで下しました。

特に第2セットはどっちがシード選手か分からない内容でしたね。そして今日これから行われる3回戦では、地元オーストラリア期待の第18シードのアシュレイ・バーティと対戦。

そのバーティの現在の世界ランクは17位と自己最高位にいて更に上げる勢いで、トップ10を狙えるとも言われているの。

地元の声援を受けて、大坂選手に取ってはアウェイになってちょっとハンデがあると思うけど、センターコートでの試合だし注目のカードだから、エネルギーがわいているはず。好ゲームを期待しましょう。

そして活躍しているのは、男子ダブルスのマクラクラン勉選手。ヤン=レナルド・シュトルフと組んで1回戦に勝利して、2回戦ではシードペアーを下しました。

初めてのグランドスラムで3回戦進出。もちろんランキングも更に上昇させて60位くらいになるはず。もし次の試合に勝ってベスト8入りをしたら、トップ50入りが確実。何とか頑張って欲しいわね。

女子では青山修子選手がヤン・ザオシャンと組んで1回戦を突破して、今日行われた2回戦もストレートで勝ちましたね。

第11シードだからここまではランキング的には格下のペアーだったけど、3回戦は第6シードペアーとの対戦。

上位進出には上の相手を下さないと勝ち上がれないもの。次も勝って8強入りしてもらいましょう。

去年ベスト4まで行った穂積絵莉&加藤未唯ペアーは2回戦で負けちゃいましたね。これでランキングを落としちゃうけど、シーズンは始まったばかり。

二人ともダブルスもそうだけど、シングルスにも期待しちゃうわね。
.
.
.

前回のこのブログでオーストラリアのニック・キリオスがまたしても罰金を科されてしまったことをお伝えしました。その罰金は3,000ドル(約33万円)だったんだけど、それをはるかに上回る罰金を科された選手が。

まさかの1回戦敗退を喫してしまった女子第10シードのココ・バンダウェイ。

彼女はその試合中に2度の警告を受けたために、2度目はポイント・ペナルティを科されてしまってもいたの。

そして試合中に暴言も吐いてしまい10,000万ドル(約110万円)の罰金が決まったの。

そして15歳で快進撃を見せたマルタ・コスチュクは、コートサイドにいたお母さんがコーチングをしたと見なされて、2,500ドル(約27万5000円)の罰金が科されたんだって。

大会5日目が終わった時点で、男子で9選手、女子で5選手に罰金が言い渡されたの。シードダウンも多いけど、ちょっと荒れた全豪オープンになってるのかも知れないわ。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 13:49 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


杉田選手&西岡選手、残念!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

昨日行われた全豪オープン男子シングルス2回戦。杉田祐一選手も西岡良仁選手も負けちゃいましたね。

西岡選手は、第2、第3セットは終盤で明らかに集中が切れてしまってました。本来、あんなに諦めが早い選手じゃないと思うんだけど、精神的に負けてしまった試合でしたね。

第2セットは1度ブレークされたら切れてしまい、第3セットに至っては、崖っぷちにも関わらず、そして第9ゲームの相手のサービスゲームで惜しいポイントが取れずブレークできなかったとたん切れてしまってました。

キープキープで進んでいただけに、本当に残念でした。最後の最後まで切れずに粘りのプレーを見せて欲しかったですね。

杉田選手は惜しかった。と言うか、最後はちょっとアンラッキーでしたね。ネットに当たったボールが自分のコートに落ちてブレークポイントを握られてしまいました。

試合を見ていると、カルロビッチのサーブの凄さは感じたけど、やっぱり錦織選手までのリターン力はなかったかなって言うのが印象でしたね。

錦織選手がトップ10入りし始めた頃の2014年の対戦と、その後2016年の対戦では、カルロビッチにいずれもストレートで勝っていますからね。

ただ気になったのは、特に第5セットでは右腕を気なする素振りを見せていたこと。調子が良いときに限って怪我をしてしまうもの。

その右腕の気に仕方は、悪化するとテニス・エルボーになってしまう感じのもののような気がしました。

負けたことは残念でならないけど、きっと今は神様が少し腕を休ませなさいって言ってるのかも知れないわ。悪化する前にしっかり治療と休養を取って欲しいわね。

昨日から男女ダブルスも始まりました。

日本からは、男子ダブルスにマクラクラン勉選手がヤン=レナルド・シュトルフと組んで1回戦に勝利しました。

西岡選手はマートン・フチョビッチと組んで、何とブライアン兄弟に挑みました。第1セットを取る健闘を見せたけど逆転で負けちゃいました。

女子では二宮真琴選手がウクライナのリュードミラ・キチョノクと組んで、日比野菜緒選手がクロアチアのダリヤ・ユラクと組んで1回戦に登場したけど、いずれも初戦突破とは行きませんでした。

そして今日は大坂なおみ選手がシード選手との2回戦に臨みます。対戦相手は、第15シードのエレーナ・ヴェスニナ。

ダブルス巧者のヴェスニナだけど、シングルスでもこのところ好調なのよね。でも将来トップ10入りを目指す大坂選手だけに、世界ランク19位のヴェスニナにしっかり対抗できるはず。

ここを乗り越えて上位進出を狙ってもらいましょう。

そしてダブルスには、ここへ来てダブルス・ランキングの自己最高位を更新している青山修子選手がヤン・ザオシャンと、唯一の日本人ペアーで去年の全豪オープンでベスト4入りをしている穂積絵莉&加藤未唯ペアーが登場します。

.
.
.

オーストラリアのニック・キリオスがまたしても罰金を科されてしまいましたね。男子シングルス1回戦で、観客に対して暴言を吐いたとして3,000ドル(約33万円)の罰金を言い渡されたんだって。

1回戦を終えて罰金を科されたのはキリオスだけじゃないの。1回戦敗退を喫したボルナ・チョリッチは試合中にラケットを叩き壊したりしたことに対して5,000ドル(約55万円)の罰金が、そしてディエゴ・シュワルツマンとマリウス・コピルにも2,000万ドル(約22万円)が科されたの。

大会は始まったばかり。キリオスはその1回戦は快勝したのに応援してくれている観客に暴言を吐いては駄目よね。更なる罰金が科されなければ良いけど。

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

毎週恒例の、日本人選手のツアー下部大会での活躍です。

女子では、アメリカの2万5000ドルのサーキット大会では、岡村恭香選手が1回戦で、清水綾乃選手が2回戦敗退でした。大坂まり選手がベスト8でした。

チュニジアの1万5000ドルでは、緒方葉台子選手が1回戦敗退でした。

男子では、オーストラリアの7万5000ドルのチャレンジャー大会では、綿貫陽介選手が1回戦敗退でした。ダブルスでは、オーストラリア人選手と組んで第3シードのマクラクラン勉選手、中国人選手と組んだ綿貫選手がベスト4でした。

タイの5万ドルでは、竹内研人選手、予選を勝ち上がった吉備雄也選手が1回戦敗退でした。第7シードの高橋悠介選手がベスト8でした。

アメリカの2万5000ドルのフューチャーズ大会では、第3シードの内田海智選手がベスト4でした。ダブルスでは、アメリカ人選手と組んで第3シードの内田選手がベスト4でした。

中国の1万5000ドルでは、岡村一成選手が2回戦敗退でした。第6シードの田沼諒太選手がベスト8、羽沢慎治選手がベスト4、清水悠太選手が優勝しました。ダブルスでは、中国人選手と組んだ田沼選手がベスト4、羽沢&清水ペアーが準優勝でした。

チュニジアの1万5000ドルでは、脇田俊輔選手が2回戦敗退でした。ダブルスでは、セルビア人選手と組んだ脇田選手が準優勝でした。アメリカの1万5000ドルでは、第7シードの中川直樹選手が1回戦敗退でした。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 08:22 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


大坂なおみ見事な勝利&アザレンカに光が!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

昨日の全豪オープン大会2日目に行われた男女シングルス1回戦では、日本人選手は初日ほどの活躍はできませんでしたね。

女子では、まず奈良くるみ選手が登場。正直な感想として、勝利を自ら献上するような試合。と言うか、覇気が感じられない試合でした。コメントは控えます。

日比野菜緒選手は、試合前にも積極的にネットへ出ることを意識すると語っていて、それは随所に見られましたね。最近はダブルスも積極的にやっていて、プレーの幅を広げる意味ではとても良い志しだけど、それを勝利に繋げることはできませんでした。

相手を追い込んでネットで仕止めるのは良い戦術だけど、そこからもっと勝利を導けるようにこれからもそのプレーに磨きをかけて欲しいわね。

大坂なおみ選手は、サービスエースが11本とサーブがとても好調な印象でした。

ただストローク戦になると、ちょっと不安定なところも。特に前から気になっているフォアハンドの降り遅れが所々で見られましたね。新しいコーチとその改善に取り組んでいるのかしら?

明らかにフォアハンドの構えが遅いのは前からだけど、いつ改善されるかって思っていたけど、まだそこは変わってなかったですね。

でも1時間17分のストレート勝利はさすがですね。本人も驚いてましたね。この調子で2回戦のシード選手との対戦も番狂わせを演じて欲しいわね。

男子シングルスではダニエル太郎選手が登場。第1セットをタイブレークで先取。第2セットも2ー5の劣勢から追い付いてタイブレークに持ち込んだのに、そのタイブレークでは1ポイントも取れず落としてしまいました。

対戦相手のベテラン、ジュリアン・ベネトーはその経験豊富さから、徐々に試合の流れを掴んでの勝利でしたね。

ダニエル太郎選手は、出だしの勢いを取り戻すことはできず、第2セットから3セット連取されてしまいました。この敗戦から、今後はダニエル選手自身が徐々に流れを掴んで最後には勝利を手にできるような展開を学んで欲しいわね。

今日はこれから西岡良仁選手、それから杉田祐一選手が2回戦へ臨みます。そしてダブルスも始まりますね。本当に楽しみです。

.
.
.
.

今年の全豪オープンも、子供の親権問題から欠場している元女子世界ランク1位のヴィクトリア・アザレンカだけど、アザレンカの故郷のベラルーシのミンスクでの第1回目の裁判で勝利したらしいの。

それは息子であるレオ君の父親が裁判を起こしたカリフォルニアの裁判所が明らかにしたもの。

アザレンカはなるべく早めにベラルーシへ渡りその後の手続きをするみたい。

アザレンカにやっと明るい未来が見えて来たかも知れないわね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 09:05 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


杉田、西岡あっぱれ&セリーナ出産時を語る

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

昨日から始まった全豪オープン2018。男女シングルス1回戦が行われました。

登場した日本人男子は2人とも素晴らしいプレーでシード選手を倒して2回戦へ進みましたね。

まずは膝の大怪我から復帰したばかりの西岡良仁選手が、第27シードのフィリップ・コールシュライバーをフルセットの末に倒しました。

この試合はフルセットながら2時間39分と、5セットやったわりにはそれほど時間がかからなかったのが分かるような展開でしたね。

各セット、取ったり取られたりの試合は、どのセットも一方的な展開でした。お互いずっと集中力を持続するのは難しいなか、第5セットをしっかり取りきれた西岡選手はさすがでした。

コールシュライバーは34歳のベテランで、ずっとほぼトップ30を維持している安定した選手で、もちろん経験も豊富。

第4セットは、ある意味セーブして第5セットに懸けたと語っていた西岡選手。もちろん危ない賭けだけど、それをしっかり実行できたのは肉体的にも精神的にも勝っていたからでしょう。

そして第8シードのジャック・ソックを下したのが杉田祐一選手。

去年の初対戦でも杉田選手が勝利していたけど、その後にソックはツアー最終戦に出場するほどの好調さを見せていて、レギュラー・ツアー最後のパリでのマスターズ大会でマスターズ初優勝。そして初出場したツアー最終戦でもベスト4と、調子を上げているのよね。

でもこの結果を予測できそうだったのは、シーズン開幕と同時に行われた国別対抗戦のエキシビションであるホップマン・カップ。そこでも二人が対戦していたんだけど、第1セットはランキングこそソックがかなり上だけど、全く引けを取らないプレーで、それどころか第1セットをタイブレークの末に杉田選手が奪っていたの。

そのタイブレークで足を痛めてしまったソックは、その後に棄権してしまったけど、杉田選手は去年の対戦含めて良いイメージで試合に臨めたはず。

鍵は反撃を許してタイブレークに持ち込まれた第2セットを取れたことでしょうね。

杉田選手は2回戦でイヴォ・カルロビッチと、西岡選手はアンドレアス・セッピ対戦します。

そして二人ともその試合に勝つと3回戦ではこの二人が対戦するの。グランドスラムの3回戦の舞台での日本人対決。実現して欲しいわね!

そして女子シングルスには江口実沙選手が登場しました。

江口選手も西岡選手と同じ怪我を負ってしまいそこから復帰して来ましたね。それでも復帰してからは、怪我をした登り調子のプレーを取り戻すのに苦労してますね。

昨日も世界ランク119位のヤナ・フェットにあっさり敗退。正直ドローには恵まれつつも、トップ100目前まで来ていた頃のプレーとは行きませんでした。

本人のブログでは、サーブが思うように行かずその後のことまで頭が回らなかったと綴ってました。全て完璧なプレーで試合が終えたと言う選手は、あまりいません。ベストなプレーでなくても、そこから何とか勝つ方法を探しているはず。

怪我から復帰して思うようなプレーがでいていない事にストレスが貯まっているだろうけど、今は我慢の時なのかも知れないわね。大丈夫、きっと取り戻せるはず!

今日は残る日本人選手が登場します。男子はダニエル太郎選手、女子では大坂なおみ選手、日比野菜緒選手、奈良くるみ選手。今日もまた日本人選手の活躍を期待しましょう。

.
.
.
.

出産のためツアー離脱中のセリーナ・ウィリアムズ。全豪オープンで復帰してくるかと思ったらまだ準備が十分じゃないらしく欠場しましたね。

そんなセリーナ、ファッション雑誌のVogue Magazineの表紙を娘であるアレクシス・オリンピアちゃんと飾ったの。そして出産の時についても語っていたの。

彼女は帝王切開でオリンピアちゃんを出産したんだって。すると直後に息苦しさなどを感じたセリーナは、2011年に患った肺塞栓症だと感じ検査したらやはり血栓が見つかって手術。

出産してから6週間病院で過ごさなければならなくなってしまったんだって。

そんな状態でも順調に回復したセリーナ。今持っているグランドスラム最多優勝記録の23回を更に塗り替えて、25回を目指したいと、今後のテニス人生にも前向きな気持ちを語っていたの。

早く元気なプレーが見たいわね!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 10:31 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ダブルスのドロー&トップ選手の不安材料

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

全豪オープン男女シングルスの予選では、日本人選手は全滅しちゃいましたね。

男子で唯一最終ラウンドの3回戦へ進んだ添田豪選手だったけど、惜しくも逆転負け。女子でも唯一初戦を勝ち上がった今西美晴選手だったけど、2回戦敗退でした。

そして男女ダブルスのドローが発表されました。

男子には唯一出場しているマクラクラン勉選手が、ドイツのヤン=レオナルド・シュトルフと組んで出場してます。

女子では、第10シードで青山修子選手が中国のヤン・ザオシャンと、二宮真琴選手がウクライナのリュードミラ・キチョノクと、日比野菜緒選手がクロアチアのダリヤ・ユラクと、そして唯一の日本人ペアーで去年の全豪オープンでベスト4入りをした穂積絵莉&加藤未唯がエントリーしてますね。

マクラクラン勉選手はグランドスラムのデビューですね。きっと出だしは緊張するんじゃないかしら?何とか実力を出し切ってプレーして欲しいわね。

女子は、このところダブルスでの活躍が目立っているから、今年も穂積&加藤ペアーの上位進出の期待に加え、他の選手にも期待が持てそうね。

.
.
.
.
.

やっぱり心配なのは男子トップ選手の怪我の状態。

去年のシーズンを怪我の治療のために早めに切り上げながらも、まだ完治していないって語りつつ全豪オープンへ臨むのがスタン・ワウリンカとノヴァーク・ジョコビッチ。

ワウリンカは去年は2度の膝の手術を受けてそこからの復帰はとても大変だったみたい。まだ痛みがゼロではないとか。そんな状態で5セットマッチは、やっぱりちょっと心配ね。

同じように痛みが取れていないのが、ジョコビッチの肘。いわゆるテニス・エルボーみたいで、手術は受けていないようで、今季開幕直前のエキシビションと開幕戦のいずれも直前で欠場。でも全豪オープンは出場することに決めたようね。

そして不安が残るのがラファエル・ナダル。

昨シーズンを世界ランク1位で終えたけど、最後の大会となったツアー最終戦は1試合行っただけでその後は欠場。

これまでも苦しめられた膝の怪我が心配だけど、その最終戦から今シーズンまでのオフシーズンは、回復するには十分な休養は取れなかったんじゃないかって憶測が飛んでるわ。

そうなると今年の全豪オープンは、去年のチャンピオンであるベテランのロジャー・フェデラーと若手の争いって言う構図になるのかもね。

ジョコビッチがどこまで復活できるか?ナダルの回復具合は?今年の男子はかなりの混戦模様になるかも知れないわ。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 17:56 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


全豪予選、日本人選手精彩欠く!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

現在行われている全豪オープン男女シングルスの予選、日本人選手はちょっとパッとしないですね。

男子は添田豪選手が1回戦と2回戦を勝ち上がりました。でも内山靖崇選手と伊藤竜馬選手は1回戦敗退。

女子は6人が予選に臨みながらも5人が初戦敗退。唯一勝ち上がったのが、今西美晴選手。これも、尾崎里紗選手との日本人対決だったから、少なくともどちらかは2回戦へ進めるのは確実だった試合。

その尾崎選手は予選第8シードだったんだけど、第12シードの加藤未唯選手、第17シードの土居美咲選手と、シード勢も揃って敗退と、かなりがっかりな結果でしたね。

今日は女子予選2回戦に今西選手が登場する予定なんだけど、天候が悪くて試合が進んでいないようね。

添田選手はあと1つ勝つと本戦入り。女子は唯一残っている今西選手に頑張ってもらいましょう!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 20:01 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ポーランド出身選手として初!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

今週発表の最新の世界ランクで、男子ダブルスで1位へ上り詰めたのがポーランド出身のルーカス・クボット。

これはペアーを組んでいるマルセロ・メロに並んでの1位なんだけど、それでも歴代51人目の世界ランク1位の選手となったの。

同時に、ポーランド出身選手としては男女シングルス、ダブルス通して初のことで、これまで世界ランク2位には男子ダブルスで現在65歳のヴォイテク・フィバクと女子シングルでアグニエスカ・ラドワンスカが上り詰めていたけど、1位には届かなかったのよね。

クボットはメロと組んで去年は6大会で優勝。圧巻だったのは芝のシーズンで、シュヘントヘンボッシュ、ハーレ、ウィンブルドンと出場した3大会全てで優勝を飾ったの。

今年も今週オーストラリアはシドニーでの大会から始動して、また一緒に組んで出場してますね。

35歳にして世界の頂点に立ったクボット。どこまでこのポジションをキープできるかは今年の更なる頑張り次第ね。

.
.
.
.

全豪オープン2018の女子シングルスの予選のドローが発表になりました。

日本からは、尾崎里紗選手、加藤未唯選手、土居美咲選手、穂積絵莉選手、今西美晴選手、波形純理選手の6選手がエントリーしてますね。

それから女子の予選には、ロベルタ・ビンチ、サラ・エラーニの元トップ10選手に、ママになって戻って来たパティ・シュニーダとヴェラ・ズヴォナレーワも予選にチャレンジしてますね。

そして今日行われた男子の予選1回戦では、添田豪選手が勝利して予選2回戦へ進みました。伊藤竜馬選手、内山靖崇選手は1回戦敗退でした。

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

毎週恒例の、日本人選手のツアー下部大会での活躍です。

女子では、香港の1万5000ドルのサーキットでは、第8シードの奥野彩加選手、西本恵選手、上田らむ、鮎川真奈選手、予選を勝ち上がった川崎光美選手が1回戦で、牛島里咲選手、予選を勝ち上がった輿石亜佑美選手が2回戦敗退でした。第4シードの田中優季選手、吉冨愛子選手、予選を勝ち上がった本玉真唯選手がベスト8、第1シードの桑田寛子選手が準優勝、第2シードの加治遥選手が優勝しました。ダブルスでは、西本&上田ペアーがベスト4でした。

男子では、オーストラリアの7万5000ドルのチャレンジャー大会では、西岡良仁選手、内山靖崇選手が1回戦敗退でした。タイの5万ドルでは、第2シードの添田豪選手、第3シードの伊藤竜馬選手、高橋悠介選手が1回戦敗退でした。

香港の1万5000ドルのフューチャーズ大会では、第5シードの福田創楽選手、予選を勝ち上がった小林雅哉選手が1回戦で、仁木拓人選手が2回戦敗退でした。予選を勝ち上がった斉藤貴史選手がベスト8、第7シードの今井慎太郎選手がベスト4でした。ダブルスでは、第2シードの今井&守谷ペアーがベスト4、フランス人と組んで第4シードの仁木選手が準優勝でした。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 20:31 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


女子WCの選手&マレーが手術!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

来週開幕する全豪オープン2018の本戦のドロー抽選会が1月11日の木曜日にメルボルン・パークのマーガレット・コート・アリーナで行われるの。

午後7時から行われるドロー・セレモニーにロジャー・フェデラーとマリア・シャラポワが登場するんだって。

そして昨日発表になった女子シングルスの本戦へのワイルドカードを受けて出場する選手は以下の通り。

ジェイミー・フローリス、ジェシカ・ポンチェット、クリスティ・アーン、リゼッテ・カブレラ、オリビア・ロゴウスカ、アリャ・トムリャノビッチ、デスタネー・アイアバ、ワン・シンユー。

アイアバとワン・シンユーは昨日のブログで紹介したクーヨン・クラシックに出場している選手で、アイアバは17歳、ワン・シンユーは16歳でいずれも将来を期待されているジュニア。

アイアバは17歳ながら去年は世界ランク147位を記録(現在は153位)。地元オーストラリアの期待を受けてのワイルドカードね。

中国のワン・シンユー(Xinyu Wang)は16歳ながら現在ジュニア・ランキング4位。

実は同じ16歳で中国にはワン・シユー(Xiyu Wang)って言う選手もいて、彼女もジュニア・ランキングで最高位11位を記録したサウスポー。

今回はジュニア・ランキングで上のワン・シンユーの方にワイルドカードが与えられたようね。

.
.
.
.
.

それから、全豪オープンへの欠場を表明したアンディ・マレーがメルボルンで受けた臀部の手術後の画像を自身の公式インスタグラムに載せて、手術が成功に終わったことを報告してました。

本人は手術は避けたいと思って治療を続けて来ていたんだけど、復帰へ向けて本格的に始動したらやっぱり状態が良くないってことで、最終手段の手術に至ったみたい。

今回の手術は右の臀部のもので、本人は得意の芝のシーズンでの復帰を目指すとコメントしてました。予想以上に長引いてしまったわね。

.
.
.
.

全豪オープンの男子シングルスの予選のドローが出ましたね。日本からは添田豪選手、伊藤竜馬選手、内山靖崇選手がエントリーしてますね。

頑張って本戦入りして下さいね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:03 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ