ジョコビッチの食生活に問題が?!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

肘の怪我からの復活に苦しんでいるノヴァーク・ジョコビッチだけど、彼のかつての成功を支えたとして有名なのはその食事。このブログでもかつて紹介したけど、それは「グルテンフリー・ダイエット」なんだねど、同時に彼は肉を食べず自身をベジタリアンと称してもいるの。

でもスイスの著名な栄養学者がこの食事についてこんな見解を示しているの。

ジョコビッチのことは尊敬している選手だと言う彼は、ジョコビッチのこの食事方法の大きな変化を聞いた時、いつかきっと危機的状況が訪れるって思ったんだって。

明らかに健康な食べ物だと思っているかたよった食生活の結果、食欲不振、拒食症が引き起こってしまうらしいの。ジョコビッチは長い目で物事を考えておらず、目の前の結果だけに固執しているからだと彼は語ってるわ。

炭水化物を減らしたり、糖質を避けるのは大きな間違いであり、それは最初は体の強さを感じるんだって。なぜなら、細胞がより多くの酸素を保有しようとするから。でもそれは筋力の低下や乳酸の低下を招いてしまうと言うもの。

またジョコビッチは、限界を感じると気分が落ち込んだり、良質な睡眠の低下にストレスを感じ、孤独感などを感じると語っていたんだって。

これは彼の食事から嫌気的代謝が導かれたとこにより肉体的、また精神的な疲労を引き起こしている証拠だって言うの。

「グルテンフリー・ダイエット」が紹介された時も、それは個人差があって合う人とそうでない人がいるとは言われていて、ジョコビッチはそれが合っただけで、その食事方法を取り入れたからと言って誰もが効果を感じるとは限らないと言われていたわ。

またジョコビッチは、とある検査でグルテンと乳製品に対して不耐症(特定の食物を消化することが困難な病気)であることが分かったために、グルテンフリーを始めらしいので、普通に健康な人の場合とはちょっと違うのよね。

今回の復帰へ向けての苦しい時期は、そんな食生活を続けて来たことも関係しているのかしら?って思わせてしまうわよね。もちろん、その栄養学者はそんなことは言ってはいないけどね。

気になったのは、長い目で考えると良くないって言うところ。その栄養学者が危惧していたことが起き始めていないことを願ってしまうわね。

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

毎週恒例の、日本人選手のツアー下部大会での活躍です。

女子では、アメリカの8万ドルのサーキット大会では、尾崎里沙選手が2回戦敗退でした。予選を勝ち上がった大坂まり選手がベスト8でした。

中国の6万ドルでは、美濃越舞選手、今西美晴選手、清水綾乃選手が1回戦で、瀬間詠里花選手、加治遥選手が2回戦敗退でした。ダブルスでは、奥野&瀬間ペアーがベスト4でした。

クロアチアの1万5000ドルでは、北川梨央選手が2回戦敗退でした。エジプトの1万5000ドルでは、主催者推薦の秋山みなみ選手がベスト8でした。ダブルスでは、秋山&緒方ペアーがベスト4でした。チュニジアの1万5000ドルでは、鮎川真奈選手が2回戦敗退でした。ダブルスでは、スイス人選手と組んで第2シードの鮎川選手が準優勝でした。トルコの1万5000ドルでは、荒川晴菜選手がベスト4でした。ダブルスではロシア人選手と組んだ荒川選手がベスト4でした。

男子では、アメリカの7万5000ドルのチャレンジャー大会では、予選を勝ち上がった西岡良仁選手が1回戦敗退でした。

ナイジェリアの2万5000ドルのフューチャーズ大会では、第7シードの竹内研人選手が1回戦敗退でした。ウズベキスタンの2万5000ドルでは、第1シードの守屋宏紀選手がベスト8でした。

ブラジルの1万5000ドルのフューチャーズ大会では、牧口流星選手が2回戦敗退でした。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 13:31 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


フェデラーはいつも何を食べているの?!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

グランドスラム史上最多優勝記録を持ち、史上最強の選手かと言われているロジャー・フェデラーだけど、プロテニス選手としてのこの20年間を支え続けて来た食事に関する記事があったのでご紹介します。

彼が朝食からランチ、夕食などなど、一体何を食べているかちょっと興味があるわよね。

まずは朝食。フェデラーは、朝は味のしっかりした食事より甘めのものが好みなんだとか。ワッフルとフルーツを食べているそうよ。

その後にフレッシュジュースとコーヒーを飲んでから、お酢をストレートで取っているんだって。

テニスをする前はパスタを取るのがふつうみたい。「どの試合の2時間前に、軽めのソースのパスタを食べている。もうそれは20年間続けている。」って本人のコメント。

練習や試合の合間には、スナックバーを口にしているんだって。同時にバナナも取っているの。

他のテニス選手も試合中にバナナを食べているのは良く見る光景よね。

バナナには糖質やカリウムが豊富で、長い試合になったりするとエネルギーが消耗すると同時にカリウムが消費されてなくなると、痙攣などを引き起こしてしまうんだけど、バナナは糖質でエネルギー補給をしてカリウムの補給で痙攣などを防ぐ効果が期待されているんだって。

ただ最近の調査では、試合中のアスリートの体を復活されるための一番の方法はエナジードリンクだって分かったみたい。それは、人の体はバナナのような固形物より液体からの方が吸収が早いからと言うもの。

フェデラーの食事に戻ると、夕食を食べに外出した時は人生の楽しみのためにも色んなものを食べに行くようにしているんだって。「自分は、イタリアン、日本食、インド料理をこよなく愛する人間。」って語っていたの。

そしてフェデラーは甘党でもあるらしく、「アイスクリームやチョコレートが好き。それは自分の食事。そんなおやつが大好き。それには悪いとは思ってはいない。甘いおやつを食べながら同時にテニスもしている。」って、特に甘いものを避けていることはないようね。

もいろんスイス出身のフェデラーは、祖国で良く食べられているチーズの料理も好きだし、ツアーで世界を回っているとその地の食べ物もトライするんだって。

スコットランドに行ったときは、アイアンブルーやアンディ・マレーの祖母が作ったビスケットなども口にしたんだって。ただ、今年の全豪オープンの時は、ウォンバットの肉はさすがにお断りしたみたいよ。

勝利を祝うお酒はもちろん飲むんだって。時には羽目をはずしてしまうことも。去年のウィンブルドンで8回目の優勝を飾ったあとは、翌朝の5時まで色んなお酒を飲んでしまい、二日酔いになってしまったんだとか。

朝食や試合前などはある程度決まっているみたいだけど、その後は普通にディナーを取ってデザートやお酒もたしなむようね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:26 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


チリッチの挙式&フェレールがパパに!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

現在男子世界ランク4位のマリン・チリッチが、長年交際を続けていたクリスティーナ・ミルコビッチさんと結婚式を挙げました。

二人は、二人が出会ったミルコビッチさんの故郷であるクロアチアのドゥブロヴニクのツァヴタットにある教会で、約400人を招いて挙式を行って生涯の愛を誓い合ったんだって。

これは現地28日に報道されているから、27日に挙式が執り行われたってことかしらね。

二人は2008年に出会い交際をスタート。そして約10年の月日が流れた今、将来の伴侶として誓い合ったのね。

チリッチは先週行われたモンテカルロのマスターズ大会では準々決勝で錦織圭選手に敗れて敗退。今週はもちろん大会には出場していないんだけど、来週行われるトルコはイスタンブールのATP250大会に第1シードでエントリーしているから、新婚旅行はしばしお預けみたいね。

末長くお幸せに!

.
.
.
.

先週のモンテカルロ、そして今週のバルセロナと欠場しているのがダビド・フェレール。どうやら来週行われるポルトガルはエストリルでのATP250大会も欠場を申し入れたようね。

でも今回の連続しての欠場は、怪我や病気などではなさそうなの。今月2日に36歳になったばかりのフェレールは、交際を続けていたガールフレンドが第1子を出産したために、大会の欠場を申し入れていると伝えられているの。

フェレールは、デビスカップのワールドグループ準々決勝の最終日、2勝2敗で迎えた最終シングルスでフィリップ・コールシュライバーとの死闘を制してスペインに勝利をもたらした試合が最後で、モンテカルロには来ていたみたいだけどガールフレンドの出産が近いために出場を取り止めたみたいね。

自身のフェースブックや公式ページ、ツイッターなどでは出産は語られていないけど、27日はチームのメンバーと笑顔でいる画像をツイッターに投稿しているから、マドリッドのマスターズ大会にはまた元気なプレーを見せてくれるはずね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 16:41 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


エヴァンス、コカイン陽性反応からの復活

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

去年のバルセロナ・オープン大会期間中に受けたドーピング検査で、コカインの陽性反応が出て1年間の出場停止処分を受けていたイギリスのダニエル・エヴァンスが、来週行われるイギリスのクラスゴーでの8万5000ユーロのチャレンジャー大会から復帰するの。

今年の4月24日に処分が明ける28歳のエヴァンスは、ランキングを持っていないためイギリス・テニス協会からの主催者推薦を受けて予選に出場するわ。

現地28日に行われる予選1回戦では、予選第3シードで同胞のエドワード・コリーと対戦します。

エヴァンスは「これまでして来た中で最も悪いことだった。たくさんの人々を落胆させてしまった。」って今の思いを語っていたの。

世界ランクも41位まで行っていたエヴァンスは「幸いなことに、そのドラッグを絶つために手助けが必要な状況にはならなかった。でももう二度とそんなことはしない。」と、ドラッグからの完全復活を約束してました。

その言葉通りになってまたしっかりとテニス・キャリアを全うして欲しいわね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 17:58 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


錦織選手WCを受けず&勉選手、最終戦を目指せ

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

今週行われているバルセロナ・オープンの初戦となる2回戦を途中で棄権した錦織圭選手だけど、実は来週行われるポルトガルのエストリル・オープンからワイルドカード(主催者推薦)での出場の打診があったらしいんだけど、錦織選手はそれを受けなかったんだって。

それはもちろん、来週は先週出場したモンテカルロでの疲労を取りたいと言う意向から。まあ、当然よね。

錦織選手は、エストリル・オープンの翌週に開催されるマドリッドでのマスターズ1000大会へ向けて調整する予定でいるようね。

そのマドリッド大会は錦織選手は良い成績をこれまでも収めて来た大会。

2014年には決勝戦へ進むと、ラファエル・ナダルを第1セットでは圧倒するプレーを見せていて、第2セット途中までは錦織選手が優位に試合を進めていたの。

それでもそこまでの勝ち上がりでの疲労から、第2セット終盤から失速。第3セット途中で棄権を申し入れて惜しくも敗退しちゃったのよね。

その後もベスト4が2回と相性の良い大会だけに、今年も上位進出を狙いたいはず。ランキングも全仏オープンまでにはもうちょっと上げたいだろうしね。休養と治療に専念してもらいましょう。

.
.
.
.
.

そして日本人男子ダブルスの期待を背負うのがマクラクラン勉選手。

今週はハンガリーのブダペストで行われているハンガリアン・オープンに、ヤン=レナルド・シュトルフと組んで出場し、ベスト4まで勝ち上がってます。

両者は今年の全豪オープンで初めてペアーを組むと、あれよあれよと勝ち上がりベスト4。その後はシュトルフはシングルスをメインに大会へ出場していて、マクラクラン選手は別の選手と組んでツアーを回っていたの。

そんな二人はマイアミのマスターズ大会でまたペアーを組むと、そこでもベスト4進出と、コンビの良さを発揮していたの。

この二人、今季まだ2大会にしか出場していないにも関わらず、いずれも大きな大会での好成績だから、今季のダブルス・ペアー・ランキングは6位。

今週は、同ランキング5位のジェイミー・マレー&ブルーノ・ソアレス組と、同ランキング4位のニコラ・メクティッチ&アレキサンダー・ペヤ組がいずれも初戦敗退を喫したから、来週発表の同ランキングでは4位に浮上するる予定なの。

そうなると、ツアー最終戦への切符だって更に現実味を帯びてくるわよね。

今週のように、ATP250大会でペアーを組むのは初めてだけど、これから3回行われるグランドスラムや、マスターズ大会にまた一緒に出場して、成績を出せれば、ダブルスでの最終戦出場も見えて来るはず。

あとは、シュトルフのシングルス次第ってところかしら?ぜひ最終戦目指して欲しいわね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:24 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


錦織選手、ゆっくり休んで&心配なジョコ

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

昨日行われたバルセロナ・オープンで錦織圭選手は途中で棄権を申し入れて敗退でした。やっぱり、モンテカルロでの疲れは相当残ってたはず。

怪我が悪化しての棄権じゃなかったようなので、それはまずは一安心よね。

今後はマドリッド、ローマのマスターズ大会、そして全仏オープンと、大きな大会が控えているから、今は何より疲労を取ってもらうのが先決。ゆっくり休んでね。

それにしても心配なのは、ノヴァーク・ジョコビッチ。

昨日行われた初戦となる2回戦では、予選を勝ち上がった世界ランク140位のマーティン・クリザンにフルセット負け。かつては世界ランク24位まで行った実力者のクリザンだけど、それにしてもまさかの敗戦。

ジョコビッチ、復帰はちょっと早かったのかな?でも本人はもう痛みはないって語ってたから、あとは試合感を取り戻すだけなのかもね。

それにしても復帰して5大会目。全豪オープンではまずまずだったのに、その後の4大会では2勝5敗と、精彩を欠いてるの。

先週のモンテカルロでは、初戦を快勝して2回戦では若手で延び盛りのボルナ・チョリッチを倒してたから、復活かなって感じだったのに、ここへ来てまたブレーキ。

本人は前向きな気持ちを持ち続けてるようなので、モチベーションが下がらない事を祈りましょう。

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

毎週恒例の、日本人選手のツアー下部大会での活躍です。

女子では、アメリカの8万ドルのサーキット大会では、尾崎里沙選手が2回戦敗退でした。

エジプトの1万5000ドルでは、主催者推薦の角屋安鳩方選手が1回戦で敗退でした。チュニジアの1万5000ドルでは、細沼千紗選手が1回戦敗退でした。トルコの1万5000ドルでは、荒川晴菜選手が1回戦敗退でした。ダブルスではイタリア人選手と組んで第4シードの荒川選手が優勝しました。

男子では、アメリカの10万ドルのチャレンジャー大会では、第1シードのダニエル太郎選手、予選を勝ち上がった内田海智選手が1回戦敗退でした。中国の5万ドルでは、第6シードの添田豪選手、第7シードの伊藤竜馬選手が1回戦敗退でした。ダブルスでは、ポーランド人選手と組んだ松井選手がベスト4でした。

ナイジェリアの2万5000ドルのフューチャーズ大会では、第4シードの竹内研人選手、予選を勝ち上がった河内一真選手が1回戦敗退でした。ウズベキスタンの2万5000ドルでは、第1シードの守屋宏紀選手が優勝しました。

エジプトの1万5000ドルでは、予選を勝ち上がった竹田直樹選手が1回戦敗退でした。チュニジアの1万5000ドルでは、主催者推薦の田頭健斗選手が1回戦敗退でした。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:52 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


錦織選手、準優勝も上出来&コキナキスの怪我

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

錦織圭選手、残念ながらマスターズ大会初優勝とは行かなかったけど、手首の怪我から復帰してこんなに早く大舞台の決勝戦に戻って来れるとは思っていなかったから、準優勝でも上出来だって気がします。

1月の全豪オープンは間に合わず、と言うか5セットマッチのグランドスラムでの復帰は避けたんだと思うけど、敢えてチャレンジャー大会から復帰するも初戦敗退。思うように行かないのねって思ってしまいました。

でも続くチャレンジャーでは試合を重ねるごとに良くなり優勝。

その後、ATPツアーに戦場を移すも体調を崩してしまい今季最初のマスターズ大会のインディアンウェルズを欠場するなど、なかなか本来のプレーを取り戻せずにいたの。

ランキングが落ちてしまったためにノーシードで臨まなければならなかったモンテカルロ・マスターズ。1回戦からタフな試合ばかりだけど、世界ランク3位のマリン・チリッチや世界ランク4位のアレキサンダー・ズベレフを破っての決勝進出は自信に繋がったはず。

決勝戦はとにかくラファエル・ナダルが強かった。そこまで疲れてなければもうちょっと出来たかなって気もしないではないけど、今回はこの結果で良しとしないとね。

気になるのは手首の状態だけど、本人は試合後の会見でこう語ってました。

「手首はクレーでプレーするにはまた100%ではありません。なぜなら、より多くのスピン・ボールを打つのでハードコートよりタフになるからです。それが少し痛みに繋がっています。今週もタフな時間ばかりでした。毎週、毎日診てもらわなければなりません。まだ100%ではないのです。少し痛みがあります。手首だけでなく、手や腕やあちこちです。」

そんな中でも勝ち上がれるプレーをしていた錦織選手。さすがです。

でも、連戦となるけど今夜から始まるバルセロナ・オーブンにもエントリーしている錦織選手。勝ち上がると3回戦でナダルと対戦だけど、取り敢えずそこまでは勝ち進んでもらって、その後にゆっくり休んでもらいましょう。

.
.
.
.

そのモンテカルロ・マスターズの1回戦で、試合中に広告の看板にぶつかってしまうアクシデントに見舞われたのがオーストラリアの22歳、サナス・コキナキス。

2015年6月に世界ランク69位を記録していたコキナキスだけど、検査の結果ぶつけた左膝のお皿にヒビが入ってしまっていたんだって。

若くして期待されていたコキナキスだけど、数々の怪我に泣かされて、2016年はシーズンを全て棒に振ってしまい、2017年も中盤で復帰して徐々にランキングを戻しているところだったの。

何と言ってもマイアミ・オープンでは、予選を勝ち上がって2回戦でロジャー・フェデラーを下して世間をあっと驚かせたのは記憶に新しいわね。

そんなコキナキスは診察の結果、5~8週間の治療が必要とのこと。5月27日から始まる今季2回目のグランドスラムである全仏オープンにはどうしても出たいはず。それまでに間に合うか微妙なところね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 17:57 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


錦織選手8強&ラオニチまたしても怪我

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

昨日の深夜に行われたロレックス・モンテカルロ・マスターズ、シングルス3回戦で錦織圭選手は、アンドレアス・セッピをフルセットで退けて、同大会初のベスト8進出を決めましたね。

第1セットは予想を反するあっさりした展開で錦織選手がセッピを圧倒。1ゲームも与えず先取したけど、そう簡単には勝てないもの。第2セットはセッピにギアが入ると錦織選手から2度のブレークを奪い取り返すと試合は第3セットへ。

第3セットは、フルセットに強い錦織選手らしく、サーブの調子を上げてセッピに1度もブレークポイントを与えず、セッピから1度ブレークを奪い勝利。

心配されている手首だけど、途中で手を振るなどの仕草は見られたけど、そこまで心配するほどではなさそうなのかな。不安なのは、試合が続いて行くとどうなるか?ってところ。

全仏オープンをなるべく万全な状態で迎えるのが現時点で優先されることなはず。手首と相談しながら大会を続けて欲しいわね。今夜はマリン・チリッチとの対戦。怪我だけは悪化させないでね!

昨日のブログでは、ケヴィン・アンダーソンの怪我について触れたけど、今日はその怪我がまたしてもミロス・ラオニチの身に降りかかってしまったようなの。

昨日行われる予定だった3回戦を試合直前で棄権を申し入れたラオニチ。その理由は膝の怪我。その怪我は2回戦のマルコ・チェッキナートとの試合中に負ってしまったようなの。

チェッキナートとの試合の時も何度もトレーナーを要求して処置を受けていたラオニチ。去年も数々の怪我に苦しめられていたの。

3月から4月には右足の怪我で、8月には左手首、その怪我から復帰して臨んだ楽天ジャパン・オーブンでは、杉田祐一選手との試合で、試合開始早々に右足ふくらはぎを負傷して途中棄権を強いられ、そのままシーズンを終わらせていたの。

そんなラオニチがまたしても怪我を負ってしまったの。次に出場が予定されているのは、来月行われるマドリッドでのマスターズ大会。そして、翌週のローマのマスターズ大会に出場して全仏オープンへ臨む予定。

数週間の休養で回復すれば良いけど。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:14 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


錦織選手、好調ながら手首が心配!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

現在行われているヨーロッパのクレーコート・シーズン最初の男子マスターズ1000大会のロレックス・モンテカルロ・マスターズ。日本のエースの錦織圭選手はしっかり3回戦進出を決めましたね。

初戦は第12シードのトマス・ベルディヒとタフなドローだったけど、逆転勝利。途中でトレーナーを呼んで右手首に処置を受ける瞬間があってちょっとヒヤッとしたけど、大事には至らなかったようで、その後も徐々に調子を上げての勝利。

でも、何となくベルディヒがトーン・ダウンしてしまった印象で、ベルディヒは錦織選手に対して苦手意識があるのでは?って思ってしまうくらい。もちろん、ベルディヒのサーブをどんどん返してサービスゲームで主導権を握らせないプレーで、かなりプレッシャーが懸かっていたのも事実。

フォアハンドはちょっとミスが目立っていて、ベルディヒもそれに気付きフォアへボールを集めようとし始めたくらいから逆にベルディヒにミスが。錦織選手のフォアハンドを意識し過ぎてしまったのかも知れないわね。

昨日行われた2回戦では、ダニイル・メドベーデフをストレートで下しました。

試合後錦織選手は「出だしは彼の方が良いプレーをしていたが、落ち着くように努めそしてベースラインから試合の主導権を握られるようになって行った。第2セットは更に良いテニスができた。今は休んで、明日の試合で良いプレーができるように準備をしたい。」って語ってました。

心配なのは手首よね。本人も万全ではないのは認めているけど、プレーを見る限りではベルディヒ戦よりメドベーデフ戦の方がフォアハンドからも攻撃的なショットが打てていたように感じました。

今夜はアンドレアス・セッピと対戦。もちろん、簡単な相手ではないけど、手首の調子を見ながら無理せず戦って欲しいわね。

.
.
.
.
.
.

現在自己最高位の男子世界ランク8位にいるケヴィン・アンダーソン。去年のUSオープンでは準優勝を飾り、今季も全豪オープンこそ1回戦敗退だったけど、その他出場した5大会では優勝1回、準優勝2回、残る2大会はインディアンウェルズとマイアミのマスターズ大会でいずれもベスト8と好調を続けているの。

そんなアンダーソンだけど、クレーコート・シーズンを始められずにいるの。

先週アメリカはヒューストンで行われた米クレーコート選手権にエントリーしつつも欠場。来週行われるバルセロナ・オープンも膝の怪我を理由に欠場を決めているの。

アンダーソンは今シーズン、ここまでの3ヶ月で22試合を戦っているの。調子が良く勝ち上がると次々と試合が続くから当然体の負担も増えるわよね。

4月30日から始まるポルトガルのエストリル・オープンが今のところ復帰戦となりそうだけど、その後マドリッドとローマのマスターズ大会に出場して全仏オープンに臨む形になりそうね。

それまでに膝が良くなってくれると良いけど。

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

毎週恒例の、日本人選手のツアー下部大会での活躍です。

女子では、アメリカの6万ドルのサーキット大会では、尾崎里沙選手が1回戦で、土居美咲選手が2回戦敗退でした。

アメリカの2万5000ドルでは、大坂まり選手が1回戦敗退でした。

エジプトの1万5000ドルでは、宗公美選手が1回戦で、予選を勝ち上がった北川梨央選手が2回戦敗退でした。

国内は大阪で行われた2万5000ドル大会では、第3シードの穂積絵莉選手、加治遥選手、小堀桃子選手予選を勝ち上がった二宮真琴選手か2回戦敗退でした。第1シードの奈良くるみ選手、第4シードの波形純理選手がベスト8、秋田史帆選手がベスト4でした。ダブルスでは、韓国人選手と組んで第4シードの小堀選手、中国人選手と組んだ内藤選手がベスト4、タイ人選手と組んで第2シードの大前選手が準優勝でした。

男子では、台湾で行われた15万ドルのチャレンジャー大会では、予選を勝ち上がり関口周一選手が1回戦で、高橋悠介選手が2回戦敗退でした。第7シードの添田豪選手、第8シードの伊藤竜馬選手がベスト4でした。

アメリカの2万5000ドルのフューチャーズ大会では、第1シードの内田海智選手がベスト8でした。

チュニジアの1万5000ドルでは、主催者推薦の加藤大輝選手が1回戦敗退でした。

国内は松山で2万5000ドル大会が行われ、第1シードの守屋宏紀選手、清水悠太選手、田沼諒太選手、予選を勝ち上がった竹島俊朗選手、ラッキールーザーの小ノ澤新選手が2回戦敗退でした。第6シードの福田創楽選手、山崎純平選手、予選を勝ち上がった川上倫平選手、主催者推薦の田島尚樹選手がベスト8、越智真選手、予選を勝ち上がった西脇一樹選手がベスト4でした。決勝戦では第5シードの徳田廉大選手が第3シードの江原弘泰選手を下して優勝しました。ダブルスでは福田&清水ペアーがベスト4、決勝戦では第2シードの今井&仁木ペアーが河野&坂井ペアーを下して優勝しました。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:19 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ナダル、クレーでの強さ&クライノビッチ欠場

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

昨日から男子マスターズ1000大会のロレックス・マスターズが始まりましたね。これで、ヨーロッパのクレーコート・シーズンがスタートしました。

そのヨーロッパのクレーコート・シーズンと言えば注目されるのが「クレー・キング」と呼ばれるラファエル・ナダルよね。そのナダルがどうして「クレー・キング」と呼ばれるか、その凄さをちょっと紹介します。

ナダルはこれまでのキャリアでの勝敗は通算で488勝151敗とこれだけでも凄いんだけど、それがクレーコートだけにすると何と391勝35敗。

モンテカルロ、バルセロナ、全仏オープンの3大会では前人未到となるそれぞれ10回の優勝を飾っていて、今季は更に塗り替えられるかに注目が集まっているの。

ナダルはテニスと言うスポーツの歴史でただ一人となる同じグランドスラムで10回の優勝を果たした選手。

そしてクレーコートでの53回の優勝は、ナダル以前に「クレー・キング」と呼ばれていたギイェルモ・ビラスが持っていた49回を抜いて、クレーコート優勝回数1位。もちろんその記録は、今年も塗り替えられるはず。

全仏オープンでナダルは79勝2敗。その2回の敗戦は、2009年の4回戦でのロビン・ソダーリングと2015年の準々決勝のノヴァーク・ジョコビッチに喫したもの。

そして現在注目が集まっているモンテカルロ大会はと言うと、これまで63勝4敗。その4回の敗戦は2003年3回戦のギイェルモ・コリア、2013年決勝戦のジョコビッチ、2014年準々決勝のダビド・フェレール、2015年準決勝のジョコビッチに喫したもの。

今年はどんな記録を塗り替えてくれるかしらね?

そしてそのモンテカルロ大会だけど、ジョコビッチが同胞のフィリップ・クライノビッチと組んでダブルスにもエントリーしていたんだけど、クライノビッチが大会直前に左足の怪我を理由に欠場を申し入れたために、ダブルスも棄権することになってしまったの。

クライノビッチは同じ怪我が理由で今季最初のグランドスラムである全豪オープンの欠場を余儀なくされていたの。

クライノビッチは2010年5月に祖国ベオグラードでのATP大会で、18歳2ヶ月でベスト4入りして、将来を嘱望されたの。でも翌年に右肩を負傷し、7月には手術を強いられたの。

怪我から復帰して2015年4月には当時の自己最高位の86位を記録したけど、また2016年には右肩や手首を負傷しちゃってツアー離脱。

実はそんな中、スポンサーも離れて行ってしまったクライノビッチをサポートしたのがジョコビッチだったの。

そのサポートもあって、昨年見事復活。5月には世界ランクも294位まで落ちていたけど、10月には75位を記録。その後出場したシーズン最後のマスターズ大会であるパリ大会では、世界ランク77位で予選を勝ち上がり、決勝戦ではジャック・ソックに敗れるも準優勝を飾ったの。

そしてシーズンを世界ランク34位で終えると今年の3月に自己最高位の27位を記録しているの。

そんなクライノビッチだけど、今季も実は左足首の怪我でオーストラリアのシドニー大会、全豪オープン、ブルガリアのソフィア大会と既に3大会を欠場していて、モンテカルロ大会が4大会目となってしまったの。

ジョコビッチも肘の怪我に未だに苦しめられているけど、クライノビッチもまた復活してくることを祈るばかりだわ。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 17:34 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ