大スランプのソック、パリで好成績を残せるか?!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

今季、大スランプに陥ってしまっているのが現在世界ランク18位のジャック・ソック。

彼は去年の今頃、ツアー最終戦へ向けてのポイント・レースも、ほとんど可能性が残されていなかったにも関わらず、何とレギュラー・ツアー最後の大会となるフランスはパリのマスターズ大会でマスターズ初優勝を飾り、最終戦への最後の切符を手にする奇跡を起こしたの。

そして初出場を果たした最終戦でも、予選ラウンドロビンで2勝を記録してベスト4入りを果たしたの。

その結果、パリのマスターズ大会で1,000ポイント、最終戦で400ポイントを獲得しているソックは、去年の年末に記録した自己最高位の世界ランク8位から今シーズンはここまでずっとトップ20をキープする結果に至ったの。

でも今シーズンは、20大会に出場してその初戦を突破したのはわずか7大会。しかも今季収めた勝利もその7勝のみ。つまり、同一大会で複数の勝利を飾ったのは一度もなく、もちろんベスト8入りした大会もゼロと言う結果に。

今季獲得したポイントでのポイント・レースも現在は151位。

月曜日から始まるパリのマスターズ大会でもし初戦敗退を喫したら、去年の最終戦で獲得したポイントとともに、去年のパリでの優勝ポイントも失い、年末には世界ランクが150位くらいに下がってしまうことになってしまうの。

そうなると来シーズンは、グランドスラムは予選からの出場を余儀なくされるし、ATP大会も予選からに。もしかしたら、主戦上をツアー下部大会のチャレンジャー大会へ移さなければならなくなってしまうかも知れないの。

ただ、そんなソックもダブルスではキャリア・ベストのシーズンを送ったの。2月のデルレイビーチで今季初優勝を飾ると、3月のインディアンウェルズでマスターズ優勝。5月のリヨン大会で3度目の優勝を飾ると、怪我でツアー離脱してしまったボブ・ブライアンの代わりに、マイク・ブライアンとペアーを組むと、ウィンブルドン、USオープンと優勝して、ダブルスの世界ランクで2位を記録したの。

そのマイクとのペアーで最終戦への出場権を獲得しているソック。来年はシングルスとダブルスのランキングで大きなギャップが生じてしまうと、出場する大会の選択が難しくなってしまう可能性が大。

パリでのマスターズ大会のシングルスで今年も好成績を残せないと、来年ソックはダブルス・プレーヤーになってしまうかも知れないわ。

パリのマスターズ大会では、錦織圭選手の最終戦への切符がかかるし、ソックのプレーにも注目したいわね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 19:57 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


大坂選手、残念&錦織選手は絶好調!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

女子ツアー最終戦に出場していた大坂なおみ選手だけど、初戦からベストのプレーが見られずイライラを募らせる場面が見られました。

2敗して臨んだ昨日の予選ラウンドロビン3試合目で準決勝進出の望みをかけて戦ったけど、2戦目でも気にしていた左太ももの怪我のために第1セットを落とした時点で棄権を申し入れると同時に予選敗退が決まりました。

これで今シーズンの試合が終了となった大坂選手だけど、初出場の最終戦では満足なプレーとはならなかったものの、シーズンを振り返ると多くの経験を積めたし、成長もできたと自分自身を振り返ってました。

もちろん来年への期待も高まるけど、シーズン通してずっとベストのプレーをするのはどんなトップ選手でもかなり難しいもの。来年もきっとアップダウンがあるはずだけど、そこをサーシャ・コーチと乗り越えて更なる高みを目指して欲しいわね。

一方、オーストリアのウィーンのATP500大会に出場中の錦織圭選手は絶好調。2回戦のカレン・カチャノフ、昨日の準々決勝のドミニク・ティエムと、いずれも2セットで4ゲームずつしか与えない完勝。

ティエムは地元と言うこともあってなのか、力みからなのか、ミスが多くて錦織選手は助かったところもあったけど、それでもティエムの強打からダウン・ザ・ラインへの見事な切り返しや、ラインぎりぎりへのショットなど、錦織選手のプレー自体もかなりキレが良かったのは確か。

試合後のオンコート・インタビューでは「何と言って良いのか分からないが、第1セットの終盤でドミに挽回を許すべきではなかったけど、それ以外では今日は完璧な試合だった。ドミはベストのプレーではなかった。ミスやダブルフォルトも助けになった。」って語ってました。

今年がこの大会への初出場となっている錦織選手。「最高の日本食レストランも見付けた。この街は素晴らしい。」ってウィーンの街も気に入ったみたいね。

そして試合後の会見では、「良いテニスができていることに、ただ嬉しく思っている。ロンドン(最終戦)へ行けたらと願ってはいるが、まだ来週パリで1大会ある。だからここウィーンで100%のプレーをして、その流れをパリへ継続できたらと願っている。」って今の気持ちを語ってました。

決勝進出をかけて準決勝では予選を勝ち上がったミカエル・ククシュキンと対戦。ククシュキンとはこれまで7回対戦して全て錦織選手が勝利。もちろんそれでも気が抜けない試合になるだろうけど、しっかり勝って決勝進出を果たして、ロンドンへの切符に一歩でも近付いてもらいましょう。

そのパリのマスターズ1000大会だけど、上海でのマスターズ大会で足を滑らせた時に膝をコートに強打して、膝のお皿の骨が骨折してしまったファン・マルティン・デル=ポトロが欠場を表明したの。

もちろん膝の怪我が原因なんだけど、気になるのは11月11日から開幕する男子ツアー最終戦へ出場できるのかってところ。本人はパリの大会への欠場を表明しつつも、最終戦には何とか出場できるように懸命に治療を続けているんだって。

デル=ポトロが欠場すると、今季獲得のポイント・レースで9位の選手まで出場権が与えられるわけで、そのレースでここまでの勝ち上がりで9位になっている錦織選手には追い風になるってわけ。

もちろん自力で8位以内がまだ狙えるから、デル=ポトロの欠場を錦織選手は望んではいないはずだけど、やっぱりデル=ポトロの動向は気になってしまうわね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 17:09 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


メルツァー、引退!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

ロジャー・フェデラーと同い年のユルゲン・メルツァーのプロテニス人生に終止符が打たれたの。

メルツァーは現在祖国オーストリアはウィーンで行われているATP500大会を最後の大会にしようと出場。1回戦ではミロス・ラオニチを下す金星を飾り、かつて世界ランク8位まで行ったプレーを披露していたの。

勝利のあとは、もしこの大会で優勝でもしたら、引退を撤回するかも知れないってジョークを飛ばしていたの。でもそれは叶わなかったの。

メルツァーは2回戦で第2シードのケヴィン・アンダーソンと対戦するはずだったんだけど、体調を崩してしまい戦わずして棄権を申し込んだと同時にラオニチとの試合が20年に亘るプロテニス人生の最後の試合となってしまったの。

メルツァーは近年は怪我に泣かされて満足にツアーが回れていなかったの。

2015年11月に肩の手術をして、2016年7月に復帰。そのシーズンは8大会に出場。2017年はチャレンジャー大会を主戦上として2大会で優勝するも、後半戦は肘の怪我でまたツアー離脱を余儀なくされたの。

今週の最後の大会も元気に戦い抜くことはできなかったけど、日曜日に行われる決勝戦の前に彼の引退セレモニーが行われる予定なんだって。

錦織圭選手も出場しているその大会。そのセレモニーのあとの決勝戦に、錦織選手の姿があることを願ってしまうわね。

メルツァー、お疲れさま!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 17:24 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


カチャノフ、奥さんとの出会いは?!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

先週ロシアはモスクワで行われたATP250大会で今季2度目の優勝を飾ったのがカレン・カチャノフ、22歳。

彼は2年前に既に結婚していて、奥さんはベロニカ・シュクリアエバさん。カチャノフは奥さんと初めて出会った時のことをこう語っていたの。

「彼女とは8歳のころから知っているけど、最初は良い印象を与えられなかった。初めて会ったのは空港で、バッグを運ぶカートで遊んでいたらそれが彼女に当たってしまったんだ。彼女はお母さんに〝何てバカな子なの〝って言っていたんだ。でも今では自分の奥さんになってもう2年。」

そんな奥さんのサポートがあるから、順調にキャリアを積んでいるのね。これからの活躍も楽しみね!

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

毎週恒例の、日本人選手のツアー下部大会での活躍です。

女子では、中国の10万ドルのサーキット大会では、土居美咲選手が1回戦で、ラッキールーザーの加治遥選手が2回戦敗退でした。日比野奈緒選手がベスト8でした。ダブルスでは、第2シードの土居&日比野ペアーが優勝しました。

アメリカの2万5000ドルでは、大坂まり選手が準優勝でした。

ポルトガルの1万5000ドルでは、予選を勝ち上がった松葉海奈選手が1回戦敗退でした。
第7シードの美濃越舞選手、内島萌夏選手が1回戦で、加治遥選手が2回戦敗退でした。村松千裕選手がベスト8でした。

ナイジェリアの2万5000ドルでは、主催者推薦のアンジ=オビー・カジュル選手が1回戦敗退でした。ダブルスでは、アメリカ人と組んだオビー選手がベスト4でした。ポルトガルの2万5000ドルでは、大前綾希子選手が1回戦敗退でした。

国内は静岡県浜松で2万5000ドル大会が開催され、第4シードの井上雅選手、第5シードの今西美晴選手、第6シードの秋田史帆選手、第7シードの華谷和生選手、牛島里咲選手、荒川晴菜選手、予選を勝ち上がった坂詰姫野選手、主催者推薦の阿部宏美選手が2回戦敗退でした。山口芽生選手がベスト8、第3シードの波形純理選手、澤柳璃子選手がベスト4でした。決勝戦は第1シードの清水彩乃選手が鮎川真奈選手を下して優勝しました。ダブルスでは、森崎&米原ペアーがベスト4、決勝戦では第2シードの林&今西ペアーが第1シードの小堀&清水ペアーを下して優勝しました。

男子では、中国の15万ドルのチャレンジャー大会では、綿貫陽介選手、添田豪選手、守屋宏紀選手、徳田廉大選手が2回戦敗退でした。第8シードの伊藤竜馬選手がベスト8でした。

カナダの7万5000ドルでは、内田海智選手が1回戦敗退でした。

フューチャーズ大会に出場の日本人選手はいませんでした。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 19:10 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ワウリンカ、チャンが今季終了!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

今週スイスはバーゼルで開催されるATP500大会に、祖国の大会としてエントリーしていたスタン・ワウリンカだけど、日曜日の練習中に腰を痛めてしまい、急遽欠場を表明したの。

そして、自身が予選から出場するつもりだった今シーズン最後の大会となるはずだったフランスはパリのマスターズ1000大会の欠場も表面して、今季の活動の終了を公にしました。

これまで3度のグランドスラム優勝を飾っている33歳のワウリンカは、去年もウィンブルドン以降膝の手術のためにシーズンを終わりにしていたために、去年のこの大会にも出場しているために2年連続の欠場と言うことになるわね。

ワウリンカは膝の怪我のために、今年6月には世界ランク263位まで下げていたけど、現在は68位まで戻していたの。

膝の大怪我から復帰して徐々に本来のプレーを取り戻し始めた矢先の別の怪我。それでもワウリンカは2019年へ向けてまだまだやる気を示しているの。

「今年は肉体的にも精神的にもチャレンジの年だった。しかしながら、新しいシーズンへ向けてモチベーションが高まっている。」って気持ちを語ってました。

そして今シーズンの終了を明らかにした選手がもう一人。

韓国期待の若手、22歳のチャン・ヒヨンは、先週スウェーデンはストックホルム大会の準々決勝を途中棄権。右足を負傷してしまったために、今週オーストリアはウィーン大会も同じ理由で欠場することになってしまったの。

今回がウィーン大会初出場を飾る予定だったチャン・ヒヨンだけど、今季最後の大会となるパリのマスターズ大会の欠場も発表したことから、今シーズン終了となってしまったの。

ワウリンカもチャン・ヒヨンも、来シーズンへ向けてしっかり怪我を治して欲しいわね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:19 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


フェデラー、隠していた怪我を告白!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

今週スイスはバーゼルで開催されるATP500大会に、自身の故郷の大会として出場するのが男子世界ランク3位のロジャー・フェデラー。

大会会場で開かれた会見でフェデラーがこれまで隠していたある怪我を明らかにしたの。

それは、この夏の芝のシーズンへ向けての練習中に手に怪我を負ってしまっていたらしいの。

「芝のシーズンが始まる時に練習中に手を痛めてしまったんだ。思っていた以上に問題になってしまった。その痛みは約3ヶ月も引きずってしまったんだ。言い訳などではないし、それについて騒ぎ立てるつもりもない。」

「時々試合のウォーミングアップの最初の10分くらい痛みを感じる時があった。でも今はその痛みを感じることなく普通にフォアハンドを打てるようになっている。」

って今は特にもう問題ではないことを加えていたけど、痛みがある中得意の芝のシーズンを戦っていたのね。

37歳のフェデラーは、その大会で9回目の優勝へ向けて火曜日に予定されている1回戦でフィリップ・クライノビッチと対戦します。

そしてオーストリアはウィーンでのATP500大会には、第5シードで錦織圭選手が出場してますね。

フェデラーと同じく火曜日に1回戦が行われる予定で、二十歳で世界ランク45位のフランセス・ティアフォーと対戦します。

この大会とその後のフランスはパリでのマスターズ1000大会で、男子ツアー最終戦への切符をかけて臨みます。今週はできることなら、2016年2月以来となるツアー優勝を飾って、切符獲得へ前進して欲しいわね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:54 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


女子ツアー最終戦、コートは早い?!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

今夜からシンガポールで始まる女子ツアー最終戦。そのコートの状況について各選手がこんな感想を語っていたの。

ペトラ・クヴィトバ
「自分の見解では、これまでの何年かよりは早いと感じている。イスタンブールで覚えていることとここでは、ちょっと遅いと感じていたた。でも今年はそうではない。でもそれは良いこと。更に好きになった。」

カロリーナ・プリスコバ
「今年はちょっと違うと感じているけど、良く分からない。もしかしたら自分が遅いのかもしれないが、去年よりコートはちょっと早く感じる。あちこち移動したり出場した大会などの関係で慣れる時間がまだないだけ。ただ少し早いと感じている。きっとモスクワが自分に取っては遅すぎだった。モスクワと比べると早い。練習では問題なった。まだ2回しか練習していない。ここで使っているウィルソンのボールは、中国で使っていたボールと比べると好き。だから問題ないはず。」

カロリーン・ウォズニアキ
「みんな去年よりちょっと早くと言っていた。それが本当かどうかは分からない。正直、あまり覚えていない。私は好きだし、このコートを楽しんでいる。世界のトップ選手への挑戦を楽しんでいる。」

大坂なおみ
「早いと思うけど早いコートが好き。きっと楽しんでプレーできると思う。圧倒されないことを願うけど、分からない。その瞬間になってみないと実際どう感じるかは分からない。良いプレーをして緊張しないことをただ祈るだけ。もちろん確実に緊張すると思うけど。」

期待が寄せられている大坂選手。この大会の結果次第ではランキングを上げてシーズンを終える可能性も。そうなると、これまで伊達公子さんや錦織圭選手と並んで記録している日本人トップの世界ランク4位を更に更新することになるかも。

大会へ向けてしっかり調整できていると思うから、1試合1試合を楽しんで戦って欲しいわね!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:01 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ハレプ最終戦欠場へ&ミラノで新しい試みが!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

昨日お伝えしたクレムリン・カップをヘルニアを理由に欠場したシモナ・ハレプだけど、正式に来週シンガポールで開催される女子ツアー最終戦の欠場も表明しましたね。

現在ロシアはモスクワで開催されているWTAプレミア大会のクレムリン・カップでは残る2枚の切符を争う戦いが繰り広げられていたの。

昨日行われた2回戦で、キキ・ベルテンスが敗退したことで、エリーナ・スヴィトリナとカロリーナ・プリスコバが残りの切符を手にして、8選手が決定していたの。

そして飛び込んで来たハレプの欠場。それによりベルテンスが繰り上がりで切符を手にすることになるわね。

最終戦の開催地がシンガポールへ移ってから、ハレプは毎年出場していたんだけど、今年は涙を飲む結果になってしまいましたね。

そして男子のみでイタリアはミラノで開催される21歳以下の最終戦であるネクスト・ジェネレーションATPファイナルズへの出場権を獲得した選手が。

アレキサンダー・ズベレフは断トツの1位ながら、男子ツアー最終戦のニットーATPツアー・ファイナルズへ出場するために、去年に続いてネクスト・ジェネレーションの最終戦への欠場を既に表明してますね。

これまではステファノス・チチパスが出場権を獲得していたんだけど、新たにデニス・シャポバロフ、アレックス・デ=ミナー、フランセス・ティアフォーが出場権を獲得しました。

そのネクスト・ジェネレーションの最終戦には新たな試みも。

中国は深センの大会で、フェルナンド・ベルダスコがタオルを手渡すボール・ボーイにタオルが遅いと試合中のイライラをぶつける動画がネットに上がり、ベルダスコに批難の声が上がっていたの。

ロジャー・フェデラーも、自身が子供の頃に地元のバーゼルの大会でボール・ボーイをしていた経験から、ベルダスコのその振る舞いに対して、ボール・ボーイは常にリスペクトしなければならないって厳しいコメントを出していたの。

もちろん、試合中には色んな感情が沸き起こったりするものでもあるとちょっと弁護もしていたんだけどね。

それに対して、タオルは選手自身が取るようにすればと言う論争も起きているの。

ミラノで行われるネクスト・ジェネレーション・ファイナルズではコートの後ろに棚のようなものを設置して、そこにタオルを置いて選手自身がタオルを取ることを試してみることになったみたい。

まだまだ色々新しい改革があるかも知れないわね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 17:07 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ハレプ、欠場&最終戦も黄信号!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

今週、ロシアはモスクワで開催されているWTAプレミア大会のクレムリン・カップに第1シードで出場を予定していた女子世界ランク1位のシモナ・ハレプが、痛めていた腰の怪我を理由に初戦を迎える前に欠場を決めたの。

ハレプはシンシナティでのプレミア大会の準優勝後は、USオープン、中国の武漢オープンと初戦敗退で、北京のチャイナ・オープンは1回戦途中で棄権していて、その後の検査の結果では椎間板ヘルニアと診断されていたの。

今週の大会へ向けては、練習に励む姿を自身のSNSに掲載して、モスクワ入りしてからも練習を続けていたんだけど、欠場と言う決断に至ったの。

「ここでどうしてもプレーしたかったので、準備できるようにできること全てを試したものの、残念ながらまだ腰に痛みがありこれ以上の不必要なリスクを負いたくないのです。欠場するのは残念ではありますが、健康を第1に考えることが大切なのは分かっています。ここモスクワでのこの数日は素晴らしい日を送りましたし、大会の成功を祈ります。」

そしてもう来週に迫っているシンガポールで開催の女子ツアー最終戦への出場も黄信号が点滅しているの。

「もしモスクワでプレーできないのであれば、シンガポールでプレーできるのもとても疑い深いものになります。なぜなら、最終戦はすぐにあるからです。今はまだ分かりませんが、体のことを第1に考えて決断を下すのは確かです。」

って、会見で語っていたんだって。

年末ランキング1位は確定してるから、本人もそこまで体を酷使したくはないのかも知れないわね。

.
.
.
.
.
.
.
.
.

毎週恒例の、日本人選手のツアー下部大会での活躍です。

女子では、オーストラリアの2万5000ドルのサーキット大会では、第7シードの美濃越舞選手、内島萌夏選手が1回戦で、加治遥選手が2回戦敗退でした。村松千裕選手がベスト8でした。

イタリアの2万5000ドルでは、主催者推薦の江藤直子選手が1回戦敗退でした。ナイジェリアの2万5000ドルでは、主催者推薦のアンジ=オビー・カジュル選手が1回戦敗退でした。ダブルスでは、アメリカ人と組んだオビー選手がベスト4でした。ポルトガルの2万5000ドルでは、大前綾希子選手が1回戦敗退でした。

エジプトの1万5000ドルでは、主催者推薦の秋山みなみ選手が2回戦敗退でした。ダブルスでは、台湾人と組んだ秋山選手がベスト4でした。

国内は静岡県牧之原で2万5000ドル大会が開催され、第3シードの今西美晴選手、第4シードの本玉真唯選手、山口芽生選手、荒川晴菜選手、輿石亜佑美選手、上田らむ選手、予選を勝ち上がった林恵里奈選手が2回戦敗退でした。第5シードの秋田史帆選手、小関みちか選手、主催者推薦の阿部宏美選手がベスト8、鮎川真奈選手、予選を勝ち上がった宮本愛弓選手がベスト4でした。決勝戦は第1シードの小堀桃子選手が波形純理選手を下して優勝しました。ダブルスでは、第2シードの梶谷&西本ペアー、華谷&本玉ペアーがベスト4、決勝戦では森崎&米原ペアーが清水&上田ペアーを下して優勝しました。

男子では、チャレンジャー大会に出場の日本人選手はいませんでした。

オーストラリアの2万5000ドルのフューチャーズ大会では、岡村一成選手、西脇一樹選手が1回戦敗退でした。第4シードの江原弘泰選手がベスト4でした。ダブルスでは中国人と組んだ江原選手がベスト4でした。

アメリカの2万5000ドルでは、中川直樹選手が1回戦敗退でした。

タイの1万5000ドルでは、第1シードの今井慎太郎選手、第6シードの山崎純平選手、第8シードの守谷総一郎選手、予選を勝ち上がった竹島駿朗選手、住澤大輔選手が1回戦敗退でした。第3シードの斉藤孝史選手、竹内研人選手がベスト8でした。ダブルスでは、第3シードの守谷&山崎ペアーがベスト4でした。

チュニジアの1万5000ドルでは、乾祐一郎選手、河内一真選手が1回戦敗退でした。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 15:39 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


プチ情報、いろいろ!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

プチ情報をいくつか。

今日10月16日、大坂なおみ選手の21回目のお誕生日です。まだ21歳なのね。そして男子のフィリップ・コールシュライバーも35歳のお誕生日。若手とベテランのお誕生日でした。

おめでとう!

女子世界ランク1位のシモナ・ハレプは、年末ランキング1位を確定させましたね。これは2年連続のこと。今年はどうしても欲しかったグランドスラム優勝を全仏オープンで達成したから、なおさら嬉しいはず。

15歳から18歳までを対象として行われるユース・オリンピックがアルゼンチンはブエノスアイレスで開催されてました。

2010年に第1回大会が開催されて今回は第3回大会で、田島尚輝&内藤祐希ペアーがミックスダブルスで金メダルを獲得しました。今後の活躍も期待したいわね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:42 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ