カテゴリー別アーカイブ: ダブルス

いつまで相手を見るか

『sho』さんからコメントに質問をもらっていました

以下がその全文です

 

カラオケ  こんにちは。

お時間あるときに、試合中、どのタイミングでどこをどの割合で、見るべきか、アドバイスください。

まず、自分がボールを打つまでは、ボールの軌道。
自分がボールを打った後は、ボールの軌道?相手?

 

 

 

水瓶座  私の答えです

なかなかの難問かもしれません

「まず、自分がボールを打つまでは、ボールの軌道。
自分がボールを打った後は、ボールの軌道?相手?」

これはかなりあっているんではないでしょうか

 

自分が打った後は

相手と自打球と両方見ていますよね

 

問題は打つ前

どこまで相手を見るかということだと思います

例えば

ダブルスのリターン

それなりのサーブなら

ネットマンを見ている余裕はないですよね

kei1607bk

私なら

クロスにいいリターンを返すか

ストレートに抜きに行くか

フォアならどうする、バックならどうする

と、先に考えて、決め打ちです

nadal1706fs

体勢を崩されたり遅れたらロブに逃げます

緩いサーブだったら

これはネットマンを見ている余裕がありますから

ボールを目の真ん中で

目のはじっこでネットマンににらみを利かせます

ただしどれくらいネットマンに意識を行かせるかは人によってかなり違う

スウィングを小さめにして

最後の最後まで見ている人もいて

ポーチする相手の動きを待って、抜いて点数を稼ぐ

また、私のように

早目に見切りをつけて

自分のショットを最大限によくするようにする人もいます

nadal1706gats

そうそう

当社、千葉地区の支配人に金田コーチというのがいます

彼が明るく言うには

「松原さんのフォアはテイクバックが大きくてポーチ出やすいんですよね!!」

松原さんは

「ポーチに出てこられても、もっと先にすごいのを打ってやる!!」

と思っているのです

奴の動きの逆をと思ってやってみるのですが

逆にはまっちゃうようで

抜いた記憶がありません

 

この辺は性格とテニスのスタイルが大きく関係しますね

 

シングルスの場合は

パスの場合にどこまで見るかですね

ちゃんと見る人もいますが

私は頭の中でしっかり相手を見て

ほとんど決め打ちです

 

あまり相手を気にすると自分のテニスを崩したり

エラーが多くなったりするので

気にしすぎないようにした方がいいのではないでしょうか。  テニス

 

ところで、せっかくのコメントがうまく表示されてないようですね  かたつむり

 

 

カテゴリー: シングルス, ダブルス, 技術全般, 試合 | 投稿者松原コーチ 19:13 | 1件のコメント

印西女子ダブルス初級

8月26日(月)の松原テニスクラブ印西

月例の女子初級ダブルス大会が行われた

CIMG0328

今回は10ペアーの参加

5ペアーづつに分かれての予選リーグ

CIMG0330

上位6ペアーでの決勝トーナメント

下位4ペアーでの順位トーナメント

コンソレもあるので最低6試合のハードな戦いとなった

CIMG0335

4ゲーム先取の予選リーグが終わり、ほっと一息

CIMG0341

6ゲーム先取での決勝トーナメントが

激しい戦いが展開され

決勝戦

CIMG0348

手前、塚本さん、橋本さんのペアーが

6-3で、向こう側、名和さん、和仁さんのペアーに競り勝った

CIMG0343

優勝ペアーは強力なストロークが光り

ネットプレーもそつなくこなしていた

CIMG0352

今回は全体に、平行陣のペアーが多く

ボレーが多かったようだが

ネットへ出て、どこにどう決めるかがよく見えないようだった

また

パートナーが後ろか前で、ロブの処理を誤ることが多く

そこを私が指摘したアドバイスが多かった

さて

次回は、9月30日(月)の開催

要項はこちら

是非たくさんの皆さんにアドバイスもしたいと思う

お待ちしています。  テニス

 

 

カテゴリー: イベント, ダブルス | 投稿者松原コーチ 13:16 | コメントは受け付けていません。

男ダブは1発勝負

シングルスでは1本では決まらないことが多い

だが、ダブルスは違う

いいリターンが足元に入れば

ATP Masters Series - Rome

パートナーがすかさずポーチ

一瞬にして決まる

だからそんなリターンが70%入るなら

やらない手はない

逆に

攻めなければ、先に攻められて

浮いたところをやられる

takaosfv1602

極端に言えば

50%以下の確率であっても

やられるよりはいい

 

だから男子プロレベルダブルスでは先に攻める

攻撃は最大の防御

殺らなきゃ、殺られる

打つのに躊躇は要らない

ちょっとくらい不利な体勢からも打つ

djok1610bkgup

思いきりや反応がよく

宵越しの銭は持たないタイプが強い

(ジョコビッチは違うけど)

 

ダブルスではあんなに叩けるのに

シングルスだとおとなしい人がいるというのは

そうゆうこと鴨。 ひよこ    テニス

 

 

カテゴリー: ダブルス | 投稿者松原コーチ 15:27 | コメントは受け付けていません。

印西女子ダブルス初級

11月19日(月)は

松原テニスクラブ印西、月例の女子ダブルス初級編

たくさんの皆様に来ていただき

たかったのですが

キャンセルが続き、4ペアーの開催最低限数に

CIMG8592

4ペアーの総当たりで予選リーグ

1,2位で決勝戦

3,4位で3位戦 ということで行った

全員、4試合をノーアドのタイブレークセットマッチで

緊迫した試合が続き

CIMG8569

2試合づつ終わって振り返ってみると

平行陣を取るペアーが多いが

配給がなんとなくというか

思い付きでいろんなコースに打っている

CIMG8574

皆さんに雁行陣と同じようにまずはクロスに配給すること

それを深く打ち、相手を対し優位に立って

それからどうするとか

 

パートナーがネットへ出たら

先にいたネットマンは自分の頭の上を簡単には抜かせないとか

 

そんなアドバイスをして後半戦へ

その辺からストロークの打ち合いも活発さを増した

CIMG8589

結局

決勝戦で、名和さん、山田さんのペアーが

6-2で田中さん、島田さんのペアーを下して優勝した

CIMG8600

全員でパチリ

CIMG8597

次回は、12月17日(月)の開催

要項はこちら

ぜひたくさんの皆様に参加してほしい。 ひよこ  ペンギン

 

そうそう

12月3日(月)の2018冬季神奈川県テニスコーチ研修会

相模原インドアテニススクールで行いますが

まだまだ、空きがあります

ぜひこちらの方もメールで申し込んでください。 テニス

 

そういえば

ハードリターンにコメントいただいた、『うどん県』 さん

市民大会でハードリターンをいきなりぶちかますとのことでしたが

どうだったんでしょうね

あおった本人が言うのもなんですが

ちょっと、いきなり試合でというのは ・・・

ちょっと心配しています。 台風

 

 

カテゴリー: イベント, ダブルス | 投稿者松原コーチ 19:12 | 1件のコメント

ハードリターン

片手バックハンドのリターン

ちょっと過激な方法を披露する

片手バックと言ったが

フォアハンドでも、両手バックでも考え方は一緒

先生はこの人

ichi1811hit

イチロー鈴木

この写真はヒット狙い

打ちながら、1塁めがけてまっしぐらの写真

この人、練習ではだれよりも

ホームランを確実に打つことで知られている

ichi1811hr

じゃあ、試合でも毎打席ホームランでいいじゃん

と思いがちだが

それは違う

なぜ、練習ではコンスタントにさく越えができるのかというと

ピッチャーが協力してくれるから

打ちやすい真ん中高めに、140km/hの直球がくる

イチローはそれに合わせて

体重を後ろに残してフルスウィング

ジャストミートするだけ

 

この条件

いいサーバーのセカンドサーブで見かけないか

バックにそこそこの威力で安定して胸の高さに、140km/h

だから

そこをめがけ

大きく構え

thiem

サーバーが打った、0.7秒後の会合点に合わせてフルスウィング

1709fedbk

相手側のコートにたたきつける

入るはずのスウィング

入るはずのラケット面

当然、当たるはずの場所を

ドンピシャ・タイミングでひっぱたく

エラーするわけがない    テニス

 

理屈はわかった

後はどうやって実現するか

それは素振り

相手サーブを想像し

それにジャストタイミングでフルスウィングをくらわす

できるようになれば本番で

 

もちろん考え方はフォアハンドでも

DSC_6730

両手バックでも同じ

agas1507bkimpc

ファーストサーブが相手でも

タイミング、コースが読めるなら同じこと

ファアだったら、ぱっと動いて

バックだったら、 ・・・

どちらもあるということで

それも素振りしておく

 

問題はへぼなサーバー

フォークボールやチェンジアップ

突然の剛速球

落ちる場所も読めない

予定通り来てくれないと困るのだ。 テニス

 

 

カテゴリー: ダブルス, バックハンド, リターン, 練習法 | 投稿者松原コーチ 18:31 | 1件のコメント

ダブルスのリターン

『うどん県』 さんからの質問

以下がそのコメントの全文です

 

カラオケ  松原コーチ
いつも拝読させていただいています。
片手トップスピンバックハンドについて質問があります。
いつもはラケットを大きく引いて大きくスイングしています。
ふだんはこれでいい球が打てるのですが、速いサーブのレシーブを打つときにはそこまでの余裕がありません。
そこでスライスで返すことが多いのですが、ダブルスの試合では前衛のボレーの餌食になります。

そこで、以下のようなことを考えました。
①ポジションを下げてトップスピンで強く打つ。
②小さく引いてトップスピンを打つ。
③スライスロブで逃げる。

どれがよいか、あるいは他の方法があるか、松原コーチの考えをお聞かせください。
よろしくお願いします。

うどん県 より

 

 

 

水瓶座  私の答えです

松原テニスクラブ印西のツワモノ会員、Yさんがこう言っていました

スライスでレシーブしてくれたら

ダブルスコートどこでも取れますよね

松原さんは

私には無理ですと答えましたが

ネットでの動きが速く反応のいい人はそうなんでしょうね

そういえば、プロは普通のスライスリターンはしませんね

 

じゃあ、スライスでは絶対無理かというとそんなことはない

普通ではない、早いタイミングで返せばいい

具体的には

リターンダッシュです

20170505_henan_546

それとも

クロスのスライスロブです

③のスライスロブで逃げるですね

プロならぶんなぐられますが

スマッシュ力の弱いアマチュアなら執行猶予状態にできます

ストレートに上げるとやられるか、エラーの確率が増えます

 

さあ

①    ポジションを下げてトップスピンで強く打つ。 はどうでしょう

これはシングルスでは男子プロの試合で

特にクレーコートでよく見かけます

ダブルスでは

HeninBStb1410

プロ並みのスウィングスピードの人が

アマチュア相手にやるならOKでしょう

私が教えていたジュニアの子がやっているのを見ましたし

私も彼に抜かれたことを覚えています

 

プロがプロ相手にやったら

たぶんネットマンに殴られます

 

普通のアマチュアが、アマチュア相手にやったら

やっぱり、ネットマンに殴られます

 

②    小さく引いてトップスピンを打つ。 ですが

これはアリです

feder1607bkimp

構え遅れがなくなる

鈴木貴男がよくやっていました

彼は、鈴木・岩淵のコンビで

ジャパンオープンで優勝しています

ライジング気味に叩いてリターンダッシュ

という光景が目に浮かびます

実はこのプレー、プロでは得意な選手が多い

両手でも片手でも

agas1507bkimpc

フォアよりもやりやすい

だからプロでは

ジュースコートを守るサウスポーが多いのだと思います。 テニス

 

さて、もう一つの大胆な提案があるのですが

ちょっと長くなったので次回に ・・・  ペンギン

 

 

カテゴリー: ダブルス, リターン | 投稿者松原コーチ 20:19 | 1件のコメント

ダブルスの基本

松原テニスクラブ横浜

昨日の月曜日

平日に来ている女性会員さんたちの企画している練習会だった

そこで、アドバイスした話

まずは、きっちりクロスに打って、試合を構成するというお話

1504nessenn1

最初、クロスに打ち (ルールで決まっている)

それを前提のポジションにいるからだが

通常、クロスの打ち合いから始まる

そこからどう展開し

どう決めるか? どう守るのか?

というのが課題

ストローカーなら

クロスに打ち勝って

甘くなったボールをネットマンに決めさせる

甘いボールをストレートに抜く

ボレーヤーならネットへ出て平行陣

bry1506b

もちろんボレーも基本はクロス

そこから

雁行でも並行でも、ポーチ

ATP Masters Series - Rome

クロス打ちからそんな意味のある展開へ

なんとなく気まぐれに意味のない展開をすると

こちらに空きができて破綻する

パートナーも自分もクロスラリーを前提の

ポジション取りをしているから

 

いろいろな展開

いろいろなウィナーが考えられるが

その前、始まりはいつもクロスなのだ。 テニス

 

 

カテゴリー: ダブルス | 投稿者松原コーチ 18:31 | コメントは受け付けていません。

印西女子D9月

松原テニスクラブ印西

月例の女子ダブルス初級編

8月から1週後の9月3日月曜日の開催だった

CIMG8421

5ペアーの参加だったので総当たりのリーグ戦

他の4ペアーすべてと

ノーアドのタイブレークセットマッチで対戦した

CIMG8424

2面のコートを使い4ペアーが試合

1ペアーは休憩なので

その間、休憩ペアーといろいろお話することができた

CIMG8437

激戦が展開され

CIMG8431

試合するごとにうまくなっていくのがわかる

CIMG8426

苦しいときのロブの上げ方や

平行陣でのポジションなど

CIMG8429

試合結果の方は

CIMG8423

ストロークのコース打ち分けやロブもうまかった

和田さん、鶴谷さんのペアーが4戦全勝で1位

名和さん、山田さんのペアーが3勝1敗で2位となった

CIMG8446

試合後の全員集合

CIMG8441

さて次回は、10月29日(月)の開催

要項はうちのHPのこちらから

テニスは試合ですやればちゃんとうまくなる

松原さんのアドバイスを聞くともうちょっと勝てるようになる

是非、たくさんの皆様の参加、お待ちしています。  テニス

 

 

カテゴリー: イベント, ダブルス | 投稿者松原コーチ 19:45 | コメントは受け付けていません。

ボレーの角度

松原テニスクラブ横浜で女子ダブルスを見ていた

かなりな実力者同士の試合なのだが

ボレーやストロークのコースが面白くない

深いボールを打とうとしているわけではないのかもしれないが

角度のボールがない

DV

ボレーを深く打ってしまうと

上の絵の3本の線のようなコースばかり考えてしまう

相手のできるだけ遠くだが

ベースライン深くという制限で

このくらいのコース巾しか取れない

だがオレンジのように浅く打てると

DVorange1808

一気に角度が広がる

ボレーは浅く打ってもいいのだ

むしろ浅い方がいやなのは

相手側に立った時に何度も経験しているはずなのだが

なぜか練習で浅く打っている人は少ない。  テニス

 

 

 

カテゴリー: ダブルス, ボレー, 松原TC横浜 | 投稿者松原コーチ 18:15 | 1件のコメント

勝つダブルス

『光太朗』 さんから質問をいただきました。

以下がそのコメントの全文です

 

カラオケ  いつも楽しく拝見させて頂いています。

光太朗と申します。

ダブルスについて質問がございます。

単身赴任にて高松市でテニスを楽しんでおります。

大会に出場する機会にも恵まれておりますが
みなさん上手くって
私が一番未熟なのです。

勝ち負けはあまり気にしていませんがすこしでもいい試合はしたいです。

実力で劣る場合でも
少しでも粘れるコツがあればご教授下さい。

現状やっている工夫です。

クロスラリーでは勝てないのでストレートロブ等、ストレートの展開を増やす

ポーチは積極的に出る

とにかく粘る

以上です。

お手すきの時にでもアドバイス頂ければ幸いです。

光太朗 より

 

 

水瓶座  私の答えです

まずは、いっぱい試合をして

試合の感じを知ることが大切です

そして

どうして、ポイントを失うのか

どうした時にポイントをとれるのか

知ることが大切です

takao1605tv

ポーチに出る

粘る

いいですね、いい考えです

 

ポーチ、決まりますか

ポーチに出たらポイントをもらえるわけではありません

ポーチに出て

相手に取れないところに打ったらポイントが取れるのです

よく

打てないバックボレーでポーチに出て

相手にチャンスボールをあげている人を見ますよね

 

粘る

どうやって粘りますか

ロブですか

粘るならポーチやスマッシュのされにくい

クロスのロブでしょうか

 

ストレートの展開を増やすと

相手が困るようなショットじゃないと

簡単に決められちゃいますよね

takao_suzuki1704

すいません否定的な話が多くて

でもこの質問

テニスってどうやればいいですか?

みたいな質問で

全部答えたら、本が1冊、書けちゃうかもしれません

 

試合の考え方ですが

どうやってポイントを取るかを決め

それに必要なショットを身に着けることです

もちろん

この決めパターンは自分の得意ショットを前提にします

1709gcnisikori

そして

足りない技術を練習して身に着ける

そしてそのパターンを増やしていく

annak1704

ボレーを上手になるとか

ストロークの技術を上げるというようなことではないのです

もっと細分化する

例えば

ファーストボレーをアングルに打って決めるとか

フォアハンドの逆クロスの打ち合いから

ストレートサイド抜きに持っていくとか

nadal1706c

守備的なところなら

いいサーブをクロスのスライスロブでしのぐ等々

Pilot Pen Tennis Day 1

試合で必要な技術を練習するのです

そうすれば勝てるようになっていきます。 テニス

 

 

カテゴリー: ダブルス, 練習法 | 投稿者松原コーチ 18:30 | コメントは受け付けていません。