月別アーカイブ: 2019年11月

印西女子D初級

11月25日(月)の松原テニスクラブ印西

月例の女子ダブルス初級大会

DSCN3032

今月も7ペアーの参加

8ペアーの予定だったのが急きょ、キャンセルが入りDSCN3038

またまたやってしまった

7ペアーの総当たり

6ゲーム先取マッチを6試合づつ

ちょっと体力的にきついが全員棄権なしに消化できた

DSCN3039

前半終了したところで休憩

集合写真を

DSCN3054

試合再開

DSCN3059

後半に激戦が多くみられた

DSCN3058

下の写真

手前、宮尾・瀧尾ペアーは向こう側、石川・持田ペアーに

6-5で逆転勝ち

DSCN3061

さらに、向こう側、森中・谷中ペアーにも6-4で勝ち

勝負強さを見せた

DSCN3057

1位、宮尾・瀧尾ペアー

2位、森中・谷中ペアー  となった

DSCN3066

宮尾・瀧尾ペアーのストローク力、決定力が目立った大会となった

さて

次回は、12月16日(月)の開催

要項はこちらに

1月以降の予定も決まったのでこちらも

たくさんの皆さまの参加をお待ちします。 テニス

 

カテゴリー: イベント | 投稿者松原コーチ 12:16 | コメントをどうぞ

片手バックのグリップ

 

 

feder1607bkimp

プロのグリップは相当に厚い

wowr1604bki

手の甲が真上を向くくらいが一番薄いくらい

もっと厚い人は、ウェスタングリップ

henin1408b

手首をV字に折って、面が垂直になるようにする

なぜ厚いのかというと

クレーやハードで打ち合うプロ

特にトップスピンの多い男子の打点が高いからと

力が入りやすいから

そして

こうやって引っ張って

fedbk1608sitani

ワイパー気味に使うのに便利だから

ワイパーというと

腕力でねじ込むようなイメージがあるかもしれないが

弧を描いたアッパースウィングで

打点を前にして

手を少し下に引っ張り込むと自然にこうなる

それの程度で

打球の飛び出し角度や飛距離、回転数まで

自在に調節するのだ

 

私もさらなる進化を目指し

このグリップをトライしてみることに

さてどうなりますか ? ・・・ ?  テニス

 

 

カテゴリー: バックハンド | 投稿者松原コーチ 17:48 | コメントは受け付けていません。

バックの構え

トップスピン片手バックハンド

打点を前に取るためのテイクバックはここ

waw1604bkt

上体から離して構えるのが肝

しかもこの時点でボールはバウンドの少し前

クローズドスタンスなら

ここからさらに両足を動かして

タイミングとパワーを得るのだが

ワウリンカはたまたまオープンで構えている

時間がないからだろう

もしかしたらすでにバウンド後か?

ここから

左足を軸に下がりながら位置合わせに入っているところ鴨

 

バックの肝は

gasque1511bktk

バウンド前に上体の前高めのセットすることと

さらに動きでパワーつけて

なおかつ、位置合わせを行うことなのだ。 テニス

 

 

カテゴリー: バックハンド | 投稿者松原コーチ 16:37 | コメントは受け付けていません。

バックの打点は

最近、片手バックが復活してきたようだ

ロジャー人気のせいか?

rf1608bf

若手の男子プロではよく見かけるし

女性にはほとんどいないが

スクールに来るオジサンやお兄さんたちにはけっこういる

ところで

アマチュアの方たちが苦労するのはこれを認識していないから

waw1601bkimp

打点がかなり前なこと

そしてかなり身体に近いこと

ここさえクリアーすればかなり楽になる

ここじゃないとフラットやトップスピンは力が入らない

そして

ここがスウィングの真ん中になるということ

この後ろが半分

1601wawbkkamae

前に半分

wawr1601bkf

という意識があるといいのだ

ここで打てば

swbsus1

ボールは楽に飛ぶ

レッスンでこの打点を見せるとき

なるべく遅いスウィングで打って見せる

「こんな目にも止まるようなスウィングで打てますよ」

と言って、デモが終わる。  テニス

 

 

カテゴリー: バックハンド | 投稿者松原コーチ 13:04 | コメントは受け付けていません。

印西女子ダブルス

松原テニスクラブ印西月例女子ダブルス初級

担当は私、松原コーチ

先週の月曜日だったのでちょっと遅れた報告

すいません

CIMG0430

今回は7ペアーの参加

大胆に総当たりで組んだ

CIMG0434

全員、6ゲーム先取マッチ、6試合づつ

CIMG0445

全勝はいない、大激戦

CIMG0460

大激戦が展開され

CIMG0458

天尾さん、池田さんのペアーが、5勝1敗で1位

CIMG0447

2敗に、松永さん、東小川さんのペアーと

森山さん、佐久間さんのペアーが並んだ

CIMG0449

3ペアーが並ぶ可能性も出てきて

途中で、足し算引き算をしていたが

2敗同士、直接の対戦で勝った、森山さん、佐久間さんの2位が決まった

CIMG0472

 

今回は、皆さん堅実なテニスで攻撃性が・・・ ?

ポーチの場面を見かけない

それでは相手にプレッシャーをかけられない

もっとポーチがあってもいいのではというアドバイスが多かった

 

さて

次回は、11月25日(月)の開催

たくさんの皆様の参加をお待ちします。 テニス

 

 

カテゴリー: イベント | 投稿者松原コーチ 13:10 | コメントは受け付けていません。

インサイドアウトの感覚で

フォアハンドを打つとき

フォアに自信を持っている人は

ラケット面がインサイドアウトに動く感触を持っている

だけど

federer1607imp

forswing140221

手の位置はオレンジ方向、アウトサイドインに動くに決まっている

そして、こうゆうフィニッシュに

1603nisikori finis

だけど

ラケット面の感触はインサイドアウトなので

後輩を教えているときは

インサイドアウトと伝えるところまでは前回触れた

 

上級者が自分の感覚でそう思っている分には

何の問題もないのだが

それが指導者となると問題が

聞いた方は真に受けて

努力、努力にインサイドアウト

まじめな人ほどフォアハンドが失速しちゃう

本当は小柄な女性でもこれほど引っ張る

rad1602finp

なかなか、日本人のまじめな女性には

ここまでの人は少ないかも

rad1602ffnis

指導者は自分の言葉と感覚の微妙なずれを

ちゃんと自覚しておかなければならない

フォアハンドは上体を前に向け

CIMG3264+0

アウトサイドインで手前に引っ張るのだ。  テニス

 

 

 

カテゴリー: フォアハンド | 投稿者松原コーチ 15:32 | コメントは受け付けていません。