日別アーカイブ:

ラケットのライフサイクルから考えるトレンド

ミスターTです。

今回は、ラケットのライフサイクルからラケットのトレンドを考えることをしようと思います。

ここ最近、グラファイトやカーボンで作ったラケットが主流、いや、ほぼ全てのテニスラケットですが、つい30年ぐらい前は木製、あるいはアルミ製が主流で、わずか30年ぐらいでこんなに素材が進化すると思わなかったオールドファンもいると思います。

そんな思い出話はさておいて、現在のトレンドについて話をしましょう。

現在のトレンドは、なんといってもスピンが主流で、フラット一辺倒、あるいはサーブ&ボレーはやや衰退気味です。

これを反映してか、バボラのピュアアエロシリーズ、ウィルソンのSラケのように、いかにスピンを操れるかがキーポイントになっています。もちろん、フラットもストロークの基本技術として押さえる必要はありますが、今はスピンの時代なのかもしれません。

あとは、最近ラケットのしなりよりも面の安定をウリにしたものが多くを占めていますが、関節、筋肉への衝撃や疲労の軽減を目指して日夜新しいラケット開発が進んでいると思います。

こうして見ると、最近はスピンが簡単に打てて面の安定をウリにしたものが良く出回っていると思います。

ミスターTでした

カテゴリー: ミスターTの今日の一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。