森田選手は残念&奈良選手またしても3回戦へ

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

昨日はこのブログをアップした後に森田あゆみ選手と奈良くるみ選手の試合が行われましたね。森田選手は腰に違和感があったようで、途中から明らかに動きがおかしくなってしまって、ボールを追う事が出来なくなってしまいましたね。

そんな状態では、かつての調子を取り戻してトップ10に返り咲いたイェレーナ・ヤンコビッチには勝ち目はないですね。あっさり敗退しちゃいました。今はしっかり体のケアーをして、このところ怪我続きなのでしっかり治して欲しいですね。

そして奈良選手はまたしてもやってくれました。第32シードのマグダレーナ・リバリコワをストレートで下して、昨年のUSオープンに続いての3回戦進出です。次に対戦するのは森田選手を下したヤンコビッチ。

ヤンコビッチとはUSオープンの3回戦でも対戦していて、第1セットはワン・ブレークの差で取られて、第2セットはタイブレークにもつれて、そのタイブレークも7-9の接戦で落として負けちゃったのよね。今回の対戦はもっと良いプレーを見せて欲しいわね。

そして奈良選手、これで全豪オープン後に発表になる世界ランクでは日本人女子のトップに立つ事になりそうですね。日本の新しいエースの誕生ね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 19:08 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ヒート・ポリシーが適応に

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

今日行われた全豪オープンは、とうとうヒート・ポリシーが適応されて、試合が中断しちゃいましたね。

その前に錦織圭選手は2回戦を終えました。第1、第2セットを簡単に取った錦織選手だけど、グランドスラムでの勝利はそう簡単なものじゃないって言うのを第3セットで思い知らされた形になりましたね。

それでも第3セットをタイブレークの末にしっかり取ってゲームセット。順当に3回戦進出を決めました。

3回戦で対戦するのは、この日のヒート・ポリシーのために試合途中で中断になった第24シードのアンドレアス・セッピとドナルド・ヤングの勝者になりました。

もつれにもつれたこの試合、第4セットの時にヒート・ポリシーが適応になったの。ヒート・ポリシーは、その時行っているセットは終了させなければならず、そのセットをヤングが取っていればそのまま試合終了だったんだけど、セッピが取り返したために2セットオールになって、試合の行方はファイナルセットへともつれたの。

そして数時間後に再開されたその試合も、両者譲らず接戦へ。結局ヤングがファイナルセットを7-5で取って3回戦進出を決めました。現在世界ランク91位のヤングは、全豪オープンでは自身初となる3回戦進出ね。

今日は森田あゆみ選手が第8シードのイェレーナ・ヤンコビッチと、奈良くるみ選手が第32シードのマグダレーナ・リバリコワと2回戦が予定されているけど、現時点でじゃロッド・レーバー・アリーナとハイセンス・アリーナ以外の外の試合は行われてませんね。試合は行われるのかしらね???

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

1日送れちゃいましたけど、毎週恒例の先週のツアー下部大会での日本人選手の動向で~~~っす。

女子では、アメリカの2万5千ドルのサーキットでは、田中真梨選手が1回戦で、日比野菜緒選手が2回戦で敗退でした。インドの1万ドルでは、第4シードの牟田口恵美選手、布目千尋選手が2回戦敗退でした。

今週はアメリカの2万5千ドルのサーキットに日比野菜緒、主催者推薦でオサカ・マリ選手が、エジプトの1万ドルには第7シードで田中優季、藤岡希、予選を勝ち上がった長谷川梨紗選手が出場してます。

先週はチャレンジャー大会は開催されてませんね。

アメリカの1万ドルにフューチャーズ大会では、第7シードの西岡良仁選手が準優勝でした。

今週もチャレンジャー大会の開催はありません。

ドイツの1万ドルのフューチャーズ大会には予選を勝ち上がって江原弘泰選手が、アメリカの1万ドルには西岡良仁、予選を勝ち上がって内田海智選手が出場してます。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 19:24 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


日本人に明暗!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

昨日行われた錦織圭選手の初戦はハラハラドキドキでしたね。取ったセットは錦織選手のペースだったけど、それが連続して続かずフルセットにまでもつれてしまって!

昨日は42度まで気温が上昇して途中棄権をする選手もかなり出ましたね。もちろんその全部が気温によるものではないけど、棄権とまでは行かなかったけどその影響があったのが、奈良くるみ選手の1回戦。

ポン・シュアイと対戦した奈良選手は、ランキングこそ下だけどポン・シュアイに全く引けを取らないテニスを見せて、そのセットもフルセットへ。

そしてその第3セット、5ー3と奈良選手がリードして迎えたポン・シュアイのサービスゲーム。そのゲームもデュースにもつれる中、ポン・シュアイが左太ももに痙攣が起きてしまって、足を押さえながらサーブを打っていたの。

痙攣が激しくなった時はサーブが打てず、タイム・バイオレーションを取られる場面も。

それでも試合を続けたポン・シュアイは、右足にも痙攣が起きてしまって、倒れ込んでしまったの。それで受けた2度目のタイム・バイオレーションで、セカンド・サーブに。

これまでは2度目の警告の時はポイントが与えられたと思ったんだけど、主審のコールはセカンドサービスだったのよね。

グランドスラムはWTA大会とは多少ルールが違う時もあるけど、もしかしたらヒートポリシーの影響もあったのかしら?

でも、ほとんど動けなくなったポン・シュアイは元気な奈良選手に勝ち目はなく、そのまま奈良選手が初めての本戦となった全豪オープンで初勝利を飾りました。2快勝では第32シードのマグダレーナ・リバリコワと対戦します。

土居美咲選手は、昨シーズンから好調を取り戻しているイェレーナ・ヤンコビッチに力の差を見せ付けられてしまいましたね。でもこれも経験。あの試合からきっと何かを掴んでくれたと思います。

森田あゆみ選手は第1セットを簡単に先取したけど、もつれた第2セットをタイブレークで取ってストレート勝利。第2セットを取られていたら、どうなっていたか分からなかったわね。

そしてその森田選手は2回戦でヤンコビッチと対戦です。この勝者は奈良選手とリバリコワの勝者と対戦になるから、森田選手と奈良選手が勝つと日本人対決となります。ヤンコビッチが勝って奈良選手が勝つと、ヤンコビッチは3試合連続での日本人との対戦となります。

そしてさすがに添田豪選手はアンディ・マレーに圧倒されてしまいましたね。世界のトップ3と言っても過言ではない実力の持ち主に、打開策が見付けられなかった感じですね。土居選手同様、今後のキャリアに生かして欲しいですね。

そして今夜はレイトン・ヒューイットとパトリック・ラフターのダブルスがあります。楽しみですね!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 14:52 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ラフターがダブルスに登場!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

全豪オープンもいよいよはじまりましたね。その予選では結局、日本人勢は全滅でしたね。何とも残念。

そして今日行われたクルム伊達公子選手の1回戦はフルセットでの敗退となりました。第1セットでは良いスタートを切ってリードしていたから、そのままそのセットを取っていたら・・・と思ってしまいました。

そして発表になった男女のダブルスのドローでは、とてもビックリするようなペアーが!

男子ダブルスに、レイトン・ヒューイットと一緒にパトリック・ラフターの名前があるじゃないですか!!!

現在41歳のラフターは、今は地元オーストラリアのデビスカップの監督をしているけど、ラフターが最後に公式戦でプレーしたのが2001年のデビスカップの決勝戦で、メルボルンにフランスを招いた時。地元での決勝戦だったけど、惜しくも勝利とはならなかったけど、まだ20代だったラフターはその後コートに立つことはなく引退してしまったの。

32歳のヒューイットは明日行われるシングルスの1回戦では、第24シードのアンドレアス・セッピと対戦。ランキングこそヒューイットの方が下だけど、ヒューイットは開幕戦のブリスベンでは、ロジャー・フェデラーを下して優勝とさい先の良いスタートを切って、もちろん上位進出を狙っているわ。

ラフターとのダブルスの1回戦では、バトラック&クラーセン組と対戦です。

ヒューイットはラフターについて「ラフターは十分なくらいのプレーをしている。シニア・ツアーでも(ゴラン)イヴァニセビッチや(ティム)ヘンマンらを下して優勝もしているんだ。」って今の十分なテニスをしていると感じているみたい。

そしてラフターはダブルスへの思いを問われると「まだ何も始まってはいない。ただドローに名前があるだけ。全てはヒューイットがどこまでシングルスで勝ち上がれるかさ。彼がシングルスで最高のプレーが出来る事が一番大切なんだ。でも楽しもうと思っている。最高の選手の一人とプレーするんだからね。大好きなチョコレートを食べる時のような気分さ。」とジョークを交えて語ってました。

そしてラフターは、この復帰に向けてドーピング検査をクリアーする事への不安を問われて「もしドーピング・ルールにチョコレートの食べ過ぎも含まれるなら、大きな問題に陥ってしまうだろうね。」と、ベテランらしい笑いを誘うような返事をしていたわ。

この二人のダブルスにも注目ね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 21:19 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


全豪オープン本戦シングルスのドローも発表

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

全豪オープンの予選は男女共2回戦が行われてますね。昨日行われた女子の1回戦では、石津幸恵選手以外の4選手が勝利。でも今日行われた2回戦では、瀬間友里加選手、瀬間詠里花選手、穂積絵莉選手が敗退しちゃいました。

男子では、昨日の2回戦でダニエル太郎選手が勝利すると、今日行われた2回戦で第32シードの杉田祐一選手も勝ちました。

明日行われる男女予選の最終ラウンドには、男子では杉田選手、ダニエル太郎選手が、女子では唯一勝ち残っている尾崎里紗選手が本戦入りを目指して出場しますね。

杉田選手はダビ・グエと、ダニエル太郎選手は第10シードのトマス・ベルッチと対戦です。尾崎選手は第12シードのアンナ・タチシュビリと戦います。

みんな本戦の舞台に立って欲しい!!!

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
そして、男女シングルスの本戦のドローも決まりました。

男子では、日本勢はちょっと厳しいドローになりましたね。第16シードの錦織圭選手は1回戦ではマリンコ・マトセビッチと対戦。上位進出を狙う錦織選手だけど、シード勢が順当に勝ち上がると3回戦では去年のウィンブルドンの3回戦で負けた今大会第24シードのアンドレアス・セッピと。そしてそれに勝っても4回戦では第1シードのラファエル・ナダルと、ベスト8への壁は厚いわね。

それにセッピの1回戦は、開幕戦のブリスベンでロジャー・フェデラーを下して優勝したレイトン・ヒューイット。錦織選手はブリスベンでヒューイットにも負けているのよね。だから、どちらが勝ち上がって来ても手強い相手には間違いないわね。

こうなると、少なくとも去年と同じ4回戦には進んで欲しいですね。

そして添田豪選手はと言うと、第4シードのアンディ・マレーと言うタフなドローです。でも、ここまでの上位選手だったら、もう開き直って全力でぶつかってもらいましょう。勝負は何が起こるか分かりませんからね!

女子では、森田あゆみ選手はナディヤ・キチェノクと、クルム伊達公子選手は予選を勝ち上がった選手と奈良くるみ選手はポン・シュアイと、土居美咲選手は第8シードのイェレーナ・ヤンコビッチと初戦で対戦です。

グランドスラムともなれば、簡単な試合なんてないと思うけど、みんなまずは1勝を目指して頑張ってもらいましょう。

そして面白いツイートを発見したの。それはアンディ・マレーの物だったんだけど、今朝の彼のツイートがこんなのだったの。

「仮に発表になった全豪オープンのスケジュール・・・大会2日目に行われるナダル対トミックの1回戦が13番コートだって?!主催者は一体何を考えているんだ。」だって。

もちろん、第1シードのナダルと地元の期待のバーナード・トミックとの試合が、例え1回戦だとしても13番コートなんてことは考えられないわよね!

ま、仮に発表されたスケジュールだから、当然変わるはずだと思うけどね。

でも現地にいる選手は、試合のスケジュールをこんなに早く知る事が出来るのね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 17:21 | 2件のコメント
▲ページトップへ


全豪オープンの予選が始まる

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

いよいよ今季最初のグランドスラムである全豪オープンの予選が始まりましたね。今日は男子からスタートしてます。

その予選に出場している日本人選手はと言うと、第30シードで伊藤竜馬選手、第32シードで杉田祐一選手、守屋宏紀選手、ダニエル太郎選手、内山靖崇選手、近藤大生選手がエントリーして今日の1回戦に登場しましたね。

伊藤選手は惜しくもフルセットで負けちゃいました。ダニエル太郎選手はストレートで2回戦に進出しましたね。

杉田選手は内山選手との日本人対決をストレートで制して2回戦進出を決めました。近藤選手はストレートで負けちゃいましたね。守屋選手もストレートで敗退でした。

杉田選手とダニエル太郎選手に期待しましょう!

女子では、石津幸恵選手、穂積絵莉選手、瀬間友里加選手、瀬間詠里花選手、尾崎里紗選手がエントリーしてますね。明日1回戦が始まります。

.
.
.
.
.
.
.
.
.

毎週恒例の先週のツアー下部大会での日本人選手の動向で~~~っす。

って、先週はお正月でばたばたしてしまってお伝えするの忘れてました。ごめんなさい。
なので今日は2週間分、行っちゃいます!!!

先々週の女子では、トルコの1万ドルでは、予選を勝ち上がった山外涼月選手が2回戦敗退でした。田中優季選手はベスト8でした。

先週行なわれたのは香港の2万5千ドルのサーキットのみで、青山修子選手、桑田寛子選手が1回戦で、藤原里華選手、江口実沙選手、今西美晴選手が2回戦敗退でした。第4シードの穂積絵梨選手、第8シードの日比万葉選手はベスト8でした。ダブルスでは台湾人選手と組んだ第4シードの藤原選手がベスト4、第2シードの江口&穂積ペアーが優勝しました。

今週はアメリカの2万5千ドルのサーキットに日比野菜緒、田中真梨選手が、インドの1万ドルには第4シードで牟田口恵美、布目千尋選手が出場してます。

男子では、先々週はチャレンジャー大会もフューチャーズ大会も開催されてませんでした。

先週はチャレンジャー大会に出場の日本人選手はいませんでした。フューチャーズ大会は開催されませんでした。

今週はチャレンジャー大会は開催されてませんね。

アメリカの1万ドルにフューチャーズ大会では、第7シードで西岡良仁選手が出場してます。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:31 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ウォズニアキ、婚約の裏には&ラドワンスカの学習

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

新年早々にテニス界に飛び込んで来たホットなニュースが、元世界ランク1位で現在10位にいるカロリーン・ウォズニアキがかねてから交際していたプロゴルファーのロリー・マキロイとの婚約を発表した事。

大晦日にマキロイがウォズニアキにプロポーズして、日が代わり年も代わった直後にウォズニアキが自身のツイッターで報告してましたね。

でもプロポーズする前にマキロイは、しっかりウォズニアキの両親の承諾を得ていたそうよ!

「両親は知っていたの。彼(マキロイ)は私の両親に事前に承諾を得ていたの。伝統的な感じでね。それも素晴らしい事だわ。私自身とっても幸せだったし、両親も祝福してくれたわ。彼の両親だって同じ。周囲の人達だって喜んでくれたの。」

「私達の人生の特別な瞬間だった。プライベートな部分で全てが整った事には驚きだし、お互いのスポーツで新しく迎えた年では、試合へしっかり集中出来るわ。そしてそれが私達二人がどちらも望んでいる事なの。」

って、プロポーズされた時を振り返りつつ幸せな心境と新しいシーズンへの気持ちを語っていました。

ずっと世界ランク1位にいながらマキロイとの交際を公にしてからは、トップ10こそ維持しているけど当時のような成績が残せず、それは恋愛が影響しているのでは・・・なんて、言われた時期もあったのよね。

それに、何かにつけて破局したのではとか二人に関する噂が流れるのもしばしば。でもこうしてめでたく婚約に至って、近い将来の結婚も視野に入れながらお互い世界の舞台でまた好成績を飾って欲しいわね。

そしてそのウォズニアキとはお互い親友だと言う仲なのはアグニエスカ・ラドワンスカ。

彼女はシーズン獲得ポイント上位8選手しか出場できないツアー最終戦に去年は3年連続の出場を果たしたけど、予選ラウンドロビンは全て敗退。でも彼女はそんな状況から何かを学んだそうよ。

「去年は秋のアジア・シーズンで本当にたくさん試合をしたの。18日間で13試合。これはかなりの数。それはちょっと多すぎたわ。あの時は大丈夫だと思っていたし、2日間のオフを挟んでまた練習を再開して最終戦に備えていたの。でもそれは十分ではなかった。」

「最終戦の後、バケーションを取ったの。2週間ほどしてまた練習を始めたわ。そして最初からとてもハードな練習を課したの。ここまでの数週間は本当に激しい練習を積んだわ。フィットネスを万全にさせるためにたくさんのトレーニングも行った。そうすることによって、一年を通してずっと健康で強い体でいられるようにね。」

ラドワンスカはアジア・シーズンでは、韓国のソウルで優勝。東京の東レPPOでベスト8、中国の北京ではベスト4と、連日の試合だったのよね。だからオフシーズンはそんな状況にも耐えられるような体作りに重点を置いていたみたいね。

勝ち上がれば上がるほど試合は続くからね。休養を取りたいからってわざと負けるわけには行かないわ。それには体が大事ってところにたどり着いたって感じね。

先週行われたエキシビション・イベントのホップマン・カップでは、当初成長著しいイェルジー・ヤノヴィッツとのペアーで出場予定だったけど、ヤノヴィッツが怪我で棄権。代わって出場したのは無名のグルゼゴルズ・パンフィルだったけど、予選ラウンドロビンは全勝で見事決勝進出。

決勝戦ではジョー・ウィルフリー・ツォンガ&アリーゼ・コルネのフランスに惜しくも負けちゃって準優勝だったけど、ラドワンスカは出場したシングルス4試合は全てで勝利を飾る好調さを見せていたのも、オフシーズンのトレーニングの成果とも言えるのかもね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 16:36 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ヒューイットとフェデラーの全豪オープンへの思い

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

先週行われた開幕戦のブリスベン国際男子で、2010年6月のドイツはハーレ大会以来となる優勝を飾ったレイトン・ヒューイットが、来週から行われる全豪オープンで台風の目になり得る自信を覗かせてるわ。

決勝戦では元世界ランク1位対決となったロジャー・フェデラーをフルセットで下しての優勝だから、自信に繋がったのは間違いないわよね。しかも第2セットを取られて第3セットの第1ゲームで何度もフェデラーに握られたブレークポイントを凌いでフェデラーに行った流れを食い止めての優勝だから、余計よね。

「もちろん、多くはドローやどれくらい良いプレーが出来るかにもよる。何回戦にまで行くとかそう言うんじゃない。ただコートへ向かって、今週戦ったようにプレーするだけ。今週のようなプレーが出来たら、トップ選手を苦しめて痛め付けるチャンスは十分にあると思う。」

「今週のプレーは、今どれほど良くボールが打てているかとか、トップ選手に劣らないプレーが出来ているかと言う事に更に多くの自信を与えてくれた。当然、5セット中3セットをトップ選手から取るのは通常の試合とは別物。だから、更なる向上を求めてプレーを続けているんだ。」

って自信を覗かせつつ、ベテランならではと言える現実的な難しさもしっかり受け止めてますね。

地元でのグランドスラムである全豪オープンで、自身唯一の決勝の舞台に立ったのは2005年。でもその時はマラット・サフィンの前にタイトル獲得を阻まれているけど、まだ地元優勝の夢は捨ててはいないって印象ね!

そしてそのヒューイットに負けちゃって、2014年はいきなりの優勝でスタートとは行かなかったフェデラー。去年はシーズン通してわずか1大会の優勝にとどまってしまって、今年は奮起して開幕戦から出場したフェデラーだったけど、チャンスを逃してしまいましたね。

それでもその勝ち上がりや、ニコラ・マウーと組んだダブルスでもベスト4入りと、シングルスとダブルスを戦いながらも肉体的に問題なく一週間を戦い抜けた事に手応えを感じているみたい。

「安定したプレーを続けられたと感じている。決勝戦は最高のプレーが出来ず残念ではあったけど、それでもレイトンは今週戦った中では最高の選手だった。彼には厳しい試合を強いられた。だから、今何が必要かもはっきりしたし、精神的にも肉体的にも今の自分がどのくらいのレベルにいるかがはっきりした。」

「来週から始まる全豪オープンには、貪欲にそして全力で向かって行きたいと強く思っている。きっと良いプレーが出来ると感じているからね。今は何よりも、自分自身がどんなプレーをするかにかかっている。全体的に今週は、これまでの長い期間の中ではサーブの調子が安定して良かったと感じている。それはとても良いこと。もう少し良いプレーを続ける必要があったし、これからの大会では、そうする事が必須。」

そう語るフェデラー、決勝戦で負けちゃったけどそこまでの勝ち上がりのプレーには手応えを感じているようね。

今年はまたトップ5、そしてトップ3に食い込んで、世界ランク1位争いにも加わって欲しいわね!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 19:05 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


セリーナのミックスダブルスへの思い

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

開幕戦のブリスベン国際女子で優勝を飾って幸先の良いスタートを切ったセリーナ・ウィリアムズが、再来週から行われる全豪オープンのミックスダブルスに、ロジャー・フェデラーを誘って出場しようと思ってたんだって。

もちろん、それは止めたみたいなの。セリーナはニュージーランドでの開幕戦に出場していた姉のヴィーナス・ウィリアムズと組んで女子ダブルスにもエントリーする予定でいるから、ミックスダブルスにもエントリーしたら、3つの部門で戦わなければならなくなるから、やっぱりそれは避けたいって決断に至ったらしいわ。

「実はロジャーのブリスベンでのダブルスのプレーを見て、頼もうかと思っていたの。でもヴィーナスが、全豪でダブルスも出ようって言ってきたから、そうする事にしたの。」

「3つのイベントにはさすがに出られないわ。ミックスダブルスなら、まだ女子ダブルスの方に出たいって思うから。まだミックスダブルスでの優勝はないけどね。それでもダブルスの方を選ぶわ。だって実の姉だし、一緒にプレーしているのは楽しいし、最高なの。ダブルスだって大好きだし、ダブルスも上手だって感じているから。」

って語りながらも、いつかはミックスダブルスでも生涯グランドスラムを達成したいとも思っているとも加えていたわ。そしてフェデラーともいつかは組んでみたいって。

これまでウィンブルドンとUSオープンのミックスダブルスのタイトルは持っているセリーナ。残るは全豪オープンと全仏オープンのタイトル。

「ちょっと分からないけど、全豪と全仏でどうしたらベストな方法かを考える必要があるわね。どうしたら良いかしら?」って、残る2つの優勝も、近い将来に狙うつもりでいるみたいね。

今の彼女の好調さを見れば、まだまだあと数年は世界のトップで戦っていけそうだから、近い将来に実現しそうね!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 20:10 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


錦織vsチリッチ壮絶な試合&ヒューイットの驚き!!!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

今日行われたブリスベン国際男子の準々決勝の、錦織圭選手とマーリン・チリッチとの試合は壮絶な物になりましたね。特に精神的にタフな試合だったんじゃないかしら?

第1セットを先取した錦織選手だけど、第2セットは何度もブレークポイントを握りながらもなかなかチリッチからブレークが奪えなかったの。実に9回あったチャンスを1度も生かせなかったわ。

一方のチリッチも、錦織選手から何度もブレークポイントを握りながら、それを生かせずと言う同じような展開だったの。でもチリッチが5ー4とリードした錦織選手のサーブで0ー40とセットポイントを握りながらも取れず落胆の表情を見せて、精神的に落ち込んだかなって思ったら・・・

次のサーブでもブレークのピンチに立たされつつ、それを何とか凌いでキープする精神力を見せてくれたの。

すると逆に次の錦織選手のサーブではまたしても0ー40とチリッチがセットポイントを握ると今度はあっさり次のポイントを獲得してセットオールへとチリッチが追い付いたの。

第2セットでチャンスがたくさんありながら取りきれなかった錦織選手が、今度は逆に精神的にかなり落胆したんじゃないかって心配してしまいました。

でも第3セット、序盤の競ったゲームをしっかり取りきった錦織選手に流れが傾き始めました。チリッチは、第2セットでフルに力を使い果たしてしまったって印象でしたね。終盤はかなり大きなダブルフォルトをしていたり、精神的にも肉体的にも疲労を感じていたんじゃないかしら?

第2セットは精神力でチリッチが勝ったけど、試合全体的には錦織選手が勝った結果になりましたね。

本当に見ていてお互いなかなかチャンスが生かせず、ハラハラドキドキの試合だったけど、そこをしっかり勝ち切った錦織選手は精神力での強さを感じた試合でした。

これで2年連続のベスト4入りの錦織選手。準決勝では長年の地元のヒーローであるレイトン・ヒューイットと対戦となりましたね。

そんなヒューイットだけど、ボリス・ベッカーをコーチに雇ったノヴァーク・ジョコビッチの行為にかなり驚いているって語っているの。

去年の全豪オープンで大会3連覇を達成した時も、これまでのコーチだったマリアン・ヴァイダ氏が今年はジョコビッチに着いて全豪オープンには来ないらしいの。

「最大の驚きと言っても良いのではなたいか。例えベッカーがジョコビッチに対して、素晴らしい指導をしたとしても、マリアンだって明らかに素晴らしいコーチだった。それにジョコビッチを全豪での3連覇に導いたのはかなりの功績さ。ノヴァークは自分自身のテニスを良く知っていて、彼は単に外からの刺激が欲しいんだと思う。それにはベッカーが最も適任だと言う結論になったんだと思う。」

って驚きと共に、ヒューイット独自の見解も語ってました。

そう言えば昨日のブログにも書いたけど、チリッチがゴラン・イヴァニセビッチをコーチに付けたり、ロジャー・フェデラーがステファン・エドバーグをパートタイムのコーチに迎え入れたりと、かつての名プレーヤー達がコーチとしてトップ選手にアドバイスするケースが目立ってるわね。

技術的と言うよりは、精神面や世界の大舞台での戦い方など、勝ち抜くためのコツのようなアドバイスや助言が欲しいんじゃないかしら?

でも、どんな形であれかつての選手達がこうしてまた世界の舞台に帰って来てくれる事は嬉しい事よね!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 17:15 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ